頬に血色感を与えるチークは、メイクに欠かせないアイテムのひとつ。プチプラからデパコスまで幅広いコスメブランドから販売されていますが、価格にこだわりたい方は、プチプラブランドから探してみるのがおすすめです。

そこで今回は、年代別に合わせたおすすめ「プチプラチーク」をランキング形式でご紹介。ほかにもプチプラチークならではの魅力や、選び方についても解説するので、ぜひチェックしてみてください。

プチプラチークの魅力

By: amazon.co.jp

プチプラチークは、価格が安いのが魅力。リーズナブルなため、さまざまなメーカーの製品やカラーを気軽に試せるメリットがあります。また、お財布にやさしいので、節約志向の方にもおすすめです。

プチプラチークは幅広いコスメブランドから販売されており、種類が豊富なのも魅力。自分に合ったアイテムが見つかりやすいのがポイントです。

・デパコスチークについて詳しく知りたい方はこちら

プチプラチークの選び方

チークのタイプで選ぶ

パウダータイプ

By: amazon.co.jp

パウダータイプのチークは、ふんわりとした柔らかな肌を表現できます。さらっとしたテクスチャーで、ベースメイクの上から重ねてもヨレにくいのが特徴。仕上がりがベタつきにくくオイリー肌の方にもおすすめです。

また、パウダーチークは発色の濃淡を付けやすいのもポイント。塗り重ねてもムラになりにくく、濃く付きすぎてもぼかしやすいので、初心者の方でも簡単にきれいに仕上がりやすいのが魅力です。

・パウダーチークについて詳しく知りたい方はこちら

クリームタイプ

By: zozo.jp

クリームタイプのチークは、肌の内側からにじみ出るような自然な血色感を表現したい方におすすめ。しっとりとしたテクスチャーが肌への密着力を高め、時間が経っても落ちにくいのが特徴です。クリームには油分が含まれているので、乾燥肌の方にも心地よく使えます。

しかし、クリームタイプは塗り方によってはムラになることがあるため要注意。使うときは一度にたくさんの量を塗るのではなく、少量ずつ重ねるとムラになりにくく自然な仕上がりになります。

ブラシなどのツールを使わなくても指だけで仕上げることが可能なので、使い方をマスターできれば手軽に使えるアイテムです。

・クリームチークについて詳しく知りたい方はこちら

リキッドタイプ

By: amazon.co.jp

リキッドタイプのチークは、透明感のある発色が特徴。ほかのタイプに比べ穏やかな発色なので、ナチュラルメイクにもぴったりです。みずみずしいテクスチャーで伸びがよく、肌に自然なツヤを与えます。

リキッドチークは、マニキュアタイプやチップタイプなど、アプリケーターの形状にバリエーションがあるのも特徴。自分が使いやすいものを見つけてみてください。

・リキッドチークについて詳しく知りたい方はこちら

色落ちしにくいものを選ぶ

By: amazon.co.jp

せっかく自分に合ったアイテムでメイクをきれいに仕上げても、すぐに色落ちしてしまうようでは残念。チークを選ぶ際は、色持ちのよさも大切なポイントです。肌への密着力が高く、汗や擦れに強いアイテムを選びましょう。

一般的に、クリームチークやリキッドチークのように水分・油分が多く含まれているタイプは肌への密着力が高く、落ちにくいといわれています。パウダーチークのなかでも肌に密着しやすいしっとりとした粉質のものは、比較的色持ちがよいのでおすすめです。

チークのおすすめプチプラブランド

セザンヌ化粧品(CEZANNE)

By: amazon.co.jp

セザンヌ化粧品は、「ずっと安心、ずっとキレイ」を大切にしているプチプラブランド。リーズナブルで質が高いアイテムがラインナップされており、幅広い年齢層から支持されています。

セザンヌ化粧品のチークは、種類とカラーバリエーションが豊富なのが魅力。自分に似合うアイテムが見つかりやすいのもポイントです。また、コンパクトなサイズのアイテムが多く、かさばりにくいのも特徴です。

キャンメイク(CANMAKE)

