迫力のある高音質を再現するサウンドバー。リーズナブルな価格帯の製品からハイエンドモデルまでラインナップは豊富です。コスパを重視している方は、安いモデルが適しています。製品ごとに機能性や使いやすさが異なるため、あらかじめ特徴を確認しておくことが大切です。

そこで今回は、安いサウンドバーのなかから、おすすめアイテムをピックアップ。サウンドバーの相場や選び方も解説するので、チェックしておきましょう。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

サウンドバーとは?

By: sony.jp

サウンドバーとは、テレビなどのサウンドをより高音質で聴ける薄型かつ横長のスピーカーです。ツイーターや中高域ドライバー、ウーファーなど、複数のオーディオ構成要素を1つのスピーカーに内蔵しています。構成要素を組み合わせることで、臨場感と広がりのある空間を生み出せるのが魅力です。

サウンドバーは、会話シーンのセリフをクリアに再現したり、ドラマチックなサウンドステージをつくりあげたりと、さまざま役割があります。テレビ内蔵のスピーカーでは迫力が物足りないと感じている方にもおすすめです。サウンドバーを導入することで、お気に入りの楽曲や映画のサウンドをハイクオリティな音質で楽しめます。

サウンドバーはコンパクトサイズながら高音質を実現。リーズナブルな価格帯の製品も多くあります。ライフスタイルや設置場所に適した製品を見つけやすいのもポイントです。

サウンドバーの相場をチェック

サウンドバーの相場は、1万円以下から10万円以上のモノまでラインナップが豊富です。価格と性能が比例する傾向があり、あまりに安すぎる製品は音質が悪かったり壊れやすかったりする可能性があるので注意しましょう。

安いサウンドバーを求めている方や、はじめてサウンドバーを購入する方は、1万円〜4万円程度の範囲を目安に選ぶのがおすすめです。

なお、同じメーカーのサウンドバーのなかでも、型が古いほど安くなります。メーカーと価格の安さを重視している方は、新製品を避けるのも選択肢のひとつです。

安いサウンドバーの選び方

タイプで選ぶ

スペースを取らず価格を抑えて導入しやすいワンボディタイプ

By: amazon.co.jp

ワンボディタイプとは、1台のサウンドバーのみで構成されている製品です。薄型かつコンパクトサイズのスピーカーだけなので、置き場所を選びにくいのが魅力。テレビ下などに気軽に設置できます。

また、2ユニットタイプと比べて価格が安い傾向があり、はじめての方でも導入しやすいのもポイント。ただし、2ユニットタイプよりも重低音の迫力が劣りやすいのがデメリットです。

クリアな重低音で臨場感が楽しめる2ユニットタイプ

By: amazon.co.jp

2ユニットタイプは、低音専用のスピーカーであるサブウーファーがセットになったタイプです。ワンボディタイプよりも重低音や低音域を表現しやすく、迫力のあるサウンドを楽しめます。映画やドラマ、ゲームなどのサウンドをリアルに再現したい方におすすめです。

2ユニットタイプはサブウーファーが付属するため、あらかじめ設置スペースをチェックしておきましょう。また、サブウーファーの音が床に響きやすいので、時間内によっては近所に迷惑をかけてしまう可能性があります。集合住宅で使用する方は、音量を調節できるモノを選んだり、防音対策を行ったりなど、周りへの配慮することが大切です。

設置場所に適したサイズを選ぶ

By: amazon.co.jp

サウンドバーを選ぶときは、本体サイズと設置スペースの広さを確認しておきましょう。サウンドバーは、テレビとテレビ台のすき間に収まるサイズがおすすめ。本体サイズが大きすぎるとテレビに被る場合もあります。薄型モデルなら、テレビの正面に置いたときも液晶画面を遮る心配を軽減可能です。

設置方法は、据え置きタイプと壁掛けタイプの2通りです。限られたスペースに設置したい方は、壁掛け対応モデルがおすすめ。据え置きと壁掛けどちらにも対応している製品は、部屋の間取りや広さに応じて付け替えられて便利です。

接続方法のチェック

HDMI接続するならARCやeARC対応か確認

By: amazon.co.jp

HDMIケーブルを利用して有線接続する方は、「ARC」や「eARC」に対応しているのか確認しておきましょう。ARCとは、HDMIケーブルを使って、テレビの音声をAV機器に送る機能です。eARCはARCの拡張版であり、高品質なデータ転送をおこなえます。

