月々の通信料金をリーズナブルに抑えられる「格安スマホ」。2015年5月に施行されたSIMロック解除の義務化以降、大手キャリアの端末から乗り換える方が急増しているほか、2019年9月からは中古スマホのSIMロック解除の義務付けも適用され、さらなるサービス競争の激化が期待されています。

そこで今回は格安スマホのおすすめ端末をご紹介。乗り換えを検討している方はもちろん、いまいち格安スマホがどんなモノなのかわからないという方もぜひチェックしてみてください。

格安スマホとは?

By: amazon.co.jp

格安スマホとは、文字通り安く使えるスマートフォンのこと。大手キャリアが販売する端末よりも、基本使用料やインターネット接続費、端末本体の価格がリーズナブルなので、人によっては格安スマホに乗り換えるだけで、月々のスマホ料金を抑えられます。

基本的に格安スマホを使うには、MVNO(仮想移動体通信事業者)が提供する「格安SIMカード」と、それらのSIMカードが使える「スマートフォン本体(SIMフリー)」の2つが必要です。大手キャリアが販売するスマートフォンと同様に、格安SIMとスマホ本体をセットで購入できる場合もあります。

格安スマホのメリット・デメリット

メリット

格安スマホを選ぶメリットで魅力なのが毎月のスマホ料金を安く抑えられることです。例えば、大手キャリアの場合、月々のスマホ利用料が平均7000~8000円なのに対して、格安スマホはその半額以下の平均2000~3000円程度に抑えられます。

また、格安スマホは端末本体の価格も安く、なかには1万円以下で買える製品もあるため、スマホ料金を節約したいなら大手キャリアよりも格安スマホの方が断然おすすめです。

他にも、「料金プランがシンプルで分かりやすい」「データ容量を細かく選択できる」「最低利用期間が大手キャリアよりも短い」など、格安スマホには金銭面以外にもいろいろなメリットがあります。

デメリット

格安スマホにはデメリットもあります。例えば、大手キャリアから格安スマホに乗り換えると、今まで使えていたキャリアメールが一切使えなくなります。

格安スマホでも「Gmail」や「Yahoo!メール」などのフリーメールを使えば代用できますが、金融機関などの一部サービスではフリーメールが使えなかったり、セキュリティの観点から迷惑メールとして認識されたり、キャリアメールが使えなくなるといろいろと不都合です。

また、大手キャリアと違って格安スマホは店舗を構えていない場合もあるので、基本的に手続きや初期設定はすべて自分でやらなければなりません。慣れている方であれば数分で対応できますが、格安スマホ初心者の方だと設定するのに時間や手間が掛かってしまう場合もあります。その点は留意しておきましょう。

格安スマホがおすすめの人

スマホの利用頻度が少ない方

格安スマホは、使う用途やシチュエーションに合わせて料金プランを選択することが可能。大手キャリアと違って自分に合ったプランが選べるので、毎月データ通信量を使いきれず余らせている方やライトユーザーの方は、格安スマホに乗り換えるだけで通信料金をかなり節約できます。

また、MVNOによっては使ったデータ通信量で料金が決まる「段階定額・従量制プラン」を導入しているところもあるので、月々のデータ通信量にバラつきがある方や、Wi-Fiスポットでの利用がメインの方にもおすすめです。

なお、LINEモバイルやBIGLOBEモバイルなどでは、SNSや動画アプリなどの特定のサービスに関してデータ通信量をカウントしないプランもあります。頻繁に使用するサービスが対象になっている場合は、大幅にデータ通信量を節約できるので、よりお得にスマホを使うことができます。

通話頻度が少ない方

あまり電話をかけない方やネット利用がメインの方は、それほど通話料金を気にする必要がないため、大手キャリアよりもお得な料金プランを選べる格安スマホに乗り換えた方がよいでしょう。

ちなみに、最近では楽天モバイルやOCNモバイルONEなど、格安スマホでも「電話かけ放題プラン」や「5・10分かけ放題プラン」など、大手キャリアのような通話定額プランを提供しているところもあります。

