屋外に設置したアンテナと、屋内のテレビを接続する際に欠かせないのが「アンテナケーブル」です。アンテナが受信した地上波デジタル放送や衛星放送などの番組信号を、テレビへ正確に送る際に必要になります。

ただし、テレビ用のアンテナケーブルにはさまざまな製品が発売されているので、初めて購入する方は迷ってしまうのではないでしょうか。そこで今回は、アンテナケーブルの選び方を踏まえたうえで、おすすめの製品をご紹介します。

テレビ用アンテナケーブルの選び方

プラグの種類で選ぶ

F型(ネジ込式)

By: amazon.co.jp

F型のアンテナケーブルは、先端部分のプラグを覆うようにネジ込み形状が採用されています。テレビ側の接続ポートにねじ込んで取り付けできるため、アンテナケーブルに接触したり引っ張ったりしても抜けにくく、接触不良などのトラブルが起きにくいのが特徴。小さな子供やペットのいる家庭などにもおすすめです。

F型アンテナケーブルが採用するプラグの形状には、後述するL型とストレート型の2種類が用意されているのもポイント。テレビなど接続ポートの向きに合わせて、より取り付けやすいプラグを持つモノが選択可能です。また、片方にL型、もう片方にストレート型を採用する複合型のF型アンテナケーブルも販売されています。

L型

By: amazon.co.jp

L型のアンテナケーブルは、ケーブルに対して直角に折れ曲がったプラグを搭載しています。接続ポートから垂直方向にケーブルを伸ばせるため、スペースの限られた場所でもコンパクトにケーブルを管理できるのが特徴。横向きの背面ポートを備えたテレビを壁際に設置する際や、垂直の壁にアンテナケーブルを接続する際などにおすすめです。

ただし、テレビなど接続機器のポートが下向きに設置されている場合は注意が必要。アンテナケーブルのプラグ形状がL型だと、ケーブルが接続ポートの背面から横方向に伸びてしまうので、かえって使いにくくなる場合が多々あります。

ストレート型

By: amazon.co.jp

ストレート型のアンテナケーブルは、直線のケーブルに対して平行の向きにプラグが搭載されています。先端のプラグからケーブルが真っ直ぐ伸びており、プラグと同じ向きにケーブルを垂らせるのが特徴。液晶テレビやアンテナパーツなどに多く見られる、下向きの接続ポートに取り付ける場合におすすめです。

ただし、接続機器のポートが横向きに設置されている場合は注意が必要。ケーブルが後方に伸びて邪魔になりやすいので、壁際など狭いスペースで使用するのにはあまり向きません。使用環境に応じて、片方にL型プラグを搭載した複合型アンテナケーブルの導入も検討しましょう。

長さで選ぶ

扱いやすいのは5m以下

By: amazon.co.jp

屋内での扱いやすさを重視する場合は、3〜5m程度の長さを持つアンテナケーブルを選ぶのがおすすめです。一般的な住宅で、壁面にあるアンテナ端子がテレビの設置してある部屋まで離れていない限りは、ケーブルの長さが5mもあれば十分に対応できます。

5m以下のアンテナケーブルはコンパクトで取り回しに優れているので、屋内でも扱いやすいのもポイント。また、ケーブルの余った部分は、結束バンドやケーブルホルダーを使えばコンパクトに整理も可能です。

画質を重視する場合にも5m以下という長さは合理的。アンテナケーブルは長さが延びるほど、信号が減衰して映像が乱れるなどのトラブルが起こりやすくなるため、なるべく無駄の少ない長さのモノを選びましょう。

屋外用や延長用として便利なのは10m以上

屋外で使用する場合は、10m以上の長さを持つアンテナケーブルがおすすめです。アンテナから外壁のアンテナ端子までケーブルを引き込む際は、5m以下だと長さが足りなくなる場合が多々あります。10m以上の長さがあれば、長さに余裕を持ってアンテナケーブルの設置が可能です。

10m以上のアンテナケーブルは屋内でのケーブル延長用としても便利。壁面のアンテナ端子からテレビの設置してある部屋まで離れている場合にもしっかりと接続できます。ただし、ケーブルが長くなるほどテレビで見られる映像の画質が落ちたり、かさばって掃除がしにくくなったりするので注意しましょう。