By: amazon.co.jp

キャンメイクは「かわいく、たのしく、輝きたい!」がコンセプトのプチプラブランド。デザインがかわいいコスメアイテムが、数多く展開されているのが特徴です。

キャンメイクのチークは、パウダータイプやクリームタイプなど、さまざまなアイテムがラインナップされています。カラー展開も豊富で、定番色からトレンドカラーまで幅広くそろっているのが魅力です。

ちふれ(CHIFURE)

By: rakuten.co.jp

ちふれは、シンプルで質のよいコスメやスキンケアアイテムを展開しているプチプラブランド。メイク初心者の方から上級者の方まで、幅広い層から人気があります。

ちふれのチークは、発色が自然なのが特徴。控えめで上品な仕上がりなので、さまざまなシーンで活躍します。ナチュラルメイクをするときに使用するのもおすすめです。

プチプラチークのおすすめランキング|パウダータイプ

第1位 井田ラボラトリーズ(IDA Laboratories) セザンヌ化粧品 ナチュラル チークN

ミネラル成分が90%配合されている、プチプラのパウダーチークです。高発色で自然に仕上がるのが特徴。15色展開で、マットなカラーからパール入りカラーまで、幅広くそろっています。

サイズがコンパクトなパウダーチークで、メイク直し用コスメや旅行用コスメとして持ち歩くのにぴったり。ブラシが付属しているのも使いやすいポイントです。

第2位 井田ラボラトリーズ(IDA Laboratories) セザンヌ化粧品 パールグロウチーク

パールが配合されており、ツヤ肌に仕上がるのが特徴のプチプラパウダーチーク。カラーはゴールドピーチ・ベージュコーラル・シナモンオレンジと、肌なじみのよい3色がラインナップされています。

カニナバラ果実油・スクワラン・ホホバ種子油などの保湿成分が配合されているのも特徴。パウダータイプながらパサパサしにくく、しっとりお肌になじみます。

第3位 井田ラボラトリーズ(IDA Laboratories) キャンメイク グロウフルールチークス

ナチュラルな血色感とツヤをプラスできるのが魅力の、プチプラパウダーチーク。ツヤをプラスするグロウパウダーと、鮮やかな発色のチークがセットになっているのが特徴です。ミックスして使ったりそれぞれ単色使いしたりと、さまざまな使い方ができます。

パウダータイプながらしっとりした質感で、お肌に溶け込むようになじむのがポイント。フィット感が高いのもメリットです。

第4位 井田ラボラトリーズ(IDA Laboratories) キャンメイク パウダーチークス

オイルinベース処方で、お肌にしっとりなじむプチプラパウダーチーク。ロングラスティング効果のあるパウダーが配合されており、長時間きれいな状態が持続します。

ふんわりかわいらしい仕上がりになるマットタイプや、パッと明るく華やかな仕上がりになるパールタイプなど、多数のカラーをラインナップ。シーンや気分に合わせて、使い分けてみてください。

第5位 ちふれ(CHIFURE) パウダーチーク

自然なツヤとじんわりにじみ出したような血色感をプラスする、プチプラパウダーチークです。高発色タイプながら、透明感のある仕上がりになるのが特徴。密着力が高く、美しい状態が持続するのもポイントです。

カラーはピンク系パール・ローズ系・オレンジ系・レッド系・ベージュ系の5種類。40代・50代の方でも使いやすい、肌なじみのよいナチュラルな色が展開されています。

第6位 常盤薬品工業 エクセル オーラティック ブラッシュ

ハイライトカラーと血色カラーのグラデーションが特徴のチーク。カラーを混ぜたり重ねたりすることで、色とツヤが溶け合う、オーラをまとったような頬に仕上がります。「ピュアカラーキープ処方」により、落ちにくいのも魅力です。

保湿成分のセラミドNP・スクワラン・ホホバ種子油・ブドウ種子油が配合されているのもポイント。また、なめらかな肌あたりのブラシが付いています。

カラーバリエーションは、ピーチピンク・コーラルオレンジ・ベビーピンク・カシスパープル・シナモンベージュの5色展開です。

第7位 ロムアンド(rom&nd) ベターザンチーク

人気韓国コスメブランド、ロムアンドのチーク。メイクアップ効果により肌のキメを整える、ブラー効果のあるチークです。また、汗や皮脂を吸着するパウダーが配合されているので、サラサラな仕上がりに。長時間色持ちするのが魅力です。

