より充実した音楽鑑賞を楽しみたい方にとって、イヤホンとヘッドホンのどちらを選ぶべきかといった話題はいつも悩みの種。構造や特性が全く異なるため、どちらがより自分の目的や用途に適しているか迷ってしまう場合もあるのではないでしょうか。

そこで今回は、イヤホンとヘッドホンの違いやメリット・デメリットを踏まえた上で、タイプごとにおすすめのモデルをご紹介します。自分に適したイヤホンやヘッドホンを見つけるためにぜひ活用してみてください。

イヤホンとヘッドホンの違いとは?

By: amazon.co.jp

イヤホンとは、耳の穴に装着するタイプのリスニング機器のことです。鼓膜の近くで音声を鳴らすため、音の響きを強く感じられるのが特徴。なお、イヤホンには、耳介に掛けて軽快に使えるインナーイヤー型と、耳の穴に差し込んで高い遮音性を持つカナル型の2種類が存在します。

ヘッドホンとは、耳を覆うようにして装着するタイプのリスニング機器のことです。耳に近接した場所から音を発するため、空間の広がりを意識しながら音楽を楽しめるのが特徴。なお、ヘッドホンには、音漏れしにくく迫力のある重低音が体感できる密閉型と、軽快な装着感で広がりのある中高音が味わえる開放型の2種類が存在します。

より高音質なのはどっち?

By: amazon.co.jp

イヤホンとヘッドホンのどちらがより高音質と感じるかは、場合によって異なります。聴く音楽のジャンルや音質の好みによって選ぶと、より満足感を得られるためチェックしてみてください。

基本的には本体のサイズに余裕があり、大口径のドライバーを搭載できるヘッドホンの方が音質面では有利。体の芯に伝わるような重低音の響きや、音域の広がりを感じるような空間的な響きもしっかりと表現できます。EDMやクラシックなどの音楽鑑賞を主に楽しみたい方にはヘッドホンの方がおすすめです。

ただし、細かい音の表現や中高音域の解像感ではBAドライバーを複数搭載したイヤホンの方が高音質と感じる場合もあります。J-POPや洋楽などの音楽鑑賞でボーカル音声のクリアさを重視したい方にはイヤホンがおすすめです。

イヤホンとヘッドホンそれぞれのメリット

イヤホンのメリット

コンパクトで持ち運びやすい

By: amazon.co.jp

軽量コンパクトで扱いやすいのもイヤホンのメリットです。イヤホン本体は軽いモノが多く、有線モデルでも20g以下、ワイヤレスモデルになると左右合わせて10g以下のモノもあります。イヤホンの重さで集中力が削がれないため、軽快な装着感で音楽鑑賞を楽しみたい方におすすめです。

ワイヤレスイヤホンの場合、付属する専用の充電ケースを含めても合計重量が100gに届かないモノが大半なのもポイント。小型デザインの採用によってポケットやバッグにもかさばらず収納でき、通勤やお出かけにも手軽に携帯できるので、外出先でも積極的に音楽鑑賞が楽しめます。

スポーツ用途でも使いやすい

By: amazon.co.jp

イヤホンにはスポーツ用途に適したモデルも多く販売されています。生活防水を示すIPX4以上の防水性能を搭載したモデルであれば、汗による故障を気にせず使用可能です。激しく汗をかくジムでのエクササイズや、雨天下で決行するランニングにも積極的に使用できます。

密着性の高いイヤーチップと耳掛けフックを備えたモデルなら、スポーツで激しく動いた場合にも耳から脱落しにくいのもポイント。高い遮音効果も得られるので、周囲に気を削がれず目の前のトレーニングに没頭したい方にもおすすめです。

イヤホンについて詳しく知りたい方はこちら

ヘッドホンのメリット

音質に優れている

By: amazon.co.jp

優れた音質で音楽を楽しめるのがヘッドホンのメリットです。余裕のある本体サイズを生かすことで高音質再生には欠かせない大口径のドライバーも無理なく搭載できるのが特徴。イヤホンでは再現が難しい重低音や空間的な広がりもしっかり表現できるので、音質に強いこだわりがある方に適しています。

より充実した音質での音楽鑑賞を堪能したい場合は、ハイレゾ対応のヘッドホンもおすすめです。CD音源と比べて3〜6.5倍の情報量を持つハイレゾ音源も音質を劣化させずに再生可能。通常のイヤホンやヘッドホンでは再現できない細かな音や高音域の音も漏らさず聴けるので、普段聴き慣れた曲も新たな一面を発見できます。

ファッションアイテムとしても人気

By: amazon.co.jp

ファッションアイテムとして取り入れられるのもヘッドホンのメリット。高音質にこだわった設計を採用するだけではなく、個性的でおしゃれなデザインを備えたモデルも発売されています。

