思い立った時にサッと取り出して掃除できるのが「フローリングモップ」。隙間に入り込んだ髪の毛やホコリはもちろん、ペットの毛や花粉なども簡単に拭き取れます。しかし、フローリングモップにはさまざまな種類があるため、どれを選べばよいか迷いがちです。

そこで今回は、フローリングモップの選び方やおすすめの製品をご紹介。フローリングモップの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

フローリングモップの選び方

タイプで選ぶ

使い捨てシートタイプ

By: amazon.co.jp

使い捨てシートタイプは、ヘッド部分に1枚ずつ装着し、掃除が終わったら剥がして処分できるのが特徴。シートが汚れたら捨てるだけなので、手入れの手間もかからず衛生的に使えます。また、ドライ・ウェット・ワックスタイプなどさまざまな種類が選べるのも魅力です。

難点としては、シートが消耗品なのでランニングコストがかかること。さらに、薄くてすぐにヨレてしまったり、ゴミが取りにくかったりするモノもあるので注意が必要です。シートにしっかりとした厚みがあるモノや、表面にゴミをキャッチしやすい加工が施されているモノを選ぶとよいでしょう。

クロスタイプ

By: amazon.co.jp

クロスタイプは、汚れがついても洗濯すれば繰り返し使えるのがメリットです。使い捨てシートとは異なり、1枚のクロスを長く使えるのでとても経済的なのがポイント。また、厚みがあることで力も伝わりやすいので、油汚れなど頑固な汚れを落としたい時に便利です。

難点としては、使う度に洗濯する手間がかかること。洗濯後はしっかりと乾燥させなければカビや雑菌が繁殖する恐れもあるため、こまめな手入れが不可欠です。手入れに時間をかけたくない方は、吸水性や速乾性に優れたクロスを選びましょう。

ヘッドの形状で選ぶ

By: amazon.co.jp

シートがズレたり剥がれたりするのが気になる方は、ヘッドの裏側に凹凸があるタイプを選びましょう。凹凸がシートにからみついて密着するので、薄めのシートでもヘッド部分から外れてしまう心配がありません。凹凸があることでホコリや髪の毛を吸着しやすいのもポイントです。

また、ヘッド部分にクリップやマジックテープが付いたタイプもおすすめ。厚みのあるシートもしっかり固定できるだけでなく、掃除が終わったら簡単に取り外せます。

ヘッドのサイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

ベッドのサイズは20cmくらいの小さなモノから、40cmほどもある大きなモノまでさまざま。ヘッドが小さなタイプは、ソファや冷蔵庫の隙間など細かいところを掃除するのにおすすめです。ヘッドが大きなタイプは、一度に広範囲が拭き取れるので短時間で掃除が終わるというメリットがあります。

柄の長さを調節できると便利

By: amazon.co.jp

床掃除だけでなくエアコンや天井なども一緒に掃除したい場合は、伸縮タイプのフローリングモップがおすすめ。柄を伸ばすだけで、高いところにも簡単にモップが届きます。また、体格に合わせて長さを変えれば腰や膝に負担がかかる心配もありません。

フローリングモップのおすすめ

スリーエム(3M) スコッチ・ブライト マイクロファイバーモップ

スリーエム(3M) スコッチ・ブライト マイクロファイバーモップ

本製品は、カラ拭きと水拭きの両方ができるクロスタイプのフローリングモップです。クロス部分には、独自に開発した2種類のマイクロファイバーを使用。極細ファイバーでホコリや油汚れをとり、中細ファイバーによってこびりついた頑固な汚れをかき出すことができます。

ハンドルとヘッドをつなぐ箇所には、360°回転するボールジョイントを採用。手が届きにくいソファの下や、タンスの側面にも奥まで入り込むことが可能。クロスが汚れたら中性洗剤で洗えば何度でも使用できるので、使い捨てタイプよりも経済的なフローリングモップです。

JASHEN フラットモップ

JASHEN フラットモップ

手元のレバーを押すと扇状のミストが広がり、簡単に水拭きができるクロスタイプのフローリングモップです。ミストの粒はとても細かく、パットで拭き取るだけで乾くので水分による床の痛みを防止します。

クロスには、吸水力と耐久力に優れたマイクロファイバーを採用。購入時に4枚のクロスが付属しているので、汚れや毛羽立ちが目立つようになったら交換できます。使い捨てタイプと異なり、ランニングコストがほとんどかからないのも嬉しいポイントです。

アイレション(iRetion) 水拭き楽々モップ

アイレション(iRetion) 水拭き楽々モップ

簡単に水分が絞れるのが特徴のフローリングモップです。ヘッド部分を繰り返しスライドさせることで最大93%まで脱水可能。素早く乾燥できるので雑菌が繁殖しにくく、衛生的に使えます。

クロスはマジックテープ式で着脱でき、汚れのついた部分を手洗いすれば繰り返し使用可能。からみついた髪の毛やホコリなどを取りたい時は、付属のブラシでかき出せます。柄の太さは約2cmと細長いので、タンスや冷蔵庫の側面など狭い隙間の掃除にもおすすめのフローリングモップです。

iTvanila フロアモップ 水拭きモップ

iTvanila フロアモップ 水拭きモップ

水拭きクロスと床掃除クロスが2枚ずつ付属しているアイテムです。マイクロファイバー製の水拭きクロスは、床を傷つけずにホコリや髪の毛だけを除去。床掃除クロスにはバリが施されたパルプ繊維が使われているので、しつこい油汚れもしっかり落とせます。

