ベランダや庭先へ出る際に大活躍する、「ベランダサンダル」。一口にベランダサンダルといっても、メーカーによってデザインや履き心地は大きく異なります。また、最近では機能的でおしゃれなアイテムも数多く発売されているため、どれを選べばよいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ベランダサンダルのおすすめをランキング形式でご紹介します。選び方もあわせて解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

ベランダサンダルの選び方

履きやすさで選ぶ

少し大きめサイズがおすすめ

By: amazon.co.jp

ベランダサンダルは、頻繁に脱ぎ履きをするアイテム。また、家族みんなで1足をシェアするケースも少なくありません。その場合は、だれでもサッと素早く脱ぎ履きができるように、少し大きいサイズのモノを選ぶのがおすすめです。

一方で、脱ぎ履きのしやすさより履き心地を重視する方は、ぴったりめのサイズを選んでおきましょう。足へのフィット感があると、長時間でも快適に履き続けやすくなります。

両方向から履けるモノも便利

By: amazon.co.jp

最近人気を集めているのが、前後どちらからでも履けるタイプ。脱ぎ履きのたびにサンダルを揃える必要がなく、脱いだままの方向でスッと履けるため、毎日気軽に使えます。

サンダルを揃える手間を掛けたくない方はもちろん、揃える際に膝・腰を曲げるのが辛い方や、両手が塞がった状態でベランダへ出ることの多い方にもおすすめです。

使い勝手のよさで選ぶ

水はけのよいモノがおすすめ

By: amazon.co.jp

ベランダサンダルは、雨にさらされたり、ガーデニング作業で水しぶきが飛んだりと、水に濡れてしまう機会が多いもの。そのため、いつでも快適に履けるように、水はけのよさも重要です。底にメッシュ加工が施されたモノなど、なるべく水が溜まりにくい仕様のアイテムを選ぶようにしましょう。

また、丸洗いができる素材かどうかも要チェック。 EVA(合成樹脂)やラバー製などを選んでおけば、雨や泥などの汚れが付いても、すぐに洗い流してキレイな状態を保てます。

飛ばされにくさと縮みにくさもチェック

By: rakuten.co.jp

ベランダサンダルを外へ出しっぱなしにする場合、強風で飛ばされてしまうケースも少なくありません。都度室内へしまったり、雨風よけ用のカバーを購入したりするのが億劫な方は、簡単に飛ばされてしまわないよう、適度な重みのあるアイテムを選んでおくのがおすすめです。

また、日当たりのよいベランダの場合は、直射日光の影響でベランダサンダルが縮んでしまうケースもあるので、注意が必要。日光による劣化や縮みを軽減したい方は、「ポリ塩化ビニル(PVC)」などの耐候性に優れた素材を用いたモノもチェックしてみてください。

ベランダサンダルのおすすめ人気ランキング

第1位 アモジ(Amoji) サンダル AM1702

優れた実用性で、高い人気を集めるベランダサンダルです。素材に水を吸収しない特製樹脂が採用されていることに加え、通気性や排水性に優れたメッシュデザインが特徴。ベランダや庭先だけでなく、ビーチや川遊びなどのアウトドアシーンでも活躍するアイテムです。片方あたりの重量はわずか110gで、軽やかな履き心地を楽しめます。

また、足型は日本人の足に馴染みやすい「幅広甲高」タイプ。サンダルの口が広く足を入れやすいうえ、程よい引っ掛かりで不意に脱げることも防げます。さらに、インソールには若干の凹凸を設けており、滑り止め効果を発揮するのも魅力です。凹凸部が足裏にソフトな刺激を与え、健康サンダルを履いているかのような心地よさも感じられます。

そのほか、サイズやカラーもラインナップ豊富。サイズは23.0~32.0cmまで、カラーは計13色と幅広いため、ぴったりの1足を見つけやすいのもポイントです。

第2位 KASOS 水切り ベランダスリッパ

機能性の高い、人気のベランダサンダルです。ソール部分には、サンダル内に水が溜まりにくいメッシュ設計を採用。雨が降った翌日でも快適に履けるほか、アウトドアでの水遊びにも重宝します。また、「360°滑り止め設計」により、水場で滑りにくいのもおすすめポイントです。

さらに、柔らかく耐久性に優れたEVA素材を用いており、履き心地も良好。インソール全体の立体構造と、つま先部分の起伏形状が足にフィットするため、快適に履き続けられます。

