室内の温度や湿度を気軽にチェックすることができる「温湿度計」。梅雨時期の除湿や冬場の乾燥対策を行う際には調整の目安となるので、あると便利なアイテムです。

そこで今回は温湿度計のおすすめモデルをご紹介。アナログ式とデジタル式に項目を分けて製品をピックアップしたので、ぜひ購入を検討している方は参考にしてみてください。

温湿度計の種類

アナログ式

By: dretec.co.jp

アナログ式の温湿度計は温度や湿度を針で示してくれるタイプ。遠目でも、数値が大まかながらわかるので部屋のどこからでも見やすいのがメリットです。細かな数値でなくとも、だいたいの数値がわかればいいという方におすすめ。また、電池が不要なのもポイントです。

しかし、細かい数値を知りたい場合はかなり近づいて確認しなくてはいけないのがデメリット。また、衝撃に弱く、落としたりぶつかったりするとセンサーが狂ってしまい、正確な数値が測れなくなることもあるので、取り扱いには注意が必要です。

デジタル式

By: amazon.co.jp

デジタル式の温湿度計は数字で温度や湿度が表示されるので、ひと目で具体的な数値がわかりやすいのがメリット。製品によっては、細かな数値を出してくれるタイプもあり、より正確な温度や湿度を把握できます。

年配の方や赤ちゃん、ペットなど温度や湿度に配慮したい場合や、寒暖の変化に弱い観葉植物を管理したい場合などは特に使いやすく、しっかりと室内環境を整える際に便利です。

しかし、遠目ではデジタル数字が見づらいのがデメリット。デスク上やベッド横など、手元で確認できる場所で使用するか、できるだけ大きな文字で表示されるタイプを選ぶとよいでしょう。なお、電池を使用するので定期的に電池の交換が必要になります。

温湿度計の選び方

温湿度計の設置場所によって選ぶ

By: amazon.co.jp

せっかく温湿度計を購入するなら、正確な温度や湿度を測るべく、設置場所には配慮したいもの。エアコンの風や直射日光が当たる場所、加湿器の近くなどは数値に影響が出てしまうので避けるのがベターです。風通りのよい場所に設置することを意識しましょう。床から1.5mくらいの高さに設置すると正確な数値が測りやすい上、数値の確認もしやすいのでおすすめです。

また、壁掛けタイプにするか、据え置きタイプにするかも選ぶ際に重要なポイントです。壁掛けタイプは、場所をとらずどこにでも設置できるのがメリット。しかし、壁に穴をあけなくてはいけないのがデメリットです。

壁に穴をあけたくない方や、置く場所に余裕がある場合は据え置きタイプがおすすめ。コンパクトなものならちょっとしたところにも設置できます。落としても壊れにくいモノなら、さらに安心です。

誤差が少ないものを選ぶ

By: amazon.co.jp

温湿度計を設置するなら、正確な温度や湿度を測りたいものですが、市販の温湿度計はどうしても誤差が生じてしまいます。精度が高ければ高いほどよいと思いがちですが、高精度のものは価格が高くなってしまうのが悩みどころ。

一般的に、家庭用よりも業務用の温湿度計の方が高精度ですが、特にこだわりがなければ、家庭用で十分。製品には、湿度測定精度がそれぞれ表記されているので、気になる方は確認しておきましょう。

オプション機能付きのものを選ぶ

By: dretec.co.jp

温湿度計のなかには、温度と湿度を表示する他にも機能を備えているタイプのものもあります。例えば、カレンダーや時計表示付きのものだと、日にちや時間をチェックできて便利。また、インフルエンザや熱中症などの注意表示が付いているものなら、さらに体調管理に配慮できます。

