テレビの音質向上に役立つ「サウンドバー」。画質のクオリティは4Kや有機ELの登場により顕著ではあるものの、より臨場感を求めるのであれば、迫力あるサウンドにもこだわることが重要です。

そこで今回は、サウンドバーのおすすめ製品をご紹介。テレビの視聴環境のレベルアップを図りたい方は、ぜひ購入を検討してみてください。

サウンドバーとは?

By: amazon.co.jp

サウンドバーとは、スリムな棒状(バー)のアンプ内蔵スピーカーのこと。薄型テレビのサウンド面を補強するのが主な目的で、一般的なサイズは横幅50〜100cm、高さ10cmほどです。シアターバーとも呼ばれます。

製品によっては、テレビの前面に置くだけで立体的な音響を楽しめる「サラウンド機能」に対応しているモデルも数多くあります。また、BluetoothやWi-Fiなどワイヤレス接続が可能な機種であれば、従来のラジカセやミニコンポ代わりのオーディオ機器として使用することも可能です。

サウンドバーとホームシアターシステムの違い

By: amazon.co.jp

ホームシアターシステムが部屋全体に5つ以上のスピーカーを配置するのに対し、サウンドバーは1本のバースピーカーをテレビ下に配置するシステム。立体的な音の再生が可能なホームシアターシステムは、映画館のような臨場感が楽しめます。

一方、サウンドバーは2.1ch・5.1ch・7.1chといった疑似的なサラウンドを再生。音質はホームシアターシステムほどではありませんが、コンパクトで設置場所に困らず、比較的リーズナブルな価格で購入できる点が魅力です。

サウンドバーの選び方

タイプをチェック

スマートで設置しやすい「ワンボディ型」

By: bose.co.jp

ワンボディ型とは、1台のサウンドバーのみで構成されているタイプ。価格が安いので導入コストを抑えたい方におすすめです。2ユニット型と比べると重低音は劣りますが、マンションやアパートなどのように音をあまり響かせたくない場合は、ワンボディ型を中心に探してみてください。

サブウーファーがセットになった「2ユニット型」

By: sony.jp

2ユニット型とは、低音専用スピーカーのサブウーファーがセットになったタイプです。ワンボディ型と比べて、臨場感のあるサウンドを再生することが可能。映画やスポーツ、ゲームなどを大迫力で楽しみたい方におすすめです。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

サウンドバーは、テレビ台の上に設置するのが一般的。サイズが大きすぎると台から出てしまう恐れがあるので注意しましょう。また、サウンドバーの高さも重要です。スタンド部分が低いテレビの場合、画面と重なってしまうことがあります。

また、サブウーファーがセットになっている2ユニット型の場合は、別途設置スペースが必要です。スリムなサウンドバーに対して、サブウーファーは大型な場合がほとんどなので、サイズをしっかりとチェックしておいてください。

接続方式で選ぶ

By: amazon.co.jp

サウンドバーの接続方式にはいくつかの種類が存在します。代表的な接続方式はHDMIケーブルでの接続で、高音質なサラウンドに対応できるのが大きなメリットです。また、テレビ音声と映像信号を同時に送れる「ARC規格」などに対応しているモノであれば、より使い勝手が向上します。

Bluetooth接続対応のサウンドバーは、煩わしいケーブル類を省略できるのがメリット。スマホやタブレットのようなモバイルデバイスと接続する場合に便利です。

本格的なオーディオシステムと接続する場合は、光デジタル端子やアナログ端子搭載モデルがおすすめ。所有するオーディオ機器の接続方式を確認してから、購入するサウンドバーを選択するとスムーズです。

音質やサラウンドシステムで選ぶ

By: rakuten.co.jp

サウンドバーは疑似的なサラウンドサウンドを再生できる機器。バーチャルサラウンドのチャンネルは、2.1ch・5.1ch・7.1chというようにモデルによって異なります。より臨場感あるサウンドを求める方はチャンネル数の多いモデルがおすすめです。

高品位なバーチャルサラウンドサウンドを実現させるには、「Dolby Atmos」「DTS:X」といったオブジェクトオーディオ対応モデルがおすすめ。上下方向からのサウンド再現に優れ、より迫力のある音を楽しめます。

機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

無線LAN接続によるネットワークプレーヤー機能に対応しているモノであれば、PCやスマホ内の音楽を高音質で再生することが可能。また、CDを超えるハイレゾ音源に対応しているモノであれば、よりリアルなサウンドを楽しめます。