カラーバリエーションが豊富にあるのもポイント。ドライフルーツのようなイキイキとしたカラーが4色、白っぽさがかわいいミルクカラーが3色ラインナップされています。

第8位 無印良品 チークカラーミックスタイプ

無印良品から販売されている、ミックスタイプのチーク。ハイライトカラーとシェーディングカラーがセットになっており、立体感のある頬に仕上げます。ローズとコーラルの2色展開です。

また、香料・鉱物油・パラベン・アルコール・紫外線吸収剤が含まれていません。保湿成分としてカミツレ花エキス・ホホバ種子油・シア脂・アンズ核油・ヒアルロン酸Naが配合されており、肌のうるおいを保ちながら使えるのもポイントです。

第9位 井田ラボラトリーズ(IDA Laboratories) キャンメイク マットフルールチークス

キャンメイクから販売されている、マットタイプのチークです。ふんわりとした印象の頬になりたい方におすすめ。パウダータイプながらしっかりと密着するのが特徴です。

ふわふわとしたブラシが付属しており、持ち運びにも便利。カラーバリエーションは、肌なじみのよいマットアプリコットと、こなれ感が出るマットパンプキンの2色展開です。

第10位 井田ラボラトリーズ(IDA Laboratories) セザンヌ化粧品 ミックスカラーチークN

セザンヌから販売されているミックスカラーチーク。ツヤカラーとマットカラーが合わせて4色入っており、使い方が自由自在のアイテムです。重ねても色が濁らず、ナチュラルな立体感を演出できます。

「モイストパウダー成分」が配合されており、パウダータイプながら乾燥しにくいのがポイント。カラーはウォームローズやピュアコーラルなど、使いやすい色がそろっています。

第11位 フォレンコス(FORENCOS) ブラッシャー

韓国コスメブランド、フォレンコスのチーク。マットタイプのチークで、ナチュラルな仕上がりが特徴です。保湿しながら皮脂を吸収する「メルティングパウダー」が配合されており、サラサラ感が長時間持続します。

ヌーディカラーから蛍光カラーまで、カラーバリエーションが豊富なのもポイント。チークを頬にのせやすい、キノコ型パフが付属しているのも特徴です。

第12位 日本ロレアル メイベリン ニューヨーク フィットミー ブラッシュ

頬にヘルシーな血色感をプラスするチーク。肌に溶け込むような付け心地で、ふんわりと発色するのが魅力です。

カラーは、大人っぽい仕上がりのマット系が4色、パール入りでフレッシュな仕上がりのツヤ系が4色そろっています。ピンク系とイエロー系がラインナップされているので、パーソナルカラーに合わせて選ぶのもおすすめです。

第13位 コーセー(KOSE) ヴィセ フォギーオンチークスN

ふわっとしたフォギーな仕上がりのチーク。透けるような血色感のあるチークで、ナチュラルに色付きます。肌にぴたっと密着し、よれにくいのもポイント。エモリエント成分としてアーモンドオイルが配合されており、乾燥が気になる方にもおすすめです。

カラーバリエーションは、ピュアレッド・クラシックレッド・アンティークローズ・フラワーピンク・アプリコットベージュ・ブロッサムピンク・シナモンブラウンの7色。使いやすいブラシが付いているのも魅力です。

第14位 資生堂(SHISEIDO) マジョリカ マジョルカ パフ・デ・チーク

コロンとした缶のパッケージがかわいらしいチーク。付属しているふわふわの丸いパフで、ポンポンと付けるだけできれいに仕上がります。頬の内側から上気したような、ナチュラルな色付きが魅力です。

付けたての透明感が長時間持続するのもポイント。カラーバリエーションは、ピーチマカロンとアプリコットマカロンの2色展開です。

第15位 オルビス(ORBIS) ライトブラッシュ

鮮やかな色合いが特徴のチーク。光を調節する「ライトコントロールフィルム」を採用しており、柔らかなツヤ感を演出できます。肌との密着力が高いうるおい感のある粉体で、付けたての仕上がりを長時間キープできるのも魅力です。

