自然と調和しつつもテントサイトで圧倒的な存在感を放つ「コットンテント」。見た目のおしゃれさから豪華で贅沢なグランピングテントとしても使用されることも多く、ファッション感度の高いキャンパーの間で話題となっています。

そこで今回は、コットンテントのおすすめブランドをご紹介。コットンテントのメリット・デメリットや選び方のポイントについても解説します。

コットンテントとは?

By: rakuten.co.jp

コットンテントとは、その名の通りコットン(綿)素材を用いて作られたテントのことです。コットンは、耐久性や通気性に優れている上、ナイロンやポリエステルと比較すると厚みがあるため、熱を遮断する能力が高いというメリットがあります。

おしゃれなデザインのモノが多く、天然素材ならではの素朴な雰囲気でアウトドアムードを盛り上げてくれるアイテムです。

コットンテントのメリット・デメリット

コットンテントのメリット

By: amazon.co.jp

通気性と断熱性に優れたコットン素材のテントは、夏は外気の熱を遮断し冬は内部の熱を逃さないため、季節を問わず快適に使用できます。また、コットンが水分を吸収して外に放出してくれるため、結露が発生しにくいのも魅力のひとつ。

さらに、ポリエステルなどの化学繊維に比べて丈夫で火に強く、焚き火の火の粉によって穴が開いたり燃えたりする危険性が低いのも大きなメリットです。そのため、化繊テントに比べて長持ちする傾向があり、使い込むほどに風合いが増します。

コットンテントのデメリット

コットンは吸水性が高いため、雨天時に使用すると雨を吸ってしまい、一人では持ち運べなくなるほど重くなる場合があります。さらに、テントが濡れてしまった場合は使用後にしっかり乾燥させないとカビが発生してしまうことも。また、一般的な化繊のテントに比べると価格が高いのもコットンテントのデメリットです。

そのため、最近では独自の防水加工が施されたモノや、コットンとポリエステルそれぞれの特性を生かした混紡素材「ポリコットン」を採用した使い勝手のよいテントもリリースされています。手入れが面倒な方はポリコットン素材を選ぶとよいでしょう。

コットンテントの選び方

使用人数に合ったサイズを選ぶ

コットンテントを購入する際には、まず何人で使用するのかを明確にすることが大切です。テントに表示されている使用人数には規定がなく、同じ人数でも各メーカーによってサイズが異なります。

また、あくまで収容可能な最大人数であり、荷物を置くスペースを確保するためにも実際に使用する人数より1〜2人多い表示人数のテントを選ぶのがおすすめです。さらに、ワンポールテントなどの場合は真ん中にポールがあるため、スペースの使い方がある程度限られることを考慮して選びましょう。

重量や収納時のサイズをチェック

By: amazon.co.jp

コットンテントは、ナイロンやポリエステルなどの素材で作られたテントに比べて非常に重く、収納時のサイズも大きい傾向にあります。また、コットンは水分を吸収しやすく雨を吸い込むとかなりの重量になってしまうこともあるため、持ち運ぶことも考えてなるべく軽量なモノを選ぶのがおすすめ。

金銭的に余裕があれば、晴れ予報のときはコットンテント、雨天予報時は化繊のテントを使用するなど、天候によって使い分けるのもひとつの手です。

耐水圧を確認

By: rakuten.co.jp

急な天候の変化に備えて、どのくらいの水圧に耐えられる防水性があるかを数値化した「耐水圧」にも注目。一般的には耐水圧1500mm以上を選ぶと安心といわれていますが、水を吸収するコットンテントの場合は350mm以上を目安にするとよいでしょう。

また、雨水がテント内に染みるのを防ぐには、屋根の傾斜が急で水滴が下に流れやすいワンポールテントを選ぶのがおすすめです。

色やデザインで選ぶ

By: amazon.co.jp

コットンテントというと生成色を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、最近ではカーキやベージュ、ブラックなどもあり、広い選択肢の中から好みに合わせて選べます。そのほかのアウトドアギアとの相性を考慮しながらコーディネートを楽しんでみてください。

