ステーキの味と見栄えをワンランク上げる「ステーキ皿」。焼ける音とこうばしい香りが食欲をそそり、家にいながらレストランのような雰囲気で熱々のステーキを楽しめるのが魅力です。

そこで今回は、ステーキ皿のおすすめモデルと選ぶ際のポイントをご紹介。ステーキ以外の鉄板料理やオーブン料理などにも活用できるため、1枚あると料理の幅も広がります。ぜひ自分にぴったりのステーキ皿を見つけてみてください。

ステーキ皿の選び方

対応熱源をチェック

By: amazon.co.jp

ステーキ皿は、基本的にプレート本体を加熱して使用するアイテム。そのため、必ずステーキ皿の対応熱源をチェックして、自宅のコンロで使えるモデルを選ぶのが重要です。

とくに、市販のステーキ皿はガス火専用のモノが多いため、IHコンロを使っている方は要注意。製品説明欄などで、IH対応の可否をしっかり確認してから購入するようにしてみてください。

なかには、オーブンや魚焼きグリルなど、幅広い熱源に対応した機能的なモデルも展開。オール熱源対応なら、グラタン皿やグリルパンのようにも使えるメリットがあります。ステーキ皿をマルチに活用してレシピの幅を広げたい方におすすめです。

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

ステーキ皿は、小さなモノから大きなモノまでサイズバリエーションが豊富。食べる量や作りたい料理をしっかりと載せられるよう、サイズも忘れずに確認しておきましょう。

ただし、ステーキ皿のサイズは、外寸で表記されている場合が多いので要注意。実際に盛り付けられる範囲は、表記サイズよりも狭い場合があります。そのため、サイズ選びに悩んだ場合には、少し大きめのサイズを選ぶのがおすすめです。

ステーキやハンバーグを載せる場合には、幅20cm以上のモデルが目安。付け合わせの野菜をたっぷりと盛り付けたり、パスタ・焼きそば・チャーハンなどの主食を載せたりしたい場合には、さらに大きめのサイズをチェックしてみてください。

なお、オーブン対応のステーキ皿は、自宅のオーブンの奥行や幅を確認し、十分に収まるサイズのモノを選ぶ必要があります。

深さをチェック

By: amazon.co.jp

ステーキ皿には、深型と浅型の大きく2種類が展開されています。用途や作りたい料理のイメージに合わせて、ステーキ皿の深さもしっかりとチェックするようにしましょう。

煮込みハンバーグやビーフシチューなど汁気の多い料理を盛りつけたい場合には、深型のステーキ皿がおすすめ。チャーハンや野菜炒めなどの炒め物を作ったり、焼きそばやナポリタンなどの麺料理を載せたりする場合に重宝します。

一方、浅型のステーキ皿は、ナイフやフォークの使いやすさが特徴です。サイズも大きめなモデルが多いため、盛り付けしやすいのも魅力。ステーキにたっぷりの野菜やパスタなどを添えておしゃれに仕上げたい場合に活躍します。

デザインをチェック

お手入れのしやすい「シンプルタイプ」

By: amazon.co.jp

シンプルでフラットなデザインのステーキ皿は、洗いやすく水切れもよいため、手軽にお手入れできるのが特徴。余計な装飾がないぶん重すぎないモデルが多く、扱いやすいのもポイントです。

また、ステーキ皿はシンプルな形状でも存在感があるので、日常使いにはもちろん特別な日に使っても様になるのが魅力。とくに、ステーキ皿を頻繁に使用する方や、初めて購入する方はシンプルタイプをチェックしてみてください。

おしゃれな「装飾タイプ」

By: amazon.co.jp

フチの部分などに特殊な装飾を施したステーキ皿は、ゴージャスな見た目と重厚感でテーブルを華やかに演出できるのが魅力。有名ブランドのロゴを刻印したモノや、牛をかたどったモノなど、置くだけで映えるユニークなモデルも展開されています。

デザインにこだわる方はもちろん、大切な記念日にぴったりのおしゃれなステーキ皿を探している方は、ぜひ装飾タイプをチェックしてみてください。

ただし、装飾タイプのステーキ皿は重量のあるモデルが多く、やや扱いにくいのが懸念点。装飾の凸凹部分に汚れが溜まりやすいため、お手入れに手間がかかる点も留意しておきましょう。