ケーブル1本繋ぐだけで、テレビとの接続が可能。テレビ側のHDMI端子がARCやeARCに対応していない場合は、「光デジタル出力」に対応しているのかチェックしておきましょう。

スマホやタブレットと接続するならワイヤレス接続

By: rakuten.co.jp

スマホやタブレット端末とサウンドバーを接続したい方は、ワイヤレス対応モデルを選びましょう。Bluetooth接続モデルは、簡単にペアリングをおこなえるのが魅力。スマホやタブレット端末の音楽をサウンドバーで流せるのが特徴です。

複数の機器との接続に対応したマルチペアリング機能を搭載した製品もあります。テレビだけでなく、デスクトップPCとの接続も可能です。あらかじめペアリングしておけば次回からは自動接続するので、毎回ペアリングする手間を省けます。

臨場感を高める機能に注目

奥行きのある音を楽しめる立体音響技術

By: sony.jp

奥行きのあるサウンドを楽しみたい方は、立体音響技術を搭載した製品がおすすめです。立体音響技術には「DTS:X」や「Dolby Atmos」などがあります。

前方だけでなく、頭上を含む広範囲にわたってサウンドを広げるので、臨場感あふれる空間を楽しめるのが魅力。映画やドラマ、ゲームのサウンドを重視している方にもおすすめです。

よりよい音質を求めるなら4Kパススルー機能

By: rakuten.co.jp

ブルーレイレコーダーなどから映像と音を取り込み、テレビ経由で接続すると音の解像度が低くなってしまいます。「4Kパススルー機能」を搭載した製品は、ブルーレイプレーヤーなどと直接接続するため、劣化なく4Kデータを直接サウンドバーに取り込めるため、ハイクオリティのサウンドを楽しめるのが魅力です。

音質を重視している方は、4Kパススルー機能を搭載したモデルをぜひチェックしてみてください。

安いサウンドバーのおすすめメーカー

デノン(DENON)

By: amazon.co.jp

デノンは1910年に設立したオーディオメーカーです。100年以上の歴史があります。「いい音を追求して皆さまに届ける」という姿勢は変わらず、さまざまな製品を手がけているのが特徴です。

デノンのサウンドバーは、ラインナップが豊富。コンパクトサイズのワンボディタイプや、低域から高域まで追求した2ユニットタイプがあります。高音質なサウンドを楽しめるモデルを探している方におすすめのメーカーです。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは、港区に本社を構える総合電機メーカーです。「クリエイティビティとテクノロジーの力で、世界を感動で満たす」を目的として掲げています。テレビ・デジタルカメラ・PC周辺機器など、多くの製品をラインナップしています。

ソニーのサウンドバーのなかには、コンパクトサイズながらハイクオリティのサウンドを再現できるモデルも。独自の音響技術でサラウンドサウンドを届けられる製品も多く存在します。機能性に優れたモデルを探している方はチェックしてみてください。

ヤマハ(YAMAHA)

By: yamaha.com

ヤマハは、音楽を通して「感動を・ともに・創る」を目指しているメーカーです。アコースティックからデジタルまで、さまざまな楽器を手がけています。一般家庭向けの製品だけでなく、業務用の音響機器やオーディオ機器も豊富です。

ヤマハのサウンドバーは、機能性と使いやすさを兼ね備えているのが特徴。専用アプリも展開しており、スマホを介して好みのサウンドにカスタマイズできます。

安いサウンドバーのおすすめ

デノン(DENON) サウンドバー DHT-S217

デノン(DENON) サウンドバー DHT-S217

立体音響技術のDolby Atmosに対応した安いサウンドバーです。水平方向の音の広がりに加えて、頭上まで響く立体的な音響空間を生み出します。ステレオ・5.1ch・7.1chの音源も3Dサウンドにアップミックスできるのも魅力です。

4K/60Hz映像信号に対応するHDMI入力を1系統、出力を1系統備えています。衛星放送や動画配信サービス、ゲーム機の高精細な映像をハイクオリティサウンドとともに楽しめます。また、映像のダイナミックレンジを拡張するHDRの映像信号や4Kのパススルーに対応しているのもポイントです。

