自転車を買うなら、どこでも持ち運びができる折りたたみ自転車がおすすめ。コンパクトに折りたたむことで、どこへでも持ち運べてサイクリングが楽しめます。

そこで、今回は折りたたみ自転車の人気メーカーをランキング形式でご紹介します。折りたたみ自転車の魅力や各ブランドの特長、選ぶ際のポイントも合わせて紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

折りたたみ自転車の魅力

009

By: doppelganger.jp

コンパクトに収納できる「折りたたみ自転車」。一般的なシティサイクル、長距離走行が可能なロードバイクなど、さまざまな自転車がありますが、折り畳み自転車にはさまざまなメリットがあります。

通勤・通学に

By: amazon.co.jp

電車には持ち込める最大の荷物のサイズがあり、例えばJR東日本では縦・横高さの合計が250cm以下、かつ重量が30kg以下と規定されています。折りたたみ自転車をたたんだ場合、ほとんどがこの条件を満たします。

自転車に乗って家から駅まで移動、駅で折りたたみして持ち込み、最寄り駅で組み立てて通勤・通学、という使い方もできます。オフィスに駐輪場がなくてもデスクの下に収納できるのも折りたたみ自転車の魅力といえるでしょう。

ただし、電車に持ち込む際には、折りたたんでも必ず専用の袋に収納しなくてはいけないということには注意しましょう。

旅行に

By: amazon.co.jp

鎌倉や京都の観光だと、観光スポットがひとつひとつ離れているために、どうしても電車やバス移動が多くなってしまいがちです。そんな時にも折りたたみ自転車は活躍します。折りたたみ自転車は電車だけでなく飛行機にも持ち込めるので、遠方への旅行の味方にもなってくれます。

普段使いに

By: doppelganger.jp

通勤・通学、旅行など、特別な用途をしなくても、折りたたみ自転車は大活躍。例えば、駐輪場のないマンションでも、玄関のちょっとしたスペースに収納できます。室内保管すれば、盗難被害を防げるのもポイントです。

ホイールサイズが大きいタイプも数多く販売されています。折り畳み自転車は普段使い用としてもおすすめです。

折りたたみ自転車の選び方

タイヤのサイズをチェック

By: ternbicycles.jp

折りたたみ自転車のタイヤサイズは、キックボードのタイヤサイズに近い8インチのモノから、折りたたみではない自転車と変わらない26インチのモノまで、幅広くラインナップされています。

一般的にタイヤのサイズが大きいほど速く、小さいほど遅いと思われがちです。しかし、これは間違いです。スピードはギア比によって変わるため、折りたたみ自転車だから遅いということはありません。

タイヤの大小が関係するのは「乗り心地」。タイヤが小さいと段差の影響を受けやすくなるので、悪路を走るのは苦手です。タイヤが大きいと乗り心地はよくなりますが、折りたたみ時のコンパクト性が失われるので注意しましょう。

折りたたみ方と折りたたみ時のサイズをチェック

By: amazon.co.jp

折りたたみ自転車を選ぶ際には、折りたたみ方と折りたたみ時のサイズもしっかりチェックしておきましょう。最もベーシックなのは、横棒のフレームを半分に折りたたむタイプで、展開時の1/2程度のサイズになります。この折りたたみ方のモデルは、幅と高さがほとんど均等になるので、机の下などのちょっとしたスペースに収納しやすいのが魅力です。

一方、電車やバスに持ち込むという点においておすすめなのは、縦長に折りたためるタイプ。満員電車でも比較的邪魔になりにくく、座った時も両足の間にすっぽり収められます。狭い場所に収納する場合は、事前に収納する場所のサイズを計測しておくと安心です。

本体の重量をチェック

By: amazon.co.jp

持ち運びの際に気になるのが「重量」。旅行などに折りたたみ自転車を持っていく場合は、軽いに越したことはありません。自転車の重量のほとんどは、フレームの素材によって決まります。折りたたみ自転車の多くはスチールまたはアルミニウム製で、重さは10~15kg程度です。

中には6kg前後という超軽量折りたたみ自転車もリリースされています。主な素材はチタンやカーボン。軽いと持ち運びしやすいだけでなく、ペダルを漕ぐ際の負担が軽くなるのもポイントです。しかし、軽い自転車は価格が高い傾向があります。

