月々の通信料金をリーズナブルに抑えられる「格安スマホ」。2015年5月に施行されたSIMロック解除の義務化以降、大手キャリアの端末から乗り換える方が急増しているほか、2019年9月からは中古スマホのSIMロック解除の義務付けも適用され、さらなるサービス競争の激化が期待されています。

そこで今回は格安スマホのおすすめ端末をご紹介。乗り換えを検討している方はもちろん、いまいち格安スマホがどんなモノなのかわからないという方もぜひチェックしてみてください。

格安スマホとは?

By: amazon.co.jp

格安スマホとは、文字通り安く使えるスマートフォンのこと。大手キャリアが販売する端末よりも、基本使用料やインターネット接続費がリーズナブルなので、人によっては格安スマホに乗り換えるだけで、月々のスマホ料金を抑えられます。

基本的に格安スマホを使うには、MVNO(仮想移動体通信事業者)が提供する「格安SIMカード」と、それらのSIMカードが使える「スマートフォン本体」の2つが必要です。大手キャリアが販売するスマートフォンと同様に、格安SIMとスマホ本体をセットで購入できる場合もあります。

格安スマホのメリット・デメリット

メリット

格安スマホを選ぶメリットは、毎月のスマホ料金を安く抑えられることです。例えば、大手キャリアの場合、月々のスマホ利用料が平均7000~8000円なのに対して、格安スマホはその半額以下の平均2000~3000円程度に抑えられます。

また、格安スマホは端末本体の価格が安いモデルのラインナップが充実しており、なかには1万円以下で買える製品もあるため、スマホ料金を節約したいなら大手キャリアよりも格安スマホの方がおすすめです。

ほかにも、「料金プランがシンプルで分かりやすい」「データ容量を細かく選択できる」「最低利用期間が大手キャリアよりも短い」など、格安スマホには金銭面以外にもいろいろなメリットがあります。

デメリット

格安スマホにはデメリットもあります。例えば、大手キャリアから格安スマホに乗り換えると、今まで使えていたキャリアメールが一切使えなくなります。

格安スマホでも「Gmail」や「Yahoo!メール」などのフリーメールを使えば代用できますが、金融機関などの一部サービスではフリーメールが使えなかったり、セキュリティの観点から迷惑メールとして認識されたりと、キャリアメールが使えなくなるといろいろと不都合です。

また、大手キャリアと違って格安スマホは店舗を構えていない場合もあるので、基本的に手続きや初期設定はすべて自分でやらなければなりません。慣れている方であれば数分で対応できますが、格安スマホ初心者の方だと設定するのに時間や手間がかかってしまう場合もあるので留意しておきましょう。

格安スマホがおすすめの方

スマホの利用頻度が少ない方

格安スマホは、使う用途やシチュエーションに合わせて料金プランを選択することが可能。大手キャリアと違って自分に合ったプランが選べるので、毎月データ通信量を使い切れない方やライトユーザーの方は、格安スマホに乗り換えるだけで通信料金をかなり節約できます。

また、MVNOによっては使ったデータ通信量で料金が決まる「段階定額・従量制プラン」を導入しているところもあるので、月々のデータ通信量にバラつきがある方や、Wi-Fiスポットでの利用がメインの方にもおすすめです。

なお、「LINEモバイル」や「BIGLOBEモバイル」などでは、SNSや動画アプリなどの特定のサービスに関してデータ通信量をカウントしないプランもあります。頻繁に使用するサービスが対象になっている場合は、大幅にデータ通信量を節約できるので、よりお得にスマホを使えるのが魅力です。

通話頻度が少ない方

あまり電話をかけない方やネット利用がメインの方は、それほど通話料金を気にする必要がないため、大手キャリアよりもお得な料金プランを選べる格安スマホに乗り換えるのがおすすめです。

ちなみに、最近では「楽天モバイル」や「OCNモバイルONE」など、格安スマホでも「電話かけ放題プラン」や「5・10分かけ放題プラン」など、大手キャリアのような通話定額プランを提供しているところもあります。

