テレビで映画やドラマなどを楽しむ場合、画質はもちろん、音質も重要なポイント。テレビの音質を向上させるためのアイテムはさまざまですが、オーディオ初心者でも気軽に使えるのが「サウンドバー」です。

そこで今回は、サウンドバーのおすすめをご紹介。バーチャルサラウンドに対応していたり、Bluetooth接続ができたりと、モデルによって搭載されている機能が異なるので、用途に合う1台を見つけてみてください。

サウンドバーとは?

By: amazon.co.jp

サウンドバーとは、スリムな棒状のアンプ内蔵スピーカーのことです。薄型テレビのサウンド面を補強するのが主な目的で、シアターバーとも呼ばれます。

テレビの前面に置くだけで立体的な音響を楽しめる「バーチャルサラウンド機能」に対応しているモデルも存在。また、Bluetoothなどワイヤレス接続が可能なモノであれば、スマホやタブレットと接続して音楽を楽しめます。

サウンドバーとホームシアターシステムの違い

By: amazon.co.jp

ホームシアターシステムは、立体的な音響を実現するためにスピーカーを複数設置する必要があります。一方でサウンドバーは、基本的に単体で音を鳴らせるのが特徴です。

サウンドバーのなかには、単体ではなくサブウーファーが付いているモデルも存在します。複数のスピーカーを置くホームシアターシステムと比べてスペースをあまり取らないので、設置しやすいのが魅力。自宅の音響を気軽に向上させたい場合は、サウンドバーがおすすめです。

サウンドバーの選び方

タイプをチェック

スマートで設置しやすい「ワンボディ型」

By: sanwa.co.jp

ワンボディ型とは、1台のサウンドバーのみで構成されているタイプ。比較的価格が安いので導入コストを抑えたい方におすすめです。2ユニット型と比べると重低音は劣りますが、マンションやアパートなどのように音をあまり響かせたくない場合は、ワンボディ型を中心に探してみてください。

サブウーファーがセットになった「2ユニット型」

By: amazon.co.jp

2ユニット型とは、低音専用スピーカーのサブウーファーがセットになったタイプです。重低音をしっかりと再生できるので、ワンボディ型と比べて、臨場感を得やすいのが特徴。映画やスポーツ、ゲームなどを大迫力で楽しみたい方におすすめです。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

サウンドバーは、テレビ台の上に設置するのが一般的。サイズが大きすぎると台から出てしまう恐れがあるので注意しておきましょう。

また、サウンドバーの高さも要チェック。スタンド部分が低いテレビの場合、画面と重なってしまうことがあります。さらに、サブウーファーがセットになっている2ユニット型の場合は、サブウーファーのサイズもあわせてチェックしておきましょう。

接続方式で選ぶ

サウンドバーの代表的な接続方式はHDMIケーブル接続で、高音質なデジタル音声出力に対応しているのが大きなメリット。また、テレビとサウンドバーの両方が「ARC規格」に対応していれば、HDMIケーブル1本で接続できます。

さらに、Bluetooth接続対応のサウンドバーは、スマホやタブレットのようなモバイルデバイスと接続する場合に便利。所有しているオーディオ機器の接続方式を確認してから、購入するサウンドバーを選択してみてください。

音質やサラウンドシステムで選ぶ

サウンドバーを選ぶときは、音質も大切。CD音源よりも音の情報量が多い「ハイレゾ音源」に対応したモデルなら、優れた音質でテレビが楽しめます。ライブ映像など、音にこだわったコンテンツを視聴するときにもおすすめです。

また、立体感や臨場感のあるサウンドを楽しみたい場合は、仮想的にサラウンドサウンドを再現できる「バーチャルサラウンド」に対応しているかどうかもチェックしましょう。スピーカーの数を増やさなくても、音に包まれているような体験を味わえるため、映画やドラマなどの世界に没入できます。

機能で選ぶ

無線LAN接続に対応しているモノであれば、PCやスマホ内の音楽を優れた音質で再生することが可能。テレビ用のサウンドバーとしてはもちろん、PCやスマホ用の高音質スピーカーとしても活用できます。

