最近は分煙化が進み、路上での喫煙はもちろん、オフィスや商業施設の喫煙スペースも制限されてきています。愛煙家にとっては悩ましいことですが、態度を固執するのではなく、今後はさらに吸わない方に配慮して嗜むことが重要です。

そんな方が持ち合わせていると便利なのが携帯灰皿。意外とおしゃれなデザインのモノも多く、お気に入りのアイテムを見つけることで習慣化にもつながります。そこで今回はおすすめの携帯灰皿をご紹介。アイテムを探している方はぜひこの機会に購入を検討してみてください。

携帯灰皿の選び方

携帯灰皿の形状をチェック

ポケットタイプ

By: amazon.co.jp

最もスタンダードな携帯灰皿の形状は、ポケットタイプです。名前のとおり、ポケットに入れられるサイズなのが特徴。スリムで持ち運びが容易なので、携帯性に優れています。カードケースのようなおしゃれなデザインも人気のひとつです。

また、タバコの収納本数が多いのも魅力。ヘビースモーカーの方にとって、収納本数の多さは大事なポイントです。タバコについた火を消すには少々時間がかかりますが、持ち運びがしやすく多くのタバコを収納できる携帯灰皿を探している方は、ポケットタイプを選ぶとよいでしょう。

灰皿タイプ

By: amazon.co.jp

まさに携帯灰皿というようなデザインなのが、灰皿タイプです。蓋を開けるだけで、通常の灰皿と同様に使えます。吸い殻だけでなく、吸っている最中に出る灰も携帯灰皿の中に入れられるのが特徴。灰で周囲を散らかさずタバコを吸いたいときにおすすめです。

ほかの携帯灰皿に比べるとサイズが大きく、ポケットに入れにくいのが難点。携帯する際は、カバンなどに入れるとよいでしょう。

ハニカムタイプ

By: amazon.co.jp

タバコの火を素早く消せる携帯灰皿を探している方には、ハニカムタイプがおすすめ。内側が蜂の巣のような形状で作られているため、吸い終わったタバコを1本ずつ穴に収納するだけで消火できます。

本体が熱くならず、耐久性にも優れているため、一度購入した携帯灰皿を長く使いたい方におすすめ。収納本数はほかの携帯灰皿よりも限られているため、最大収納本数を確認してから選びましょう。

シリンダータイプ

By: orobianco-jp.com

円筒状の携帯灰皿は、シリンダータイプと呼ばれます。シリンダータイプの携帯灰皿にはカラビナが付いていることが多いため、ベルトループやバッグなどに引っ掛けて持ち運べるのが特徴。デザイン性にも優れているので、おしゃれアイテムとして持ち歩けます。

蓋を開けて使うタイプですが、回して開けるタイプや上下に開閉するタイプなど蓋の開き方は製品によって違うため、自分の使いやすいものを選びましょう。

携帯灰皿の素材をチェック

革製

革製携帯灰皿の大きな魅力は、経年変化が楽しめること。長年使い続けることで手に馴染みやすくなったり、味わい深い色に変化したりします。

革はデザイン性が高く見た目にも高級感があるため、ビジネスマンの持ち物に取り入れるとワンランク上のおしゃれさを演出できるのもポイント。ファッションアイテムのようなデザイン性の高い携帯灰皿を探しているのであれば、革製のモノを選びましょう。

アルミ製

By: amazon.co.jp

アルミは金属の中でも軽量なのが特徴。そのため、アルミ製の携帯灰皿は軽量で持ち運びしやすいのが魅力です。手軽に持ち運べるだけではなく、丈夫で耐久性に優れているため、長く使用できるのもポイント。

密閉性が高い携帯灰皿が多いため、カバンの中で吸い殻や灰がこぼれるのを防ぎます。シンプルなシルバー色のデザインで、クールなビジネスマンの雰囲気を演出できるのが特徴です。

ステンレス製

By: amazon.co.jp

ステンレスは、耐久性が高く、丈夫なのが特徴。ステンレス製の携帯灰皿は、変形しづらく壊れにくいので安心して使えます。

汚れたときの水洗いも容易にできるため、清潔に使える携帯灰皿を探している方におすすめです。金属ならではの光沢とシンプルなデザインは、スーツにもプライベートファッションにも違和感なく取り入れられます。

真鍮製

By: rakuten.co.jp

真鍮も革と同様、経年変化が楽しめる素材です。長く使い続けることで特有のくすみが出て、徐々に味わい深いデザインに変わっていきます。ほかの素材よりもずっしりとした重さがありますが、使い続けることで愛着が湧く素材として人気です。

