洗濯機の下に設置することで振動を軽減したり、掃除しやすくしたりできる「洗濯機置き台」。特に賃貸物件に住んでいる方の場合、騒音や水漏れ対策として洗濯機置き台があると便利です。

そこで今回は、洗濯機置き台の選び方とおすすめの製品をご紹介。洗濯機周りの手入れがしやすいモノや、水漏れに強いモノなどをピックアップしています。洗濯機置き台の購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

洗濯機置き台の選び方

サイズと耐荷重をチェック

By: amazon.co.jp

洗濯機置き台を選ぶ上で一番重要なのが、洗濯機と洗濯機置き台のサイズ。縦・横・高さはもちろん、排水ホースを通すスペースがあるかも併せて確認しておきましょう。洗濯機の買い替えや引っ越しを予定している方は、サイズを調節できるモノを選ぶと便利です。

次に、洗濯機置き台の耐荷重も忘れずにチェックしましょう。一般的な縦型洗濯機の重量は約20〜40kgで、ドラム式は約80〜90kgほど。そこに衣服や水の重さが加わるので、縦型洗濯機の場合は少なくとも100kg以上の耐荷重があるモノを選ぶのがおすすめです。ドラム式の場合は、200kg以上の耐荷重があるモノを選びましょう。

タイプで選ぶ

キャスター付きタイプ

By: amazon.co.jp

洗濯機の下は、衣服から出る繊維やホコリなどがたまりやすい場所。そのままホコリを放置すると、水分を含んでこびり付いてしまい排水口が詰まる原因になります。しかし、洗濯機は重くて簡単には動かせないので、隅々まで掃除するのは難しいところ。

そこでおすすめなのが、キャスター付きの洗濯機置き台です。洗濯機を簡単に移動できるので、普段は見えない場所もきれいに掃除可能。洗濯機の下の通気性がよくなり、カビや臭いの発生を抑えられます。

なお、洗濯機の振動でキャスターが動くと、思わぬ事故につながる恐れがあるため大変危険です。洗濯機が動かないよう、ストッパーでしっかりと固定できるモノを選びましょう。

据え置きタイプ

By: amazon.co.jp

洗濯機をしっかりと固定しておきたい方は、据え置きタイプを選びましょう。洗濯機の重みで床が凹んだり、傷んだりしにくくなる効果が期待できます。また、床への振動を軽減するので、洗濯機の作動音が気になる方にもおすすめです。

据え置きタイプの注意点は、洗濯機からの水漏れを受け止められないこと。例え少量でも頻繁に水漏れが続くと、床や家具などが傷んでしまう可能性があります。水漏れが心配な方は、後述の防水パンタイプを併用してみてください。

防水パンタイプ

By: amazon.co.jp

2階以上の場所に洗濯機を設置する方や、賃貸物件にお住まいの方には防水パンタイプがおすすめ。洗濯機の下に湿気がこもりにくくなるので、床へのダメージを軽減できます。さらに、万が一洗濯機から水漏れしても、防水パンに入る量であれば水を受け止められるのが特徴です。

防水パンの形は、フラットタイプと4隅が出っ張っているタイプの2種類に分けられます。洗濯機を設置しやすいのはフラットタイプですが、隙間がほとんどないため掃除しにくいのが難点です。

それに対して4隅が出っ張っているタイプは、隙間からブラシや雑巾などが入れやすいのが特徴。洗濯機周りの汚れをしっかり落としたい方は、4隅が出っ張っている防水パンを選んでみてください。

ドラム式対応の可否をチェック

意外と見落としがちなのが、対応する洗濯機の種類です。洗濯機置き台のなかには、ドラム式の洗濯機に対応していない製品もあります。洗濯機置き台を購入する前に、あらかじめ対応タイプを確認しておきましょう。

また、ドラム式対応と明記されている場合でも、サイズや耐荷重が適合しない場合もあります。規格に合わないモノを無理に設置すると、洗濯機の転倒や故障の原因につながることもあるので注意しましょう。

