古くから食卓を彩ってきた「スパイスの王様」と呼ばれる胡椒。臭みを消したり下味を付けたり、仕上げに香りづけしたりと、料理に欠かせないのが調味料です。

黒胡椒や白胡椒が有名ですが、グリーンペッパーやにんにく胡椒など種類は豊富。粒のままのホールとミルで挽いたパウダーとでは、風味も食感もまるで異なります。

今回は、胡椒のおすすめ商品をご紹介。ぜひ参考にして、自分に合った商品を見つけてみてください。

胡椒の種類

ブラックペッパー(黒胡椒)

By: amazon.co.jp

ブラックペッパー(黒胡椒)は、熟す前のまだ緑色をした胡椒の実を、皮付きのまま天日に3~5日間天日乾燥させて作ります。ワイルドかつさわやかな香りと、刺激的な胡椒の辛みが特徴です。

ステーキをはじめとする肉料理にはとくにおすすめ。黒胡椒は濃い味や風味の強い料理と好相性です。一方、淡白な味わいのメニューに使うと、香りや味のアクセントになります。

家庭料理では定番の胡椒で、さまざまなレシピに幅広く活躍。黒胡椒をスイーツやフルーツの仕上げにひと振りすれば、スパイシーな香りで素材の甘みがいっそう引き立ちます。

ホワイトペッパー(白胡椒)

By: amazon.co.jp

ホワイトペッパー(白胡椒)は完全に熟した胡椒の実を水に浸し、やわらかくなった皮を取り除いてから天日で乾燥させて作ります。作り方だけが異なるだけで、原料は黒胡椒と変わりません。マイルドで上品な香りと、ピリッとした辛さが特徴です。

白胡椒は、鶏肉や白身魚など淡白な味の素材に適しています。ブラックペッパーに比べ胡椒の香りがおだやかなので、繊細な素材の風味を邪魔しません。ホワイトソースなどを使った、白色がベースの料理にも白胡椒はぴったりです。

黒胡椒ほどは家庭料理での出番が多くない白胡椒ですが、クリームシチューやムニエルなどの素材の風味を生かしたいレシピに重宝します。

グリーンペッパー

By: rakuten.co.jp

グリーンペッパーは青胡椒とも呼ばれ、熟していない胡椒の実を摘み取ってから、機械で乾燥させて作ります。加工の仕方で多少見た目は変化しますが、グリーンペッパーの粒は直径5mmほどの球形。さわやかな緑色で、フレッシュな香りとスパイシーな辛味が特徴です。

黒胡椒や白胡椒とは異なり、でき上がった料理のトッピングに使います。スープやサラダの仕上げにはとくにおすすめ。また、アクセントとしてカルパッチョの上に散らすと、さわやかな風味がプラスされて素材の味が引き立ちます。

ピンクペッパー

By: amazon.co.jp

ピンクペッパーは、ウルシ科のコショウボクの実を乾燥させて作られた胡椒です。目にも鮮やかなピンク色で、胡椒のような辛味はありませんが、かすかにスパイシーな香りがします。

グリーンペッパー同様、トッピングに重宝される胡椒です。飾り付けや彩り添えのために、マリネやサラダ、カルパッチョなど、さまざまなレシピに活用できます。ホームパーティーなどでお皿の料理を華やかに見せたいときにもおすすめです。

胡椒の選び方

胡椒のタイプで選ぶ

煮込み料理や漬けこみに適した「ホールペッパー」

By: amazon.co.jp

ホールペッパーとは、粒のままの胡椒のこと。胡椒本来の味と香りをじっくり時間をかけて引き出したいときにおすすめです。煮込み料理に使えば、胡椒の風味で深みのある味わいに仕上がります。また、素材を長時間漬け込むマリネにもぴったりです。

ミルがあれば、ホールペッパーを使って挽きたての胡椒だけが持つ鮮やかな香りも楽しめます。ミル付きの容器に入った商品は、すぐに使えて便利です。

香りや風味を楽しみたいなら「粗挽きペッパー」

By: rakuten.co.jp

粗挽きペッパーは、粒のままのホールを幅広い用途で使えるよう粗めに砕いた胡椒です。ほどよい粗さで、胡椒のよい香りが長続きするのが特徴。胡椒の風味で料理にアクセントをきかせたいときにも適しています。

香りの点では挽きたてのホールの胡椒に劣りますが、ミル要らずですぐに使えるのが便利。料理の仕上がりに物足りなさを感じたときなどに味を引き締めるのにも役立ちます。

手軽でどんな料理にも使える「パウダーペッパー」

By: amazon.co.jp

パウダーペッパーは、粗挽きよりもさらに細かく砕いた胡椒で、粉末状なのが特徴です。下ごしらえから味付けや仕上げにまで使え、洋食にも中華にもよく合います。

ホールや粗挽きと比べると、胡椒の香りも辛味もマイルド。パウダー状のため食感もなめらかで、やさしい口当たりのレシピにとくにおすすめです。ラーメンともよく合います。

産地で選ぶ

By: rasalhanut.net

胡椒の原産地はインド南西部のマラバル地方です。現在は世界各地に広がり、インドネシアやマレーシア、ベトナム、スリランカなどでも栽培されています。産地によって胡椒の香りや味に個性があるのがポイントです。

