本を持ち歩かずに読書を楽しめる「Kindle」。日頃使用しているスマートフォンやタブレット端末でも電子書籍を読めるため、購入するか悩んでしまう方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、Kindleの特徴や選び方について解説します。販売されているラインナップもご紹介するので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

Kindleとは?

By: amazon.co.jp

「Kindle(キンドル)」とは、Amazonが展開する電子書籍や電子書籍リーダー、そして関連アプリなども含めたサービス全般の総称です。電子書籍リーダーであるKindle端末は、2007年に発売されました。

Amazonが提供する電子書籍は「Kindle本」と呼ばれ、アプリやブラウザを使用すればKindle端末以外にスマートフォンやパソコンでの閲覧も可能。一度購入したKindle本のコンテンツはクラウド上に保存されるため、本を紛失してしまう可能性はなく、読みかけの本を別の端末から見ることもできて便利です。

なお、Kindle端末のラインナップはKindle・Kindle Paperwhite・Kindle Oasis・Kindle キッズモデル・Kindle Paperwhite シグニチャーエディションの5機種で、使い方に応じて選択できます。

Kindle端末の特徴

見やすく目が疲れにくい

Kindle端末には、通常の液晶とは異なる「E-Ink(電子インク)」と呼ばれるディスプレイが搭載されています。日光の下でも日差しの影響を受けることなく、紙の本のように読むことが可能です。

また、スマートフォンやタブレット端末のようなバックライトではなく、目に優しいフロントライトを使用しているのもポイント。強い光が生じにくいため、長時間の使用にも向いているのが魅力です。

シリーズのなかでも安価な端末にもフロントライトが搭載され、暗い場所での見やすさが改善されています。屋外でも屋内でも、好きな場所で読書を楽しみたい方におすすめの電子書籍リーダーです。

バッテリーが長持ち

スマートフォンやタブレット端末のように、頻繁に充電する必要がないのもKindle端末の魅力です。搭載されているE-Inkディスプレイは、同じ画面を表示している間は電力をほとんど消費しません。ページをめくる画面切り替えのときだけ電気を使うため、省電力性に優れているのが特徴です。

そのため、一度の充電で数週間程度使用でき、紙の書籍と同じような感覚で扱えるのがメリット。普段はカバンの中へ入れっぱなしにしておいて、時間が空いたときにさっと取り出して読むなどの使い方がしたい方にもおすすめです。

読書に没頭できる

Kindle端末は読書を楽しむために必要な機能だけを搭載した専用機です。スマートフォンやタブレットのように、メールやメッセージの着信に邪魔されることなく読書に没頭できます。じっくりと時間をかけて読書を楽しみたい方におすすめの製品です。

軽くて持ち運びが楽

By: amazon.co.jp

Kindle端末は軽量で、携帯性に優れているのも特徴です。重いモデルでも300g以下で、楽に持ち運びできます。

また、一般的な書籍データであれば、数千冊分を本端末内に保存可能。紙の書籍とほぼ変わらない重量の本体に膨大な数の本を詰め込んで持ち歩けるのも魅力です。

リーズナブルな価格

スマートフォンやタブレット端末と比較して、価格が安いのもKindle端末の魅力です。一番安価な広告付きのモデルを選択すれば、1万円以下の価格で購入可能。気軽に電子書籍を使いたい方も、ぜひチェックしてみてください。

電子書籍リーダーならではの便利な機能

電子書籍リーダーならではの機能が使えるのもKindle端末の特徴。気になった箇所にマーカーを引く感覚でハイライトが付けられます。紙の本のように、ページの汚れや傷みを気にしなくてよいのがメリットです。また、文字サイズの切り替えができるのもポイント。自分が見やすい大きさを選べるため、スムーズに読書ができます。

