包丁の切れ味を蘇らせるために便利なアイテム「砥石」。なかでも、セラミック砥石は高い硬度と砥磨力を有しているため、チタンや鋼などの硬い刃物素早く砥げるのが魅力です。

そこで今回は、おすすめのセラミック砥石やその特徴をご紹介。セラミック砥石の形状や大きさにもさまざまな種類があるため、使用する刃物に合ったモノを選んでみてください。

セラミック砥石とは?

By: rakuten.co.jp

セラミック砥石は、非金属元素の材料と無機化合物材料などを固めて作った人工砥石のことです。天然砥石を使用したモノに比べて硬度が高く、チタンや鋼素材の硬い刃物を素早く砥ぎたい場面などによく使用されています。

また、セラミック砥石は耐久性にも優れ、長期間常備しておきやすいため、家庭用の砥石としても人気です。

セラミック砥石のメリット・デメリット

メリット

By: rakuten.co.jp

セラミック砥石の最大のメリットは硬さです。柔らかい砥石の場合、チタンや鋼など硬い刃物に負けやすいのが難点。対して、セラミック砥石は硬い刃物でも素早く砥げるのが魅力です。

また、リーズナブルで高品質なモノが多く販売されているのもポイント。さらに、天然砥石のように長時間水へ浸けておく必要もなく、手軽に使用できるのもメリットです。

事前準備が少なく済む分、セラミック砥石は天然の砥石と比べて初心者へのハードルが低いのもポイント。エントリーモデルを検討している方などにもおすすめです。

デメリット

By: rakuten.co.jp

セラミック砥石は陶器の一種。硬いモノにぶつけたり、落としたりした場合に割れやすいのがデメリットのひとつです。

また、表面が欠けたり、変形したりした場合は修正が効きにくいのも難点。セラミック砥石の破損を防ぐため、固定台などを使用するのがおすすめです。

セラミック砥石の選び方

粒度をチェック

By: rakuten.co.jp

セラミック砥石を選ぶ際に注目しておきたいのが、砥石の荒さを表す「粒度」です。一般的に粒度は3桁の数字で表されます。数字が小さいほど粒度が荒く、数字が大きいほど粒度が細かいのが特徴です。

例えば、長期間使用していなかったり、刃こぼれがひどかったりする刃物には、600番台程度までの荒砥石タイプのセラミック砥石が向いています。

また、悪くなった切れ味を直すなど、家庭で普段使用できるセラミック砥石を選びたい場合は800〜2000番台の中砥石がおすすめ。汎用性が高く、初心者の方でも扱いやすいのが特徴です。

そのほか、仕上がりにもこだわりたい方は3000〜30000以上の仕上げ砥石が適しています。細かな飾りなどを行う和包丁を扱う方は、番手の高いセラミック砥石がぴったりです。

砥石台やケースが付属しているかチェック

By: rakuten.co.jp

セラミック砥石は、基本的に水につけて使用するアイテムです。濡れたままだと菌が繁殖する場合があります。置いておくだけで乾燥できる保管できるケースが付いていると、衛生的に使用できて便利です。

また、専用のケースがあれば衝撃からもセラミック砥石を保護できるので、持ち運びしやすいのもポイント。表面の傷や割れを予防するため、セラミック砥石を長期間愛用したい場合に役立ちます。

そのほか、セラミック砥石を購入する際に砥石台が付属しているかどうかも要チェック。砥石台があれば、使用中にセラミック砥石が動いて傷や割れの原因となるのを防ぎ、大刃物の刃こぼれ予防にも役立ちます。

セラミック砥石のおすすめ

シャプトン(Shapton) 刃の黒幕 荒砥 #220

番手220の荒砥のセラミック砥石です。ステンレスやハイス鋼など硬い金属素材を使用した包丁などに使用可能。優れた砥磨力により、大きく刃こぼれした包丁でもスムーズに修復しやすいのが魅力です。

少ない力で簡単に刃を削れるため、初心者でも手軽に刃物の修復を行えます。お気に入りの包丁を長期間愛用したい方にもおすすめのアイテムです。

シャプトン(Shapton) セラミック砥石 M5 ♯1000 S1602

優れた砥磨力を備え、硬い刃物にも対応可能な1000番のセラミック砥石です。素早い切れ味の復活が期待できます。荒砥石としても兼用可能な中砥石を探している方にもおすすめです。

また、付属の収納ケースを砥石台としても使用できるため、手軽に使用しやすいのも魅力のひとつ。ケースはポリプロピレン製で、使用後に衛生的に保管しやすいのもメリットです。

そのほか、水をかければすぐに刃物を砥ぎ始められるのもポイント。これからセラミック砥石の導入を検討している方の、エントリーモデルとしてもおすすめのアイテムです。

シャプトン(Shapton) 刃の黒幕 中砥 #2000

刃物の手入れに便利な粒度2000番のセラミック砥石です。切れ味と仕上がりのバランスがよく、ほかの砥石を使用しなくても充分なパフォーマンスを発揮できるのが魅力。リーズナブルなため、手軽に入手できるのもポイントです。

また、さっと水をかけるだけで使用できるため、あらかじめ水に浸けておく手間が必要ないのも特徴ひとつ。中砥石のなかでは番手が高い製品なので、簡易的な仕上げ砥石としても使用できます。

