テレビで映画やドラマなどを楽しむ場合、画質はもちろん、音質も重要なポイント。テレビの音質を向上させるアイテムはさまざまですが、オーディオ初心者でも気軽に使えるのが「サウンドバー」です。

今回は、サウンドバーのおすすめ製品をご紹介。バーチャルサラウンドに対応していたりBluetooth接続ができたりと、モデルによって搭載機能が異なります。選び方についても解説するので、参考にしてみてください。

サウンドバーとは?

By: sony.jp

サウンドバーとは、スリムな棒状のアンプ内蔵スピーカーのことです。薄型テレビのサウンド面を補強するのが主な目的で、シアターバーとも呼ばれます。

テレビの前面に置くだけで立体的な音響を楽しめるバーチャルサラウンド機能対応モデルもラインナップ。また、Bluetoothなどでワイヤレス接続が可能なモノであれば、スマホやタブレットと接続して音楽を楽しめます。

サウンドバーとホームシアターシステムの違い

By: amazon.co.jp

ホームシアターシステムは、立体的な音響を実現するためにスピーカーを複数設置する必要があります。一方、サウンドバーは基本的に単体で音を鳴らせるのが特徴です。

サウンドバーのなかには、単体ではなくサブウーファーが付いているモデルも存在します。複数のスピーカーを置くホームシアターシステムと比べてスペースをあまり取らないので、設置しやすいのが魅力。自宅の音響を気軽に向上させたい場合は、サウンドバーがおすすめです。

サウンドバーの選び方

タイプをチェック

スマートで設置しやすい「ワンボディ型」

By: amazon.co.jp

ワンボディ型とは、1台のサウンドバーのみで構成されているタイプのこと。比較的価格が安いので、導入コストを抑えたい方におすすめです。2ユニット型と比べると重低音は劣りますが、マンションやアパートなどのように音をあまり響かせたくない場合は、ワンボディ型を中心に探してみてください。

サブウーファーがセットになった「2ユニット型」

By: amazon.co.jp

2ユニット型とは、低音専用スピーカーのサブウーファーがセットになったタイプのことです。重低音をしっかりと再生できるので、ワンボディ型と比べて臨場感を得やすいのが特徴。映画やスポーツ、ゲームなどを大迫力で楽しみたい方におすすめです。

サイズで選ぶ

By: sony.jp

サウンドバーは、テレビ台の上に設置するのが一般的。サイズが大きすぎると台から出てしまう恐れがあるので注意が必要です。

また、サウンドバーの高さも要チェック。スタンド部分が低いテレビの場合、画面と重なってしまうことがあります。さらに、サブウーファーがセットになっている2ユニット型の場合は、サブウーファーのサイズもあわせてチェックしてみてください。

接続方式はARC/eARCに対応したモノがおすすめ

By: sony.jp

ARCやeARCはHDMI端子に備わっている機能のひとつです。ARCに対応した機器同士であれば、HDMIケーブル1本をつなぐだけで音声信号を双方向に送信可能。光デジタルケーブルを用意しなくてもテレビ放送の音声をサウンドバーから再生できます。

一方eARCは、ARCをさらに拡張した機能です。「Dolby Atmos」や「DTS:X」といった立体音響の音声信号をに対応。より立体的で臨場感のあるサウンドを楽しめます。

音質やサラウンドシステムで選ぶ

By: amazon.co.jp

サウンドバーを選ぶときは音質もチェック。CD音源よりも音の情報量が多いハイレゾ音源に対応したモデルなら、優れた音質でテレビが楽しめます。ライブ映像など、音にこだわったコンテンツを視聴するときにもおすすめです。

立体感や臨場感のあるサウンドを楽しみたい場合は、仮想的にサラウンドサウンドを再現できるバーチャルサラウンドに対応しているかどうかも確認。スピーカーの数を増やさなくても音に包まれているような体験を味わえるため、映画やドラマなどの世界に没入できます。

機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

機能性も確認したい点のひとつです。例えば、無線LAN接続に対応しているモノであれば、PCやスマホ内の音楽を優れた音質で再生することが可能。テレビ用のサウンドバーとしてはもちろん、PCやスマホ用の高音質スピーカーとしても活用できます。

