テレビの音質向上に役立つ「サウンドバー」。画質のクオリティは4Kや有機ELの登場により顕著ではあるものの、より臨場感を求めるのであれば、迫力あるサウンドにもこだわることが重要です。

そこで今回は、サウンドバーのおすすめ製品をご紹介。テレビの視聴環境のレベルアップを図りたい方は、ぜひ購入を検討してみてください。

サウンドバーとは?

By: amazon.co.jp

サウンドバーとは、スリムな棒状(バー)のアンプ内蔵スピーカーのこと。薄型テレビのサウンド面を補強するのが主な目的で、一般的なサイズは横幅50cm~1m、高さ10cmほどです。

製品によってはテレビの前面に置くだけで立体的な音響を楽しめる、サラウンド機能に対応しているモデルも数多くあります。また、BluetoothやWi-Fiなどワイヤレス接続が可能な機種であれば、従来のラジカセやミニコンポ代わりのオーディオ機器として使用することも可能です。

サウンドバーとホームシアターシステムの違い

By: amazon.co.jp

ホームシアターシステムが部屋全体に5つ以上のスピーカーを配置するのに対し、サウンドバーは1本のバースピーカーをテレビ下に配置するシステム。立体的な音の再生が可能なホームシアターシステムは、映画館並みの臨場感が楽しめます。

対してサウンドバーは、2.1ch・5.1ch・7.1chといった疑似的なサラウンドを再生。音質はホームシアターシステムに劣りますが、コンパクトで設置場所に困らず、比較的リーズナブルな価格で購入できる点が魅力です。

サウンドバーの選び方

サブウーファーの有無で選ぶ

By: sony.jp

サウンドバーは棒状のスピーカーのみで完結するワンボディタイプと、低音専用スピーカーのサブウーファーがセットになった製品を分けられます。

セットタイプはサウンドバーのみのモデルと比べてクオリティの高い重低音まで再生することが可能。特に低音の迫力が大幅に増強できるのがメリットです。なお、サブウーファーが付くと価格が高くなる傾向にあるので、予算との兼ね合いを考慮して選ぶようにしましょう。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

サウンドバーはワンボディタイプや、サブウーファーとセットになったタイプがラインナップされています。メインとなるバースピーカーはテレビのスタンド部分前面に設置するか、壁掛けであればテレビの下に設置するのが一般的なので、テレビのサイズに合わせるのが重要です。

なお、スタンド部に設置する場合はテレビスタンドの高さとサウンドバーの高さを把握しておくこともポイント。テレビ画面とバースピーカーが重ならないように注意しましょう。

接続方式で選ぶ

By: amazon.co.jp

サウンドバーの接続方式にはいくつかの種類が存在します。代表的な接続方式はHDMIケーブルでの接続で、高音質なサラウンドに対応できる点が大きなメリットです。また、テレビ音声と映像信号を同時に送れる「ARC規格」や、テレビリモコンでサウンドバーの操作が可能になる「CEC規格」対応であれば、より使い勝手が向上します。

Bluetooth接続対応のサウンドバーは、煩わしいケーブル類を省略できる点がメリット。スマホやタブレットのようなモバイルデバイスと接続する場合に便利です。

本格的なオーディオシステムと接続する場合は、光デジタル端子やアナログ端子搭載モデルがおすすめ。所有するオーディオ機器の接続方式を確認してから、購入するサウンドバーを選択するとスムーズです。

音質やサラウンドシステムで選ぶ

By: amazon.co.jp

サウンドバーは疑似的なサラウンドサウンドを再生できる機器。バーチャルサラウンドのチャンネルは、2.1ch・5.1ch・7.1chというようにモデルによって異なります。より臨場感あるサウンドを求める方はチャンネル数の多いモデルがおすすめです。

高品位なバーチャルサラウンドサウンドを実現させるには、「Dolby Atmos」や「DTS:X」といったオブジェクトオーディオ対応モデルがおすすめ。上下方向からのサウンド再現に優れ、より迫力のある音を楽しめます。

