日常からビジネスまで、あらゆるシーンで大活躍してくれる付箋。ちょっとしたメモやアイデアの整理に活用できる上、資料の大切な部分に貼っておけば目につきやすくできます。

シンプルな文房具ながら各製品の特徴は大きく異なるため、用途に合わせて最適なアイテムを使い分けたいもの。そこで今回は、実用性に優れた定番アイテムからユニークなモノまで、おすすめの付箋をご紹介します。付箋の選び方も合わせて解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

付箋の選び方

種類で選ぶ

ブロックタイプ

By: amazon.co.jp

付箋には、ブロックタイプとロールタイプの2種類があります。一般的に、付箋と言われて思い浮かべる方が多いのが「ブロックタイプ」。近年のオフィス用品には欠かせない、オーソドックスな付箋です。形状は正方形や長方形のモノがほとんどであり、一枚ずつ剥がしながら使用していきます。

シンプルな仕様で、仕事上のタスク管理から日常のメモまであらゆるシーンで活用できるのが特徴です。また、ブロックタイプは100均ショップなどでも普及しているので、コストパフォーマンスも抜群。安価で実用性の高い付箋を購入したい方におすすめのタイプです。

ロールタイプ

By: amazon.co.jp

「ロールタイプ」は付箋の長さを自由に調節できるのが特徴。ロール状の付箋をディスペンサーに取り付けたセロテープのような仕様なので、引き出して好きな長さにカットしながら使用できます。また、裏側全面が糊付けされているのでしっかり貼り付けられるほか、ビンなどの筒状のモノにも貼れるのがメリットです。

そのため、汎用性が高く使い勝手のよい付箋を購入したい方におすすめ。なお、一般的な「剥がして使う」動作ではなく「切って使う」動作が必要なので、ブロックタイプに慣れている方は少々使いづらさを感じる可能性もあります。しかし、一度慣れてしまえば誰でも問題なく使いこなせるため、ぜひチェックしてみてください。

形・サイズ・デザインで選ぶ

By: amazon.co.jp

付箋は、使用するシーンによって最適な形やサイズ、デザインが異なります。仕事上でのタスクやスケジュールの管理などに使用する場合には、無地で大きめのサイズがおすすめです。ちょっとした伝言を残したい時や日常でのメモ帳代わりに使う場合には、デザイン性の高いモノもアリ。

また、書類のインデックスや本のしおりとして使いたい場合には、小さめのサイズを選ぶのがおすすめです。なお、小さめサイズの付箋には、透明なフィルム素材を使用したタイプもあり、文字が透けて見えるので重要箇所の目印に最適なのに加え、丈夫で破れにくいため長期間きれいに保管できるのが魅力。

さらに、近年では一見付箋に見えないようなユニークなデザインのアイテムも多く登場しています。見ているだけで癒されるかわいいデザインから、思わず笑みを浮かべてしまうような面白いデザインまでさまざま。用途に合わせて付箋を選び、快適に活用してみてください。

粘着性で選ぶ

By: amazon.co.jp

付箋を選ぶ際には、粘着性も要チェック。付箋の粘着性には「通常粘着タイプ」や「強粘着タイプ」、「全面強粘着タイプ」などの種類があり、用途に合わせてタイプを使い分けることで、貼った付箋がすぐに剥がれてしまうのを防げます。

手帳や書類などの紙面に貼り付ける場合には通常粘着タイプがぴったり。簡単に貼ったり剥がしたりできる適度な粘着力で、紙面が破れてしまうことなく快適に活用できます。また、パソコンのデスクトップやキャビネット、樹脂製品などの貼り付きにくい場所に使用する場合には粘着力の高い、強粘着タイプがおすすめです。

さらに、より優れた粘着力をもつタイプが、全面強粘着タイプ。付箋全面がピタッと貼り付いて剥がれにくいので、しばらく残しておきたい大切なメモやラベルとして使用したい場合に最適です。

なお、中には静電気の力を利用した付箋もあります。このタイプは剥がした時に跡が残らないのに加え、壁やガラスなどのあらゆる場所に使えるのがポイント。付箋の購入時には、使用シーンを想定したうえで粘着性も忘れずに確認してみてください。

付箋のおすすめ|勉強用

ニュークイン カラフルインデックス スーパースリム

丈夫なプラスチックフィルム素材を採用した付箋です。半透明で文字が透けるのに加え、1枚あたり44×4mmの極細サイズなので教科書や参考書、辞書のラインマーカー代わりとして活用できます。また、5色入りなので色ごとにルールを決めて、自由に色を使い分けられるのもポイント。

さらに、スリムなのでたくさん貼っても邪魔にならないほか、へたったり破れたりしにくので見出しとしても快適に使用できます。大切な箇所へピンポイントに貼り付けて勉強が捗る、おすすめの付箋です。

スリーエム(3M) ポスト・イット ふせん

本製品はスリーエムが開発した付箋の代名詞とも言えるアイテム「ポストイット」付箋です。75×25mmの程よい大きさで、ちょっとしたメモや見出しなどに幅広く活用できるのが特徴。また、保管に便利な透明ケースに入っているので気軽に持ち運べるのもポイントです。

