テレビで映画やドラマなどを楽しむ場合、画質はもちろん、音質も重要なポイント。テレビの音質を向上させるためのアイテムはさまざまですが、オーディオ初心者でも気軽に使えるのがサウンドバーです。

そこで今回は、サウンドバーのおすすめモデルをご紹介。バーチャルサラウンドに対応していたり、Bluetoothでスマホと接続できたりと、モデルによって搭載されている機能が異なるので、ぜひ用途に合う1台を見つけてみてください。

サウンドバーとは?

By: amazon.co.jp

サウンドバーとは、スリムな棒状(バー)のアンプ内蔵スピーカーのこと。薄型テレビのサウンド面を補強するのが主な目的で、シアターバーとも呼ばれます。

テレビの前面に置くだけで立体的な音響を楽しめる「バーチャルサラウンド機能」に対応しているモデルも存在。また、Bluetoothなどワイヤレス接続が可能な機種であれば、従来のラジカセやミニコンポ代わりのオーディオ機器として使用できます。

サウンドバーとホームシアターシステムの違い

By: amazon.co.jp

ホームシアターシステムは、立体的な音響を実現するためにスピーカーを複数設置する必要があります。一方のサウンドバーは、基本的に単体で音を鳴らせるのが特徴です。

サウンドバーのなかには、単体ではなくサブウーファーが付いているモデルもありますが、複数のスピーカーを置くホームシアターシステムと比べてスペースを取らないので、部屋のレイアウトなどをあまり気にせず設置できます。自宅の音響を気軽に向上させたい場合は、サウンドバーがおすすめです。

サウンドバーの選び方

タイプをチェック

スマートで設置しやすい「ワンボディ型」

By: amazon.co.jp

ワンボディ型とは、1台のサウンドバーのみで構成されているタイプ。価格が安いので導入コストを抑えたい方におすすめです。2ユニット型と比べると重低音は劣りますが、マンションやアパートなどのように音をあまり響かせたくない場合は、ワンボディ型を中心に探してみてください。

サブウーファーがセットになった「2ユニット型」

By: amazon.co.jp

2ユニット型とは、低音専用スピーカーのサブウーファーがセットになったタイプです。ワンボディ型と比べて、臨場感のあるサウンドを再生することが可能。映画やスポーツ、ゲームなどを大迫力で楽しみたい方におすすめです。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

サウンドバーは、テレビ台の上に設置するのが一般的。サイズが大きすぎると台から出てしまう恐れがあるので注意しておきましょう。

また、サウンドバーの高さも要チェック。スタンド部分が低いテレビの場合、画面と重なってしまうことがあります。さらに、サブウーファーがセットになっている2ユニット型の場合は、サブウーファーのサイズもあわせてチェックしておきましょう。

接続方式で選ぶ

By: amazon.co.jp

サウンドバーの代表的な接続方式はHDMIケーブル接続で、高音質なデジタル音声出力に対応しているのが大きなメリット。また、音声の入出力に対応した「ARC規格」であれば、ケーブルがシンプルにまとまるのでおすすめです。

さらに、Bluetooth接続対応のサウンドバーは、スマホやタブレットのようなモバイルデバイスと接続する場合に便利。所有しているオーディオ機器の接続方式を確認してから、購入するサウンドバーを選択してみてください。

音質やサラウンドシステムで選ぶ

By: lg.com

サウンドバーを選ぶときは、音質も大切。CD音源よりも音の情報量が多い「ハイレゾ音源」に対応したモデルなら、優れた音質でテレビが楽しめます。ライブ映像など、音にこだわったコンテンツを視聴するときにもおすすめです。

また、立体感や臨場感のあるサウンドを楽しみたい場合は、仮想的にサラウンドサウンドを再現できる「バーチャルサラウンド」に対応しているかどうかもチェックしましょう。スピーカーの数を増やさなくても、音に包まれているような体験を味わえるため、映画やドラマなどの世界に没入できます。