太さで選ぶ

2Cの細いケーブルは配線しやすい

設置のしやすさを重視する場合は、2Cの細いアンテナケーブルを選ぶのがおすすめです。直径4mm以下と細くコンパクトで取り回しに優れており、配線がしやすいのが特徴。かさばりにくいので、ケーブルの余った部分も結束バンドやケーブルホルダーを使えば、テレビの裏で簡単にまとめられます。

ただし、2Cのアンテナケーブルは強度がやや弱いのが難点。上にモノを置いたり、強く踏んだりすると断線してしまう場合があります。また、太いケーブルと比較すると保護層が薄く、信号が減衰しやすいのも弱点。一定以上の画質を確保するには、壁面のアンテナ端子とテレビが近い場所でなるべく短めのモノを使用しましょう。

4Cは太くて丈夫

By: amazon.co.jp

耐久性や画質を重視する場合は、4Cの太いアンテナケーブルを選ぶのがおすすめです。直径約6mmの太さがあり、厚い保護層を備えているのが特徴。上にモノを置いたり足で踏んだりしても断線しにくいので、配線に関するトラブルの発生を防げます。

厚い保護層によって信号の減衰を抑えやすいのもポイント。伝送距離が長くなってもケーブル内部を通る電波が弱まりにくく、10m以上などの長さを持つモノでも画質の担保が可能です。ノイズが発生しやすい地域で使用する場合にも重宝します。

ただし、4Cのアンテナケーブルはかさばりやすいのが難点。太く、束ねにくいため、配線の整理には多少の工夫が必要になります。

窓などから引き込みたい場合は薄型のケーブル

By: amazon.co.jp

住宅を傷つけず手軽に設置したい場合は、薄型のアンテナケーブルがぴったりです。平べったいケーブル形状を採用しているのが特徴。窓枠の隙間などにケーブルを通せるので、賃貸の住宅でも壁に穴を開けることなく簡単に設置できます。

ケーブルを通したまま窓の開閉が自在に行えるのも薄型アンテナケーブルの魅力。多少圧迫しても断線するリスクが少ないため、定期的に窓を開けて換気を行う際にも気にせず使用が可能です。

ただし、薄型のアンテナケーブルは長さが短いのが難点。窓枠の前後だけをカバーできる長さのモノが大半なので、ほかのタイプのアンテナケーブルとの併用がおすすめです。

BS・CS・4K・8Kに対応しているかチェック

By: amazon.co.jp

視聴したいテレビ番組に対応しているかもアンテナケーブル選びでは重要です。アンテナで受信できる番組には地上波デジタル放送以外にも、BSや110°CSなどの衛星放送が存在するのがポイント。地デジ放送だけではなく、衛星放送も視聴したい場合は、対応したアンテナケーブルを選びましょう。

110°CS4KやBS8Kなどの高解像な衛星放送を視聴したい場合は、特に注意が必要です。4Kや8Kの衛星放送は提供する番組のデータ量が膨大のため、地デジ・BS・110°CSのみに対応する一般的なアンテナケーブルでは伝送が不可。テレビやチューナーだけではなく、アンテナケーブルも4Kや8Kの信号伝送に対応したモノを選びましょう。

録画中にチャンネルを変えたいなら分配器付きのケーブルを

録画中にチャンネルを変えて、別番組を視聴することを「裏番組録画」と呼びます。シングルチューナー内蔵のテレビでは、通常テレビとアンテナを繋ぐだけでは裏番組録画はできません。2本のアンテナケーブルを使って、テレビとレコーダーの両方をアンテナに接続することで初めて裏番組録画が可能になります。

分配器付きのアンテナケーブルがあれば、裏番組録画に対応する配線がより便利に行えるのがポイント。ケーブルの中間で二股に分かれており、1個でテレビとレコーダーの両方を壁面のアンテナ端子にまとめて接続できます。

ただし、分配器を使って電波を2つに分けると、映像にノイズが目立つ場合があるのが難点。対策として、信号を増幅させるブースターを併用しましょう。

テレビ用アンテナケーブルのおすすめ|5m以下

DXアンテナ(DX ANTENNA) テレビ接続ケーブル 3m 2JW3FFS(B)