さらに、本体に辞書機能を内蔵しており、読んでいる途中でわからない単語が出てきた際に、調べることが可能。スマートフォンや辞書を使う必要がないので便利です。

また、メモ機能は本を読んだ感想や思いついたアイデアなどを記録しておき、後で確認するなどの使い方ができます。ページに書き込みをしたい方におすすめの機能です。

Kindle端末のデメリット

カラー表示できない

By: amazon.co.jp

Kindle端末の液晶画面は白黒表示のみで、カラー表示には対応していません。小説やエッセイなどの活字だけを読む方なら問題はありませんが、ファッション雑誌や料理雑誌など、カラーで表示しないと内容が分かりにくいモノを読みたい方にはやや不向きである点は留意しておきましょう。

読めるのはKindleストアで購入した書籍のみ

Kindle端末で読めるのは、Kindleストアで購入した電子書籍のみです。ほかのサイトで購入した本を読めない点は、購入前に理解しておきましょう。すでにKindle以外の電子書籍サービスを利用している場合は、それぞれのラインナップが重複していないかをチェックし、併せて活用できるかを検討してみてください。

本体容量の追加ができない

By: amazon.co.jp

Kindle端末はiPhoneやiPadと同様に、後から本体容量の追加ができない機器です。ダウンロードした書籍が増えて容量が足りなくなっても、microSDカードや外付けHDDなどで増設できません。Kindle端末には容量の異なるモデルがいくつか揃っているため、購入時には後々のことをよく考えて自分に合うモノを選ぶようにしましょう。

Kindle端末の選び方

容量で選ぶ

Kindle本を保存しておけるストレージ容量はモデルにより異なります。KindleとKindle Paperwhiteは8GBのみの仕様で、Kindle Oasisは8GBと32GBから選択可能。一般的な書籍であれば、8GBに数千冊を保存できるため、Kindleでも十分です。

容量の大きな書籍を読むことが多い方には、ストレージ容量の大きいKindle Paperwhite シグネチャーやKindle Oasisがおすすめ。マンガ・洋書・雑誌なども保存できます。

また、使用している端末のストレージ容量がなくなっても、Kindleストアで購入した書籍はAmazonアカウントと紐づいたままクラウド上に残るため、本体から削除しても必要なときに再ダウンロードが可能。ストレージ容量が不足したら、読み終わった書籍データを整理するなどして対処するようにしましょう。

広告の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

各Kindle端末にはそれぞれ広告付きと広告なしのモデルがあります。広告付きの製品は解除時にキャンペーン情報が表示される代わりに、広告なしの製品と比較して数千円程度安くなるのが魅力です。

そのため、少しでも安い価格で手に入れたい方には広告が付いているモノがおすすめ。なお、広告の有無は購入後に変更できないため注意が必要です。

接続方法で選ぶ

Kindle端末への書籍ダウンロードは、Wi-Fiもしくは4G回線で、インターネットへ接続して行います。KindleやKindle PaperwhiteはWi-Fi接続のみの仕様ですが、Kindle OasisはWi-Fi+4Gモデルの選択が可能です。

また、4Gの回線利用料金は購入時の金額に含まれているため、追加の料金や面倒な契約手続きは不要。本体価格は高くなりますが、Wi-Fi環境のない外出先でも書籍をダウンロードできます。

一方、Wi-Fi環境のある場所でしかダウンロードをしない方であれば、価格の安いWi-Fiモデルを選ぶのがおすすめです。

画面の大きさや解像度で選ぶ

By: amazon.co.jp

画面サイズや解像度もモデルによって異なります。画面サイズは6インチ・6.8インチ・7インチ、解像度は167ppi・300ppiの2種類を展開。画面が大きいほうが見やすいのはもちろんですが、解像度が高いと小さな文字でも潰れずに読めるなどのメリットもあります。

一般の書籍を読むのであればあまり影響はありませんが、マンガなどの文字が小さな本をよく読む方には、解像度が高く画面の大きなモデルがおすすめです。

Kindle端末の種類

アマゾン(Amazon) Kindle

コスパ良好。明るさの調節で、目が疲れにくい

解像度167ppiを採用したKindle端末。広告付きモデルのリーズナブルな価格ながら、明るさ調整機能を備えたフロントライトを使用しているため目に優しいのがポイントです。6インチのディスプレイで長時間の読書も快適に行えます。