時間を気にせず通話を楽しみたいなら、これらの通話定額プランを提供している格安スマホを選ぶのもおすすめです。

2台持ちしたい方

格安SIMには、電話とインターネットが使える「通話SIM」のほかにも、インターネットだけが使える「データSIM」などがあります。メインのスマホとは別にもう1台スマホを持ちたいという方は、必要最低限の機能が揃った格安スマホがおすすめです。

ちなみに、データSIMをなるべく安く使いたい方には、業界最安クラスの料金が魅力のDMMモバイルがおすすめ。データ容量も最小1GBから最大20GBまで9段階で細かく選べるので、自分の利用スタイルに合わせてスマホを利用できます。

格安スマホの選び方

スペックで選ぶ

格安スマホを選ぶ際、特に注意しなければならないのが端末のスペックです。価格が安いからと言ってスペックを確認せず選んでしまうと、「動作が遅い」「データ容量が少ない」など、不満を感じる場合があります。

選び方の目安として、アプリやゲームをサクサク楽しみたいなら、CPUはオクタコアで周波数2GHz、メモリは4GB、ストレージは32GB以上に対応したハイエンドクラスの格安スマホがおすすめです。

一方で、価格と性能のバランスを考慮したい方はミドルレンジの格安スマホがおすすめ。オクタコアCPUは1.2GHz、メモリは2GB、ストレージは16GB程度が目安です。ハイエンドクラスのスマホよりも性能は下がりますが、その分価格が安くなっているので、コスパ重視で選びたい方に適しています。

SIMカードの種類で選ぶ

格安スマホを使うには、スマホ本体とは別にMVNO(仮想移動体通信事業者)が提供するSIMカードが必要です。SIMカードには「標準SIM」「micro SIM」「nano SIM」の3種類があり、スマホの機種によってそれぞれ対応するSIMカードが異なります。

なお、SIMカードの互換性は、あらかじめ製品ページやメーカー公式サイトなどでチェックできるので、格安スマホを選ぶ際にはしっかりと確認しておきましょう。

格安スマホで普通にアプリは使えるの?

基本的には、格安スマホでも大手キャリアのスマホと同じようにいろいろなアプリが楽しめます。ただし、ひとつ注意しなければならないのが「LINE」や「Twitter」などの「SMS認証」が必要なアプリを利用する場合です。

大手キャリアの場合、SMS認証に必要な機能が標準で付いていますが、格安SIMの一部プランにはSMS機能が付いていないため、格安SIMを使った格安スマホの場合には、事前にSMSの有無もしっかりとチェックするようにしましょう。

ちなみに、格安スマホに乗り換えると「auスマートパス」や「App Pass」など、大手キャリアが配信しているアプリも使えなくなるため、これらアプリを頻繁に利用している方も注意が必要です。

格安スマホのおすすめ事業者

LINEモバイル

大人気SNSアプリ「LINE」でお馴染みの株式会社LINEが運営するMVNO。回線はNTTドコモとSoftbankに対応しています。

LINEモバイル最大の特徴は3種類のデータフリープランです。コミュニケーションに重きを置く企業ならではの料金プランを用意しており、LINE・Twitter・Facebook・Instagramなどのアプリがデータ消費ゼロで使えるのがメリット。月々の支払いでも、LINEアプリで使えるLINEポイントが貯まるので、LINEを頻繁に利用する方は特におすすめです。

UQモバイル

auのサブブランドという位置づけのMVNOで、安定したネットワークが特徴のUQモバイル。ほかの事業者にはない独自端末も一部用意しており、豊富なラインナップが魅力です。

基本プランの「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」には国内通話のかけ放題と無料通話がそれぞれ含まれているのもポイント。データ容量はどちらのプランでも、S(3GB)・M(9GB)・L(21GB)の3つから選択可能です。

なお、無料通話なしのシンプルなプランも用意されており、「データ高速プラン」「データ高速+音声通話プラン」「データ無制限プラン」「データ無制限+音声通話プラン」の4つから選べます。

BIGLOBEモバイル

インターネットサービスプロバイダ・BIGLOBEが運営するMVNO。ほとんどの事業者が使用しているNTTドコモの回線に加え、au回線も選択できるのが特徴です。

端末のラインナップはSIMフリーモデルが中心ですが、ほかの事業者ではあまりセット販売されていない「Motorola」のスマホが購入できるのも魅力。データ容量は3・6・12・20・30GBと細かく設定されており、より自分に合ったプランを選択できます。

