玄関の散らかりがちな靴をスッキリと片付けるのに便利な「シューズボックス」。一足ずつ収納できるモノと複数収納できるモノがありますが、サイズや通気性のよさは製品によってさまざまです。コレクションの靴を自由にレイアウトして、ディスプレイを楽しめるモノも存在します。

そこで今回は、おすすめのシューズボックスをご紹介。シューズボックスの購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

シューズボックスの選び方

タイプで選ぶ

一足ずつ収納するタイプ

By: amazon.co.jp

一足ずつ収納するタイプのシューズボックスは、持っている靴の量に合わせて必要な数だけ揃えられるのがメリット。置く場所に合わせて個別でも積み重ねても使用できるため、スペースを無駄なく使えます。

玄関はもちろん、押入れやクローゼットなど空いているスペースに収納することも可能。靴が好きでよく購入する方や家族が多い方におすすめです。

軽量なプラスチック製のモノが多く、扱いやすいのもポイント。また、折りたたみ式のモノも存在します。未使用時はコンパクトに収納できるので、場所を取らずに保管できるのも魅力のひとつです。

複数収納できるタイプ

By: rakuten.co.jp

複数収納できるシューズボックスは、扉の構造によって使い勝手が異なります。開き戸タイプは全体が見渡しやすく、出し入れしやすいのが特徴。片開きと両開きタイプがあり、いずれも扉を開く際のスペースが必要となるため、玄関の広さに合ったモノを選びましょう。

引き戸タイプは扉を横にスライドするだけなので、スペースを圧迫せずに靴の出し入れが可能。ボックス内全体は見渡せませんが、玄関を広く使えるのがメリットです。フラップタイプは、スリムなモデルが多いのが特徴。省スペースで設置できるので、玄関が狭い方におすすめです。

扉なしタイプは靴が見えてしまうものの、出し入れが容易。風通しがよく、湿気によるニオイや蒸れが気になりにくいのも魅力です。

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

シューズボックスを選ぶうえでチェックしておきたいのがサイズ。玄関周りはスペースが限られているため、事前に設置スペースを確認し、適したサイズのモノを選ぶことが大切です。大きすぎるモノは玄関を圧迫するだけでなく、導線の邪魔になる場合があります。

背の高いシューズボックスは圧迫感が出やすいものの、省スペースで多くの靴を収納できるのがメリット。玄関が狭く、持っている靴の数が多い方におすすめです。一方、背が低いタイプは収納力に劣りますが、天板上に鍵などの小物類が置けるほか、観葉植物や雑貨などを飾ってディスプレイも楽しめます。

また、ハイヒールやブーツなど靴の種類によっては、ある程度の奥行きや高さが必要です。収納したい靴が入るか、事前に確認しておきましょう。

通気性の高いモノを選ぼう

By: amazon.co.jp

お気に入りの靴を長く愛用するためには、通気性の高いシューズボックスを選ぶことが大切です。通気性が悪いとニオイがこもったり、カビが生じて靴を傷めたりするおそれがあります。

扉を開放して換気することも可能ですが、タイプや扉の大きさによっては邪魔になることも。ルーバーや通気口が付いているモデルであれば、扉を閉じた状態でも換気ができるのでおすすめです。

コレクションのレイアウトに適したモノも

By: rakuten.co.jp

コレクションのレイアウトに適したシューズボックスも存在します。中身が見えるクリアタイプのモノなら、お気に入りのスニーカーをディスプレイして鑑賞することが可能。インテリアとして見せる収納を楽しみたい方にもおすすめです。

一足ずつ収納するタイプは、個別でもスタッキングしても使用でき、部屋の間取りに合わせて自由にレイアウトできます。その日の気分で並び替えて雰囲気を変えられるのもポイントです。

シューズボックスのおすすめアイテム

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) シューボックス ナチュラル MSB

玄関やクローゼットなど場所を問わず使いやすいシューズボックス。一足ずつ収納するタイプで、靴の量に合わせて必要な数だけ使えるため、無駄なスペースを作りません。半透明なので中が見えにくく、スッキリ置けるのもポイント。空きスペースの有効活用に便利なおすすめのシューズボックスです。

Mサイズは約幅28.2×奥行34.5×高さ17.1cmで、ショートブーツや28cm程度の大きな靴の収納にぴったり。Sサイズは約幅23.5×奥行34.6×高さ14cmで、子供靴やハイヒールの収納に適しています。Mサイズは1個あたり0.5kgと軽いので、使い勝手も良好です。