機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

無線LAN接続に対応しているモノであれば、PCやスマホ内の音楽を優れた音質で再生することが可能。テレビ用のサウンドバーとしてはもちろん、PCやスマホ用の高音質スピーカーとしても活用できます。

サウンドバーのHDMI端子についても、4K/60pやHDR、HDCP2.2対応など、どこまでの4K規格にパススルー対応しているか要チェック。サウンドバーのモデルによっては、プレーヤーやテレビの性能を活かせない場合があるので注意が必要です。

サウンドバーのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

国内大手の電子機器・電機メーカーとして知られるソニー。オーディオ機器でも屈指の技術力を持っており、長年培ってきた技術とノウハウを活かした高品質な製品を発売しています。

サウンドバーにおいても、オーディオ機器用に開発した独自技術を活用。ワイヤレス接続でも高音質を楽しみたい方は要チェックのメーカーです。

ヤマハ(YAMAHA)

By: yamaha.com

ヤマハは、古くからオーディオ機器の開発に取り組んできたメーカーです。世界の名ホールや劇場を実測して作り上げた立体音場再生プログラム「シネマDSP」や、コンパクトサイズでも迫力のある低音を響かせる「A-YSTⅡ方式」など、長年にわたって独自技術を開発してきました。クオリティの高い立体音響を体感したい方におすすめのメーカーです。

ボーズ(Bose)

By: bose.co.jp

ボーズは公共施設や高級自動車など、さまざまなところで導入されている有名オーディオメーカー。高音質なサウンドを再現する特許技術と音質チューニング力を有していることが強みです。

ボーズのサウンドバーはコンパクトなモデルが多いものの、音の厚みや広がりは良好。音を出すとその存在感を十分に感じられます。

ジェイビーエル(JBL)

By: amazon.co.jp

アメリカの老舗ブランドあるJBLは、劇場や映画館で使われる業務用スピーカーで高いシェアを誇る世界的なスピーカーメーカーです。家庭用オーディオにおいても高品質な製品をラインナップしています。

長年にわたってエンターテイメント分野に貢献してきたメーカーだけあって、ノウハウや技術力は業界でもトップレベル。大音量や迫力重視のサウンドバーを探している方におすすめのメーカーです。

サウンドバーのおすすめモデル

ソニー(SONY) サウンドバー HT-X8500

ソニー独自のバーチャルサラウンド技術を搭載したサウンドバーです。バースピーカー単体で3次元の立体的な音響を楽しめるのが特徴。本体にデュアルサブウーファーを搭載しており、コンパクトながらパワフルな低音を奏でます。

また、立体音響技術「Dolby Atmos」に対応しているのも魅力のひとつ。まるで音に包まれるかのような音場を実現します。HDMI端子による有線接続に加えて、Bluetoothによるワイヤレス接続に対応しているのもポイント。スマホやPCなどと手軽に接続して好みの音楽を再生できます。

コンパクトかつ機能性に優れたサウンドバーを探している方におすすめです。

ソニー(SONY) サウンドバー HT-S100F

ARC規格に対応したHDMI端子を搭載し、HDMIケーブル1本でテレビと接続できるサウンドバーです。配線がごちゃつかないため、スタイリッシュに設置できるのが特徴。手軽に豊かなサウンドを楽しめます。

また、有線接続に加えて、Bluetoothによるワイヤレス接続が可能なのも魅力のひとつ。スマホやウォークマン、PCを接続して音楽を手軽に再生できます。

さらに、コンテンツのジャンルに合わせて音を調節する「サウンドモード」を備えているのもポイント。比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視している方にもおすすめです。

ソニー(SONY) サウンドバー HT-G700

深みのある低音を再生できるサブウーファーを同梱した2ユニット型のサウンドバーです。サブウーファーは2.4GHzのワイヤレス接続を採用しているため、本体と離して設置可能。部屋のインテリアに合わせて、自由に設置場所を選べます。

