テレビで映画やドラマなどを楽しむ場合、画質はもちろん、音質も重要なポイント。テレビの音質を向上させるためのアイテムはさまざまですが、オーディオ初心者でも気軽に使えるのが「サウンドバー」です。

そこで今回は、サウンドバーのおすすめモデルをご紹介。バーチャルサラウンドに対応していたり、Bluetoothでスマホと接続できたりと、モデルによって搭載されている機能が異なるので、ぜひ用途に合う1台を見つけてみてください。

サウンドバーとは?

By: bose.co.jp

サウンドバーとは、スリムな棒状(バー)のアンプ内蔵スピーカーのこと。薄型テレビのサウンド面を補強するのが主な目的で、シアターバーとも呼ばれます。

テレビの前面に置くだけで立体的な音響を楽しめる「バーチャルサラウンド機能」に対応しているモデルも存在。また、Bluetoothなどワイヤレス接続が可能な機種であれば、従来のラジカセやミニコンポ代わりのオーディオ機器として使用できます。

サウンドバーとホームシアターシステムの違い

By: amazon.co.jp

ホームシアターシステムは、立体的な音響を実現するためにスピーカーを複数設置する必要があります。一方のサウンドバーは、基本的に単体で音を鳴らせるのが特徴です。

サウンドバーのなかには、単体ではなくサブウーファーが付いているモデルもありますが、複数のスピーカーを置くホームシアターシステムと比べてスペースを取らないので、部屋のレイアウトなどをあまり気にせず設置できます。自宅の音響を気軽に向上させたい場合は、サウンドバーがおすすめです。

サウンドバーの選び方

タイプをチェック

スマートで設置しやすい「ワンボディ型」

By: amazon.co.jp

ワンボディ型とは、1台のサウンドバーのみで構成されているタイプ。価格が安いので導入コストを抑えたい方におすすめです。2ユニット型と比べると重低音は劣りますが、マンションやアパートなどのように音をあまり響かせたくない場合は、ワンボディ型を中心に探してみてください。

サブウーファーがセットになった「2ユニット型」

By: sony.jp

2ユニット型とは、低音専用スピーカーのサブウーファーがセットになったタイプです。ワンボディ型と比べて、臨場感のあるサウンドを再生することが可能。映画やスポーツ、ゲームなどを大迫力で楽しみたい方におすすめです。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

サウンドバーは、テレビ台の上に設置するのが一般的。サイズが大きすぎると台から出てしまう恐れがあるので注意しておきましょう。

また、サウンドバーの高さも要チェック。スタンド部分が低いテレビの場合、画面と重なってしまうことがあります。さらに、サブウーファーがセットになっている2ユニット型の場合は、サブウーファーのサイズもあわせてチェックしておきましょう。

接続方式で選ぶ

By: amazon.co.jp

サウンドバーの代表的な接続方式はHDMIケーブル接続で、高音質なデジタル音声出力に対応しているのが大きなメリット。また、音声の入出力に対応した「ARC規格」であれば、ケーブルがシンプルにまとまるのでおすすめです。

さらに、Bluetooth接続対応のサウンドバーは、スマホやタブレットのようなモバイルデバイスと接続する場合に便利。所有しているオーディオ機器の接続方式を確認してから、購入するサウンドバーを選択してみてください。

音質やサラウンドシステムで選ぶ

サウンドバーを選ぶときは、音質も大切。CD音源よりも音の情報量が多い「ハイレゾ音源」に対応したモデルなら、優れた音質でテレビが楽しめます。ライブ映像など、音にこだわったコンテンツを視聴するときにもおすすめです。

また、立体感や臨場感のあるサウンドを楽しみたい場合は、仮想的にサラウンドサウンドを再現できる「バーチャルサラウンド」に対応しているかどうかもチェックしましょう。スピーカーの数を増やさなくても、音に包まれているような体験を味わえるため、映画やドラマなどの世界に没入できます。

機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

無線LAN接続に対応しているモノであれば、PCやスマホ内の音楽を優れた音質で再生することが可能。テレビ用のサウンドバーとしてはもちろん、PCやスマホ用の高音質スピーカーとしても活用できます。