そのほか、サウンドバーのHDMI端子についても、4K/60pやHDR、HDCP2.2対応など、どこまでの4K規格にパススルー対応しているか要チェック。サウンドバーのモデルによっては、プレーヤーやテレビの性能を活かせない場合があるので注意が必要です。

サウンドバーのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

国内大手の電子機器・電機メーカーとして知られる「ソニー」。オーディオ機器でも屈指の技術力を持っており、長年培ってきた技術とノウハウを活かした高品質な製品を販売しています。

サウンドバーにおいても、オーディオ機器用に開発した独自技術を活用。ワイヤレス接続でも高音質を楽しみたい方は要チェックのメーカーです。

ヤマハ(YAMAHA)

By: amazon.co.jp

「ヤマハ」は、古くからオーディオ機器の開発に取り組んできたメーカー。クオリティの高い立体音響を体感したい方におすすめです。

世界の名ホールや劇場の音場データを集めて作り上げた立体音場再生プログラム「シネマDSP」や、前後・左右・高さ方向を再現し、映像と音声の一体感を高める「DTS Virtual:X」など、長年にわたって独自技術を開発しています。

ボーズ(Bose)

By: amazon.co.jp

「ボーズ」は公共施設や高級自動車など、さまざまなところで製品が導入されている有名なオーディオメーカー。高音質なサウンドを再現する特許技術と音質チューニング力を有していることが強みです。

ボーズのサウンドバーはコンパクトなモデルが多いものの、音の厚みや広がりは良好。音を出すと存在感を十分に感じられます。

ジェイビーエル(JBL)

By: amazon.co.jp

アメリカの老舗ブランドある「JBL」は、劇場や映画館で使われる業務用スピーカーで大きなシェアを持つ世界的なスピーカーメーカーです。家庭用オーディオにおいても高品質な製品をラインナップしています。

長年にわたってエンターテイメント分野に貢献してきたメーカーだけあって、ノウハウや技術力は業界でもトップレベル。大音量や迫力重視のサウンドバーを探している方におすすめのメーカーです。

デノン(DENON)

By: amazon.co.jp

「デノン」は、株式会社ディーアンドエムホールディングスが展開するオーディオブランド。ワイヤレススピーカーやヘッドホン、ホームシアター向けのスピーカーシステムなど、さまざまなオーディオ機器を取り扱っています。

デノンのサウンドバーは、テレビの音を豊かに表現するリアルなサウンドが特徴。サブウーファーとセットのモデルも用意されているので、臨場感のあるサウンドを手軽に楽しめます。

サウンドバーのおすすめ|人気モデル

第1位 ソニー(SONY) サウンドバー HT-A5000

臨場感のある音を楽しめるサウンドバー。両端の上部や前面に搭載されたスピーカーにより天井や壁に音を反射させ、高品質なサラウンド音場を再現できます。サブウーファーも内蔵。スリムながら5.1.2chのサラウンドシステムを実現しています。

Bluetoothにも対応。テレビやパソコンの音だけではなく、スマホやバソコンなどとワイヤレスで接続し音声を再生できます。LDACにも対応しているため、対応のデバイスとコンテンツを用意すれば、ワイヤレスながらハイレゾ相当の音質で再生可能です。

HDMI端子を搭載しており、ARCとeARCほか、8K HDR・4K120・4K HDRのパススルーにも対応。さまざまな機器と接続し、高音質のサウンドを楽しみたい方におすすめです。

第2位 ボーズ(Bose) Bose Smart Soundbar 900

迫力のあるサウンドを手軽に楽しめる、おすすめのサウンドバー。天井に向けて音を発するスピーカーや独自の「PhaseGuideテクノロジー」の採用により、スピーカーのない場所からも音が聴こえてくるような立体的なサウンドを実現しています。

Dolby Atmosテクノロジーにより、映画館のような臨場感のある音を自宅でも簡単に楽しむことが可能です。また、Wi-FiやBluetoothなどにも対応。スマホなどと接続すれば、テレビ以外の動画や音楽の音も簡単に再生できます。

Amazon AlexaとGoogleアシスタントを搭載している点も特徴。スケジュールチェックなどの機能を音声だけでコントロールできます。ほかにも、ノイズを拾いにくいマイクの採用により、音声の再生中でもしっかりと声を認識可能です。