楽天モバイル

ECサイト大手の楽天が運営するMVNO。楽天スーパーポイントとの連携が魅力で、貯まったポイントを月々の支払いに充てられるので、普段から楽天市場を利用している方におすすめです。

回線はNTTドコモに加えてauにも対応。料金プランは「スーパーホーダイ」と「組み合わせプラン」の2種類から選択できます。スーパーホーダイは月の高速通信容量に合わせて、S(2GB)・M(6GB)・L(14GB)・LL(24GB)の4種類を用意。そのほか、10分以内の国内通話かけ放題に加えて、高速通信容量を使い切ったとしてもWebブラウジング程度ならストレスなく閲覧できる「最大1Mbpsデータ使い放題」もセットになっているのも大きな特徴です。

格安スマホのおすすめ端末

エイスース(ASUS) ZenFone Max M2

エイスース(ASUS) ZenFone Max M2

バッテリー容量5000mAhと高スタミナな格安スマホ。約3.5時間の充電で連続待受最長約35日間と、電池切れをあまり気にせず使い続けられるのが特徴です。内蔵バッテリーをモバイルバッテリーとして使用できる「リバースチャージ機能」を搭載しているのもポイント。ケーブルによる接続で、充電切れのガジェットを充電できます。

画面サイズは6.3インチで、重さは約160g。音質も良好で、特に中低音域までしっかりと聴き取ることができるのが魅力です。また、背面カメラの画素数は1300万画素で、前面カメラ画素数は800万画素。カメラ機能ではAIによるシーン分析機能を搭載しており、13種類の撮影モードから被写体に最適なモードを自動で選んで撮影できるのも魅力です。

エイスース(ASUS) ZenFone Live L1 ZA550KL-BK32/A

エイスース(ASUS) ZenFone Live (L1) ZA550KL-BK32/A

手のひらに収まるコンパクトさとディスプレイの大きさを両立した5.5インチの格安スマホです。バッテリー容量は3000mAh。SDカードとSIMカード2枚を同時に挿入できる「トリプルスロット」が搭載されているため、通信量を抑えたい方にもおすすめです。

アウトカメラの画素数は1300万画素、インカメラの画素数は800万画素。なお、インカメラでは顔認証に対応しており、手軽に端末のロックを解除できます。高性能なスペックに対して安価なので、コスパを求める方におすすめです。

エイスース(ASUS) ZenFone 5 ZE620KL-BK64S6/A

エイスース(ASUS) ZenFone 5 ZE620KL-BK64S6/A

高性能なプロセッサと6GBのメモリを搭載した格安スマホ。負荷のかかるアプリゲームや動画視聴でも快適に動作するのが魅力です。

人工知能によるパフォーマンスの高さも特徴。カメラは撮影するシーンに合わせて自動で最適化されるほか、過充電をなくしてバッテリーの劣化を防止する「ASUS BoostMaster」を搭載しています。

ユーザーの表情を読み取ってキャラクター化する「ZeniMoji」、周囲の音量に合わせて通知音を調整する「AI着信音」に対応しているのもポイント。価格も良心的なので、コスパ重視で格安スマホに乗り換えようとしている方はぜひチェックしておきましょう。

エイスース(ASUS) Zenfone Max Pro M1 ZB602KLBL32S3

エイスース(ASUS) Zenfone Max Pro M1 ZB602KLBL32S3

5000mAhの大容量バッテリーを内蔵している格安スマホ。ほかの機器を充電できる「リバースチャージ」にも対応しており、ケーブルを使って他の機器を充電できるのも魅力です。

内蔵ストレージは32GB。写真や動画を撮影する方は容量に不安が残るものの、microSDカードが2TBまで挿入可能なので、使い方しだいでパソコン並の保存領域を確保できます。

また、軽快に動作するプロセッサと3GBのメモリが搭載されているので、動画の閲覧から3Dゲームまでマルチに使用可能。充電の煩わしさからなるべく解放されたいという方におすすめです。