細くて取り回しやすい、両橋がF型ストレートのテレビ用アンテナケーブルです。2Cを採用しているため、テレビ裏の狭いスペースにも配線しやすいのが特徴。長さは3mあり、壁面のアンテナ端子と同じ部屋に設置したテレビを繋ぐ場合などにおすすめです。

3重シールドの低損失同軸ケーブルとシールドプラグを採用しているのもポイント。また、プラグ部分には接触不良を予防する金メッキが施されています。

フルHDの地上波デジタル放送・BS・110°CSはもちろん、4Kや8Kの高解像な衛星放送の伝送に対応しているのも魅力。Wi-Fiや携帯電話など電波による干渉を受けにくい仕様なので、安定した画質で番組の視聴が可能です。

ホーリック(HORIC) アンテナケーブル 5m HAT50-043LS

優れたコスパが魅力の、F型ストレートとL型を搭載したテレビ用アンテナケーブルです。片方のL型プラグを使えば、狭い隙間にあるアンテナ端子にも接続が可能。テレビにはネジでしっかりと取り付けられるので、安定した接続状態で使用できます。

手頃な価格ながらケーブル直径6mmの4Cを採用しているのもポイント。長距離でも信号が減衰しにくく、4Kや8Kの衛星放送にも対応しています。視聴時の画質を重視しつつも、なるべく安いアンテナケーブルを探している方におすすめです。

ケーブルの長さは5mで、壁面のアンテナ端子からテレビまでの距離が少し離れている場合にも快適に接続が可能。両端のプラグには接触不良を予防する金メッキ加工が施されています。

エレコム(ELECOM) 4K8K対応TV用アンテナケーブル 3m DH-ATLS48K30

スリム設計で扱いやすい、F型ストレートとL型を搭載したテレビ用アンテナケーブルです。直径3.6mmと2Cよりも細く、柔軟性に優れているのが特徴。プラグ部分もコンパクトに設計されているため、あまり目立たせずに配線したい方にもおすすめです。

ケーブルはフッ素樹脂線材を使用しているのもポイント。地上波デジタル放送やBS・110°CS衛星放送の受信に強く、ノイズも減らせます。また、線材を包むように3重シールド構造も採用されているので、4Kや8Kの衛星放送も高画質で視聴が可能です。

スタイリッシュな外観のデザインも魅力。ケーブルの長さは3mで、壁面のアンテナ端子と近くにあるテレビを繋げる場合などに重宝します。

ホーリック(HORIC) アンテナ分配器 ケーブル2本付属 1m HAT-2SP340WH

2台の機器を同時に接続できる分配器付きのテレビ用アンテナケーブルです。アンテナからの信号を2台の機器へ効率よく分配が可能。テレビとレコーダーを接続して2チャンネル分の番組を同時受信できるので、シングルチューナー内蔵のテレビで裏番組録画を利用したい方にもおすすめです。

ノイズに強い亜鉛ダイキャストケースを採用しているのもポイント。地デジ・BS・CSに加えて、4Kや8Kの衛星放送も高画質で楽しめます。

両端にF型ストレートプラグを持つ、長さ1mの4Cアンテナケーブルが2本付属するのも魅力。壁面のアンテナ端子と2台の機器を接続する場合には、別売りのアンテナケーブルがもう1本必要になりますが、ポートの位置や向きに合わせたカスタマイズが可能です。

日本アンテナ(NIPPON ANTENNA) スキマケーブル 4K8K対応 CF75E

窓枠の隙間を利用して手軽に取り付けられる薄型のテレビ用アンテナケーブルです。ケーブルの長さは0.5mで、平べったい形状なのが特徴。窓枠にわずかな隙間があれば壁に穴を開けずに配線できるので、賃貸住宅に住んでいる方にもおすすめです。

ケーブル両端の付け根にネジ穴を備えており、付属のネジや両面テープで壁面に固定できるのもポイント。また、延長ケーブルとの接続箇所を雨水から保護する防水キャップも1個同梱するため、屋外から配線する場合にも重宝します。

