テレビで映画やドラマなどを楽しむ場合、画質はもちろん、音質も重要なポイント。テレビの音質を向上させるためのアイテムはさまざまですが、オーディオ初心者でも気軽に使えるモノを探している場合は「サウンドバー」がおすすめです。

そこで今回は、サウンドバーのおすすめモデルをご紹介します。立体的な音響を再現する「バーチャルサラウンド」に対応していたり、Bluetoothでスマホと接続できたりと、モデルによって搭載されている機能が異なるので、ぜひ用途に合う1台を見つけてみてください。

サウンドバーとは?

By: bose.co.jp

サウンドバーとは、スリムな棒状(バー)のアンプ内蔵スピーカーのこと。薄型テレビのサウンド面を補強するのが主な目的で、シアターバーとも呼ばれます。

テレビの前面に置くだけで立体的な音響を楽しめる「バーチャルサラウンド機能」に対応しているモデルも存在。また、Bluetoothなどワイヤレス接続が可能な機種であれば、従来のラジカセやミニコンポ代わりのオーディオ機器として使用できます。

サウンドバーとホームシアターシステムの違い

By: amazon.co.jp

ホームシアターシステムは、立体的な音響を実現するためにスピーカーを複数設置する必要があります。一方のサウンドバーは、基本的に単体で音を鳴らせるのが特徴です。

サウンドバーのなかには、単体ではなくサブウーファーが付いているモデルもありますが、複数のスピーカーを置くホームシアターシステムと比べてスペースを取らないので、部屋のレイアウトなどをあまり気にせず設置できます。自宅の音響を気軽に向上させたい場合は、サウンドバーがおすすめです。

サウンドバーの選び方

タイプをチェック

スマートで設置しやすい「ワンボディ型」

By: amazon.co.jp

ワンボディ型とは、1台のサウンドバーのみで構成されているタイプ。価格が安いので導入コストを抑えたい方におすすめです。2ユニット型と比べると重低音は劣りますが、マンションやアパートなどのように音をあまり響かせたくない場合は、ワンボディ型を中心に探してみてください。

サブウーファーがセットになった「2ユニット型」

By: sony.jp

2ユニット型とは、低音専用スピーカーのサブウーファーがセットになったタイプです。ワンボディ型と比べて、臨場感のあるサウンドを再生することが可能。映画やスポーツ、ゲームなどを大迫力で楽しみたい方におすすめです。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

サウンドバーは、テレビ台の上に設置するのが一般的。サイズが大きすぎると台から出てしまう恐れがあるので注意しましょう。また、サウンドバーの高さも重要です。スタンド部分が低いテレビの場合、画面と重なってしまうことがあります。

また、サブウーファーがセットになっている2ユニット型の場合は、サブウーファーのサイズもあわせてチェックしておきましょう。

接続方式で選ぶ

By: amazon.co.jp

サウンドバーの代表的な接続方式はHDMIケーブル接続で、高音質なデジタル音声出力に対応しているのが大きなメリットです。また、音声の入出力に対応した「ARC規格」であればケーブルがシンプルにまとまるので便利です。

また、Bluetooth接続対応のサウンドバーは、スマホやタブレットのようなモバイルデバイスと接続する場合に便利です。本格的なオーディオシステムと接続する場合は、光デジタル端子がおすすめ。所有するオーディオ機器の接続方式を確認してから、購入するサウンドバーを選択するとスムーズです。

音質やサラウンドシステムで選ぶ

サウンドバーを選ぶときは、音質も大切。CD音源よりも音の情報量が多い「ハイレゾ音源」に対応したモデルなら、優れた音質でテレビが楽しめます。ライブ映像など、音にこだわったコンテンツを視聴するときにもおすすめです。

また、立体感や臨場感のあるサウンドを楽しみたい場合は、仮想的にサラウンドサウンドを再現できる「バーチャルサラウンド」に対応しているかどうかもチェックしましょう。スピーカーの数を増やさなくても、音に包まれているような体験を味わえるため、映画やドラマなどの世界に没入できます。

機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

無線LAN接続によるネットワークプレーヤー機能に対応しているモノであれば、PCやスマホ内の音楽を優れた音質で再生することが可能。テレビ用のサウンドバーとしてはもちろん、PCやスマホ用の高音質スピーカーとしても活用できます。