サウンドバーのHDMI端子についても、4K/60pやHDR、HDCP2.2対応など、どこまでの4K規格にパススルー対応しているか要チェック。パススルーできる規格によっては、プレーヤーやテレビの性能を活かせない場合があるので注意が必要です。

サウンドバーのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

国内大手の電子機器・電機メーカーとして知られるソニー。オーディオ機器でも屈指の技術力を持っており、長年培ってきた技術とノウハウを活かした高品質な製品を発売しています。

サウンドバーにおいても、オーディオ機器用に開発した独自技術を活用しており、クオリティの高さは秀逸。通常音源をハイレゾ相当に変換再生する「DSEE HX機能」や、Bluetooth経由での音質劣化を抑える音声圧縮技術「LDAC」などは代表的です。

また、製品によってはクラシック音楽の細かいニュアンスまで忠実に再現する、DSD音源再生に対応しているモデルがあるのもポイント。ワイヤレス接続でも高音質を楽しみたい方は要チェックのメーカーです。

ヤマハ(YAMAHA)

By: yamaha.com

ヤマハは、現在のようにホームシアターが一般的でなかった頃からオーディオ機器の開発に取り組んできたメーカーです。世界の名ホールや劇場を実測して作り上げた立体音場再生プログラム「シネマDSP」や、コンパクトサイズでも迫力のある低音を響かせる「A-YSTⅡ方式」など、長年にわたって独自技術を開発してきました。

サウンドバーに関しては、壁にビーム状に音を反射させることにより、前方スピーカーだけでも後ろから音が回り込んで聴こえる「YSPシリーズ」が代表的。クオリティの高い立体音響を体感したい方におすすめのメーカーです。

ボーズ(Bose)

By: amazon.co.jp

ボーズは公共施設や高級自動車など、さまざまなところで導入されている有名オーディオメーカー。高音質なサウンドを再現する特許技術と音質チューニング力を持っていることが強みです。

コンパクトなモデルが多いですが、音の厚みや広がりが良好なのもポイント。サウンドバー自体はそれほど目立たないものの、音を出すとその存在感を十分に感じられます。

ジェイビーエル(JBL)

By: amazon.co.jp

アメリカの老舗ブランドあるJBLは、劇場や映画館で使われる業務用スピーカーで高いシェアを誇る世界的なスピーカーメーカーです。家庭用オーディオにおいても高品質な製品をラインナップしています。

長年にわたってエンターテイメント分野に貢献してきたメーカーだけあって、ノウハウや技術力は業界でもトップレベル。大音量や迫力重視のサウンドバーを探している方におすすめのメーカーです。

サウンドバーのおすすめモデル

ソニー(SONY) サウンドバー HT-X8500

ソニー(SONY) サウンドバー HT-X8500

フロントスピーカーだけで立体的な音響を再現できる「Vertical Surround Engine」と、前後左右のサラウンドを表現する「S-Force PRO フロントサラウンド」を1本に集約したワンボディタイプのサウンドバー。サブウーファーが内蔵されているので、スリムな形状ながら力強い重低音を発するのも魅力です。

高さを表現できるオブジェクトオーディオの「Dolby Atmos」や「DTS:X」に準拠しているほか、入力された4K信号とHDR信号をそのまま4Kテレビに送信できるパススルーにも対応。明暗の差をよりダイナミックに表現できるHDR規格については、「HDR10」「HLG」などを幅広くカバーしています。さまざまな4Kコンテンツの映像美を高音質で楽しめるおすすめのモデルです。

ソニー(SONY) ハイレゾ対応サウンドバー HT-Z9F

ソニー(SONY) ハイレゾ対応サウンドバー HT-Z9F

ハイレゾ音源が楽しめるサウンドバー。ネットワークオーディオプレーヤー機能を搭載しており、DSD 5.6MHz、PCM系で192kHz/24bitまでのハイレゾ再生が可能。また、Bluetoothコーデックは「LDAC」に対応しており、クオリティの高い音楽をワイヤレスでも聴けるのが魅力です。

インターネットラジオや、音楽ストリーミングサービスに対応しているのもポイント。さらに、従来の音源もハイレゾ相当の高品位で再生できる「DSEE HX」機能により、CDやMP3の音声ファイルも高音質で堪能できます。

縦方向の表現力も備えたサラウンドフォーマット「Dolby Atmos」や、「DTS:X」をカバーしているのもポイント。なお、別売りの専用リアスピーカーを加えれば、より臨場感のある5.1chのリアルサラウンド環境にアップグレードすることが可能です。高画質な映像を充実したオーディオ環境で視聴したい方はぜひチェックしてみてください。

