火力が強くて暖かいうえに、天板の上で調理もできる「薪ストーブ」。周囲を囲んで集まれば、冬場のアウトドアシーンが身も心も暖かい団らんの場所に早変わりします。

そこで今回は、薪ストーブの人気モデルをご紹介。選び方や使用時の注意点も併せて解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

薪ストーブとは?

By: amazon.co.jp

薪ストーブは、薪を燃料として熱を発する暖房器具。本体内部が燃焼することによる熱の放出と、本体の周囲を対流する空気が温められることによって空間を暖房します。石油ストーブやガスストーブに比べて火力が強いのが魅力です。

暖房器具としてはもちろんですが、調理器具としても利用可能。薪ストーブは天板部分が熱くなるので、製品の大きさ次第でケトルや鍋を置いて調理を楽しめます。

薪ストーブの選び方

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

アウトドアシーンで使われる薪ストーブの多くは、ステンレス製や鉄製が一般的です。ステンレス製品は錆びにくいので手入れが簡単なうえに、長く使えます。鉄製の薪ストーブは熱しやすく冷めやすい性質があり、使用までの準備にかかる時間が比較的短いのが特徴です。使用する時間や用途に合わせて、適切なモノを選びましょう。

持ち運びやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

薪ストーブを屋外で使う場合は、持ち運びのしやすさも確認しておきましょう。製品によっては、脚部分を折り畳めたり、煙突を本体内に収納できたりするモノもラインナップされています。アウトドアで使用する場合、移動する車内のスペースや持ち歩きの距離などを確認し、持ち運べる程度の重さや大きさの製品を選びましょう。

煙突の有無をチェック

By: amazon.co.jp

もしテントに薪ストーブを入れて使う場合は、長めの煙突が付いているモノを選ぶことが大切。煙突のない薪ストーブをテントで使用すると、一酸化炭素中毒になる可能性があり危険です。

薪ストーブをテントに入れて使えば、テント内が暖まるだけでなく、炎が照明代わりにもなりアウトドアならではの雰囲気を味わえます。楽しい時間を安全に過ごすためにも、テント内で使用できることが説明書などに表記されているモノを選びましょう。

使用上の注意点

火傷や飛び火に注意

By: amazon.co.jp

燃焼時の薪ストーブの表面温度は200℃以上になることもあり、触れてしまうととても危険。薪の補充など火の調節をする際はもちろんですが、周囲で暖を取っている際にも注意が必要です。使用の際は十分なスペースを確保し、子供やペットが近づいて怪我をしないよう細心の注意を払いましょう。

室内での使用

By: amazon.co.jp

通常、薪ストーブはタープやテント内での使用は想定されていません。換気が十分でない場所や、煙突が適切に設置しにくい場所での使用は一酸化炭素中毒の恐れがありとても危険です。

しかし、素材や構造が換気性能に優れている「ティピー型」のテントなら、薪ストーブをテント内に設置できる場合もあります。室内で使用したい場合はテントの仕様を確認したうえで、薪ストーブの煙突を外に出すことが可能な製品を選びましょう。

薪ストーブのおすすめメーカー

ホンマ製作所

By: amazon.co.jp

1974年創業、日本の新潟県に本社を持つメーカーです。創業以来、暖房器具関連の製品を専門に製造・販売しています。ホンマ製作所の鋳物製薪ストーブは、鋳型を使って製作されたストーブならではの繊細なデザインが特徴。また、鉄製ストーブも提供しており、軽量で移動が簡単な製品を探している方にもおすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

By: amazon.co.jp

新潟県にあるパール金属株式会社が2012年にスタートしたアウトドアブランドです。当初はバーベキューコンロや食器の販売がメインでしたが、現在ではテントや寝袋などのアウトドア用品も幅広く展開。キャプテンスタッグの薪ストーブはコンパクトで使いやすく、アウトドア用品メーカーならではの技術が活かされています。

ペトロマックス(Petromax)