サウンドバーのHDMI端子についても、4K/60pやHDR、HDCP2.2対応など、どこまでの4K規格にパススルー対応しているか要チェック。サウンドバーのモデルによっては、プレーヤーやテレビの性能を活かせない場合があるので注意が必要です。

サウンドバーのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

国内大手の電子機器・電機メーカーとして知られるソニー。オーディオ機器でも屈指の技術力を持っており、長年培ってきた技術とノウハウを活かした高品質な製品を発売しています。

サウンドバーにおいても、オーディオ機器用に開発した独自技術を活用。通常音源をハイレゾ相当に変換再生する「DSEE HX機能」や、Bluetooth経由での音質劣化を抑える音声圧縮技術「LDAC」などは代表的です。

また、クラシック音楽の細かいニュアンスまで忠実に再現する、DSD音源再生に対応しているモデルがあるのもポイント。ワイヤレス接続でも高音質を楽しみたい方は要チェックのメーカーです。

ヤマハ(YAMAHA)

By: yamaha.com

ヤマハは、古くからオーディオ機器の開発に取り組んできたメーカーです。世界の名ホールや劇場を実測して作り上げた立体音場再生プログラム「シネマDSP」や、コンパクトサイズでも迫力のある低音を響かせる「A-YSTⅡ方式」など、長年にわたって独自技術を開発してきました。クオリティの高い立体音響を体感したい方におすすめのメーカーです。

ボーズ(Bose)

By: amazon.co.jp

ボーズは公共施設や高級自動車など、さまざまなところで導入されている有名オーディオメーカー。高音質なサウンドを再現する特許技術と音質チューニング力を有していることが強みです。

ボーズのサウンドバーはコンパクトなモデルが多いものの、音の厚みや広がりは良好。音を出すとその存在感を十分に感じられます。

ジェイビーエル(JBL)

By: amazon.co.jp

アメリカの老舗ブランドあるJBLは、劇場や映画館で使われる業務用スピーカーで高いシェアを誇る世界的なスピーカーメーカーです。家庭用オーディオにおいても高品質な製品をラインナップしています。

長年にわたってエンターテイメント分野に貢献してきたメーカーだけあって、ノウハウや技術力は業界でもトップレベル。大音量や迫力重視のサウンドバーを探している方におすすめのメーカーです。

サウンドバーのおすすめモデル

ソニー(SONY) サウンドバー 2.1chホームシアターシステム HT-X8500

本体中央にデュアルサブウーファーを搭載した2.1chサウンドバーです。最新の音声フォーマット「Dolby Atmos」に対応しており、高さ方向の音も追加。ヘリコプターが頭上を飛び去る効果音や雨が降ってくる音など、リアルな臨場感を楽しみたい方におすすめのモデルです。

Bluetooth接続でスマホやタブレット、パソコンなどに保存した音楽をワイヤレスで再生可能。ワンタッチで好みのサウンドを選択できるリモコンが付属しています。4K HDR対応のHDMI端子も搭載。ブルーレイディスクレコーダーやゲーム機器などと接続して、高音質サウンドを楽しみたい場合にも最適です。

ソニー(SONY) サウンドバー 2.1chホームシアターシステム HT-S350

ワイヤレスサブウーファーがセットになった2ユニット型のサウンドバーです。フロント65W×2とサブウーファー100Wの合計230Wものハイパワーにより、迫力のあるサウンドを楽しめるおすすめモデルです。

前方のスピーカーのみで豊かなサラウンドサウンドを実現する「S-Force Pro フロントサラウンド」を搭載。壁からの反射を利用しない方式で、部屋の形状や広さにかかわらず高音質なサラウンド再生を可能にしています。

テレビとの接続はARC対応HDMIケーブル1本で接続するだけと簡単。ワイヤレスでスマホやタブレット内の音楽を楽しめるBluetooth接続にも対応しています。

ソニー(SONY) サウンドバー 2.1chホームシアターシステム HT-X9000F

「Dolby Atmos」と「DTS:X」に対応しているサウンドバー。高さの方向の音を加えた3次元の立体的なサウンドを楽しめます。「S-Force Pro フロントサラウンド」により、部屋の形状を気にする必要なく高音質なサラウンドサウンドを再生可能です。

