筋力トレーニングを行う際に活躍する「筋トレグッズ」。幅広い種類の器具が展開されているため、鍛えたい部位などに適したアイテムを選ぶのがポイントです。

そこで今回は、筋トレグッズの選び方やおすすめの器具をご紹介します。各製品の特徴なども解説するので、自分に合った筋トレグッズを選ぶための参考にしてみてください。

筋トレグッズの選び方

目的や鍛えたい部位に適したモノを選ぶ

腹筋

By: activewinner.com

腹筋を鍛えるのにおすすめの筋トレグッズは「腹筋ローラー」。ローラーの両サイドに、グリップが搭載されている器具です。腹筋に負荷をかけられるのはもちろん、同時に背中や腕などを鍛えるのにも適しています。

トレーニングでは、四つ這いの状態や立ったままでグリップを握り、ローラーを前方に転がし腹筋などに負荷をかけるのが基本的な使い方。立った状態からローラーを転がし、限界まで身体を伸ばして元に戻すというやり方は強い負荷をかけられるものの、負担が大きいので上級者の方に適した方法です。

初心者の方は、膝を床につき四つん這いの状態から行うのがおすすめ。身体を限界まで伸ばしたら、転がしたローラーを腹筋の力で戻したり、無理せずにゆっくりとお腹から床に倒れて元に戻ったりするなど、レベルに応じて自分に合ったやり方でトレーニングを行いましょう。

腕や足

By: amazon.co.jp

腕や足のトレーニングには、各部位を重点的に鍛えられる筋トレグッズを選ぶのがポイント。部位に応じて腕を鍛えるにはダンベル、足を鍛えるにはレッグスライダーなどの脚部用トレーニング器具を用いるのが適しています。

ダンベルは、ウェイトによって筋肉に負荷をかけ効果的なトレーニングをサポート。タイプによっては重量が調節できる可変式も展開されており、筋力のレベルに応じた重さでトレーニングに使えるのが魅力です。さらに、ダンベルを持った状態でスクワットを行えば、下半身も鍛えられます。

レッグスライダーは、ペダルに足を乗せ、左右にスライドさせて運動する器具のこと。足を鍛えたい場合におすすめの筋トレグッズです。また、足に負荷をかけて鍛えられる、フットレストを搭載したトレーニングマシンも展開されています。

胸筋や背筋

By: amazon.co.jp

胸筋のトレーニング効果を高めるには「プッシュアップバー」の使用がおすすめです。搭載されているグリップを握った状態で腕立て伏せを行い、大胸筋を中心とした胸周りの筋肉を重点的に鍛えられる筋トレグッズ。床に手を直接置いた状態よりも身体が深く沈みやすいのがポイントです。

背筋を効果的に鍛えるには、チンニング(懸垂)やバックエクステンションができるトレーニング器具がおすすめ。バーを握りぶら下がった状態で上下運動を行うチンニングは、全体重がかかる負荷により、背筋や両腕などの上半身を広く鍛えられるのが特徴です。

うつ伏せの状態から身体を上に反らすバックエクステンションは、脊柱起立筋を中心とした背筋全体のトレーニングに効果的。厚みのある背中に仕上げたい方に適しています。

自分のレベルに合った製品をチェック

By: kawase-net.jp

筋トレグッズは、基本的に自重トレーニングよりも大きな負荷をかけ、効率よく筋力を鍛えるための器具です。各製品によって得られる負荷に対応できない筋力で使用すると、ケガをする可能性も。特に、初心者の方など充分な筋力に達していない方は注意が必要です。

まずは負担が少ないモノから始め、自分の筋力レベルに応じて段階的に負荷を高めていくのがポイント。無理なくトレーニングをこなし、次の段階に進むことで、身体をケアしつつ順調な筋力アップに繋がります。

ただし、レベルアップに挑む際に高負荷を筋肉に与えるのも重要。自分のレベルよりも軽い負荷しかかからないモノを使い続けると、次のステップに進めない場合もあるので留意しておきましょう。

プレゼント用なら収納しやすさをチェック

By: kawase-net.jp

プレゼントとして筋トレグッズを選ぶ場合、収納のしやすさもチェックしたいポイントです。筋トレグッズは製品によって、さまざまな大きさのモノが展開されています。自宅のスペースに合わない筋トレグッズを贈られると、収納に困り迷惑になってしまう可能性もあるので注意が必要です。

やや大きさのある筋トレグッズをプレゼントする場合は、折りたたみや分解ができるタイプがおすすめ。折りたたみや細かく分解できるタイプであれば、使わないときに収納がしやすくて便利です。

筋トレグッズのおすすめ

アクティブウィナー(ACTIVE WINNER) 腹筋ローラー トレーニングガイド・マット付

凹凸が施されたホイールにより、滑りにくい腹筋ローラーです。直径18.5cmのダブルローラーを搭載しているのが特徴。安定感を高めており、快適で効率のよいトレーニングをサポートできます。

グリップには握りやすいニトリルゴムを採用しており、手の平への負担を軽減しているのもメリット。また、ミニマットもセットになっているので、膝を保護しながらトレーニングが行えるのもおすすめポイントです。

