月々の通信料金を安く抑えられる「格安スマホ」。2015年5月に施行されたSIMロック解除の義務化以降、大手キャリアから乗り換える方が急増しているのに加え、2019年9月から中古スマホのSIMロック解除が義務付けられたことにより、一層広がっています。

そこで今回は、格安スマホのおすすめ事業者と端末をご紹介。乗り換えを検討中の方はもちろん、格安スマホがどんなモノなのかわからないという方も、ぜひチェックしてみてください。

格安スマホのメリット・デメリット

メリット

格安スマホを提供する事業者は「MVNO」と呼ばれ、大手キャリアから回線設備を借りて通信を行うことで安さを実現しています。格安スマホと大手キャリアではデータ通信量の月額料金に大きな開きがあり、端末代金を含めても月々のスマホ代を半額程度まで抑えられるのが最大のメリット。

また、料金体系がシンプルでわかりやすく、自分に合った無駄のないプランを選べるのも魅力です。ほかにも、大手キャリアと比べてデータ容量を細かく選択できるのに加え、最低利用期間が短いなどの利点があります。

デメリット

格安スマホの最大通信速度やサービス提供エリアは大手キャリアと同等。ただし、確保しているネットワーク帯域やユーザーの数により、通信速度が安定しない場合があります。

また、大手キャリアから格安スマホに乗り換えた場合、キャリアメールが使用できなくなるのもデメリット。GmailやYahoo!メールなどのフリーメールで代用できますが、キャリアメールよりも信用度が低いうえ、金融機関などの一部サービスでは使用できなかったり、セキュリティの観点から迷惑メールとして認識されたりする場合があります。

さらに、格安スマホは実店舗を構えていないか店舗数が少ない事業者が多く、基本的には手続きや初期設定を自分で行わなくてはなりません。相談やサポートを受ける場合、電話やメール中心となるため留意しておきましょう。

格安スマホがおすすめなのはどんな人?

スマホの利用頻度が少ない方

格安スマホはデータ容量による料金プランが大手キャリアよりも細分化されており、用途やシチュエーションに合わせて選べるのが魅力。毎月のデータ通信量を使い切れないライトユーザーの方は、格安スマホに乗り換えるだけで通信料金を大幅に節約できます。

また、データ通信量によって料金が決まる段階定額・従量制プランを導入している事業者もあり、月々のデータ通信量にバラつきがある方やWi-Fiに接続して利用する機会が多い方にもおすすめ。

なお、「LINEモバイル」や「BIGLOBEモバイル」などの一部事業者では、 LINEやYouTubeなどの特定サービスに関してデータ通信量をカウントしないプランを展開しています。頻繁に使用するサービスがある方は、ぜひチェックしてみてください。

通話頻度が少ない方

月々の通信料を安く抑えられる格安スマホですが、月額料金に通話料が含まれていないケースが多く、通常30秒あたり約22円がかかります。しかし、電話をかける機会が少ない方やインターネット利用がメインの方は通話料を気にする必要がないため、大手キャリアよりもお得な料金プランを選べる格安スマホを選ぶのがおすすめです。

なかには大手キャリアのような通話定額プランを提供している事業者もあるため、時間を気にせず通話を楽しみたい方は、それらのサービスを上手に利用して通話料を抑えましょう。

とにかく料金を安く抑えたい方

必要最低限のサービス提供により、月額料金を安く抑えられる格安スマホ。大手キャリアの場合、月々のスマホ利用料が平均7,000~8,000円なのに対して、格安スマホは半額以下の平均2,000~3,000円程度に抑えられます。

低容量のデータプランが豊富に揃っているため、余分なデータ容量に無駄なお金を払わずに済むのもメリット。スマホの利用頻度が低い方は月額料金を下げられる可能性があるので、一度見直してみるのがおすすめです。

2台持ちしたい方

格安スマホには、通話とデータ通信ができる「音声通話SIM」のほか、インターネット接続のみ可能な「データSIM」があります。

電話番号が持てないデータSIMは音声通話SIMよりも月々の利用料金が安く、メインのスマホに加えて2台目以降を検討している方にもおすすめ。またスマホだけでなく、LTEモデルのタブレットでも使用可能です。自分の利用スタイルに合わせてそれぞれのプランを選択すれば、月額料金が抑えられます。

格安スマホの選び方

データプランをチェック

データ容量に応じて細かくプランを選べる格安スマホ。500MBから無制限まで多彩な選択肢が用意されています。月々に利用できるデータ容量を超過すると通信速度制限が適用されてしまうため、毎月のデータ使用量を事前にチェックし、自分に合ったデータプランを選ぶのが大切です。