透明度の高い顔料をしており、くすみにくいのもポイント。カラーバリエーションは4色で、パプリカとシナモンはイエベ向けカラーとして、プラムとグァバはブルベ向けカラーとして人気があります。

第16位 カネボウ(KANEBO) コフレドール スマイルアップチークスS

つるんとしたツヤ感が魅力のチーク。ツヤを形成する「ジェリーコーティングパウダー」が配合されており、肌にみずみずしいツヤを与えます。ツヤによる毛穴ぼかし効果があるので、肌をきれいに見せたい方におすすめです。

ジェリーの密着力によりくずれにくく、マスクに付きにくいのがポイント。カラーバリエーションは全6色で、透明感カラー・血色感カラー・小顔立体カラーがそろっています。

第17位 カネボウ(KANEBO) media ブライトアップチークS

チークを付けるのが苦手な方でも使いやすいアイテムです。ひと塗りでも重ねてもきれいに塗りやすく、簡単に自分好みの仕上がりに。色をぼかしやすいブラシが付属しているので、出先でのメイク直しにもぴったりです。

全10色とカラーバリエーションが豊富なのも魅力。「ふんわり色づき」「華やか色づき」と2つのシリーズが用意されているので、なりたい雰囲気に合わせて選んでみてください。

第18位 ヤーマン(YA-MAN) オンリーミネラル ミネラルピグメント

オンリーミネラルから販売されている、ミネラル100%のチーク。チークとしてだけでなく、アイシャドウ・リップ・ハイライトとしても使えます。石けん落ちコスメなところも魅力です。

フタを開ければ自動で1回分が出せるケースを採用しているので、色の付けすぎを防げます。また、肌なじみのいい粉質で、ナチュラルな血色感を出せるのがポイント。カラーバリエーションは15色あります。

第19位 3CE MOOD RECIPE FACE BLUSH

韓国コスメブランド、3CEから販売されているチークです。ソフトな「シルキースライディングテクスチャー」が肌の色に溶け込み、ナチュラルに発色するのが特徴。「シーバムコントロールパウダー」が汗と皮脂を吸着し、くずれにくいのも魅力です。

上品な発色のニュアンスカラーがそろっているので、肌なじみのよいナチュラルなチークを探している方におすすめ。カラーバリエーションはNUDE PEACH・MONO PINK・ROSE BEIGEの3色です。

第20位 エチュード(ETUDE) ラブリー クッキー ブラッシャー

かわいらしい雰囲気を目指している方におすすめのチーク。お菓子をイメージしたスイートなカラーがそろっています。全13色と豊富なカラーバリエーションがあるので、自分好みのカラーを見つけてみてください。

皮脂や汗を吸収し、付けたての発色をキープするロングラスティング効果があるのがポイント。ふわふわのパフが付属しており、ポンポンするだけで簡単に塗れるため、チーク初心者の方にもぴったりです。

第21位 ペリペラ(peripera) ピュア ブラッシュド サンシャイン チーク

韓国コスメブランド、ペリペラのチーク。細かくなめらかな粉を採用しており、クリアに発色します。粉飛びしにくいほか、メイクアップ効果により汗や皮脂を抑える「セバムパウダー」を配合しているので、メイクの持ちを重視する方にもおすすめです。

キュートなパステルカラーがそろっているのも魅力。カラーバリエーションは全11色と豊富なので、イエベの方もブルベの方も、自分の肌に合うカラーを見つけてみてください。

第22位 ザセム(the SAEM) シングルブラッシャー

韓国コスメブランド、ザセムのチーク。7つの宝石パウダーを配合しており、肌に色彩とツヤを与えます。汗や皮脂を吸着するオイルコントロールパウダーが配合されているので、くずれにくいチークを探している方にもおすすめです。

30色を超える豊富なカラーバリエーションも魅力。肌になじみやすいナチュラルカラーから、個性的なビビッドなカラーまで、さまざまなカラーがそろっています。

第23位 レブロン(REVLON) パーフェクトリー ナチュラル ブラッシュ

上品な仕上がりが好みな方におすすめのチーク。パールが含まれているので、肌に上品なツヤを与えます。汗や水に強いため、付けたての美しさを長時間キープできるのもポイント。保湿成分のスクワランも配合されており、乾燥しにくいのも魅力です。