日本の市場に出回るブラックペッパーのほとんどは、マレーシア産の「サラワク胡椒」といわれています。ピリッとした刺激的な辛味とさわやかな香りが特徴の黒胡椒です。

容器のタイプや容量をチェック

By: amazon.co.jp

胡椒の容器には、袋・瓶・缶などがあります。袋入りは、コストも抑えられ、密閉性も優れているのが特徴。ただし、パウダー状の胡椒の場合は、湿気に注意して保管することが必要です。

ホールの黒胡椒は、瓶入りが適しています。ブラックペッパーの特徴である強い香りを逃がしにくいのが魅力です。もしミルがなければ、ミル付きの容器に入った黒胡椒がおすすめ。買った日から、すぐに胡椒を挽けます。

胡椒を購入する際は、容量にも気を付けたいところです。使用頻度が高ければ、容量の多いモノを買っても使いきれます。しかし、飾り付けや香りづけなど用途が限られる場合は、賞味期限内に使いきれるように少量の商品を買いましょう。

胡椒のおすすめ商品

ギャバン(GABAN) ブラックペッパー ホール

挽きたての美味しさを楽しめるホールタイプ

赤土の土壌で栽培されたベトナム産のホールタイプのブラックペッパー。さわやかな香りと辛味に特徴があり、ミルを使って毎回挽きたてのおいしさが楽しめます。肉料理はもちろん、スープにもおすすめ。また、ホールのまま煮込み料理に使うと深い味わいになります。

袋入りのホールはコスパがよく、ファスナー付きなので詰め替えも可能。ミルで挽く手間はかかりますが、胡椒本来の味と香りを楽しめます。

・1袋

・2袋セット

ギャバン(GABAN) ブラックペッパー 荒挽

素材の風味が引き立ち料理の仕上げにぴったり

さわやかな香りと強い辛味が魅力の粗挽きブラックペッパーです。存在感のある粒の大きさで、下味や仕上げ、トッピングに使えます。料理にしっかりとスパイスをきかせたい方におすすめです。

フライドチキンやとんかつの下ごしらえ、チャーハンやマリネの味付けなど、さまざまなレシピで活躍。ステーキやラーメンにひと振りすれば、味が締まって素材の風味がいっそう引き立ちます。

・1本

・2本セット

ギャバン(GABAN) ホワイトペッパーパウダー

マイルドな辛味を感じられるホワイトペッパー

完熟した胡椒の実を、水に漬けて外皮をやわらかくして取り除き乾燥させたホワイトペッパー。黒胡椒に比べてマイルドな辛味が特徴で、下ごしらえ・味付け・仕上げとさまざまな場面で活用できます。

シチューやグラタン、クリーム煮など色の白い料理にぴったり。パウダー状なので味が広がりやすく、スープやドレッシングにも重宝します。香りがよく、ラーメンのお供にも欠かせません。

・1本

・2本セット

ギャバン(GABAN) グリーンペッパー 塩水漬け

熟す前の胡椒の実から作るグリーンペッパーを、塩水に漬け込んで瓶詰めにした商品です。さわやかな辛味と鮮やかな緑色が特徴で、調理の際はナイフの腹で粒を軽くつぶして使います。料理の飾り付けやスパイシーな風味づけにぴったりです。

ステーキにそのままトッピングしたり、ソースに加えたりするのにおすすめ。また、マリネやカルパッチョに使ったり、魚の香草焼きに添えたりとさまざまな使い方ができます。

・1個

エスビー食品(S&B) テーブルコショー

台形の瓶と赤いキャップが目印のエスビー食品の定番商品です。白色のパウダーペッパーですが、白胡椒ではなく、厳選したブラックペッパーとホワイトペッパーをバランスよくブレンドしています。香り、味ともにスタンダードな使いやすい胡椒です。

食卓に常備して、気軽に使える大きさも魅力。黒胡椒と白胡椒がミックスされて生まれた豊かな風味が広がります。もちろん、下ごしらえや味付けの調味料としても使うのにも適しています。

・1個

・10個セット

エスビー食品(S&B) ORGANIC SPICE 有機ホワイトペッパー パウダー

スリランカ産の有機白胡椒を原料として作られたパウダーペッパーです。フェアトレード認証原材料を使っているのがポイント。オーガニック志向で選びたい方にぴったりです。

パウダー状なので料理に使うと味が広がりやすく、ホワイトソースなど白系のメニューにも適しています。香りも辛味も黒胡椒よりはマイルドですが、ピリッと刺激的です。白身魚のソテーやクリーム煮、卵料理などによく合います。