タンスのゲン ツーフェース折りたたみシューズボックス 64700002

使わないときはコンパクトに収納できる折りたたみ式のシューズボックスです。省スペースで保管しておけるので、靴をよく購入する方はストックしておくのもおすすめ。本体サイズ約幅26.5×奥行40×高さ21cmで、ハイヒールなど高さのある靴も入れやすいのがポイントです。

ホワイトと透明の2ドア仕様で、前後どちらからでも出し入れが可能。扉は底面に折り返して開放したままでも使用できます。指を掛ける穴が空いており、靴の出し入れは簡単です。

コモストック(COMO STOCK) シューズボックス csb803

中身が一目で確認できるクリアタイプのシューズボックスです。本体サイズは幅23×奥行33×高さ14cmで、一足ずつ収納するタイプ。0.7mmと厚みがあり丈夫なのも魅力です。玄関での使用はもちろん、オフシーズンの靴をクローゼットなどに収納したいときにも活躍します。

通気口付きで湿気がこもりにくいのもポイント。ニオイが気になる場合も安心して収納できます。価格が安いので、できるだけ費用を抑えたい方にもおすすめです。

ぼん家具 シューズボックス SBX100793

透明度の高く、飾る・見せる収納が楽しめるシューズボックス。一足ずつ収納するタイプで、好みの段数にスタッキングできます。天面のくぼみが底面としっかり噛み合うため、ズレや揺れが生じにくいのもポイント。おしゃれに収納できる、コレクション用のシューズボックスを求めている方におすすめです。

内寸は約幅28.9×奥行22.9×高さ16.9cmで、ハイカットスニーカーなども入れやすいのが魅力。4ドア仕様で向きを気にせず設置でき、どの方向からでも出し入れできます。扉上部に指を掛けられるくぼみが設けられているほか、マグネット式のため開閉もスムーズです。

ぼん家具 シューズボックス SBX100778

縦置きでも横置きでも設置できるシューズボックス。本体サイズ約幅31.5×奥行33×高さ90cmの2個組で、玄関の広さや用途に合わせてレイアウトできます。小さい子供がいる家庭なら手が届きやすい横並びに、玄関が狭くスペースが限られているなら積み重ねてスリムに設置するのがおすすめです。

扉にルーバーが付いており、閉じた状態でも蒸れにくく通気性に優れているのも特徴のひとつ。また、設置場所に合わせて扉の開閉の向きが変えられます。可動棚が付いており、靴の大きさに合わせて1段あたり3段階の高さ調節が可能。ブーツや長靴も収納できます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) シューズボックス 97696

生活感を隠して玄関をスッキリ見せられるシューズボックスです。ルーバー仕様の扉が3枚付いており、通気性に優れているのが特徴。湿気やニオイがこもりにくく、靴にダメージを与えにくいのがポイントです。取っ手付きで開閉しやすいほか、マグネット式でソフトに閉まります。

本体サイズは約幅90×奥行34.5×高さ93cmで、最大約24足を収納可能。1枚の固定棚を挟んで上下に2枚ずつ可動棚が付いており、靴の種類に合わせて約3.2cm間隔、8段階で高さを調節できます。天板上に観葉植物やお気に入りの雑貨などを飾り、見せる収納としてディスプレイするのもおすすめです。

ニトリ シューズボックス クローネ 9060 0620047

スタンダードで使いやすいシューズボックスです。本体サイズ約幅58×奥行35×高さ94cmとスリムで、狭いスペースにも設置可能。空間を圧迫しにくいロータイプで、天板上はお気に入りのアイテムを飾るディスプレイスペースとして活用できます。

中央は固定棚で、上下に2枚ずつ可動棚が付属。靴のサイズに合わせて上段2枚は3cm間隔・7段階、下段2枚は3cm間隔・11段階で高さを調節できます。両開きタイプの扉で、通気性にもデザイン性にも優れたパンチング仕様。リーズナブルな価格もおすすめのポイントです。

ロウヤ(LOWYA) シューズボックス F505_55004_100021

アンティークな風合いが魅力のシューズボックス。おしゃれなシューズボックスを求めている方におすすめです。本体サイズ幅120×奥行34.8×高さ94.3cmの開き戸タイプ。ボックス内を見渡しやすく、出し入れも容易です。

靴のサイズに合わせて、棚板の高さを3cm間隔で調節できるのもポイント。可動棚はプラスチック製で水洗いできるため、清潔に使い続けられます。背面ボードの内側に脱臭効果が期待できるコーティングを施しているのも特徴です。