モトローラ(Motorola) Moto G7 Plus

モトローラ(Motorola) Moto G7 Plus

本体背面に3Dガラスを採用したスタイリッシュな格安スマホ。重さは約172g、ディスプレイは6.24インチのフルHDで、やや縦長の形状となっているのが特徴です。

カメラはデュアル仕様で、背面カメラ画素数は1600万画素+500万画素、前面カメラ画素数は1200万画素。背景をボカせる「ポートレートモード」が用意されているなど、多彩な機能を備えるのも魅力です。

ドルビーオーディオ(Dolby Audio)にも対応しており、音質も良好。なお、同シリーズにはコストダウンを図った「moto g7」と5000mAhの大容量バッテリーを搭載した「moto g7 power」もラインナップされています。気になる方はあわせてチェックしておきましょう。

モトローラ(Motorola) Moto Z3 Play PABH0005JP/A

モトローラ(Motorola) Moto Z3 Play PABH0005JP/A

6.75mmの極薄ボディに6.01インチワイドディスプレイを搭載した格安スマホ。デュアルカメラによって鮮明な写真を捉えるほか、3000mAhのバッテリーにより充電の心配なく使えるのが魅力です。

右サイドには指紋認証センサーを搭載。左手で持つことが多い方は、シームレスに認証して素早く立ち上げることができます。

ボディは耐久性のあるゴリラガラスを使っているのも特徴。薄くてコンパクトな格安スマホを求めている方におすすめです。

オッポ(OPPO) AX7 CPH1903

オッポ(OPPO) AX7 CPH1903

バッテリー容量が4230mAhとスタミナ十分な格安スマホ。バッテリー消費を抑えるため、使っていないアプリを自動停止させる機能があり、省エネを意識できるのが魅力です。

また6.2インチのディスプレイには反射を防ぐコーティングが施されているので、明るさを向上させて鮮明な映像を映すことが可能。手ブレ補正付きのデュアルカメラが被写体を美しく撮影するほか、「ARステッカー」を使ってデコレーションすることもできます。

「Android 8.1」をベースに作られたシステム「ColorOS 5.2」が搭載されており、よく使うアプリにアクセスしやすいのもポイント。端末価格としては比較的安価なので、トータルでスマホ料金を抑えたいと考えている方にもおすすめです。

オッポ(OPPO) R17 Pro CPH1877

オッポ(OPPO) R17 Pro CPH1877

指紋認証をディスプレイにタッチするだけで行える格安スマホ。手ざわりがよい背面は曲面になっているほか、グラデーションカラーの美しいフォルムが魅力です。

6.4インチの大画面ディスプレイは極限までベゼル幅をなくし、画面占有率は91.5%。処理性能の高いプロセッサと6GBのメモリ、128GBのストレージを備えているため、高負荷のマルチタスクも難なくこなせます。

インカメラは2500万画素で、8つのモードを使ったこだわりのある自撮りが可能。カメラだけでは補いきれない部分を「ウルトラナイトモード」で補足し、高画質かつ美麗な夜景、夜間の撮影を可能にするのもポイントです。

3700mAhのバッテリーは10分で40%チャージできる「Super VOOC」に対応しているため、時間がない場面でも素早く充電できます。「格安スマホでもカメラ撮影にはこだわりたい」という方はぜひ候補として検討してみてください。

オッポ(OPPO) R15 Neo

オッポ(OPPO) R15 Neo

1万円台と安価ながらメモリとストレージの容量が充実している格安スマホ。ディスプレイは6.2インチの大きめで、バッテリー容量も4230mAhと十分なスタミナを有しているのが特徴です。

カメラはデュアル仕様で、背面カメラ画素数は1300万画素+200万画素、前面カメラ画素数は800万画素。カメラ機能としては、被写体としての人物を強調できる「A.I.ポートレートモード」も搭載しているのがポイントです。コスパ良好の格安スマホを探している方は、ぜひ候補して検討してみてください。

シャープ(SHARP) AQUOS sense2 SH-M08

シャープ(SHARP) AQUOS sense2 SHM08A

水濡れに強いタッチパネルと「IGZOディスプレイ」を搭載した5.5インチの格安スマホ。明るく高精細なのに従来よりも消費電力を約21%抑え、文字の読みやすさを持つのが魅力です。