カラーはイエローグレーとピンクの2色、サイズはМ・XL・XXLの3種類。サイズごとに選べる色が異なるので、注意が必要です。

第3位 Shamrock 両方向スリッパ

両方向から履ける、便利なベランダサンダルです。ベンド部分が可動式で、前後どちらから履いても足にぴったりフィットします。脱ぎ履きの際に向きをいちいち揃える必要がなく、日々の些細なストレスを減らしたい方におすすめ。また、ソール部分には柔らかい素材が使われているので、長時間履いても足裏に負担が掛かりにくいのがポイントです。

カラーは、ピンク・グリーン・ブルーの3色で、サイズはMとLの2サイズ展開。選ぶサイズによってソールの色が異なるため、注意しておきましょう。

第4位 ケユカ(KEYUCA) bubl ベランダスリッパ

ソール部分にドット柄の凹凸を配置し、高いクッション性と水はけのよさを両立した人気のベランダサンダル。サンダル内に水が溜まりにくいため、雨が降った翌日も快適に履くことが可能です。

また、素材には耐候性に優れた「PVC」を採用しています。太陽光や温度変化による変質が起こりにくいので、長く愛用したい方におすすめ。さらに、適度な重さがあるため、風で飛ばされにくいのもポイントです。

サイズは約24.0~26.0cmのフリーサイズで、カラーはアイボリーとネイビーの2色を展開しています。縮みにくく飛びにくい、おしゃれなベランダサンダルを探している方にぴったりのアイテムです。

第5位 Destyle どちらからも履けちゃう ベランダ サンダル

両方向から履ける、使いやすさが魅力のベランダサンダルです。本体中央部のベルトは可動式で、どちらから足を入れても、ちょうどよい位置に移動します。向きを気にせずにそのまま履けるので、都度サンダルを揃える手間を省きたい方におすすめです。

また、ソールは格子状に突起が並んだメッシュ構造で、サンダル内に水が溜まる心配がありません。さらに、突起が球状のため、足裏に心地よい刺激を与えてくれるのもポイントです。

そのほか、素材が耐候性に優れた「PVC」製なので、日光による劣化や縮みが起こりにくいのも魅力。サイズは、約23.0~25.0cmの女性向けフリーサイズと、約25.0~27.0cmの男性向けフリーサイズの2種類です。カラーは、ブラックとホワイトの2色が展開されています。

第6位 KOCOTA 抗菌防臭素材 サンダル

履き心地にこだわりたい方におすすめのベランダサンダルです。素材には、軽量でクッション性に優れたEVA素材を採用。また、インソールのつま先部分には特殊なマッサージボールが埋め込まれており、足ツボを押されているような心地よさを楽しめます。かかとが安定しやすい「カップインソール」仕様で、長時間履いても疲れにくいのもポイントです。

さらに、アッパー部分の両サイドに設けられた穴により、通気性や排水性も良好。加えて、耐滑性と静音性も兼ね備えています。サイズは、SからXLまでの4サイズを展開。カラーは、ブラック・ネイビーなどのシンプルな色から、イエロー・ローズレッドなどの華やかな色まで揃う計13色がラインナップされています。

第7位 KOCOTA 穴あきソール ベランダサンダル

耐候性に優れた「PVC」素材を採用した、縮みにくいベランダサンダル。ソール全面とアッパーの一部に穴が設けられており、水はけがよいアイテムです。濡れても乾きやすいため、ベランダのほか、浴室やプールなどでの使用にも適しています。

さらに、インソールの凹凸が足裏をソフトに刺激し、履き心地を楽しめるのも魅力。なお、カラーはピンクとブラックの2色展開です。サイズは、S・M・L・XLの4サイズから選択できます。

第8位 ファイン NEWベランダサンダル FIN-186

水はけのよさを重視する方におすすめのベランダサンダルです。ソール全面がメッシュ構造なので水がそのまま排出され、雨の日や水場でも快適に使用できます。また、素材に軽く柔らかいEVA樹脂を採用しているため、履き心地にこだわりたい方にもぴったりです。

カラーは、ブラック・レッド・ライトブルーの3色をラインナップ。サイズは、MとLの2サイズを展開しています。なお、EVA樹脂は直射日光を浴びると縮みや劣化が発生しやすい素材。そのため、日光が当たる場所に長時間置きっぱなしにするのは、避けるようにしましょう。

第9位 GuanZo ベランダサンダル

足が痛くなりにくいアイテムを探している方におすすめのベランダサンダルです。インソールに軽度なマッサージ機能を搭載しているのが特徴。インソール全体の立体構造と、つま先部分の起伏形状が足裏に優しくフィットすることで、長時間にわたり快適な履き心地を叶えてくれます。

さらに、ソールに「通気水切り穴」が設けられているため、サンダル内に水が溜まりにくい構造なのも魅力。アウトソールに施した「凹凸ストライプ」が床との摩擦を生み出し、滑り止め効果を発揮するのもポイントです。

