血色のよい透明感がある肌へと導く「クリームチーク」。デバコスブランドや韓国ブランドなど、多くの種類が販売されている人気アイテムです。しかし、種類が多くどの製品を選べばいいか迷ってしまいがち。

そこで今回は、クリームチークの正しい選び方や、おすすめのブランドをご紹介します。

クリームチークの魅力

By: amazon.co.jp

クリームチークの魅力は、自然な血色を再現し肌になじみやすいところです。パウダーチークに比べ落ちにくいのもおすすめポイント。肌の内側からにじむように発色をするため、ナチュラルなメイクに仕上がります。

少量つけるだけできれいに発色するため、少しずつ中指や薬指に少しつけ、やさしく伸ばすように全体になじませましょう。強く叩きすぎると下地が崩れてしまうため、力をいれないことがポイントです。使い方に少しコツは必要ですが、慣れてくると短時間でサッと塗れます。

かわいらしく女性らしい印象を与えるクリームチークをぜひ1度試してみてください。

クリームチークの選び方

肌色に合わせたカラーを選ぶ

By: aqua-cosme.com

クリームチークは、肌色に合わせたモノを選ぶのがおすすめです。肌は人によって違う「ベースカラー」があり、ベースカラーに合わせたクリームチークを選ぶことで、より肌になじみ自然に仕上がりに。ベースカラーには大きく分けて2種類のカラーがあり「イエローベース」「ブルーベース」と呼びます。

イエローベースは、肌の色が黄色寄りで頬の赤みは薄いのが特徴。「黄色」「茶色」「オレンジ色」などの黄味がかった色が映えます。ブルーベースは、肌の色が青色寄りで頬の赤みは濃いのが特徴。似合いやすい色は「青色」「黒色」「ピンク色」などです。

自分に似合う色を選択することでメイク後の印象も大きく変わるため、試してみてください。

持ち運びやすく使いやすいケースのモノを選ぶ

コンパクトタイプ

By: canmake.com

コンパクトタイプのクリームチークは、ケースにフタがついていて持ち運びに便利なタイプです。フタの部分にミラーがついているモノもあります。

使い方は非常に簡単で、フタをあけて鏡をみながら指につけてサッとなじませてみてください。時間に余裕のある場合は、スポンジやブラシを使って塗り上げていくのもおすすめです。

スティックタイプ

By: chanel.com

スティックタイプのクリームチークは、コンパクトサイズで持ち運びやすいのはもちろん、塗りやすさが特徴。形は口紅やリップクリームなどと同じような構造をしており、フタを外してすぐに使用可能です。手を汚すことなくメイクできるので、場所を問わず活躍します。

仕事などで忙しくてメイクが直せない場合に重宝するアイテムです。

ジャータイプ

By: jillstuart-floranotisjillstuart.com

ジャータイプのクリームチークは、ケースのサイズが大きい分、容量も多いので長持ちする点が非常に魅力的。クリーム自体も柔らかい質感のモノが多く伸ばしやすいため、初心者の方でも簡単に使えます。

持ち運びにはあまり向いていませんが、大きめのサイズを購入し、自宅やオフィスに置いて使うのがおすすめです。

肌なじみのよいモノを選ぶ

By: kose.co.jp

クリームチークは肌なじみのよいモノを選ぶのがおすすめです。肌なじみの悪いモノを選んでしまうと肌がベタつき、触ると跡が残ってしまう可能性があります。クリームチークの魅力はナチュラルな血色感なので、塗り込んだときに色浮きしないモノを選ぶのがポイント。

質感がサラサラしすぎているとキープ力が落ちてしまうので、ちょうどいい質感のものをチョイスしてみてください。

崩れにくいモノを選ぶ

By: jillstuart-floranotisjillstuart.com

クリームチークは崩れにくいモノを選ぶことも大切です。クリームチークはほかのチークに比べて崩れにくいのが強みですが、やはり製品や肌質よって差があります。

崩れにくいクリームチークを選ぶコツは、自分の肌質に合った製品を選ぶことです。汗をかきやすいオイリー肌の方は保湿成分や油分が少なめのモノを選んでみてください。油分が多く入っているモノを選んでしまうと、肌の表面に油分が溜まり崩れやすくなってしまいます。

逆に肌の乾燥が気になる方は、保湿成分や油分が多く入っているモノを選ぶことで、クリームチークがバランスよく肌になじみ崩れにくいメイクに。いろいろなクリームチークを試して自分に合ったものを選んでみてください。