時間を気にせず通話を楽しみたいなら、これらの通話定額プランを提供している格安スマホを選ぶのもおすすめです。

2台持ちしたい方

格安SIMには、電話とインターネットが使える「通話SIM」のほかにも、インターネットだけが使える「データSIM」などがあります。メインのスマホとは別にもう1台スマホを持ちたいという方は、必要最低限の機能が揃った格安スマホがおすすめです。

ちなみに、データSIMをなるべく安く使いたい方には、業界最安クラスの料金が魅力のDMMモバイルがおすすめ。データ容量も最小1GBから最大20GBまで9段階で細かく選べるので、効率的にスマホを利用することができます。

格安スマホの選び方

スペックで選ぶ

格安スマホを選ぶ際、特に注意しなければならないのが端末のスペックです。価格が安いからと言ってスペックを確認せず選んでしまうと、「動作が遅い」「データ容量が少ない」など、不満を感じる場合があります。

選び方の目安として、アプリやゲームをサクサク楽しみたいなら、オクタコアCPUは2GHz、メモリは4GB、ストレージは32GB以上に対応したハイエンドクラスの格安スマホがおすすめ。

一方で、価格と性能のバランスを考慮したい方はミドルレンジの格安スマホがおすすめ。オクタコアCPUは1.2GHz、メモリは2GB、ストレージは16GB程度が目安です。ハイエンドクラスのスマホよりも性能は下がりますが、その分価格が安くなっているのでコスパ重視で選びたい方におすすめです。

SIMカードの種類で選ぶ

格安スマホを使うには、スマホ本体とは別にMVNO(仮想移動体通信事業者)が提供するSIMカードが必要です。このSIMカードには「標準SIM」「micro SIM」「nano SIM」の3種類があり、スマホの機種によってそれぞれ対応するSIMカードが異なります。

SIMカードの互換性は、あらかじめ製品ページやメーカー公式サイトなどでチェックできるので、格安スマホを選ぶ際にはしっかりと確認しておきましょう。

格安スマホで普通にアプリは使えるの?

基本的には、格安スマホでも大手キャリアのスマホと同じようにいろいろなアプリが楽しめます。ただし、ひとつ注意しなければならないのがLINEやTwitterなど「SMS認証」が必要なアプリです。

大手キャリアだと、SMS認証に必要な機能が標準で付いていますが、格安SIMの一部プランにはSMS機能が付いていないため、格安SIMを使った格安スマホの場合には、事前にSMSの有無もしっかりとチェックするようにしましょう。

ちなみに、格安スマホに乗り換えると「auスマートパス」や「App Pass」など、大手キャリアが配信しているアプリも使えなくなるため、これらアプリを頻繁に利用している方も注意が必要です。

格安スマホのおすすめ事業者

UQモバイル

auのサブブランドという位置づけのMVNOで、安定したネットワークが特徴のUQモバイル。他の事業者にはない独自端末も一部用意しており、豊富なラインナップも魅力です。

MVNOの中では珍しく、基本プランの「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」に国内通話のかけ放題と無料通話がそれぞれ含まれています。データ容量はどちらのプランも、S(3GB)/M(9GB)/L(21GB)の3つから選択可能です。

なお、無料通話なしのシンプルなプランも用意されており、「データ高速プラン」「データ高速+音声通話プラン」「データ無制限プラン」「データ無制限+音声通話プラン」の4つから選べます。

BIGLOBEモバイル

インターネットサービスプロバイダ・BIGLOBEが運営するMVNO。ほとんどの事業者が使用しているNTTドコモの回線に加え、au回線も選択することが可能なのが特徴です。

端末のラインナップはSIMフリーモデルが中心ですが、他の事業者ではあまりセット販売されていない「Motorola」のスマホが購入できるのも魅力。データ容量は3/6/12/20/30GBと細かく設定されており、より自分に合ったプランを選択できます。