月額料金をチェック

格安スマホの月額料金はデータ容量によって決まります。まずは自分が毎月どれくらいのデータ通信量が必要なのかを把握した後、データ容量ごとに各社の料金プランを比較しましょう。スマホの利用頻度が低い方は、データ通信量が少ないプランや従量制プランを選ぶのがおすすめです。

通信速度が気になるなら高速プランがおすすめ

格安スマホの速度には、大きく分けて75Mbps以上の高速プランと200Kbps前後の低速プランがあります。メールやLINEの送受信、Webページの閲覧といったライトな用途は低速プランでも問題ありません。大手キャリアからの乗り換えで速度を落としたくない方や動画などを楽しみたい方は、75Mbps以上の高速プランを選びましょう。

端末のラインナップをチェック

格安スマホは、手頃な価格で購入できるミドルレンジモデルを中心に、さまざまな価格帯やスペックの機種が揃います。基本性能を踏まえたうえで、カメラやおサイフケータイ、防水・防塵といったプラスアルファの機能に注目。自分が必要な機能を優先し、端末を吟味するのがおすすめです。

格安スマホのおすすめ事業者

LINEモバイル

月々660円からのリーズナブルなプランを展開する「LINEモバイル」。ドコモ・au・ソフトバンクの回線に対応しており、大手キャリアから乗り換えやすいのが魅力です。データ容量は500MB・3GB・6GB・12GBから選択が可能。データ容量に応じて毎月の基本料金が決定します。

人気コミュニケーションアプリのLINE、TwitterやFacebookといった主要SNSがデータ消費ゼロで使える3種類のデータフリーオプションを用意。自分に合ったオプションを選ぶことで毎月のデータ通信量を節約できます。

データ通信量はLINEアプリで繋がっている家族や友人にプレゼント可能。使いきれなかった分は、翌月に繰り越しもできます。LINEの各種サービスで貯まったポイントを毎月のスマホ代に使えるのも魅力。LINEサービスを頻繁に利用する方におすすめの事業者です。

iPhoneをはじめとした人気の端末とセットで契約可能。乗り換えと同時に端末も新しく購入したい方にも適しています。LINEモバイルは、月額基本利用料やデータフリーオプション料が最大2ヶ月無料になるキャンペーンを終了日未定にて実施中。気になる方は、公式サイトをチェックしてみてください。

UQモバイル

大手キャリアに引けを取らない通信速度を実現しながらも、毎月の通信料金を大幅に節約できる「UQモバイル」。KDDIの子会社であるUQコミュニケーションズが運営しており、auスマホをそのまま使えます。

2020年6月1日より、月額3,278円でデータ容量10GBまで使える「スマホプランR」が登場。余ったデータ容量は翌月に繰り越し可能なうえ、月間の通信量を使い切っても最大1Mbpsの速度で利用できます。また、月間データ容量3GBを月々2,178円で利用できる既存の「スマホプランS」も選択可能。いずれも契約期間の縛りがなく、いつ乗り換えや解約をしても契約解除料がかからないのが魅力です。

さらに、月60分の通話を月額550円で利用できる「通話パック」、毎月770円で1回あたり10分まで回数無制限で通話できる「かけ放題(10分/回)」、月々1,870円で24時間いつでも通話定額の「かけ放題(24時間いつでも)」など、充実した通話オプションを用意。家族で利用すれば、1回線あたり550円の割引も適用されます。

人気が高いiPhoneやAndroidスマホなど、セットで購入できる端末の種類が豊富なのも魅力。契約プランに応じてデータチャージ料金が割り引かれるキャンペーンや、不要になったスマホの下取りサービスなども展開しています。

BIGLOBEモバイル

インターネットサービスプロバイダのBIGLOBEが運営するMVNO。au回線を利用するタイプAと、NTTドコモの回線を利用するタイプDから選ぶセレクトプランがあります。データ容量は3・6・12・20・30GBと細かく設定されており、自分に合ったプランを選択可能です。

有料オプションを追加することで、YouTubeやSpotifyといった特定の動画・音楽配信サービスがデータ消費なしで利用できるのもポイント。音声通話SIMの場合は528円、データSIMの場合は1,078円を毎月支払うことで利用できます。データフリー対象のサービスを頻繁に利用する方におすすめの事業者です。