低価格ながら機能性に優れているのが魅力のアイテム。包丁の切れ味を適度に維持できれば充分といった方もチェックしてみて下さい。

シャプトン(Shapton) 刃の黒幕 仕上砥 #5000

シャプトンの5000番の仕上げ用セラミック砥石です。表面のツルツル感が少なく、刃物のくいつきがよいのが特徴。また、付属のケースは持ち運び用としてはもちろん、砥石台としても使用できます。

手軽に刃物の手入れができ、砥ぎと仕上げを同時進行できるのが魅力。ケースから取り出してサッと使用しやすいため、時短用の砥石としても向いています。

シャプトン(Shapton) 刃の黒幕 仕上砥 #8000

美しい鏡面仕上げを可能とする、8000番の仕上げ用セラミック砥石。上質な天然砥石のように滑らか砥ぎ感を実現しており、さまざまな刃物を仕上げられるのが魅力です。

また、付属ケースを砥石台として使用できるため、収納スペースの節約に役立つのもポイント。価格もリーズナブルで入手しやすく、コストパフォーマンスに優れたセラミック砥石を求める方にも適しています。

シャプトン(Shapton) 刃の黒幕 仕上砥 #12000

仕上げにこだわりたい方におすすめの12000番のセラミック砥石です。なめらかな砥ぎ感で、刃物を滑らせる楽しさも味わえるのが魅力。美しい鏡面仕上げを実現したい方は要チェックのアイテムです。

本製品は高機能ながら価格がリーズナブルなのもポイント。1日に何度も包丁を砥ぐような職人の方など、本格志向の方にもおすすめです。趣味で刃物の手入れをしている方もチェックしてみてください。

シャプトン(Shapton) 刃の黒幕 鏡面仕上砥 #30000

鏡面仕上げ用のハイエンドなセラミック砥石です。番手は30000で、柳刃包丁や和包丁などの仕上げ用としておすすめ。そのほか、理容師が使う剃刀用の砥石にも向いています。

使い続けて傷が増えた刃物も美しい状態へ仕上げられるのもポイント。価格は高めですが、鏡面仕上げにこだわりたい本格志向の方はぜひチェックしてみてください。

ナニワ研磨工業(NANIWA) エビ印 本職超セラミックス砥石 #800 SS-800

硬度のある青紙2号などを使用した刃物でも、素早く刃付けが可能なセラミック砥石です。本製品は中砥石のなかでも荒めの800番で、荒砥石・中砥石兼用のモデルを探している方に適しています。

また、目詰まりしにくく、砥ぎ滑りを抑えた安定した砥ぎ心地を実現しているのも魅力。さらに、砥石台も付属しています。

各種包丁やナイフなどのほか、ノミ・ハサミ・カンナなどの工具用としてもおすすめ。さまざまな用途に使用できる、汎用性の高いセラミック砥石です。

ナニワ研磨工業(NANIWA) エビ印 セラミック ホームストーン #1000/#3000 QA-0124

1000番の中砥石と、3000番の仕上げ砥石がセットになったセラミック砥石です。日常の手入れ用として使えるセラミック砥石を探している方にも適しています。

また、砥石台が付属しており、刃物をしっかりと砥げるのもポイント。さらに、低価格で入手しやすく、初心者の方のエントリーモデルとしてもおすすめです。バランスのよいセラミック砥石を探している方もチェックしてみてください。

ナニワ研磨工業(NANIWA) エビ印 本職超セラミックス砥石 #5000 SS-5000

仕上げ用の粒度5000番のセラミック砥石です。打刃物・各種包丁・カンナ・精密刃物など、さまざまな刃物に対応が可能。鏡面のように美しい仕上がりが実現できるため、和包丁の手入れ用としてもおすすめです。

また、目詰まりや目つぶれしにくい設計となっているのもポイント。高い砥削力を有しており、刃物の切れ味を維持させておきたい方にもぴったりです。

そのほか、修正用の「ドレッシングストーン」も付属しているなど、砥ぎ終えた刃物の手入れをしやすいのもポイント。本格志向のセラミック砥石を探している方もチェックしてみてください。

ネセクト(NESHEXST) 両面砥石 研ぎ器 砥石セット #1000/#6000

扱いやすい1000番の中砥石と、6000番の仕上げ砥石がセットになったセラミック砥石。すばやく手軽に刃物の切れ味を復活できるため、日頃の刃物の手入れ用としておすすめです。

また、竹台座とゴム台座が付属しており、セラミック砥石を使用する際にズレにくく砥ぎやすいのがポイント。さらに、一定の角度で砥ぎ続けられる「角度固定ホルダー」も付属し、初心者でもムラなく砥ぎやすいのが魅力のアイテムです。

そのほか、本製品は腐食耐性に優れた「アルミナ」を原料にしているため、洗剤やクエン酸などの薬品にも強いのが特徴。キッチンなどの水回り付近へ常備しやすいのもメリットです。

ほんまもん セラミック砥石 #1000

粒度1000番の中砥石ながら、高い砥磨力を有しているセラミック砥石です。刃物の切れ味をスピーディに復活させられるのが魅力。包丁の頻繁に使用する飲食店や水産加工工場など、業務用包丁を探している方におすすめです。

また、本製品は青紙スーパーや粉末ハイスなど、耐摩耗性のある高硬度な刃物にも対応可能。セラミック砥石の砥磨力を重視したい方も要チェックのアイテムです。