室内の温度や湿度を気軽にチェックできる「温湿度計」。梅雨の除湿や、冬場の乾燥対策を行うための目安となる、便利なアイテムです。

そこで今回は、温湿度計のおすすめモデルをご紹介。アナログ式とデジタル式に分けて製品をピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。

温湿度計の種類

アナログ式

By: dretec.co.jp

「アナログ式」の温湿度計は、温度や湿度を針で示すタイプ。遠目でも大まかな数値が分かるので、部屋のどこからでも見やすいのがメリットです。細かな数値でなくとも、だいたいの数値を知りたい方におすすめ。また、電池が不要なのもポイントです。

ただし、細かい数値を知りたい場合は、近寄って確認する必要があるのが難点。また、衝撃に弱い製品が多く、落としたりぶつかったりするとセンサーが狂ってしまうことがあります。正確な数値が測れなくなるため、取り扱いには注意が必要です。

デジタル式

By: amazon.co.jp

「デジタル式」の温湿度計は、数字で温度や湿度が表示されるタイプです。ひと目で具体的な数値が分かりやすいのがメリット。なかには、より詳細な数値を出せる、精度の高い製品もあります。

特に、年配の方・子供・ペットがいる部屋や、温度変化に弱い観葉植物がある部屋の室内環境を管理したい場合に便利です。

ただし、遠目ではデジタル表記が見にくいのがデメリット。デスクの上やベッドの横など、手元が確認できる場所で使用するか、できるだけ大きな文字で表示されるタイプを選ぶのがおすすめです。なお、デジタル式は電池を使用するので、定期的に電池交換が必要です。

温湿度計の選び方

温湿度計の設置場所で選ぶ

By: amazon.co.jp

数値を正しく測るためには、温湿度計の設置場所に配慮が必要です。エアコンの風や直射日光が当たる場所、加湿器の近くなどは、数値に影響が出てしまうため、避けるのがベター。風通りのよい場所に設置するようにしましょう。床から1.5m程の高さに設置すれば、正確な数値を測りやすく、確認もしやすいのでおすすめです。

また、壁掛けタイプにするか、据え置きタイプにするかも重要なポイント。壁掛けタイプは、場所を取らずに設置できるのがメリットです。ただし、壁に穴を開ける必要があります。

壁に穴を開けたくない方や、置く場所に余裕がある方には、据え置きタイプがおすすめ。コンパクトな製品を選べば、狭いスペースにも設置可能です。さらに、落としても壊れにくいモノなら、より安心といえます。

温湿度計の誤差をチェック

By: amazon.co.jp

温湿度計を設置するなら、できるだけ正確な温度や湿度を測りたいもの。しかし、家庭用の温湿度計で表示される数値には、実際の温湿度との誤差が生じてしまいます。

一般的に、家庭用よりも業務用の温湿度計の方が高精度ですが、細かいこだわりがなければ、家庭用でも十分使用可能です。また、湿度測定の精度や誤差の範囲は、製品に表記されています。気になる方は、しっかり確認しておきましょう。なお、高精度のモノは価格が高い傾向にあります。

オプション機能付きのモノを選ぶ

時計機能

By: amazon.co.jp

温湿度計に「時計機能」が付いていれば、温度や湿度と一緒に時間も確認できて便利です。加えて、「カレンダー機能」などもあると、温湿度計を見る頻度が増え、数値の変化に気付きやすくなります。こまめに数値を確認して空調や加湿器の調節をすれば、肌や喉の乾燥トラブルの予防につなげることも可能です。

なかには「アラーム機能」を備えたモノもあり、目覚まし時計代わりに使えます。また、デジタル式の温湿度計には、機能表示や文字の大きさを切り替えできるモノも存在。置く場所に合わせて、見やすい状態に調節できるので便利です。

