冬キャンプを楽しむためには必需品となる暖房器具。選択肢はさまざまですが、アウドドアシーンの暖房器具として真っ先に思い浮かぶ「ストーブ」に関してはガスや石油、電気などの熱源ストーブ派と直火の薪ストーブ派に分けることができます。

前者は使い勝手のよさが魅力ですが、後者は暖かさはもちろん、調理にも対応できるほか、飽きのこない見た目のよさもポイントです。そこで、今回はおすすめの薪ストーブをご紹介。製品のメリットや、選び方、注意点も網羅しているので、興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

薪ストーブのメリット

By: amazon.co.jp

薪ストーブはガスや石油ストーブに比べて火力が強く、遠赤外線効果もあって、段違いの暖かさです。燃料となる薪もほとんどのキャンプ場に置いてあるので、簡単に調達できるのもポイント。

また、暖房器具としてだけでなく、調理器具として料理もできるのも大きなメリットです。天板の上でお湯を沸かしたり、鍋やフライパンを使って煮込み料理や炒め物ができたり、さらに、直火料理やオーブン料理ができるタイプもあります。

薪ストーブの選び方

By: amazon.co.jp

薪ストーブを選ぶ時、まずチェックすべきはサイズ。何人で使用するのか、テントの内と外どちらで使うのか、テント内で使用する場合、煙突をきちんと設置できるかなどを考慮する必要があります。

次に薪ストーブの素材選びも大切です。薪ストーブには、大きく分けてステンレス製と鉄製の2種類あります。「ステンレス製」は、錆に強く、手入れが簡単で長く使えます。「鉄製」は、丈夫で熱伝導率・蓄熱性に優れている反面、錆びやすいので手入れが必要です。

ほかにも、持ち運びを考えた収納性、どんな調理ができるのかといった機能性も合わせてチェックしましょう。

薪ストーブの注意点

By: amazon.co.jp

室内

薪ストーブをテントやシェルターなどの室内で使う時、最も注意しなくてはならないのが「一酸化炭素中毒」。適切な換気ができていないと非常に危険です。通常、薪ストーブはテント内での使用は想定されていません。基本的には自己責任です。

換気性能が高く、テント内で焚き火もできる「ティピー型テント」なら、比較的安全に薪ストーブが使用可能。そのほか、シェルターに薪ストーブを設置して煙突を外に出す方法もあります。

室外

薪ストーブを室外で使用する場合、一番気を付けたいのが「やけど」。本体はもちろん、煙突も200度以上の高温になります。衣服が触れた場合でも、素材によっては溶けてしまうので注意しなければなりません。とくに小さな子供がいる場合は、警戒してください。

薪ストーブのおすすめメーカー

By: moki-ss.co.jp

薪ストーブはアウトドアブランドをはじめ、様々なメーカーから販売されています。性能の高さとコスパの良さでおすすめしたいのが、ストーブ専門メーカーの「ホンマ製作所」と「モキ製作所」。

「ホンマ製作所」は、新潟市に本社を置き、40年を超える歴史があるストーブメーカー。家庭用の薪ストーブ製作で培われた技術がキャンプ用モデルにも活かされています。
「モキ製作所」は、環境機器の製造・販売を行っているメーカー。室内でも安心して使える「無煙薪ストーブ」は画期的。高い燃焼効率で薪も節約できます。

どちらも種類やサイズが豊富で、継ぎ足し用の煙突やメンテナンス用品などのアクセサリーも充実しています。専門メーカーならではの確かな技術力で信頼性は抜群です。

冬キャンプにおすすめの薪ストーブ

ロゴス(LOGOS) Smart Garden 薪ストーブグリル

人気アウトドアブランド「ロゴス」の薪ストーブです。本体の主要部分がアルミ鋳物製なので、鋳鉄製よりも軽くて取り扱いがラクラク。抜群の暖房力に加え、鉄板焼き用と網焼き用のプレートが付属。料理の幅がグッと広がります。

薪だけでなく炭も使用可能。バーベキューも楽しめます。初心者からベテランまで満足できる高機能薪ストーブです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) KAMADO(かまど) 煙突ストーブ UG-11

高機能&低価格なアウトドアギアで定評がある「キャプテンスタッグ」の薪ストーブ。シーンに合わせて、薪ストーブ、バーベキュー、焚き火、ダッチオーブン、かまどの5つの使い方が可能です。煙突効果で薪も炭もよく燃えます。

暖をとるのはもちろん、様々な調理にも使えて、冬キャンプの強い味方になってくれるおすすめストーブです。

小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) ちびストーブ3

小川キャンパルの薪も炭も使える屋外用小型ストーブです。煙突や台座は分解して、本体にすべてのパーツを収納可能。キャリーバッグ付きでアウトドアへの持ち運びに便利です。

薪の燃焼効率をあげる網・ロストルや火バサミもセットになっていて、すぐに使用可能。エントリーモデルとしてもおすすめです。

小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) G-STOVE HEAT VIEW XL

ノルウェー発のステンレス薪ストーブ「G-STOVE」の本体を10cm長く設計したモデル。サイズアップしたことで、長い薪も入れやすくなっています。本来、燃焼効率の高い優れたストーブなのでストレスなく使用可能です。