エアリゾームインテリア(Air Rhizome Interior) シューズラック ブレス miy-ar-sb02

実用性とデザイン性を兼ね備えたシューズボックス。レトロな雰囲気漂うデザインで、シンプルながらおしゃれな印象を与えます。本体サイズは幅60×奥行39.5×高さ98cmで、最大15足ほどを収納可能。4枚の可動棚は3cm間隔で高さを調節できるため、サンダルからロングブーツまで幅広く対応できます。

鍵やシューズケア用品など、小物類の収納に便利な引き出しが付属。天板上はディスプレイスペースとして活用でき、玄関をおしゃれにコーディネートできます。高さ12.5cmの脚付きで玄関の掃除がしやすいのに加え、可動棚は水洗い可能でお手入れが簡単。使い勝手に優れたおすすめのシューズボックスです。

山善(YAMAZEN) シューズボックス CSB-6025

シンプルで空間に馴染みやすいシューズボックス。本体サイズ幅23×奥行34×高さ63cmとスリムで、約5足を収納できます。壁に固定できる転倒防止用のベルトが付属しているほか、接続用の金具付きで、2台積み重ねて収納スペースを増やすことも可能。ワンプッシュ式の扉で、簡単に開きます。

幅19×奥行28cmの可動棚が4枚付属。スニーカーやハイヒールなど靴のサイズに合わせて、3cm間隔・11段階で高さを調節できます。耐荷重は天板20kg、棚板10kgと強度も良好。玄関が狭く設置スペースの確保が難しい一人暮らしの方におすすめです。

不二貿易 ルーバー&ミラー付きシューズボックス 86190

外出前の身だしなみチェックに便利なミラー付きのシューズボックス。本体サイズが幅60×奥行34.5×高さ93cmの両開きタイプで、ボックス内を見渡しやすく、出し入れも容易です。扉1枚はルーバー仕様で通気性も良好。湿気がこもりにくく、お気に入りの靴も安心して収納できます。

3〜4段目は可動タイプで、靴のサイズに合わせて高さを調節可能。最下段は50cmと高さがあり、ブーツや長靴など背の高い靴も収納できます。靴の量が多い方は2台を連結して使うのもおすすめ。大きな姿見としても使用できます。

イケア(IKEA) シューズボックス マッカペール 803.347.59

スペースが限られた玄関でも使いやすい引き戸タイプのシューズボックス。棚は水平にも斜めにも取り付けが可能。ヒールやブーツ、ハイカットスニーカーなど、さまざまな種類の靴を収納できます。

本体サイズ幅80×奥行35×高さ102cmのロータイプ。2台積み重ねても設置できるので、靴をたくさん持っている方にもおすすめです。引き戸のため扉を開放しておいても邪魔にならず、通気性が気になる場合にも安心。清潔感のあるホワイトも魅力です。

白井産業(SHIRAI) シューズボックス MHR-1080SD

ノスタルジックな雰囲気漂うシューズボックスです。板目と柾目を混合したオーク柄で、ヴィンテージ感のある風合いが魅力。インテリアにこだわる外観重視の方におすすめです。可動棚が付いており、靴のサイズに合わせて3cm間隔で高さを調節できます。

扉が邪魔になりにくい引き戸タイプのため、開放して換気することが可能。天板は耐荷重10kgと頑丈で、観葉植物など重いモノも載せられます。脚はABS樹脂製で、お手入れは簡単です。

イケア(IKEA) シューズキャビネット ビッサ 302.427.38

奥行きが浅く、スッキリと設置できるスリムなシューズボックスです。本体サイズ幅49×奥行28×高さ93cmの省スペース設計で、玄関を広く使えるのが魅力。スペースの確保が難しく、シューズボックスの設置を諦めていた方におすすめです。

扉はフラップ式を採用。着脱可能な仕切りが付いており、靴を最大8足ほど収納できます。通気性があり、蒸れやニオイが気になる方にもおすすめ。天板上はメガネや鍵など小物類を置くスペースとして活用できます。

無印良品 パルプボードボックス・フリーラック 18121731

シンプルで使いやすいオープンタイプのシューズボックスです。本体サイズ幅25×奥行29×高さ109cmとスリムな形状が特徴。軽くて丈夫なパルプボード製で、使い勝手も良好です。

湿気がこもりにくい扉なしタイプで、靴の出し入れも容易。靴のサイズに合わせて高さを調節できる可動棚付きで、無駄なスペースを作らずに収納できます。手ごろな価格で購入しやすいので、コスパ重視の方にもおすすめ。靴の量に合わせて必要な台数を揃えやすいのもポイントです。