写真や絵などをおしゃれに飾れる「ピクチャーレール」。掲示物の位置を簡単に調節できるだけでなく、貼り直した跡を壁に残さないのが特徴です。賃貸住宅に住んでいる方や、部屋をスタイリッシュに演出したい方に適しています。

今回は、ピクチャーレールの選び方やおすすめの製品をご紹介。洋服やカバンなどをかけられるモノや、初心者にも取り付けやすいモノまでピックアップしています。写真をおしゃれに飾りたい方はチェックしてみてください。

ピクチャーレールとは?

By: amazon.co.jp

ピクチャーレールとは、絵やポスターなどを飾るために壁や天井に設置するレールのこと。レールにフックやハンガーを取り付け、ワイヤーをかけてモノを吊るします。ピクチャーレールを設置しておけば、飾るモノごとに壁へ穴を開ける必要がありません。

また、ピクチャーレールは絵を飾るだけでなくカバンや帽子などをかけるのにも重宝します。壁面を利用するのでスペースをとられず、簡単に「見せる収納」を実現。カフェや美術館のように部屋をおしゃれに演出したい方や、デッドスペースを有効活用したい方におすすめです。

ピクチャーレールの選び方

耐荷重をチェック

ピクチャーレールを選ぶ上で最も重要なのが耐荷重です。耐荷重を超えたモノをかけてしまうと、ピクチャーレールが外れてしまうこともあり大変危険です。吊るすモノの種類によって必要な耐荷重は異なるので、用途をあらかじめ決めてから選ぶようにしましょう。

ポスターや帽子など比較的軽量なモノをかける場合は、10〜15kgほど耐荷重があるモノがおすすめ。複数のモノをかけたり重い絵画などをかけたりする場合は、20kg以上の耐荷重があると安心です。

設置場所で選ぶ

天井に設置する

By: amazon.co.jp

目立たないようにピクチャーレールを設置したい方は、天井に取り付けるタイプがおすすめです。床からの距離が遠くなるため、部屋を広く見せることが可能。壁に設置するよりも耐荷重があり、重いモノや複数のモノをかけたい方に適しています。

デメリットは、かけたモノを取り外したり動かしたりするのが難しいこと。頻繁に模様替えをしたい方や日用品をかけたい方には、あまりおすすめできません。絵画や写真、ポスターなどのアイテムを飾るのに適したタイプです。

壁に設置する

By: yamasin.com

ピクチャーレール自体をインテリアとして楽しみたい方は、壁に設置するタイプがおすすめ。吊るされているモノを交換したりワイヤーの長さを変えたりするのも簡単にできます。天井に設置するよりも取り付けやすいため、DIY初心者にも安心です。

また、ピクチャーレールを壁に設置すると収納スペースとして使用することも可能。洋服やカバン、キッチン用品などを吊るしておき、必要なときはサッと取り外して使えます。スペースを無駄なく使えるので、一人暮らしの方にもおすすめです。

取り付け方をチェック

By: amazon.co.jp

ピクチャーレールには、大きく分けて2種類の取り付け方があります。1つ目は天井や壁に穴を開けネジを締めて取り付けるタイプ。レールをしっかり固定できるため、植木鉢や大きな絵など重さのあるモノを飾りたい方におすすめです。

2つ目は、取り付けたい場所にピンを刺してレールを固定するタイプです。壁に大きな穴が開かないので、賃貸住宅に住んでいる方におすすめ。ただし、ネジタイプより耐荷重が小さいため、重さのあるモノは飾らないようにしましょう。

長さをチェック

By: amazon.co.jp

ピクチャーレールの長さは、取り付けたい場所や吊るしたいモノのサイズを考慮して決めましょう。注意点は、設置場所と同じ長さのレールを選ぶとフックが着脱しにくくなること。設置場所よりも少し短めのレールを選び、左右に数cmの隙間ができるようにしておきましょう。

市販されているピクチャーレールの長さは、0.5〜3mくらいが一般的です。ちょうどよい長さが見つからない場合は、自宅でカットできるモノを選ぶのもおすすめ。カットの手間をかけたくない方は、サイズオーダーできるメーカーもあるのでチェックしてみてください。

ピクチャーレールのおすすめ

福井金属工芸 レールサン ピクチャーレール WRS-100BW

ネジでは取り付けられない石膏ボード壁に使用できるピクチャーレール。ピンタイプなので、取り外した後に釘の跡が目立ちません。安全荷重は1点がけの場合は5kgで、2点がけの場合は10kgまで対応しています。

