音楽鑑賞を楽しみたい方にとって、イヤホンとヘッドホンのどちらを選ぶべきかという話題は悩みの種になりがちです。構造や特性が全く異なるため、どちらがより自分の目的や用途に適しているか、迷ってしまう場合もあるのではないでしょうか。

そこで今回は、イヤホンとヘッドホンの違いやメリット・デメリットを踏まえたうえで、タイプごとにおすすめのモデルをご紹介。ぜひ参考にして、ぴったりのアイテムを見つけてください。

イヤホンとヘッドホンの違いとは?

By: amazon.co.jp

イヤホンとは、耳の穴に装着するタイプのリスニング機器のことです。鼓膜の近くで音声を鳴らすため、音の響きを強く感じられるのが特徴。また、イヤホンには、耳介に掛けて軽快に使えるインナーイヤー型と、耳の穴に差し込んで高い遮音性を持つカナル型の2種類が存在します。

ヘッドホンとは、耳を覆うようにして装着するタイプのリスニング機器のことです。耳に近接した場所から音を発するため、空間の広がりを意識しながら音楽を楽しめるのが特徴。ヘッドホンには、音漏れしにくく迫力のある重低音が体感できる密閉型と、軽快な装着感で広がりのある中高音が味わえる開放型の2種類が存在します。

より高音質なのはどっち?

By: amazon.co.jp

イヤホンとヘッドホンのどちらがより高音質と感じるかは、場合によって異なります。聴く音楽のジャンルや音質の好みによって選ぶと、より満足感を得られるためチェックしてみてください。

基本的には本体のサイズに余裕があり、大口径のドライバーを搭載できるヘッドホンの方が音質面では有利。体の芯に伝わるような重低音の響きや、音域の広がりを感じるような空間的な響きもしっかりと表現できます。EDMやクラシックなどの音楽鑑賞を主に楽しみたい方にはヘッドホンの方がおすすめです。

ただし、細かい音の表現や中高音域の解像感ではBAドライバーを複数搭載したイヤホンの方が高音質と感じる場合もあります。J-POPや洋楽などの音楽鑑賞でボーカル音声のクリアさを重視したい方には、イヤホンがおすすめです。

イヤホンとヘッドホンそれぞれのメリット

イヤホンのメリット

コンパクトで持ち運びやすい

By: amazon.co.jp

軽量コンパクトで扱いやすいのもイヤホンのメリットです。イヤホン本体は軽いモノが多く、有線モデルでも20g以下、ワイヤレスモデルになると左右合わせて10g以下のモノもあります。イヤホンの重さで集中力が削がれないため、軽快な装着感で音楽鑑賞を楽しみたい方におすすめです。

ワイヤレスイヤホンの場合、付属する専用の充電ケースを含めても合計重量が100gに届かないモノが大半なのもポイント。小型デザインの採用によってポケットやバッグにもかさばらずに収納しやすく、通勤やお出かけにも手軽に携帯できるので、外出先でも積極的に音楽鑑賞が楽しめます。

スポーツ用途でも使いやすい

By: amazon.co.jp

イヤホンにはスポーツ用途に適したモデルも多く販売されています。生活防水を示すIPX4以上の防水性能を搭載したモデルであれば、汗による故障を気にせず使用可能です。激しく汗をかくジムでのエクササイズや、雨天下で決行するランニングにも積極的に使用できます。

密着性の高いイヤーチップを備えたモデルなら、スポーツで激しく動いた場合にも耳から脱落しにくいのもポイント。高い遮音効果も得られるので、周囲に気を削がれず目の前のトレーニングに没頭したい方にもおすすめです。

イヤホンについて詳しく知りたい方はこちら

ヘッドホンのメリット

音質に優れている

By: amazon.co.jp

優れた音質で音楽を楽しめるのがヘッドホンのメリットです。余裕のある本体サイズを生かすことで高音質再生には欠かせない大口径のドライバーも無理なく搭載できるのが特徴。イヤホンでは再現が難しい重低音や空間的な広がりもしっかり表現できるため、音質に強いこだわりがある方に適しています。

より充実した音質での音楽鑑賞を堪能したい場合は、ハイレゾ対応のヘッドホンもおすすめです。CD音源と比べて3〜6.5倍の情報量を持つハイレゾ音源も音質を劣化させずに再生可能。通常のイヤホンやヘッドホンでは再現できない細かな音や高音域の音も漏らさず聴けるので、普段聴き慣れた曲も新たな一面を発見できます。

ファッションアイテムとしても人気

By: sennheiser-hearing.com

ファッションアイテムとして取り入れられるのもヘッドホンのメリット。高音質にこだわった設計を採用するだけではなく、個性的でおしゃれなデザインを備えたモデルも販売されています。

イヤホンと違って、ヘッドホンは遠目から見ても大きなインパクトがあります。洋服のコーディネートにも埋もれにくいので、自分ならではの個性を周囲に向けてアピールしやすいのがポイントです。

