伝言を書いたりアイディアを整理したりする際に活躍する付箋。とてもシンプルな文房具ですが、用途の違いによって使い勝手のよさが変わってきます。伝言を残すために使うモノや資料の大切な部分の目印として使うモノなど、用途に合わせて付箋を使い分けてみるのもおすすめです。

今回は、数多くある付箋の中でも実用性の高い定番製品からユニークなアイテムまで、さまざまなタイプの付箋をご紹介します。

付箋とポストイットの違い

付箋とは伝言やメモなどを書いて貼り付ける小さな紙のことです。のり(糊)などを用意しなくてもそのまま貼れるイメージが強いですが、本来はのりやテープを自分で貼り付ける紙のことを指します。

一方で、「ポストイット」はスリーエム社が開発したのり付きの付箋。近年では、ポストイットが付箋の代名詞のようになっており“付箋=ポストイット”とイメージする方も多いです。

付箋の選び方

付箋を選ぶ際のポイントは、まず「サイズやデザイン」。自分用のメモ代わりとして使いたいのであれば、無地で大きめのサイズがおすすめです。伝言用のメモとして使うならデザイン性の高いモノもアリ。

目印のみに使う場合は小さいサイズで十分です。目印で使う付箋でおすすめなのはフィルム素材のモノ。フィルムタイプは、付箋が透けているため文字の上に貼っても問題ないのが特徴です。ただし、付箋に鉛筆や水性ペンなどで文字を書けないモノもあるので注意しましょう。

次に「粘着性」も大切。PCやホワイトボードのような紙以外に貼る際は、粘着性の強い付箋がおすすめです。反対に薄い紙に貼る場合は通常のタイプで支障はありません。用途に合わせて付箋を選び分けてください。

付箋のおすすめ17選

スリーエム(3M) ポスト・イット ノート CP-33SE

付箋の中でも定番中の定番である正方形の形をしたポストイット。少し長めのメモや、伝言を書く際におすすめの付箋です。5色の柔らかいカラーも魅力。紙の枚数は贅沢使いできる450枚。大きさは75x75mmとデスクに置いても邪魔にならないサイズ感です。

スリーエム(3M) ポスト・イット ジョーブ 透明見出し 680MSH

破れにくいフィルムタイムの付箋です。貼っても文字などを隠さない点が特徴。また、コピーをしても紙に写らないので、コピーをとる際に付箋を外す必要がありません。幅が狭いため、細かい部分に目印を付けたいときや多くのページに付箋を貼りたい場合におすすめです。

9色展開の豊富なバリエーションも魅力。勉強など一時的なモノに使うよりも、ファイルやカタログのページ分けに使う長期的な用途に適しています。

スリーエム(3M) ポスト・イット 500MC

一言メモやメッセージを残すのにピッタリな75x25mmサイズの付箋です。粘着性が強いのでパソコンやデスク周りのように、通常タイプの付箋ではつきにくい場所にも貼れるのが特徴。

その日の予定やタスクをひとつずつ書いて、終わる度に捨てるなどタスク管理にも便利。10色それぞれバラになっているので、好きな時に好みの色を使えるのもポイントです。

スリーエム(3M) ポストイット 654-5SSAN

PCやホワイトボードなどに貼りつけるのに最適な粘着性の強い付箋です。遠くから見ても目立つネオンカラーも特徴で、会議などで出たアイディアをカテゴリごとに整理する際におすすめ。1カラー90枚×5個で、サイズは75×75mmです。

ニトムズ STALOGY 書けるふせん BS3061

貼った部分が透けて見えるフィルム素材の付箋。破れにくいため、ファイルの見出し分けとしても使えます。フィルムタイプの付箋は、水性ペンで文字を書きにくいというデメリットもありましたが「書けるふせん」というネーミングの通り、油性ペンはもちろん、水性ペンや鉛筆でも文字を書くことが可能です。

フィルムならではのきれいなカラーも魅力。爽やかなブルーやグリーンのセットと、元気な印象のイエローやレッドのセット(それぞれ3色入り)があります。

カンミ堂 付箋 ペントネ チアフル PT-1002

ペンサイズのケースに入ったフィルムタイプの付箋です。おすすめポイントは携帯性に優れていること。ケースごとペンケースに入れて携帯できるので、「ペンケースに入れていたら、付箋がバラけてしまった」ということを防げます。2015年にはグッドデザイン賞を獲得しています。

スリムな形ですが、210枚入りと大容量で付箋がなくなったら詰め替えが可能。ケースは繰り返し使い、付箋だけデザインの違うモノに替える使い方もおすすめです。

カンミ堂 ココフセン CF-3001 AZ

ケースごと貼れるタイプの付箋です。ノートの隅やPCに束の状態のまま付箋を貼って保管できるため、付箋自体を持ち運ぶ手間が省けます。ユニークな発想も魅力で、ファンから支持を得る理由のひとつです。