最近は、軽くて安いマグネシウム合金をフレームに使用した折りたたみ自転車が登場しました。マグネシウム合金は衝撃吸収性も高く、乗り心地も良好。ただし、適切にメンテナンスをしないとサビやすいというデメリットがあるので要注意です。

折りたたみ自転車の強みを生かすためにも、重量で商品を絞るのもひとつの選び方といえるでしょう。

変速ギア・電動アシストの有無

折りたたみ自転車には、変速ギアが搭載されているモデルがあります。変速ギアは3段階から20段階を超えるものまでさまざまです。坂道での走行の快適さを左右するのでぜひチェックしてみてください。

また、中には電動アシストが搭載されている折りたたみ自転車もあります。電動アシストがあれば、上り坂での運転が楽になります。しかし、その分重量が増えるのはもちろん、充電する手間もかかってしまうということには注意が必要です。

折りたたみ自転車のおすすめメーカー・ブランド

第1位 ダホン(DAHON)

アメリカの自転車メーカー「ダホン」。最初の折りたたみ自転車を発売してから35年になる老舗です。折りたたみ自転車のメーカーでは歴史の古いブランドのひとつで、折りたたみシステムについて多くの基本特許を保有しています。

同社には10種類以上の製品がラインナップされていますが、常に改良を重ねてマイナーチェンジを続けているのが特徴。そのため同じモデルでも、発売された時期によって少しずつ形状が異なっています。ベストセラーモデルであっても、積極的に最先端の技術を取り入れて変化させています。歴史がありながら常に進化を続けているダホン。折りたたみ自転車のトップブランドと言っても過言ではありません。

ダホン(DAHON) ボードウォークD7

折りたたみ自転車の人気ブランド・ダホンのロングセラーモデル「ボードウォークD7」。その人気の秘密はクロモリフレームにあります。シティサイクルやロードバイクなど、さまざまな自転車に使われている素材で、車体重量が少し重くなりますが、クロモリ特有のしなりが路面からの振動を吸収してくれます。

ハンドルの高さを10cmの幅で調整できるのもボードウォークD7の特徴のひとつ。ハンドルを高くしてシティサイクル感覚でラクに乗ったり、低くしてスポーツサイクルのように乗ったり、その日の気分に合わせて走ることが可能です。

カラーは5色用意されおり、明るいライトグリーンから落ち着いたドレスブラックまで、普段のファッションに合わせて好みで選べます。おしゃれでありながら走行性能も兼ね備えたおすすめの折りたたみ自転車です。

ダホン(DAHON) Mu SLX

20インチサイズの折りたたみ自転車「ミューSLX」。車体重量は8.6kgで、持ち運びも容易です。車体の軽さは走行時にも実感できることでしょう。ギアは11段階に対応。坂道もスムーズに駆け上れます。

ホイールには最軽量クラスのDAHONProホイールを採用。転がり性能が高いので、足を止めてもスムーズに走行し続けます。コンパクトでありながら、ロードバイクのような走りやすさを実現したおすすめの折りたたみ自転車です。

第2位 ブロンプトン(Brompton)

イギリス・ロンドン西部に工場を持つブロンプトン。自社の工場で一貫して組み立てることにより、厳密な品質チェックをできるのがブロンプトンの強みです。高価格帯の製品を展開すると同時に、上質なブランド価値を維持するというのが同社の方針。折りたたみ自転車の高級路線を進むメーカーと言えます。

折りたたみ自転車はコンパクトに収納できますが、重さは変わらないので持ち運ぶのは結構大変です。ブロンプトンの自転車ならばキャスターが付いているので、折りたたんだ状態でキャリーバッグのようにコロコロと転がせます。走行時の性能が高いのはもちろん、運ぶときの利便性にもしっかりと配慮されているブランドです。

ブロンプトン(Brompton) P6L

折りたたみ自転車のハンドルは基本的にフラットバータイプが採用されていますが、このブロンプトンP6Lは少し変わった形状をしています。同社ではこれを「Pタイプ」と呼び、上下2つのポジションで握ることが可能。上の部分を持つと上体が起きてラクに走れて、下の部分を持つと前傾姿勢になって空気抵抗が少なくスピードが出せるというメリットがあります。長時間走っていても握る位置を変えて姿勢が変われば疲れにくく、気分転換にもなっておすすめです。