プチプラ・デパコス 価格をチェック

By: threecosmetics.com

クリームチークは、日常的に使うことが多いアイテムなので、できるだけ価格は抑えたいところ。クリームチークのなかでも価格帯が安いプチプラアイテムだと1,000円を切る価格で販売されており、デパコスアイテムだと価格帯は3,000〜4,000円ほどで販売されています。

デパコス・プチプラ共に捨てがたい魅力的な部分があるので、いろいろなアイテムをチェックしながら自分のお気に入りのクリームチークを試してみてください。

クリームチークのおすすめブランド

キャンメイク(CANMAKE)

By: canmake.com

キャンメイクはプチプラで購入しやすく、高品質なアイテムを取り揃えているブランド。カラーバリエーションの豊富さや発色のよさで人気です。

キャンメイクのクリームチークは初めての方でも気軽に購入できる価格帯のモノが多いため、ぜひこの機会に試してみてください。

資生堂(SHISEIDO)

By: shiseido.co.jp

日本を代表する化粧品ブランドの資生堂は、1872年に創業してから現在まで数多くの魅力的な製品を生み出しています。

資生堂のクリームチークは、どの年代にもフィットするきれいな色味が特徴で、大人っぽい雰囲気に仕上げます。ほかのチークとの相性もよく、下地として使えるタイプのモノが多いのもおすすめポイント。容器もおしゃれに作られており、持っているだけで気分を上げてくれるアイテムばかりです。

マック(M・A・C)

By: maccosmetics.jp

M・A・Cは1984年にカナダで誕生したブランドです。世界中で愛され、有名なアーティストや大きなファッションショーなどでも使われています。発色がよく、鮮やかなカラー展開が特徴です。

クリームチークもほかのアイテムと同様、カラーバリーションが豊富。しっかりと肌になじむ使用感に加え、ツヤ感にもこだわっているため、どんなシチュエーションでも役立ちます。

クリームチークのおすすめ

キャンメイク(CANMAKE) クリームチーク

CANMAKEのクリームチークは、プチプラのなかでも知名度の高いアイテムです。ナチュラルな血色感に加え肌なじみもよいため、明るくかわいらしい印象に。10色の豊富なバリエーションを展開しています。

やわらかい肌触りで発色がよく、あまりつけすぎるとチークの色が目立ってしまうので、しっかりとぼかして使うと自然な仕上がり。購入しやすいプチプラ価格のアイテムなので、1つ持っておきたいおすすめのアイテムです。

キャンメイク(CANMAKE) クリームチークティント

明るくフレッシュなカラーバリエーションが魅力的なクリームチーク。落ちにくいのが特徴で、肌にしっかりと色素を沈着させることで長時間メイクが持続します。崩したくないときは何度か重ねづけして、しっかりと色をのせましょう。

キャンメイクらしいコスパのよいプチプラ価格で、学生の方も購入しやすいアイテムです。

資生堂(SHISEIDO) クレ・ド・ポー ボーテ ブラッシュクレーム

華やかなツヤ感のあるカラーとみずみずしさが特徴のクリームチークです。ピンク系統の3色を展開しており、パールとラメがキラキラと輝き上品で大人な印象を与えます。

ケースはジャータイプで、自宅でのメイクようにはもちろん、持ち運びしやすくポケットに入れていつでもサッと使えます。メイク初心者の方にもおすすめのクリームチークです。

マック(M・A・C) グロー プレイ ブラッシュ

弾力感のあるユニークなテクスチャーが特徴のクリームチーク。軽いつけごこちでシアーからミディアムまでさまざまな仕上がりを楽しめます。

カラーバリエーションは11種類。ケースはコンパクトタイプで持ち運びがしやすく、時間がないときでもサッと取り出して使えます。指先か塗布用のブラシに軽くつけて使ってみてください。

シャネル(CHANEL) レ ベージュ スティック ベルミン

自然な血色をキープしつつきれいに仕上がるスティックタイプのクリームチーク。質感はサラサラとしており、肌にスッとなじみます。

ラメがほどよく上品なイメージを与えるため、夜でも華やかな印象に。指に取ってのせるか、頬をほんのりと色づけたい場合はブラシを使い、サッと伸ばして使ってみてください。

MiMC ミネラルクリーミーチーク

コンパクトタイプで持ち運びやすいMiMCのクリームチーク。保湿成分配合の「植物美容エキス」の力で、みずみずしくツヤ感溢れる肌に仕上げます。メイクが崩れにくく、長時間うるおいを持続する点も魅力です。