サウンドバーのHDMI端子についても、4K/60pやHDR、HDCP2.2対応など、どこまでの4K規格にパススルー対応しているか要チェック。サウンドバーのモデルによっては、プレーヤーやテレビの性能を活かせない場合があるので注意が必要です。

サウンドバーのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

国内大手の電子機器・電機メーカーとして知られるソニー。オーディオ機器でも屈指の技術力を持っており、長年培ってきた技術とノウハウを活かした高品質な製品を発売しています。

サウンドバーにおいても、オーディオ機器用に開発した独自技術を活用。ワイヤレス接続でも高音質を楽しみたい方は要チェックのメーカーです。

ヤマハ(YAMAHA)

By: yamaha.com

ヤマハは、古くからオーディオ機器の開発に取り組んできたメーカーです。世界の名ホールや劇場を実測して作り上げた立体音場再生プログラム「シネマDSP」や、コンパクトサイズでも迫力のある低音を響かせる「A-YSTⅡ方式」など、長年にわたって独自技術を開発してきました。クオリティの高い立体音響を体感したい方におすすめのメーカーです。

ボーズ(Bose)

By: bose.co.jp

ボーズは公共施設や高級自動車など、さまざまなところで導入されている有名オーディオメーカー。高音質なサウンドを再現する特許技術と音質チューニング力を有していることが強みです。

ボーズのサウンドバーはコンパクトなモデルが多いものの、音の厚みや広がりは良好。音を出すとその存在感を十分に感じられます。

ジェイビーエル(JBL)

By: amazon.co.jp

アメリカの老舗ブランドあるJBLは、劇場や映画館で使われる業務用スピーカーで高いシェアを誇る世界的なスピーカーメーカーです。家庭用オーディオにおいても高品質な製品をラインナップしています。

長年にわたってエンターテイメント分野に貢献してきたメーカーだけあって、ノウハウや技術力は業界でもトップレベル。大音量や迫力重視のサウンドバーを探している方におすすめのメーカーです。

サウンドバーのおすすめモデル

ソニー(SONY) サウンドバー HT-X8500

高音質なサウンドバー。ドルビーアトモスとDTS:Xの2つの最新音声フォーマットに対応しています。独自のバーチャルサラウンド技術も搭載しており、縦方向も加えた立体音響を実現。さまざまなコンテンツを臨場感のある音で楽しめます。

独自のデジタルアンプ「S-Master」を搭載。映画やドラマなどの音質劣化を最小限に抑えながら高品質なサウンドで視聴可能です。サウンドバー中央にはサブウーファーを搭載。前面に2基配置することで、コンパクトながら迫力ある低音を実現します。

音量を小さくしてもバランスを損なわず、聞き取りやすく補正する「サウンドオプティマイザー」にも対応。ブルーレイディスクのコンテンツも高音質に再生できます。音質にこだわる方におすすめのサウンドバーです。

ソニー(SONY) サウンドバー HT-S200F

コンパクトながら迫力ある低音が楽しめるサウンドバー。内蔵されたサブウーファーと両端のバスレフ効果により、小型ながらもパワフルな低音を実現します。独自のデジタル音場処理技術により、部屋の形状に影響されない仮想的なサラウンド音声を再生可能です。

音量を下げてもバランスのよいサウンドを保つ「サウンドオプティマイザー」に対応。深夜の視聴やアパートへの設置など、大音量が出せない環境でも高音質が楽しめます。コンテンツに合わせた設定を自動で適用する、オートサウンド機能も便利です。

ARC規格に対応しているため、HDMIケーブル1本だけでテレビの音声を楽しめるのもポイント。壁掛けにも対応しており、使い勝手に優れたおすすめのモデルです。

ソニー(SONY) サウンドバー HT-G700

臨場感あふれる音を楽しめる2ユニット型のサウンドバー。大画面テレビに合わせて最適化された立体音響技術が採用されています。前後左右だけではなく、縦方向にもサラウンドが拡張。音に包まれるような臨場感あふれる体験ができます。

迫力のある重低音を再生できるサブウーファーも特徴のひとつ。また、サウンドバーの本体正面には「OLEDディスプレイ」が搭載され、動作状態を目で見て確認できます。

Bluetoothに対応しワイヤレスで音楽を再生できるほか、スタンバイ機能も搭載。Bluetoothデバイスで離れた位置から電源を入れ、そのまま音楽を楽しめます。立体的な音を楽しみたい方におすすめのサウンドバーです。

