2015年5月より施行された「SIMロック解除の義務化」以降、大手三大キャリア以外の”格安スマホ”と呼ばれる端末を持つ方が急増しています。ドコモ・au・ソフトバンクと比べると、月々の通信料金をリーズナブルに抑えられるのが格安スマホのメリットです。

そこで、今回は格安スマホの魅力や選ぶ際の注意点、ポイントを解説。また、該当するおすすめの端末も合わせてご紹介するので、格安スマホの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

格安スマホとは?

By: amazon.co.jp

格安スマホとは、文字通り安く使えるスマートフォンのこと。大手キャリアが販売する端末よりも、基本使用料やインターネット接続費、端末本体の価格が安いので、人によっては格安スマホに乗り換えるだけで、月々のスマホ料金を抑えられます。

基本的に格安スマホを使うには、MVNO(仮想移動体通信事業者)が提供する「格安SIMカード」と、それらのSIMカードが使える「スマートフォン本体(SIMフリー)」の2つが必要です。大手キャリアが販売するスマートフォンと同様に、格安SIMとスマホ本体をセットで購入できる場合もあります。

格安スマホのメリット・デメリット

By: amazon.co.jp

メリット

格安スマホを選ぶメリットで魅力的なのが毎月のスマホ料金を安く抑えられることです。例えば、大手キャリアの場合、月々のスマホ利用料が平均7000~8000円なのに対して、格安スマホはその半額以下の平均2000~3000円程度に抑えられます。

また、格安スマホは端末本体の価格も安く、中には1万円以下で買えるような製品もあるため、スマホ料金を節約したいなら大手キャリアよりも格安スマホの方が断然おすすめです。

他にも、「料金プランがシンプルで分かりやすい」「データ容量を細かく選択できる」「最低利用期間が大手キャリアよりも短い」など、格安スマホには金銭面以外にもいろいろなメリットがあります。

デメリット

格安スマホには、当然デメリットもあり、例えば、大手キャリアから格安スマホに乗り換えると今まで使えていたキャリアメールが一切使えなくなります。

格安スマホでも「Gmail」や「Yahoo!メール」などのフリーメールを使えば代用できますが、金融機関などの一部サービスではフリーメールが使えなかったり、セキュリティの観点から迷惑メールとして認識されたり、キャリアメールが使えなくなるといろいろと不都合です。

また、大手キャリアと違って格安スマホは店舗を構えていない場合もあるので、基本的に開通手続きや初期設定はすべて自分でやらなければなりません。詳しい方なら数分あればできますが、格安スマホ初心者の方だと設定するのに時間や手間が掛かってしまうため、乗り換える際には注意が必要です。

格安スマホがおすすめの人

スマホの利用頻度が少ない方

格安スマホは、使う用途やシチュエーションに合わせて細かく料金プランを選択可能。大手キャリアと違って自分に合ったプランが無駄なく選べるので、毎月データ通信量を使いきれず余らせている方や、インターネットをほとんど使わないライトユーザーの方は、格安スマホに乗り換えるだけでスマホ料金をかなり節約できます。

また、格安スマホによっては使ったデータ通信量で料金が決まる、「段階定額・従量制プラン」を導入しているところもあるので、月々のデータ通信量にバラつきがある方や、Wi-Fiスポットでの利用がメインの方にもおすすめです。

なお、LINEモバイルやBIGLOBEモバイルなど、格安SIM事業者の中にはSNSや動画アプリなどの特定のサービス使用に関するデータ通信量をカウントしないプランを用意しているモノもあります。頻繁に使用するサービスが対象になっている場合、その格安SIM事業者を選択することでデータ通信量の大幅な節約も可能です。

通話頻度が少ない方

格安スマホは大手キャリアよりもやや通話料金が高いので、普段から頻繁に電話をかける方は注意が必要です。一方で、あまり電話をかけない方や、インターネットがメインの方は、それほど通話料金を気にする必要がないため、大手キャリアよりもお得な格安スマホに乗り換えた方が良いでしょう。

ちなみに、最近では楽天モバイルやOCNモバイルONEなど、格安スマホでも「電話かけ放題プラン」や「5・10分かけ放題プラン」など、大手キャリアのような通話定額プランを提供しているところもあります。

時間を気にせず電話楽しみたいなら、これらの通話定額プランを提供している格安スマホを選ぶのもおすすめです。

2台持ちしたい方

格安SIMには、電話とインターネットが使える通話SIMのほかにも、インターネットだけが使えるデータSIMなどがあります。元々ガラケーを持っていて、もう1台はスマホを持ちたいという方には、必要最低限の機能を安くそろえた格安スマホがおすすめです。

ちなみに、ガラケーとスマホを2台持ちにすると、ガラケーでは大手キャリアのメールアドレスがそのまま使えたり、スマホのバッテリー消費が抑えられたりと、金銭面以外にもさまざまなメリットがあります。

ちなみに、データSIMをなるべく安く使いたい方には、業界最安クラスの料金が魅力のDMMモバイルがおすすめ。データ容量も最小1GBから最大20GBまで9段階で細かく選べるので、無駄なく使えます。

格安スマホの選び方

スペックで選ぶ

格安スマホを選ぶ際、特に注意しなければならないのが端末のスペックです。価格が安いからと言ってスペックを確認せず選んでしまうと、「動作が遅い」「データ容量が少ない」など、使用時に不満を感じる場合があります。