木台とセットになったモノも

By: amazon.co.jp

ステーキ皿は、加熱調理後にそのままお皿としても使用するため、木台とセットになったモノが一般的です。木台付きならテーブルにすばやくサーブできます。

ただし、木台はステーキ皿から油やソースがハネて汚れやすいのが留意点。使用しているうちに、熱で木台がひび割れしたり変形したりなど劣化してしまう場合もあります。

長持ちするアイテムが欲しい方は、ステーキ皿と接する部分を多層構造にして木台の強度を高めたモデルや、手軽に丸洗いできる樹脂製の木台を採用したモデルなどもチェックしてみてください。

ステーキ皿のおすすめ

中部コーポレーション(CHUBU) トキワ ステーキ皿 深型丸 大 306

日常使いしやすい汎用性の高いステーキ皿

江戸時代からの伝統と技術を受け継ぐ鋳物の街、三重県桑名市で作られている「くわな鋳物」のステーキ皿です。熱まわりがよく表面の温度ムラが少ないため、お肉をすばやく均一に調理できるのが特徴。高い保温性により、料理が冷めにくいのもポイントです。

約直径20×深さ2.6cmの深型タイプで、使い勝手がよいのもうれしいメリット。ステーキやハンバーグなどの肉料理にはもちろん、焼きそば・パスタ・チャーハンなどの主食、汁気のあるビーフシチューなどの幅広い料理に活用できます。

IHにも対応しており、機能面も良好。日常使いしやすい、シンプルで汎用性の高いステーキ皿を探している方におすすめです。

中部コーポレーション(CHUBU) トキワ ステーキ皿 デラックス角S型 322

自宅ではもちろん、アウトドアシーンにも活躍

業務用としても使われている本格仕様のステーキ皿です。三重県桑名市の職人が手がける純日本製の「くわな鋳物」。優れた熱伝導率と蓄熱性を有しており、厚みのあるステーキもムラなくジューシーに焼き上げられるのが特徴です。

約幅27×奥行17.1cmのデラックスサイズは、大きなステーキ肉はもちろん、付け合わせの野菜なども一緒に載せて焼けるのがポイント。板厚約3.5mmと十分な厚みがあり、高い保温性を備えているため、焼き立ての熱々料理を長く楽しめるのも魅力です。自宅ではもちろん、バーベキューやキャンプなどのアウトドアシーンにも活躍します。

中部コーポレーション(CHUBU) ステーキ皿 樹脂台タイプ WP301S

樹脂製の木台を採用しており、食洗機にも対応

実用性を重視する方や初心者の方におすすめのモデルです。樹脂製の木台を採用しており、軽くて扱いやすいのが特徴。木台にソースや油がハネても丸洗いできて清潔に使えるうえ、食洗機にも対応しており、ラクにお手入れできるのがメリットです。

約幅24×奥行14.6cmサイズの鉄製プレートを採用。ステーキなどのメインと付け合わせの野菜を載せられます。深さ約1.9cmの浅型で、ナイフとフォークを使いやすいのもポイントです。

ガス火とIHの両方に対応し、機能面も十分。引っ越しなどで熱源が変わった際にも安心して使い続けられます。

中部コーポレーション(CHUBU) トキワ ステーキ皿 花型 314

花型の鉄製プレートが目をひく、おしゃれなステーキ皿です。「くわな鋳物」ならではの上質な佇まいが、テーブルに重厚感と高級感をプラス。ステーキに付け合わせの野菜を彩りよく添えて並べれば、レストランのように特別感のある雰囲気を演出できます。

優れた保温性により温度のムラが少ないため、よりおいしい味わいに仕上げられるのも特徴。IHに対応しており、熱源を気にせず使用できるのもうれしいメリットです。デザイン性と機能性の両方を重視する方は、ぜひチェックしてみてください。

