たくさんの本を持ち歩く必要がなく、好きなだけ読書が楽しめる「Kindle」。日頃使用しているスマートフォンやタブレット端末でも電子書籍を読めるため、購入するか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、Kindleの特徴や選び方について解説します。販売されている最新のラインナップもご紹介するので、Kindleの購入を検討している方は参考にしてみてください。

Kindleとは?

By: amazon.co.jp

「Kindle(キンドル)」とは、Amazonが展開する電子書籍や電子書籍リーダー、そして関連アプリなども含めたサービス全般の総称です。電子書籍リーダーである「Kindle端末」は、2007年にアメリカで販売を開始しました。

Amazonが提供する電子書籍は「Kindle本」と呼ばれ、専用のソフトウェアやアプリの使用により、スマートフォンやパソコンでの閲覧も可能。一度購入したKindle本のコンテンツはクラウド上に保存されるため、本を紛失してしまう危険もなく、読みかけの本を別の端末から見ることもできて便利です。

なお、Kindle端末の最新ラインナップは「Kindle」「Kindle Paperwhite」「Kindle Oasis」「Kindle キッズモデル」の4機種で、使い方に応じて選択できます。

Kindle端末の特徴

見やすく目が疲れにくい

Kindle端末には、通常の液晶とは異なる「E-Ink(電子インク)」と呼ばれるディスプレイが搭載されています。E-inkは「反射式ディスプレイ」とも呼ばれており、日光の下でも日差しの影響を受けることなく、紙の本のように読むことが可能です。

スマートフォンやタブレット端末のようなバックライトではなく、目に優しいフロントライトを使用しているのがポイント。強い光やブルーライトが生じないため、目に優しく長時間の読書でも疲れにくいのが魅力です。

最新のラインナップでは、一番安い価格のKindleにもフロントライトが搭載され、室内など暗い場所での見やすさが改善されています。屋外でも室内でも、好きな場所で読書を楽しみたい方におすすめの電子書籍リーダーです。

バッテリーが長持ち

スマートフォンやタブレット端末のように、頻繁に充電する必要がないのも本シリーズの魅力です。搭載されている「E-Inkディスプレイ」は、同じ画面を表示している間は電力をほとんど消費しません。ページをめくる画面切り替えのときだけ電気を使うため、省電力性に優れているのが特徴です。

そのため、一度の充電で数週間程度使用でき、紙の書籍と同じような感覚で扱えるメリットがあります。普段はカバンの中へ入れっぱなしにしておいて、時間が空いたときにさっと取り出して読むといった使い方がしたい方にもおすすめです。

読書に没頭できる

Kindle端末は読書を楽しむために必要な機能だけを搭載した専用機です。スマートフォンやタブレット端末のように、メールやメッセージの着信に邪魔されることなく読書に没頭できます。気軽に読書を楽しみたい方にはうってつけの製品です。

軽くて持ち運びが楽

By: amazon.co.jp

Kindle端末の重量は174〜191gと軽量です。シリーズのなかで最も重いモデルでも300g以下で、持ち運びも楽に行えます。

また、一般的な書籍データであれば、数千冊分を本端末内に保存可能。単行本1冊の重さが150〜200g程度であることを考えると、紙の書籍とほぼ変わらない本体に膨大な数の本を詰め込んで持ち歩けるのも魅力です。

リーズナブルな価格

スマートフォンやタブレット端末と比較して、価格が安いのもKindle端末の魅力です。一番安い「広告つき」のモデルを選択すれば、9,000円を切る価格で購入可能。気軽に電子書籍を使いたい方も、ぜひチェックしてみてください。

電子書籍リーダーならではの便利な機能

気になった箇所にマーカーを引く感覚で「ハイライト」が付けられます。紙の本のように、ページの汚れや傷みを気にしなくてよいのがメリットです。また、文字サイズの切り替えができるのもポイント。自分が見やすい大きさを選べるため、スムーズに読書ができます。

本体に辞書機能を内蔵しており、読んでいるなかでわからない単語が出てきても、その場で調べることが可能。スマートフォンや辞書を使う必要がないので便利です。

また、本体に搭載されている「メモ機能」は、本を読んだ感想や思いついたアイデアなどを記録しておき、後で確認するといった使い方ができます。ページへの書き込みをよくする方におすすめの機能です。

Kindle端末のデメリット

カラー表示できない

By: amazon.co.jp

Kindle端末の液晶画面は白黒表示であり、カラー表示には対応していません。小説やコラムなどの活字だけを読む方には白黒表示でも問題はありませんが、ファッション雑誌や料理雑誌など、カラーで表示しないと内容が分かりにくいモノを読みたい方には不向きなので留意しておきましょう。

読めるのはKindleストアで購入した書籍のみ

By: amazon.co.jp

Kindle端末で読めるのは、Kindleストアで購入した電子書籍のみです。他社サイトから購入した電子書籍とKindleストアで購入した電子書籍を、Kindle端末でひとまとめにして読めないのもデメリットのひとつとして挙げられます。

せっかく購入した電子書籍を無駄にしないためにも、この点をしっかりと理解しておきましょう。

本体容量の追加ができない

By: amazon.co.jp

Kindle端末はiPhoneやiPadと同様に、後から本体容量の追加ができない機器です。ダウンロードした書籍が増えて容量が足りなくなっても、microSDカードや外付けHDDなどで増設できません。Kindle端末には容量の異なるモデルがいくつか揃っているため、購入時に後々のことをよく考えて自分に合うモノを選ぶようにしましょう。

Kindle端末の選び方

容量で選ぶ

Kindle本を保存しておけるストレージ容量はモデルにより異なります。Kindleは「8GB」のみの仕様で、Kindle PaperwhiteとKindle Oasisは「8GB」と「32GB」のどちらかから選択可能。一般的な書籍であれば、8GBに数千冊を保存できるため、「Kindle」でも十分です。