細部にまで使いやすさやデザイン性にこだわった、職人の技が光るアイテムが多いのも真鍮の魅力。自身とともに成長していくような変化を楽しめる携帯灰皿を探している方は真鍮製がおすすめです。

携帯灰皿の容量をチェック

By: amazon.co.jp

携帯灰皿を購入する際は、タバコの吸い殻を何本入れられるかが重要です。外出時に何本もタバコを吸う方とあまり吸わない方では、選ぶ携帯灰皿が異なるため、購入前に確認しておきましょう。

一般的に、コンパクトサイズで持ち運びしやすい携帯灰皿は容量が少ないのが特徴。特にハニカムタイプは、入れられる本数が限られているため、5本程度しか入りません。容量が多い製品は、サイズが大きく持ち運びにくいため、製品のサイズと容量を確認してから自身に合うモノを選びましょう。

携帯灰皿のおすすめブランド

オロビアンコ(Orobianco)

By: orobianco-jp.com

三色旗のトリコローレカラーのリボンが印象的な「オロビアンコ」。イタリアの人気ブランドで男女ともにカバンが人気ですが、厳選した革素材を使った携帯灰皿も展開しています。職人による手作業で作られているため、品質も信頼できるブランドです。

ブランドロゴの刻印も高級感があり、大人の男性が使うとクールに演出します。一方、カジュアルなファッションに合わせてもマッチするので、ビジネスシーンでもデイリーでも使いやすいブランドです。

ビアベリー

By: amazon.co.jp

ビールを持ったユニークなおじさんのイラストが特徴の「ビアベリー」。ブランドとしては40年以上の歴史があり、革製品の技術力の高さに定評があります。高級感のある革製品に機能性とファニーさをプラスした、遊びゴコロのあるアイテムが魅力のブランドです。

ジッポー(ZIPPO)

By: amazon.co.jp

金属製のオイルライターの代名詞として世界中で愛される「ジッポー」。エッジの効いたデザインが人気でコレクターも多く、愛煙者であれば知らない方はいないとも言えるブランドです。

同ブランドが展開する携帯灰皿は、シンプルな金属製やモノトーンをベースにしたクールなデザインが特徴。ライターと合わせて携帯灰皿を持つと、より統一感が出るため、気になる方は要チェックです。

スリップオン

By: amazon.co.jp

渋谷発の趣味雑貨ブランド「スリップオン」。クオリティの高いオリジナルの革小物を販売しており、幅広い年代のファンから支持されています。

雑貨として飾ってもおしゃれに演出するカラーバリエーションが特徴。また、価格もリーズナブルなので、手軽に使える携帯灰皿を探している方におすすめです。

クランプ(Cramp)

By: amazon.co.jp

東京・上野にてショップと工房を兼ねている「池之端銀革店」によるオリジナルブランド。クランプという名前は木材などの接合部に用いるつなぎ金である鎹(かすがい)の意味で、人と人をつなぐ存在でありたいという思いが込められています。

同ブランドの製品は、厳選素材を使用して職人さんの手作業で作られた品質の高さがポイント。特に真鍮と組み合わせた携帯灰皿は秀逸です。価格はやや高めですが経年の変化を楽しみながら長く愛用できます。

ウィンドミル(WINDMILL)

By: amazon.co.jp

耐風性と防水性に優れたターボライターを販売している「ウィンドミル」。日本製の高性能ターボライターとして有名で、若者に人気のおしゃれな携帯灰皿も展開しています。高い技術力に裏打ちされた丈夫な作りなので、アウトドアシーンで使うのにもおすすめです。

同ブランドはコンパスが付属したタイプや上下の蓋を開閉できるタイプなど、機能性に優れた製品をラインナップしています。シンプルかつスタイリッシュなデザインなので、カジュアルに携帯灰皿を使いたい方にぴったりです。

ヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood)

By: amazon.co.jp

イギリス人デザイナーのヴィヴィアン・イザベル・スウィアによるブランド。イギリスの伝統的なクラシックスタイルとパンクをミックスしたアヴァンギャルドなデザインが人気です。

おしゃれなオーブの刻印が特徴の携帯灰皿をラインナップしており、高級感があるのもポイント。小物入れやアクセサリーとしても使えるので、プレゼントにおすすめです。

携帯灰皿のおすすめ人気モデル

キャットハンド ポータブル携帯灰皿

スタンダードなポケットタイプの携帯灰皿。ポリウレタンを使用したPUレザーなので、非常に軽く、水濡れに強いのがポイントです。6色のカラー展開で、色によって型押しデザインのモノもあり、高級感があります。

