思い立った時にサッと取り出して掃除できるのが「フローリングモップ」。隙間に入り込んだ髪の毛やホコリはもちろん、ペットの毛や花粉なども簡単に拭き取れます。しかし、フローリングモップにはさまざまな種類があるため、どれを選べばよいか迷いがちです。

そこで今回は、フローリングモップの選び方やおすすめの製品をご紹介。フローリングモップの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

フローリングモップの選び方

タイプで選ぶ

使い捨てシートタイプ

By: amazon.co.jp

使い捨てシートタイプは、ヘッド部分に1枚ずつ装着し、掃除が終わったら剥がして処分できるのが特徴。シートが汚れたら捨てるだけなので、手入れの手間もかからず衛生的に使えます。また、ドライ・ウェット・ワックスタイプなどさまざまな種類が選べるのも魅力です。

難点としては、シートが消耗品なのでランニングコストがかかること。さらに、薄くてすぐにヨレてしまったり、ゴミが取りにくかったりするモノもあるので注意が必要です。シートにしっかりとした厚みがあるモノや、表面にゴミをキャッチしやすい加工が施されているモノを選びましょう。

クロスタイプ

By: amazon.co.jp

クロスタイプは、汚れがついても洗濯すれば繰り返し使えるのがメリットです。使い捨てシートとは異なり、1枚のクロスを長く使えるのでとても経済的なのがポイント。また、厚みがあることで力も伝わりやすいので、油汚れなど頑固な汚れを落としたい時に便利です。

難点としては、使う度に洗濯する手間がかかること。洗濯後はしっかりと乾燥させなければカビや雑菌が繁殖する恐れもあるため、こまめな手入れが不可欠です。手入れに時間をかけたくない方は、吸水性や速乾性に優れたクロスを選びましょう。

ヘッドの形状で選ぶ

By: amazon.co.jp

シートがズレたり剥がれたりするのが気になる方は、ヘッドの裏側に凹凸があるタイプを選びましょう。凹凸がシートにからみついて密着するので、薄めのシートでもヘッド部分から外れてしまう心配がありません。凹凸があることでホコリや髪の毛を吸着しやすいのもポイントです。

また、ヘッド部分にクリップやマジックテープが付いたタイプもおすすめ。厚みのあるシートもしっかり固定できるだけでなく、掃除が終わったら簡単に取り外せます。

ヘッドのサイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

ヘッドのサイズは20cmくらいの小さなモノから、40cmほどもある大きなモノまでさまざま。ヘッドが小さなタイプは、ソファや冷蔵庫の隙間など細かいところを掃除するのにおすすめです。ヘッドが大きなタイプは、一度に広範囲が拭き取れるので短時間で掃除が終わるというメリットがあります。

柄の長さを調節できると便利

By: amazon.co.jp

床掃除だけでなくエアコンや天井なども一緒に掃除したい場合は、伸縮タイプのフローリングモップがおすすめ。柄を伸ばすだけで、高いところにも簡単にモップが届きます。また、体格に合わせて長さを変えれば腰や膝に負担がかかる心配もありません。

フローリングモップのおすすめ

花王(Kao) クイックルワイパー

花王(Kao) クイックルワイパー

使い捨てシートをつけて使用するフローリングモップ。ヘッドについている4箇所の差し込み口にシートをしっかりと押し込めば、外れにくく快適に使えます。

ヘッドが回転し、わずか3cm程度の隙間にも届くため、あらゆる場所の掃除に使えるのが特徴。フローリングはもちろん、畳・天井・網戸・ソファの下なども掃除できます。柔らかいうず状のヘッドが床にフィットし、シート全体で汚れを捉えるので素早く綺麗にすることが可能です。

専用のシートにはドライシート・無香ウェットシート・香り付きウェットシートなどさまざまな種類があるため、用途に応じて使い分けられるのも魅力。あらゆる掃除シーンに使えるフローリングモップを探している方におすすめです。

スリーエム(3M) スコッチ・ブライト マイクロファイバーモップ FM-F1J

スリーエム(3M) スコッチ・ブライト マイクロファイバーモップ FM-F1J

マイクロファイバークロスを使用するフローリングモップ。クロスは乾拭きと水拭きの両方に対応しているため、幅広い用途に対応できます。

ヘッドは180°回転するので、角度を変えればあらゆる場所に使用可能。さらに、クロスを折り返して固定することで、小さな側面でもゴミをしっかりとキャッチできます。狭い部分もスムーズに掃除できるので、手が届きにくい隙間にも使えるフローリングモップを探している方におすすめです。

クロスには2種類のファイバーを採用しているため、こびりついた汚れやホコリ、油汚れなども綺麗に落とせます。また、ハンドル部分は74〜123cmで伸縮できるため、手が届きにくい天井や窓の上なども掃除可能。使い勝手のよいフローリングモップを探している方におすすめです。