ソニー(SONY) サウンドバー HT-S350

ソニー(SONY) サウンドバー HT-S350

スピーカーユニットが2基搭載されたサウンドバー。ワイヤレスサブウーファーとセット製品で、出力合計230Wのハイパワーにより、迫力あるサウンドを楽しめるのが特徴です。

臨場感に優れた「S-Force PRO フロントサラウンド」を搭載しているのもポイント。包み込まれるような音場を前方のスピーカーだけで作り出せるので、テレビのサウンド環境を手軽に向上させたい方におすすめです。

ソニー(SONY) サウンドバー HT-X9000F

ソニー(SONY) サウンドバー HT-X9000F

高音質な音声フォーマットの「Dolby Atmos」「DTS:X」に対応しているサウンドバー。前方のスピーカーだけで豊かなサラウンドを体感できる「S-Force PRO フロントサラウンド」や、フロントスピーカーだけで立体的に音響する「Vertical Surround Engine」を搭載しているのが特徴です。

4K放送の信号に対応する「4Kパススルー」や、4KチューナーからHDMIで映像入力するため必要なHDCP2.2に準拠しているのもポイント。HDRについては「HDR10」「HLG」「Dolby Vision」などのフォーマットにも対応しており、多彩な4Kコンテンツを楽しめます。テレビの高画質に見合う高音質を求めている方は、ぜひ検討してみてください。

ヤマハ(YAMAHA) フロントサラウンドシステム YAS-109

ヤマハ(YAMAHA) フロントサラウンドシステム YAS-109

バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応したワンボディタイプのサウンドバー。スリムな形状ながら5.1 chのサラウンドを楽しめる仕様で、前後左右に加え、上方からも包まれるような音の広がりが感じられるのが特徴です。

専用アプリ「Sound Bar Controller」が用意されているのもポイント。映画・テレビ番組・音楽・スポーツ・ゲームのなかからプログラムを選択でき、コンテンツに適したサウンドに調節できます。コンパクトで汎用性の高いサウンドバーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ヤマハ(YAMAHA) Amazon Alexa搭載サウンドバー YAS-209

ヤマハ(YAMAHA) Amazon Alexa搭載サウンドバー YAS-209

多機能性と高音質を備えたサウンドバー。サブウーファーはワイヤレス接続なので、設置の自由度が高いのが魅力です。総合出力200Wのハイパワーなアンプにより、迫力のある5.1chサラウンドで映画や音楽が楽しめます。バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に加えて、ヤマハ独自の音場再生プログラム「シネマDSP」を搭載しているのもポイントです。

専用アプリ「Sound Bar Controller」により、スマホやタブレットから多彩な機能を直感的に操れるのも便利。「Amazon Music」「Spotify」などの音楽配信サービスに対応しているため、音楽鑑賞用にもおすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) MusicCast BAR 400 YAS-408

ヤマハ(YAMAHA) MusicCast BAR 400 YAS-408

テレビ番組や映画などを大迫力で楽しめるサウンドバー。7.1chで再現できるバーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応しているほか、音声伝送時の劣化を抑えられるフルデジタルアンプ「DDFA」を搭載。クオリティの高いサウンドを包み込むような感覚で体験できるのがポイントです。

また、低音を増強する機能「バスエクステンション」を搭載しているのもポイント。トータルバランスに優れたサウンドで、映像コンテンツのポテンシャルをしっかりと引き出します。

メーカー独自のワイヤレスネットワーク機能「MusicCast」が使えるのも魅力。ワイヤレス接続のリアスピーカーを別売りで追加可能なので、リアルサラウンドに発展させて、さらに充実した立体音響を堪能できます。

ヤマハ(YAMAHA) ホームシアタースピーカー YSP-2700

ヤマハ(YAMAHA) ホームシアタースピーカー YSP-2700

ビーム化した音を壁に反射させてリアルなサラウンドを再生する「YSPシリーズ」に属するモデル。前方だけで7.1ch相当のリアル3Dサラウンド再生を実現しています。また、付属のマイクを使って測定をするだけで、ビーム角度や音量、音質などをチャンネルごとに自動で設定。設置場所に合った最適な音響を簡単に手に入れられるのも魅力です。

Wi-Fiや独自機能「MusicCast」によるネットワーク再生、専用アプリでの操作・設定を行えるのもポイント。「MusicCast」対応機器を別途用意すれば、本製品から音楽を再生させることが可能です。