端末ラインナップはSIMフリーモデルが中心ですが、ほかの事業者ではあまりセット販売されていないモトローラのスマホが購入できるのも魅力。また、BIGLOBEモバイルは特典によって初月の月額料金が無料になるケースがあります。初期費用を抑えて契約したい方はぜひチェックしてみてください。

楽天モバイル

ドコモやauと同じキャリアとして独自回線で運用しており、安定した通信が可能な「楽天モバイル」。2020年4月8日より、パートナー回線エリアのデータ容量が5GBにアップした月額3,278円の無制限プラン「Rakuten UN-LIMIT 2.0」がスタートし、先着300万名を対象に該当プランの料金が開通日から1年間無料になるキャンペーンを実施しています。

楽天が提供するコミュニケーションアプリ「Rakuten Link」の利用を条件に、通話オプションの加入なしで国内通話が何度かけても無料。最低利用期間および契約解除料が発生しないため、気軽に利用できます。

月額利用料に対して楽天ポイントが付与されたり、楽天会員のグレードによって基本料が割り引かれたりと、楽天ユーザーにとって嬉しい特典がたくさん用意されているのも魅力。楽天関連サービスを普段からよく利用する方に適しています。

手のひらサイズのオリジナル端末「Rakuten Mini」を含め、ハイスペックモデルからリーナブルなモノまで多彩な機種が揃うのもポイントです。

Y!mobile

ソフトバンクのサブブランドとして格安スマホを提供する「Y!mobile」。自社回線を利用しており、大手キャリアと同等の速度で快適に利用できます。月々3,278円からスマホが使えるスマホベーシックプランを展開。データ通信量に応じてS・M・Rの3種類から選択できます。

いずれのプランも追加料金なしで10分以内の国内通話が無料で利用可能。さらに、月々1,100円をプラスすることで通話時間無制限でかけ放題になるオプションサービスも用意されており、大事な連絡は通話でしたいという方も気軽に使えます。

ソフトバンクおよびヤフー関連サービスと相性がよいのもポイント。ソフトバンク光やソフトバンクAirとの併用割引、PayPay関連キャンペーン時の優遇といったさまざま特典が受けられます。また、全国に店舗を構えており、スマホの操作が苦手な方でも対面相談できるのが魅力。

月額料金を抑えながら、大手キャリア並の通信品質とサポート体制を確保できるおすすめの事業者です。

トーンモバイル(TONEmobile)

ドリーム・トレイン・インターネットが運営する「トーンモバイル」。料金プランが明瞭で、スマホ初心者でも安心して利用できます。データ容量を無制限で利用できる基本プランを月額1,100円から展開。安価ながらも充実した機能を備えたオリジナルのAndroid端末とセットで契約できます。

オプションサービスが充実しているのも魅力。必要な機能だけを選んで自分に合ったプランを作れます。また、スマホの利用制限や現在地確認のほか、Webフィルタリングといった家族を見守る機能が利用できるのもポイント。

ただし、通信速度が500~600Kbpsと他事業者に比べて遅いため、動画視聴にはWi-Fi環境か有料の高速チケットが必要です。

さらに、月額1,650円で利用できるiPhone専用SIMカードも用意。手持ちのSIMフリー端末に挿すだけで、家族向けの見守り機能をiPhoneでも利用できます。子どもからシニア世代まで快適に利用できるおすすめの事業者です。

mineo

関西電力グループのオプテージが運営する「mineo」。ドコモ・au・ソフトバンクの3回線を利用しており、主要キャリアから気兼ねなく乗り換えられます。

必要最低限の契約内容に見直せば、月々770円から利用可能。月額385円をプラスするだけで、データ容量を消費せず全てのコンテンツが最大500Kbpsの通信速度で利用できる「パケット放題」も選べます。動画や音楽ストリーミングサービスを頻繁に利用する方にもおすすめの事業者です。

MMD研究所が2020年3月に行った格安SIMサービスの調査で顧客総合満足度1位を獲得。月額料金の安さはもちろん、通信速度の速さや充実したサポート体制も大きく評価されています。

人気のiPhone SE(第2世代)やiPhone 11シリーズにも対応。SIMカードを差し替えるだけで手持ちのiPhoneを継続利用できます。ただし、一部の未対応の端末やSIMロック解除が必要なモノもあるので、留意してください。

IIJmio

2018年3月に国内初のフルMVNOとして登場した「IIJmio」。NTTドコモの回線に加えてauの4G LTE通信にも対応しており、広いエリアで安定した高速通信が可能です。