レック(LEC) 激落ちワイパー

レック(LEC) 激落ちワイパー

水をつけて汚れを落とす「激落ちくん」シリーズのシートをつけて使うフローリングモップ。マイクロファイバーを配合した特殊なドライシートをつけることで、ホコリだけでなく髪の毛やペットの毛など細かいゴミもしっかりとキャッチできます。

ヘッドについている4箇所の差し込み口にシートを押し込めば、掃除中にシートがずれず快適に使えるのが特徴。ヘッドがクッション状になっていて、床面にフィットして汚れを逃さないのも魅力です。

握りやすい八角系のグリップで、手軽に掃除できるのも嬉しいポイント。さらに、引き出し可能な回転フックが付いており、引っ掛けて収納できます。場所を取らず手軽に使えるフローリングモップを探している方におすすめです。

ティディ(tidy) フロアワイプ

ティディ(tidy) フロアワイプ

温かみのあるデザインが印象的なフローリングモップ。ヘッドとグリップに天然木を採用することで、デザイン製を高めています。出しっ放しにしておいてもインテリアを損なわないおしゃれなフローリングモップを探している方におすすめです。

天然木の適度な重さにより、力を入れなくてもスムーズにゴミを捉えられるのが嬉しいポイント。さらに、ヘッドは360°回転するため、捉えたゴミを逃さず掃除を続けられます。

ヘッドが約3cmの隙間に入るので、ソファやベッドの下といった手が届かない場所も掃除可能。シートはドライもウェットも装着できるため、あらゆる場所の掃除に使えます。デザイン性と機能性の両方が高いフローリングモップを探している方におすすめです。

山崎産業(Yamazaki) Satto フローリングワイパー

山崎産業(Yamazaki) Satto フローリングワイパー

フローリングモップとしてもハンディモップとしても使える製品。別売りの伸縮ハンドルをつければフローリングモップに、そしてそのままハンディモップとしても使えます。部屋全体の掃除にも細かい部分の掃除にも使えるのが魅力です。

ヘッドには幅が広いワイドクリップが付いているため、薄手・厚手にかかわらずシートをしっかりと固定できます。掃除中にシートが外れてしまうことなく、快適に動かせるのが特徴です。

ドライシートだけでなくウェットシートも使えるため、網戸やガラス、壁などの掃除にも使えます。ハンドルの長さを変えられるフローリングモップを探している方におすすめです。

アズマ(Azuma) 階段にも便利なスポンジワイパーF FL374

アズマ(Azuma) 階段にも便利なスポンジワイパーF FL374

シートを使用するフローリングモップ。ヘッドが三角形のスポンジ状であることが大きな特徴です。シートをスポンジに巻きつけて差し込んで使います。

スポンジだからこそ軽く、スムーズに動かせるのがポイント。三角形なので階段や壁の隅にもしっかりフィットして、ホコリや髪の毛などを逃さずキャッチします。さらに、三角形の辺の部分を使えば掃き掃除もできるため、シートで取りきれなかったゴミがあっても素早く集められるのが魅力です。

柔らかいスポンジでできているので、床や壁に傷がつきにくいのも特徴のひとつ。部屋に優しく、細部まで綺麗に掃除ができるフローリングモップを探している方におすすめです。

山崎産業(Yamazaki) フロアワイパー デイリークリーン J-200

山崎産業(Yamazaki) フロアワイパー デイリークリーン J-200

雑巾を挟んで使うフローリングモップ。ヘッドの前後にクリップがついているため、シートより厚みのある雑巾でもずれにくいのが特徴です。掃除中に雑巾が外れることなく、快適に使用できます。

フローリングや畳の乾拭きはもちろん、窓ガラスの水拭きにも使用可能。さらに、柄が長いため壁や天井といった手が届きにくいところの汚れも掃除できます。雑巾を使用するので、水がこぼれたときに手を汚さずさっと使えるのも嬉しいポイントです。

年末の大掃除など、あらゆる箇所を一度に掃除するときにも活躍します。雑巾でしっかりと汚れを落とせるフローリングモップを探している方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) フラットモップ FLMO-130

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) フラットモップ FLMO-130

フローリングモップと専用モップクロス、バケツがセットになった製品。本来屈まなければできない水拭きを、立ったままできるようになるフローリングモップです。

水を入れたバケツにモップを入れて上下に動かすだけで、クロスを洗って絞る動作が行えます。手を汚さずに水拭きができるため、毎日の掃除だけでなく、年末の大掃除にも活躍。洗浄や脱水時にペダルを踏むなどの作業が要らないので、力を入れる必要がなく、疲れにくいというメリットもあります。

クロスは洗って繰り返し使えるため、経済的なのも魅力。床の水拭きを手軽に行えるフローリングモップを探している方におすすめです。

山崎産業(Yamazaki) フロアワイパー タフモッピー J-300

山崎産業(Yamazaki) フロアワイパー タフモッピー J-300

付属のマイクロファイバークロスや持っている雑巾をつけて使うフローリングモップ。クロスや雑巾をヘッドの4隅でしっかりと固定できるため、掃除中にズレることなく快適に使えます。