ギアは6段階。重量は12.3kgとやや重めですが、泥除け部分にローラーが付いているので転がしながら運ぶことができます。長距離移動はもちろん、アップダウンの激しい道にも対応できるおすすめの折りたたみ自転車です。

ブロンプトン(Brompton) M3R

ブロンプトンの定番モデルとして知られている「M3R」。ハンドルはブロンプトン設立当初から用いられてきたMタイプを採用。グリップ部分を高めにすることで、街中から郊外までさまざまな道に対応できます。標準で荷台が付いていて、最大10kgまでの荷物を積むことが可能。普段のお買い物での使用に便利です。

ギアは3段階に対応。工具を使わずに10~20秒程度で変形できるのもポイントです。カラーも豊富で、個性が際立つ折りたたみ自転車となっています。オシャレに街乗りをしたい人におすすめのモデルです。

第3位 パナソニック(Panasonic)

総合家電メーカーとして身近な存在のパナソニック。創業者の松下幸之助氏が10代前半の頃に自転車店で修行していたことから自転車に思い入れがあり、各種の自転車も販売しています。同社の強みは、家電のノウハウを生かした電動アシスト自転車。シティサイクルタイプはもちろん、折りたたみ自転車にも電動タイプがあります。

四輪の世界では電気自動車がトレンドになっているように、自転車も電動化が大きな市場を作るとパナソニックは予測しています。現在は積極的に電動アシスト自転車の研究開発を行い、自転車の社会的役割を変えることを提案。現在、最も勢いのある国産自転車メーカーのひとつといえるでしょう。

パナソニック(Panasonic) トレンクル B-PEHT423

JR東日本と共同で開発された折りたたみ自転車。列車(Train)と自転車(Bicycle)を組み合わせた「トレンクル」という名前の通り、電車への持ち込みに最適です。折りたたみ時のサイズが55×58.3×35cmとコンパクト。電車内でも邪魔になりません。また、駅に設置してある中型のコインロッカーにも入るので、旅先で荷物にならないのも魅力です。

また、トレンクルのメリットはサイズの小ささだけではありません。フレームにチタン合金を採用しており、6.9kgという軽量化を実現。約20年前から販売されているロングセラーですがモデルチェンジを重ね、本体重量の軽さを追求しています。電車で旅をしながら訪問先を自転車で街めぐりをしたい方におすすめの折りたたみ自転車です。

パナソニック(Panasonic) オフタイム BE-ELW072

家電メーカーとしての強みを生かした電動式タイプの折りたたみ自転車です。電動式というと大型になりがちですが、本モデルは、折りたためば66×88×49cmとコンパクト。搭載しているバッテリーは8.0Ahの大容量なので、フル充電の状態でパワーモードならば34km、ロングモードならば約59kmの走行が可能です。

ギアは7段。電池に加えてギアチェンジによっても快適な走りをアシストしてくれます。カラーバリエーションは4色と豊富。オプションでカゴや泥よけも取り付けられるので、普段のお買い物にも使用できるおすすめの折りたたみ自転車です。

第4位 ブリヂストン(BRIDGESTONE)

世界最大手のタイヤメーカーとして知られるブリヂストンは、関連会社で自転車事業も展開しています。競技用から一般向けの自転車まで幅広く販売。最近では電動アシスト自転車にも力を入れており、車体性能が長持ちする「両輪駆動」というブリヂストンの独自技術にも注目を集めています。

折りたたみ自転車についてもバラエティに富んだラインナップが特徴です。一般的な折りたたみ自転車は車輪が16~20インチの「小径車」が大半ですが、ブリヂストンでは26インチのモデルも用意されています。普通の自転車並の走行性能があり、携帯性だけでなく走りを求める乗り手の要求も実現。全製品が厳しい基準をクリアしているので、長く安心して乗れるメーカーです。

ブリヂストン(BRIDGESTONE) トランジットスポーツG26

By: bscycle.co.jp

折りたたみ自転車でもスポーツバイクと同様の走りを望む方におすすめなのがブリヂストンのトランジットスポーツG26。タイヤには一般的な自転車と同じ大きさの26インチを採用しているため、安定した走行ができます。

折りたたんだサイズは88×103×33cmと少し大きめ。たたんだ状態で自立できるので、玄関やベランダに置けるのが魅力です。自転車を普段使いしながら、ときどき電車などで遠方のサイクリングコースに行って走りたいという方におすすめの折りたたみ自転車です。