音声通話SIM契約者は、IIJmioが提供する「みおふぉんダイアルアプリ」を使うことで、通話料を半額の11円/30秒に抑えることが可能。家族向けの通話割引も提供しており、同一契約の場合、プランを問わず最大30分の通話がかけ放題になります。

高速データ通信のオン・オフを切り替える「IIJmioクーポンスイッチ(みおぽん)」が利用できるのもポイント。必要なときだけ高速通信を使えるため、データ容量を節約できます。

人気のiPhoneやAndroid端末からマニアックな機種まで豊富にラインナップ。新型スマホが発売されてから動作確認が行われるまでの対応が非常にスピーディで、最新機種を早く手にしたい方にもおすすめの事業者です。

OCNモバイルONE

NTTコミュニケーションズが提供するMVNO。OCN光サービスとのセット利用により月額利用料が220円割り引かれる特典を利用すれば、月々748円からスマホを持てます。最低利用期間や解約違約金なしで気軽に使えるのも魅力です。

音声通話SIMとデータSIMに加えて、SMSが使えるデータSIMの3つを展開。月あたりのデータ容量を指定する6つのコースを用意しており、自分に合ったプランを選べます。

また、全てのプランが月ごとに契約データ容量を変更できるのもポイント。初めてスマホを利用する方や毎月のデータ使用量が把握できないという方は、データ容量の少ないコースを契約し、使用状況に合わせて変更するといった使い方もできます。有名プロバイダならではの充実したサービスが魅力のおすすめ事業者です。

格安スマホのおすすめ端末

アップル(Apple) iPhone SE

4.7型のiPhone 8をベースに開発された「iPhone SE」の第2世代モデル。iPhone 11シリーズと同様の「A13 Bionicチップ」を搭載しており、動作の高速化に加え、省電力性能の向上を果たしています。

Touch ID(指紋認証機能)対応のホームボタンを搭載。カメラはシングル構成ながら、Neural Engine(機械学習専用コア)を活用した背景をぼかすポートレートモードや、照明エフェクトを追加できるポートレートライティング機能などを利用して、ハイクオリティな写真撮影を手軽に楽しめます。

初代モデルにはなかったIP67等級の防水・防塵性能を有しており、屋外でも安心して使用可能。非常に高い性能を備えながらも4万円代から購入できるおすすめモデルです。

ファーウェイ(HUAWEI) P30 Lite

標準・広角・被写界深度測定用の3つを組み合わせたトリプルカメラが特徴の「P30 Lite」。シーンや被写体に適した設定を自動で行うAI(人工知能)をアウトカメラとインカメラの両方に搭載しており、 誰でも手軽にプロ並の写真が撮影ができます。

解像度2312×1080の6.1型フルHDディスプレイを採用。深みのある色鮮やかな描写を実現します。ファーウェイ独自の高性能オクタコアCPU「HUAWEI Kirin 710」を搭載しているのもポイント。高い処理性能により、快適な使い心地を提供します。

4GBのメモリと64GBのストレージを搭載。最大512MBまで対応可能な microSDカードスロットを備えており、 容量を気にすることなく使用できます。DSDV(デュアルSIM・デュアルVoLTE)に対応しており、2枚のSIMカードを同時に使い分けできるのも魅力。エントリーモデルながら、充実した機能を備えたおすすめの格安スマホです。

オッポ(OPPO) Reno A

おサイフケータイや防水機能など、日本市場のニーズに応える機能を搭載。6.4型有機ELディスプレイを採用しており、鮮やかな色表現が可能な格安スマホです。6GBのメモリと高性能な「Snapdragon 710」により、軽快な動作を提供します。

主張を抑えたティアドロップ型のノッチデザインにより、高い画面占有率を実現。文字や画像が見やすく、快適に使用できます。インカメラは2500万画素に対応。顔のパーツごとにエフェクト調節できる「AIビューティー機能」を備えており、自撮りをキレイに楽しみたい方にも適しています。

シャオミ(Xiaomi) Redmi Note9S

背面に4眼カメラを搭載した格安スマホ「Redmi Note9S」。4800万画素イメージセンサーを備えており、昼でも夜でも鮮明な写真が撮れます。6.67型の特大ディスプレイを採用しているのもポイント。動画やゲームを大迫力で楽しみたい方にもおすすめの格安スマホです。

ミドルハイエンドSoCである「Snapdragon 720」と4GBまたは6GBのメモリを搭載。5020mAhの大容量バッテリーを搭載しており、電池残量を気にせず快適に使用できます。さらに、18Wの急速充電にも対応。充実したスペックを備えながらも3万円以下で購入できるおすすめの格安スマホです。