本体の高さは67mm。薄型かつスタイリッシュな設計なので、テレビの前に設置しやすいのが特徴です。付属の壁掛け用テンプレートとスペーサーを利用することで、壁面に取り付けられます。設置場所に応じて、据え置きと壁掛けを選択可能です。

デノン(DENON) サウンドバーシステム DHT-S316

デノン(DENON) サウンドバーシステム DHT-S316

臨場感あふれるシアターサウンドを再現する2ユニットタイプの安いサウンドバーです。Dolby Digital・DTS・AAC のサラウンド音声のデコードに対応。音響心理学に基づいたアルゴリズムのバーチャルサラウンド技術により、ハイクオリティのサウンドを楽しめます。「ムービーモード」や「ミュージックモード」など、視聴するコンテンツに合わせてサウンドモードの切り替えが可能です。

ワイヤレスタイプのサブウーファーは、パワフルな低音を増強するのが特徴。ワイヤレスタイプなのでサウンドバーとケーブル接続する必要はなく、好きな場所に設置できます。あらかじめサウンドバーとペアリングしておけば、電源を入れるだけで自動的に接続されるのもポイントです。

人の声をクリアにする「ダイアログ・エンハンサー」を内蔵。設定をオンにすることで、全体の音量を上げなくてもニュースやナレーションなどの声が聞き取りやすくなります。

ソニー(SONY) サウンドバー HT-X8500

ソニー(SONY) サウンドバー HT-X8500

独自の音響技術でサラウンドサウンドを再現する安いサウンドバーです。「Vertical Surround Engine」と「S-Force Pro Front Surround」の組み合わせにより、フロントスピーカーだけで3次元の立体音響を生み出します。天井や壁からの反射音を利用しないため、部屋の形状の影響を受けにくいのがポイントです。

Bluetoothスタンバイ機能をオンにしておけば、スピーカーの電源を切った状態でもスマホなどのBluetoothを利用して電源を入れられます。離れた場所からでも電源を入れられるので、わざわざスピーカーまで近寄る必要がないのがメリットです。

本体の高さは64mm。薄型の設計のため、限られたスペースにも設置できます。付属の壁掛けテンプレートを使用すると、壁掛けも可能です。さまざまなリスニング環境に合わせて、設置方法を変更できます。

ヤマハ(YAMAHA) サウンドバー SR-B30A

ヤマハ(YAMAHA) サウンドバー SR-B30A

長年培った音響技術を採用した安いサウンドバーです。3次元音場フォーマットのDolby Atmosにも対応。アクションシーンからドラマシーンまで、表現力豊かなサウンドを再現します。

サウンドモードは、映画・ステレオ・スタンダード・ゲームの4種類。視聴するコンテンツや、その日の気分に合わせてサウンドモードを選択できます。また、コンテンツ視聴時に低音を強化したいときは「バスエクステンション」がおすすめです。パワフルなサウンドを再現します。

専用アプリをインストールすると、スマホとサウンドバーの連携が可能です。スマホを介して、好みのサウンドに調節できます。操作画面もシンプルなので、使いやすさも良好です。サウンドバーとテレビの接続は、HDMIケーブルまたは光ケーブルを使用しておこなえます。

ヤマハ(YAMAHA) サウンドバー SR-B40A

ヤマハ(YAMAHA) サウンドバー SR-B40A

厚みのある低音域が欲しい方におすすめの2ユニットタイプの安いサウンドバーです。低音を増強するサブウーファーが付属。低音の立ち上がりと質感も豊かに表現します。臨場感あふれるサウンドを楽しめるのが魅力です。

人の声を聞き取りやすくする「クリアボイス」機能を内蔵。クリアボイスを使用することで、ストリーミングサービスの動画や映画、テレビ番組のセリフを聞き取りやすくします。また、映画・ステレオ・スタンダード・ゲームのサウンドモードを備えており、コンテンツに合わせて使い分けが可能です。

HDMIケーブルまたは光ケーブルを繋ぐだけで、サウンドバーとテレビを接続できます。HDMIリンク機能やeARCにも対応。テレビのリモコンから直接操作をおこなえるのもポイントです。

