いつでもどこでも読書を気軽に楽しみたい方に人気の「Kindle」。購入したいと思っていても、5種類もある端末の中から自分に最適な1台を選ぶには、なかなか判断がつかないもの。

そこで今回は、Kindle端末の魅力とおすすめモデルをご紹介。さらに、その他のタブレット端末と比較したので購入を検討している方はぜひチェックしてください。

Kindle

Kindle(Newモデル) Wi-Fi キャンペーン情報つきモデル

商品価格 ¥ 8,980

「できるだけ安く買いたい方」におすすめ

「Kindle」は、Kindle月替わりセールなどのキャンペーン情報が表示される「キャンペーン情報つきモデル」で8980円。プライム会員であれば、実質4980円のリーズナブルな価格が最大の特長です。

バックライトがないため暗い場所では読みづらいことと、解像度が167ppiなのでマンガや絵の表示が粗くなってしまう点には注意が必要ですが、なるべく安くKindle端末を手に入れたい方におすすめ。特に小説やビジネス書など、テキストベースの本を読むことが多い方には十分です。カラーは、ブラックとホワイトの2色です。

Kindle Paperwhite

Kindle Paperwhite Wi-Fi キャンペーン情報つきモデル

商品価格 ¥ 14,280

「価格と性能のバランスのよさで選びたい方」におすすめ

「Kindle Paperwhite」は、価格と性能のバランスのよさからKindle端末の中で一番人気のモデル。バックライトLEDを4個搭載し、暗い場所でも快適に読書ができます。解像度が「Kindle Voyage」や「Kindle Oasis」などの上位モデルと同じ300ppiで、文字が鮮明に表示されます。

Kindleシリーズのベーシックモデルに位置付けされている本製品は、初めて電子書籍を楽しみたい方におすすめの端末です。キャンペーン情報つきモデル・なしモデルに加え、プラス5000円で3G回線が無料で使用できるモデルもあります。カラーは、ブラックとホワイトの2色をラインナップしています。

Kindle Paperwhite マンガモデル

Kindle Paperwhite マンガモデル 32GB Wi-Fi キャンペーン情報つきモデル

商品価格 ¥ 16,280

「ストレージ容量で選びたい方」におすすめ

人気の「Kindle Paperwhite」の基本性能はそのままに、大容量ストレージを搭載したマンガ特化モデル。「Kindle Paperwhite」の仕様が4GBであるのに対して32GBを備え、マンガなら約700冊、書籍なら数千冊のデータ保存が可能です。

通常モデルとは2000円の価格差がありますが、これで32GBの大容量ストレージが使えるのでコストパフォーマンスは良好です。

外出先でもできるだけ多くのマンガを読みたい方におすすめ。カラーは、ブラックとホワイトの2色です。

Kindle Voyage

Kindle Voyage Wi-Fi キャンペーン情報つきモデル

商品価格 ¥ 23,980

「快適に読書を楽しみたい方」におすすめ

「Kindle Voyage」は、「Kindle」や「Kindle Paperwhite」と異なり、より読書を快適に楽しむための機能を強化したモデル。重量わずか180g、7.6mmの極薄かつ軽量なデザインは、「Paperwhite」よりも1.5mm薄く、重さも12%軽いです。操作も簡単なので、電車での移動時にも片手で読書が楽しめます。

内蔵ランプにLED6個を搭載して明るさもアップ。上位端末「Oasis」にも搭載されていない「Voyage」だけの「明るさの自動調整機能」や、軽く握るとページをめくれるスワイプ操作不要の「ページめくり」機能など、快適な使い心地が魅力のおすすめモデルです。

Kindle Oasis

Kindle Oasis Wi-Fi バッテリー内蔵レザーカバー付属 ウォルナット(スウェード)キャンペーン情報つきモデル

商品価格 ¥ 35,980

「長時間の読書を楽しみたい方」におすすめ

「Kindle Oasis」は、Kindleシリーズのハイエンドモデル。軽量でコンパクトなボディで、長時間の読書でも疲れにくいことが大きな特長です。

内蔵ライトにはLEDを10個搭載し、明るさの均一性が向上。目に優しいフロントライトをはじめ、人間工学に基づいたしっかり握りやすい背面ハンドグリップと、グリップに設置されたページ送りボタンで、操作は快適です。

さらに、付属のバッテリー内蔵カバーを装着することで、数か月間充電なしでも使用可能。とことん読書を楽しみたい方におすすめのモデルです。カラーは、ウォルナット・ブラック・メルローの3色をラインナップしています。

Kindleをお得により快適に楽しむための予備知識

①「Amazonプライムに入会して特典クーポンを利用する」

「Amazonプライム」とは、年会費3900円(税込)で無料の配送特典や映像、音楽、フォトなど特典を追加料金なしで使える、お得な会員制プログラムのこと。Kindleの場合は、購入割引や電子書籍の無料特典が受けられます。

