数ある暖房器具の中でも、薪ストーブは火力が強くて暖かい上に、天板の上で調理もできるのでおすすめです。周囲を囲んで集まれば、冬場のアウトドアシーンが身も心も暖かい団らんの場所に早変わり。今回は薪ストーブの人気モデルを選び方や使用時の注意点も含めてご紹介します。

薪ストーブとは?

By: amazon.co.jp

薪ストーブは薪を燃料として熱を発する暖房器具。本体内部が燃焼することによる熱の放出と、本体の周囲を対流する空気が温められることによって空間を暖房します。石油ストーブやガスストーブに比べて火力が強く、とても暖かいことが魅力です。

暖房器具としてはもちろんですが、調理器具として利用できる点にも注目。薪ストーブは天板部分が熱くなるので、製品の大きさ次第でケトルや鍋を置いて調理も楽しめます。

薪ストーブの選び方

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

アウトドアシーンで使われる薪ストーブの多くはステンレス製や鉄製が一般的です。ステンレス製品は錆びにくいので手入れが簡単な上に、長く使えます。鉄製の薪ストーブは熱しやすく冷めやすい性質があり、使用までの準備にかかる時間が比較的短いことが特徴です。使用する時間や用途に合わせて、適切なモノを選びましょう。

持ち運びやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

薪ストーブを屋外で使う場合は、持ち運びのしやすさも確認しておきましょう。製品によっては、足部分を折り畳めたり、煙突を本体内に収納できたりするモノもあります。アウトドアで使用する場合、移動する車内のスペースや持ち歩きの距離などを確認し、持ち運べる程度の重さや大きさの製品を選びましょう。

使用上の注意点

火傷や飛び火に注意

By: amazon.co.jp

燃焼時の薪ストーブの表面温度は200℃以上になることもあり、触れてしまうととても危険。薪の補充など火の調整をする際はもちろんですが、周囲で暖を取っている際にも注意が必要です。使用の際は十分なスペースを確保し、子供やペットが近づいて怪我をしないよう細心の注意を払いましょう。

室内での使用

By: amazon.co.jp

通常、薪ストーブはタープやテント内での使用は想定されていません。換気が十分でない場所や、煙突が適切に設置しにくい場所での使用は一酸化炭素中毒の恐れがありとても危険です。

しかし、素材や構造が換気性能に優れている「ティピー型」のテントなら、薪ストーブをテント内に設置できる場合もあります。室内で使用したい場合はテントの仕様を確認した上で、薪ストーブの煙突を外に出すことが可能な製品を選びましょう。

薪ストーブのおすすめメーカー

ホンマ製作所

By: amazon.co.jp

1974年創業、日本の新潟県に本社を持つメーカーです。創業以来、暖房器具関連の製品を専門に製造・販売しています。ホンマ製作所の鋳物製薪ストーブは鋳型を使って製作されたストーブならではの繊細なデザインが特徴。また、鉄製ストーブも提供しており、軽量で移動が簡単な製品を探している方にもおすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

By: amazon.co.jp

新潟県にあるパール金属株式会社が2012年にスタートしたアウトドアブランドです。当初はバーベキューコンロや食器の販売がメインでしたが、現在ではテントや寝袋などのアウトドア用品も幅広く展開。キャプテンスタッグの薪ストーブはコンパクトで使いやすく、アウトドア用品メーカーならではの技術が活かされています。

ペトロマックス(Petromax)

By: amazon.co.jp

1910年ドイツで創業した灯油ランタンのブランド。圧力式灯油ランタンやダッチオーブンのメーカーとして知られ、創業当初と変わらないデザインを貫いています。ペトロマックスの薪ストーブは手軽に移動可能な「ロキ」モデルが有名です。

薪ストーブのおすすめモデル

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) KAMADO 煙突ストーブ UG-11

アウトドアシーンに合わせ、多彩な用途で使用できるモデルです。薪ストーブ・焚き火・バーベキュー・ダッチオーブン・かまどの5つの用途で使用でき、炭・薪の両方を燃料として使えます。

上に鍋を置いて調理をする際は、鍋の大きさに合わせてフタの大きさを調整でき便利。折り畳んで持ち運びができないので、購入の際は移動時のスペースを確認しておくことをおすすめします。

ホンマ製作所 黒耐熱窓付時計型薪ストーブ ASW-60B

本体はステンレス製、脚部分は鋳物製の薪ストーブ。表面に施した耐熱塗装によるレトロな風格が特徴です。ステンレス製の製品は鋳物製のモノに比べて軽いので移動が簡単。脚部分には鋳物を採用しているので、安定感も確保されています。