By: amazon.co.jp

1910年ドイツで創業した灯油ランタンのブランド。圧力式灯油ランタンやダッチオーブンのメーカーとして知られ、創業当初と変わらないデザインを貫いています。ペトロマックスの薪ストーブは、手軽に移動可能な「ロキ」モデルが有名です。

薪ストーブのおすすめモデル

ホンマ製作所 時計2型薪ストーブ AF-52

ホンマ製作所 時計2型薪ストーブ AF-52

コンパクトな薪ストーブを探している方におすすめの製品。本体サイズが幅350×奥行520×高さ345mmと小さいので、キャンプサイトが狭くてもすっきりと置けます。昔ながらのレトロなデザインが魅力です。

天板に鍋を置いて調理したり、やかんを置いてお湯を沸かしたりと、汎用性が高いのもポイント。また、26cmの羽釜を使用できるため、薪の強い火力でおいしいご飯が炊けます。

煙突は、別売品を購入して取り付けることが可能。最大で450mmの薪を入れて使用できます。重さが約4.5kgと軽量なので移動も苦になりません。さまざまな用途に使える、コンパクトで使いやすい薪ストーブです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 煙突角型ストーブ KAMADO UG-51

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 煙突角型ストーブ KAMADO UG-51

本製品は大小2つの五徳があり、同時に2つの鍋で調理できるのがポイント。キャンプやアウトドアで悩みとなる調理時間の問題を解決できるのでおすすめです。網が付属しているため、バーベキューも楽しめます。

ネジ不要で組み立てができ、脚を広げるだけで設置可能。脚の長さはハイとローの2段階に調節できるので、テーブルや調理台の高さに合わせて使えます。薪や炭を継ぎ足すのに便利な大きめの扉が付いており、作業しやすいのもポイントです。

煙突が2本付属しているのも特徴。周囲に合わせて長さを変えて使用できます。本体と付属品を全て収納できるバッグも付属しているため、持ち運びに便利。アウトドアで色々な調理を楽しみたい方におすすめの薪ストーブです。

ペトロマックス(Petromax) キャンピングストーブ Loki 12761

ペトロマックス(Petromax) キャンピングストーブ Loki 12761

長い煙突が特徴的な薪ストーブ。煙突は5つのパーツに分かれており、収納時はストーブ本体内に収納することが可能です。組み立て式のため、使用しないときはコンパクトにまとめられます。

脚は折りたたみ式。ピンを差し込んで組み立てるだけなので、設置も簡単です。本体の天板にやかんや鍋を置いて調理ができ、暖を取りながら暖かいスープなどを作れます。円形のトップカバーを取り外せば、直火調理も可能です。

煙突は周囲の状況に合わせて長さを変えることが可能。キャンプにもアウトドアにも使いやすいサイズのため、1台あると重宝します。煙突を長く伸ばせる薪ストーブを探している方におすすめの製品です。

ロゴス(LOGOS) 薪ストーブグリル Smart Garden

ロゴス(LOGOS) 薪ストーブグリル Smart Garden

アルミ鋳物製で軽量なロゴスの薪ストーブ。鋳鉄製のモノに比べると軽いので、扱いやすいモノを探している方におすすめです。グリルやプレートを動かすのに便利なリフターとハンドルも付属しています。

穴の開いたグリルと穴のないプレートは、どちらも天板に載せたり横に設置したりすることが可能。天板にグリルを載せれば直火調理、プレートを載せれば鍋調理ができます。天板に載せない方を本体横に設置してやかんなどを置けるため、キャンプの調理スペースがすっきりしやすいのも魅力です。

5つのパーツで組み立てる煙突は長さがあるので、周囲への煙や臭いを軽減することが可能。重厚でおしゃれなデザインなので、キャンプやアウトドアの雰囲気を盛り上げるのに最適です。

ディーオーディー(DOD) メラテレビ 9型 MS1-612-SL

ディーオーディー(DOD) メラテレビ 9型 MS1-612-SL

薪ストーブの大型窓から炎の揺らぎを楽しめる製品。炎がしっかり見えるようにクリアなガラスを採用しています。薪の投入口が広く、扱いやすいのが魅力です。

空気調節ノブを搭載しているため、薪ストーブ内の空気量を自由に調節することが可能。ストーブ本体の左右にはハンドルがあり、片付けの際に便利です。

7本のパーツに分かれている煙突は、高さがあり見た目もおしゃれ。周囲に煙が広がる問題も防げます。収納時は煙突をストーブ本体に収納可能。また、付属のキャリーバッグに全てのパーツが収まるので、コンパクトに持ち運びができるおすすめアイテムです。