4K信号とHDR信号のパススルーにも対応。4K放送対応チューナーと接続するための著作権保護規格HDCP2.2にも準拠しているなど、4K放送を迫力あるサウンドで楽しみたい方におすすめのモデルです。

サブウーファーを備えた2ユニット型で、低音を最適な音量に調節できる「サブウーファーボリューム」を搭載。夜間に音楽を聴きたいときや周囲への迷惑が気になるときに役立ちます。サウンドモードを選択できるリモコンを付属しているほか、Bluetooth接続にも対応。ワイヤレス再生はもちろん、スマホで本体の電源を入切できるため便利です。

ソニー(SONY) サウンドバー 3.1chホームシアターシステム HT-Z9F

DSD・WAV・FLACなどのハイレゾ音源を再生できる2ユニット型サウンドバーです。ハイレゾ相当の高解像度音源に対応しており、クリアな高音域を表現可能。さらに、「Dolby Atmos」と「DTS:X」により、全方位からCDを超える高音質に包み込まれるリアルなリスニング環境を構築できます。

別売り専用スピーカーを追加すれば、5.1chサラウンドシステムに拡張できるのもポイント。スピーカーとはワイヤレスで接続できるため、わずらわしい配線の心配もありません。付属の壁掛け用ブラケットを使用して壁掛けできるため、設置スペースが少ない場合や自由にレイアウトしやすいモデルを探している方におすすめです。

Bluetooth接続でスマホやタブレットに保存した音楽ファイルをワイヤレス再生できるほか、インターネットラジオや音楽配信サービスの再生にも対応しています。

ヤマハ(YAMAHA) サウンドバー YAS-108

高さ53mmのスリムでスタイリッシュなデザインが特徴のワンボディ型サウンドバー。スタンドの低い薄型テレビの前や、狭いスペースに設置したい場合におすすめのモデルです。ファブリックカバーの採用で高級感のある外観に仕上がっており、インテリアとの調和を重視したい方にも適しています。

接続はHDMIケーブル1本で接続するだけと簡単。操作ボタンはタッチパネル式で、軽く触れるだけで電源の入切や音量調節が可能です。チャイルドロックを搭載しているので、小さい子供がいる家庭でも安心して使用できます。

Bluetooth接続でスマホやタブレット内の音楽ファイルにアクセスできるのも便利。AACコーデックを採用しているほか、独自の音質改善技術「ミュージック・エンハンサー」により、ワイヤレスでもクリアな高音質サウンドを楽しめます。

ヤマハ(YAMAHA) サウンドバー YAS-209

ワイヤレスサブウーファーを搭載した2ユニット型サウンドバーです。高品位なデザインと質感を実現しているのが魅力。センターユニットとサブウーファーにはファブリック素材を組み合わせたデザインを採用しています。センターユニットは壁掛けも可能で、おしゃれな部屋にマッチするおすすめモデルです。

高さ方向の音を再現するバーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」を搭載。全方位から音に包まれるような臨場感を体感できます。音声コントロール用マイクを内蔵しており、Amazon Alexaの音声アシスタント機能に対応しているのも便利。話しかけるだけで曲の再生や音量調節などの基本操作を行えるほか、天気予報やニュース、交通情報などを聴くことが可能です。

ボーズ(Bose) ワイヤレスサウンドバー SOUNDBAR 500

スリムでスタイリッシュな外観が魅力のワンボディ型サウンドバー。スタンドの低い薄型テレビの前に設置しやすいおすすめモデルです。独自開発のドライバーにより、スリムなボディながら臨場感あふれるパワフルなサウンドを再生します。

Bluetooth接続でスマホやタブレット内の音楽ファイルをワイヤレス再生可能。専用アプリを活用すれば、サウンドリンクをグループ化して別々の部屋で聴けるなど使い勝手のよさも魅力です。

Wi-Fiに対応しているのも便利。Amazon Musicなど音楽配信サービスに配線なしでアクセスできるほか、Amazon Alexaの音声コントロール機能にも対応しています。

ボーズ(Bose) Solo 5 TV sound system

テレビと接続して高音質サウンドを再生するワンボディ型サウンドバーです。接続はケーブル1本で接続するだけと簡単。光デジタル・同軸デジタル・ステレオミニの3種類の端子も装備しています。Bluetooth接続にも対応しており、スマホやタブレットで手軽に音楽を楽しみたい方におすすめのモデルです。