ワイヤー先端がボール式なので、従来のフック式よりも目立たずに使用可能。ワイヤーは白に塗装されているため、白やグレーなどの壁に適しています。賃貸住宅に住んでいる方や、すっきりとしたデザインのモノを探している方はチェックしてみてください。

福井金属工芸 C-11型ピクチャーレールセット 3353-W-1

本製品は天井取り付け用のピクチャーレールセットです。レールの幅が14.7mmとスリムなので、あまり目立たずに使えるのが特徴。ネジで穴を開けて取り付けるタイプのため、しっかり固定でき安全性にも優れています。

レール本体だけでなくランナー・ストッパー・ワイヤーが付属しており、すぐに使用できるのもポイント。安全荷重は10kgなので、絵画や写真だけでなく帽子などをかけるのにも適しています。リビングや寝室、子供部屋などさまざまな場所で重宝する製品です。

山伸 ピクチャーレール スリムライン

取り付けビスを2種類の長さから選べ、さまざまな場所に設置できるのが特徴。木部やコンクリート壁には20mmのビスで、石膏ボード壁や天井の下地には30mmのビスで対応できます。レールのカラーは、シルバー・アイボリー・アンバーの3種類から選択可能です。

壁に取り付け時は15kgで、天井に取り付け時は10kgの耐荷重があり、小物だけでなく洋服などもかけられます。スリムで目立ちにくく、部屋に馴染みやすいのも魅力です。なお、本製品にはレールフックやワイヤーフックは付属していないので注意しておきましょう。

YMS ピクチャーレールR 2m

壁面・天井面どちらにも取り付けられるピクチャーレールです。壁に取り付けて収納スペースとして利用したり、天井に設置して目立たないように使用したりすることが可能。カラーはシルバーとアイボリーの2種類があり、部屋の雰囲気に合わせて選択できます。

5つのビスを使って設置するので、しっかり固定できるのもポイント。耐荷重が20kgあるため、大きな絵や植木鉢など重みのあるモノも吊るせます。さまざまな用途や場所で使いたい方におすすめの製品です。

YoYo-ホーム ピクチャーレール

アルミ合金を使用した天井面用のピクチャーレールです。耐久力と防水性に優れているだけでなく、錆びに強いのも特徴。長期間使用しても表面は滑らかなままで、美術館や画廊などでも採用されています。

レールは0.5・1・ 1.5・2・3mの5種類のサイズがあり、設置場所に合う長さを選択可能。0.5mの製品でも耐荷重は20kgあり、重さのあるモノや複数のモノを飾るのに適しています。

フックを左右にずらせるだけでなく、上下の位置調節もワンタッチで可能。レールの色はシンプルな白なので、なるべく目立たないように使いたい方にもおすすめの製品です。

シュウ氏テク U型ピクチャーレール

写真やポスター、絵画などを掲示したり、洋服や小物などを収納したりできるモデル。天井面に取り付けるため部屋を圧迫しにくく、レールが目立ちにくいのも特徴です。錆が出ず退色しにくいアルミ合金を採用し、長期間の使用にも耐えられます。

レールのサイズは2・4mのラインナップがあり、設置場所に合わせて選択可能。たくさんのモノを飾りたい方は、耐荷重が70kgある4mのピクチャーレールが重宝します。リビングやキッチン、寝室などいろいろな場所でしっくりと馴染むピクチャーレールです。

タキヤ(TAKIYA) ピクチャーレール コレダーライン G-2セット

展示保存学芸員や建設施行業者などの専門家と共同開発した美術館仕様のピクチャーレール。安全性を最重視されており、優れた耐久性と堅牢性があるのが特徴です。薄型でシャープなデザインなので、部屋にしっくりと馴染みます。

5色のカラーバリエーションがあるため、インテリアに合わせて選べるのもポイント。レールは柔らかいアルミ素材で作られており、ノコギリで簡単に切断できます。部屋の美観を損ねずに展示物を楽しみたい方におすすめの製品です。

MYホーム 天井用 ピクチャーレールセット

 

おしゃれな空間を気軽に作れる天井用のピクチャーレールセット。ポスターや絵画だけでなく、プロジェクターを吊るすのにも適しています。1mあたり約30kgの耐荷重があるため、複数の小物を飾ることも可能です。

フックの位置は上下左右に移動できるため、掲示物の位置を簡単に調節できます。レールだけでなく、ワイヤー・取り付けネジ・プラグ・カバーがセットになっているため、すぐに使えるのもポイント。おしゃれな空間を気軽に作りたい方は、チェックしてみてください。