機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

サウンドバーに搭載されている機能で注目しておきたいのが「ハイレゾ音源対応機能」。高音質再生が可能で、テレビ音声はもちろん、音楽を楽しむ場合にもおすすめです。

テレビ・PC・スマホ・タブレットなど、複数の端末と接続する方は「無線LAN対応機能」がおすすめ。所有する複数端末内の音声データを簡単に再生できるほか、対応端末同士での音楽コンテンツシェアができる点も魅力です。

Appleデバイスを使用している方は「AirPlay対応機能」を搭載したモデルが最適。Mac・iPad・iPhoneといった端末から音楽・動画・ゲームアプリなどのサウンドを再生できます。

サウンドバーのおすすめメーカー

ヤマハ(YAMAHA)

By: yamaha.com

ヤマハは、現在のようにホームシアターが一般的でなかった頃からオーディオ機器の開発に取り組んできたメーカーです。世界の名ホールや劇場を実測して作り上げた立体音場再生プログラム「シネマDSP」、コンパクトサイズでも迫力のある低音を響かせる「A-YSTⅡ方式」など、長年にわたって独自技術を開発してきました。

サウンドバーに関しては、壁にビーム状に音を反射させることにより、前方スピーカーだけでも後ろから音が回り込んで聴こえる「YSPシリーズ」が代表的。クオリティの高い立体音響を体感したい方におすすめのメーカーです。

ボーズ(Bose)

By: amazon.co.jp

ボーズは公共施設や高級自動車など、さまざまなところで導入されている有名オーディオメーカー。高音質なサウンドを再現する特許技術と音質チューニング力を持っていることが強みです。同メーカーは重低音が得意なことで知られていますが、サウンドバーについても同様です。

コンパクトなモデルが多いですが、音の厚みや広がりが良好なのもポイント。サウンドバー自体はそれほど目立たないものの、音を出すとその存在感を十分に感じられます。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

国内大手の電子機器・電機メーカーとして知られるソニー。オーディオ機器でも屈指の技術力を持っており、長年培ってきた技術とノウハウを活かした高品質な製品を発売しています。

サウンドバーにおいても、オーディオ機器用に開発した独自技術を活用しており、クオリティの高さは秀逸。通常音源をハイレゾ相当に変換再生する「DSEE HX機能」、Bluetooth経由での音質劣化を抑える音声圧縮技術「LDAC」などは代表的な特徴です。

また、製品によってはクラシック音楽の細かいニュアンスまで忠実に再現する、DSD音源再生に対応しているモデルがあるのもポイント。ワイヤレス接続でも高音質を楽しみたい方は要チェックのメーカーです。

ジェイビーエル(JBL)

By: amazon.co.jp

アメリカの老舗ブランドあるJBLは、劇場や映画館で使われる業務用スピーカーで高いシェアを誇る世界的なスピーカーメーカーです。家庭用オーディオにおいても高品質な製品をラインナップしており、鮮烈で迫力のある独自の「ジェイビーエルサウンド」はオーディオ誌だけでなく、専門家からも高く評価されています。

長年にわたってエンターテイメント分野に貢献してきたメーカーだけあって、ノウハウや技術力は業界でもトップレベル。大音量や迫力重視のサウンドバーを探している方におすすめのメーカーです。

サウンドバーのおすすめモデル

ヤマハ(YAMAHA) フロントサラウンドシステム YAS-109

ヤマハ(YAMAHA) フロントサラウンドシステム YAS-109

サウンドバーの人気モデルです。バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応しており、前方のスピーカーだけで前後左右だけでなく、上方からも包まれるような音の広がりが感じられるのが特徴。バーチャルサラウンドは5.1ch対応です。

HDMI入出力は、テレビ音声と映像信号を同時に送れる「ARC規格」に対応しています。また、4K/60p映像の伝送ができるほか、HDCP 2.2規格にも準拠するので、著作権保護されている4K放送やUHD BD映像の入出力が可能。最新の4K映像機器と組み合わせて高音質を存分に楽しめます。

ワンボディタイプのシンプルな構造で、設置や接続が簡単なのもポイント。サウンドバーを初めて使う方にもおすすめです。

ボーズ(Bose) Amazon Alexa搭載サウンドバー SOUNDBAR 500

ボーズ(Bose) Amazon Alexa搭載サウンドバー SOUNDBAR 500

AIアシスタント「Amazon Alexa」を搭載したワンボディタイプのサウンドバー。話しかけるだけで音楽配信サービスにアクセスしたり、ニュースや天気予報などが確認したりできます。サウンドバーの前後に8つのマイクを搭載しており、大音量で音楽を再生していても、音声をしっかり認識してくれるのもポイントです。