付属のユニバーサルリモコンにより、組み合わせて使用するテレビやプレーヤーなどの基本操作ができるのも便利。リモコンの「ダイアログモード」ボタンを押せば、ニュースやトーク番組で人の声を聴きやすく調節して再生します。

ボーズ(Bose) TV Speaker Bluetooth対応コンパクトサウンドバー

高さ約5cmのスリムデザインを採用したワンボディ型サウンドバー。薄型テレビのスタンドが低い場合や設置場所のスペースが狭い際におすすめです。別売りの壁掛けブラケットを使用すれば、壁掛けも可能。接続はHDMIケーブル1本で接続するだけと、はじめて設置する方でも簡単です。

2つのフルレンジドライバーの搭載により、リアルで迫力のあるサウンドを再生。「Bose Bass Module」を接続すれば、低音をブーストした深みのあるサウンドを追加できます。Bluetooth接続対応でお気に入りの曲をワイヤレスで再生可能。リモコンの「ダイアログモード」ボタンで、テレビ番組のトークやセリフが聞きやすくなる機能も便利です。

ジェイビーエル(JBL) Bar 2.0 All-in-One JBLBAR20AIOBLKJN

HDMIケーブル1本で接続できるワンボディ型サウンドバーです。ARC対応HDMIケーブルのほか、光デジタルケーブルにも対応。機器の取り扱いに慣れていない方でもケーブル1本で簡単に設置できるおすすめモデルです。

ボタンを少なくしたシンプルで使いやすいリモコンにより、離れた位置から操作できるのも便利。Bluetooth接続でスマホやタブレット、パソコンなどに保存した音楽ファイルも再生できます。落ち着いた配色と高級感のあるデザインで、インテリアに溶け込みやすいのも魅力の1台です。

パナソニック(Panasonic) シアターバー SC-HTB250

幅45cm、高さ5.1cmのコンパクトサイズで、高さのない薄型テレビの足元に収まりやすい2.1chサウンドバーです。2ユニット型でサブウーファーは縦・横のどちらでも設置可能。センタースピーカーとワイヤレスで接続でき、設置の自由度が高いモデルを探している方におすすめです。

細部にわたってこだわった高品位なデザインも魅力。接続は機器間を制御する機能を持ったHDMI-CECに対応しているほか、光デジタル音声入力端子も備えています。Bluetooth接続対応でスマホやタブレット内のお気に入りの曲を再生できるのも便利です。

パナソニック(Panasonic) シアターバー SC-HTB01

最新フォーマット「Dolby Atmos」と「DTS:X/Virtual:X」に対応しているワンボディ型サウンドバー。高さ方向の表現を加えた、臨場感あふれるリアルなバーチャル3Dサラウンドを実現しています。ハイレゾ音源に対応しているのも注目のポイント。50kHzもの高域を再生でき、CDより高音質なハイレゾサウンドを楽しみたい方におすすめのモデルです。

薄型テレビやパソコンデスクの足元に置いても邪魔にならないコンパクトサイズも魅力。HDMI端子や光デジタル入力端子のほか、ブルーレイディスクレコーダーと組み合わせて高音質を楽しめる「ブルーレイリニアPCM」の入力にも対応しています。

デノン(DENON) サウンドバー DHT-S316K

壁掛けにも対応した、高さ54mmの薄型デザインを採用したサウンドバーです。置き場所に困らないワイヤレスサブウーファーを備えた2ユニット型で、狭いスペースに設置したい方におすすめ。HDMI端子のほか光デジタル入力端子やアナログAUX入力端子も設けているなど、さまざまな機器との接続に対応します。

センターユニットは、中音域と高音域にそれぞれ専用ドライバーユニットを搭載した2WAY・4スピーカー構成。サブウーファーの低音域も加わって、クリアかつ重厚な高音質サウンドを楽しめます。Dolby Digital・DTS・AACのサラウンド音声デコードに対応しており、臨場感あふれるバーチャルサラウンドを再生できるのも魅力です。

デノン(DENON) サウンドバー DHT-S216K

「DTS Virtual:X」対応のボディ一体型2.1chサウンドバー。部屋に後方や天井にスピーカーを設置せずとも、後方や頭上方向から音に包まれるバーチャル3Dサラウンドを体感できるおすすめモデルです。2基の75mmサブウーファーを搭載しており、迫力ある重低音も楽しめます。