本体の上に鍋やフライパンをのせて調理できるのもポイント。冬キャンプで暖房&調理器具として頼りになる高性能ストーブです。

ホンマ製作所(honma-seisakusyo) クッキングストーブ RS-41

ストーブメーカー「ホンマ製作所」のアウトドア用薪ストーブ「クッキングストーブ」。コンパクトで本体に取っ手が付いているのが特長。設置や移動も簡単です。長年、薪ストーブを作り続けてきたメーカーだけに、その基本性能は良好。大き目の薪も入れやすい構造になっています。

価格もお手頃でエントリーモデルにピッタリ。薪ストーブ入門者におすすめのストーブです。

ホンマ製作所 ストーブコンロセット APS-52

「ホンマ製作所」のアウトドア用に特化された時計型薪ストーブと収納用プラスチックケースのセットです。煙突が付いているので、届いたらすぐに使用できます。天板の上に鍋やヤカン、フライパンを置いて調理することも可能。直径26cmの羽釜をセットすれば美味しいご飯も炊けます。

初めての薪ストーブとしても最適。冬キャンプが楽しくなるおすすめストーブです。

ペトロマックス(PETROMAX) キャンピングストーブ LOKI 12761

灯油ランタンやダッチオーブンで知られる「ペトロマックス」のポータブル薪ストーブです。3本脚は折りたたみ式、煙突は5分割式で、コンパクトに収納可能。別売りの専用キャリーケースを使えば持ち運びも便利です。

天板の上で煮炊きが可能。円形のトップカバーを外して、ダッチオーブンをセットすることもできます。デザインもスタイリッシュなおすすめ薪ストーブです。

モキ製作所(MOKI) 組立式無煙 俺のかまど MK-6K

薪ストーブ好きの間で注目されているモキ製作所。その屋外用の人気モデルが「俺のかまど」です。組み立てはプラモデル感覚で誰でも簡単。付属の羽釜で美味しいご飯が炊けるほか、網焼き、串焼きなども楽しめます。

ボディは鋼板が採用されており、耐久性も良好。長野の老舗鍛冶屋が作ったおすすめ高機能薪ストーブです。

笑's(SHO'S) フォールディング薪ストーブ 焚き火の箱 G-neo SHO-061-00

板金屋さんの若社長のアウトドア好きが高じて作り始めたアウトドアギア。それが使いやすいと評判で今や人気ブランドとなった笑'sの薪ストーブです。折りたたんでコンパクトに収納できるので、アウトドアへの持ち運びに便利。バイクツーリングなどにもおすすめです。

側面には耐熱ガラスを使用しており、火の様子をチェックできるのもポイント。ソロから少人数での冬キャンプにおすすめの薪ストーブです。

ロゴス(LOGOS) 調理もできるあったかストーブ チャコグリルストーブ

人気アウトドアブランド・ロゴスの薪と炭、どちらも使えるグリルストーブ。全面メッシュで安全なうえ、炎の熱をじかに感じることができます。天板の上に鍋やフライパンをのせて調理も可能。シンプルな構造で、火床と灰受けの底皿が外せるので手入れも簡単です。周囲をポカポカと暖めてくれるおすすめストーブです。

テンマクデザイン(tent-Mark DESIGNS) iron-stove 改

オリジナリティが光るアウトドアギアで評判のテンマクデザインの屋外用小型薪ストーブです。本体は折りたたんでスーツケース型に収納可能。アウトドアへの携帯性にも優れています。オーブン料理はもちろん、慣れればピザも焼くことが可能。料理の幅がグッと広がります。

耐熱ガラス越しに見える炎の揺らめきはアウトドアの醍醐味。薪ストーブ愛好家にも評価が高いおすすめモデルです。

石村工業 CRAFTMAN C3

岩手県釜石市にある製鉄設備メーカー・石村工業が作り上げた薪ストーブです。コンパクトサイズで持ち運び可能なのでアウトドアでも大活躍。広い天板にポットや鍋、フライパンをのせて調理もできます。前面の大きな扉からは直径25cmのダッチオーブンも入れられます。

屋外での使用を想定されたものですが、外気導入ユニットをつければ室内での利用も可能。パワフルな火力で周囲をポカポカと暖めてくれます。

ロケットストーブ(Rocket Stove) ツイン焚火コンロ WANCO

ロケットストーブのヒットモデルがこちらの「WANCO」。組み立て式で、収納ケースの中にスッポリと収まるのが魅力です。煙突効果の高い燃焼力で落ちている小枝なども燃料として使用可能。煙突の部分にやかんをセットしてお湯を沸かして、焚口では肉や魚などを焼くなど、2口のコンロとしても使えます。少人数の冬キャンプにおすすめの薪ストーブです。

ソロストーブ(Solo Stove) ソロストーブ ライト

アメリカ・テキサス発のソロストーブ。ステンレススチール製の二重構造で高い燃焼効率を実現。薪や小枝などで簡単に着火できるのが魅力です。小型・軽量でソロキャンプやツーリングに最適。

五徳をセットして鍋やポット、フライパンなどで調理が可能。ベテランのバックパッカーから初めてキャンプをする方にもおすすめの薪ストーブです。