中部コーポレーション(CHUBU) トキワ ステーキ皿 柄付浅型 大 324

取っ手を付けて実用性を高めた、扱いやすいステーキ皿です。柄の部分をフライパンのように握れるため、直火調理をしやすいのが特徴。優れた蓄熱性を有する鉄鋳物のプレートで、料理が冷めにくく、出来立てのおいしさをゆっくりと味わえるのもポイントです。

直径約22cmの丸型サイズは、ステーキやハンバーグをはじめ、焼きそば・パスタ・チャーハンなどを作りたい場合にもぴったり。浅型タイプで、ナイフ・フォーク・スプーンをスムーズに使えるのもメリットです。

落ち着きのあるダークブラウンの木台も好印象。ほかの食器やカトラリーにも程よくなじんで、テーブルを上品に彩ります。

イシガキ産業 鉄鋳物 大判ステーキ皿 2枚組

幅広い熱源に対応した機能的なステーキ皿です。ガスとIHはもちろん、魚焼きグリルやオーブンも使える優れモノ。高い熱伝導率と蓄熱性を有する鋳鉄製なので、ジューシーに焼き上げた熱々の料理をゆっくりと堪能できるのも魅力です。

約幅24×奥行17.5cmの大判サイズは、大きめのステーキやハンバーグを焼きたい場合にぴったり。付け合わせの野菜を載せても程よく余白が残るため、より見栄えよくおいしそうに仕上げられます。

移動に便利な専用ハンドルと竹製木台が付属しており、使い勝手も良好。比較的リーズナブルで、コスパがよいのもうれしいポイントです。また、本製品は2枚組ですが、1枚だけの同モデルもラインナップされています。

及源(OIGEN) 盛栄堂 新ステーキ皿 F-56M

岩手県に本社を置く南部鉄器の老舗「及源」が手がけるステーキ皿です。南部鉄器ならではの上品かつ重厚感あふれる佇まいが特徴。優れた熱伝導率と蓄熱性により、お肉の旨味を閉じ込めてジューシーに焼き上げられる上質なモデルです。

専用のハンドルと木台が付属しているため、出来上がった料理を熱々のまま、すばやくテーブルへサーブできるのもポイント。焼杉材を用いた木台は味わい深い雰囲気を醸し、優れた耐久性で長く使いやすいのもメリットです。

とくに、品質にこだわる方におすすめ。日本を代表する伝統工芸品のひとつ「南部鉄器」で作られたステーキ皿の使い心地をぜひ試してみてください。

パール金属(PEARL METAL) スプラウト 鉄鋳物製ステーキ皿 丸型 20cm HB-3056

ガス・IH・オーブンに対応した汎用性の高いステーキ皿です。外径約21cmとやや小ぶりなサイズは、オーブンに収まりやすいのがポイント。約2.5cmと深さがあるため、煮込みハンバーグやシチューなど汁気のある料理を盛りつけたい場合にも活躍します。

専用のハンドルと木台が付属しており、熱々の料理をすばやくテーブルに運べるのも魅力。保温性に優れた鋳鉄製なので、料理が冷めにくいのもうれしいメリットです。

比較的リーズナブルでコスパも良好。ステーキ皿を試してみたい方やシンプルなモデルを探している方や、家族用に複数枚揃えたい方などにおすすめです。

ストウブ(staub) ステーキプレート プレート 33×23cm 40509-523-0

フランス生まれのクックウェアブランド「ストウブ」のスタイリッシュなステーキ皿です。熱伝導率と蓄熱性に優れた鋳鉄製で、ステーキをジューシーに焼き上げられるのが魅力。余熱によって、火を止めた後にも料理の温かさを保てます。

ガス・IH・オーブンに対応しており、熱源を選ばずに使用できるのもうれしいポイント。約幅33×奥行23cmの大判サイズは、数人分のステーキを一度に焼いたり、お好み焼き・焼き肉・焼きそばなどの鉄板料理を作ったりと幅広く活躍します。

ステーキ皿本体に刻印された「STAUB」のロゴをはじめ、ナチュラルな色味の木台がテーブルにおしゃれ感をプラス。機能性はもちろん、デザイン性にもこだわり方におすすめです。