格安スマホのおすすめ端末

ファーウェイ(HUAWEI) P20 lite

価格と性能のバランスに優れた格安スマホです。スマホ内のチップ(Soc)は「Kirin 659」で、メモリは大容量の「4GB RAM」を採用。データの重いゲームやアプリもストレスなく快適に楽しめます。ディスプレイには「5.8型フルHD+パネル(2280×1080ドット)」を採用しているので、きれいな映像で動画やゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

被写体と背景を正確に捉えて美しい写真撮影を可能にする「ダブルレンズカメラ」、短時間で素早く充電ができる「急速充電」、複数のBluetooth機器と接続できる「デュアルBluetooth」など、便利な機能も多数搭載。これだけ多機能にも関わらず、価格はわずか3万円弱とコストパフォーマンスに優れているのも大きな特徴です。

エイスース(ASUS) ZenFone 5Z ZS620KL

機能性と携帯性のバランスに優れた格安スマホ。迫力のある6.2インチの「フルHD+オールスクリーンディスプレイ」や、ハイエンドSoC「Snapdragon 845」を採用しているにも関わらず、重量わずか165gと軽量なのが特徴です。

特殊なガラスコーティングが施された「アルミニウムボディ」を採用することで、高い堅牢性と美しいデザインを両立しているのもポイント。

ユーザーの好みや習慣を学習してレスポンス・操作性の向上させる「人工知能(AI)」や、表情を瞬時に専用キャラクターに反映させる「ZeniMoji」、音声の出力特性をカスタマイズできる「AudioWizard」など、メーカー独自の機能が充実しているのも魅力。背面パネルには「指紋認証」、前面カメラには「顔認証」のダブルセキュリティを採用しているので、安全性に配慮したスマホを求めている方におすすめです。

エイスース(ASUS) ZenFone4 MAX ZC520KL

コストパフォーマンスを重視する方におすすめのモデル。1回の充電で最大37日間の連続待受が可能な「4100mAhバッテリー」や、本格的な撮影が楽しめる「デュアルレンズカメラ」を搭載しているにも関わらず、価格は2万円弱とリーズナブルです。

低価格ながら、オクタコアCPU「Snapdragon 430」や、3GBのメインメモリ、32GBのストレージを備えているので、アプリやゲームも十分快適に楽しめます。

2枚のSIMカードとSDカードを同時に使用できる「トリプルスロット」、他のモバイルデバイスへ給電ができる「リバースチャージ機能」、クラウド上にデータの保存ができる「ASUS WebStorage」などの便利な機能も魅力です。カラーはネイビーブラック・サンライトゴールド・ローズピンクの3色。男性はもちろん、スマホの色にこだわりたい女性にもおすすめです。

シャープ(SHARP) AQUOS sense plus SH-M07

複数のアプリを同時に起動してもサクサク快適に動くシャープのハイエンドスマホ。同社のテレビ事業で培った高画質化技術を応用した「リッチカラーテクノロジーモバイル」や、色再現性に優れた「IGZO液晶ディスプレイ」を採用することで、リアルで色鮮やかな映像が楽しめるのもポイントです。

簡単にロックの解除できる「指紋センサー」、水まわりでも安心して使える「防水仕様(IPX5/IPX8)」、かざすだけで支払いができる「おサイフケータイ」など、使いやすさにこだわって作られているのも魅力。カラーバリエーションは、ホワイト・ベージュ・ブラックの3色をラインナップしています。

シャープ(SHARP) AQUOS R compact SH-M06

片手で操作ができるコンパクトな格安スマホです。手に心地よくフィットする柔らかな「コーナーラウンドデザイン」、4.9インチの「IGZOフリーフォームディスプレイ」を採用。手の小さな女性でも片手でしっかりと操作ができます。側面には上質感を演出する「ダイヤモンドカット」、背面パネルには色に奥深さと光沢感のある仕上げが施されているので、スマホのデザインにこだわりたい方にもおすすめです。