ソニー(SONY) サウンドバー HT-S350

サブウーファーとの組み合わせで最大230Wの大出力を楽しめるサウンドバー。独自のデジタルアンプ「S-Master」を搭載しているため、音質劣化を抑えながらさまざまなコンテンツを迫力あるサラウンドで楽しめます。

HDMIケーブルで接続するだけですぐに利用可能。シネマやミュージック、ゲームなど6つのサウンドモードをコンテンツに合わせて切り替えられます。「オートサウンドモード」に設定すると、おすすめの音設定に自動で切り替わるのもポイントです。

Bluetoothにも対応しており、スマートフォンやウォークマンの音楽をワイヤレスで楽しめます。迫力ある音声を楽しみたい方におすすめのサウンドバーです。

ヤマハ(YAMAHA) サウンドバー SR-C20A

スマートフォンからコントロールできるサウンドバー。専用のアプリを使ってスマートフォンやタブレットから操作可能です。音量調節や入力切替などの基本的な操作のほか、サウンドモード選択やバスエクステンションなどの設定ができます。

効果音の定位を強調し没入感を高める「GAMEモード」の搭載も特徴のひとつ。スタンダード・ステレオ・映画などコンテンツに合わせたサウンドモードも設定可能です。ドラマのセリフや歌のボーカルが聞き取りやすくなる、クリアボイスにも対応しています。

薄型テレビやPCモニターの前にも設置しやすいコンパクトサイズも魅力。スマートフォンから手軽に操作できるサウンドバーを探している方は、チェックしてみてください。

ヤマハ(YAMAHA) サウンドバー YAS-109

話しかけるだけで操作ができるサウンドバー。Amazon Alexaに対応しているので、音量調節や曲送りなどの操作を話しかけるだけで行えます。天気やニュースを聞いたり、音楽配信サービスを利用して音楽を聴いたりすることも可能です。

DTS Virtual:Xに対応。ワンボディ型ながら、前後左右に加え縦方向からの音も再現可能です。また、低音を補うバスエクステンションや人の声を聞き取りやすくするクリアボイスなども備えています。

専用アプリをインストールすると、スマートフォンやネットワーク上の音楽も再生可能。電源のオン・オフや入力切替もアプリから操作できます。使い勝手に優れた、おすすめのサウンドバーです。

ヤマハ(YAMAHA) サウンドバー YAS-209

よりクリアな音でテレビを楽しめるサウンドバー。DTS Virtual:Xに対応し、前後左右と縦方向から音に包み込まれるような体験が可能です。テレビ番組や映画などさまざまなコンテンツを、より臨場感たっぷりに楽しめます。

ワイヤレスタイプのサブウーファーが付属。面倒な配線の手間を省きながら、大迫力の低音を再生可能です。バスエクステンション機能を有効にすると、爆発音やエンジン音などの重低音をよりリアルに再現できます。

セリフやナレーションを強調して聞き取りやすくするクリアボイス機能にも対応。テレビをより楽しみたい方におすすめのサウンドバーです。

ボーズ(Bose) TV Speaker

人の声をクリアに再生できるサウンドバー。テレビ番組のトークやドラマのセリフなどを明瞭に再生できるような設計が特徴です。番組を分析しトークやセリフを際立たせる「ダイアログモード」も搭載しているので、快適にコンテンツを楽しめます。

HDMIケーブルや、付属の光デジタルケーブルでテレビと接続するだけですぐに使える手軽さも魅力。また、Bluetooth接続にも対応しているため、スマートフォンやタブレットの音楽をワイヤレスで再生できます。いつものテレビ番組をワンランク上の音質で楽しめる、おすすめのサウンドバーです。

ボーズ(Bose) SOUNDBAR 500

スタイリッシュなデザインのサウンドバー。壁の素材や位置などの部屋の特性に合わせてサウンドを最適化できる、独自の「ADAPTiQ自動音場補正機能」を搭載しています。テレビの前に設置できるスリムな形状ながら、ノイズを抑えた重低音を再生可能です。