コンパクトなサイズなのでワイシャツのポケットにもすっきり収納できるほか、小物入れとして使うのも便利。リーズナブルな価格なので、色違いを購入してその日の気分で使い分けるのもおすすめです。

ウィンドミル(WINDMILL) 携帯灰皿 フィールドマックス5000 582-0006

ワンタッチで蓋をスライド開閉できるシリンダータイプの携帯灰皿。上部にコンパスが付属しているので、アウトドア用としても快適に使えます。底部も開閉可能なので、掃除や水洗いが簡単なのが特徴です。

高さは約7.5cmとコンパクトで、携帯性もバッチリ。キーリングが付属しているので、カバンやベルトループに付けてアクセサリー感覚で持ち運べます。カジュアルなファッションに合わせやすい携帯灰皿です。

クランプ(Cramp) イタリアンレザー 携帯灰皿

真鍮に本革のカバーをあしらった高級感のある携帯灰皿です。おしゃれな丸いフォルムで、持ち運びにも優れています。

落ち着いた輝きのある真鍮は、こだわりのある大人の男性にぴったり。経年で変化していく深みのある色合いも楽しめます。使い込むほどに手に馴染む高品質な革もクランプ製品の特徴。本革が好きな方におすすめの携帯灰皿です。

ヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood) 携帯灰皿 シルバー

アクセサリーとして使っても高級感のあるおしゃれな携帯灰皿。大きめのオーブ刻印が目を引くデザインに仕上がっています。

灰皿以外にも小物入れとして使ったり、首やカバンから下げてアクセサリーとして使ったりするのにも最適。紐部分がカジュアルな印象なので、個性的なストリート系ブランドが好みの方におすすめのアイテムです。

工房壱 ヌメ革携帯灰皿

ヌメ革仕様のシンプルなポケットタイプの携帯灰皿。使い込むほどに柔らかくなり、心地よい手触りが楽しめるアイテムです。また、渋めのカラーバリエーションで、落ち着いた印象があります。

9×7cmと適度なサイズで、シンプルな革製の携帯灰皿を探している方にぴったり。名前やメッセージが刻印できるので、プレゼントとしてもおすすめです。

スリップオン ハニカム携帯灰皿

ウイスキーボトルのような形がおしゃれな、ハニカムタイプの携帯灰皿。薄くてコンパクトなので、ズボンのポケットに入れてもすっきり収まります。タバコの収容本数は6本。タバコを吸う本数が少ない方におすすめです。

緩やかにカーブしたフォルムで持ちやすく、デザインもシンプルなのでシーンを選ばずに使えます。また、吸い殻を収容部分に差し込めばすぐに火を消せるので、ビジネスマンにもおすすめの携帯灰皿です。

オロビアンコ(Orobianco) 携帯灰皿 ORA-22

洗練されたブランドロゴが特徴の携帯灰皿。シリンダータイプで、上部の蓋を外せば灰皿として使用できます。厳選した皮素材が、高級感のある印象に仕上げているのがポイント。

キーホルダーとしてカバンやベルトループに付けられるので、携帯性も良好です。男女ともに人気のあるオロビアンコですが、メンズライクなアイテムとして女性が使ってもかっこよく見えます。上質な皮素材の携帯灰皿が好みの方におすすめのアイテムです。

ビアベリー 携帯灰皿

刻印されたおじさんのマークが特徴のビアベリー。熟練した職人によって作られた革製品なので、丈夫で使い込むほどに味わいがでてきます。

中の灰皿を取り出せば、コインやカードの収納ケースとしても使えて便利。カラーバリエーションも豊富で、カジュアルな迷彩柄タイプもあります。ラフでおしゃれな携帯灰皿を探している方におすすめの製品です。

ジッポー(ZIPPO) 携帯灰皿

シンプルなシリンダータイプの携帯灰皿。横のストッパーリングを回転させてからスライドすると使用できます。

底部を外せるので、吸い殻の処理も簡単なのがポイントです。キーリング付きなので、好みのストラップやチェーンを付けてカスタマイズできます。ジッポーファンやコレクターにおすすめのアイテムです。