サウンドバーのHDMI端子についても、4K/60pやHDR、HDCP2.2対応など、どこまでの4K規格にパススルー対応しているか要チェック。サウンドバーのモデルによっては、プレーヤーやテレビの性能を活かせない場合があるので注意が必要です。

サウンドバーのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

国内大手の電子機器・電機メーカーとして知られるソニー。オーディオ機器でも屈指の技術力を持っており、長年培ってきた技術とノウハウを活かした高品質な製品を発売しています。

サウンドバーにおいても、オーディオ機器用に開発した独自技術を活用。ワイヤレス接続でも高音質を楽しみたい方は要チェックのメーカーです。

ヤマハ(YAMAHA)

By: amazon.co.jp

ヤマハは、古くからオーディオ機器の開発に取り組んできたメーカーです。世界の名ホールや劇場の音場データを集めて作り上げた立体音場再生プログラム「シネマDSP」や、コンパクトサイズでも迫力のある低音を響かせる「A-YST ll方式」など、長年にわたって独自技術を開発してきました。クオリティの高い立体音響を体感したい方におすすめのメーカーです。

ボーズ(Bose)

By: bose.co.jp

ボーズは公共施設や高級自動車など、さまざまなところで製品が導入されている有名オーディオメーカー。高音質なサウンドを再現する特許技術と音質チューニング力を有していることが強みです。

ボーズのサウンドバーはコンパクトなモデルが多いものの、音の厚みや広がりは良好。音を出すと存在感を十分に感じられます。

ジェイビーエル(JBL)

By: amazon.co.jp

アメリカの老舗ブランドあるJBLは、劇場や映画館で使われる業務用スピーカーの高いシェアを誇る世界的なスピーカーメーカーです。家庭用オーディオにおいても高品質な製品をラインナップしています。

長年にわたってエンターテイメント分野に貢献してきたメーカーだけあって、ノウハウや技術力は業界でもトップレベル。大音量や迫力重視のサウンドバーを探している方におすすめのメーカーです。

サウンドバーのおすすめ|高音質モデル

ソニー(SONY) サウンドバー HT-A7000

ソニー独自の立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping」に対応しているサウンドバーです。天井までの距離を自動で計測し、空間を把握するのが特徴。設置場所に適した音場を創り出します。

イネーブルドスピーカー・ビームトゥイーター・バーチャルサラウンド技術の3つを組み合わせることで、没入感のある音を実現。包み込まれるようなサウンドを体感できます。

Bluetooth機能付きで、スマートフォンやPCに収録した音楽を再生できるのもポイント。加えて、ワイヤレスでもハイレゾ相当の音質が楽しめるLDACに対応しています。自宅にいながら映画館の音を楽しみたい方におすすめのアイテムです。

ボーズ(Bose) Smart Soundbar 900

ドルビーラボラトリーズが開発したサラウンド記録再生方式「Dolby Atmos」に対応しているサウンドバーです。立体的かつ臨場感のあるサウンドが楽しめます。加えて、独自の「TrueSpaceテクノロジー」内蔵で、セリフが聞き取りやすいのも特徴です。

キャビネットには9つスピーカーを搭載。ボーズ独自の「PhaseGuideテクノロジー」との組み合わせで広域なエリアをカバーしており、さまざまな方向から音に包み込まれているような感覚が得られます。

Amazon AlexaとGoogleアシスタントを備えているため、話しかけるだけでコントロールできるのもポイント。音楽に没入でき、機能性にも優れているおすすめのアイテムです。

ジェイビーエル(JBL) Bar 5.0 MultiBeam

JBL独自の「MultiBeamテクノロジー」を搭載しているサウンドバーです。サラウンドサウンドコンポーネントを部屋の壁に向けて放射し、反射させているのが特徴。音に包まれているような感覚が得られます。