池永鉄工(Ikenaga Iron Works) ステーキ皿 牛型

牛をかたどったユニークなステーキ皿です。約幅21.5×奥行18.5cmサイズは、1人分の料理を載せるのにぴったり。ステーキや野菜を彩りよく盛り付けてテーブルにサーブすれば、ステーキハウス気分で熱々の料理を楽しめます。

ガス火のほかIHにも対応しており、使い勝手も良好。専用の木台が付いているので運びやすいのもうれしいポイントです。インパクトのあるステーキ皿を探している方はぜひチェックしてみてください。

池永鉄工(Ikenaga Iron Works) Sマルチステーキ 2枚組

シンプルな小判型のステーキ皿です。ステーキ・ハンバーグ・パエリア・焼きそばなど、さまざまな料理でマルチに活躍する汎用性の高いモデル。熱伝導率と蓄熱性に優れた鉄鋳物で、温度のムラが少なく、お肉のうまみを閉じ込めて焼き上げられるのも特徴です。

専用のハンドルと木台が付いており、使い勝手も良好。ハンドルはステーキ皿のさまざまな箇所にフィットする形状で、使用シーンや利き手を問わず扱いやすいのもうれしいポイントです。

比較的リーズナブルな2枚組でコスパがよいのも魅力。ステーキ皿を家族分揃えたい方や、ステーキ皿初心者の方などにおすすめです。

砺波商店 手付丸ステーキ皿 50324

岩手の伝統工芸品、南部鉄器のステーキ皿です。約直径21.2×深さ2.9cmの深型サイズは、ステーキのほか、煮込みハンバーグ・パスタ・お好み焼きなどを作る際にも活躍。フライパンのように取っ手が付いているので直火調理しやすいのもポイントです。

本製品のほかにも、15cm・17cm・19cmが展開されており、サイズバリエーションも豊富。ぜひ、使う人や用途に合わせて、ぴったりの1台をセレクトしてみてください。

複数揃えて、大人用やサーロインステーキなどの長いお肉を食べる場合には22cm、子供用やカットステーキなどを焼く場合には15cmなど使い分けするのもおすすめです。

トラモンティーナ(TRAMONTINA) シュラスコ 角ステーキ鉄板セット 10239/162

創業100年を超えるブラジル発のキッチンウェアブランド、「トラモンティーナ」が手がけるステーキ皿。ステーキにたっぷりの野菜、南米の串肉料理であるシュラスコなどを楽しむのに適した、約幅28×奥行23cmの大判モデルです。

鋳鉄製のプレートなので、温度のムラが少なく、食材をおいしく焼き上げられるのもポイント。自宅用にはもちろん、パーティーやアウトドアシーンなどでも活躍します。

独特の黒い縞模様がおしゃれに映える、タイガーウッド製の木台も好印象。シンプルな角型プレートと相まって、テーブルを上品かつスタイリッシュに彩ります。

オディ&マスティーニ(Ody&Mastini) ハートのステーキ皿

ハートをかたどったかわいいステーキ皿です。高級感あふれる木製木台が付属しており、テーブルを上品にコーディネートできるのが魅力。業務用の鉄板を用いた純日本製モデルで、品質・機能性ともに良好です。

外寸で約幅23×奥行17cmの使いやすいサイズ感もポイント。ステーキと付け合わせの野菜を載せても程よく余白を残せるため、レストランのようなハイセンスな盛り付けも楽しめます。

特別な記念日にぴったりのおしゃれでユニークなステーキ皿を探している方におすすめ。大切な方へのプレゼントにも適しています。

ニトリ 木台・ハンドル付き ステーキ皿 XG995 8965287

「ニトリ」が展開するシンプルなステーキ皿です。専用ハンドルと取っ手が付属しており、出来立ての熱々料理をすばやく運べるのが特徴。ナチュラルな色味の木台で、テーブルを明るく演出できるのも魅力です。

約幅22×奥行12cmのスタンダードな小判型は、ステーキのほか、ハンバーグや焼きそばなどを食べる際にも活躍。ガス・IH・オーブンに対応しており、使い道が広いのもうれしいポイントです。