本体サイズは約800×44.4×10.6mmとスリムで、テレビの周囲に置いても目立ちません。カスタムデザインの独自ドライバと、小さな開口部で迫力のサウンドを実現できる「QuietPortテクノロジー」により、ノイズ感の少ない重低音を聴かせます。

「ADAPTiQ自動音場補正」により、部屋の特性に合わせてサウンドを最適化。難しい設定なしに、映画や音楽などを高音質に楽しめるのもおすすめポイントです。

ソニー(SONY) 2.1chサウンドバー HT-X8500

ソニー(SONY) 2.1chサウンドバー HT-X8500

最新のオブジェクトオーディオ・サラウンド規格「Dolby Atmos」と「DTS:X」に対応したサウンドバー。前後左右の表現による従来サラウンドに対して、高さ方向も加えた3次元の立体音響技術により、360°全方位から音に包みこまれるような臨場感を体感できます。

また、「Dolby Atmos」と「DTS:X」信号ではない、通常のステレオ音声も3次元のサラウンドで楽しめるのも魅力です。高品位な音声信号を伝送できるeARC規格に準拠した、HDMI入出力を搭載しているのもポイント。サウンドバーの手軽さと高度な立体音響を両立したい方におすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) Amazon Alexa搭載サウンドバー YAS-209

ヤマハ(YAMAHA) Amazon Alexa搭載サウンドバー YAS-209

多機能性と高音質を備えた人気のサウンドバー。音声コントロール用マイクを搭載し、専用アプリ「Sound Bar Controller」をはじめ、AIアシスタント機能「Amazon Alexa」を操作可能なのが特徴です。また、総合出力200Wのハイパワーアンプにより、迫力と臨場感に富んだサウンドも魅力。サブウーファーはワイヤレス接続なので、設置しやすいのがメリットです。

バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応。前方・左右・後方だけでなく、高さ方向の音場も再現した立体感に優れたサラウンドが楽しめます。ヤマハ独自の音場再生プログラム「シネマDSP」を搭載しているのもポイントです。

Wi-Fiを内蔵し「Amazon Music」「Spotify」などの音楽配信サービスに対応するのも便利。天面にファブリック素材をあしらったサウンドバー本体のデザインも落ち着いているので、リビングでの使用にもおすすめです。

ソニー(SONY) ハイレゾ対応サウンドバー HT-Z9F

ソニー(SONY) ハイレゾ対応サウンドバー HT-Z9F

高音質な音楽再生にこだわったサウンドバー。有線LAN・Wi-Fiでのネットワークオーディオプレーヤー機能を搭載し、DSD 5.6MHz、PCM系で192kHz/24bitまでのハイレゾ再生に対応しています。さらに、Bluetoothでハイレゾ相当の伝送が可能なLDACコーデックに対応しているのも特徴です。

加えて、従来の音源もハイレゾ相当の高品位で再生できる「DSEE HX」機能により、音源を問わずに高音質で楽しめます。インターネットラジオや、音楽ストリーミングサービスが利用できるのも便利です。

また、3次元の立体音響を楽しめる「Dolby Atmos」と「DTS:X」にも対応。ホームシアター用にもハイクオリティなのも魅力です。さらに、専用リアスピーカーを追加してのリアルサラウンド化も可能。映画と音楽の両方を存分に楽しみたい方におすすめのサウンドバーです。

ハイセンス(HISENSE) 2.1chワイヤレスサラウンドシステム HS210

ハイセンス(Hisence) 2.1chワイヤレスサラウンドシステム HS210

豊富な音声入力が特徴のサウンドバー。HDMI・光デジタル・同軸デジタル・アナログ音声・USB入力を搭載しているので、接続機器を問わずに本機で音声を再生できます。さらに、Bluetooth入力にも対応。スマホやタブレットの音声をワイヤレスで楽しめます。