ボーズ(Bose) SOUNDBAR 500

ボーズ(Bose) SOUNDBAR 500

AIアシスタント「Amazon Alexa」に対応したサウンドバー。8つのマイクを内蔵しており、音楽再生はもちろん、ニュースや天気の確認を音声認識できるのが特徴です。

本体サイズは約800×44×102mmとスリムながら、臨場感のあるサウンドを鳴らすのも魅力。メーカーの独自技術である「ADAPTiQ機能」を採用しており、設置した室内の状況や視聴位置に合わせて音場を自動補正できるのもポイントです。

ボーズ(Bose) ワイヤレスサウンドバー SOUNDBAR 700

ボーズ(Bose) ワイヤレスサウンドバー SOUNDBAR 700

充実した音響環境を1本でまかなえるワンボディタイプのサウンドバー。奥行き108mmとスリムな形状ながら、本体のサイズ幅を978mm取ることによって内容積を確保しているので、サブウーファーなしでも満足度の高いサウンドを鳴らせるのが特徴です。

また、設置する部屋の大きさや形、壁の材質などを分析して、自動的に最適な音に調節する「ADAPTiQ」を搭載。セッティングにいちいち苦労することもないため便利です。

さらに、ネットワークオーディオ機能も搭載。BluetoothやWi-Fiだけでなく「AirPlay 2」にも対応しているので、さまざまな機器と接続してワイヤレスで音楽を自在に楽しめます。

ボーズ(Bose) サウンドバー Solo 5 TV sound system

ボーズ(Bose) サウンドバー Solo 5 TV sound system

人気のロングセラーモデル。幅55×高さ7cmのコンパクトサイズながら独自の重低音再生技術により、迫力あるサウンドを奏でます。特許技術「TrueSpaceテクノロジー」による、広がりのある音場も魅力です。

また、人の声が聴き取りやすくなる「ダイアログモード」により、セリフもアナウンスもクリア。別売りの金具を使えば、簡単に壁掛けもできます。さりげなく高音質を楽しめるサウンドバーとしておすすめです。

ジェイビーエル(JBL) 2.0chホームシアターシステム BAR STUDIO

ジェイビーエル(JBL) 2.0chホームシアターシステム BAR STUDIO

HDMI ARCに対応しているサウンドバーとしてはリーズナブルなモデル。HDMIケーブル1本でテレビとの接続が完了するので、初心者でも簡単にセッティングができます。

本体サイズが614×58×86mmとコンパクトながら、ウーファーを各2基と低音を増強するデュアルバスポートも搭載。重低音に定評のあるJBLの迫力のあるサウンドを体感できます。また、5つの豊富な音質モードを搭載しているのもポイント。映画や音楽、ゲームなど幅広い用途に適した音が楽しめるおすすめのモデルです。

ジェイビーエル(JBL) オールインワンサウンドバー LINK BAR

ジェイビーエル(JBL) オールインワンサウンドバー LINK BAR

Android TVを搭載したサウンドバー。テレビとHDMIケーブルで接続することで、テレビ番組はもちろん、YouTubeやNETFLIXなどの動画も高音質で楽しめます。Googleアシスタント機能を搭載しているため、スマートスピーカーのように音声操作できるのもポイントです。

また、ワイヤレスBluetoothストリーミングにも対応。スマホやタブレットと接続すれば、ダイナミックなサウンドで音楽ストリーミングサービスを楽しめます。本体サイズはやや大きめですが、多機能でコスパに優れたおすすめのサウンドバーです。

ジェイビーエル(JBL) 3.1chホームシアターシステム BAR 3.1

ジェイビーエル(JBL) 3.1chホームシアターシステム BAR 3.1

BAR STUDIOの上位モデル。JBLのサウンドバーでは初のセンターチャンネルを採用しているのが特徴です。従来モデルと比べて音の定位感が向上しており、人の声がより聞き取りやすくなっているのがポイント。映画はもちろん、ニュースやドラマなどの視聴にピッタリです。

サブウーファーは、サウンドバー用としては大口径の250mm径を採用。ワイヤレス接続に対応しているので、置き場所を選ばないほか、配線がスッキリするのも魅力です。壁掛け用としてもおすすめのサウンドバーです。

パナソニック(Panasonic) シアターバー SC-HTB01

パナソニック(Panasonic) シアターバー SC-HTB01

大手ゲームメーカー「スクウェア・エニックス」と共同開発した、3つのゲームモードを搭載するのが特徴のワンボディタイプのサウンドバー。RPGやFPS、アクションゲームなど、ゲームの種類に応じたサウンドを楽しめます。

