ノートパソコンより手軽にネットサーフィンができ、スマートフォンより大画面で見やすい「タブレット」。近年はラインナップが豊富に揃っているほか、ビジネスマンはもちろん主婦や子ども、シニア層まで幅広い世代に普及しているガジェットとして認知されています。

そこで今回はAmazonの躍進とともに注目が集まって「Fireタブレット」をピックアップ。Amazonのサービスを最大限使いこなせる現行3機種を紹介します。

Fireタブレットとは?

By: amazon.co.jp

Fireタブレットとは、Amazonが販売しているタブレット端末。Appleの「iPad」や、Samsungの「Galaxy Tab」などと同ジャンルの製品です。

なお、Amazonでは、電子書籍を読むための専用端末「Kindle」も販売しています。ちなみに、Fireタブレットはかつて「Kindle Fire」という名称で呼ばれ、Kindleから派生した製品としてリリースされていましたが、現在ではFireタブレットとしてKindleとは区別されています。

Fireタブレットの魅力

By: amazon.co.jp

Fireタブレットには、他のタブレットにはない魅力が多数あります。ここからは、Fireタブレットの魅力に迫ります。

値段が安い

Fireタブレットのエントリーモデルである「Fire 7」は1万円以下で購入が可能。市場に流通しているタブレットのなかでは、比較的低価格で手に入れることができます。さらに、Amazonの有料会員(Amazonプライム)ならば、割引価格で購入することができるのもポイントです。

なお、安価だからといって性能が低いというワケではありません。KindleやFireタブレットの普及はAmazonの収益アップに貢献していると考えられており、その部分を考慮している結果、販売価格が抑えられると言われています。

Kindleオーナーライブラリー

Amazonには、対象となっている2万冊以上のKindle本から毎月1冊は無料で読めるサービス(Kindleオーナーライブラリー)あります。なお、条件は以下の通りです。

1.FireタブレットやKindleを所有している
2.Amazonプライム会員である

月に1冊以上読書をする方であれば、月に1000円以上出費することが考えられます。Amazonプライム会員であれば年間3900円で入会できるので、Fireタブレットとプライム会員の年会費を差し引いても、Kindleオーナーライブラリーはお得なサービスです。

Amazonプライムビデオ

Fireタブレットは、Amazonプライムビデオと呼ばれるサービスを利用するのにも最適な端末です。Amazonプライムビデオとは、Amazonプライム会員を対象とした映画や海外ドラマ、アニメなどのコンテンツが無料になるサービス。なお、注目のアニメや大ヒットした映画などユーザーとって満足度の高い作品が随時公開されているものポイントです。

もちろん、スマホやPCでも視聴することはできますが、「Amazonプライムビデオを最大限活用したい」との思いからFireタブレットの購入を決める方もいるほど、注目のコンテンツとなっています。

他のタブレットと違う点

By: amazon.co.jp

タブレットは「スマホの大きい版」と表現されることがあります。例えば、Appleが販売しているiPadであれば、iPhoneで使用できるほとんどのアプリをインストールすることができます。他にも、Androidタブレットであれば、Androidスマホとほぼ同様に使用することができます。

しかし、Fireタブレットは「Fire OS」というAmazon独自のOSが搭載されています。これは、AndroidOSをベースとしたOSなのですが、「Youtube」や「Gmail」などの基本的なアプリもインストールできないようになっています。つまり、他のタブレットは「スマホの大きい版」として利用するのが通常ですが、Fireタブレットは「Amazonのサービスを最大限楽しむため」に利用する端末と考えましょう。

Fireタブレットの種類

Fireタブレットは、現行のもので3種類のものが販売されています。「スペック」「保存容量」「画面サイズ」など、多くの違いがあるので、用途に合わせて適切に選択してください。

Fireタブレット 7

「Fireタブレット 7」は、Fireタブレットのエントリーモデルとして販売されています。リーズナブルな価格帯なので、とにかく安さを求める方に最適の1台です。1世代前のものと比較すると、本体重量は300グラムを切り、295グラムという軽量設計。さらに、1回の充電で8時間使用できるので、通勤時間や休憩時間にも安心して使用できます。

7インチモデルである本製品は、片手で持てるサイズなので、手軽に操作することができます。本体の容量は最安モデルであれば8GBですが、別売りのmicroSDカードを使用すれば、最大256GBまで容量を増やすことが可能。安心して大容量のデータを詰め込むことができ、思う存分音楽や映画を楽しめます。

Fireタブレット HD 8

「Fireタブレット HD 8」は、3種類あるFireタブレットの中で最もコストパフォーマンスが高いモデル。特に、「Fireタブレット 7」の16GBと「Fireタブレット HD 8」の16GBでは、価格の違いは多少あるものの、サイズやスペックなどを比較すると「Fireタブレット HD 8」のほうが大きく上回っていますので、16GBモデルを購入するなら本製品を購入することをおすすめします。

「Fireタブレット 7」では、解像度1024x600のディスプレイですが、「Fireタブレット HD 8」では、解像度1280x800のディスプレイとなっているため、より高精度な動画を楽しむことができます。他にも、「Fireタブレット 7」ではモノラルのサウンドですが、Fireタブレット HD 8」ではステレオのサウンドとなりますので、よりサウンドクオリティを求める方も本製品をおすすめします。

充電時間は、「Fireタブレット 7」の1.5倍の12時間使用することができたり、CPU(処理の時間を決める装置)も優れていたりと、よりお得感があるのが「Fireタブレット HD 8」です。

「Fireタブレット 7」「Fireタブレット HD 8」に搭載されたスリープ機能

By: amazon.co.jp

「Fireタブレット 7」「Fireタブレット HD 8」の両方で特に注目すべき点は、「スリープ機能」が搭載されたこと。2017年のバージョンアップで実装されました。

純正のマグネットケースを使用すると、ケースを開くと自動的にスリープが解除され、ケースを閉じると自動的にスリープ状態に切り替わります。これで、電池の消費量を減らすことができます。また、電源ボタンを毎回押す必要がないため、ストレスフリーで使用することができます。

Fireタブレット HD 10

現行の3機種の中でハイエンドクラスのFireタブレットを使用したい方や大画面でコンテンツを楽しみたい方は「Fireタブレット HD 10」がおすすめ。

10インチのタブレットとなりますので、映画を楽しみたいときにもストレスなくコンテンツを楽しむことができます。また、他の2機種は2メガピクセルのカメラですが、本製品では5メガピクセルのカメラが搭載されているため、写真もキレイに撮影できます。

Fireタブレットは、優れた耐久性を持っている

By: amazon.co.jp

上記3機種に共通する点として、Appleが販売している同サイズのiPadと比較して、約2倍の耐久性が証明されています。タブレットを落としてしまうのは致命的ですが、Fireタブレットであればそのような状況でも大事なデータを守ることができます。