洗濯機置き台のおすすめアイテム|キャスター付きタイプ

山善(YAMAZEN) 洗濯機台 キャスター付き STD-20

4つのキャスターが付属しており、重い洗濯機もスムーズに動かせる洗濯機置き台。前部のキャスターにはストッパーが付いているので、洗濯機をしっかり固定しておけます。洗濯機台の高さは約10cmで、ホコリやゴミが取りやすいのもポイントです。

ノブを調節するだけで、縦・横ともに49〜69cmまで伸縮可能。使用している洗濯機のサイズに合わせて、自由に長さを調節できます。なお、本製品は縦型洗濯機専用の洗濯機置き台です。ドラム式の洗濯機には対応していないため、注意しておきましょう。

monamour 伸縮式洗濯パン キャスター付き

円型スライドバーを採用し、洗濯機のサイズに合わせて長さを変えられる洗濯機置き台。縦横は約46.5〜68cmまで、奥行は約15〜19cmまで伸縮できます。高さは約11cmあり、洗濯機下の通気を確保できるのもポイントです。

4つのダブルホイールが付属しているので、洗濯機を安定して移動可能。大型ジャッキとキャスターストッパーが付いているため、移動後はしっかり固定できます。耐荷重は約500kgあり、ドラム式の洗濯機も設置可能。

ズレ防止・防音・防振のゴムパットが付いており、洗濯機の作動音を軽減できます。工具を使わずにワンタッチで設置できるので、組み立てが苦手な方にもおすすめです。洗濯機周りをきれいに保ちたい方や、ドラム式洗濯機を使用している方は、チェックしてみてください。

Mameda 洗濯機置き台

360°回転するラバー製のキャスターが付属した、移動がスムーズにできる洗濯機置き台。ブレーキロックが搭載されているので、必要のないときはキャスターが動かないよう固定できます。また、8本の高品質なステンレスパイプを採用し、約500kgの耐荷重を備えているのもポイントです。

4隅には防振用ゴムマットが貼付されており、洗濯機のズレや振動を軽減します。さらに、4つのジャッキには吸盤が付属しているため、安定感も良好。縦横は51〜74cm、高さは10〜14cmまで伸縮できるので、幅広いタイプの洗濯機に対応できる製品です。

Lifinsky 洗濯機台

大型ジャッキとキャスターが4つずつ搭載された洗濯機置き台です。キャスターは360°回転するため、置きたい場所へスムーズに洗濯機を移動可能。耐荷重は500kgなので、大型のドラム式洗濯機にも使用できます。
 
脚の高さは11〜12cmまで伸縮するので通気性がよく、カビが発生しにくいのもポイント。縦横の長さは46.5〜68cmまで調節でき、幅広いサイズの洗濯機を設置できます。ジャッキ下にはゴムパッキンが付属しているため、床を傷つけにくいも特徴です。

洗濯機の設置面にはゴムの滑り止めが付属しているので、振動によるズレや騒音を軽減。良質なステンレスとポリエチレンを採用しているため、腐食に強く耐久力にも優れています。使いやすい機能が凝縮されており、長く使い続けられる製品です。

洗濯機置き台のおすすめアイテム|据え置きタイプ

ディノス ステンレス洗濯機置き台 底上げタイプ WAG034

縦型とドラム式の両タイプに対応した洗濯機置き台です。縦横ともに37〜61cmの長さに伸縮するため、洗濯機のサイズに合わせて使用できます。総耐荷重は約150kgで、洗濯機の揺れに強いのが特徴です。

本製品を設置すると約9cmかさ上げできるため、カビが発生しにくくなるのもポイント。洗濯機の設置部分には滑り止めのパッドが付属しており、振動が加わってもずれにくいよう設計されています。洗濯機周りを手軽に掃除したい方や、カビが気になる方におすすめの製品です。

因幡電工 洗濯機用防振かさ上げ台 ふんばるマン OP-SG600

幅100×奥行100×高さ60mmの4つの部品を、洗濯機の足にかませて使う洗濯機置き台。独自の内部構造が洗濯機の揺れに追従し、床に伝わる振動を軽減します。総重量が150kg以内であれば、縦型・ドラム式問わずほとんどの製品に使えるのも魅力です。