ヘッドには130個のブレードが付いているのが特徴。適度に弾力があるブレードが床を押さえ、汚れをきちんと取り除きます。フローリングの溝に溜まった汚れもブレードでかきだせるのも魅力です。

柄が約135cmと長いため、天井や壁の上部分、窓の高い部分などにも届きやすいのも嬉しいポイント。ソファの下や家具と家具の間といった狭いところにも届くので、細部まで綺麗に掃除したい方におすすめです。

山善(YAMAZEN) 洗って絞れるお掃除セット アラシーボ A-76917

山善(YAMAZEN) 洗って絞れるお掃除セット アラシーボ A-76917

専用のクロスをつけて使うフローリングモップと、専用のバケツがセットになった製品。モップをバケツの洗浄口と脱水口に差し込むことで、手を汚さずに水拭きが可能です。

専用クロスは吸水性が高く柔らかいクロスとブラシのように硬い毛がついたクロスの2種類が付属しています。フローリングはもちろん、畳や大理石など幅広い床材の汚れを落とせるのがメリットです。

ヘッドの先端は約2cmという薄さなので、家具の下などの狭い隙間にも入れられるのが特徴。細部まで綺麗に掃除できます。さらに、モップは分解してバケツに収納できるため、邪魔になりにくいのも嬉しいポイント。使い勝手のよい水拭き用フローリングモップを探している方におすすめです。

ホーキィ(HOKY) オールラウンドモップワイパー

ホーキィ(HOKY) オールラウンドモップワイパー

フローリングモップと専用クロスのセット。クロスのほかに雑巾やタオルも挟められるため、乾拭きにも水拭きにも使えます。

ゴム製のブレードがヘッドに156個もついているのが大きな特徴。床の凸凹に対応できるほか、こびりついた頑固な汚れもしっかりと落としてくれます。手で水拭きをするときのような力を入れなくても、手軽に汚れを落とせるのが魅力です。

さらに、柄はジョイント式なので用途に応じて好きな長さに調節可能。窓や天井といった高いところの掃除も手軽に行えます。力を加えなくても汚れを落とせるフローリングモップを探している方におすすめです。

MEXERRIS フロアモップ

MEXERRIS フロアモップ

手元のレバーを引くと水が床に噴射されるフローリングモップ。汚れが気になる場所を見つけたときにレバーを引けば、手軽に水拭きができます。一度に広範囲へ水を噴射できるため、部屋全体の水拭きもスムーズに行えるのが魅力です。

また、ヘッドは360°回転するので、狭いスペースにもしっかり入るのが特徴。家具の下や部屋の隅などのゴミが溜まりやすいところも、きちんと掃除できます。

モップ部分はマイクロファイバーを採用しているため、強力な吸水力を誇るのがポイント。水拭きをしても、床に水を残さず拭きとってくれます。水を噴射しなければ乾拭きにも使えるので、乾拭きも水拭きも手軽に行えるフローリングモップを探している方におすすめです。

HOMTOYOU フロアモップ

HOMTOYOU フロアモップ

クロスを付けて使うフローリングモップ。クロスはマイクロファイバー製で、細かいホコリやペットの毛などをしっかりとキャッチしてくれます。ヘッド部分が大きく一度に広範囲の掃除ができるので、スムーズに掃除を済ませたい方におすすめです。

ヘッドが360°回転するため、家具の下や狭い隙間に入って汚れをキャッチするのが特徴。また、ハンドルが伸縮式なので、届きづらいところにも入って部屋の細部まで綺麗にしてくれます。

ハンドルの上部は吊り下げ用の穴が空いているため、省スペースで収納できるのも嬉しいポイント。汚れが気になるときにサッと使い始められて、部屋の隅々まで綺麗にできるフローリングモップを探している方におすすめです。

リンレイ(RINREI) オールワックスワイパーEX 982607

リンレイ(RINREI) オールワックスワイパーEX 982607

ワックスを綺麗にかけるためのフローリングモップ。付属のトレイにワックスを入れ、シートをつけたヘッドにワックスを染み込ませて、床を滑らせることで塗布します。

柄が約110cmと長いので、広い部屋でもサッとワックスがけできるのが特徴。また、ヘッド部分がぶれにくいため、まっすぐ動かせて均一にワックスをかけられます。

さらに、ムラなく塗れるよう、底面にV字カットが施されているのもポイント。楽に、そして綺麗にワックスがけをしたい方におすすめのフローリングモップです。

ヘアクリーンモップセット

ヘアクリーンモップセット

マイクロファイバー製のクロスをつけて使うフローリングモップ。ドライとウェット2種類のクロスが付属しているため、乾拭きと水拭きの両方に使えます。

大きな特徴は、柄の先端が伸びて曲がること。柄が曲がることでソファの下や家具と家具の隙間など狭いところにモップが入りやすくなり、しっかりと汚れをキャッチできます。

立ったまま細かい部分の掃除ができるため、体に負担をかけることなく使えるのが魅力。フローリング・畳・壁・天井などあらゆる場所の掃除に使えます。普段使いから年末の大掃除まで使えるフローリングモップです。