9種類のカラーバリエーションを取り揃えており、絶妙なニュアンスを表現できます。リップやパウダーチークのベースにも使えるため、1つ持っておくとマルチに活躍するアイテムです。

コーセー(KOSE) ヴィセ リシェ リップ&チーク クリーム

透明感のあるツヤと、じゅわっと上気したような血色感が表現できるクリームチーク。メイクを崩れにくくする「ラスティングキープ成分」を配合することで、肌をうるおいのある印象に。チークだけでなくリップとしても使え、ハーフマットな質感に仕上がります。

保湿成分の「コラーゲン」「スクワラン」が入っているため、乾燥が気になる方にもおすすめです。

コーセー(KOSE) コスメデコルテ クリームブラッシュ

伸び・肌なじみのよさが特徴的なコーセーのクリームチーク。「コスメデコルテ アイグロウ ジェム」と呼ばれるブランド独自の技術を応用し、肌にするすると伸び広がります。8色を展開しており、華やかでかわいらしい仕上がりに。汗・皮脂に強く作られており崩れにくく、つけたての仕上がり感が長時間続きます。

忙しくてメイクを直す時間がない方でも、持っていると心強いアイテムです。

アナ スイ(ANNA SUI) スイ ブラック クリーム ブラッシュ

ケースがおしゃれなデパコスブランドのクリームチークです。黒色のクリームは肌にのせると発色のよいバラ色にチェンジ。透明感とツヤ感を引き出し上品な頬に仕上げます。

保湿効果のある「油溶性ノバラエキス」が配合されており、乾燥が気になる方でも使いやすいアイテム。大人な高級感を味わえる点もおすすめです。

スリー(THREE) シマリング グロー デュオ

自然なツヤ感と血色感で人気のクリームチークです。クリーミーなテクスチャーで肌なじみがよく、肌に透明感をプラスします。別売の「THREE ファンデーション ブラシ」を使うことで、ふわっと柔らかい仕上がりになります。

1つのケースに2種類のカラーが入っているのも魅力です。パレット右側には「ハイライトカラー」が入っており、頬骨や鼻筋を高く見せられます。パレット左側には「ウォームカラー」が入っており、血色感やソフトな陰影をつけたいときに使うのがおすすめです。

セザンヌ化粧品(CEZANNE) チークスティック

シンプルで使い勝手のよい、スティックタイプのクリームチーク。肌にしっかりとフィットし、崩れにくくヨレにくい仕上がりです。パウダーチークの下地として使えば、長時間発色が長持ちします。リップとして使えば、より統一感のある仕上がりに。

プチプラで購入しやすく1本持っておくとさまざまな場面で活躍するアイテムです。

アンプリチュード(Amplitude) コンスピキュアス クリームチークス

サラッとした質感で非常にぼかしやすいクリームチーク。血色感に加え、肌に光沢感を与えます。崩れにくく色落ちもしにくいため、プライベートはもちろん、化粧直しの時間がとりにくいオフィスシーンにもぴったり。7種類のカラーバリエーションを展開しています。

肌にのせるときは頬の一番高いところから、頬骨に沿ってなじませてみてください。イエベ肌・ブルベ肌両方の方におすすめのアイテムです。

エチュード(ETUDE) ベリーデリシャス クリームチーク

韓国コスメの人気ブランド「エチュードハウス」のクリームチークです。しっとりなめらかなテクスチャーで、肌によくフィット。使い方も非常に簡単で、専用のパフでポンポンと軽くタッピングするだけでオンできます。

パッケージがかわいらしいうえにプチプラで購入しやすいので、初めて購入する方にもおすすめ。手が汚れず使い勝手のよいクリームチークです。

RMK マルチペイントカラーズ

チーク・リップ両方に使える2WAYタイプのクリームチーク。チークとして使った場合は、内側からにじみ出るような血色感のある頬に仕上がります。リップに使った場合、ピュアさが引き立つカジュアルマットな仕上がりに。7種類のカラーバリエーションを展開しており、色違いで揃えるのもおすすめです。

スライド式のケースで、時間がないときでもサッと開いて使えるのは嬉しいポイント。コンパクトでどこにでも簡単に持ち運びできます。

セルヴォーク(Celvoke) カムフィークリームブラッシュ

伸びのよさと肌なじみが魅力的なセルヴォークのクリームチーク。頬につけるとするすると伸びて広がり、ベースメイクのように肌に溶け込みます。カラーバリエーションは5種類を展開しており、どれも大人びた上品な印象を与えます。