選べる本体カラーはブラックとホワイトの2種類。用意されているストレージ容量は8GBの1種類です。一般的な書籍なら数千冊分を1台に保存できます。

本体サイズは16×11.3×0.87cm、重量は174gとコンパクトかつ軽量な設計。片手でも持ちやすく、長時間の読書でも腕に負担がかかりにくいのも魅力です。また、フル充電の状態で数週間使用できるバッテリーを備えているため、毎日の通勤通学や、旅行などにKindleを持ち運びたい方はチェックしてみてください。

アマゾン(Amazon) Kindle Paperwhite

高解像度で、文字を綺麗に表示できる

解像度が高く読みやすいおすすめのKindle端末。ディスプレイサイズが6.8インチと大きく300ppiと高解像度なので、文字を綺麗に表示できます。また、反射抑制スクリーンの採用により、屋外で見やすい点も魅力です。

色調調節ライトを搭載しているのもポイント。スクリーンの色調をホワイトやアンバーに変更できるほか、指定した時間に作動するようスケジュール機能も利用できます。明るい日中はホワイト、夜間はアンバーのような使い分けが可能です。

さらに、IPX8レベルの防水機能を採用している点も魅力のひとつ。真水であれば水深2mに最大60分間沈めても耐えられると謳っています。ほか、充電ポートはUSB Type-C。フル充電にすると最大で10週間バッテリーが持続する、おすすめのkindle端末です。

アマゾン(Amazon) Kindle Paperwhite シグニチャーエディション

ワイヤレス充電対応で、スマートに充電できる

スマートに充電できる、おすすめのkindle端末。上位モデルを含めたシリーズのなかで、唯一ワイヤレス充電に対応しています。Qi規格が採用されているため、互換性のあるさまざまな充電器を使用可能です。

さらに、色調調節ライトも搭載。ホワイト以外にあたたかみのあるアンバーにも変更できるので、時間帯や好みに合わせて利用可能です。また、周囲の明るさを検知して自動で画面の明るさを調節する機能も採用されています。

ほか、ストレージ容量が32GBと大容量なのも魅力のひとつ。小説・マンガ・雑誌などさまざまな書籍をダウンロードして気軽に読書を楽しめます。多くの本を持ち歩きたい、読書好きの方におすすめのKindle端末です。

アマゾン(Amazon) Kindle Oasis

読みやすい機能を搭載。さらに防水機能も

Kindle端末のラインナップでも高性能な上位モデルです。一番の特徴は、ページ送りボタンが搭載されている点。片手で持ちながらページをラクに進められるので、読書がはかどります。

また、7インチの広いディスプレイにフロントライトを25個搭載しているのも魅力。周囲の明るさを感知し、自動で見やすい環境に調節可能です。解像度は300ppiなので文字が読みやすく表示されます。さらに、IPX8等級の防水機能も備えており、水がある環境で使用する際に濡れても安心です。

本体サイズは15.9×14.1cmで、重量は188gとコンパクトかつ軽量。ほか、ストレージ容量は8GB・32GBの2種類から選べます。大容量ストレージタイプのKindle端末は、ファイルサイズが大きい本を保存して読みたい方におすすめです。

アマゾン(Amazon) Kindle キッズモデル

子供の読書にぴったりな書籍が1年間読み放題

子供向けに用意されたKindle端末。ゲームプレイやネット動画の視聴ができないので、読書に集中できるのがメリットです。

また、追加料金なしで1000冊以上の子ども向け書籍を1年間読み放題なのも特徴のひとつ。児童文学・歴史・化学に関する本なども用意されており、幅広いジャンルの読書を楽しめます。

キッズカバーを含む本体サイズは16.2×11.9×1.4cmで、重量は288g。ほか、キッズカバーがブルー・ピンク・スペースステーション・レインボーバードの4種類から選べます。子供に読書の習慣を付けたい方におすすめのKindleです。

KindleのAmazonランキングをチェック

KindleのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。