また、臨場感あふれるサラウンドサウンドに対応しているのも魅力のひとつ。立体音響技術「Dolby Atmos」により、まるで映画館にいるかのような臨場感を味わえます。深夜など音が気になる時間帯でも明瞭感のあるサウンドを楽しめる「ナイトモード」を備えているのもポイント。

音質面だけでなく、機能性にこだわりたい方にもおすすめのサウンドバーです。

ソニー(SONY) サウンドバー HT-Z9F

バーチャルサラウンド技術「Vertical Surround Engine」を搭載したサウンドバーです。加えて、「S-Force Pro Front Surround」を有しており、フロントスピーカー単体で立体的なサウンドを実現。サブウーファーを同梱した2ユニット型を採用することで、より深みのあるサウンドを楽しめます。

インターネットラジオや音楽配信サービスが手軽に楽しめる「Chromecast built-in」に対応しているのも魅力のひとつ。Bluetooth接続も可能なため、スマホやPCなどのBluetooth対応デバイスから音楽を再生できます。

スタイリッシュなデザインでインテリアに馴染みやすいのもポイント。本格的な立体サウンドを楽しみたい方や、機能性に優れたモデルを探している方におすすめです。

ソニー(SONY) サウンドバー HT-ST5000

CD音源よりも高音質なハイレゾ音質の再生に対応したサウンドバーです。また、立体音響技術「Dolby Atmos」と「DTS:X」に対応しており、臨場感のあるサラウンドサウンドを体感できるのが特徴。高さ方向の表現力にも優れており、音に包まれるかのような音場を実現しています。

4K信号をそのまま4Kテレビへ送信できる「4Kパススルー」と、HDR信号のパススルーに対応しているのも魅力のひとつ。HDCP2.2にも対応しています。

Bluetooth接続が可能で、スマホなどのBluetooth対応デバイスから手軽に音楽を再生できるのもポイント。機能性に優れたサウンドバーを探している方におすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) サウンドバー YAS-109

音声コントロール用のマイクを内蔵し、「Amazon Alexa」の音声アシスタント機能に対応したサウンドバーです。本体に話しかけるだけで、音楽の再生などをこなせるのが特徴。操作が簡単なので、機械操作が苦手な方にもおすすめです。

また、有線接続のほかに、無線LAN経由でスマホなどと接続できるWi-Fi機能を搭載しているのも魅力のひとつ。「Spotify」や「Amazon Music」といった音楽配信サービスに、サウンドバーが直接アクセスする機能もあります。

さらに、高さ約53mmのコンパクトボディで、スッキリ設置できるのもポイント。利便性に優れたサウンドバーを探している方にもおすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) サウンドバー SR-C20A

ARC規格のHDMI端子を搭載したサウンドバーです。HDMIケーブル1本でテレビと連携して、電源のオン・オフや音量調節を行えるのが特徴。直感的に操作できるので、初めてサウンドバーを購入する方にもおすすめです。

また、独自チューニングを施したサウンドモードにより、映画やテレビ、ゲームなどのジャンルに合わせて音を楽しめるのも魅力のひとつ。クリアボイス機能では、人の声を際立たせて再生します。

さらに、有線接続のほかにBluetooth接続に対応しているのもポイント。スマホなどと接続してワイヤレスで音楽を再生できます。テレビ周りの配線をすっきりさせたい方にもおすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) サウンドバー YAS-209

サブウーファーを付属したサウンドバーです。高品位な質感とデザインを実現したサブウーファーは、違和感なくインテリアに溶け込みます。ワイヤレスで接続できるので、配線がごちゃつかないのも特徴です。

本体に音声コントロール用のマイクを搭載し、「Amazon Alexa」による音声アシスタント機能に対応しているのも魅力のひとつ。音声だけで音楽の再生などがこなせます。

また、バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応しているのもポイント。前方・左右・後方はもちろん、上方向への音場も再現します。2ユニット型としては比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視している方にもおすすめです。