素早くスクリーンショットが撮れる「Clip Now」や画面を自動でスクロールする「スクロールオート」、独自のAIアシスタント「COCORO EMOPA」などの使いやすい機能も魅力。高性能なオクタコアCPU「Snapdragon 660」や、余裕を持って動作する大容量の「3GB RAM(LPDDR4X)」を搭載。アプリやゲームをサクサク楽しみたい方にもおすすめの1台です。

オッポ(OPPO) R15 Neo 873419

スマホのデザインや質感にこだわりたい方は本製品がおすすめ。見る角度によって光の反射が変化する「ダイヤモンドデザイン」を採用することで、スタイリッシュに仕上がっています。64GBの大容量ストレージに加えて、容量が気軽に拡張できる「microSDカードスロット(256GB)」を採用。アプリやゲームをたくさん楽しみたい方におすすめです。

ゲームを始めると自動的にパフォーマンスを高める「ゲーム加速モード」や、深い没入感を味わえる「6.2型HD+ディスプレイ」を搭載しているので、より快適にゲームを楽しみたい方にもおすすめ。1回の充電で約2日間使える4230mAhのバッテリーを採用しているので、スタミナも十分のスマホです。

富士通(FUJITSU) arrows M04 FARM06302

Androidスマホ初心者の方におすすめの1台。操作が分かりやすい「かんたんセット」や、ワンタッチで文字を見やすくする「はっきり文字」、読みたい箇所を瞬時にズームする「いつでもズーム」など、使いやすい機能を多数搭載しているのがポイントで、子どもからシニア層まで誰でも簡単に使いこなせます。

水に濡れても壊れないIPX5・IPX8の防水性能や、米国国防総省の調達基準「MIL-STD-810G」に対応しているので、スマホの耐久性を重視する方にもおすすめ。スマホが汚れてきたら、ハンドソープで直接洗えるのも特徴です。

スマホが故障したら交換端末をご自宅まで届けてくれる「スピード交換サービス」、トラブルが起きた場合に大切なデータを復旧する「データ復旧サービス」など、アフターサービスが充実しているのも魅力です。

モトローラ(MOTOROLA) Moto Z2 Play AP3835AC3J4/A

ブルーライトを低減する「ナイトディスプレイ機能」を搭載している格安スマホ。約15分の充電で最長10時間使える「TurboPower充電」やホームボタンとしても使える「指紋認証センサー」など、便利な機能が揃っているのが特徴です。

Moto Zファミリー用の拡張モジュール「Moto Mods」対応モデルなので、プロジェクターやワイヤレス充電、360度カメラなど、好きな機能を付加して自分好みにカスタマイズすることも可能。

オクタコアCPUには「Snapdragon 626」、メインメモリには「4GB RAM」を採用しているので、アプリやゲームも快適に楽しめます。ちなみに、ボディにはひとつのアルミ板から削り出して成型する「ユニボディーデザイン」を採用。スマホのデザインや耐久性を重視する方にもおすすめの1台です。

HTC U12+

HTCのハイスペック格安スマホです。1200万画素広角カメラと1600万画素望遠カメラの「デュアルカメラ」に加えて、どんな状況でもピントを合わせる「ウルトラスピード・オートフォーカス2」を採用。本格的な撮影が気軽に楽しめるのが特徴です。

他にも、特定の音や音声を拡大する「音声ズーム」、プロのように自動的にズームする「ワンタッチオートズーム」、クリアで安定した動画が撮影できる「光学式手ぶれ補正」など、撮影オプションが充実しているのも魅力。

機能面では、片手で素早く操作ができる「エッジセンス2」、臨場感あふれるサウンドが楽しめる「HTC BoomSound」、カメラを見るだけでロックの解除ができる「フェイス・アンロック機能」を搭載。ハイエンドSoC「Snapdragon 845」や、大容量の「6GB RAM」を採用することで、データの重いゲームやマルチタスクもサクサク快適に対応できます。

ブラックベリー(BlackBerry) KEY2 BBF100-9

ブラックベリーの「KEY2」は従来機種よりも21.6%大きくなった「QWERTY物理キーボード」を搭載。同機能を最大限に生かした「キーボードショートカットキー」を使えば、お気に入りのアプリを素早く起動することができます。