BluetoothとWi-Fiに対応。スマートフォンやタブレットの音楽を再生できるのはもちろん、SpotifyやAmazon Musicなどの音楽配信サービスも検索できます。GoogleアシスタントとAmazon Alexaも利用可能です。

スマートフォン用のアプリにも対応。スタイリッシュなデザインなので、さまざまな部屋に違和感なく設置できます。インテリアにもなじみやすいおすすめのサウンドバーです。

ボーズ(Bose) SOUNDBAR 700

美しいデザインと高音質を両立したサウンドバー。正面のスピーカーには独自のドライバーが採用されており、繊細ながら豊かな低音を再生可能です。

「ADAPTiQ自動音場補正機能」を搭載。部屋の特性に合わせて最適化されたサウンドを再生できます。また、Googleアシスタント・Amazon Alexaを搭載しているのもポイント。音声だけでさまざまな操作が行えるおすすめのモデルです。

ジェイビーエル(JBL) Bar 2.0 All-in-One JBLBAR20AIOBLKJN

豊かな低音が楽しめるサウンドバー。サブウーファーのないワンボディ型ながら、豊かな低音を再生できます。映画やスポーツ、音楽など、さまざまなコンテンツを独自のサラウンドサウンド技術により大迫力で視聴可能です。

テレビとの接続方法は、HDMIと光デジタル入力の2通り。HDMI CEC規格にも対応するので、テレビ側のリモコンで電源のオン・オフの操作が可能です。

幅614×奥行90mmとコンパクトで、さまざまな場所に設置しやすい点も魅力。シンプルながら高級感のあるデザインでインテリアにもなじみやすい、おすすめのサウンドバーです。

タオトロニクス(TaoTronics) サウンドバー TT-SK025

コンパクトなサウンドバー。横幅が約410mmとコンパクトなので、テレビの前はもちろん、PCモニターの前にも違和感なく設置できます。裏面にはずれにくいように2つの滑り止めマットを搭載。省スペースのため、一人暮らしの方にもおすすめです。

5Wの出力のフルレンジスピーカーを2基搭載。小型ながら音量も大きく、空間を感じられる高音質なサウンドが楽しめます。AUXのほか、Bluetooth接続方法にも対応。スマートフォンやタブレットなどとワイヤレスで接続し、音楽を再生できます。

壁掛け用のネジ穴も搭載するので、自由な場所に設置可能。コンパクトで使いやすさに優れた、おすすめのサウンドバーです。

タオトロニクス(TaoTronics) サウンドバー TT-SK023

低価格ながら高音質なサウンドバー。10W出力のフルレンジスピーカーを4つ搭載し、迫力のある音を再生可能です。ゲーム・音楽・映画の3つのイコライザーモードを切り替えられるので、コンテンツに合わせて最適な設定の音声を楽しめます。

光デジタル接続・Bluetooth・AUXの3つの接続方法に対応。テレビはもちろん、スマートフォンやタブレットの音声もワイヤレスで再生可能です。リモコンが付属するため、離れた位置からでも簡単に入力方法を切り替えられます。

また、壁掛けにも対応するので、好みの場所に設置できるのもポイント。コストパフォーマンスに優れた、おすすめのサウンドバーです。

タオトロニクス(TaoTronics) サウンドバー TT-SK028

コンパクトサイズのサウンドバー。420×60×73mmの小型サイズなので、テレビの前はもちろん、PCモニターの前にも設置可能です。AUXとBluetooth接続に対応しているため、ノートPCのスピーカーとしても利用できます。

フルレンジスピーカーとツイーター、パッシブラジエーターを2基ずつ搭載しているので、低域から高域まで幅広い音をクリアに再生可能。ダイナミックレンジが広く、スポーツやドラマ、映画などを臨場感溢れるサウンドで楽しめます。

側面にはダイヤルを搭載し、直感的に音量調節が可能。コンパクトなサウンドバーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

デノン(Denon) サウンドバー DHT-S216

音質にこだわったサウンドバー。75mmのサブウーファーを2基搭載し、ワンボディ型ながら室内を満たせる豊かな低音を再生可能です。Pureモードの搭載も特徴のひとつ。サラウンドやサウンドモードを適用せず、限りなくオリジナルに近い音も楽しめます。