また、低音を効果的に増強できる別体サブウーファーを採用した2.1ch構成ながら、価格がリーズナブルなことも魅力。サブウーファーはワイヤレス接続なので、設置の自由度が高いのもポイントです。バースピーカー部の高さが55mmとスリムなのも特徴。スッキリと設置できるサウンドバーとしてもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) シアターバー SC-HTB01

パナソニック(Panasonic) シアターバー  SC-HTB01

ゲームプレイに適したワンボディタイプのサウンドバー。国内大手のゲーム制作会社「スクウェア・エニックス」と共同開発した3つのゲームモードを搭載している点が特徴です。同社の人気ソフト「ファイナルファンタジーXⅣ」をプレイする際の推奨サウンドバーにも指定されています。

「ゲーム1」はRPGに適したモードで、ゲームの世界にいるかのような臨場感や迫力を体感可能です。「ゲーム2」はFPSやTPSなどに適したモード。正確な音の位置関係が感じられ、足音や乗り物の音などが聴き取りやすく、マルチプレイゲームに適しています。「ゲーム3」は人の声が聴き取りやすく、ゲームのシナリオに没頭できるようなサウンドです。

「ミュージックモード」や「シネマモード」を搭載しているほか、ハイレゾ再生に対応しているのもポイント。ゲーマー以外にもおすすめのサウンドバーです。

ボーズ(Bose) サウンドバー Solo 5 TV sound system

ボーズ(Bose) サウンドバー Solo 5 TV sound system

ボーズが持つノウハウが活かされたワンボディタイプのサウンドバー。一般的なサウンドバーより小さい、幅55×高さ7cmのコンパクトサイズながら定評の重低音再生技術により、迫力あるサウンドが楽しめます。

また、特許技術「TrueSpaceテクノロジー」による広がりのある音場再現力も魅力です。 人の声が聴き取りやすくなる「ダイアログモード」により、セリフのアナウンスもクリア。別売りの金具を使えば簡単に壁掛けできるのもポイントです。さりげなく高音質を楽しめるサウンドバーとしておすすめします。

デノン(DENON) サウンドバー HEOS HomeCinema

デノン(DENON) サウンドバー HEOS HomeCinema

サブウーファーは通常、縦置きのみが可能なところ、本機では筐体の高さが目立ちにくい横置きが可能なのが特徴。高さ73mmに抑えたバースピーカー部も相まって、テレビの周りにスッキリと設置できます。

サウンド面では、コンテンツに合わせた音質に設定できる「Movie/Music」モードのほか、夜間など、音量を控えめにしても十分な迫力を感じられる「Nightモード」も搭載。快適な視聴体験を生み出します。

4K映像をはじめ、HDR信号のパススルーに対応するHDMI入出力も搭載。4K映像プレーヤーや4Kテレビとの組み合わせにも最適です。また、独自の「HEOSテクノロジー」によって、音楽ストリーミングサービスやインターネットラジオ、ハイレゾなど幅広い音源再生が可能なのも特徴。BluetoothやAirPlayに対応するのもおすすめポイントです。

ソニー(SONY) 2.1chサウンドバー HT-S350

ソニー(SONY) 2.1chサウンドバー HT-S350

ソニーによるハイコスパなサウンドバー。入力数や対応サラウンドフォーマットを絞ることで価格を抑えつつ、音質と機能性は高めているのが特徴です。

前後左右のサラウンドを表現できる「S-Force PRO フロントサラウンド」を搭載した2.1ch構成。前方に配置するだけで包み込まれるようなサウンドを体感できます。

また、フロント65W×2、サブウーファー100Wの合計230Wの大出力アンプを搭載。迫力と低音の伸びを兼ね備えた高音質を存分に楽しめます。さらに、サブウーファーはワイヤレス接続のため、部屋のレイアウトに合わせて自由な配置が可能なのも魅力。「ARC規格」に対応しており、テレビとはHDMIケーブル1本で接続可能なのもおすすめポイントです。

ジェイビーエル(JBL) センターチャンネル搭載サウンドバー BAR 3.1

ジェイビーエル(JBL) センターチャンネル搭載サウンドバー BAR 3.1

大迫力のサウンドが特徴のサウンドバー。サウンドバー用のサブウーファーとして最大口径クラスという、250mm径ユニットを採用することで、35Hzからという高い重低音再生能力を実現しています。また、総合450Wのアンプ出力も魅力。映画や音楽を圧倒的な臨場感で表現します。