ボディには4基のパッシブラジエーターを搭載。別途サブウーファーを用意する必要がなく、力強くキレのある重低音が楽しめます。映画やスポーツ中継、ゲームなどでの使用におすすめです。

eARCテレビとHDMIケーブル1本で接続できるため、有線による煩わしさが少ないのもポイント。複雑な設定も不要です。また、Bluetoothに対応しているので、スマートフォンに収録した音楽も再生できます。

デノン(DENON) サウンドバー DHT-S217

立体音響技術の「Dolby Atmos」に対応しているサウンドバーです。奥行きと臨場感のあるサウンドが楽しめます。加えて、ロスレスオーディオフォーマットの「Dolby TrueHD」にも対応。没入感のある音も楽しめます。

エンクロージャーの底面に75mmのサブウーファーを2基内蔵。豊かな低音の再生を実現しています。また、HDR対応のHDMI端子付きで4Kテレビに接続できるほか、Bluetooth対応で、スマートフォンの音楽をワイヤレスで再生できるのも魅力です。

付属の壁掛け用テンプレートとスペーサーを使えば、壁に掛けられるのもポイント。テレビやインテリアの邪魔にならない場所へ設置できます。高音質で利便性に優れたサウンドバーを探している方におすすめのアイテムです。

バウワースアンドウィルキンス(Bowers & Wilkins) サウンドバー Panorama3

2つのサブウーファーを含む、13個のドライバーを搭載したサウンドバーです。それぞれが独立しており、適した位置に配置されているのが特徴。計400Wのパワーアンプで駆動しているため、力強く没入感のあるサウンドが楽しめます。

立体音響技術の「Dolby Atmos」に対応しているのもポイント。立体感があり、包み込まれるようなサラウンドサウンドも楽しめます。また、Amazon Alexaに対応しており、声だけで操作できるおすすめのアイテムです。

サウンドバーのおすすめ|大型モデル

ソニー(SONY) サウンドバー HT-G700

立体音響を表現する技術「Vertical Surround Engine」を搭載しているサウンドバーです。前後左右方向へのサラウンドを表現する「S-Force PROフロントサラウンド」も備わっています。臨場感のあるサウンドを楽しめるのが魅力です。

本機のボディ中央にはセンタースピーカーを内蔵。セリフが聞き取りやすいので、映画やドラマを鑑賞するのにおすすめです。さらに、低音の再生に長けたサブウーファーが付属した2ユニット型で、ゲームを楽しむのにも適しています。

本機のボディ正面には音量やサウンドモードなどの動作状況を表示する「OLEDディスプレイ」を搭載。動作状態を一目で確認できます。加えて、Bluetoothに対応しているため、スマートフォン内のコンテンツを再生できるのもポイントです。

ソニー(SONY) サウンドバー HT-S400

ソニー独自のデジタル音場処理技術「S-Force PROフロントサラウンド」を搭載しているサウンドバーです。前方のスピーカーだけで、仮想サラウンド音場を再現しているのが特徴。臨場感のあるサウンドが楽しめます。

新形状の振動板を採用した「X-Balanced Speaker Unit」を内蔵しているのもポイント。特殊なパターンの溝「セパレーテッドノッチエッジ」を施したコーンも備わっており、歪みが少なく、クリアで高音質なサウンドを実現しています。

サブウーファー付きの2ユニット型で、ゲームを楽しむのにもおすすめ。また、本体正面にはディスプレイを搭載しているので、本機の状態を一目で確認できます。また、Bluetooth付きのため、対応のテレビやスマートフォンとワイヤレスで接続可能です。

ヤマハ(YAMAHA) サウンドバー YAS-209

バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応しているサウンドバーです。前方・左右・後方・上方から音が広がり、音に包まれているような感覚が得られます。映像と音声との一体感を向上させているため、作品に没入できるのも魅力です。

付属品にサブウーファーがある2ユニット型。しっかりとした重低音も再生できるので、映画やスポーツ中継を楽しむのにおすすめです。また、本機とサブウーファーはワイヤレス接続でき、インテリアを邪魔せずに設置できます。

Bluetoothに対応しており、スマートフォンに収録した音楽を再生できるのもポイント。Spotifyなどのストリーミングサービスにも対応しています。加えて、Amazon Alexaを内蔵しているため、話しかけるだけで操作できるのも特徴です。