サウンドモードは、臨場感を体験できるMovieモード、鮮やかな音を楽しめるMusicモード、音量を下げてもバランスを損なわないNightモードの3つを搭載。視聴するコンテンツや環境に合わせて、適したサウンドモードに切り替えられます。

テレビの前にもスッキリと設置できる高さ66mmのスリムデザインを採用。音質を重視する方におすすめのサウンドバーです。

デノン(Denon) ホームシアターサウンドバーシステム DHT-S316

迫力ある音を楽しめるサウンドバー。スピーカーには、高音域と中音域それぞれに専用のドライバーユニットを搭載しています。独立したサブウーファーを組み合わせることで、迫力あるサウンドを再生可能です。

サブウーファーは、自由な場所に設置できるワイヤレスタイプ。サウンドバーとはペアリングされた状態で届くので、電源を入れるだけですぐに使い始められます。また、音量を下げても音を聞き取りやすくするナイトモードを搭載しているのも魅力です。

人の声を聞き取りやすくする「ダイアログ・エンハンサー機能」も搭載。3段階で調節できるため、コンテンツに合わせて適した設定を適用できます。テレビや映画を大迫力で視聴したい方は、ぜひチェックしてみてください。

デノン(Denon) サウンドバー DHT-S516H

ハイレゾ音源の再生に対応するサウンドバー。本体にUSB-Aポートが搭載されており、ネットワークサーバーやUSBメモリーに保存した音楽の再生が可能です。Amazon Music HDにも対応し、高音質な音楽を楽しめます。

サブウーファーは設置場所の自由度が高いワイヤレスタイプ。横置きにも対応するので、部屋に合わせて臨機応変な使い方が可能です。また、Amazon Alexaにも対応しており、話しかけるだけで音量調節や再生・停止の操作ができます。

「ダイアログエンハンサー機能」の搭載により、ボーカルやセリフを強調可能。ドラマや映画も快適に視聴できます。高音質な音楽ファイルを持っている方におすすめのサウンドバーです。

パナソニック(Panasonic) シアターバー SC-HTB01

ゲームプレイに適したサウンドバー。ゲームメーカーと共同開発した、3つのゲームモードを搭載しています。シナリオに集中しやすいボイス強調モード、敵の位置を把握しやすいFPSモード、臨場感が楽しめるRPGモードを切り替え可能です。

ゲーム以外にも、スタンダード・ミュージック・シネマなど、コンテンツに合わせたサウンドモードを設定可能。立体感のある音を楽しめるドルビーアトモスとDTS:X、Virtual:Xに対応しているのも魅力です。

ハイレゾ音源にも対応。また、4K HDR対応のHDMI端子を搭載しており、ブルーレイレコーダーやゲーム機器などと接続して高音質なサウンドを楽しみたい場合にも適しています。

パナソニック(Panasonic) シアターバー SC-HTB488

迫力のある低音を楽しめるサウンドバー。サブウーファーの採用により、臨場感のあるサウンドを再生できます。サブウーファーはワイヤレス接続のため場所を選ばず、自由な位置に設置可能です。

サブウーファーのコーンカップには波型形状を採用。外装の側面には木材が追加され強度が向上し、より引き締まった低音の再生が可能です。5つのサウンドモードやサラウンド効果に対応するので、コンテンツに適した音を楽しめます。

20分以上操作がない場合に自動で電源が切れる機能も搭載。また、HDMI CEC規格にも対応しており、テレビのリモコンで電源オン・オフの操作ができます。低音を重視する方におすすめのサウンドバーです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 液晶テレビ・パソコン用サウンドバースピーカー MM-SPSBA2N

低価格なサウンドバー。5W出力のスピーカーユニットを4つ搭載し、合計20Wの出力に対応しています。スピーカーユニットは上向きに角度が付けられているため、音量の大小に関わらずハッキリと聞き取れる点が魅力です。

幅500×奥行き85×高さ85mmのコンパクトサイズも特徴のひとつ。テレビやPCモニターの下にもスッキリと配置可能です。接続方法は、3.5mmステレオミニジャックとRCAピンジャックの2種類に対応しています。

ドラマのセリフやニュース、ナレーションなどをよりクリアに再生可能。コスパに優れたサウンドバーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

サウンドバーのAmazonランキングをチェック

サウンドバーのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。