ネット通販を利用するたびに増え続ける段ボール。収集日までの保管方法に悩んでいる方におすすめなのが「段ボールストッカー」です。たまった段ボールをすっきり片付けられるアイテムで、さまざまなタイプが販売されています。

そこで今回は、おすすめの段ボールストッカーをご紹介。選び方をはじめ、段ボール処理や保管方法についても解説するので、ぜひチェックしてみてください。

段ボールストッカーとは?

By: amazon.co.jp

段ボールストッカーとは、さまざまな大きさの段ボールをまとめて保管できるアイテムです。段ボールは立てかけて保管するとすっきりまとめられますが、倒れたり広がったりと、きれいに収納できない場合もあります。

段ボールストッカーがあれば、段ボールを畳んでストッカーに立てるだけで片付くのでおすすめ。移動に便利なキャスター付きや、そのままの状態で紐を掛けられる製品もあります。

段ボールストッカーの選び方

サイズと容量をチェック

By: amazon.co.jp

家庭で出る段ボールのサイズや量に合った段ボールストッカーを選ぶのがおすすめです。ネット通販を頻繁に利用する方や、段ボールの回収日が少ない地域に住んでいる方には、大容量の段ボールストッカーが適しています。

また、置きたい場所のスペースに合ったモノを選ぶことも大切。玄関脇の狭いスペースや部屋の隅などの見える場所に置こうと考えている場合には、コンパクトで邪魔にならないサイズ感のモノが向いています。

キャスター付きがおすすめ

By: amazon.co.jp

段ボールストッカーには、移動に便利なキャスターが付いているモノもあります。玄関までの距離がある場所に段ボールストッカーを設置しようと考えている方には、キャスター付きがおすすめ。キャスター付きなら、保管場所から玄関先まで転がしてラクに持ち運べます。

また、キャスターにストッパーが付いており固定できるタイプも要チェック。不必要にキャスターが転がって床が傷つくのを防ぎます。

紐を通せるかをチェック

By: amazon.co.jp

段ボールストッカーにたまった段ボールを捨てる際は、ストッカーから段ボールを取り出して、厚みを抑えながら紐で縛るのが一般的です。しかし、この作業を面倒に感じてしまう場合もあります。

紐が通せる仕様の段ボールストッカーなら、段ボールを乗せたまま隙間から紐を通すだけで、簡単に段ボールをまとめられるのが便利。収集日前のひと手間がラクになるので、購入時にはぜひチェックしてみてください。

インテリアに馴染むデザインのモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

段ボールストッカーには、おしゃれなデザインのモノもあります。ホワイトまたはブラックカラーのモノはインテリアに馴染みやすくおすすめです。

フレームが細いモノであればスタイリッシュな印象を与えられます。比較的軽量なモノが多いため、移動がしやすいのも特徴です。また、段ボールを隠したい場合には太めのフレームやパネルが備わっているモノが適しています。

段ボールストッカーのおすすめモデル

山崎実業 ダンボール&紙袋ストッカー フレーム

スタイリッシュでインテリアにも馴染みやすいアイテム

幅広のフレームでしっかり段ボールを抑えられる段ボールストッカー。マットな塗装は、スタイリッシュでインテリアにも馴染むのでおすすめです。また、フレームが太く、多少の目隠し効果も期待できます。

フレームの上部が外向きに広がっていることで段ボールが引っ掛からず、差し込みやすくなっているのがポイント。キャスター付きで、たまった段ボールをラクに移動させられます。小サイズ〜大サイズまでの段ボールと紙袋に対応しているので、さまざまなサイズのモノを収納したい方におすすめです。

山崎実業 ダンボールストッカー タワー

収納した段ボールをまとめる手間をはぶきたい方におすすめ

収納した段ボールに紐を通してまとめられる段ボールストッカーです。段ボールをまとめる際の手間が少ないため、収集前の作業が効率的に行えます。

キャスター付きで、玄関先まで移動させたり掃除の際によけたりする動作もスムーズ。シンプルですっきりしたデザインは、さまざまなインテリアに馴染みます。カラーはホワイトとブラックの2色を展開。コンパクトサイズながら、小~大サイズまでの段ボールを保管できます。

山善(YAMAZEN) 段ボールストッカー キャスター付き RDSW-165

大きなサイズの段ボールも倒れにくいアイテム

紐を通せる仕様の段ボールストッカーです。両側に高さが異なる側板が付いているのが特徴。段ボールをストッカーに差し込みやすいほか、大きなサイズの段ボールが倒れにくい構造です。また、付属の工具のみで組み立てられます。

キャスター4個のうち2個にストッパーが付いているため、固定しておきたい場合にもおすすめ。キャスターの動きを防げるほか、束ねる作業もキャスターが動かずスムーズに行えます。

ケユカ(KEYUCA) スリムにまとまるダンボールストッカー 3501000

太めのパイプが印象的な段ボールストッカーです。狭いスペースにも置きやすい幅約15cmのスリム設計ながら、約10枚の段ボールを収納可能。玄関脇やクローゼットの中、家具の隙間などにも設置できます。キャスター付きで、必要に応じて簡単に移動ができるのも魅力です。

フレームには高低差があり、手前が低くなっているので段ボールの出し入れに便利。また、下部に付いた棚には、段ボールをまとめる紐などを収納できます。

川口工器 ダンボール片付けラック KDB

完成品で届くので組み立ての手間がかからずに、すぐに使える段ボールストッカーです。側板の高さが異なり、高いほうの側板に向かって底部に傾斜がついているのが特徴。段ボールがたまっていく過程を考慮した、倒れにくい設計です。

段ボールをまとめる紐などを収納できるホルダーも嬉しいポイント。紐をホルダーから取り出して、簡単に段ボールをまとめられます。金属加工で有名な燕三条で製造されたこだわりの製品です。