温湿度計のおすすめメーカー

エンペックス気象計

By: amazon.co.jp

1973年創業のエンペックス気象計。温湿度計をはじめ、お天気計や高度計、空気清浄機など、暮らしを快適にしてくれる製品を開発・製造している会社です。開発から販売までの工程を自社で行っており、製品ラインナップが豊富に取り揃っているのもポイント。精度の高さから国内のみならず、海外からも高い評価を得ています。

タニタ(TANITA)

By: amazon.co.jp

1923年創業のタニタ。「はかる」を通して世界の人々の健康づくりに貢献することを理念とし、温湿度計や体重計、ストップウォッチ、キッチンタイマーなど、さまざまな計測アイテムをリリースしています。独創的なアイデアや技術力の高い製品が取り揃っているのもポイントです。

ドリテック(DRETEC)

By: amazon.co.jp

1997年創業のドリテック。創業時はキッチンタイマーが主力グッズでしたが、現在はデジタルスケールや時計、掃除機など、暮らしに役立つさまざまな製品を手掛けています。

温湿度計のおすすめモデル|アナログ式

エンペックス気象計 温湿度計 EX-2718

エンペックス気象計 温湿度計 EX-2718

リーズナブルな価格ながら精度がよく、誤差が少ない温湿度計。同社の高い技術力をもって開発された「スーパーEXセンサー」を搭載しているのが特徴です。

温度と湿度の表示のみのシンプルな仕様。文字盤の目盛りや数字が大きくすっきりとしたデザインなので、遠目からも数値の把握がしやすいのもポイントです。台座をつければ据え置きにも、外せば壁掛けにもなる兼用タイプで、使い勝手は良好です。

材質は衝撃に強いポリスチレン樹脂を使用。耐久性もあるので、長く使える温湿度計を探している方におすすめです。

エンペックス気象計 温度湿度計 EX-2821

エンペックス気象計 温度湿度計 EX-2821

直径12cmとコンパクトで、ちょっとした場所にも設置しやすい温湿度計。ホワイトを基調としたシンプルなデザインで、悪目立ちせずさりげなく取り入れられます。

同社の精密さを象徴する「スーパーEXセンサー」搭載で、誤差が少なく信頼できる数値を知れるのがメリット。文字盤が大きくて見やすく、室内環境をすばやくチェックできます。

文字盤には熱中症や風邪、食中毒などへの注意表示付き。色がついているので現在の室内環境が適度かどうかすぐにわかります。カラーリングが施されているものの、それほど派手さはないので、インテリアに影響しにくいのもポイントです。

素材は、衝撃に強いポリスチレン樹脂を使用。また、カバーは透明アクリル製なので、万が一落としたりぶつかったりしてもガラスのように飛び散ることがなく安心です。

ドリテック(DRETEC) 温湿度計 O-319

ドリテック(DRETEC) 温湿度計 O-319

ナチュラルな木目調の文字盤が印象的な温湿度計。目盛りの数字もクラシックスタイルで、インテリアのアクセントにもなるおしゃれなデザインに仕上がっています。

針は太目ではっきりしていて遠目からでも見やすく、部屋の温度や湿度をひと目でチェックすることが可能。また、細かな目盛りも読みやすいよう、温度計の針先が矢印状になっているのもポイントです。

快適な温度・湿度の目盛りは緑色になっています。その部分を針が指していれば、現在の室内環境は適度ということです。デザインを損なわず、快適な室内環境づくりにも一役買うさりげない工夫が施されています。

壁掛けにも、スタンドをつけて据え置きにも対応が可能。置く場所を選ばず、どこにでも設置できる便利な温湿度計です。

温湿度計のおすすめモデル|デジタル式

タニタ(TANITA) 温湿度計 TT-559

タニタ(TANITA) 温湿度計 TT-559

シンプルなデザインが魅力の温湿度計。大きな文字で温度や湿度が表示されるので読みやすく、遠目からでもチェックできます。画面には温度や湿度の他、時計やアラーム、カレンダーなども表示できる機能付き。これ1台でさまざまな用途に対応できるのが特徴です。