また、ハイレゾ再生やBluetooth入力にも対応するので音楽用にもおすすめ。さらに「Dolby Atmos」「DTS:X」「DTS Virtual:X」の3つのサラウンドに準拠しているため、映画も立体感たっぷりに堪能できます。映画・ゲーム・音楽とジャンルを問わず活躍できるモデルです。

パナソニック(Panasonic) 4K HDRパススルー対応 シアターバー SC-HTB900

パナソニック(Panasonic) 4K HDRパススルー対応 シアターバー SC-HTB900

最大出力合計値505Wによるダイナミックサウンドを実現したサウンドバーです。「ドルビーアトモス」や「DTS:X」といった音声処理技術を採用。前後左右だけではなく、上下方向が加わった3Dサラウンドを体感することができます。

サウンドバーは、テレビと合わせやすいシンプルなデザイン。壁掛けにも対応できるようにコンパクトに設計されているのもポイントです。サブウーファーはワイヤレス接続に対応しているので、配線をすることなく、すぐに設置して使えます。自宅に居ながら映画館にいるような体験ができるおすすめのサウンドバーです。

デノン(DENON) サウンドバー DHT-S216

デノン(DENON) サウンドバー DHT-S216

ホームシアターファンだけでなく、オーディオファンも満足できるスピーカーを目指して開発されたサウンドバー。カスタムメイドのツイーターとミッドレンジドライバーに加え、2基の75mmサブウーファーを搭載。低音のボリューム感とクリアネスに優れたサウンドを鳴らします。

サウンドモードやバーチャルサラウンドなどの音声処理を停止することで、音源に収録された音を可能な限りストレートに再生する「Pureモード」を搭載。おもに音楽ソースにおいて、自然でリアルな再現性を堪能できます。

また、バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応しているのもポイント。ニュースや映画のセリフなど、人の声を明瞭にする「ダイアログエンハンサー」機能も搭載しており、映像ソースも臨場感豊かに楽しめます。

ソノス(Sonos) コンパクトスマートTVサウンドバー Beam

ソノス(Sonos) コンパクトスマートTVサウンドバー Beam

HDMI ARCに対応しているサウンドバー。「Dolby Digital」に対応したフロントサラウンドを楽しめます。スマホ用アプリとマイクを用いた測定により、自動的に設置環境に応じた音質調節を行うのもポイントです。

また、インターネットラジオなど、50種類以上の音楽ストリーミングサービスをアプリで管理しながら楽しめます。 さらに、AmazonのAIアシスタント「Alexa」を搭載したスマートスピーカーとして使えるのも便利です。汎用性の高いおすすめのサウンドバーを探している方はチェックしてみてください。

ハイセンス(HISENSE) シアターサラウンドシステム HS512

ハイセンス(HISENSE) シアターサラウンドシステム HS512

上向きに設置された「ハイトスピーカー」を搭載したサウンドバー。天上に音を反射させることにより、頭上からもサウンドが降り注ぎ、その場にいるかのような臨場感を楽しめます。

音声フォーマットは7.1chまでのリニアPCMや、「DTS-HD MasterAudio」などのロスレスサラウンドにも対応。ブルーレイやUltra HD ブルーレイなどで採用されている高品位規格を高音質に再生できます。

180Wと大出力のサブウーファーも付属。サウンドバー本体との接続はワイヤレスで、置き場所の自由度が高いのもポイントです。リアルな立体音響を求める方は検討してみてください。

デノン(DENON) ワイヤレスサブウーハー付きサウンドバー DHT-S516H

デノン(DENON) ワイヤレスサブウーハー付きサウンドバー DHT-S516H

50インチ以上の大型テレビにもマッチしやすいサウンドバーです。本体部分には、ソフトドームツイーターと楕円形ミッドウーファーをそれぞれ2基搭載。さらにワイヤレスサブウーファーには、130mmの大口径ウーファーユニットを2基搭載することで、大画面にふさわしい迫力あるサウンドを実現しています。

Amazon MusicやSpotifyなどの音楽ストリーミングサービスに対応しているのもポイント。HEOS テクノロジーを搭載したワイヤレススピーカーと組み合わせれば、リビングやキッチンなど、家のさまざまな場所で音楽を楽しめます。音楽をより身近に感じたい方におすすめのサウンドバーです。

サウンドバーのAmazonランキングをチェック

サウンドバーのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。