ヘッドホンをファッションアイテムとして活用したい場合は、デザインに注目。ロゴが大きく目立つモデルや、特徴的な配色を採用したモデルならば、ファッションアイテムとしても十分効果を発揮します。

ヘッドホンについて詳しく知りたい方はこちら

イヤホンのおすすめモデル

ゼンハイザー(SENNHEISER) イヤホン IE 100 Pro

迫力のあるクリアなサウンドを再生できるモデル

ステージやミキシングなどでの使用にぴったりの、モニター向けの有線イヤホンです。上位モデルと同じ口径10mmのトランデューサーやケーブルを採用しており、あたたかみがありつつも力強い迫力のあるサウンドを再生できます。

また、大音量時でも歪みの抑えられたクリアなサウンドを鳴らせるのがメリット。ハウジングは耳の形状にしっかりとフィットするように設計されており、長時間快適に着けていられます。合計4種類のイヤーピースが付属するので、フィット感の調節も可能です。

再生周波数帯域は20~18000Hzで、インピーダンスは20Ω。ケーブルは着脱式で、デバイスとの接続端子には3.5mmステレオミニプラグを採用しています。

ファイナル(final) イヤホン E500

高音質かつコスパに優れたカナル型の有線イヤホン

ゲームやASMR、VRコンテンツの音源を違和感なく再生できるように設計された、カナル型の有線イヤホン。空間のイメージや音の鳴った方向などもしっかりと感じられます。高音質ながらもコスパに優れるので、気軽に購入できるのもメリットです。

ドライバーユニットには、口径6.4mmのダイナミック型ドライバーを搭載しています。耳道の傾きにぴったりフィットする独自の「イヤーピーススウィングフィット機構」を採用しているのも特徴のひとつ。音がよりダイレクトに耳に伝わります。

ケーブルには、柔軟ながら太く丈夫な素材を使用しているので、断線を気にすることなく安心して使用可能。イヤーピースは豊富な5サイズが付属し、軸の色が異なっているため、左右を簡単に判別できます。

ソニー(SONY) イヤホン WF-1000XM4

装着したまま周囲の音を聞きとれる便利なアイテム

周囲の騒音を軽減できるアクティブノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン。人が多い場所や騒音が大きい環境などでも音楽に没頭できます。また、イヤホンを装着したままでも周囲の音を聞きとれる便利な「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」も利用可能です。

ドライバーユニットは口径6mmのダイナミック型で、Bluetoothによるワイヤレス接続でもハイレゾ音源を忠実に再現できるLDACコーデックに対応。また、mp3やストリーミングなどの圧縮された音源を高音質にアップスケーリングして再生できる「DSEE Extreme」なども搭載しています。

ビームフォーミング技術や骨伝導センサーにより、通話品質も優れるので、快適にハンズフリー通話が楽しめるのも魅力です。そのほか、汗や雨を気にすることなく使用できるIPX4の防滴性に準拠。屋外でも安心して使用できます。

オーディオテクニカ(audio-technica) イヤホン ATH-TWX9

高音質なサウンドと優れたノイズキャンセリング性能を実現する、5.8mm⾼解像ドライバーを内蔵した完全ワイヤレスイヤホン。周囲の騒音を気にすることなく使用でき、伸びやかで繊細なサウンドを再生できます。

高性能MEMSマイクを内蔵しており、通話品質に優れているのも魅力。また、自分の声を聴きながら会話ができる「サイドトーン機能」にも対応しているので、より自然な通話ができます。

そのほか、イヤホンをつけたまま周囲の音を取り込める「ヒアスルー機能」なども搭載。イヤーピースは、導管の長さが異なる3種類のモノが付属。耳への収まり具合などを細かく調節できます。

BluetoothのコーデックはSBC・AAC・aptX・aptX Adaptiveに対応。設定の変更や詳細なカスタマイズができる専用アプリ「Connect」も用意されています。

ビーツ(Beats) イヤホン Flex

1日中快適に着けやすい左右一体型のワイヤレスイヤホンです。「Apple W1チップ」を内蔵しているので、iPhoneなどのAppleデバイスとシームレスに接続できます。

音質に関しては、独自の複層構造ドライバーによるパワフルなサウンドを実現。音の歪みが最小限に抑えられており、重厚な低音域を感じられるのもメリットです。

耳への着脱に合わせて音楽を再生/一時停止する「自動再生/一時停止機能」も搭載しています。また、ハウジング部分にはマグネットを内蔵しているので、使用しないときは首に掛けておけて便利です。

バッテリー駆動時間は最大約12時間。10分の充電で約1.5時間再生できる急速充電「Fast Fuel機能」にも対応しています。

タオトロニクス(TaoTronics) イヤホン TT-BH07 MK2

人気モデル「TT-BH07」の後継機として発売された、左右一体型のワイヤレスイヤホン。AACコーデック対応による高音質化と省電力化を実現するAB1531チップを搭載しており、日本向けのチューニングが施されているのが特徴です。

Bluetooth 5.0対応なので、接続の安定性にも優れています。最大約20時間連続で再生でき、1日中充電を気にすることなく音楽に没頭できるのもメリット。また、IPX5の防水性能にも準拠しています。雨や汗、水しぶきなどを気にすることなく、安心して使用可能です。