比較的リーズナブルでコスパも良好。とくに、ステーキ皿を試してみたい初心者の方におすすめです。

キプロスター(KIPROSTAR) グリルパン スクエア SK-SH20

無骨な佇まいが目をひく、おしゃれなステーキ皿です。直火調理のほか、IHとオーブンにも対応した機能的なモデル。内寸約15cmの小ぶりなサイズは、キャンプやバーベキューなどのアウトドアシーンでも活躍します。

厚みのある鋳鉄製で温度のムラが少ないため、お肉の旨味を閉じ込めてジューシーに調理できるのも魅力。波型の鉄板によりお肉の余分な脂を落とせるので、ヘルシーに仕上げられるのもうれしいポイントです。

フライパンのような取っ手に天然木を用いた木台付きで、使い勝手も良好。約2.7cmの十分な深さがあるため、焼き物や炒め物はもちろん、煮込みハンバーグ・アヒージョ・ロールキャベツ・すき焼きなど和洋中問わずさまざまな料理に活用できます。

オークス(AUX) 大人の鉄板 鉄板小 蓋付き OTS8100

日本有数の金属加工産地、新潟県燕三条の職人が作る上質なステーキ皿です。約4.5mmの極厚鉄板から切り出された重厚な佇まいが特徴。優れた蓄熱性と熱まわりのよさでお肉の旨味を閉じ込めて、ガスでもIHでも外はこうばしく、中はジューシーに焼き上げます。

約幅25×奥行14.5×深さ2cmのゆとりあるサイズは、ポンドステーキなどの大きくて厚みのあるお肉を焼くのにもぴったり。保温性もあるので、出来立てのおいしさをゆっくりと堪能できます。

天然木を用いたおしゃれな取っ手は、熱くなりにくいため握りやすく、使うほどに深みを増す経年変化を楽しめるのも魅力。付属の蓋を使えば、お肉にじっくりと火を通せるほか、アクアパッツァやシュウマイなどの蒸し料理も作れてレシピの幅が広がります。

アサヒ(Asahi) ステーキ皿 唐草 A104 PAS02

熱まわりのよい鉄鋳物のステーキ皿です。フチ部分にあしらわれた、可憐な唐草模様が特徴。ステーキと野菜を載せてテーブルに並べれば、上品かつ華やかな雰囲気をプラスできます。

内寸が約幅27.3×奥行17×深さ1.3cmのスタンダードな浅型モデルで、ステーキにハンバーグ、パスタにチャーハンなど幅広い料理に活用しやすいのもポイントです。

また、熱々の料理を運ぶのに便利な木台付き。ガスとIHの両方に対応し、機能面も良好です。

イケダ(IKD) 超軽量 周弘ステーキ皿 小判型

軽さにこだわった斬新なステーキ皿です。プレート本体に、アルミをステンレスで挟み込むステンレス3層鋼を用いて、鉄と同様の保熱量を実現。鉄のような焼き加減を味わえながらも、重さは従来の鉄製モデルの半分程度で扱いやすいのが特徴です。

付属の木台には、軽量で耐火性に優れた桐を使用。さらに、ステーキ皿が接する面に特殊多層構造を採用して耐久性を高めているため、熱々のプレートを置いてもひび割れや変形を起こしにくいのもポイントです。

ガスとIHの両方に対応しており、熱源を選ばず使えるのもうれしいメリット。日常使いしやすい、丈夫で軽量なステーキ皿を探している方におすすめです。

橘(Tachibana) 手造りの小判皿 2枚組 木台・ハンドル付 KT-2267

比較的リーズナブルでコスパのよい2枚組のステーキ皿です。プレートは、食材に熱をムラなく伝えて、旨味をじっくりと引き出す鋳鉄製。高い保温性により料理が冷めにくいため、出来立てのおいしさをゆっくりと堪能できます。

ステーキ皿表面にはシリコン焼付塗装が施されているので、焦げが付きにくく、サビにくいのも特徴。ガス・IH・オーブンなどあらゆる熱源に対応しており、幅広い調理に活用できるのもうれしいポイントです。

専用のハンドルに木台付きと使い勝手も良好。機能面と価格面の両方を重視する方や、手軽に使い始められるステーキ皿を探している方はぜひチェックしてみてください。

ステーキ皿の売れ筋ランキングをチェック

ステーキ皿のランキングをチェックしたい方はこちら。