第3位 デノン(DENON) サウンドバー DHT-S517

3.1.2chに対応したおすすめのサウンドバー。本体には合計7基のドライバーが搭載されています。付属のサブウーファーとあわせて、立体的なサウンドを実現。サブウーファーはワイヤレスタイプなので、場所を選ばずに設置できます。

入力用と出力用のHDMIを1基ずつ搭載。4K/60Hz映像信号に対応しているため、衛星放送やゲーム、配信サービスの動画などのさまざまなコンテンツを高音質で楽しめます。また、ARCとeARCに対応している点も魅力です。

Bluetoothでスマホやタブレットとも接続可能。動画の音声を大迫力で楽しめます。

第4位 ヤマハ(YAMAHA) サウンドバー YAS-209

音声を手軽にワンランクアップさせられる、おすすめのサウンドバーです。低音を強調する「バスエクステンション」機能を搭載しているのが特徴。ニュースやドラマのセリフなどをより聞き取りやすくする「クリアボイス」機能も魅力です。

コンテンツに合わせたサウンドを適用できる、「サラウンドプログラム」にも対応。映画・音楽・ゲーム・スポーツ・テレビ番組の5種類のプログラムが用意されています。

また、ARC対応のHDMI端子を搭載しているので、ケーブル1本で簡単にテレビと接続可能です。さらに、HDMIリンク機能にも対応。対応テレビとの組み合わせであれば、電源のオン・オフや音量調節などをテレビリモコンで操作できます。

第5位 ジェイビーエル(JBL) BAR 1000 JBLBAR1000PROBLKJN

本格的なサラウンドサウンドを楽しみたい方におすすめのサウンドバー。ワイヤレスタイプのサブウーファーがセットなので、キレのある重低音を楽しめます。5段階の低音レベル調節にも対応。好みの低音に合わせられるほか、隣や上の部屋へも配慮できます。

本体の左右に着脱式のワイヤレスリアスピーカーを搭載しているのが特徴。取り外して背後に設置すれば、本格的なサラウンドサウンドを体験可能です。もちろん、装着したままでも楽しめます。

また、Wi-Fi6に対応している点もポイントのひとつ。Wi-Fi接続すれば、AirPlay 2やChromecastを利用できるなど、さまざまな使い方ができます。

第6位 パナソニック(Panasonic) 4K HDRパススルー対応 シアターバー SC-HTB900

自宅でも手軽に高品質なサウンドを体験できる、おすすめのサウンドバー。ハイレゾに対応したツイーターやボーカル向けのスピーカーユニットなどが組み合わされており、幅広い帯域のクリアなサウンドを実現しています。

「Dolby Atmos」「DTS:X」「Virtual:X」に対応しているのがポイント。左右だけではなく高さ方向まで音場が拡張されており、臨場感のある音を体験できます。ワイヤレスサブウーファーも付属。振動を抑制しながらパワフルな低音を再生できます。

本体表面にヘアライン加工が施された、シンプルなデザインも特徴。壁掛けに対応しており、壁掛け式テレビとの組み合わせもおすすめです。

第7位 ソニー(SONY) サウンドバー HT-S400

サブウーファーがセットになったおすすめのサウンドバー。独自のデジタル音場処理技術が採用されており、スピーカーを前方に設置するだけで、サラウンドサウンドを体験できます。「S-Master」と呼ばれるデジタルアンプの採用により、音質の劣化も抑えられています。

「サウンドフィールド機能」にも対応。音に包まれるような体験をリモコンのボタンで簡単にオン・オフでき、コンテンツに合わせてピュアなサウンドと使い分けられます。人の声を聞き取りやすくする「ボイスモード」も特徴です。

ほかにも、スマホ・パソコン・ウォークマンなど、Bluetooth対応のさまざまなデバイスと接続し、音声を再生できます。

第8位 ソニー(SONY) サウンドバー HT-A3000

豊かな低音を楽しめるおすすめのサウンドバー。「Vertical Surround Engine」と「S-Force PROフロントサラウンド」の搭載により、左右に加えて高さ方向にまで音場が拡張されており、テレビの音声をより立体的に楽しめます。