なお、10色と豊富なカラーがセットされているため、重要ポイントはイエロー、暗記が必要な箇所はオレンジ、理解できていないところはピンク、などの色分けをしながら効率的に勉強を進められるのも魅力。

さらに、カラフルでわかりやすいノートが出来上がるので、モチベーションを維持しながら楽しく取り組めます。筆記用具を選ばずに書き込めるおすすめの付箋です。

スリーエム(3M) ポスト・イット 辞書引き用ふせん

本製品は辞書引き学習のために開発された付箋。辞書で調べた言葉を付箋に書き出してページ上部に貼り付けていくことで、「学ぶ習慣」を子どもが楽しく身に着けられることを目指して作られたアイテムです。

辞書の余白に合わせたやや狭めの糊幅であるのに加え、65×25mmと通常よりもサイズが短いため、たくさん付箋を貼っても付箋同士がくっつきにくく使いやすいのがポイント。

また、学んだ言葉の数を通し番号で書けるように、あらかじめ付箋の上部に「番」の文字がプリントされています。辞書引き学習法ガイドも付いており、子どもの勉強サポートにぴったりの、優秀な付箋です。

ビバリー リラックマ 付箋 ココサス

本やノートの目印として付箋を使用した場合、どのページを開くべきかは分かってもどこが大切な箇所なのかを忘れてしまいがち。そんな時に活躍してくれるのが「ココサス」です。チェックしたい箇所に付箋を貼りつけてミシン目で切り離すと、矢印部分だけがその箇所に残ります。

その上で、切り離した付箋をページの上端に貼っておくと、どのページのどの箇所が大切なのかが一目でわかる仕組みです。勉強用のノートに活用すれば、チェックした箇所を効率的に探せるのでスピーディーに学習できるのが魅力。かわいいキャラクターでノートを彩りながら、楽しく勉強ができるおすすめの付箋です。

カンミ堂 付箋 ペントネ チアフル

本製品は、かさばらず快適に携帯できるのが特徴です。ペンサイズのケースの中に1枚42×12mmの小巻の付箋が3セット入っており、筆箱の中に入れて楽々と持ち運べます。

また、マイクロミシン目が入ったロールタイプの付箋なので、好きな長さにしっかりカットできるのもポイント。ちょっとした目印やたっぷり書きたいメモなど、用途に合わせて使い分けられます。

さらに、付箋の両端にのりが付いていない「センターのり」仕様なのであらゆる方向から簡単にめくれるほか、フィルム製なので破れにくく丈夫なのも魅力。なお、付箋の表面に特殊加工を施しており、鉛筆や油性ペン、一部の水性ペンでも書き込めます。専用のリフィルを購入すれば詰め替えもできる、使い勝手のよいアイテムです。

カンミ堂 ふせん ココフセン

本製品は大切なワードを隠せる暗記学習用の付箋です。6×42mmとスリムサイズの付箋を憶えたい部分に貼ることで、文字を隠しながら効果的に勉強ができます。また、フィルム素材のため丈夫で破れにくいのに加え、油性ペンや油性ボールペンだけではなく鉛筆で書き込めるのもポイント。

さらに、携帯性に優れているのでどこにでも簡単に持ち運べます。なお、4色セットなので内容の重要度などに合わせて色を使い分けることも可能。ペンでぐるぐると塗りつぶしたようなユニークなデザインも魅力のおすすめアイテムです。

サンスター文具 スヌーピー 付箋 ピリット

本製品は、付箋を切り離すことで書かれた文字の意味が変わる、ユニークなアイテムです。「Look」「要確認」「Check」の3種類の付箋が、ミシン目に沿って切り離すことで「OK」「確認」「✔」という文字にそれぞれ変化します。

確認済みかどうかが一目で分かるので、効率的に勉強を進められるのが特徴。また、透明フィルムタイプなので見やすく破れにくいのもポイントです。さらに、スヌーピーのイラストが描かれたかわいいデザインも魅力。勉強だけでなくビジネスシーンの書類整理にも活用できる、おすすめの付箋です。

付箋のおすすめ|仕事用

スリーエム(3M) ポスト・イット ジョーブ ポインター

本製品はポストイットのフィルム素材タイプです。丈夫で破れにくいので長く使用できます。また、透明性があるので文字を隠さないのもポイント。さらに、ビビッドカラーで目につきやすく、大きな矢印をデザインしているため特定の箇所をしっかり目立たせられるのも魅力です。

なお、44×12mmの程よいサイズであるのに加え、油性ペンやボールペン、鉛筆、シャーペンで文字を書き込めるので、簡単な修正事項など一言添えることも可能。透明なケースから次々と取り出せるポップアップ式で、ストレスなく快適に使用できる実用性の高いおすすめの付箋です。