・1本

エスビー食品(S&B) FAUCHON 缶入りサラワクブラックペッパー あらびき

シャープな辛味を持つ、マレーシア産の黒胡椒を粗挽きにした商品です。サラワクペッパーとも呼ばれ、香りの高さが特徴。ピリッと鋭い辛さや、しっかりした粗挽きの食感など、存在感のある黒胡椒が好きな方におすすめです。

ステーキやパスタ、ラーメンにもよく合います。また、おしゃれなデザインの缶も魅力です。

・1個

・2個セット

シェフズチョイス(Chef’s choice) オーガニックブラックペッパー

厳選されたスリランカ産の胡椒の実から生まれたオーガニックブラックペッパー。徹底した衛生管理のもとで生産され、添加物や保存料、着色料などは使われていません。容器がミル付きのため、オーガニックならではの個性的で豊かな香りが挽きたてで楽しめます。

肉料理やディップソースとの相性がよく、チーズやサラミの調味料にもぴったり。BPAフリーボトルは軽くて持ち運びやすく、キャンプやバーベキューのお供にも適しています。

・1本

ユウキ食品 MC T&T ミルブラックペパー

おしゃれなミル付き容器に入ったユウキ食品のブラックペッパー。厳選されたインド産の胡椒を使い、くせのない辛味が特徴です。ミルを使うことで挽きたての黒胡椒のスパイシーな香りが楽しめます。

挽く大きさの調節や詰め替えはできませんが、価格が安く簡単にミル挽きできるのが魅力。ペッパーミルは持っていないけれど、挽きたての胡椒の香りを試してみたい方におすすめです。ステーキやサラダ、ザワークラウトなど、さまざまな料理によく合います。

・1本

ユウキ食品 MC ホワイトペパー ホウル袋入

マレーシア産の白胡椒が粒のまま袋に入ったホワイトペッパー。白胡椒らしいマイルドな香りと、控えめながらピリッとした辛味が特徴です。粒のままでも、軽くつぶしても、ミルで挽いても料理にマッチします。白胡椒好きの方におすすめです。

挽いてパウダー状にすれば、中華料理やポテトサラダによく合います。袋の口がシーラータイプなので、保存にも便利です。

・1個

・60個セット

ラセラヌー(RASALHANUT) ミックスペッパー ホール

黒・白・緑・赤の胡椒を粒のままミックスした商品です。色とりどりの見た目が楽しく、料理の飾り付けに適しています。また、風味や辛味もしっかり。袋を開けると、4種の胡椒の鮮やかな香りが広がります。

ブラックペッパーとホワイトペッパーはマレーシア産、ピンクペッパーはマダガスカル産、グリーンペッパーはアメリカ産と産地もバラエティ豊かです。透明なミルに詰めると、キッチンや食卓がにぎやかになります。

・1個

オーガニックミー(Organic Me) 塩漬け粒生こしょう

カンボジア産のカンポットペッパーの緑色の実を、収穫後すぐ生のまま塩漬けにした高級品です。芳醇な香りと深みのある味わい、生胡椒ならではのまろやかさながら刺激のある独特の辛味が特徴。そのまま乗せても、少し刻んで振りかけても料理がより引き立ちます。

肉料理はもちろん、魚料理やパスタ、サラダにも好相性。チーズやクラッカーに添えればおしゃれなおつまみになります。自由に組み合わせを考えて楽しみたい方にぴったりです。

・1個

・2個セット

マスコット ピンクペッパー

瓶がかわいらしいマスコットのピンクペッパーです。鮮やかな赤い色をした胡椒の粒は、料理やソースに彩りを添えるのにぴったり。さわやかな風味があり、色味とともに素材を引き立てます。

ステーキや白身魚のカルパッチョ、クリームやマヨネーズを使った料理の飾りにおすすめです。ドレッシングに加えて使うと、いつものサラダが華やぎます。

・1本

糀屋本店 キスケ 糀パワー塩ペッパー

マレーシア産のブラックペッパーに長崎県産の塩、パウダー状の米糀をブレンドした塩コショウです。香り高い黒胡椒にミネラルたっぷりの塩が加わり、下ごしらえから仕上げのひと振りまでさまざまなレシピで活躍します。

パウダー状なので素材になじみやすく、手羽先にまぶしてグリルに入れれば、本格的なグリルチキンが完成。うま味を引き出す糀の力で調理も簡単になります。ワンランク上の高級な塩コショウです。

・1個

マツザワ 黒胡椒にんにく

黒胡椒とにんにくで作られたマツザワの調味料。黒胡椒とにんにくが絶妙のバランスで配合された本商品は、ラーメン好きの方におすすめです。

にんにくもブラックペッパーも、細かいパウダー状ではなく、ほどよい粒の舌ざわりが残っています。ステーキや焼き肉、唐揚げなどの肉料理はもちろん、野菜炒めにもぴったりです。胡椒のうま味ににんにくの風味がプラスされ、料理のおいしさをより引き立てます。

・1本

・3本セット