コットンテントのおすすめモデル

ノルディスク(NORDISK) アスガルド 12.6 142023

デンマークで誕生した「ノルディスク」はハイセンスなデザインが特徴で、多くのキャンパーから支持されている人気アウトドアブランドのひとつ。居住性が高い「アスガルド」は同ブランドの代名詞的存在で、グランピングによく利用されるテントとしても有名です。

素材には、ポリエステル65%、コットン35%の化繊混紡素材「テクニカルコットン」を採用。ベルのような形状をしたワンポール式テントで、たくさんのポールを使用するドーム型のテントよりも簡単に設営できます。高級感があっておしゃれなおすすめのコットンテントです。

ノルディスク(NORDISK) アスガルド 7.1 ベーシック 142012

天幕の裾部分を立ち上げてスペースを有効に使えるようにした「ベル型」のテントです。ドアと窓はメッシュ仕様で風通しも良好。ポリコットンの上に撥水処理が施されているので雨をしっかりと防ぎます。

別売りのテント内に個室が作れる「インナーキャビン」にも対応しており、より快適なベッドルームを創り出すことも可能。コットンテントで優雅なキャンプを楽しむ際にもおすすめのモデルです。

ノルディスク(NORDISK) アルヘイム 19.6 142014

中央に立てたポール1本で全体を支えるワンポール型の8〜10人用テントです。天井部分にベンチレーションがあるため、フロアシートを外せば焚き火をすることも可能。

また、テント内に個室を設けられる「インナーキャビン」や、雨水や地面からの湿気を軽減させる「ジップインフロア」などをプラスすれば、自分好みの空間を作れます。汎用性が高いコットンテントを探している方におすすめです。

ノルディスク(NORDISK) ウトガルド 13.2 142010

6人用の大型サイズにも関わらず、外側からポールを順番に組み立てるだけで簡単に設営できる「ウトガルド」。大きなメッシュ窓が設置されているため、風通しがよく暑い季節でも快適に過ごせます。

素材は、ポリエステルとコットンを混ぜた「テクニカルコットン」を採用。撥水加工が施されているため、雨の日も安心して使用できます。

テンティピ(Tentipi) ジルコン 7 CP

気温差が激しい北欧・スウェーデンで開発された「テンティピ」の大型コットンティピテント「ジルコン 7 CP」です。センターポール1本で全体を支えるシンプルな構造で組み立ても簡単。円錐に近い形状で、風にあおられにくいというメリットがあります。設営後のサイズは幅4.5×高さ2.7mで、許容人数は4〜8人ほどです。

ボディには、コットンとポリエステルの混紡素材を使用しており、コットンの自然な風合いはそのままに、より丈夫で扱いやすいのが魅力。また、一般的なポリエステル素材のテントに比べて透湿性能に優れています。結露を最小限に抑えてくれるため、インナーテントが不要なほどです。

コンプレッション機能付きの収納バッグが付属するのもポイント。トップとボトムにベンチレーションを備えているため、テント内で焚き火を楽しむことも可能なおすすめのコットンテントです。

オガワ(ogawa) ピルツ15T/C 2790

品質の高さに定評があるオガワの人気シリーズ「ピルツ」。本製品は、ポリエステルとコットンの混紡素材を採用したモノポールテントです。テント上部には煙突ホールがあり、薪ストーブを入れられます。

ポリエステル素材の「ピルツ15-Ⅱ」に比べると価格が少し上がりますが、コットンテントならではの高級感漂うおしゃれな雰囲気が魅力です。

オガワ(ogawa) ツインピルツフォーク T/C 3345

幅広い使い方ができることで人気のシェルター「ツインピルツフォーク」に、風合いのよいコットン混紡素材をプラスしたモデル。心地よい肌触りと優れた通気性と吸湿性を有しているのが特徴です。

本製品と組み合わせて設置できる「フルインナー」や「ハーフインナー」を別途購入すれば、ベッドルームとリビングルームを作ることも可能。アイデア次第でさまざまな使い方ができるおすすめのモデルです。