Amazonプライム会員ならKindleの一部のモデルが4000円OFF

Amazonプライム会員がKindle端末を購入する場合、「PRIMEKINDLE」という4000円分の割引クーポンが「Kindle」「Kindle Paperwhite」「Kindle Paperwhiteマンガモデル」の3機種で適応されます。Kindle端末の購入と同時にプライム会員になれば、実質3900円の年会費が無料。ただし、上位モデルの「Voyage」と「Oasis」には適用されません。

Amazonプライム会員なら無料で読書

Amazonプライム会員でKindle端末を持っていると、「Kindleオーナー ライブラリー」が使えます。これは、2万冊以上の和書と60万冊以上の洋書の中から毎月1冊無料で楽しめるサービスです。

②「キャンペーン情報ありモデルなら2000円安く買える」

Kindle端末には、「キャンペーン情報付きモデル」と「キャンペーン情報なしモデル」の2つがあります。キャンペーン情報とは広告のことで、表示させれば本体価格が2000円も割安になります。広告はロック画面に表示されるため、読書中には表示されません。

キャンペーン情報付きモデルは後から非表示に変更できないため、広告表示が嫌いな方はキャンペーン情報なしモデルを選びましょう。

③「3GモデルのKindleは3G回線が無料で使える」

Wi-Fiモデルより5000円アップで3Gモデルにすれば、無料で3G回線が利用可能。ネット環境がない場所でも、本をダウンロードができます。ただし、コミックなど一部大容量のファイルは3G接続でダウンロードできないなど、一部制限があるので注意しましょう。

Kindle Fireとの違い

By: amazon.co.jp

Amazonから発売されているタブレットには「Kindle」と「Kindle Fire」の2つのタイプがあります。

「Kindle」は、電子書籍を読むための専用端末であるに対して、「Kindle Fire」は、iPadやAndroidのように動画や音楽、ゲーム、アプリなどのコンテンツが楽しめるタブレット端末。したがって、ノーマルの「Kindle」ではアプリやYouTubeなどは視聴できません。しかし、その分電子書籍を読むことに特化した機能が詰まっています。

Kindleが他のタブレットより優れているポイント

①「軽くてコンパクト」

By: amazon.co.jp

Kindleシリーズは文庫本を意識した6インチ画面の端末で、「Kindle Fire」や他のタブレットと比べて、ひと回りほど小さいサイズです。重量も最も軽いモデル「Kindle Oasis」では131gしかありません。書籍よりも軽く、気軽に持ち歩ける携帯性の高さが魅力です。

②「バッテリーが長持ち」

By: amazon.co.jp

バッテリーの持ちは、「Kindle Fire」が7〜8時間に対して、Kindleシリーズは電子書籍を読むだけに特化した端末なので、消費電力も少なく1回のフル充電で1週間以上の使用が可能です。

③「電子ペーパーなので長時間の使用でも目が疲れない」

By: amazon.co.jp

Kindle端末は通常のタブレットとは異なり、長時間でも目が疲れない電子ペーパーの技術を使った「e-inkスクリーン」を採用。

通常のタブレットのような光沢のある画面は、長時間文字を読むと目に負担が掛かります。対して、Kindleは光沢のない画面のため、長時間の読書でも目が疲れにくいのがメリットです。

④「屋外でも見やすい画面」

By: amazon.co.jp

Kindle端末に採用されている「e-inkスクリーン」は、バックライトで画像を表示させる液晶パネルとは異なり、紙と同じように反射光を利用して文字を表示させる仕組み。したがって、光の反射による映り込みがとても少なく、屋外でも視認性が高く快適に文字を読むことができるメリットがあります。

Kindleの比較ポイント

By: amazon.co.jp

現在Kindle端末には5つのバリエーションがあり、個性もさまざま。そこで、自分に合ったKindle端末を選ぶ際に押えておきたい3つの比較ポイントをご紹介します。

①「画面の解像度」

Kindleシリーズは、すべてのモデルで6インチサイズの画面を採用しています。そこで比較するポイントは、画面の解像度です。Kindle端末には「167ppi」と「300ppi」の2種類があります。

判断の基準としては、「マンガを読むかどうか」という点と「文字を大きく表示したいかどうか」の2点。解像度が高いほどマンガを美しく表現することができ、画数が多い文字も読みやすくなります。

②「画面の見やすさ」

Kindle端末では、「バックライト」の有無も画面の見やすさを左右する大切な要素。バックライトの数が多くなると画面の明るさが均一になるため、長時間の使用でも見やすく、目に対する負担を軽減するメリットがあります。

③「内蔵メモリの容量」

内蔵メモリの搭載容量も重要な比較のポイント。これは、Kindle端末が通常のタブレットのようにSDカードが使えないためです。新しい書籍を読みたくても、容量不足の場合にはストレージ内のデータを削除する手間が発生してしまいます。たくさんの書籍をすべてKindleの中に入れたいと考えている方は、多めの容量の機種を選択することをおすすめします。