2700mAhのバッテリーは、負担を減らしながら充電することで劣化を防ぐ「長エネスイッチ」に対応し、1年経過しても購入時の電池持ちを維持できます。

また、シャープ独自の人工知能「エモパー」も搭載されているので、Appleの「Siri」のように喋りかけての操作も可能です。

シャープ(SHARP) AQUOS sense plus SH-M07

シャープ(SHARP) AQUOS sense plus SHM07X5B

高精細かつ色鮮やかな映像を映し出す「IGZOディスプレイ」を搭載した5.5インチ格安スマホ。撮影した映像や動画コンテンツを鮮明にする「バーチャルHDR」機能に対応しているのが魅力です。

位置情報は衛星「みちびき」に対応しているため、従来よりも精度の高い測定が可能。自分の位置はもちろん、子どもに持たせることで正確な場所を把握するのにも役立ちます。

隣の人に画面を見られなくする「のぞき見ブロック」、素早くスクリーンショットが撮影できる「Clip Now」、長いページも自動でスクロールできる機能など、細部にまで使い勝手に配慮している格安スマホです。

シャープ(SHARP) AQUOS R2 compact SH-M09

シャープ(SHARP) AQUOS R2 compact SH-M09

画面サイズ5.2インチとコンパクト仕様の格安スマホ。重さは約135gと軽く、気軽に持ち運べるほか、片手で操作しやすいのが特徴です。

液晶に「ハイスピードIGZOディスプレイ」を搭載しているのもポイント。フルHDを超える2K(2280×1080)の解像度による高画質と倍速120Hz駆動による滑らかな画面表示、さらには液晶テレビ「AQUOS」の技術を受け継いだ「リッチカラーテクノロジーモバイル」によって、動画を存分に楽しめるのも魅力です。

ディスプレイの上部にインカメラ、下部に指紋センサーを配置した「ダブルノッチデザイン」を採用しているのもポイント。背面カメラの画素数は2260万画素で、AIによる自動設定機能や、ボケや美肌の効果を付加できるセルフィー機能も備わっています。防水・防塵性能も高いので、トータルバランスに優れたモデルを求めている方におすすめです。

富士通(FUJITSU) arrows M04 FARM06313

富士通(FUJITSU) arrows M04 FARM06313

無駄をなくしたシンプルなデザインながら、高い堅牢性を持つ格安スマホ。米国国防総省が定める耐久性テストの23項目をクリアしており、耐久性に優れているのが魅力です。

カメラは遅延のない撮影が可能なほか、美肌補正ができるため自撮りをシェアする際にも便利。広角レンズ搭載で、幅の広い被写体もしっかり収めてくれます。

スマホ初心者の方でも扱いやすくできる「かんたんセット」、文字を見やすくする「はっきり文字」や「拡大鏡」機能もあるので、シニア層の方でも扱いやすい格安スマホです。

オンキヨー(Onkyo) ハイレゾ オーディオスマートフォン GRANBEAT DP-CMX1

オンキヨー(Onkyo) ハイレゾ オーディオスマートフォン GRANBEAT DP-CMX1

音響機器メーカー「オンキヨー」が手がける、高音質な音楽が聴けるハイレゾ対応の格安スマホ。デジタルオーディオプレーヤーと同レベルのオーディオ専用基板を搭載しており、スマートフォンの枠を超えたサウンドを実現します。

最大11.2MHzまでのDSD、最大384kHz/24bitのWAV・FLACに加えてMQAなどの音源形式にも対応。幅広い音源を高音質で再生できます。スマホで音楽を聴く機会が多い方におすすめのモデルです。

また、2枚のSIMカードを挿入して4Gと3Gの回線を同時に待ち受けられる「DSDS」や、HDR撮影・4K動画撮影が可能なカメラを搭載するなど、スマホとしての機能も充実。さらに、3000mAhの大容量バッテリーを搭載しており、最大25時間の連続音楽再生や最大22時間の連続通話が可能です。