熱中症やインフルエンザなどの注意喚起機能

By: amazon.co.jp

室内の温度や湿度の変化に気が付かないと、インフルエンザや熱中症などのリスクが高まる場合があります。危険性がどの程度なのかを、色や絵文字で知らせてくれる「注意喚起機能」は、高齢者や赤ちゃんのいる家庭にもおすすめです。

「注意喚起機能」のほかに、「快適表示」や「環境レベル表示」を備えたモノもあります。さまざまな要素から、部屋の状態を簡単に把握できて便利です。特に、湿度が高い部屋や乾燥しやすい部屋に住んでいる方に適しています。

温湿度計のおすすめメーカー

エンペックス気象計

By: amazon.co.jp

1973年創業のエンペックス気象計。温湿度計をはじめ、お天気時計や高度計、空気清浄機など、暮らしを快適にする製品を開発・製造している会社です。

開発から販売までの工程を自社で行っており、製品ラインナップが豊富に取り揃っているのがポイント。精度の高さから、国内のみならず、海外からも高い評価を得ています。

タニタ(TANITA)

By: amazon.co.jp

1923年創業のタニタ。「はかる」を通して世界の人々の健康づくりに貢献することを理念とし、温湿度計・体重計・ストップウォッチ・キッチンタイマーなど、さまざまな計測アイテムを発売しています。独創的なアイデアの製品や、技術力の高い製品を扱っているのもポイントです。

ドリテック(DRETEC)

By: amazon.co.jp

1997年創業のドリテック。創業時は、キッチンタイマーが主力のアイテムでしたが、最近ではデジタルスケールや時計、掃除機など、暮らしに役立つさまざまな製品を手掛けています。

温湿度計のおすすめモデル|アナログ式

エンペックス気象計 温度湿度計 TM-2584

エンペックス気象計 温度湿度計 TM-2584

季節性インフルエンザの感染目安が確認できる、「指針交点表示」を採用した温湿度計。温度計と湿度計の針が交差する位置を確認すれば、部屋の状態を簡単に把握できます。

また、赤・黄色・水色の3段階表示があるのもポイント。早めにインフルエンザ対策をしたい方にはもちろん、赤ちゃんや受験生がいる家庭にもおすすめの製品です。

エンペックス気象計 温度湿度計 リビ・ウッディLV-4300

エンペックス気象計 温度湿度計 リビ・ウッディLV-4300

温度・湿度・時刻を一緒に確認できる温湿度計。3つの盤面を備えており、数字や針がはっきり見やすい設計です。色違いでダークブラウンもラインナップされているため、インテリアに合わせて選べます。

天然木を採用したシンプルでおしゃれなデザインなので、リビングなどの人目に付く場所にぴったり。壁掛けにもでき、ちょっとしたスペースを活用できます。木製の温湿度計を探している方におすすめです。

エンペックス気象計 温度湿度計 TM-642

エンペックス気象計 温度湿度計 TM-642

天然木を採用した、おしゃれな温湿度計。落ち着いたデザインで、洋室だけでなく和室にも適しています。本体サイズが幅10.4×高さ10×奥行3.5cmとコンパクトなので、狭いスペースに置いても邪魔になりません。

温度測定範囲は-20~40℃と幅が広く、寒い場所で使いやすいのもポイント。数字と針が見やすいため、温度と湿度を簡単に把握できます。価格が安く、景品やプレゼントにもぴったりのアイテムです。

タニタ(TANITA) アナログ温湿度計 TT-518

タニタ(TANITA) アナログ温湿度計 TT-518

車をイメージしたデザインの、スタイリッシュな温湿度計。適度な光沢があり、インテリアとしてもおしゃれなアイテムです。温度の測定範囲は-20~40℃で、湿度は10〜90%の測定ができます。