サムスン(Samsung) Galaxy A7

6型有機ELディスプレイを採用しており、色鮮やかで美しい画面表示が可能な人気のAndroidスマホ。パンチホール型のベゼルレスデザインで表示領域が広がり、画面への没入感が高まります。

サムスンのミドルクラスSoC「Exynos 7885」を搭載しており、処理能力は十分。高負荷がかかるゲームなどを除き、快適に使用できます。

背面にはトリプルカメラを配置。約2400万画素のインカメラも備えており、さまざまなシーンでキレイな写真を撮影できます。大画面ながら、厚さ7.5mmで片手持ちしやすいのも魅力。充実した基本性能を備えながらもリーズナブルな価格で購入できるおすすめの格安スマホです。

シャープ(SHARP) AQUOS zero2

6.4型の有機ELディスプレイを採用した人気の格安スマホ「AQUOS zero2」。240Hzの高速駆動に対応し、動きの速い映像も残像を抑えてクリアに映し出します。

従来機と比べてCPU性能が約30%向上。さらに、GPU性能も20%ほどアップしており、高負荷なゲームやアプリも快適に楽しめます。軽快な動作を実現する8GBの大容量メモリを搭載しているのもポイント。ストレージ容量は256GBで、動画や音楽をたくさん保存できます。

2枚のSIMカードを使い分けられるDSDV(デュアルSIM・デュアルVoLTE)にも対応。ふたつのLTE回線が利用可能で、海外への旅行や出張時にも活躍します。本体重量およそ141gをと非常に軽量で、長時間使用しても疲れにくいモデルです。

モトローラ(Motorola) Moto G8 Power

モトローラ独自の狭額縁ディスプレイにより、大画面と持ちやすさを両立した「Moto G8 Power」。6.4型フルHD液晶で、さまざまな角度から写真や映画、ゲームなどを快適に楽しめます。カメラには、シーンに適した設定を自動で行うAIエンジンを搭載。誰でも簡単に高品質な写真が撮影できます。

5000mAhの大容量バッテリーを採用しており、一度の充電で約2日間の駆動が可能。また、付属の「15Wターボパワーチャージャー」を使用すれば、15分で最長約8時間分の急速充電ができます。そのほかにも、ワンタッチで簡単かつ確実にロック解除できる「指紋認証センサー」や自然なジェスチャー操作が可能なUI「Motoエクスペリエンス」といった多彩な機能を搭載。

ディスプレイの美しさと動作の軽快さが際立つおすすめの格安スマホです。

アップル(Apple) iPad 第7世代

エントリーモデルながら充実した機能を持つSIMフリーの最新iPadです。重さ約493gのボディにはフルHD解像度を超える10.2型のRetinaディスプレイを搭載。コスパの優れたA10チップを採用することで、一般的な用途には十分な高性能と高画質を持ちながら安い価格を実現しているのが魅力です。

Apple Pencilに対応するのも特徴。iPadの画面をデジタルノートとして使えるのはもちろん、優れた筆圧・傾き検知センサーによって高度なイラストの描画も楽しめます。また、充電不要で使えるSmart Keyboardとも接続が可能。文章入力が捗るのでiPadを学校のレポートやビジネス文書の作成に活用したい方にもおすすめです。

nano-SIMスロットを搭載。MVNOで契約した格安SIMを挿入すれば、Wi-Fiがない環境でも手軽にデータ通信が利用できます。また、海外旅行などで重宝するeSIMを内蔵するのもポイントです。

ファーウェイ(HUAWEI) MatePad

優れたコスパで人気のSIMフリータブレットです。映画もゲームも迫力の大画面で楽しめる10.4型の2Kフルビューディスプレイを搭載。2つのアプリ画面を左右に並べて表示できる「マルチウィンドウ」に対応するほか、目にかかる負担を和らげる新搭載の「eBook機能」によって長時間の読書も快適に楽しめます。

重さ約450gのボディにはスピーカーとマイクを各4基ずつ内蔵。ビデオ通話も高音質なサラウンド環境で進められるので、リモートワークでも活躍できます。また、純正スタイラスペンのM-Pencilに対応するのもポイント。PDFへの記入や図面作成などが正確なタッチで行えるので、ビジネスシーンでも重宝します。

OSにはAndroid 10ベースのEmotion UI 10.1を採用。約7250mAhの大容量バッテリーを内蔵しており、1回のフル充電で動画を12時間連続で再生できます。高性能ながら価格が安いのも魅力です。