つけるときは頬の真ん中から外側に向かってなじませてみてください。仕上がりの美しさが魅力のおすすめアイテムです。

アクア・アクア(AQUA・AQUA) オーガニッククリームチーク

自然由来の国産成分を使用しているアクア・アクアのクリームチークです。肌の乾燥が気になる方や刺激に敏感な方も安心して使えます。ベタつき感が少なく、サラッとした仕上がりのため、重たいつけごこちが苦手な方にもおすすめです。

石鹸でオフできるので、肌への負担を避けたい場合にも適しています。ケースもコンパクトで使い勝手のよいアイテムです。

アディクション(ADDICTION) チークスティック

口紅、アイシャドウとしてもマルチに使えるリップスティックタイプのアイテムです。サラっとした質感で、肌にのせるとナチュラルな血色感を与えられるのが魅力。透明感のあるクリアな発色をする8色を取り揃えています。

スティックタイプで口紅と同じような感覚で手を汚さずにメイクできるのもおすすめポイントです。また、無香料なのでほかのアイテムと香りが混ざるのが気になる方も気軽に使えます。

ジルスチュアート(JILL STUART) チーク&アイブロッサム

肌なじみがよくふんわり自然な血色感を表現するおすすめのクリームチーク。頬にのせるとするすると広がり、ぼかしやすく作られているためメイク初心者の方でも簡単に使えます。保湿成分の「ローズマリーエキス」などが配合されており、肌の乾燥対策にも使いやすいアイテムです。

汗や皮脂と混ざりにくい「半透明ベース」を採用しているので、崩れにくくつけたてのうつくしさが持続します。肌のなじみやすさを重視する方は試してみてください。

スリー(THREE) エピック ミニ ダッシュ

まるでグロスのようなつけごこちが特徴的なスティックタイプのアイテム。本来の肌色との境界線を感じさせないくらい自然になじみます。チークだけでなくリップにも使用でき、唇にやわらかい印象を与えます。保湿成分の「グロッシークリスタルゲル」を配合しておりみずみずしい光沢感のある仕上がりに。

かわいらしいコンパクトなケースで、常にポケットに忍ばせておきたくなるようなアイテムです。

クラランス(CLARINS) グロー2 ゴー デュオ コントアスティック

サラサラとした塗りごこちが魅力的なクリームチーク。ベタつきが少ないので、直接つけても濃すぎず手も汚れにくいのも嬉しいポイント。チークだけでなく、シェーディング・ハイライト・リップなどマルチに使えるアイテムです。1本に2種類のカラーが入っており、シチュエーションに合わせて使い分けができます。

明るく健康的な印象に仕上げたい方におすすめのクリームチークです。

メイベリン ニューヨーク(MAYBELLINE NEW YORK) マスターフラッシュ スティック

日本人女性の肌色にマッチしたカラーバリエーションが魅力的なスティックタイプのクリームチークです。「セルフカラーテクノロジー」を採用しており、ひとりひとりの肌の水分量に応じて、肌にとけこむような色味に仕上がります。発色が非常によく、使用時は付属のスポンジでしっかりとぼかしましょう。

丸みのあるかわいらしい作りもおすすめのポイント。プチプラで購入しやすいうえに、持ち運びにも便利なクリームチークです。

WHOMEE(フーミー) マルチグロウスティック

スティックタイプで非常に使い勝手がよいアイテム。チークだけでなく、ベース、アイカラーなどマルチに活躍します。カラーバリエーションは9色で、イエローベース、ブルーベース両方に合う色を展開しており、どの色も非常に魅力的で鮮やかな印象を与えます。

メイクアップアーティストの「イガリシノブ」さんがプロデュースしており、多くのファンに愛されている人気のアイテムです。

資生堂(SHISEIDO) マジョリカ マジョルカ メルティージェム

美しい高発色が魅力的なアイテム。4種類のカラータイプを展開しており、どれも見た目そのままの色で発色します。内側からにじみ出るような血色感やツヤ感がでるため、ひと塗りでかわいらしい印象に。うるおいを感じられるので、乾燥が気になる方にもおすすめです。

価格も安く抑えられるのは嬉しいポイント。ポケットに入るくらいの大きさで持ち運びやすいため、普段使いにもぴったりです。