本体サイズが幅9.5×高さ18×奥行2.4cmとスリムなので、カウンターの空きスペースや飾り棚に置くのにぴったり。シンプルなデザインのため、長く愛用できます。

タニタ(TANITA) 温湿度計 5488

タニタ(TANITA) 温湿度計 5488

キッチンで活躍する、「食中毒注意ゾーン」が付いた温湿度計。赤ちゃんがいる家庭などで、食品を管理するのに役立ちます。ゾーンは赤で表示されており、温度と湿度の針が交差する位置を見れば、注意の度合いを確認することが可能です。

サイズが直径18.2×奥行3.2cmで、キッチンに設置しても邪魔になりにくいのもポイント。表示が大きく、数字を確認しやすいアイテムです。

ドリテック(DRETEC) 温湿度計 O-319

ドリテック(DRETEC) 温湿度計 O-319

ナチュラルウッドの盤面がおしゃれな温湿度計。シンプルなアイテムで統一している部屋や、北欧風にコーディネートしている部屋におすすめです。湿度計と温度計に、それぞれの快適ゾーンが緑色で表示されているため、エアコンや加湿器を調節する際に役立ちます。

スタンドが付属しているので、棚や机に置くことも可能。裏面にはフック穴が付いており、壁掛けもできます。大きすぎず小さすぎないサイズで、邪魔になりにくいのも魅力です。

ドリテック(DRETEC) アナログ温湿度計 O-320

ドリテック(DRETEC) アナログ温湿度計 O-320

設置場所に合わせて、適温表示を変えられる温湿度計。縁を回して、「適温」のマーカーを好みの位置に設定できます。人間とは適温が異なる、犬や猫、爬虫類などのペットを飼っている方におすすめ。温湿度管理が難しい、家庭菜園でも活用可能です。

電池不要なアナログ式なので、経済的に使えるのもポイント。スタンドを利用して棚に置いたり、フックを利用して壁から下げたりできます。さらに、白い盤面に黒い文字がはっきり見えやすく、数値を楽に確認することが可能です。

クレセル(Crecer) 快適環境温湿度計 TR-170

クレセル(Crecer) 快適環境温湿度計 TR-170

1台で温度と湿度だけでなく、花粉・ダニ・カビ・熱中症・インフルエンザの注意範囲目安を確認できる製品です。注意範囲のほかに、冷房・暖房・除湿・加湿の使用目安も表示されているため、部屋を快適な状態に保つことが可能。空調や加湿器を調節する際に便利な温湿度計です。

本体サイズは幅11.7×高さ12×奥行2cm程と小型なので、洗面所やトイレなどの狭いスペースにもぴったり。据え置きと壁掛けの両方に対応しており、さまざまな場所に設置できます。

レムノス(Lemnos) 温湿度計 LC13-14

レムノス(Lemnos) 温湿度計 LC13-14

アッシュ材の木目とシンプルなフォルムがおしゃれな温湿度計。ナチュラルモダンや、北欧風インテリアでまとめた部屋におすすめです。経年変化で味わいが増すオイル塗装仕上げで、外観の変化を楽しみながら使えます。ちょっとした贈り物にもぴったりのアイテムです。

温度と湿度が別々に表示されているため、確認しやすく快適に使えます。時計機能も搭載しており、時間を確認しながら部屋の状態をチェックすることが可能。棚や机に置いたり、壁に掛けたりして、さまざまな場所に設置できます。

ノア(NOA) 温度湿度計 アシュリーN-016

ノア(NOA) 温度湿度計 アシュリーN-016

デザイン性の高い温湿度計。木目調の盤面に、ブラウンの針とグリーンの文字を組み合わせたデザインです。あたたかみがあり、ナチュラルなインテリアでまとめた部屋に適しています。本体サイズが直径12×奥行3cmとちょうどよい大きさで、リビングやダイニングだけでなく、玄関にもぴったりです。

誤差の範囲は温度で±1℃、湿度で±3%と、高精度なのもポイント。快適な温度と湿度をグリーンで表示しており、部屋の状態が簡単に把握できます。盤面の文字が英語で記されているため、おしゃれに見えるのも魅力です。