サウンドモードやバーチャルサラウンドの処理を行わない「Pureモード」を追加しているのもポイント。音に装飾を加えない、原音に忠実な高音質サウンドを楽しめます。スリムなデザインで壁掛けにも対応。Bluetooth接続により、スマホやタブレット内に保存した音楽をワイヤレスで再生できます。

アンカー(ANKER) Soundcore Infini A3371511

100Wもの大音量で再生できるワンボディ型サウンドバーです。独自の「BassUpテクノロジー」の採用により、迫力ある重厚なサウンドを再生します。メタルブラックを基調とした洗練されたスリムデザインも魅力。インテリアとの調和を重視したい方におすすめのモデルです。

ミュージックモード・ムービーモード・ダイアログモードの3種類のイコライザーモードを搭載しており、シーンによって好みのサウンドを選べるのも特徴。操作は付属のリモコンで切り替えるだけと簡単です。さまざまな機器と接続可能で、同軸デジタルケーブル・光ケーブル・AUXケーブルに対応しています。

BOMAKER テレビ スピーカー 2.1ch Njord I

最大出力150W、最高音圧110dBもの迫力のサウンドを楽しめる2ユニット型サウンドバー。一軒家や防音設備を備えた部屋で大音量サウンドを堪能したい方におすすめのモデルです。サブウーファーはワイヤレスタイプで、設置の自由度の高さも魅力。わずらわしい配線が気になる方にも適しています。

USB・光デジタル・同軸・AUX端子を備えており、さまざまな機器との接続に対応。Bluetooth接続でスマホやタブレット、パソコンなどに保存したお気に入りの曲をワイヤレスで再生できます。機器の操作が苦手な方にも使いやすいリモコンが付属。音量や音質を離れた位置から調節できるため便利です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 液晶テレビ・パソコン用サウンドバースピーカー MM-SPSBA2N

実用最大出力5Wのユニットを4基搭載しているサウンドバー。合計20Wの迫力あるサウンドで、映画やドラマなどの世界に没入できるのが魅力です。また、サブウーファー出力端子を備えているため、別でサブウーファーを用意して増設すれば、重低音の効いたサウンドが楽しめます。

小さめの音量でもハッキリ聴こえるように、スピーカーユニットが上向きに設置されているのもポイント。さらに、ヘッドホンジャックを搭載しているので、夜中にテレビを観たいときでも安心です。

タオトロニクス(TaoTronics) サウンドバー TT-SK027

最大出力14Wのコンパクトなボディ一体型サウンドバー。パソコンとの接続や設置スペースに困っている場合におすすめのモデルです。小型モデルながら「デュアルパッシブラジエーター構造」により、豊かな低音を再生できるのが特徴。音楽や映画コンテンツを楽しむほか、ゲーム用としても適しています。

Bluetooth接続対応で、スマホやタブレット内の音楽をワイヤレスで再生可能。マイクを内蔵しており、通話できるのも便利です。

FunLogy サウンドバー FUN SOUND 2

左右スピーカーに加えて、2基のサブウーファーを搭載した2.2chのボディ一体型サウンドバーです。クリアでパワフルなサウンドが特徴。幅約103cmのロングボディによりスピーカー同士の距離が長く、きれいに分離された自然で立体的なサウンドを楽しめます。

再生時間や接続モードを一目で確認できるLEDパネルディスプレイを搭載。壁掛けフックで好みに位置に設置できるのも便利な1台です。

クリエイティブ・メディア(Creative) サウンドバー SP-STGEA-BKA

ケーブルによる接続のほか、Bluetooth接続にも対応しており、テレビはもちろんスマホやタブレットとも繋げられるサウンドバー。約4.1×7×7.8cmと比較的コンパクトなサイズなので、小型テレビの下に置いても邪魔になりにくく快適に使えます。

最大出力20Wのパワフルなサウンドを鳴らせるのもポイント。また、USBケーブルで充電すれば、最大約6時間再生できるポータブルスピーカーとしても使用できます。さまざまなシーンで活躍するおすすめの1台です。

サウンドバーのAmazonランキングをチェック

サウンドバーのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。