画面上部には、部屋の快適レベルを3段階で表示。可愛い水滴のイラストで表示されるのでどなたにもわかりやすく、楽しく温度や湿度のチェックができます。

壁掛けや据え置きのほか、マグネットでの設置もできる3WAY仕様。リビングには壁掛け、ベッド横には据え置き、キッチンの冷蔵庫にはマグネットと、どんな場所にも設置しやすく便利に使える温湿度計です。カラーはオレンジ・ブルー・グレーの3色をラインナップ。各部屋に温湿度計を置きたい方はぜひチェックしておきましょう。

ドリテック(DRETEC) デジタル温湿度計 O-271

ドリテック(DRETEC) デジタル温湿度計 O-271

木目調のフレームがスタイリッシュな温湿度計。木のぬくもりある質感が、温湿度計の無機質さを和らげています。丸みのあるデザインがおしゃれでインテリアにもなじみやすく、リビングなど人目に付く場所に設置しても違和感がありません。

画面には、温度と湿度がはっきり大きな文字で表示されます。遠目からでも数値が読みやすく、温度や湿度のチェックが簡単にできます。

右下には、熱中症やインフルエンザの危険度を顔マークでお知らせ。顔マークの表情は7段階で、現在の室内環境が適度かどうかひと目でわかります。特に熱中症やインフルエンザが流行する時期には便利な機能です。

壁掛けでの設置はもちろん、裏面にはスタンドつきで据え置きにも対応。手のひらサイズとコンパクトにまとめっているのもポイントです。

ThermoPro デジタル温湿度計 TP55

ThermoPro デジタル温湿度計 TP55

バックライト付きの温湿度計。薄暗い場所でも、数値がしっかりと読み取れるのが特徴です。タッチスクリーン仕様なので、暗くてもスイッチなどを探す手間がなく、スムーズに点灯することができます。

画面には現在の温度・湿度が読みやすい大きな文字で表示。また、過去24時間に記録した最低・最高温度と湿度も一緒に表示されるのは便利な点です。

情報が多いため参考にしやすく、健康のためにはもちろん、観葉植物の管理などにも役立ちます。設置方法は壁掛け・据え置き・マグネットの3WAY。場所を選ばず設置できる便利な温湿度計です。

タニタ(TANITA) デジタル温湿度計 グラフ付 TT-580

タニタ(TANITA) デジタル温湿度計 グラフ付  TT-580

1日の温度や湿度の変化をグラフで表示してくれる温湿度計。新生児がいるご家庭や夜間の室内環境に気を配りたい方におすすめです。

画面上部には、現在の温度と湿度が大きな文字で表示され、遠目からも見やすくなっています。その下のグラフは、当日の温度や湿度の変化をリアルタイムで表示するほか、過去6日間に記録したグラフを見ることも可能です。

グラフ横には快適範囲を示すバーもついていて、室内環境が適度かどうかをひと目でチェックできます。その他、時計やカレンダー、曜日の表示機能も搭載。オールインワンタイプのおすすめモデルです。

ドリテック(DRETEC) デジタル温湿度計 フック付き O-279WT

ドリテック(DRETEC) デジタル温湿度計 フック付き O-279WT

白地に水色のロゴが爽やかなTシャツ型の温湿度計。雑貨のようなおしゃれなフォルムを採用しているので、インテリアとして映えるアイテムを探している方におすすめです。

画面には温度と湿度のみが表示されるシンプル仕様。その分文字がはっきりして読みやすいので、温湿度計に慣れていない方も快適に使用できます。コンパクトなので、狭い場所にも気兼ねなく設置できるのもポイントです。

上部にはフックがついており、お好きなところにぶら下げて設置できます。窓際やペットのゲージなど、なかなか設置しにくかった場所にもこの温湿度計なら引っかけて設置できるので便利。360°回転するので、見やすい角度に調節できるのもポイントです。