温湿度計のおすすめモデル|デジタル式

エンペックス気象計 デジタル温湿度計 TD-8240

エンペックス気象計 デジタル温湿度計 TD-8240

大型液晶画面で、数値が見やすいデジタル温湿度計。温度と湿度に加えて、時計または月日を一度に表示可能です。目覚ましとして使えるアラーム機能や時報を備えており、毎日便利に活用できます。

誤差の範囲が狭く、計測の精度が高いのもポイントです。シンプルなデザインで、さまざまな部屋のインテリアにマッチします。

エンペックス気象計 温度湿度計 TD-8170

エンペックス気象計 温度湿度計 TD-8170

時計機能を搭載した、大きめサイズの温湿度計。壁の高い位置に掛けておきたい方におすすめです。本体は幅40.4×高さ27.7×奥行2.1cmで、遠くからでも確認しやすいのがポイント。1台で温度・湿度・時間・日付・曜日を表示できるので、一般家庭だけでなく、オフィスや診療所の待合室などにも適しています。

ソーラーパネルを搭載しており、明るい場所で電池を消耗しにくいのが魅力。設置場所が暗くなると自動で消灯する「エコモード」も搭載しています。知りたい情報を一度に把握できる、便利な温湿度計です。

タニタ(TANITA) 温湿度計 TT-585

タニタ(TANITA) 温湿度計 TT-585

モダンなインテリアにぴったりの、おしゃれな温湿度計。マグネット付きなので、冷蔵庫や金属製のロッカーに取り付けることが可能です。本体サイズが幅7.5×高さ7.3×奥行4.6cmとコンパクトながら、時刻・温度・湿度に加えて、快適度表示もできます。

20秒ごとに自動的に測定し、最低数値と最高数値を記録できるのもポイントです。本体カラーはブラックのほかに、ピンク・ホワイト・ライトブラウン・ライトブルーをラインナップ。インテリアに合わせて選べるのが魅力です。

タニタ(TANITA) 温湿度計 TT-538

タニタ(TANITA) 温湿度計 TT-538

温度と湿度の快適レベルを5段階で表示できる温湿度計。「室温が快適でも湿度が不快」などの状態を目視で確認できるため、除湿器や加湿器の調節をする際に便利です。月日と曜日の表示も可能で、時計代わりとしても使えます。

また、アラーム機能とスヌーズ機能を搭載しており、目覚まし時計として使うことも可能。据え置きだけでなく壁掛けもできます。デザインがシンプルなので、さまざまな場所にマッチするのも魅力です。

タニタ(TANITA) デジタル温湿度計 TT-DY01 プー

タニタ(TANITA) デジタル温湿度計 TT-DY01 プー

子供部屋にぴったりの、ディズニーキャラクターの温湿度計。温度と湿度だけでなく、時計と曜日も表示できるので、部屋に1台あると便利です。デザインが派手過ぎないため、さまざまなインテリアにマッチします。

温度と湿度の表示周期が20秒に1回で、最高数値と最低数値の表示ができるのもポイント。時計は12時間表示と24時間表示の2種類から、見やすい方を選べます。裏面にはフック穴があり、壁掛けも可能。かわいい温湿度計を探している方におすすめの製品です。

ドリテック(DRETEC) 小さいデジタル温湿度計 O-257

ドリテック(DRETEC) 小さいデジタル温湿度計 O-257

熱中症とインフルエンザの危険度目安が、顔マークで確認できる温湿度計。熱中症の危険度目安が7段階の表情で表示されるので、自分では気付きにくい温湿度の変化を把握できます。赤ちゃんや受験生がいる家庭におすすめのアイテムです。

コンパクトサイズで、窓際や卓上などに置けるのも魅力。本体は小さめながら画面が大きく、文字が確認しやすい設計です。ストラップを取り付けられるフック穴があるため、持ち歩きにもおすすめ。価格の安さも魅力です。