内側にはズレ落ち防止のリブが設けられており、洗濯機の転倒を予防。裏面にも滑り止めシートが付属しているので、洗濯機をしっかり固定できます。なお、本製品は防水パンの角に合わせて設置することも可能。水漏れが気になる方は、防水パンと併用してみてください。

カクダイ 洗濯機用 かさ上げ台 437-100

両面テープで貼り付けるだけで簡単に設置できる洗濯機置き台。幅105×奥行105×高さ100mmの台が4つ付属しており、洗濯機の下にセットして使います。表面に防振ゴムが付いているため、洗濯機の振動の緩和や騒音対策としてもおすすめです。

洗濯機を100mmかさ上げできるので通気性がよく、排水トラップが掃除しやすいのもポイント。耐荷重は約190kgで、ドラム式の洗濯機にも対応しています。洗濯機周りを衛生的に保ちたい方や、洗濯機の振動が気になる方は、チェックしてみてください。

洗濯機置き台のおすすめアイテム|防水パンタイプ

トートー(TOTO) 洗濯機用防水トレイ PWY1W

幅64×奥行64×高さ5cmのシンプルなデザインの防水パンです。洗濯機を上に置くだけなので、組み立てや工事などの手間がかかりません。洗濯機の下部が58×58cm以内なら、縦型だけでなくドラム式の洗濯機も設置できます。

内部はスロープ形状で、たまった水を拭き取りやすいのも特徴。満水容量は約12Lなので、万が一洗濯機から水が漏れてもしっかりと受け止められます。素材には、耐薬品性に優れた高結晶ポリプロピレンを採用。耐荷重は200kgで、大型の洗濯機も設置できるのが魅力の製品です。

シナネン 防水パン 万能トレイ 6464SNW

4隅が出っ張っているタイプの防水パン。弾力性に優れたコンポレジン(ポリエチレン)を採用しており、稼働時の振動を和らげてくれます。割れにくく耐久性にも優れているので、長く使い続けられるのが特徴です。

内寸600×600mm以内であれば、洗濯機のタイプを問わず設置可能。満水容量は17Lなので、万が一のときでも安心です。シンプルなオフホワイトのカラーで、洗濯機のデザインを問わず馴染みやすい製品です。

テクノテック 洗濯機用スタンダード防水パン TP-640N

幅640×奥行640mmのスタンダードな防水パン。排水口がないので排水管の接続工事が必要なく、置くだけで簡単に設置できます。4箇所のビスでしっかりと床に固定でき、洗濯機の振動が加わっても防水パンがズレたり外れたりしません。耐荷重は200kgで、ドラム式対応なのも魅力です。

側面は27mm低く設計されており、排水ホースのスペースが確保されているのもポイント。4隅の高さは83mmあるため通気性がよく、ブラシや雑巾などを入れて掃除しやすく設計されています。振動や水漏れ対策だけでなく、手入れがしやすいモノが欲しい方はチェックしてみてください。

洗濯機置き台のおすすめアイテム|その他のタイプ

東京防音 洗濯機用防振ゴム TW-660 ニューしずか

洗濯機の振動や作動音が気になる方におすすめなのが本製品です。天然ゴムの約10倍の効果があると謳われる、高性能防振ゴムの「ハネナイト」を採用。洗濯機の脚に敷くと、振動を軽減します。

両面タイプなので、ほとんどの洗濯機に使用できるのもポイント。洗濯機の脚がキャスターに入る場合は凹みを上に設置し、脚がなかったり大きくて入らなかったりするときは、凹みを下に設置します。幅60×奥行60×厚み9mmのコンパクトサイズで、設置しやすい製品です。

SANEI 洗濯機用防振パッド PW75

洗濯機の下に敷いて振動を和らげ、騒音を軽減する効果が期待できる防振パッドです。表面に滑り止め加工が施されているので、振動が加わっても洗濯機がズレにくいのが特徴。ウレタンフォームとEVA樹脂の2層構造でへたりにくく、耐久性にも優れています。

サイズは幅91×奥行91mmで、洗濯機のタイプを問わずほとんどの製品に使用可能。移行性がなく色移りしにくいため、床や洗濯機を汚さず使えます。かさ上げするほどの厚みはないので、高さが欲しい方は防水パンや据え置きの洗濯機置き台と併用してみてください。