なお、サイズやカラー展開も充実。サイズはS~XLの4サイズ、カラーはピンク・パープルなどのかわいい色を含んだ計8色がラインナップされています。

第10位 ファイン ぬぎっパ

両方向から履けるベランダサンダルです。アッパー部分を中央に設けたシンメトリーなデザインに加え、アッパーが可動式。前後どちらから履いても足にぴったりとフィットするため、急いでいるときもサッと履けます。また、アッパー部分は面ファスナー仕様で、甲の高さや足囲に応じてサイズを調節できるのもポイントです。

さらに、ソールには格子状に穴が空いたメッシュ構造が採用されており、通気性や排水性も良好。加えて、片足約96gの軽量仕様なので、長時間履いても足が疲れにくいのが特徴です。

なお、軽量なため、強い風で飛ばされてしまう可能性がある点には要注意。特に、風の強い日はベランダへ置きっぱなしにすることは避けるようにしましょう。

第11位 フレディレック(FREDDY LECK) バルコニーサンダル FL-129

ドイツのベルリンにあるコインランドリー「フレディ・レック・ウォッシュサロン」から生まれた、おしゃれなベランダサンダルです。清潔感と温かみを感じさせるオフホワイトのカラーと、ころんとしたかわいいフォルムが魅力。かかとには、さりげなく「フレディ」のロゴが入っています。

デザイン性に加え、機能性も良好です。ソール全面に格子状の穴を設けているため、水が溜まりにくく、濡れても乾きやすいアイテム。インソールの凸部分は柔らかく、履き心地も快適です。

さらに、専用の布バッグが付属しているのもポイント。サンダルの収納や、お出かけ時の持ち運びなど、便利に活用できます。サイズは1種類のみで、約25.5~27.0cmに対応。シンプルながら洗練されたデザインで、毎日の洗濯物干しやお風呂掃除が楽しくなるような、おすすめアイテムです。

第12位 ビーウェル(B-WELL) ドッチーモ2 DC00200

両方向から履ける、ユニークなデザインのベランダサンダルです。本製品のアッパーは特殊製法で作られており、踏んでもすぐに形が復元するのが特徴。後方のアッパーを踏んで、前後どちらからでも足を差し込めます。左右の違いもないので、脱ぎ履きの際にサンダルを揃える手間が掛かりません。

また、メイン素材にはゴムを、ソール素材と裏地にはEVAを採用。片足わずか70gの軽量仕様のため、疲れにくいベランダサンダルを探している方におすすめです。

サイズは1種類で、21.0~25.0cm に対応。カラーは、オレンジとライムグリーンの、ポップな2色がラインナップされています。

第13位 OHAGI 水切り 足つぼ サンダル

クリアなカラー展開がかわいいベランダサンダルです。アッパーは透明で、ソール部分はオレンジ・スカイブルー・レッドなど合計7色から選択が可能。カラフルなアイテムを探している方におすすめです。

また、デザイン性のみならず実用性も良好。ソール全面に格子状の穴が設けられているので、雨に濡れても水がそのまま下へ抜けていきます。さらに、ソールの突起部分が足裏をさり気なく刺激するため、マッサージされているような心地よさを味わえます。

そのほか、素材に耐候性が高い「PVC」が採用されているのもポイント。太陽光や紫外線、温度の変化によるサンダルの劣化や縮みが起こりにくいので、ベランダに置いておきたい方にもおすすめです。サイズは、S・M・L・XLの4サイズを展開しています。

第14位 クロックス(crocs) クラシック クロッグ 10001

カジュアルファッションの人気定番アイテム、クロックス。外出時やレジャー用のサンダルとしてだけでなく、ベランダサンダルとしても活躍します。ヒールストラップを動かすだけで簡単に脱ぎ履きできるほか、軽量でクッション性に優れた特殊樹脂「クロスライト」が用いられており、履き心地も快適。また、本製品はアッパーとサイドに通気孔が設けられているため、排水性も良好です。 

さらに、カラー展開も豊富。ブラック・ホワイトなどのシンプルカラーから、キャンディピンク・ブルージーンなどのポップなカラーまで、合計21色がラインナップされています。そのほか、サイズも22.0~31.0cmまで1cm刻みで豊富に展開。汎用性の高い、おしゃれなベランダサンダルを探している方におすすめです。

第15位 サンダル ザウルス フット

個性的なデザインがかわいいベランダサンダルです。アッパーのつま先部分に爪が付いており、履くだけで恐竜のような足元に変身。カラー展開もピンク・グリーン・パープル・グレーと、華やかな色が揃っているため、ちょっとしたプレゼントにも適しています。