フィルム素材で破れにくく、付箋を貼った下に文字があっても透けて見える使い勝手のよさも魅力。毎日のように付箋を使う方におすすめです。

マルア こころふせん ありがとう KF-4

贈り物と合わせて使ったり、仕事のお礼を伝えたりするシーンで活躍する付箋です。「ありがとう」という文字とリボンのデザインが、オリジナルの一言メッセージに深みを増してくれるはず。

サイズは縦75×横25mm。ひとつ20枚入りと少量なので、ここぞという時に使ってほしいおすすめの付箋です。

paperable ペパラブル ワタク紙ふせん HD2613

人間のシルエットが特徴的な付箋。手や足を折り曲げたり、目や口などを描いたりしながら遊び心をプラスしてメッセージを添えると、より一段と想いを伝えることができます。会社の同僚や後輩、忙しくてすれ違いの多い家族などへの伝言用に使う付箋としておすすめ。紙タイプでサイズは縦110×横93mm、15枚入りです。

カンミ堂 ふせん スット ブルー ST-1303

半透明のフィルムタイプの付箋。スタンドが付いているので、デスクの上で立てながら使えます。ミニ掲示板のようにメモが見やすいところが特徴。文字を書く際は寝かせることもでき、書きやすいようにボードも搭載されています。

本体サイズは縦115×横54mm。水性ペンや万年筆などでは文字が写りにくい点場合があるので、購入する際は留意しておきましょう。

クラスタージャパン 好きな色から使えるふせん 75×75 2個セット C-SFU-01×2

何色かが一つになったタイプの付箋は、上から順番に使うタイプのモノもありますが、この付箋はその名の通り「好きな色から使える」アイテムです。上から2番目の色を使いたい場合には、2番目の付箋だけ取り外すことができ、また元の位置に戻すことも可能と使い勝手は良好です。

粘着性の強い紙タイプなので、デスクやPCなどに貼るのにおすすめ。汎用性の高い正方形で、サイズは75×75mmです。

ジオ 付箋 メモ 豆腐一丁 絹ごし 小 TKS-1

ユニークなアイテムとして人気のある豆腐をモチーフにした付箋。ゲームの景品やギフト用としておすすめです。絹ごし豆腐のように「しなやか」な紙質が特徴で、文字の書き心地もよく使い勝手にも定評アリ。製品に記載された“不要冷蔵”の文言にセンスを感じる文房具です。

粘着性の強い紙素材でサイズは64×64mmの正方形。少し憂鬱な勉強や仕事の作業にちょっとした品を添えられるおすすめの付箋です。

ウインテック 魔法のふせん magnetic NOTES Mサイズ 透明 MNM-T

どんな場所にでも貼れる魔法の付箋。表面に文字を書けるのはもちろん、なんと裏面にも文字を書くことができます。しかも裏面は何度でも書いたり消したりできるので、繰り返し使える優れモノ。何人かで使う共有物としておすすめの付箋です。

サイズは縦70×横50mm。フィルム素材でできているため、表面はボールペンなどと相性がよいですが、鉛筆などでは文字を書きにくい点は注意しましょう。

ひみつ付せん/付箋 ひげ柄 11766006

デザイン重視の方におすすめの付箋です。手紙のように折れるので、書いたメッセージを隠せるのもポイント。こっそりお礼を伝えたいとき、借りた本の感想を添えるときなどに使う付箋として活躍します。

穏やかな表情も魅力で、渡した相手の心も癒してくれるかもしれません。他にもいろんな表情をしたモノがあるので、ちょっとしたコミュニケーションツールとして付箋を活用したい方は要チェックです。

無印良品 植林木ペーパーインデックス付箋紙

台形のような形をした無印の付箋です。ファイルやノートの見出しを付けるのに最適で、料理のレシピなどノートを自分なりにカスタマイズしている方におすすめ。4色セットで各カラー100枚入りです。

形や粘着性、カラーリングなど使いやすさが考慮されているのもポイント。価格もリーズナブルでおすすめの付箋です。

マルアイ オフィスコミュニケーション 会社風ふせん 申請書 オフ-FS2

メッセージをビジネス風に伝えられる付箋。家族や会社の同僚など、親しい方にちょっとした頼みごとをする際におすすめです。少し面倒な依頼もこの付箋に書けば、気軽に応えてくれるかもしれません。

サイズは縦75×25㎜、20枚入り。「申請書」の他に「辞令」や「報連相」といったラインナップもあるので、シーンによって使い分けるのもおすすめです。

ハイモジモジ メモ リストイット タフ 耐水版 80枚入り HMLI-1023

タスクや予定を書いてリストバンドのように腕に付けられる付箋。水に濡れても破れない素材でできているので、手を洗ったり家事をしたりしても安心です。長さは282mm、5色×16枚の80枚入りです。