ドリームズ 携帯灰皿

リボルバーのシリンダー部分を彷彿とさせるデザインが特徴の携帯灰皿です。ABS樹脂でできているため、軽量で持ち運びしやすいのがポイント。カラーバリエーションも豊富で花柄が入ったモノやシンプルなカラーのモノまでさまざまなデザインのモノを取り扱っています。

価格もお手頃なので、色違いで購入して気分で使い分けるのもおすすめです。また、リングに好みのカラビナを付けてキーホルダーのようにも使えます。

パール ヴィーナス 携帯灰皿

真鍮にサテン仕上げを施したゴージャスな携帯灰皿。片手開閉が可能で、中はコインケースのような吸い殻入れです。生地はデュポン社製の耐炎・耐熱素材を採用。外側も中身も上品なので、火を消す手元がスマートに見えるのもポイントです。

また、蓋を開けた状態で自立するので、卓上灰皿としても使えます。吸い殻は約8本収納可能で、大きさも丁度よく使いやすいのが特徴。フォーマルなシーンでの使用にもおすすめの携帯灰皿です。

イズミ 携帯灰皿

落ち着いた光沢感があるシンプルな丸型の携帯灰皿。上部を開けると卓上でも使えるミニ灰皿になり、葉っぱをモチーフにしたパーツにタバコを置ける仕様です。

キーリングが付いているので、カバンなどに付けて持ち歩くことも可能。サイズは直径5cm、高さ2cmとコンパクトですが、吸い殻は約10本収容できます。卓上で安定感のある灰皿を使いたい方におすすめです。

アレッシー FIRE 携帯灰皿

丸みを帯びたフォルムとカラフルな色味のバリエーションがおしゃれな携帯灰皿。機能性とデザイン性を兼ね備えた、キッチンウェアブランドのアレッシーとライテックのコラボレーションアイテムです。

サイズがコンパクトなので持ち運びにも優れています。また蓋を開け閉めするタイプなので、吸い殻入れの掃除が簡単で利便性が高いのもポイント。パッケージもスタイリッシュなので、プレゼントにもおすすめの携帯灰皿です。

アビタックス(ABITAX) 携帯灰皿 4301 TS チタンシルバー

メタリックなカラーとシンプルなデザインがクールな携帯灰皿。灰が外に漏れ出ないよう施された吸い殻入れが特徴です。内側のコンテナを外して水洗いができるため、清潔さをキープできるのもポイント。

底面にはベルトクリップが付いているので、バッグやベルトなどに引っ掛けて持ち歩けます。また、着脱可能なネックストラップが付属。サイズがコンパクトながら15本の吸い殻を収容できるで、アウトドアシーンで使うのもおすすめです。

オロビアンコ(Orobianco) 携帯灰皿 ORA-23

落ち着いたシルバーが高級感を演出する、メタル素材の携帯灰皿。素材のよさを活かしたシンプルな作りと、オロビアンコのブランドモチーフが特徴です。シンプルだからこそブランドモチーフが引き立ち、大人の雰囲気を醸し出します。

左右に付いているつまみを同時に押すことで、蓋が開く構造。中蓋中央のつまみを持ち上げると、吸い殻を捨てられます。一般的な灰皿と同じように使えるのが魅力。持ち物ひとつにもこだわりがある方におすすめです。

ギアトップ 携帯灰皿 ダイヤシルバーサテーナ GT-100 DS

全製造工程を日本で行うというこだわりをもつギアトップ。本製品は、すべてのパーツが日本で作られていて、細部まで品質にこだわっているのが特徴です。元は医療用の小物入れとして開発されたため、密閉性が高く吸い殻や灰がこぼれにくいのがポイント。吸い殻は7〜8本ほど入れられます。

タバコを置けるスタンドも付いているので、携帯灰皿としてだけでなく卓上灰皿としても使用可能。持ち運びが容易なコンパクトサイズで、高品質の携帯灰皿を探している方におすすめです。

スロウワー 携帯灰皿

シンプルな四角形の携帯灰皿。カードケースのようにポケットに入れられるため、容易に持ち運べます。内側にはアルミが採用されているので、灰皿が熱くなりにくいのが特徴。吸い殻を入れて蓋を閉めることで、簡単に消火できます。

密閉性が高いためニオイが漏れにくく、吸い殻や灰がこぼれる心配もありません。利便性が高いシンプルなデザインで、スーツにもプライベートスタイルにも合わせやすいのが魅力。デザイン性と機能性を両立させた携帯灰皿を探している方におすすめです。