アイメディア コンパクトなダンボールストッカー

簡単に組み立てられる段ボールストッカー。工具を使用せず、差し込むだけで組み立てられます。また、脚部分には滑り止めキャップが付いており、滑りにくいのが特徴。段ボールストッカーを動かす必要がない場合におすすめです。

約幅30×高さ32×奥行き19cmとコンパクトなのも魅力。部屋に据え置きしても邪魔になりにくいサイズ感です。立てかけたまま紐を通せるので、段ボールをまとめる際も便利。スムーズに段ボールをまとめたい方に適しています。

コジット(COGIT) 移動が楽らく段ボールストッカー

コンパクトな段ボールストッカーです。薄型タイプで場所を取らず、さまざまな場所に設置できます。キャスター付きのため、手軽に場所を移動できるのが特徴。段ボールを置いたまま紐を通せるタイプなので、素早くまとめられます。

また、キャスターにはストッパーが付いているため、固定できるのも魅力。子供やペットがいる家庭にも適しています。簡単に組み立てられるのも嬉しいポイントです。

永井興産(NAGAIKOSAN) 紐を通しやすい大型ダンボールストッカー NK-907

幅約65cmあり、大きな段ボールをしっかり支えられる段ボールストッカー。大きな段ボールを収納したい方におすすめです。また、段ボールをストッカーに置いたまま、紐でまとめられます。

キャスターにはロック機能が付いているので、掃除やゴミ捨て以外のときは固定できるのも魅力。シンプルなデザインで使いやすい段ボールストッカーです。

イーサプライ 段ボールストッカー EEX-CBS01

段ボールを縛るときに便利な結束ベルトが付いている段ボールストッカー。結束ベルトで段ボールを仮止めしてから紐で縛ると、バラけることなく縛りやすい仕様です。また、ストッカーにおいたまま簡単に結束ができます。

下段には網棚があり、紐やガムテープなどを置くことが可能。キャスター付きでラクに動かせられるのもポイントです。さらに、段ボールだけでなく、新聞紙や雑誌のストッカーとしても使用可能。細めのパイプで作られており、部屋に置いても目立ち過ぎないシンプルなデザインです。

蝶プラ工業 段ボール 浮しばり 木調

インテリアにも馴染みやすい木調の段ボールストッカー。あたたかみのある風合いが特徴です。段ボールを浮いたような状態で保管できるのがポイント。下から紐を通して縛り、簡単に段ボールをまとめられます。

また、底は板状になっており、紐やガムテープなどを収納するのにぴったり。個性的なデザインの段ボールストッカーを探している方にもおすすめです。

リッチェル(Richell) ダンボールスタンド

段ボールを隠しやすい、メッシュパネル付きの段ボールストッカー。オフィスでも使いやすいデザインです。コの字型になっているので、段ボールが落ちにくいのが特徴。また、取り外し可能なキャスターが付いているため、必要に応じて移動させられます。

段ボールの収納目安は約10枚。オフィスや家庭でたまった段ボールをしっかりと収納できる容量です。

テラモト(TERAMOTO) ダンボールストッカー DS-250-100-0

オフィスでも使いやすい段ボールストッカー。両側の側板が高めなので、大きな段ボールもしっかりキャッチし倒れにくい構造です。

コの字型のため、壁のない場所に置いても段ボールが抜け落ちないのが魅力。また、付属のキャスターで移動できるので、パントリーや納戸、倉庫など置き場所を手軽に変えられます。段ボールだけではなく、コピー用紙などの保管にも便利な段ボールストッカーです。

番外編:段ボールの処理におすすめの便利グッズ

山善(YAMAZEN) ハンディラップ くるット HW-150

フィルム状のテープを巻き付けて梱包するハンディラップです。ビニール紐やテープよりも比較的簡単に梱包できるのが特徴。段ボールをフイルム面でまとめ、しっかり固定できます。

テープのように糊が付いていないため、手や梱包物が汚れにくいのも魅力。また、段ボールだけでなく新聞や雑誌をまとめられます。ビニール紐での梱包が難しいと感じる方におすすめです。

仁礼工業 しめしめ60II キット 60IISKY-50

簡単に段ボールをまとめられる結束機。テクニックや強い力が必要なく、初めての方でも使いやすいのが特徴です。

片手で本体のレバーを握ると、結束バンドが引き締められる仕様。重ねた段ボールもしっかりまとめられます。また、結束バンドのゴミが出ず、無駄なく使えるのがポイント。ゴミを出さずに段ボールをまとめたい方におすすめです。

長谷川刃物 段ボールのこ 段ちゃん DC-190F

上下に付いた特殊なギザ刃で段ボールが切りやすい便利なカッターです。大きな段ボールをカットして、コンパクトにまとめたい方におすすめ。先端が丸みを帯びているので、中身を傷つけにくいのが特徴です。

刃にしなりがあるため、使用中に刃が折れにくいのも魅力。また、刃にはガムテープなどの粘着も残りにくい、フッ素コーティング加工が施されています。

段ボールだけでなく、梱包用のPPバンドやガムテープも簡単にカットできるのも便利。さまざまな用途に使える段ボール用カッターです。

段ボールを保管する際の注意点

By: amazon.co.jp

段ボールを保管する際は風通しのよいところに置くことが大切です。湿気を吸いやすく保温性に優れている段ボールは、ダニなどの害虫が繁殖する恐れがあります。

また、濡れた段ボールや使用済みの段ボールは、押し入れやクローゼットに収納するのを避けるのがおすすめ。長期間保管しておくと、カビが生えてしまう恐れがあるので注意が必要です。不要な段ボールはため込まず、回収日にはこまめに捨てる習慣をつけましょう。