テレビで本格的なサウンドを楽しめる「サウンドバー」。テレビの下にスマートに設置でき、手軽に映画やゲームなどを臨場感豊かに楽しめます。

ソニーのサウンドバーは、小型テレビでも使えるモデルから、4Kに対応した大画面テレビで使えるモデルまで幅広くラインナップしているのが特徴です。そこで今回は、ソニーのおすすめサウンドバーをピックアップ。魅力や選び方についても解説するので、参考にしてみてください。

ソニーのサウンドバーの魅力

独自の技術により臨場感豊かなサラウンドサウンドを実現

By: sony.jp

ソニーのサウンドバーには、天井に音を反射させて高さ方向の音を実現するイネーブルドスピーカーを搭載したモデルがラインナップ。加えて、新開発のビームトゥイーターにより、ワイドな横方向の音を実現することで、臨場感あふれるサラウンドサウンドを楽しめます。

また、「S-Force PROフロントサラウンド」と「Vertical Surround Engine」を同時に駆動させており、音の拡がりと密度を高めたサラウンドを再現。映画やゲームなどの世界観にも没入できます。

「X-Balanced Speaker Unit」の搭載でパワフルかつ高音質なサウンドを楽しめる

By: amazon.co.jp

ソニーの最新サウンドバーは、振動板の面積を拡大させた「X-Balanced Speaker Unit」を搭載。音の解像度などを高め、透き通るようなサウンドを楽しめます。

また、パワフルなサウンドも再生できるので、映画などを臨場感豊かに楽しみたい方にもおすすめ。CD以上の情報量を持つ「ハイレゾ音源」に対応したモデルなら、より高音質なサウンドをリスニングできます。

Bluetooth接続でスマホやPCからも音楽を再生できる

ソニーのサウンドバーは、テレビはもちろん、BluetoothでスマホやPCとも接続可能。家事などでテレビ画面を見られないシーンでも、スマホから音楽を再生してスピーカーとして楽しめます。

また、ソニーの販売しているBluetooth搭載テレビとワイヤレスで接続できるのも魅力のひとつ。壁掛けスタイルでテレビを設置している場合でも、配線を気にせずスッキリとサウンドバーを設置できます。

ソニーのサウンドバーの選び方

タイプをチェック

By: amazon.co.jp

ソニーのサウンドバーを選ぶ際は、まずタイプを要チェック。種類としては、ワンボディタイプと2ユニットタイプが存在し、それぞれ特徴が異なるので、事前に確認しておきましょう。

ワンボディタイプは、バースピーカー1本で構成されたサウンドバーのこと。テレビの下などにスマートに設置できるため、一人暮らしなど設置スペースが限られている方にもおすすめです。

一方、2ユニットタイプは、バースピーカーとサブウーファーが別々のサウンドバーのこと。「セパレートタイプ」とも呼ばれており、ワンボディタイプに比べて重低音の再生に優れ、迫力あるサウンドを楽しめるのが特徴です。ただし、バースピーカーに加えて、サブウーファーの設置スペースを確保する必要がある点は留意しておきましょう。

音質をチェック

By: sony.jp

サウンドバーはテレビの音を拡張するためのアイテムのため、音質も重要なポイント。とにかく音質にこだわりたい方は、CD以上の情報量を持つ高音質音源「ハイレゾ」に対応しているモデルがおすすめです。アーティストの息づかいなど繊細な音までしっかり再現できます。

また、Bluetoothで接続する場合は、対応コーデックも要チェック。対応コーデックは、Bluetooth接続において音声データを圧縮する方式のことで、遅延や音質に大きく関わります。

高音質・低遅延を実現したい方は、AACまたはaptXに対応したモデルがおすすめ。なかには、ハイレゾ相当の音質を楽しめる「LDAC」というコーデックに対応したモデルもあるので、気になる方はチェックしてみてください。

サラウンドシステムをチェック

By: amazon.co.jp

サウンドバーを選ぶ際は、サラウンドシステムも要チェック。サラウンドシステムは、立体的なサウンドを実現し、音に包まれるような体験を楽しめます。特に、映画やゲームなどを大迫力で楽しみたい方におすすめ。ソニーのサウンドバーは、「S-Force PROフロントサラウンド」や「Vertical Surround Engine」などのバーチャルサラウンド技術を組み合わせたモノをラインナップしています。

また、立体音響技術である「Dolby Atmos」や「DTS:X」に対応しているかもチェック。なかには、全方向から音が降り注ぐかのような音場を実現できる「360 Realty Audio」に対応したモデルもあるので、検討してみてください。

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

サウンドバーを選ぶ際は、サイズも要チェック。サウンドバーは基本的にテレビの下のスペースに設置するため、サイズが合わないとテレビ画面にかぶってしまうなどのケースもあります。

まずは、持っているテレビの画面サイズに合った高さのサウンドバーを選ぶことが重要。また、2ユニットタイプを選ぶ場合は、サブウーファーを設置するスペースが必要になるので、サブウーファーのサイズも事前にチェックしてみてください。