プライバシー保護とセキュリティに特化した「DTEK by BlackBerry」や、メール・SNS・着信履歴などを一元管理できる「BlackBerry HUB」、パスワードの管理に最適な「BlackBerry Password Keeper」など、魅力的なアプリケーションが充実しているのも特徴。リアカメラには、1200万画素のデュアルカメラを採用しているので、きれいな写真や動画を楽しみたい方にもおすすめです。

キャタピラー(Caterpillar) S41

タフな格安スマホを求めている方におすすめのモデル。耐衝撃性能に優れた米国国防省規格「MIL-STD-810G」や、水深2mに60分間浸しても起動可能な防水・防塵規格「IP68」に対応しており、過酷な環境下でも壊れる心配なく安心して使えます。

機能面では、他の端末へ電力の供給が可能な「バッテリーシェア」、直射日光の下でも画面が見やすい「Gorilla Glass 5」、手袋を装着した状態で使用できる「グローブモード」を搭載。屋外レジャーやアウトドアでの使用にも最適です。

OSには「Android 7.0 Nougat」を採用。ひとつの画面に複数のアプリを表示する「マルチウィンドウ」や、モバイルデータ通信量を抑える「Data Saver」などの便利な機能も魅力です。2つのSIMを挿して同時に使える「デュアルスタンバイ(DSDS)」対応モデルなので、格安SIMを上手く使い分ければ月々のスマホ代を大幅に抑えることもできます。

オンキヨー(Onkyo) GRANBEAT DP-CMX1

オーディオ機器大手のオンキヨーの格安スマホです。アーティストの息づかいやライブの空気感など細かなニュアンスまで再生できるハイレゾ音源に対応。音楽を高音質で楽しみたい方におすすめの1台です。

バランス端子に対応したヘッドホン・イヤホンを接続すれば、動画やゲームなどハイレゾ音源以外のコンテンツが高音質で楽しめるのもポイント。

16MPのメインカメラに加えて、色調再現性に優れた「ExmorRSセンサー」と、F値2.0の明るいレンズを採用しており、きれいな写真や動画撮影が楽しめるのも魅力です。大容量の「128GB ROM」、後からストレージの拡張ができる「micro SDカードスロット(最大256GB)」を搭載しているので、ハイレゾ対応プレーヤーとスマホを1台で済ませたい方におすすめの1台です。

マヤシステム(MAYA SYSTEM) jetfon G1701-GB

SIMカードの入れ替えなしでも世界100以上の国と地域で使える格安スマホ。クラウド上から最適なSIMを読み込んでデータ通信を可能にする「クラウドSIMテクノロジー」を搭載しているので、グローバルに活躍するビジネスマンにおすすめです。

1日プランの利用料金は380円からとリーズナブルなのもポイント。オクタコアCPUは「Snapdragon 652」で、処理速度の速い「4GB RAM」や大容量の「64GB ROM」など、全体的なスペックも高いほか、海外渡航時の使用にも耐えうる強固な「アルミボディ」、セキュリティと使いやすさを兼ね備えた「指紋センサー」など、実用性にこだわって作られているのも魅力です。

マヤシステム(MAYA SYSTEM) MUSASHI FTJ161A-Musashi

ガラケーのような見た目が特徴のスマートフォン。親指だけで操作できる「物理ボタン」と、見やすく操作がしやすい「タッチパネル」を搭載。スマホながら2つ折りケータイのような感覚で気軽に使えます。本体の背面には「4型WVGA液晶(480×800ドット)」が付いているので、閉じた状態でもアプリやゲームが楽しめます。

クアッドコアCPU「MT6735」や、1GBのメインメモリなど、全体的なスペックはやや低めですが、インターネットやSNS、動画を見たりする程度なら十分なスペックです。電池パック式を採用しているので、バッテリーの交換も容易。価格は9000円弱とコスパも良好です。