ハイセンス(HISENSE) シアターサウンドシステム HS214

ハイセンス(HISENSE) シアターサウンドシステム HS214

独自の「バーチャル5.1chサラウンド」を実現した安いサウンドバーです。Movieモード・Musicモード・Newsモードのバーチャルサラウンド技術を搭載。それぞれのモードに合わせたサラウンド補正により、臨場感のある高音質な空間を生み出します。

78mm口径のサブウーファーを内蔵。重低音は11段階で好みに合わせて細かく調節できます。コンパクトサイズながらインパクトのある重低音再生が可能です。

本体は高級感のあるスタイリッシュなデザインに仕上げています。さまざまなテレビとも組み合わせやすいのが特徴です。HDMI ARC1本だけで簡単に接続できるのもポイント。また、テレビリモコンを使ってサウンドバーの音量調節をおこなえるのも魅力です。サウンド性能だけでなく、使いやすさにもこだわっています。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) サウンドスピーカー 400-SP088

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) サウンドスピーカー 400-SP088

横幅約41cmの小型サイズを実現した安いサウンドバーです。幅をとりにくいので、テレビ台などにすっきり設置できます。最大出力は50Wです。コンパクトながら高出力でテレビの音をしっかり届けられます。24インチ程度のPC用モニターや、40インチ程度の薄型テレビにもぴったりです。

2.25インチのスピーカーユニット2基と、低音域を強化するパッシブラジエーターを搭載。中音域から高音域までの再現性に優れています。価格の安さとサウンド性能を重視している方にもおすすめです。

3.5mmステレオミニジャックケーブル・光デジタルケーブル・Bluetoothなど、さまざまな接続方法に対応しています。用途に合わせて切り替えられるのが特徴。コスパに優れたモデルを探している方におすすめです。

SONOS Ray

SONOS Ray

「心を揺さぶるサウンド」をコンセプトに掲げた安いサウンドバーです。カスタム設計の音響により高音域と中音域を調和します。独自の歪み防止テクノロジーにより、バランスのよい低音を再現できるのも特徴です。

音響コンポーネントは前面に向けて配置しています。テレビのキャビネットに収納した場合でも内壁の干渉を受けずに豊かなサウンドを届けられるのが魅力。また、本体はインテリアに馴染みやすいシンプルなデザインを採用しているのもポイントです。

専用アプリをインストールすると、スマホとサウンドバーの連携が可能。セリフが聞き取りやすくなる「スピーチエンハンスメント機能」をオンにしたり、小さな音量で映画鑑賞するときは「ナイトサウンド」を起動したりと、さまざまな便利機能を活用できます。

FunLogy Soundbar

FunLogy Soundbar

総合出力100Wを実現した安いサウンドバーです。大口径のスピーカーを内蔵しているので、コンパクトサイズながらパワフルな音量を届けられます。フルレンジドライバーを左右に配置。サブウーファーと一体化することで臨場感を生み出します。

ユニット性能を引き出す「ダウンファイアリング方式」を採用。また、バスレフポートを裏面に回すことで、3Dサラウンド音響を再現可能です。サウンドモードは、スタンダードモード・クリアボイスモード・低音モードの3種類から選択できます。

HDMIケーブルなどの有線接続だけでなく、Bluetooth5.0にも対応。スマホやタブレット端末との接続も可能です。マルチペアリングをおこなえるので、タブレット端末やテレビ、デスクトップPCにも接続できます。

Polk サウンドバー Signa S4

Polk サウンドバー Signa S4

ハイクオリティのサウンドを再現するサウンドバーです。フロントL/Rとセンタースピーカーに加えて、上向きサウンドを放射して立体的な音場空間を届けるイネーブルドスピーカーを搭載。ワイヤレスサブウーファーを含む3.1.2chドライバーアレイにより、臨場感あふれる3Dサウンドを楽しめます。

声の音量を調節する「Voice Adjust機能」を内蔵。お気に入りの映画や音楽、トーク番組、スポーツ中継などの音声が聞き取りやすくなるのが特徴です。また、映画と音楽に適したプリセットEQ設定を簡単に呼び出せます。コンテンツやシーンに合わせてサウンドモードを設定可能です。

本体の高さは60mm。薄型ながらスタイリッシュな設計なのも魅力。付属の壁掛け用テンプレートとスペーサーを使うと、壁に取り付けられます。