独自の「360 Reality Audio」に対応している点も特徴のひとつ。Wi-Fi経由で特定の有料ストリーミングサービスを利用すると、音に囲まれているような臨場感を体験できます。

そのほか、音量を下げたときにも聴き取りやすいサウンドに調節できる「ナイトモード」や、周囲への音漏れが気になるときに便利な「サブウーファーボリューム」などにも対応。環境に合わせて使用できます。

第9位 ソノス(Sonos) Beam BEAM2JP1

白と黒のカラーがラインナップされた、おすすめのサウンドバー。インテリアに馴染みやすいシンプルなデザインが魅力です。壁掛けに対応しているのもポイント。壁掛けテレビを使用している家庭でも導入できます。

さまざまなシーンに没入できる空間オーディオを採用しており、臨場感のあるサウンドを体験可能。また、セリフなどがクリア聞こえる機能も搭載しています。

タッチ操作に対応しているのも魅力のひとつ。サウンドバーの上部をタップやスワイプすることで音量を調節したり曲をスキップしたりできます。本体の近くにいるときは素早く直感的な操作が可能です。

第10位 デノン(DENON) サウンドバー DHT-S217

ハイクオリティなサウンドを楽しめる人気のサウンドバー。Dolby Atmosに対応しているので、正面に設置するだけで臨場感のあるサウンドを体験できます。サブウーファー内蔵による、豊かで迫力のある低音も魅力です。

4K/60Hzに対応したHDMI端子を搭載。鮮やかな映像と一緒にサウンドを楽しめます。また、Bluetoothも利用可能。スマホやタブレットの音声もワイヤレスで再生可能です。

高さが67mmとスリムに設計されているのもポイント。テレビやパソコンモニターの前に設置しても画面と重なりにくい設計です。また、壁掛け用のテンプレートとスペーサーも付属しているので、幅広いスタイルで利用できます。

サウンドバーのおすすめ|コンパクトモデル

第1位 ジェイビーエル(JBL) Bar 2.0 All-in-One JBLBAR20AIOM2BLKJN

コンパクトながら豊かな低音を楽しめる、おすすめのサウンドバーです。映画やドラマはもちろん、スポーツや音楽など、さまざまなジャンルの映像を大迫力で楽しめます。

使いやすさも魅力のひとつ。HDMI ARCに対応しているため、ケーブル1本で簡単にテレビと接続できます。光デジタルケーブルでも接続できるので、さまざまなテレビと組み合わせやすい点も特徴です。

Bluetoothにも対応。スマホやタブレット、パソコンなどと接続すれば、音楽のストリーミングも可能です。

第2位 デノン(DENON) HOME SOUND BAR 550 DENONHOMESB550

多機能ながらコンパクトなおすすめのサウンドバーです。Dolby AtmosやDTS:Xに対応しており、音に包まれるような臨場感のある体験が可能。合計6つのドライバーや大型のパッシブラジエーターが搭載されており、繊細なセリフの表情や迫力ある音を表現できます。

Wi-Fiに対応している点も特徴のひとつ。Amazon Music HDやSpotifyなどの音楽ストリーミングやインターネットラジオを利用できるため、1台でさまざまなコンテンツを楽しむことが可能です。

そのほか、Amazon Alexaを利用できるのもポイント。話しかけるだけで音楽を再生したり、ニュースや天気予報をチェックしたりすることが可能です。

第3位 パナソニック(Panasonic) シアターバー SC-HTB250-K

一般的なテレビの下に収まりやすいサイズのサウンドバーです。ワイヤレスタイプのサブウーファーが付属。サブウーファーは縦置き・横置きの両方に対応しており、自由なスタイルで設置可能です。

スタンダード・ミュージック・シネマの3つのサウンドモードを搭載。再生するコンテンツに合わせたモードを選択できます。また、Bluetoothにも対応しているため、スマホやタブレットの音楽を楽しみたい方にもおすすめです。

コンパクトなだけではなく、美しく高級感のあるデザインも魅力。インテリアにも馴染みやすく、スマートに設置できます。

第4位 ソニー(SONY) サウンドバー HT-S200F

パワフルな低音を楽しみたい方におすすめのコンパクトなサウンドバー。サブウーファーが内蔵されているほか、本体の両サイドのバスレフ効果で、力強く深い低域を実現しています。