また、アッパーの上面・側面と、ソールのかかと部分には、通気孔が多数設けられているのもポイント。サンダル内に水が入ってもそのまま下へ抜けていくので、浴室掃除などにも活用できます。

さらに、程よいソールの厚みが足裏をバランスよく支えてくれるため、履き心地も快適。アウトソールには波型の切れ込みが施されており、滑りにくいのも魅力です。サイズは1種類で、約23.0~24.0cmに対応。遊び心あふれるアイテムを探している方におすすめです。

第16位 マルハチ産業 サンダル ランドリエ

軽くソフトな履き心地が魅力のベランダサンダルです。素材には、柔らかなEVA樹脂を採用。凹凸加工を施したインソールが足裏にしっかりフィットして、快適な履き心地を実現しています。また、ベランダサンダルには珍しく、ヒールに約4cmの高さがあるのもポイント。ヒールが歩行時の足運びを支えるため、長時間履いても疲れにくいアイテムです。

さらに、アッパーとインソールに「水抜け加工」を施しており、サンダル内に水が溜まりにくい設計なのもメリット。濡れても乾きやすいので、雨が降った翌日も安心して使用可能です。アッパーの水抜け加工部はかわいい花模様で、デザイン性にも優れています。

そのほか、気軽に購入できるリーズナブルな価格帯も魅力。カラーは、ベージュとダークブルーの2色展開です。カラーによってサイズが異なり、ベージュは24.5cmまで対応のMサイズ、ダークブルーは27.0cmまで対応のLサイズの2種類を展開しています。

第17位 ロコゾウ サンダル z001

ポップでおしゃれなベランダサンダルです。全面にユニークな模様が施されており、カラーはイエロー・オリーブ・ピンク・ワインなどを含む合計15色と豊富に展開。デザイン性にこだわりたい方におすすめです。

また、アッパー部分に通気孔が設けてあるため、水はけも良好。雨の日のベランダや庭はもちろん、ビーチなどのアウトドアシーンでも活躍するアイテムです。サイズは、SS~3Lの6サイズを展開しています。

第18位 フットライフ(FOOT LIFE) バスサンダル F3222

かかと部分がフック状の、ユニークなアイテムです。バスサンダルとして販売されていますが、ベランダサンダルとしても活躍します。物干し竿や手すりに吊るして収納できるため、サンダルの置き場所に困っている方にぴったりです。また、つま先部分が空いているので、吊るしながら水切りもできます。

さらに、素材に耐候性の高い「PVC」を採用しているのもポイント。太陽光や紫外線、雨水による変質が起こりにくいため、劣化や縮みを防ぎたい方にもおすすめです。

カラーは、ホワイト・ブラック・ピンク・ブルーの4色をラインナップ。サイズは、22.5~24.5cmのMと、24.5~26.5cmのLの2種類を展開しています。なお、片足あたりの重量はMサイズで約380g、Lサイズで約460gと適度に重いので、風で飛びにくいのも魅力。高い実用性を有する、便利なベランダサンダルです。

第19位 オズウェイ(Os’way) ウォーターパス

デザイン性と機能性を兼ね備えた、おすすめのベランダサンダルです。サイズは、22.5~25.0cmのレディース用と約27.0cmのメンズ用の2サイズ。また、レディースとメンズでそれぞれ異なるデザインとカラーを採用しています。レディースはかわいい小花模様のアッパーで、レッド・イエローなどの4色。メンズは無地のアッパーで、ネイビー・ブラウンなどの落ち着いた4色を展開しています。

素材には、水に強いEVA素材を採用。さらに、ソールが「すのこ」形状なことに加え、少し傾斜しているため、水が抜けやすい設計なのも魅力です。濡れてしまっても、短時間で乾かすことが可能。自宅用にはもちろん、引っ越し祝いなどのプレゼントとしてもおすすめのアイテムです。

第20位 zacca サボシューズF

北欧テイストのデザインが魅力のベランダサンダルです。かわいい丸みのあるフォルムで、ベランダ用だけでなく、近所への買い物などにもおすすめ。カラーは、無地ブラウン・無地アイボリー・バルーンイエロー・バルーンパープルの4種類から選択できます。

素材には、軽くソフトなEVA樹脂を採用。汚れても水で丸洗いできるので、清潔な状態に保てます。また、ソール部分が丈夫なため、足が疲れにくいのもポイント。取り外し可能な中敷きが付いており、クッション性も良好です。

さらに、かかと部分を踏んでも型崩れしにくく、両手が塞がっていても簡単に脱ぎ履きできます。サイズは、S・M・Lの3サイズ展開。色違いで揃えたくなる、おしゃれなベランダサンダルです。