ヘッド部分にはマジックテープ加工が施されており、掃除中にクロスが剥がれにくい構造。掃除が終わったら、端からめくれば簡単に剥がせます。クロスに汚れがついたら手洗いはもちろん、洗濯機でも丸洗いできるので、衛生的に使いたい方におすすめのフローリングモップです。

HOMTOYOU フロアモップ

HOMTOYOU フロアモップ

640mlの大容量ボトルを備えたスプレー式のフローリングモップです。手元のレバーで噴霧する量が調整できるので、水が出すぎる心配はありません。ボトルには洗剤・消毒液・エッセンシャルオイルなどさまざまな液体が入れられます。

ヘッド部分が大きく一度に広い範囲を拭き取れるので、掃除時間の短縮が可能。また、ハンドル部分は伸縮式なので、掃除場所に合わせて長さを変えられます。フローリングだけでなく、階段や台所などさまざまな場所を短時間で掃除したい方におすすめのフローリングモップです。

HomeBset フロアモップ 吸水モップ

HomeBset フロアモップ 吸水モップ

本製品は、45×11.5cmの大きなヘッドで、広範囲を一気に掃除できるのが特徴。ハンドルをフリーにすれば360°ヘッドが回転するので、階段の段差やホコリがたまりやすい隙間なども綺麗に拭き取れます。柄の長さは82〜130cmまで伸縮できるため、網戸や天井など高いところの掃除にもおすすめです。

モップ部分は、耐摩耗性・通気性・吸水性に優れた炭素繊維を採用しています。繊維の断面が多角形なので、ホコリや髪の毛を表面に取り込んで離しません。家庭での掃除はもちろん、人の出入りが多いオフィスやビルの清掃にもおすすめのフローリングモップです。

Grideto フロアモップ 自立タイプ

Grideto フロアモップ 自立タイプ

本製品は、手元のレバーを引くと扇状に水が噴射されるスプレー式のフローリングモップです。本体に脱水機能がついているのが特徴で、モップについた水や汚れを直接触れずにワンプッシュで絞れます。

また、本体は自立するのですっきりと保管が可能。リビングなど手の届く範囲に置いておけば、思い立った時に掃除が始められます。クロスは4枚付属しているので、トイレ用・台所用など場所ごとに使い分けたい方にもおすすめです。

SINLAND 回転軽量伸縮柄アルミモップセット

SINLAND 回転軽量伸縮柄アルミモップセット

85〜147cmまで自由に長さを変えられる伸縮タイプのフローリングモップです。体格に合わせて調節できるので、腰や膝に負担がかかりにくいのが特徴。また、柄を長くすれば床掃除だけでなくエアコンや天井などの高いところにも簡単に届きます。

本製品は、3枚のマイクロファイバーモップが付属。手洗いで簡単に汚れが落ち、乾かせば何度でも使えます。家にあるタオルやクロスも挟んで使えるので、ランニングコストがほとんどかからないのが魅力の製品です。

花王(Kao) クイックルワイパー

花王(Kao) クイックルワイパー

シートタイプのフローリングモップのなかでも代表的な「クイックルワイパー」です。本体は人間工学に基づいて設計されているので、軽い力でもスムーズな拭き取りが可能。付属の専用シートには特許取得の円形のくぼみが施されており、髪の毛やホコリなどを逃さずキャッチします。

ヘッド部分は掃除機が入りづらい3cmの隙間にも入り込むので、ベッドやソファの下の掃除にもおすすめです。また、柄の部分は握りやすいラウンドグリップ型をしており、長時間使用しても手指が痛くなりにくいのもポイント。シートが汚れたら剥がして新品に付け替えられるので、日々のちょっとした掃除におすすめの製品です。

山崎産業(Yamazaki Sangyo) フローリングワイパー

山崎産業(Yamazaki Sangyo) フローリングワイパー

本製品は、身長や掃除場所に合わせて柄の長さを3段階に伸縮できるのが特徴。天井・エアコン・壁などの高い場所でも楽に届きます。また、本体はジョイント式なので使わない時は部品を分解すれば、コンパクトに収納可能です。

ヘッド部分はソフトな発泡クッション材を使用しており、床や家具などを痛めません。本体の重量は約270gと軽量なので、子どもや女性でも片手で扱えるのが嬉しいポイントです。

レック(LEC) 激落ち フローリングワイパー

レック(LEC) 激落ち フローリングワイパー

ヘッド部分に凹凸のある立体クッションが付いているのが特徴のフローリングモップ。軽く力を入れて滑らせるだけで、ホコリや髪の毛をしっかり吸着します。また、本体の重さはわずか274gなので、片手で掃除するのも簡単です。

ヘッド部分に装着するフローリングシートは、ドライ・ウェットの両方が使用可能。厚みのある雑巾もクリップで挟めば、しっかり固定できます。床掃除はもちろん、油汚れやベタつきの気になる台所掃除にもおすすめの製品です。

アズマ工業(azuma) フローリングワイパー ナチュリッシュ ミニ

アズマ工業(azuma) フローリングワイパー ナチュリッシュ ミニ

拭き幅が約18cmのミニサイズなので、小回りがきくフローリングモップ。使い捨てフローリングシートを半分に折れば、どのメーカーの製品でも対応可能。また、柄の長さは約40〜63.5cmに伸縮できるのでさまざまなシーンで活躍します。

一般的なフローリングモップよりもコンパクトなので、収納に幅をとらないのもポイント。子どもにも使いやすい大きさなので、お手伝い用に1本用意しておくのもおすすめの製品です。