T-colors インテリアレール デコレールセット

10〜300cmまで10cm刻みで長さをオーダーできるピクチャーレール。金属ノコギリでレールをカットできるため、自分で長さを調節することもできます。ダークウッドやホワイトなど4つのカラーがあり、インテリアに馴染むモノを選べるのもポイントです。

また、本製品はレールの上部がくぼんでいるのも特徴。上部に写真立てを飾ったり、ハンガーをはさんで衣服やマフラーをかけたりできます。設置スペースにぴったり合うサイズのレールを使えるだけでなく、幅広い用途で使える製品です。

RefoLife ピクチャーレール モノラインプラス

木ネジと石膏釘が付属しているため、さまざまな壁に設置できるピクチャーレールです。板厚が1cm以上ある木部には木ネジを使い、石膏ボードには石膏釘を使って取り付け可能。木ネジはブラケット間隔50cmあたり10kgまでで、石膏釘は3kgまでの重さのモノがかけられます。

フックは耐久性に優れたステンレスを採用。レールのカラーは木目調の3種類から選択できます。また、レールはアルミ製なので金属ノコギリなどで簡単に長さを変えられるのもポイントです。部屋をおしゃれに演出したい方はチェックしてみてください。

ベルク ピクチャーレール10型セット M-357

ピンとネジの2種類のパーツが付属し、石膏ボードにも木壁にも取り付けられるピクチャーレールです。ピン式は気軽に設置できるため、DIY初心者にもおすすめ。レールの長さは1mで耐荷重は10kgあり、小物を飾ったり帽子をかけたりするのに適しています。

キャップやワイヤーも付属しているため、購入した日からすぐに使えるのもポイント。ワイヤーはロック式なので、簡単に長さを変えられます。気軽にピクチャーレールを導入したい方におすすめの製品です。

ラーソン・ジュール・ニッポン クリックレールセット CL-07412

スタイリッシュなデザインで、ヨーロッパを中心に人気の製品です。壁から10mmの薄型設計により、壁に取り付けても目立たないのが特徴。ワイヤーは透明でランナーが付いていないため、見た目もスッキリしています。

カラーバリエーションは、シンプルな白とモダンなインテリアに馴染みやすいシルバーの2種類。白のレールは着色しやすいマット仕様なので、DIY好きな方にもおすすめです。

フックの耐荷重は15kgあるため、複数の絵画や写真などを飾るのにぴったり。カフェのようにおしゃれな部屋作りをしたい方や、目立たないピクチャーレールが欲しい方はチェックしてみてください。

トーソー(TOSO) ピクチャーレールセット w-1

取り付けビスや吊り元が見えないスッキリとしたデザインが特徴のモデル。耐荷重が15kgあり、絵画や写真などのアイテムだけでなく洋服をかけるのにも適しています。キャップ・フック・カバー・ネジが付属しているので、すぐに使えるのも魅力です。

カラーはホワイト・ナチュラルグレイン・ダークマホガニーの3種類。レールは1・2・3mの長さがあり、設置場所に合うモノを選べます。シンプルでさまざまな用途に使えるピクチャーレールです。

タチカワブラインド ピクチャーレールセット VP-1A

専用ブラケットをネジで壁に固定し、レールを押し込むだけの簡単仕様のモデル。組み立てが苦手な方や、気軽にピクチャーレールを使いたい方におすすめの製品です。フックが2つ付属しているため、帽子や洋服などをサッとかけるのに適しています。

シルバーやブラックなど5つのカラーラインナップがあり、部屋の雰囲気に合わせて選べるのも魅力。寝室やリビング、子供部屋など、さまざまな場所で重宝します。

リッセイ ピクチャーレールセット L型ピクチャーレール+ワイヤーフック

4mm幅の隙間がレールに設けられており、まっすぐにネジを打ち込めるピクチャーレール。レールのサイズも豊富で、0.5・1・1.5・2・4mから選択できます。0.5mあたり1本のループ式ワイヤーが付属しているため、別途ワイヤーを購入する必要がありません。

4mのレールの場合、耐荷重が100kgありレストランやオフィスなど業務用としても使用可能。ピンを押し込むだけでスムーズにワイヤーの高さを変えられ、掲示物の位置調節が手軽にできます。機能性に優れているだけでなく、価格が安いのも魅力の製品です。

ピクチャーレールのAmazonランキングをチェック

ピクチャーレールのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。