スリーエム(3M) ポスト・イット ノート

本製品は75×75mmサイズのスタンダードな正方形ポストイットです。書き込めるスペースが広いため、詳しく残したいメモや伝言、仕事のタスクを書き出す際に重宝します。また、たっぷりと使える450枚セットなので、必要な時はどんどん気軽に使用できるのもポイント。

さらに、ブルー、グリーン、イエロー、ピンク、グレーの5色タイプなので書き込んだ内容に合わせて色分けできるのに加え、淡いパステルカラーなので書いた文字がハッキリ見えやすいため、会議中のアイデア出しなどにも活用できます。ポストイット製品ならではの粘着力で大切なメモにも安心して使えるおすすめの付箋です。

スリーエム(3M) 強粘着ノート 罫線入り

本製品は75×75mmの正方形ポストイットの強粘着タイプです。従来の約2倍という強い粘着力を持つため、クリアファイルや電話などの樹脂面や、キャビネットなどのスチール面、ドアや壁などの垂直面、ダンボールなどのさまざまな場所にしっかり貼り付けられるのが特徴。

また、7mm間隔で罫線がプリントされているのもポイントです。長文のメモをきれいに書き込めるのに加え、項目ごとに整理しながら書けるため快適に使えます。

さらに、専用ケースに入っているのでデスクの上に設置しやすく、いつでも気軽に活用できるのも魅力。イエロー、ピンク、ネプチューンブルー、アップルグリーンの4色セットで色分けもできるおすすめの付箋です。

ヤマト 付箋 メモック ロールテープ

本製品は、好きな長さにカットして使えるロールタイプの付箋です。貼り付けたい場所の大きさに合わせて使えるほか、付箋内のスペースを余らせることがないので無駄なく経済的に活用できます。また、全面接着剤付きでヒラヒラめくれてしまうことがなく、安心して使用できるのもポイント。

なお、隠しておきたい情報の上に付箋を貼ったままFAXやコピー機に通せるので、大切な書類を取り扱う際にも重宝します。

さらに、幅25mmと程よいサイズ感であるのに加え、ローズとレモンの2色タイプなので色分けしながらインデックスとして使用できるのも魅力。弱粘着の糊を使用しており、長時間貼っていてもきれいに剥がせるおすすめのオフィスアイテムです。

ジオ 付箋 豆腐一丁 絹ごし

絹ごし豆腐をモチーフにした付箋。まるで本物の豆腐のように見えるユニークなデザインは、オフィスのデスクに置いておくだけで大注目されること請け合いです。パッケージのフィルムは再粘着タイプなので、きれいに貼り直せます。

なお、デザイン性のみならず実用性も抜群。64×64mmと大きめの正方形サイズなので、詳細まで残したいメモや伝言を書き出す際に重宝します。また、強粘着糊を使用しているため、しっかり貼り付いてくれるのもポイント。

さらに、つるっとしたなめらかな紙質なので快適に書き込めます。見ているだけで楽しい気分になれるおすすめの付箋です。

ロジック 静電気ふせんプラス

本製品は、静電気の力を利用して簡単に貼ったり剥がしたりできる付箋です。ドアやガラス、パソコンなど場所を選ばずに貼り付けられるので、さまざまなシーンで快適に活用できます。

また、ホワイトボード用のマーカーを使えば書いた文字を消せるため、会議中やプレゼンテーション中にホワイトボードに貼り付けながら使用するのにぴったり。

1枚の紙を数回使用できるのでコストパフォーマンスも抜群です。さらに、剥がしても跡が残らず、きれいに使用できるのも魅力。なお、何度も取り外すことで徐々に静電気の付着力が弱まってくるので、その点には留意してください。

カンミ堂 ココフセンカード

簡単に持ち運べるのが魅力の付箋です。さまざまな種類のカードとほぼ同じサイズの専用ケースに11×32mmの付箋が5色セットされており、財布やカードホルダーに入れて携帯できるので、場所を選ばず気軽に使用できます。

また、1枚1枚スムーズに取り出せる「ポップアップ式ケース」を採用しているため、片手で快適に使えるのもポイント。さらに、半透明のフィルム製なので丈夫で破れにくいのに加え、下の文字が透けて見えるのもメリットです。

なお、付箋の表面に施された特殊加工によって、鉛筆や油性ペン、一部の水性ペンでもスムーズに書き込めます。専用のリフィルで補充もできるおすすめのアイテムです。

スリーエム(3M) ポスト・イット アップル

かわいいリンゴ型にカットされたポストイットです。72×72mmと大きめのサイズなので、詳しく残したいメモや長めの伝言でもしっかり書き込めます。また、ユニークな形と蛍光カラーでパッと目に入りやすいため、大切なメモの見落としを防げるのもポイント。

なお、イエロー、オレンジ、ピンク、レッド、ライムの5色セットなので、内容の重要度などに合わせて色を使い分けられるのも魅力です。さらに、しっかり保管できる透明ケースに入っているため、付箋を汚さず最後まできれいに使いきれます。ビジネスシーンをカラフルに彩りながら楽しく活用できるおすすめの付箋です。