そのため、格安スマホを選ぶ際には、価格だけでなく端末のスペックもしっかりとチェックするようにしましょう。

選び方の目安として、アプリやゲームをサクサク楽しみたいなら、CPUは「2.0GHz」、メモリは「4GB」、ストレージは「32GB」に対応したハイエンドクラスの格安スマホがおすすめ。ただし、全体的なスペックが高い分、価格が高くなるためコストパフォーマンスを重視する方にはあまり向いていません。

一方で、価格と性能のバランスで選びたいなら、CPUは「1.2GHz」、メモリは「2GB」、ストレージは「16GB」に対応したミドルレンジクラスの格安スマホがおすすめ。ハイエンドクラスよりも性能は下がりますが、その分価格が安くなっているのでコストパフォーマンスを重視する方におすすめです。

SIMカードの種類で選ぶ

格安スマホを使うには、スマホ本体とは別に「MVNO(仮想移動体通信事業者)」が提供するSIMカードが必要です。このSIMカードには「標準SIM」「micro SIM」「nano SIM」の3種類があり、スマホの機種によってそれぞれ対応するSIMカードが異なります。

SIMカードの互換性は、あらかじめ製品ページやメーカー公式サイトなどでチェックできるので、格安スマホを選ぶ際にはしっかりと確認しておきましょう。

ちなみに、SIMアダプターと呼ばれる特殊なアイテムを使えば、サイズの小さなSIMカードをひと回り大きくできるため、いろいろな格安スマホを使いたい方は、とりあえず一番サイズの小さな「nano SIM」を選んでおくのがおすすめ。

格安スマホで普通にアプリは使えるの?

基本的には、格安スマホでも大手キャリアのスマホと同じようにいろいろなアプリが楽しめます。ただし、ひとつ注意しなければならないのがLINEやTwitterなど「SMS認証」が必要なアプリです。

大手キャリアだと、SMS認証に必要な機能が標準で付いていますが、格安SIMの一部プランにはSMS機能が付いていないため、格安SIMを使った格安スマホの場合には、事前にSMSの有無もしっかりとチェックするようにしましょう。

ちなみに、格安スマホに乗り換えると「auスマートパス」や「App Pass」など、大手キャリアが配信しているアプリも使えなくなるため、これらアプリを頻繁に利用している方も注意が必要です。

格安スマホのおすすめ端末

ファーウェイ(Huawei) P10 lite WAS-LX2J

2万円台で購入できる端末の中では圧倒的なスペックを備えた格安スマホ。CPUには2.1GHz×4+1.7GHz×4の「HUAWEI Kirin 658」、メモリは「3GB」、ストレージは「32GB」を搭載しているので、ゲームやアプリもストレスなく楽しめます。

ミドルクラスの価格でありながら、指先ひとつでロックが解除できる「指紋認証」など便利な機能を多数搭載しているのもポイントです。

他にも、メインカメラ1200万画素、インカメラ800万画素を搭載するなどカメラの性能も十分。カラーバリエーションはサファイアブルー・ミッドナイトブラック・パールホワイト・プラチナゴールドの4色です。

エイスース(ASUS) ZenFone4 MAX ZC520KL

エイスースが誇る人気シリーズ「ZenFone」のエントリーモデル。バッテリーの容量が「4100mAh」と大きいのが特徴で、4G接続時の連続待受状態で最大約37日間も電池が持ちます。

約3.5時間で満タンになる充電スピードの速さも魅力。また、その大容量バッテリーを活かしてほかのデバイスに給電も可能です。

本体には「トリプルスロット」を採用しているので、下り最大150MbpsまでのSIMカード2枚と最大256GBまでのmicroSDカードを挿入できます。パフォーマンス性に優れた「Qualcomm Snapdragonプロセッサ」も搭載しており、たくさんの動作をスムーズにこなせるのもおすすめポイントです。

富士通(FUJITSU) arrows M04 FARM06304

耐久性の高い格安スマホを探している方におすすめのモデル。アメリカの国防総省が定めた23項目の「MIL規格」に準拠しているほか、メーカー独自の落下テストもクリアしているため、落下や衝撃に強く安心して使用できます。防水・防塵性能に優れているのも特徴です。

レベルの高いカメラ性能もポイント。画像処理エンジン「GRANVU」により、鮮明かつナチュラルな1枚が撮影可能です。インカメラに広角レンズを採用しているため、大人数のセルフィーでも全員をしっかりと収められます。

「ワンセグ」や「おサイフケータイ」をはじめ、設定した時間にお知らせしてくれる「通話時間アラーム」など、便利な機能を多く搭載している1台です。

シャープ(SHARP) AQUOS sense lite SH-M05

高精細な「IGZO液晶ディスプレイ」を搭載している格安スマホ。色彩を表現する力に優れており、写真はもちろん動画も鮮明に映せるのが特徴です。ストレスフリーに操作ができるのも魅力のひとつ。メーカー独自の技術により、複数のアプリを立ち上げていても快適に動作します。

「のぞき見ブロック機能」を使えば周りからは画面が見えにくくなるので、電車の中などでスマホを使いたいときも安心。また、防水性能にも優れているため手が濡れていても問題なくタッチ・スワイプできます。

アップル(Apple) iPhone SE

価格の高いイメージがあるiPhoneシリーズですが、本モデルは3万円弱で購入できるため、あまりお金をかけずiPhoneが欲しい方におすすめです。低価格ながら、独自の高性能CPU「A9チップ」や、4Kビデオを撮影できる「1200万画素カメラ」など、全体的にスペックが高いのも魅力。

ちなみに、このiPhone SEは画面サイズが4インチとかなりコンパクトなので、男性はもちろん手の小さな女性でも片手でラクラク操作が行えます。