第5位 ルノー(RENAULT)

フランスの自動車メーカー「ルノー」。同社から公式ライセンスを受けたメーカーが企画販売しており、自動車と同様の高い品質とデザイン性を備えているのが特長です。

ルノーブランドの自転車は、折りたたみタイプに力を入れているのがポイント。フレーム素材もバラエティに富んでいて、アルミニウムを初め、カーボンやマグネシウムなどの軽量素材を使用しています。一般的な折りたたみ自転車は10kg以上がほとんどですが、ルノーは7kg以下の製品も少なくありません。軽量タイプの製品を探している方におすすめです。

ルノー(RENAULT) プラチナライト6 AL140

持ち運ぶことを考えて、軽い折りたたみ自転車が欲しいという方におすすめなのがルノーのプラチナライト6です。本体各部をパーツ単位で軽量化することで、車体重量6.8kgを実現しました。

折りたたんだサイズは65×36×55cmとコンパクトで、電車に乗せても邪魔になりません。折りたたみやすいようにジョイントレバーを採用しているのもポイント。街乗りはもちろん、電車を使った小旅行でも活躍するおすすめの折りたたみ自転車です。

第6位 ヴァクセン(WACHSEN)

日本の自転車ブランド「Wachsen(ヴァクセン)」。生活雑貨を中心に手掛けるメーカーだけあって、スタイリッシュデザインでありながら、価格がリーズナブルという特長があります。コスパのよい折りたたみ自転車を探している方におすすめのブランドです。

ヴァクセン(WACHSEN) BA-101

白と黒のコントラストが美しい折りたたみ自転車「BA-101」。特殊パール塗装を施したホワイトと、ブラックの対比はシンプルでありながらインパクトがあります。

また、走行性能も良好です。ハイブランドの自転車にも採用されているシマノ製の6段ギアを採用。ペダルを踏めば強い推進力が得られます。気軽に街乗りをしながら、適度なスピードを求めたい方におすすめの折りたたみ自転車です。

第7位 ナノー(NANOO)

イタリア発のブランド「ナノー」。メーカーの開発コンセプトは「自転車を瞬時に折りたたむ」こと。自転車を降りたらわずか数秒で収納することができます。また、折りたたみ時にはキャリーバッグのように転がして運ぶことが可能。おしゃれなデザインの中に革新的な技術が盛り込まれているのが魅力的なブランドです。

ナノー(NANOO) FD-1207

折りたたみ自転車は、構造が複雑だと変形するのに時間がかかってしまいます。特に日常使いしたい方にとって、構造は気になるポイントです。その悩みを解消するのが「FD-1207」。フレームを持ち上げてワンタッチで折りたたんだら、後はロックするだけ。慣れれば10秒程度で収納することができます。

タイヤのサイズは12インチと小さめです。ギアには、シマノ製の7段変速を採用。平地だけでなく坂道も軽快に走ることができます。デザイン性と携帯性、そして走行性能を兼ね備えた折りたたみ自転車です。

第8位 バーディー(Birdy)

ドイツ発の折りたたみ自転車ブランド「バーディー」。デビュー以来20数年、基本技術を守りながら進化を続けているメーカーです。メインフレームを折らずにたたむことによって安全性と耐久性が向上。コンパクトながら頑丈な構造が高く評価されています。

また、カスタマイズしやすいのもポイント。タイヤの大きさ・車体の色・スピード仕様など、自由に変更することができます。ドイツらしい高度な技術が詰まっているおすすめの折りたたみ自転車です。

バーディー(Birdy) バーディースポーツディスク birdy Sport Disc

フロントフォークに、バーディーブランドの特徴であるサスペンション機能を搭載。街乗りで路面の小さな段差を吸収して、グリップへの衝撃を和らげてくれます。長時間走っても疲れにくいのが魅力です。

採用されている変速機はシマノ製の10段ギア。車体の重心を低くした設計により、スポーツタイプの自転車のような走行が可能です。ブレーキには、制動力が高いディスクブレーキを採用。雨の日でもしっかりとブレーキをかけることができます。

バーディーの高い技術力が搭載された折りたたみ自転車。収納性だけではなく、走行性能や乗り心地も重視したいという方におすすめです。

折りたたみ自転車のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

折りたたみ自転車のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。