テレビ用アンテナケーブルのおすすめ|10m以上

エレコム(ELECOM) アンテナケーブル L型-ストレート 10m AV-ATLS100

ロング仕様ながら取り回しに優れた、F型ストレートとL型を搭載したテレビ用アンテナケーブルです。押し込むだけで簡単に接続できるプッシュ型のプラグを両側に採用。片方はL型の形状のため、壁面のアンテナ端子など狭い場所での接続にも重宝します。

直径4.2mmの2.5Cスリムケーブルを採用しているのもポイント。長さは10mと長めなので、アンテナ端子がある部屋とは別の部屋にテレビを設置する場合にもおすすめです。

外部ノイズの干渉から信号を保護する3重シールドケーブルと、サビなどに強い金メッキピンを搭載しているのも特徴。地デジ・BS・CSの番組伝送に対応しています。価格が安いのも魅力です。

日本アンテナ(NIPPON ANTENNA) テレビ接続ケーブル CS4GLS10C

4K・8Kの衛星放送にも対応する、F型ストレートとL型を搭載したテレビ用アンテナケーブルです。直径約6mmの太く丈夫な4Cケーブルを採用。2重の高シールド構造も備えており、長さ10mという長距離伝送でも信号ロスを抑えられます。アンテナ端子から離れた場所にあるテレビで4Kや8Kの衛星放送を高画質で視聴したい方にもおすすめです。

片方にL型のプラグ形状と幅約10mmのスリム設計を採用しているのもポイント。壁と家具の狭い隙間にアンテナ端子がある場合にも手軽に接続が可能です。

プッシュ式なので押し込むだけで簡単に取り付けられるのも魅力。また、接触抵抗が低く、サビなどの腐食にも強い金メッキ加工が両方のプラグに施されています。

DXアンテナ(DX ANTENNA) テレビ接続ケーブル 10m 4JW10FFS(B)

安定した取り付けと伝送が可能な、両端がF型ストレートのテレビ用アンテナケーブルです。両端にネジ込み式のプラグが採用されているのが特徴。多少の接触や衝撃でも抜けにくいため、接触不良などのトラブルを予防できます。

直径6mmの太く丈夫な4Cケーブルを採用しているのもポイント。長さ10mとロング仕様なので、アンテナ端子とテレビが離れた位置にある場合でも高画質なテレビ視聴が楽しめます。

4Kや8Kの衛星放送に対応しているのも魅力。また、3重シールド構造のケーブルと金メッキ加工のプラグによって、Wi-Fiや携帯電話など電波の影響も少なく抑えられます。

ホーリック(HORIC) アンテナケーブル 20m HAT200-339SS

遠距離との接続にも対応できるテレビ用アンテナケーブルです。ケーブルの長さが20mと非常に長めなのが特徴なのが特徴。長さに余裕があるので、屋外のアンテナからやや遠くの部屋にテレビまで繋げる場合などにもおすすめです。

両端にネジ込み式のプラグを搭載しているのもポイント。しっかりと機器に接続できるため、抜け落ちや接触不良を心配することなく安心して使用が可能です。また、サビなどの腐食に強い金メッキ加工も施されています。

信号が劣化しにくい太めの4Cケーブルを採用しているのも魅力。4Kや8Kの衛星放送も視聴が楽しめます。

富士パーツ商会(Fuji Parts) S5CFBアンテナケーブル 10m WLF5C-100

より低ノイズで高画質な番組視聴が堪能できる、F型ストレート-L型のテレビ用アンテナケーブルです。直径約7.7mmの5Cケーブルを採用。4Cケーブルよりも太く、伝送時の信号損失がさらに少ないため、画質を重視する方にもおすすめです。

太い芯線を包む4重のシールド構造を搭載しているのもポイント。外部ノイズや電波干渉による影響を徹底的にブロックします。また、接触不良を予防し、腐食にも強い金メッキ加工が両端のプラグに施されているのも特徴です。

地デジ・BS・CSはもちろん、4Kや8Kの衛星放送にも幅広く対応しているのも魅力。F型ストレートのプラグはケーブル部分が回るように設計されており、配線後もねじれの防止が可能です。

アンテナケーブルのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

アンテナケーブルのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。