オガワ(ogawa) グロッケ12 T/C 2785

耐久性と防水性をあわせ持つ独自の混紡素材を使った6人用テント「グロッケ」。床面は五角形で約12m²の広さがあり、高さもあるのでゆとりの空間が生まれます。

Aフレーム構造の出入り口はフルオープンにもできて開放的です。また、虫をシャットアウトするメッシュ窓も装備しています。設営が簡単なのも魅力なコットンテントです。

ディーオーディー(DOD) パップフーテント T2-540

コアなキャンパーの間で人気の軍用テント「パップテント」を参考にして作られた「パップフーテント」です。パップテントの生地は基本的にコットン100%ですが、本製品は燃えにくいポリコットン生地を採用しています。コンパクトサイズでソロキャンプにおすすめ。

タープ一体型で、居住スペースの近くで焚き火ができるのもポイントです。ツインポール構造で簡単に自立させることが可能。アルミ合金製のポールを採用することで、軽量化を実現しています。

ディーオーディー(DOD) タケノコテント T8-495

最大8人の大人が寝られる「タケノコテント」。テントの隅部分には約140cmのポールを設置して高さを出すので、圧迫感なく過ごせます。屋根部分はポリコットン生地、壁部分にはポリエステルを採用しています。8面全面にメッシュ窓があり通気性も良好。大型コットンテントとしては価格も比較的安く、コスパに優れたおすすめモデルです。

テンマクデザイン(tent-Mark DESIGNS) サーカス TC

自然になじむサンドカラーがポイントの「テンマクデザイン」の綿混紡テントです。入り口には、凍結に強く過酷な環境でもスムーズに開け閉めできる「ビスロンファスナー」を採用。出入口が2箇所あるため、風通しがよく夏場の使用にも最適です。

本体には、遮光性が高く結露に強い撥水加工済みのポリコットン素材を使用しており、一年を通して快適に使えます。大人1〜2人程度の使用に適したおすすめのコットンテントです。

コールマン(Coleman) オアシステント 2000023118

70年代コールマンの人気モデル「オアシステント」のリバイバル版です。フロアサイズはおよそ300×240cmで4~5人での使用に適しています。小さな家のようなかわいらしいフォルムが魅力。3本のポールを使って簡単に設営可能です。

コットン素材の素朴な風合いと相まって、クラシカルな雰囲気を醸し出します。見た目のおしゃれさにもこだわりたいという方におすすめのコットンテントです。

コディアックキャンバス(Kodiak Canvas) Flex-Bow VX

アメリカで人気があるコディアックキャンバス社製のコットンテント「Flex-Bow VX」です。防水性に優れた「Hydra Shield」というコットン素材を100%採用。天井高201cmで大人の男性が立てるほど広く快適に過ごせるおすすめのテントです。ラグジュアリーな雰囲気が漂うおしゃれなデザインも大きなポイント。

オールシーズン対応モデルで、雪の日も使用可能です。前後左右に窓が設けられているため、通気性がよく夏場の使用にも適しています。

ローベンス(ROBENS) クロンダイク 130144

クロンダイクは、ローペンスを代表するコットンテントです。天幕には耐久性と通気性に優れた独自開発のポリコットンを採用しています。Aフレーム構造の大型ドアは出入りがしやすく、フルメッシュにもなるので通気性も優れているのが特徴。強靭な構造で最大130kmの風速にも耐えられます。

天井部には煙突を通すポートを備えているので真冬には薪ストーブの使用も可能。対応人数は、最大で6人です。

ローベンス(ROBENS) クロンダイク 130189

デンマークのアウトドアブランド「ローベンス」の6人用の中型ベルテントです。ブランド独自のハイドロテックスポリコットン素材を採用しており、夏は涼しく冬は暖かに過ごせます。

テント入口が広いため、出入りしやすいのが特徴。天井には煙突用ポートが装備されており、薪ストーブの使用が可能です。さらに、2018年モデル以降はテント内から天井部分のフード開閉を行えるようになりました。おしゃれさと機能性を兼ね備えたおすすめのコットンテントです。

リマ(MLIMA) バハリ4

ベージュとブラウンの落ち着いたカラーで自然の風景になじむ「リマ」のコットンテント「バハリ4」です。フライシートには耐久性に優れたポリコットン素材を採用。通気性がよいため結露が発生しにくいのが特徴です。インナーテントを左右に設置すれば、テント内にリビングと寝室の両方を確保できます。

フライシートをポール本で支えるティピーテントなどと異なり、スチールフレームによってフライシートを面で支えるため、幕が傷みにくく長く愛用できるおすすめのコットンテントです。