登山用テントの相場は3〜4万円程度と言われています。そんな中、話題なのがアウトドメーカー「ヨーレイカ」の製品。高品質かつリーズナブルな価格のテントを多数ラインナップしており、注目されています。

そこで今回は、ヨーレイカのおすすめテントをご紹介。テントを初めて購入する方でも安心して使えるモノばかりなので、ぜひチェックしてみてください。

ヨーレイカとは?

By: amazon.co.jp

ヨーレイカ(Eureka!)は、1895年に米国ニューヨーク州のビンガムトンという都市で創業した老舗のアウトドアメーカー。元々は馬車の荷台の幌などを作っており、そこから長い年月を経て総合アウトドアメーカーとして発展しました。現在はテントやシュラフ、マット、ストーブといった主にキャンプ用品を中心とした製品を揃えています。

ヨーレイカの魅力は?

ヨーレイカの魅力は、コストパフォーマンスの高さ。例えば、流通している登山用のテントの相場と比較すると、半額程度から購入できる場合もあります。とはいえ、品質は十分許容範囲なのでお得感が高いのがポイントです。

テントは登山用品の中でも高価なアイテム。ヨーレイカは北米を中心にビギナー用として有名なブランドですが、日本での知名度は低く、知る人ぞ知る存在です。ぜひこの機会に、コスパ良好なヨーレイカのテントをチェックしてみてください。

ヨーレイカのテントおすすめモデル

ヨーレイカ(Eureka) ソリティア 一人用テント

1人用の登山テント。大人1人分が寝泊まりするのにぴったりなサイズです。ただし、室内に荷物を置くほどのスペースはないので注意しましょう。価格も非常にリーズナブルで設営も簡単なので、テント泊を手軽に始めてみたい初心者の方におすすめのテントです。

ヨーレイカ(Eureka) アマリパスソロ 3シーズンテント EBU361

登山用としてバックパックに詰めて持ち運び可能なヨーレイカのテント。本体がメッシュ構造のため、通気性もよく夏でも快適にテント泊を楽しめます。

アマリパスシリーズのテントは、1~3人用までラインナップされています。フライシートを被せることで、前室にバックパックを人数分置けるスペースを確保できるのも魅力です。

ヨーレイカ(Eureka) Apex 2XT テント

ヨーレイカの2人用のテントです。長方形のフロアとなっており、室内への荷物収納にも便利。広い室内空間を楽しみたい方におすすめのテントです。ただし、ひとりで持ち運びするには少々重いので、ふたりで分担して運ぶとよいでしょう。

ヨーレイカ(Eureka) アルペンライト 2XT テント

フライシートが本体の全面を覆うので、天候の悪い日でも雨に濡れることなく室内で快適に過ごせるテント。2人用として使うならば、荷物を中に入れても十分に室内空間を確保できる広さです。設営が容易なところも本製品の魅力。使い勝手のよい登山用テントを探している方におすすめです。

ヨーレイカ(Eureka) Down Range 2

2人用として広い室内空間を確保できるテント。前室も広めに設計されています。フライシートの前室は上下に開閉する方式を採用。トレッキングポールを2本立てることで日さしや雨よけとしても活用できます。気軽にテント泊を楽しみたい方におすすめです。