サラウンド音場を仮想的に再現する「S-Force PROフロントサラウンド」にも対応。壁や天井の反射を利用しないため、部屋の形状を受けにくいのが特徴です。

「サウンドオプティマイザー」機能もポイント。音量を下げても音質やバランスが損なわれにくいので、深夜や早朝、マンションといった環境で重宝します。

第5位 レイザー(Razer) Leviathan V2 X RZ05-04280100-R3M1

パソコンモニターと相性がよいおすすめのサウンドバー。パソコンデスクにも無理なく設置しやすいコンパクトなサイズが特徴です。USB Type-Cケーブルからの給電に対応しているので、パソコン用のスピーカーに適しています。

フルレンジドライバーとパッシブラジエーターを各2基ずつ搭載。クリアで深いサウンドを実現しているため、映画や音楽、ゲームなどのさまざまなコンテンツを大迫力で楽しめます。

独自の「Razer Chroma RGB」に対応しているのもポイント。本体にRGBライトが搭載されており、1680万色のライティングでデスクを彩れます。専用のスマホアプリやパソコンソフトを導入すれば、ライティングのカスタマイズも可能です。

サウンドバーのおすすめ|安い

第1位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) サウンドスピーカー IHT-S101

低価格ながら高音質を楽しめる、おすすめのサウンドバー。左右にスピーカーユニットが配置されているほか、バスレフポートも設けられているので、重低音を響かせた臨場感のあるサウンドを体験できます。

ARC対応のHDMIや光デジタル角型端子、3.5mmミニジャックなどの多彩なインターフェースを搭載。Bluetoothにも対応しているため、パソコンやスマホなど、さまざまな機器と組み合わせて使用できます。

第2位 サンワサプライ(SANWA SUPPLY) サウンドバー 400-SP100

広がりのある音を手軽に楽しめる、おすすめのサウンドバー。低音域を強化するパッシブラジエーターと、中音域・高音域を高いクオリティで再生するスピーカーユニットが組み合わされており、人の声をクリアに表現します。

光デジタルケーブルや3.5mmステレオジャックに対応しているので、テレビやパソコンなどの機器を接続可能。スマホやタブレットと接続したい場合は、Bluetoothも利用できます。

第3位 サンワサプライ(SANWA SUPPLY) コンパクトサウンドバースピーカー 400-SP088

テレビともパソコンとも組み合わせやすい、おすすめの安いサウンドバー。コンパクトながら最大50Wの高出力に対応しています。小型のテレビやパソコンモニターとも相性がよいので、一人暮らしの方にもぴったりです。

ニュースモード・音楽モード・映画モードと3種類のサウンドモードに対応。視聴するコンテンツに合わせた音質を楽しめます。

リモコンが付属するのもポイント。電源のオン・オフや再生・一時停止、ボリュームの調節などの操作を離れた位置からでも簡単に行えます。

第4位 アンカー(ANKER) Soundcore Infini 2 A3373511

低価格ながら多彩な接続方法に対応した、おすすめのサウンドバー。HDMIのほかUSB Type-Aケーブルや光ケーブル、AUXケーブルにも対応しています。Bluetoothも利用できるので、ワイヤレスでも接続可能です。

3つのサウンドモードを搭載。バーチャルサラウンドサウンドとパワフルな低音を組み合わせたムービーモードや、会話を聞き取りやすくするニュースモード、バランスのよい音楽モードなどが用意されています。

シンプルかつスリムなデザインも魅力。ネジとアンカーも付属しているため、壁掛けスタイルでも使用できます。

第5位 ヤマハ(YAMAHA) サウンドバー SR-B20A

高音質ながら比較的価格が安い、おすすめのサウンドバーです。コンパクトながらサブウーファーが内蔵されており、深みのある低音を実現。バーチャルサラウンド技術により、前後左右のほか頭上からも音が聴こえるので、音に包まれているような感覚も楽しめます。

音楽・映画・ゲーム・TVなど、コンテンツに合わせた4種類のサウンドモードを搭載。また、セリフやナレーションなどを聞き取りやすく調節する「クリアボイス」機能も搭載されているため、映画やドラマを快適に視聴できます。

サウンドバーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

サウンドバーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。