オガワ(ogawa) ちびストーブ3

オガワ(ogawa) ちびストーブ3

本製品は、煙突を付けられる薪ストーブのなかでも小さめのタイプ。本体サイズが幅280×奥行400×高さ300mmとコンパクトなので、狭い場所にも楽に設置できます。

煙突や台座はそれぞれ分解が可能。本体内に全てのパーツを収納できるため、コンパクトにまとめられます。専用の収納ケースが付属しており、重さが約5.2kgと軽いので持ち運びしやすいのも魅力。小さくて軽い煙突付きの薪ストーブを探している方におすすめです。

鶴田工業所 ロケットストーブ わんこ

鶴田工業所 ロケットストーブ わんこ

本製品は薪の投入口に窓がなく、楽に燃料の追加ができるのが特徴。薪だけでなく小枝や松ぼっくりも燃料にできるので、薪が切れても安心して使えます。

直火の上に鍋を置いて調理したり、網を置いてバーベキューをしたりと、さまざまな使い方が可能。煙突の先には五徳が付いており、小さなやかんを置いてお湯を沸かせるため便利です。

本体や付属品は全てアタッシュケースにまとめることが可能。重さも約5.8kgと軽量なので、移動や持ち運びが苦になりません。小型で楽に使えるおすすめアイテムです。

バイオライト(BioLite) キャンプストーブ2 CSC1001

バイオライト(BioLite) キャンプストーブ2 CSC1001

薪を燃やす熱を利用して、USB充電に必要な電気を生み出すユニークな薪ストーブ。キャンプやアウトドアの悩みとなる、スマホやタブレットの充電問題を難なく解消できるのが特徴です。

本体内部には蓄電可能な2600mAh充電式バッテリーを備えており、炎が消えても充電できます。また、内部ジェットに4つのファンを搭載しているのもポイント。空気を循環させてバイオマスの燃焼を改善するため、煙が少なく快適に使えます。

さらに、上部にやかんを載せて水を沸かすことも可能。コンパクトで軽量なので持ち運びや移動も楽にできます。レジャーだけでなく、防災用としても便利に使えるおすすめのモデルです。

Lynx Cabin 薪ストーブ

Lynx Cabin 薪ストーブ

ステンレス製で重さが約1kgと軽量な薪ストーブ。直径が約198mmで高さが約300mmとコンパクトなので、ソロキャンプにも最適です。パーツを分解して小さくまとめられるため、かさばらずに持ち運びができます。

本体上部には、やかんや鍋を置ける五徳が付いているので便利。25kgまでの鍋を置けるため、カレーや豚汁を作ることも可能です。また、火打ち石と火吹き棒が付属しているので、火起こしもスムーズにできます。

さらに、薪だけでなく、キャンプ場にある小枝などを燃料にできるのもポイント。価格が安いかつ、使い勝手に優れたおすすめアイテムです。

ユニフレーム(UNIFLAME) ネイチャーストーブラージ 682982

ユニフレーム(UNIFLAME) ネイチャーストーブラージ 682982

1~2人での使用に最適なコンパクト設計のモデル。風の力を利用して効率よく炎を生み出す設計のため、火を絶やさずにしっかり暖を取れます。本体上部には五徳が付いており、コンパクトながら調理ができるのもポイントです。

薪だけでなく、小枝や落ち葉などを燃料にできるのも魅力のひとつ。身近にあるモノで火を絶やさずに使えるので、薪がなくなって慌てることもありません。

使用後は、小さく折りたんで専用ケースに入れられるのもメリット。重量も約1.2kgと軽いため、持ち運びのしやすさにも優れています。1つ持っていると重宝する、コンパクトで使いやすい製品です。