コルボ Curious 携帯灰皿ケース 8LO-9937

薄くて柔軟性のある牛革が採用された携帯灰皿。表面にはワックス加工が施されていることに加え、少しこすられているので使用してすぐにエイジングの光沢が確認できます。使用を開始した直後は柔らかい手触りですが、徐々になめらかな感触に変化していくのが特徴。

ナスカン金具が取り付けられているため、ベルトループやバッグに付ければ持ち運びも快適です。カジュアルでおしゃれなデザインは、ビジネススタイルにマッチします。経年変化を楽しめる携帯灰皿を探している方におすすめです。

Fun Market 携帯灰皿

革ならではのおしゃれなデザインを備えながら、水に濡れても劣化しにくいPUレザーを採用した携帯灰皿。水に強いので、天候に関わらず外出時に携帯できます。コンパクトサイズでポケットに入れて持ち運べるのでかさばりません。持ち運びが快適な携帯灰皿を探している方におすすめです。

内袋には対高温素材が採用されているため、安心して吸い殻を入れられます。汚れが気になったら、内袋だけ取り替えられるのが特徴。おしゃれで長く使い続けられる携帯灰皿を探している方におすすめです。

クイッター ベンガルカーフレザー携帯灰皿付きシガレット・マルチケース QT-176

牛本革を採用した、ヴィンテージ感あふれる携帯灰皿。使い続けることで、経年変化を楽しめます。徐々に特有の光沢が出て、手に馴染む感触に変わっていくのがポイント。使い続けることに喜びを感じられる携帯灰皿を探している方におすすめです。

男女問わず使えるデザインなので、お世話になった方へのプレゼントにも向いています。ナスカン金具付きで、ベルトループやバッグに取り付けられるのも魅力。手軽に持ち運べてデザイン性の高い携帯灰皿を使いたい方におすすめです。

クイッター オイルバケッタ・モミ加工レザーパッチ携帯灰皿 QT-103

高品質で知られている栃木レザーのヌメ革を採用した携帯灰皿です。ヌメ革は丈夫で長持ちするため、長く使える携帯灰皿を探している方におすすめ。経年変化によって表面に上品なツヤが出てくるので、革が好きな方には嗜好の一品です。

白ステッチやコンチョによって、革がおしゃれに彩られているのもポイント。上質な革と遊び心のあるデザインが融合した製品です。ナスカン金具付きで、手軽に持ち運べるのも魅力。携帯性とデザイン性を両立させた携帯灰皿を探している方におすすめです。

スリップオン モバイルアシュトレイ 携帯灰皿

シンプルなデザインで、幅広い年代から支持されている携帯灰皿。手のひらに収まるコンパクトサイズで、カバンの隙間に収納できます。カナビラ付きでベルトループやバッグの外側に取り付けることも可能。持ち運びやすい携帯灰皿を探している方におすすめです。

吸い殻が4〜5本入るので、小休憩時に最適です。金属製の灰皿に本革を巻き付けたデザインのため、消火スピードの早さと本格的なおしゃれさを両方楽しめるのが特徴。機能性とファッション性を両立させた携帯灰皿を持ち歩きたい方におすすめです。

ウィンドミル(WINDMILL) ASHTRAY SQUARE MDL

四角形のコンパクトな携帯灰皿。手のひらに収まるサイズなので、持ち運びに適しています。上の口をスライドさせて開けることで、吸い殻を捨てられる構造です。吸い殻は5〜6本ほど入るため、小休憩時に取り出せば吸う本数が多い方でも使えます。

さらに、吸い殻や灰を捨てやすいのも魅力のひとつ。底蓋をスライドさせれば、中身を簡単に捨てられます。吸い殻を捨てやすく掃除しやすい携帯灰皿を探している方におすすめ。カジュアルなデザインで、卓上灰皿として使ってもおしゃれに演出できます。

ペンギンライター 携帯灰皿 アッシュシリンダースリム

スリムな見た目が印象的な、シリンダータイプの携帯灰皿。フックが付いているため、ベルトループやバッグに引っ掛けて持ち運べます。本体はアルミ製なので、軽くて耐久性に優れているのも特徴。長く使い続けられる携帯灰皿を探している方におすすめです。

キルティングや高級家具を思わせるようなデザインも魅力。シンプルなスーツスタイルにアクセントを加えられます。蓋は片手で回せば開閉できるので、簡単に使えるのもポイント。底の蓋を開ければ、吸い殻も容易に捨てられます。使いやすくておしゃれな携帯灰皿を使いたい方におすすめです。