ドリテック(DRETEC) 熱中症・インフルエンザ警告計 O-244

ドリテック(DRETEC) 熱中症・インフルエンザ警告計 O-244

首から掛けて持ち歩ける温湿度計です。熱中症やインフルエンザの危険度を表示する機能が搭載されており、移動中や屋外作業中に、現在の空間の状態を把握可能。熱中症は4段階、インフルエンザは2段階で警告が表示されます。

精度が高く、温度表示は±1℃、湿度は±5%の誤差範囲内で表示できるのもポイント。さらに、温度と湿度に加えて、時間またはカレンダーを表示できます。本体サイズは幅5×高さ5.5×奥行1.8cmと小さく、重さも約28gと軽量。携帯に適した、機能性の高い製品です。

シチズン(CITIZEN) 温湿度計 TM109

シチズン(CITIZEN)  温湿度計 TM109

モノトーンでまとめた部屋にぴったりの、温湿度計です。黒い盤面と白い数字のコントラストが美しく、インテリアのワンポイントにもおすすめ。盤面の文字が英語で表記されており、デザイン性が高いアイテムです。

本体は直径20×奥行4cmで、大きすぎないちょうどいいサイズも魅力。少し離れた場所からも確認しやすく、広い部屋の壁にも適しています。

シチズン(CITIZEN) ソーラー付きデジタル温湿度計 8RD204-A19

シチズン(CITIZEN) ソーラー付きデジタル温湿度計 8RD204-A19

部屋の照明からでも充電できる、ソーラー機能を搭載した温湿度計。乾電池を無駄にしにくい設計です。温度と湿度だけでなく、時刻と月日も表示可能。曜日の表示もできるので、カレンダーがない場所で重宝します。

本体サイズが幅11.8×高さ24×奥行2.8cm程と、スリムなのもポイント。キッチンカウンターやダイニングボードなどの、空きスペースにもぴったりです。シンプルなデザインで、さまざまなインテリアにマッチします。

クレセル(Crecer) 超大画面デジタル温湿度計 CR-3000

クレセル(Crecer)  超大画面デジタル温湿度計 CR-3000

液晶画面が大きく見やすい温湿度計です。目が悪い方や、高齢者がいる家庭に適しています。温度と湿度がデジタル表示される、シンプルな設計。折り畳式のスタンドと壁掛け穴が付いているため、さまざまな場所に設置できます。

また、エアコンや加湿器を調節する目安となる「適温・適湿」のサインが表示されるのもポイント。電池残量が不足した場合は、電池マークが表示されます。温度表示の誤差は±1℃、湿度は±5%と、高精度なのも魅力。カラーはホワイトで、シンプルなデザインの温湿度計です。

オリア(ORIA) デジタル温湿度計

オリア(ORIA) デジタル温湿度計

家の中だけでなく、テラスや屋外もチェックできる温湿度計です。本体の親機に子機が3つ付属しており、子機を設置した場所の温度と湿度を1台の画面で確認可能。子機は、本体から最大100m離れた場所に設置できます。

温度測定範囲は-40〜60℃なので、寒い場所でも使用可能。子機のサイズは幅5.3×高さ7.4×奥行2cmとコンパクトです。親機にはスタンドが付いているため、据え置きと壁掛けの両方に対応可能。1台でさまざまな場所の数値を把握できる、便利な温湿度計です。

Inkbird データロガー温湿度計 IBS-TH1

Inkbird データロガー温湿度計 IBS-TH1

スマホで管理できる温湿度計。測定したい場所に本体を置いて、Bluetooth経由でスマホとペアリングすれば、専用アプリで温度と湿度を確認できます。ペットや赤ちゃんがいる部屋の状態を、別の場所からチェックできて便利です。

また、一日の温度と湿度の変化をグラフで表示でき、測定結果をダウンロードすることも可能。さらに、防水の外部プローブが付属しているため、水温の測定ができます。植物栽培やアクアリウムなど、温湿度の管理が必要な現場にもぴったりです。