イヤホンと違って、ヘッドホンは遠目から見ても大きなインパクトがあります。洋服のコーディネートにも埋もれにくいので、自分ならではの個性を周囲に向けてアピールしやすいのがポイント。

ヘッドホンをファッションアイテムとして活用したい場合はデザインに注目。ロゴが大きく目立つモデルや、特徴的な配色を採用したモデルならば、ファッションアイテムとしても十分効果を発揮します。

ヘッドホンについて詳しく知りたい方はこちら

イヤホンのおすすめモデル

オーディオテクニカ(audio-technica) インナーイヤーヘッドホン ATH-CM707

軽快な装着感とコスパの高さが魅力

優れたコスパで人気のあるインナーイヤー型イヤホンです。軽快な装着感が得られるインナーイヤー型としては最大級の口径を誇る15.4mmドライバーを搭載。中高音域で優れた高解像度再生が可能なので、ボーカル曲の音楽鑑賞におすすめです。

新設計の「レゾナンスダクト構造」を採用するのも特徴。インナーイヤー型の弱点である低音の音抜けが補完されているので、低音域の再生もしっかりと楽しめます。

耳珠との干渉を回避するように設計された「クランクブッシュ」によって、安定した装着感が得られるのもポイント。持ち運びに便利な専用ポーチも付属します。

シュア(SHURE) 高遮音性イヤホン AONIC 3

高い遮音性と耐久性でモニタリングイヤホンとしても活用できる

優れた遮音性で音楽に没頭できるカナル型イヤホンです。周囲の騒音を最大37dB抑える「高遮音性テクノロジー」を採用。移動中の電車内やエクササイズの最中でも集中して音楽を楽しみたい方におすすめです。

シングルBAドライバーを搭載することで、中高音域でも音楽そのものの音を忠実に再現できるのも特徴。また、プロフェッショナルの現場向けに高い耐久性を備えているので、モニタリングイヤホンとしても活用できます。

スマホでの通話や音楽操作が手元で行える、マイク内蔵リモコン付きケーブルが付属するのもポイント。また、別売のMMCXケーブルアクセサリーによるリケーブルによって、音質の変化が楽しめるのも魅力です。

ビーツ(Beats) 高性能ワイヤレスイヤフォン Powerbeats

ワークアウト中も活躍する装着感と優れた防水性が魅力

スポーツ用途でも活躍できる左右連結タイプのカナル型ワイヤレスイヤホンです。優れた防水性を備え、調節可能なイヤーフックと複数サイズから選べるイヤーチップが快適な装着感を実現。激しい動きにも対応できるため、ランニングやジムでのワークアウトでの使用にもおすすめです。

Appleが開発したW1チップを搭載しているのも特徴。Androidでも使用可能ですが、iPhoneやiPadなどのApple製品と組み合わせると、ペアリングや機器間の切り替えがよりスムーズに行えます。

バッテリーの駆動時間は最長15時間で、急速充電機能「Fast Fuel」によってわずか5分の充電で1時間の再生が可能なのもポイント。ノイズキャンセリング機能を備えているのも魅力です。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WI-1000XM2

静寂のなかでハイレゾ再生が味わえるネックバンドタイプのカナル型ワイヤレスイヤホンです。業界最高クラスの優れたノイズキャンセリング性能を誇るのが特徴。外音取り込みモードとの切り替えも可能なので、シーンに応じて最適なリスニング環境を整えられます。

高音質を維持したままハイレゾ音源の伝送が可能な「LDAC」コーデックに対応するのもポイント。また、アップスケーリング機能「DSEE HX」によって、CDやMP3などの圧縮音源もハイレゾ級の高音質で楽しめるのも魅力です。

ネックバンドのサポートによってケーブルの煩わしさをほとんど感じないので、長時間の音楽鑑賞も快適。バッテリーは最長10時間の連続再生が可能で、急速充電機能も備えています。

ゼンハイザー(SENNHEISER) 完全ワイヤレスイヤホン MOMENTUM True Wireless 2

完璧な音だけを追求して開発されたカナル型の完全ワイヤレスイヤホンです。ドイツの本社で開発された7mmドライバーを搭載。さまざまなジャンルの音楽の幅広い音域で原音を忠実に再現し、一切妥協のない高音質が堪能できます。音質に強いこだわりのある方におすすめです。

パッシブとアクティブの両方を組み合わせた、優れたノイズキャンセリング機能を搭載するのも特徴。喧騒のなかでも音量を上げず音楽に没頭できます。また、外音取り込み機能を備え、シーンによって切り替えられるのもポイントです。