ボーズ(Bose) TV Speaker

セリフやトークがクリアに聞こえるのが魅力のサウンドバーです。ダイアログモードをオンにすることで、視聴中の番組を分析し、人の声を際立たせます。トーク番組などをよく見る方におすすめの機能です。

本体の高さはわずか56mmとコンパクトなため、テレビの前にも手軽に設置可能。シンプルなデザインなので、インテリアにもしっかり馴染みます。Bluetooth接続にも対応しており、スマホやPCなどと接続して音楽を再生できるのもポイント。

聞き取りやすいサウンドバーを探している方にぴったりのおすすめモデルです。

ボーズ(Bose) Smart Soundbar 300

「Amazon Alexa」と「Google アシスタント」の音声アシスタントに対応したサウンドバーです。サウンドバーやテレビのコントロールを音声だけで手軽にこなせるのが特徴。操作性に優れているので、初めてサウンドバーを購入する方にもおすすめです。

「QuietPortテクノロジー」により、歪みを低減し、よりクリアな低音を実現しているのもポイント。また、スタイリッシュなデザインのため、インテリアに馴染みやすいのも魅力のひとつです。コンパクトボディですっきり設置できます。扱いやすい多機能モデルを探している方におすすめです。

ボーズ(Bose) Solo 5 TV sound system

繊細なサウンドをクリアに再生できるサウンドバーです。コンパクトボディながら、本格的かつ良質なサウンドを実現しているのが特徴。「ダイアログモード」を使用することで、情報番組などのセリフが聞き取りやすくなります。

光ケーブル・同軸ケーブル・アナログケーブルのどれかを1本使用することで、テレビと簡単に接続できるのも魅力のひとつ。有線接続のほか、Bluetooth接続にも対応しているので、スマホやタブレットからワイヤレスで音楽を楽しめます。

付属の「ユニバーサルリモコン」は、サウンドバーだけでなく、テレビやレコーダーの操作も可能。利便性に優れたサウンドバーを探している方におすすめです。

ボーズ(Bose) Soundbar 500

「Amazon Alexa」と「Google アシスタント」の音声アシスタントに対応したサウンドバー。本体に話しかけるだけで、音楽アプリのコントロール、ニュースや天気の確認などをこなせるのが特徴です。

Wi-FiやBluetoothにも対応しており、ワイヤレスで音楽を楽しめるのも魅力のひとつ。「Bose Musicアプリ」を使用することで、検索や音楽配信サービスなどへの接続もシームレスに行えます。使い勝手のよいスタイリッシュなサウンドバーを探している方におすすめです。

ジェイビーエル(JBL) BAR 5.0 MultiBeam JBLBAR50MBBLKJN

映画館のような没入感を自宅で味わえるサウンドバーです。リアルサラウンド技術とバーチャルサウンド技術のハイブリッド方式を採用しているのが特徴。まるで音に包まれているかのような音場を実現しています。

また、部屋の環境を測定する「AMC技術」を搭載しているのも魅力のひとつ。設置場所や空間にとらわれず、さまざまな環境でリアルサラウンドを体感できます。サブウーファーを付属していないにもかかわらず、単体で迫力のある低音を感じられるのもポイント。

サラウンドサウンドにこだわりたい方や、迫力あるサウンドを体感したい方におすすめです。

ジェイビーエル(JBL) BAR 2.0 All-in-one JBLBAR20AIOBLKJN

コンパクトなワンボディ型ながら、豊かな低音を再生できるサウンドバーです。独自のサラウンドサウンド技術を搭載しており、臨場感のあるサウンドを楽しめます。また、HDMIケーブル1本でテレビと接続可能。配線がすっきりするので、スタイリッシュに設置できます。

Bluetooth接続にも対応しており、手軽にスマホなどから音楽を再生できるのもポイント。比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視している方にもおすすめです。

デノン(DENON) DHT-S216

バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応したサウンドバーです。テレビの前に設置しても、後方や上方など、さまざまな方向から音を感じられるのが特徴。ARC規格のHDMI接続に加えて、Bluetooth接続にも対応しているので、ワイヤレスでも音楽を楽しめます。