ジェイビーエル(JBL) Cinema SB190

「olby Atmosデコーダー」と、「バーチャルDolby Atmos」を搭載しているサウンドバーです。380Wの高出力も備わっており、パワフルかつクリアなサウンドが楽しめます。加えて、深みのある低音を再生するサブウーファーを付属しているのも特徴です。

HDMI eARC搭載のテレビとHDMIケーブル1本で接続でき、有線による煩わしさが少ないのもポイント。加えて、ブルーレイプレーヤーや家庭用ゲーム機などの外部機器とも接続できます。機能性と利便性を兼ね備えた、おすすめのアイテムです。

デノン(DENON) サウンドバー DHT-S517

ボディフロントの左右に25mmのツイーターと120×40mmの楕円形ミッドレンジ・ドライバーを搭載しているサウンドバーです。セリフの再現性を高めるスピーカーや、バーチャルサラウンド技術も備わっています。

ARC・eARC対応のテレビとHDMIケーブル1本で接続できるのもポイント。加えて、Bluetoothにも対応しているため、スマートフォンやPCとワイヤレスに接続できます。機能性に優れたおすすめのアイテムです。

サウンドバーのおすすめ|コンパクトモデル

ソニー(SONY) サウンドバー HT-X8500

デュアルサブウーファーを内蔵しており、迫力のあるサウンドが楽しめるサウンドバーです。ユニットを2つにし、ボディ前面に配置することで、力強い低音とコンパクトなデザインを両立しています。

ソニー独自の技術「Vertical Surround Engine」と「S-Force Pro Front Surround」を搭載。臨場感あふれるサラウンドサウンドを実現しています。加えて、音の位置情報や移動情報をプラスした「ドルビーアトモス」や「DTS:X」を採用しているのも特徴です。

Bluetoothに対応しており、スマートフォンやPCなどに収録した音楽がワイヤレスで楽しめるのもポイント。より原音に忠実で、迫力のある音を楽しみたい方におすすめのアイテムです。

ソニー(SONY) サウンドバー HT-S200F

コンパクトで置き場所に困りにくいサウンドバーです。本体サイズは幅580×奥行95×高さ64mm。テレビの画面と重なってしまうこともありません。加えて、コンパクトなボディにサブウーファーを内蔵しているのも特徴です。

小型ながらも、力強い低音やサラウンドサウンド、クリアな音質を実現しているのもポイント。さらに、Bluetooth機能付きで、ワイヤレスでも楽しめます。ドラマや映画を楽しんだり音楽を鑑賞したりと、さまざまな用途におすすめのアイテムです。

ヤマハ(YAMAHA) サウンドバー SR-C20A

パワフルで豊かな低音が楽しめるサウンドバーです。本体サイズが幅600×奥行94×高さ64mmとコンパクトなボディを採用。また、75mmのサブウーファーユニットとデュアルパッシブラジエーターを内蔵しています。

ヤマハ独自の「クリアボイス機能」付きで、セリフやナレーションが聞き取りやすいのもポイント。ドラマやスポーツ中継を楽しみたい方にもおすすめです。さらに、壁に掛けて使用可能で、置き場所に困らないのも魅力です。

ボーズ(Bose) Smart Soundbar 300

ボーズ独自の「Voice4Videoテクノロジー」を搭載しているサウンドバーです。Amazon Alexaに対応しており、話しかけるだけで操作や設定が行えます。また、接続したテレビの電源を入れたり切ったりできるのも特徴です。

Bluetooth機能付きで、スマートフォンやPCに収録した音楽さ再生できるのも魅力。Spotifyをはじめとしたストリーミングサービスにも対応しています。加えて、無料のBose Musicアプリから音楽配信サービスへの切り替えも可能です。

さらに、695×56×103mmのコンパクトなボディに、4つのフルレンジドライバーやノイズを低減するマイクシステムなども搭載されています。

ボーズ(Bose) TV Speaker

テレビの前にスッキリと設置できるサウンドバーです。本体サイズは幅594×奥行102×高さ56mmとコンパクト。小型の筐体に2つのフルレンジドライバーやツイーターを搭載しています。