本体最長7時間とケース最長21時間を合わせて、最長28時間の使用が可能なのも特徴。イヤホン本体は片側約7gと軽く、IPX4の生活防水にも対応します。各種機能がタッチ操作で直感的に調節できるのも魅力です。

ヘッドホンのおすすめモデル

デノン(DENON) 密閉型ステレオヘッドホン AH-D1100

リーズナブルな価格で高音質が味わえる人気の密閉型ヘッドホンです。ネオジウムマグネットを素材に使用した大口径50mmドライバーユニットを搭載。持ち運びに便利な折りたたみ機構も備えるので、外出先でも高音質な音楽鑑賞を楽しみたい方におすすめです。

「アコースティックオプティマイザー構造」を採用しているのも特徴。振動板前後の音圧バランスを調節することで最適な音響特性を再現できるので、さまざまなジャンルの音楽が心地よいサウンドで楽しめます。

ソフトな装着感の低反発ウレタンと肌触りのよい三次元縫製によるイヤーパッドを備えており、長時間のリスニングも快適です。ケーブルの長さは約1.3mで、室内でオーディオ機器へ繋げる際に重宝する3.5mの延長コードも付属します。

アーカーゲー(AKG) プロフェッショナルスタジオヘッドホン K240 MKII

世界中の音響プロフェッショナルも愛用する半開放型モニターヘッドホンです。「セミオープンエアー技術」の採用によって、低音再生に優れた密閉型と高音再生を得意とする開放型の長所を両立しています。

的確な信号送信と優れたダイナミックレンジを持つ「バリモーション30mm XXLトランスデューサー」の搭載もポイント。音源に忠実な音質で幅広い音域の再生が可能なので、DTMでの作曲やレコーディングにもおすすめです。

頭の大きさに合わせた最適なフィット感が得られる「セルアジャスト式ヘッドバンド」の採用も魅力。柔らかなイヤーパッドを備えているので、長時間のセッションやレコーディングでも快適に使用できます。

ゼンハイザー(SENNHEISER) 開放型オーバーイヤーヘッドホン HD 599

自然で空間の広がりがある高音質再生が堪能できる開放型ヘッドホンです。密閉型と違って音が内側にこもらず、コンサートホールで聴いているような開放感を得られながら音楽鑑賞を楽しめます。独自のハイエンドトランスデューサーにより、ナチュラルサウンドを楽しめるのも魅力です。

大型イヤーカップと交換可能なソフトイヤーパッドを備え、装着中は耳に圧迫感をおぼえにくいのも特徴。長時間のリスニングも快適に楽しめます。ただし、音漏れしやすいので自宅での使用が主になりますが、ボーカル曲・クラシック・映画鑑賞などにおすすめです。

ヘッドバンドは頭のサイズに合わせて調節可能なのもポイント。接続するオーディオ機器に応じて使い分けできる2種類のケーブルも付属します。

スカルキャンディ(Skullcandy) サブウーファー搭載ヘッドホン Crusher Evo

骨まで揺さぶる迫力の重低音が体感できる密閉型ワイヤレスヘッドホンです。サブウーファーを内蔵し、再生する低音に連動して本体が振動するのが特徴。リスニング時の没入感がより向上するため、ヒップホップ・EDM・映画鑑賞などにおすすめです。

Audiodoと共同開発した「パーソナルサウンド」機能もポイント。専用アプリで測定した聴力に合わせて最適化した音質にカスタマイズできるので、自分専用の理想的なサウンドが楽しめます。

最長40時間の再生が可能なバッテリーを搭載しており、急速充電にも対応。折りたたみ構造を採用しているので持ち運びも簡単に行えます。さらに、万が一紛失した場合でも忘れ物防止アプリ「Tile」によって捜索できるのも魅力です。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-1000XM4

深い静寂のなかで研ぎ澄まされた高音質が堪能できる密閉型ワイヤレスヘッドホンです。ハイレゾ音源の伝送が可能な「LADC」コーデックに対応。アップスケーリング機能「DSEE Extreme」で圧縮音源もハイレゾ級の音質で再生できるので、ワイヤレス環境でも高音質再生を楽しみたい方におすすめです。

業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を有しているのも特徴。音楽再生中でも発話するだけで外音取り込みモードに切り替わる「スピーク・トゥ・チャット」機能や、ユーザーの行動や場所に連動して最適なリスニング環境を用意する「アダプティブサウンドコントロール」などの先進機能も搭載しています。

低反発ウレタン素材を採用した立体縫製イヤーパッドによって、長時間のリスニングでも快適な装着感が得られるのもポイント。スタイリッシュなデザインも魅力のアイテムです。