ウイコウ(Wiko) g08

ウイコウ(Wiko) g08

手の小さい方でも馴染みやすい5.7インチディスプレイを採用した格安スマホ。大きな画面は2分割できる「マルチウインドウ」機能が搭載されているので、複数のウェブページを同時に開くこともできます。

SIMカードを2枚挿入できる「DSDS」に対応するため、4Gと3G回線を同時に利用可能。120°の範囲を撮影できるデュアルカメラは自撮りもしやすいほか、ハイコントラストに自動調整する「HDR」機能もあります。

カラーは「ブラック」「ゴールド」「ディープ・ブリーン」「チェリー・レッド」の4色をラインナップ。より縦長な液晶のスマホに興味がある方はぜひチェックしてみてください。

MAYA SYSTEM jetfon G1701

MAYA SYSTEM jetfon G1701

2枚のSIMが同時に使える「DSDS」だけでなく、カード不要で通信できる「クラウドSIMテクノロジー」を搭載した格安スマホ。内蔵された専用のアプリで海外の通信プランを購入でき、100以上の国や地域でSIMカードを使わずにネット接続できるのが魅力です。

海外での通信は1日たった380円から利用可能。渡航先の繋がる通信のなかからもっとも電波強度のあるキャリアに自動接続されるので、快適なブラウジングを可能にします。

頻繁に海外旅行や出張に行く方で、「国内外を問わず、スマホは1台に集約したい」と考えているユーザーはぜひ購入候補として検討してみてください。

ZTE Blade V8

ZTE Blade V8

3D写真の撮影ができるデュアルカメラ搭載の格安スマホ。本体を横向きにした状態でフロントカメラを使うことで、高画質かつワイドアングルの自撮りが可能になります。

「Android 7.0」のほか、使いやすさを追求した独自のUI「MiFavor」を搭載。「DSDS」や指紋認証といったひと通りの便利機能を備えつつ、本体価格は格安なので、トータルコストを抑えたい方におすすめです。

ブラックベリー(BlackBerry) KEY2 BBF100-9

ブラックベリー(BlackBerry) KEY2 BBF100-9

「QWERTY物理キーボード」を搭載することで、フリック以外の文字入力を可能にしたモデル。物理キーボードだけでなくタッチパネルを使って入力することもでき、両者を複合して使える「Touch-Enabled」にも対応しています。

フリック入力した文字は物理キーボードで予測変換したり、バックスペースやカーソルの移動、範囲選択したりすることも可能。タッチパネル単体ではできない高速入力を行えるのが魅力です。

ショートカットの割り当ても可能なので、頻繁に使うアプリを素早く起動する際も便利。3500mAhのバッテリーは急速充電にも対応しています。現状ラインナップではキーボード対応の格安スマホは少数派ですが、「フリック入力にどうしても馴染めない」という方はぜひチェックしてみてください。

グーグル(Google) Pixel 3a

グーグル(Google) Pixel 3a

「Pixel 3a」はフラッグシップモデル「Pixel 3」の機能を絞り、コストダウンを図った格安スマホ。変更点としては、2基あった前面カメラがひとつになったこと、防水性が省かれたこと、テザリングができなくなったことなどが挙げられます。

また、背面カメラはシングル仕様ながら、AIを活用することで高画質撮影が可能。画面サイズは5.6インチ、重さは約147g、バッテリー容量は3000mAhと、「Pixel 3」とほぼ同様のスペックを有している部分もあるのが特徴です。

本体価格は5万円以下に抑えられているので、コスパ重視で格安スマホを選びたい方はおすすめの1台です。

ユミディジ(UMIDIGI) A5 Pro

ユミディジ(UMIDIGI)  A5 Pro

SONY製のカメラが搭載された格安スマホ。リーズナブルな価格に1600万画素、そして超広角レンズを含むトリプルカメラ仕様という高機能なところが魅力です。ディスプレイ上部には、切り欠きノッチを採用。6.3インチの筐体サイズに対し、画面占有率が92.7%と大きいのもポイントです。

バッテリーは4150mAhの大容量。また、デュアルSIMや最大256GBまでのMicro-SDカードに対応するなど、コスパに優れたおすすめの格安スマホです。