マンガなど容量の大きな書籍を読むことが多い方には、ストレージ容量の大きい「Kindle Paperwhite」や「Kindle Oasis」がおすすめ。マンガの場合、8GBで約130冊、32GBなら約650冊を保存できます。

また、使用している端末のストレージ容量がいっぱいになっても、「Kindleストア」で購入した書籍はAmazonアカウントと紐づいたままクラウド上に残るため安心。本体から削除しても必要なときに再ダウンロードが可能です。ストレージ容量が不足したら、読み終わった書籍データを削除するなどして対処するようにしましょう。

広告の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

各Kindle端末にはそれぞれ「広告つき」と「広告なし」モデルがあり、どちらかを選択できます。「広告つき」モデルはスリープ解除時にキャンペーン情報が表示される代わりに、同機種の「広告なし」モデルと比較して2,000円程度安くなるのが魅力です。

そのため、少しでも安い価格で手に入れたい方には「広告つき」モデルがおすすめ。なお、広告の有無は購入後に変更できないため注意が必要です。

接続方法で選ぶ

本端末への書籍ダウンロードは「Wi-Fi」もしくは「4G回線」で、インターネットへ接続して行います。「Kindle」は「Wi-Fi」接続のみの仕様となりますが、「Kindle Paterwhite」と「Kindle Oasis」はWi-Fi+4Gモデルを選択することも可能です。

また、「4G」の回線利用料金はAmazonが負担しているため、追加の料金や面倒な契約手続きも不要。本体価格は高くなりますが、Wi-Fi環境のない外出先でも気兼ねなく書籍をダウンロードできます。

一方、Wi-Fi環境のある場所でしかダウンロードをしない方であれば、価格の安い「Wi-Fi」モデルを選ぶのがおすすめです。

画面の大きさや解像度で選ぶ

By: amazon.co.jp

画面サイズや解像度もモデルによって異なります。画面サイズは6インチと7インチ、解像度は167ppiと300ppiの2種類です。画面が大きい方が見やすいのはもちろんですが、解像度が高いと小さな文字でも潰れずに読めるといったメリットがあります。

一般の書籍であればあまり影響はありませんが、マンガなどの文字が小さな本をよく読む方には、解像度が高く画面の大きなモデルがおすすめです。

Kindle端末の種類

アマゾン(Amazon) Kindle

コスパ良好。明るさの調節で、目が疲れにくい

Kindle端末のラインナップで最も安い製品。「広告つき」モデルで、リーズナブルな価格で購入できるのが特徴です。安価ですが、「明るさ調整機能」を備えたフロントライトをディスプレイに採用しているため目に優しく、長時間の読書も快適に行えます。

選べる本体カラーはブラックとホワイトの2種類。用意されているストレージ容量は8GBの1種類ですが、文字が中心の書籍なら数千冊分を1台に保存できます。

本体サイズは縦16×横11.3×厚さ0.87cm、重量が約174gとKindle端末で最軽量のコンパクト設計。片手でも持ちやすく、長時間の読書でも腕に負担がかかりにくいのも魅力です。

フル充電の状態で数週間使用できる大容量バッテリーを備えているため、毎日の通勤通学や、旅行などにKindleを持ち運びたい方はチェックしてみてください。

アマゾン(Amazon) Kindle Paperwhite

スリムでコンパクト。高画質で、写真もきれい

専用端末で電子書籍を読むことに慣れている方におすすめのKindle。「Wi-Fiモデル」もしくは「Wifi+4G回線モデル」の2種類から選ぶことが可能。4G回線はAmazonが回線料金を負担するので、追加の手続きや料金は不要です。

本体サイズは縦16.7×横11.6×厚さ0.818cmで、本体重量は「Wi-fiモデル」が約182g、「Wifi+4G回線モデル」が約191g。解像度が300ppiの6インチディスプレイを採用しており、雑誌などの写真もきれいに再現できます。Kindle端末のラインナップのなかでもコストパフォーマンスに優れたおすすめの製品です。

アマゾン(Amazon) Kindle Oasis

読みやすい機能を搭載。さらに防水機能も

Kindle端末のラインナップで最も高性能な上位モデルです。本製品の一番のメリットは、ページ送りボタンが搭載されている点。Kindleを片手で持ちながらページをラクに進められるので読書がはかどります。

7インチの広いディスプレイにはフロントライトを25個搭載し、周囲の明るさを自動で感知して見やすく調節。解像度は300ppiなので文字が読みやすく、マンガの絵もきれいに再現できます。さらに、IPX8等級の防水機能も備えているため、屋外で使用している際に万が一濡れても安心です。

本体サイズは縦15.9×横14.1×厚さ0.84cmで、重量は約188g。ストレージ容量は8GBと32GBの2種類から選べます。大容量ストレージタイプのKindleは、ファイルサイズが大きいマンガを多く保存して読みたい方におすすめです。

アマゾン(Amazon) Kindle キッズモデル

子供の読書にぴったりな書籍が1年間読み放題

Kindle端末のラインナップのなかで、子供向けに用意されたモデル。本製品はゲームやネット動画がないので、読書に集中できるのがメリットです。

追加料金なしで1000冊以上の子ども向け書籍を1年間読み放題なのも特徴のひとつ。児童書の名作や伝記、歴史マンガなども用意されており、子供の好奇心を刺激できます。

キッズカバーを含む本体サイズは縦16.2×横11.9×厚さ1.4cmで、重量は約288g。本体カラーはブラックの1色ですが、キッズカバーがブルー・ピンク・スペースステーション・レインボーバードの4種類から選べます。子供に読書の習慣を付けたい方におすすめのKindleです。