また、コンテンツに応じてMusic・Movie・Nightの3つのサウンドモードから選べるのも魅力のひとつ。さらに、原音をできるだけ忠実に再現する「Pureモード」も搭載しており、シーンに応じて使い分けられます。

スリムなデザインでスタイリッシュに設置できるのもポイント。壁掛けスタイルにも対応しているので、設置場所に困らないおすすめのサウンドバーです。

デノン(DENON) Denon Home Sound Bar 550

3Dサウンドフォーマット「Dolby Atmos」と「DTS:X」に対応したサウンドバーです。1本のサウンドバーで後方や頭上まで立体的な音場を作り出せるのが特徴。サイズもコンパクトなため、テレビの前にもすっきり設置できます。

デノンのサウンドクオリティを管理するサウンドマスターによるチューニングが施されており、原音の魅力をダイレクトに感じられるのも魅力のひとつ。HEOS機能を搭載することで、「Amazon Music HD」や「Spotify」などのストリーミングサービスから音楽を再生できます。

「Amazon Alexa」による音声アシスタントに対応しているのもポイント。機能性に優れたサウンドバーを探している方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) シアターバー SC-HTB01

MMORPG「ファイナルファンタジーXIV」のプレイに適したサウンドを再生できるサウンドバーです。「スクウェア・エニックス」と共同開発した3つのゲームモードを搭載しているのが特徴。ゲームの世界観に没入したい方におすすめのモデルです。

また、「Dolby Atmos」と「DTS:X/Virtual:X」の対応により、立体的なサウンドを楽しめるのも魅力のひとつ。さらに、高音を細部まで再現できる「ハイレゾ対応ツイーター」を搭載しているのもポイントです。量感のある低音に加えて、繊細なサウンドまでリスニングできます。

テレビ用のサウンドバーとしてだけでなく、PC用のサウンドバーとしても使える汎用性の高いおすすめモデルです。

ハイセンス(HISENSE) シアターサウンドシステム HS214

横幅650mmのコンパクトボディが魅力のサウンドバーです。高さも61.5mmと低めなので、テレビの前にもスタイリッシュに設置可能。コンパクトながらバーチャル5.1chサラウンドに対応しており、高音質かつ臨場感あふれるサウンド体験ができます。

また、視聴しているコンテンツに合わせてMovieモード・Musicモード・Newsモードの3つから切り替え可能。ARC規格に対応したHDMI端子を搭載しており、HDMIケーブル1本でテレビと接続できるのもポイントです。

有線接続のほかに、Bluetooth接続によるワイヤレス再生も可能。価格も比較的安いので、初めてサウンドバーの購入を検討している方にもおすすめです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) サウンドバー SN7CY

欧州の高級車メーカーのオーディオで採用されている「メリディアン社」監修のチューニングが施されたサウンドバーです。リアルなサウンドを感じられるのが特徴。また、「デュアルアクションバス」を搭載することで、低周波数帯域もしっかり再生します。

「Dolby Atmos」と「DTS:X」の搭載により、立体的なオーディオを楽しめるのも魅力のひとつ。視聴しているコンテンツをAIが分析して、適したサウンドに調節する「AIサウンドプロ」を備えているのもポイントです。

シャープ(SHARP) AQUOSオーディオ 8A-C22CX1

8K放送の規格「MPEG-4 AAC 22.2ch音声入力」に対応したサウンドバーです。8Kテレビを使用している方でも、本格的な立体音響を楽しめるのが特徴。「Dolby Atmos」にも対応しているので、没入感のある音を体験できます。

「3Wayスピーカーシステム」を採用することで、低音・中音・高音をそれぞれ独立して再生できるのも魅力のひとつ。コンテンツに応じて使い分けられる、7種類のサウンドモードを搭載しているのもポイントです。

サウンドバーのAmazonランキングをチェック

サウンドバーのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。