機能をチェック

By: amazon.co.jp

ソニーのサウンドバーにはさまざまな便利機能が搭載されています。そのため、選ぶ際は使用用途に適した機能が搭載されているかどうかを事前にチェックしておきましょう。

例えば「サウンドモード」は、シネマ・ミュージック・スタンダードなど、さまざまなジャンルに合ったサウンドを実現でき、コンテンツをより楽しめる機能。「ナイトモード」を備えたモデルなら、小さい音量でも明瞭なサウンドを楽しめるので、夜中に映画などを楽しみたい方におすすめです。

また、4K・8Kテレビを使用している方は、「8K HDR/4K 120 パススルー」に対応しているかも要チェック。「OLEDディスプレイ」を搭載したモデルなら、動作状況を視認しやすいので便利です。

ソニーのサウンドバーのおすすめ

ソニー(SONY) サウンドバー HT-A7000

7.1.2chのサラウンドシステムを1本のバースピーカーに備えた、ワンボディタイプのサウンドバーです。高さ方向のサウンドを実現するイネーブルドスピーカーと横方向の音を表現するビームトゥイーターを搭載しているのが特徴。高音質かつパワフルなサウンドを楽しめる「X-Balanced Speaker Unit」も備えているのも魅力です。

また、「8K HDR/4K 120 パススルー」を搭載しているので、4K・8Kテレビでもパフォーマンスを発揮できます。全方向から音が降り注ぐような音場を体感できる「360 Realty Audio」に対応しているのもポイント。CD以上の情報量を持つハイレゾ音源の再生にも対応しているため、とにかく音質にこだわりたい方にもおすすめです。

ソニー(SONY) サウンドバー HT-X8500

奥行き96mmと非常にスリムなデザインが魅力のサウンドバーです。テレビ台の限られたスペースにもスッキリ設置できるのが特徴。本体の中央にデュアルサブウーファーを搭載したワンボディタイプで、1本で迫力あるサウンドを楽しめます。

また、ソニーの独自技術「Vertical Surround Engine」と「S-Force PROフロントサラウンド」により、サラウンドサウンドを実現しているのも魅力のひとつ。Dolby AtmosとDTS:Xにも対応しているので、さまざまなコンテンツを臨場感あふれるサウンドで視聴できます。

Bluetoothを使えば、スマホやPCなどさまざまなデバイスを接続してスピーカーとしても活躍するのもポイント。幅広い使い方ができるサウンドバーを探している方におすすめです。

ソニー(SONY) サウンドバー HT-G700

深夜など小さい音量で使う際でも明瞭なサウンドを楽しめる、「ナイトモード」を搭載したサウンドバーです。バースピーカーの中央にセンタースピーカーを搭載しており、セリフや歌声など人の声が聞き取りやすいのが特徴。また、ワイヤレスで接続できるサブウーファーを同梱した2ユニットタイプで、迫力ある重低音を楽しめます。

臨場感あふれるサラウンドサウンドを体験できるのも魅力のひとつ。Dolby AtmosとDTS:Xにも対応しています。また、Bluetooth接続が可能で、テレビ以外にスマホやPCなどで楽しめるのもポイント。家事でテレビ画面を見られないシーンでもスピーカーとして活用できます。

本体正面には「OLEDディスプレイ」を搭載しており、動作状況を確認しやすい仕様。しっかり低音も楽しみたい方にもおすすめのサウンドバーです。

ソニー(SONY) サウンドバー HT-Z9F

ワイヤレスサブウーファーを同梱した2ユニットタイプのサウンドバー。ソニーのテレビ「ブラビア(BRAVIA)」とマッチするシンプルかつスタイリッシュなデザインのため、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

「Vertical Surround Engine」を搭載しており、フロントスピーカーだけで高さ方向の音まで表現でき、サラウンドサウンドを実現できるのも魅力。Bluetooth接続にも対応しているので、スマホやPCも接続して音楽を楽しめます。

ワイヤレスながらハイレゾ相当の高音質を楽しめる「LDAC」コーデックに対応しているのもポイント。音質にこだわりたい方はもちろん、デザイン性を重視したい方もチェックしてみてください。

ソニー(SONY) サウンドバー HT-S200F

小さめのテレビにもおすすめのコンパクトなサウンドバーです。ワンボディタイプのため、設置スペースをとらないのが特徴。テレビとはHDMIケーブル1本で簡単に接続できます。

また、壁掛け時に適したサウンドを実現できる「壁掛けモード」を備えているので、壁掛けスタイルでテレビを設置している方にもおすすめ。Bluetooth接続にも対応しているため、スマホやPCから音楽を再生できます。

比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視している方にもおすすめです。

ソニー(SONY) サウンドバー HT-S350

比較的リーズナブルに購入できるコスパに優れた2ユニットタイプのサウンドバーです。HDMIケーブル1本で接続できるのが特徴。迫力あるサウンドを楽しめるサブウーファーを同梱しています。

原音に忠実なサウンドを再生できるデジタルアンプ「S-Master」を搭載しているのも魅力のひとつ。前方のスピーカーだけで仮想的にサラウンドを実現する「S-Force PROフロントサラウンド」を搭載しているのもおすすめポイントです。

また、スタイリッシュなデザインのため、見た目にこだわりたい方もチェックしてみてください。