天然毛ブラシとミラーが付いているので、化粧直しにも使いやすいアイテム。カラーバリエーションは、ピンク系を中心に6色そろっています。

第24位 クリオ(CLIO) プロ ブラッシャー パレット

人気韓国コスメブランド、クリオのチークパレット。チークだけでなく、ハイライトとグリッターもそろっているので、1つで顔に立体感を出せる便利なアイテムです。

厚塗り感や塗りムラが出にくいため、ナチュラルな仕上がりに。カラーバリエーションは、ミュートペタルとブルームパステルの2色展開です。肌トーンにかかわらず使いやすいので、好みのカラーを選んでみてください。

第25位 フーミー(WHOMEE) ブレンドチークカラー

イガリシノブさんプロデュースのブランド、フーミーから販売されているチーク。3色のパウダーがセットになっているので、ブレンドしながら自分好みのカラーを作れます。

パール入りで、ツヤ感を出せるのもポイント。ブラシが付属しているため、出先でのメイク直しにも便利です。カラーバリエーションは、ラベンダーシフォン・デニッシュ・ポピーレッド・サンフラワー・サンシャインオレンジの5色展開です。

第26位 ハートパーセント(Heart Percent) Dote on Mood Glow Blush チーク

韓国コスメブランド、ハートパーセントから販売されているチーク。肌になじみやすいナチュラルカラーなので、大人っぽいメイクがしたい方におすすめです。繊細なパールパウダーが配合されているため、上品なツヤ感が出ます。

アイシャドウ兼用タイプなので、統一感のあるメイクをしたいときにもぴったり。カラーバリエーションはローズプラッシュ・コーラルブリーズ・ベイルヌードの3色展開です。

第27位 ミルクタッチ(Milk Touch) タッチマイチーク

韓国コスメブランド、ミルクタッチのチーク。クリアな発色のカラーが、頬にポッと血色感を演出します。毛穴の凹凸をカバーするので、肌をきれいに見せる効果も期待できるチークです。

室内でも自然光でも、カラーがきれいに見えるのもポイント。時間が経ってもくずれにくく、付けたての仕上がりをキープできます。

カラーバリエーションは全6色。ピュアアプリコット・スイートグレープフルーツ・シャイピーチ・サンライズライラックのマットタイプと、サンセットローズ・サンシャインピオニーのパール入りタイプがあります。

第28位 アピュー(A’pieu) ジューシーパン ジェリーチーク

韓国コスメブランド、アピューのチーク。パウダーチークのサラサラ感と、クリームチークの密着力を備えた、独特の質感が特徴です。指で塗れば密着力をアップでき、ブラシを使えばふんわりと色をのせられます。

チークとしてだけでなく、アイシャドウやリップとしても使用可能。保湿成分の「ジューシーフルーツジェリー成分」が配合されているので、乾燥が気になる方にもおすすめです。

プチプラチークのおすすめランキング|クリームタイプ

第1位 井田ラボラトリーズ(IDA Laboratories) キャンメイク クリームチーク

キャンメイクから販売されているクリームチーク。うるおいがあり、肌なじみがよいので、肌の内側からにじみ出るような血色感を演出できます。肌にのせるとサラサラになるため、ベタつきが苦手な方にもおすすめのアイテムです。

カラーは、ブルベでもイエベでも似合う色を見つけやすい全7色展開。ポーチにもスッポリ入るコンパクトサイズで、持ち運びもしやすいチークです。

第2位 資生堂(SHISEIDO) インテグレート すっぴんメイカー チーク&リップ

すっぴんのような頬と唇に仕上げる、チークにもリップにも使えるアイテムです。にじむような血色感があり、頬や唇にじんわりと色付くのが特徴。自然なツヤがあり、若々しい印象を与えます。