リクライ(LICLI) 腹筋ローラー

高密度発砲スポンジで握りやすいグリップを採用した腹筋ローラーです。手が滑りにくく、安定したトレーニングを行いやすいのが魅力。さらに、ダブルローラーを備えており、安定性を向上させているのもポイントです。

耐荷重が200kgと高く、壊れにくいのもメリット。また、ローラーにはPVC素材を採用しており、静音性に優れているのも特徴です。

ローラーのサイズが幅2.7×高さ16cm、ハンドルの幅が12cmとコンパクト。省スペースに収納しやすい筋トレグッズを求めている方にもおすすめです。

アイロテック(IROTEC) ダンベル 20KG セット ID20

可変式のダンベルで、自分のレベルに応じて腕周りのトレーニングをしやすい筋トレグッズです。1.25kgと2.5kgのプレートが各4枚のセットになっているのが特徴。なお、シャフトも含めて合計20kgまでの重量調節ができます。

マットブラック塗装で仕上げられた、重量感の漂うワイルドなデザインも魅力。機能性とデザイン性を重視したい方におすすめの筋トレグッズです。

ワウト(WOUT) バーベルにもなる ダンベル 5kg 2個セット

特殊な立体設計シャフトの組み合わせにより、バーベルにしても使えるダンベルです。トレーニングの目的に応じてダンベルとバーベルを使い分けられるのが特徴。汎用性のある筋トレグッズを探している方におすすめです。

プレートにポリエチレンを採用しており、床に置いた際の傷つきを軽減できるのもメリット。また、ぶつかりによる音の発生も少なく、周囲に配慮して使えます。

鉄人倶楽部(IRONMAN CLUB) レッグ トレーニング DX IMC-104

足のトレーニングを行いたい方におすすめの筋トレグッズです。ペダルに足を乗せた状態から、左右にスライドして運動するのが特徴。鍛えにくいといわれている、太もも・内もも・ヒップラインなどを鍛えられます。

ゴムバンドが付いており、より負荷を高めたトレーニングを行えるのもメリット。着脱が可能なので目的に応じて負荷の調節ができます。なお、使用しない時には折りたためるのも魅力です。

ハンドルの搭載により、初心者の方でも安定してエクササイズが行いやすいのもポイント。また、ハンドルには回数・累積回数・消費カロリー・時間が測定できるメーターも備えています。

アルインコ(ALINCO) イージーエクサ EXG144

1台で、腹筋・腕・足などを鍛えられるシットアップベンチです。背もたれ部のシートにスプリングが搭載されており、反動によって腹筋運動をサポート。筋トレ初心者の方におすすめです。

足を鍛えるのに有効なフットレストを備えているのもポイント。太もも前面を鍛えるレッグエクステンションや、主に太もも裏を鍛えるレッグカールに対応できます。

大型タイプながら、コンパクト折りたたんで収納できるのもメリット。汎用性に優れているうえ、扱いやすい筋トレグッズを探している方におすすめです。

ボディテック(BODYTECH) プッシュアップバー 2個セット BTS91NH002

大胸筋など、胸周りの筋肉を鍛えたい方におすすめの筋トレグッズです。通常の腕立て伏せよりも身体を深く沈み込ませやすいのが魅力。また、比較的リーズナブルな価格で購入できるのもメリットです。

グリップは傾斜が設けられており、手首への負担を軽減できるのもポイント。さらに、グリップと同じく脚部にもスポンジが備わっているので、トレーニングで床を傷つけにくいのも特徴です。

パイクスピーク(PYKES PEAK) ぶら下がり健康器 PP63209

自宅でも本格的なトレーニングが行える懸垂マシンです。高さは約180cm~230cmの間で、6段階調節できるのが魅力。身長などに合わせてトレーニングしやすいのがメリットです。

耐荷重は150kgを実現しており、耐久性に優れているのもおすすめポイント。さらに、ぐらつきを軽減する八の字台座を備えているため、安定感も良好です。

リーディングエッジ(LEADING EDGE) バックエクステンションベンチ LE-HRC

コンパクトに折りたためるバックエクステンションベンチです。5段階の高さ調節機能を備えているため、身長に合わせてトレーニングしやすいのが魅力。また、高さ調節はワンタッチで簡単に行えるのもメリットです。

厚さ5cmのラウンドクッションを搭載しているので、ダンベルを活用すれば、アームカールベンチとして使用できるのもポイント。加えて、サイドベント・ディップス・プッシュアップなどにも対応できます。機能性・汎用性の高い筋トレグッズを探している方におすすめです。

TheFitLife トレーニングチューブ

さまざまなトレーニングが行えるトレーニングチューブ。付属のハンドル・足首ストラップ・ドアアンカーなどを使用すれば、腹筋・腕・胸筋・背筋・下半身など、全身の強化が可能です。

チューブタイプなのでバッグなどに収納がしやすいのもポイント。自宅だけではなく、ジムなどに持ち運んで使いたい方にもおすすめの筋トレグッズです。

筋トレグッズの売れ筋ランキングをチェック

筋トレグッズのランキングをチェックしたい方はこちら。