また、ダイヤログモードをオンにすることで、セリフやナレーションなどが聞き取りやすくなります。映画やニュースを見るのにもおすすめです。

専用のリモコンが付属しており、「BASS」ボタンを押すことで低音を強くできるのもポイント。さらに、Bluetooth機能付きで、スマートフォンとワイヤレスに接続できます。別売りの「Bose Soundbar Wall Bracket」を使用すれば、壁に取り付けることも可能です。

サウンドバーのおすすめ|低価格モデル

ソニー(SONY) サウンドバー HT-S100F

前方のスピーカーのみで、仮想的にサラウンド音場を再現するサウンドバー。壁からの反射音を使わないため、部屋の形状の影響を受けにくく、臨場感のあるサラウンドを実現します。

2ウェイスピーカーシステムを内蔵しており、人の声がクリアに聞こえやすいのも特徴。また、バスレフレックス構造を採用していることで、スリムながら低音を再生します。さらに、Bluetooth接続に対応しているので、スマホやPCなどに保存した音楽をワイヤレスで楽しめるのも魅力です。

そのほか、小音量時でも、クリアな音質かつサラウンド空間を再現する「ナイトモード」を搭載。深夜などに映画を鑑賞したい方におすすめです。本体サイズは幅900×奥行88×高さ64mm。比較的スリムな形状なので、手軽に置きやすいのがポイントです。

ヤマハ(YAMAHA) サウンドバー SR-B20A

バーチャル3Dサラウンドと「DTS virtual:X技術」を搭載しているサウンドバーです。前後左右・上方から音に包まれるような感覚が得られます。電源を入れるだけで、手軽に臨場感のある音場を作り出せるのが魅力です。

4つのサウンドモードを搭載しているのも特徴。ゲームや映画など、さまざまなコンテンツを楽しむのにおすすめです。また、テレビの前や壁などに設置でき、置き場所に困らないのもポイント。セットアップも簡単に行えるアイテムです。

アンカー(ANKER) Soundcore Infini A3371

ツイーターとサブウーファーを2つずつ搭載しているサウンドバーです。アンカー独自の「BassUpテクノロジー」も備わっています。深みと迫力のある低音を実現しているため、映画やゲームを楽しむのにおすすめです。

ムービー用・ミュージック用・ダイアログモードと、3つのイコライザーモードを搭載しているのもポイント。また、テレビの前や壁など幅広い場所に設置できます。加えて、Bluetooth機能付きで、スマートフォンに収録されたコンテンツを楽しめるのも魅力です。

ハイセンス(HISENSE) シアターサウンドシステム HS214

ハイセンス独自のバーチャル5.1chサラウンド技術を採用しているサウンドバーです。Movie・Music・Newsと3つのモードを搭載しているのが特徴。セリフやナレーションが聞き取りやすく、幅広いコンテンツを楽しむのにおすすめです。

78mm口径のサブウーファーを内蔵しているため、迫力のある低音が楽しめるのもポイント。また、コンパクトかつスタイリッシュな見た目で、インテリアアイテムとしても活躍します。機能性とデザイン性を兼ね備えたアイテムです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 2.1ch サウンドバースピーカー 400-SP081

3種類のサウンドモードを搭載したサウンドバー。ゲームモード・シネマモード・音楽モードを備えており、用途に合わせて使い分けたい方にもおすすめのモデルです。

前面には4つのフルレンジスピーカー、底面下部には2つのサブウーファーを内蔵しています。迫力のある重低音からクリアな高音域まで再現できるのが魅力。さらに、Bluetooth接続に対応しているため、スマホやタブレットの音楽を高音質で楽しめます。

本体サイズは約幅670×奥行105×高さ82mm。比較的スリムかつコンパクトな設計なので、テレビやデスクトップPCの前にも設置しやすいのがメリットです。

サウンドバーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

サウンドバーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。