カラーバリエーションはヌーディピーチとヌーディーチェリーの2色展開。スライド式のパッケージを採用しているのもポイントです。

第3位 コーセー(KOSE) ファシオ マルチフェイス スティック

頬だけでなく、目元や唇にも使えるフェイススティック。全20色展開で、カラーによってパウダータイプ・グロッシータイプ・パールタイプと種類が異なります。好みのカラーや質感のものを選びやすいのがメリットです。

エモリエント成分のスクワランが配合されているので、乾燥が気になる方でも使いやすいアイテム。アルコール・パラベン・防腐剤・香料が入っていないところも魅力です。

第4位 エテュセ(ettusais) エテュセ フェイスエディション カラースティック

ポワッとにじむような血色感を出せるチーク。スティックタイプなので、手を汚さずに塗れる便利なアイテムです。ツヤ感があり、ぷるんとした若々しい肌に見せられます。

付けたての仕上がりを長時間キープできるのもポイントです。天然由来のうるおい成分「月見草油」を配合しているので、乾燥しやすい肌にも使いやすい製品。カラーは、ハイライト・プラム・ピーチピンク・シアーベージュの4色展開です。

第5位 コーセー(KOSE) ヴィセ リップ&チーククリーム N

じゅわっと上気したような仕上がりが魅力の、ヴィセのリップ&チーククリームです。とろけるような質感で濃淡を調節しやすいので、クリームチーク初心者の方にもおすすめ。密着感をアップさせる、ラスティングキープ成分を配合しているのもポイントです。

保湿成分のコラーゲンとスクワランを配合しており、肌にうるおいを与えるのも特徴。カラーバリエーションは、ヌーディベージュ・サニーオレンジ・ココアブラウン・パーリィベージュの4色展開です。

第6位 ディーエイチシー(DHC) クリームチークカラー

サラッとした質感が魅力のクリームチークです。「ラスティングフィットオイル」を配合しており、密着感は良好。「コンディショニングパウダー」の効果でベタつきにくいのも特徴で、絶妙な使用感を有したアイテムです。

「パーフェクトホワイト・パウダー」の効果により、毛穴・凸凹・くすみなどをカバーできるのも魅力。さらに、肌をしっとりとうるおす5種類の美容液成分が配合されています。香料やパラベンは配合されていないのもポイントです。

第7位 3CE TAKE A LAYER MULTI POT

韓国コスメブランド、3CEから販売されているクリームタイプのチーク&リップ。ふんわりと軽やかな使用感で、サラサラとした快適な仕上がりです。

高発色ながら色味の調節がしやすいので、クリームチークを使い慣れていない方にもおすすめ。美容成分も配合されており、肌なじみがよいのもポイント。ポップなデザインのパッケージも魅力です。

第8位 オルビス(ORBIS) グロウスキンコンパクト

オルビスから販売されている、チークベース&ハイライトのセット。チークにもハイライトにもパールが配合されているので、ツヤ感がほしい方におすすめです。

チークベースには血色感を演出するレッドパール、ハイライトには立体感を強調するグリーンパールが配合されています。また、パウダーファンデーションともリキッドファンデーションとも相性がよく、ヨレにくいのが魅力です。

第9位 ヒンス(hince) トゥルーディメンションラディアンスバーム

韓国コスメブランド、ヒンスから販売されているスティックバーム。ハイライト・チーク・アイシャドウ・リップと、さまざまな使い方ができるマルチアイテムです。肌にみずみずしいツヤを与え、ぷるんとした印象に仕上げます。

カラーバリエーションは6色展開。チークとしては、ドーンレイ・テンダールーム・レアスリップ・ソフトグレイザーの4色が使いやすくおすすめです。

第10位 アクア・アクア オーガニッククリームチーク

国産オーガニックコスメブランド、アクア・アクアのチーク。保湿成分のマカデミアナッツ油とシイクワシャー種子油が配合されています。肌にのせるとサラッとしたパウダー質に変化するので、ベタつきが気になる方にもおすすめです。

肌になじみやすいナチュラルカラーで、クリームチークに慣れていない方でも使いやすいアイテム。カラーは、ヘルシーアプリコット・ミルキーフィグ・キュートストロベリーがラインナップされています。