ガラス窓から見える炎を鑑賞しつつ、天板の上でお湯を沸かしたり、料理したりと、さまざまな方法での活用が可能です。

ホンマ製作所 クッキングストーブ

屋外使用専用の薪ストーブ。天板部分の直径は約350mmあるので、大きめのフライパンや鍋での調理もできます。前面についた窓から火の状態を簡単に確認・調整可能。両側についたハンドルは持ち運びに便利です。薪ストーブとしては珍しいミリタリーグリーンのボディはおしゃれでこなれた雰囲気があります。

G-Stove Heat View

コンパクトさと収納性を持ち合わせたモデル。付属されている煙突・煙突フタ・灰落とし用のスクレーパーは全て本体の中に収納して持ち運び可能です。本体の脚部分も折り畳めるので、なるべく荷物を少なくしたいアウトドアの際に役立ちます。ステンレス製のボディは錆びにくく、手入れにあまり労力をかけたくない方におすすめです。

笑’s フォールディング薪ストーブ 焚き火の箱 G-neo SHO-061-00

折り畳んで収納できるタイプの薪ストーブ。コンパクトに畳める仕様ながら、奥行きは約390mmあり、一般的な大きさの薪もくべられます。正面の扉と、左右には耐熱ガラスの窓を採用し、火の状態を確認可能。冬のアウトドアでは、暖かな火を鑑賞しながらのんびりと時間を過ごすのもおすすめです。

テントの中に設置する場合は、テントがストーブの使用に対応しているかを確認しましょう。

薪ストーブ Wood Camping Stove

屋外使用専用の薪ストーブ。脚は折り畳むことができ、煙突は取り外して本体内に入るので、移動時や使わない時はコンパクトに収納できます。広めの天板の上なら、フライパンや鍋を使ってさまざまなバリエーションの調理が可能です。脚を伸ばした状態で、地面から天板までの高さは約54cm。低くしゃがまずに火の確認や薪の補充ができる点にも注目です。

ホンマ製作所 ステンレス時計1型薪ストーブセット

ステンレス製のボディが特徴の1台。暖房器具としてはもちろん、天板で調理もできます。見た目にも清潔感があり、錆びにくいのでお手入れも簡単。長く使えるので、防災用として備えておいてもよいでしょう。薪の長さが500mmを越えると本体に入らないので、薪を作る際や購入する際は事前に長さをチェックしておくことをおすすめします。

ディノス(dinos) バーベキューコンロ 薪&炭が使える KAMADO G46911

2種類の火源を使えてマルチに活躍するモデル。小窓がついたレトロな見た目はアウトドアシーンを盛り上げるアイテムとしておすすめです。燃料を置く目皿の高さを高低の2段階に調節でき、炭の場合はハイ、薪の場合はローで使用します。

アウトドアでの暖房用や炭を使ったBBQ用としてはもちろん、着脱式の天板を取り付ければコンロとしての使用も可能。BBQ網や目皿がついているので、すぐに使い始められることも魅力です。

ecozoom EcozoomVersa

燃料を安定して確保できないときにも少ない燃料で使用できる製品です。燃焼効率がよいので、枯れ葉や小さな枝などを燃料として強い火力を発揮します。ピザやアヒージョなど強い火力を必要とする調理にも対応可能です。

薪ストーブを使用する際は火傷の心配がありますが、この製品は本体に耐熱構造を採用しているため、本体やハンドル部分が熱くなりにくいことがポイント。人の多い場所でも比較的安全に使用できます。

テンマクデザイン(tent-Mark DESIGNS) iron-stove ちび

天板での調理が効率的に進む2口の火口がついたモデルです。お湯を沸かしながら食材を焼くなど、時間を短縮しつつアウトドアでの調理が可能。前面に設置された耐熱ガラスから火が燃える様子が見え、ストーブを囲んで団らんの時間を楽しめます。

使わないときは煙突や脚部分を本体の中に入れておけるので、コンパクトに収納できる製品を探している方にもおすすめです。

ペトロマックス(Petromax) キャンピングストーブ Loki 12761

持ち運びも簡単で、その場で組み立てられるスタイリッシュな薪ストーブ。3本の脚は折り畳み可能で、使う際はピンで差し込んで固定します。また、煙突は5つに分割して本体内に収納し、コンパクトに移動可能です。本体の上に鍋を乗せれば調理器具としても活躍。円形のフタを取り外すと直火での調理に対応でき、さまざまな料理を幅広く楽しめます。

アネヴェイ(ANEVAY) Frontier Stove Plus

世界中で人気を博したアネヴェイの人気シリーズ「Frontier stove」の後継モデルです。煙突やドアを見直し空気のフローを改善することで、燃焼効率が向上。暖房や調理がより効率的に行えます。前面に採用されたガラス窓は本モデルのもうひとつの特徴であり、より簡単に火の確認が可能です。