ヘッドホンのおすすめモデル

ソニー(SONY) ヘッドホン WH-1000XM5

口径30mmのダイナミック型ドライバーを搭載した密閉型のワイヤレスヘッドホンです。低音から高音までバランスよく再生でき、伸びのあるサウンドを実現しています。BluetoothのコーデックはSBC・AAC・LDACに対応しています。

圧縮された音源をアップスケーリングして高音質化できる「DSEE Extreme」機能も搭載。また、ヘッドホンケーブルが付属するので、有線接続でのハイレゾ再生も可能です。

高性能なアクティブノイズキャンセリング機能を搭載しているのもポイント。さらに、「オートNCオプティマイザー」が環境や装着の状態に合わせて、ノイズキャンセリング効果を自動で最適化します。

「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」や、声を発すると外音取り込みモードに切り替わる「スピーク・トゥ・チャット」機能なども搭載。さまざまなシーンで快適に使用できるモデルを探している方におすすめです。

ゼンハイザー(SENNHEISER) ヘッドホン MOMENTUM 4 Wireless

高性能かつデザイン性に優れた製品が揃う、MOMENTUMシリーズのワイヤレスヘッドホンです。人気が高かった旧モデルから大きく性能が向上していると謳われています。

ドライバーユニットには、原音に忠実で躍動感のあるサウンドを再生できる42mmトランスデューサーを内蔵。また、音がダイレクトに伝わり、広がりのあるサウンドステージ実現するアングルバッフル技術を採用しています。

アクティブノイズキャンセリング機能も搭載しており、環境に合わせて自動で調節される「アダプティブノイズキャンセリング」に対応。さらに、タッチ操作で外音切り替えモードに素早く切り替えられるのもメリットです。

本体は軽量で、クッション性の高いヘッドバンドとイヤーパッドを採用。加えて、圧迫感を軽減するように設計されているので、長時間快適に装着していられます。

ソニー(SONY) ヘッドホン MDR-1AM2

クリアで広帯域な再生が楽しめる「40mmHDドライバーユニット」を搭載した密閉型のヘッドホン。不要な振動を抑える制振ハウジングや、忠実なサウンドを再現できるフィボナッチパターングリルなど、高音質を実現するさまざまな技術・パーツを採用しています。

低反発ウレタンフォームと合成皮革からなる立体成形イヤーパッドを搭載しているので、長時間快適に着けていられるのもメリット。また、密閉性にも優れているため、迫力のある重低音を再生でき、遮音性も良好です。

ケーブルは片出しタイプで、着脱も可能。4極ステレオミニケーブルに加え、ウォークマンなどとバランス接続できる4.4mmバランス標準ケーブルも同梱されています。本体は、ハウジング部分を折りたためるスイーベル機構に対応。キャリングポーチも付属するので、気軽に持ち運べます。

オーディオテクニカ(audio-technica) ヘッドホン ATH-M50X

ロングセラーモデルで、名機としても知られる「M50」の次世代モデルです。レコーディングやモニタリングなどの用途にぴったりなモニターヘッドホンで、ドライバーユニットには「45mmCCAWボイスコイルドライバー」を搭載しています。

原音を忠実に再現できる、高解像度かつ情報量の多いサウンドも魅力。楕円形状のイヤーカップを採用しており、優れた遮音性と快適な着け心地を実現しています。ハウジング部分は90°回転するので、首から掛けたり、片耳でモニタリングしたりなど、使い勝手も良好です。

ケーブルは着脱式で、1.2mストレートコード・3.0mストレートコード・カールコードの3種類が付属。用途や環境に合わせて使い分けられるため便利です。

ゼンハイザー(SENNHEISER) ヘッドホン HD599

開放型のハウジングを採用した有線ヘッドホンです。ダイナミック型のドライバーユニットを搭載しており、再生周波数帯域は12~38500Hzでインピーダンスは50Ω。定位感に優れたサウンドを再生でき、低音も豊かに鳴らします。

大きく厚みがあるイヤーパッドを採用しているので、着け心地や装着時の安定感が良好です。長時間の音楽リスニングも快適。ブラウンとアイボリーの2トーンカラーにメタリックシルバーのアクセントを加えた、高級感のある外観も魅力です。

ケーブルは着脱式で、長さ3.0mの6.3mmステレオ標準ケーブルと1.2mの3.5mmステレオミニケーブルが同梱されています。

タゴスタジオタカサキ(TAGO STUDIO TAKASAKI) ヘッドホン T3-01

美しい木目調のハウジングを採用した有線ヘッドホンです。ドライバーユニットには、本製品のために開発された口径40mmのドライバーユニットを搭載。原音に忠実なモニターサウンドを再生でき、木製パーツならではのナチュラルで美しい音響効果を実現しています。

本体は耐久性に優れた堅牢なデザインで、消耗パーツの交換も容易。軽く快適な着け心地で、長時間の音楽リスニングにもぴったりです。