第11位 井田ラボラトリーズ(IDA Laboratories) セザンヌ化粧品 チークスティック

高密着成分が配合されているので、しっかりと肌にフィットしくずれにくいスティックタイプのチーク。肌に塗るとサラサラな質感に変化して、よれにくいのも魅力です。

高反射オイルと「クリアキープパウダー」が配合されているので、肌にツヤを出せます。カラーバリエーションはピーチピンク・コーラル・ローズの3色展開です。

第12位 オサジ(OSAJI) ニュアンス フェイスカラー

頬・目元・唇とマルチに使えるフェイスカラー。肌の内側からにじみ出るような色付きが特徴です。しっとりとした質感なので、乾燥が気になる方にもおすすめ。肌の上ではベタつきにくく、よれにくいアイテムです。

高級感のあるパッケージも魅力。カラーバリエーションは、ブラウンベージュの「姿」・ゴールドラメ入りのブラウン「核心」・シルバーパール入りのピンク「追憶」・メタリックパール入りのオレンジベージュの「曙」・ローズレッドの「野ばら」の全5色展開です。

第13位 リリーバイレッド(lilybyred) ラブビームチークバーム

ハート型のパッケージがキュートなチーク。透明感のあるシースルーカラーで、ナチュラルに色付きます。しっとりとした質感なので、肌を乾燥させたくない方にもおすすめです。

重ね塗りしてもベタつきにくく、鮮やかさが長時間続くのも魅力。カラーバリエーションは、清楚な雰囲気のピーチコーラルとミルキーピンク、かわいらしいムードローズとピュアレッドの4色展開です。

第14位 キレイアンドコー(Kirei&co.) スティックチーク

コスパにこだわった国産ブランド、キレイアンドコーのスティックチーク。保湿成分のヒアルロン酸Na・加水分解コラーゲン・ホホバ種子油・カミツレ花エキス・ラベンダー花/葉/茎エキスを配合しており、肌にうるおいを与えながらメイクできます。

汗や皮脂に強く、くずれにくいのもポイント。スルスルと軽い使い心地も魅力です。カラーバリエーションはオレンジ・ピンク・ブラウンの3色がそろっています。

プチプラチークのおすすめランキング|リキッドタイプ

第1位 アミューズ(AMUSE) ソフトクリームチーク

くずれにくいリキッドチークを探している方におすすめのアイテム。ソフトクリームのようにしっとりとしたテクスチャーながら、クレイ成分が油分を吸着するので、長時間くずれにくいチークです。

エラストマーゲルがしわと毛穴をカバーして、肌をなめらかに見せます。カラーバリエーションは、ほんのりとした発色の「オリジナル」が7色、真珠パール配合のヌーディカラー「ヌーディシュ」が6色そろっています。

第2位 フィーブ(FEEV) カラーセラム

韓国コスメブランドのフィーブから展開されている、しっとりとした質感が魅力のチーク。水分エッセンスが配合されており、みずみずしい使い心地です。透明感のあるカラーなので、重ね塗りによる色の調節が簡単にできます。

キューブ型のおしゃれなパッケージもポイント。カラーバリエーションが豊富にあり、2色以上を混ぜてもきれいに仕上がります。

第3位 アイムミミ(I’M MEME) アイムベアチークリキッド

韓国コスメブランド、アイムミミのリキッドチーク。肌をケアする成分として「VITA D COMPLEX」が配合されているのが特徴です。また、指でトントンと叩き込むだけでムラなく頬に広がるので、チーク初心者の方にもおすすめです。

さらに、本アイテムには血色感のあるヌーディカラーがそろっています。バウンシーオレンジ・バウンシーベリー・バウンシーアーモンドと使いやすい3色がラインナップされているため、好みのカラーを選んでみてください。

第4位 キャンディードール(CandyDoll) カラーリキッド

益若つばさプロデュースのブランド、キャンディードールのチーク。ムラにならずに肌になじみやすく、きれいに仕上がります。ベタつかずに肌に密着するので、くずれにくいリキッドチークを探している方にもおすすめです。

カラーバリエーションは、ピンク・ベリー・モカの3色。それぞれのカラーに、肌に透明感を出すブルーがプラスされているのがポイントです。