JBLのサウンドバーとして初めてセンターチャンネルスピーカーを搭載したのもポイント。音の移動間や声の再現力を高められるため、聴き取りやすさとリアリティーが向上しているのも魅力です。

パナソニック(Panasonic) シアターバー SC-HTB200

パナソニック(Panasonic) シアターバー SC-HTB200

大手メーカーによるサウンドバーとしてはリーズナブルなモデル。高さ5.1cmのスリム設計で、テレビの足元に置いても邪魔にならないのが特徴です。器のような形状と、どこから見ても美しい「360°デザイン」を採用。インテリアにも溶け込めます。

キャビネットを台形型にすることで内部での反射音を抑え、音質低下の原因となる共振を低減しているのもポイント。また、新搭載のダイナミックエアロポートにより、豊かな低音を鳴らします。

「スタンダード」「ミュージック」「シネマ」と音源に合わせたサウンドが選べるのも魅力です。テレビに連動し、リモコン1つで電源のオン・オフや音量の調節が可能な「HDMI-CEC」対応入力も備えています。サウンドバーの初心者にもおすすめのハイコスパモデルです。

ジェイビーエル(JBL) Android TV搭載サウンドバー LINK BAR

ジェイビーエル(JBL) Android TV搭載サウンドバー LINK BAR

「Android TV」を搭載したワンボディタイプのサウンドバー。「YouTube」や「Netflix」など、インターネット動画サービスをテレビに接続することで楽しめます。また、「Chromecast built-in」に対応し、スマホ内の動画や音楽・写真をキャスト再生してテレビの大画面で楽しめるのも魅力です。

さらに、「Google アシスタント」による音声操作・4K対応のHDMI入出力・マイク内蔵スマートリモコンといった高い機能性を備えています。内部は88×44mmのウーファーを4基と、20mm口径のツイーターを2基搭載する2ウェイ6スピーカー構成で、迫力の100W大出力を実現。伝統のJBLサウンドを存分に堪能できます。

高さ60mmとスリムな筐体に、ファブリック素材を採用した落ち着いたデザインもポイント。インテリアにもマッチしやすい点でもおすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) MusicCast BAR 400 YAS-408

 

ヤマハ(YAMAHA) MusicCast BAR 400 YAS-408

  

機能性と高音質、拡張性が特徴のサウンドバー。HDMI入出力に加え、光デジタル音声入力・ステレオミニ入力・LAN端子を搭載。幅広い機器と接続できます。バーチャルサラウンド機能の「DTS Virtual:X」を搭載。さまざまな入力を、高さ方向も再現できる7.1chサラウンドに変換して再生できます。

また、ネットワークオーディオプレーヤー機能により、ハイレゾ再生が可能です。各種音楽ストリーミングサービスに対応するのも魅力。さらに、Bluetooth受信や、AirPlayにも対応するのも便利です。

劣化の少ない高音質と省電力が特徴のフルデジタルアンプ「DDFA」を採用しているのもポイント。情報量が多くクリアなサウンドで楽しめます。

そのほか、ヤマハ独自の「MusicCast Surround」に対応し、リアスピーカーをワイヤレス接続で別売りで追加可能なのも特徴。リアルサラウンドに発展させて、さらに充実した立体音響を堪能できます。

ヤマハ(YAMAHA) ホームシアタースピーカー YSP-5600

ヤマハ(YAMAHA) ホームシアタースピーカー YSP-5600

壁面への反射音を利用する、ヤマハ独自の「YSP」技術を集大成した高音質モデル。壁面だけでなく、天井にも向けられた「ビームスピーカー」を多数配置することにより、前方だけで7.1.2ch相当のリアル3Dサラウンド再生を実現しているのが特徴です。

高さ方向の表現力も備えた「Dolby Atmos」と「DTS:X」にも対応します。 総スピーカー数46個を内蔵した本体はやや大きめのため、広めのリビングに設置したい方に最適。大画面テレビとの組み合わせもおすすめです。

サウンドバーのAmazonランキングをチェック

サウンドバーのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。