鼻筋を際立たせ、立体感のある顔立ちに見せる「ノーズシャドウ」。ノーズシャドウがあるとないとでは、メイクの仕上がりに大きな差が出ます。より洗練された仕上がりを目指すときに取り入れたいメイクアイテムです。

そこで今回は、ノーズシャドウの特徴や選び方について詳しく解説。また、おすすめのノーズシャドウをプチプラとデパコスごとにご紹介するので、自分に合ったアイテムを見つけてみてください。

ノーズシャドウとは?

By: maccosmetics.jp

ノーズシャドウとは、鼻筋や小鼻に陰影をつけ立体感のある顔立ちに見せるメイクアイテムのこと。ノーズシャドウを入れることで鼻を高く見せ、小鼻を小さく見せる効果が期待できます。また、鼻筋に影ができることで目元がはっきりとし、自然と目力がアップしたように見せることが可能です。

ノーズシャドウはシェーディング専用アイテムとして販売されている場合もありますが、アイブロウ用のパレットなどに含まれている場合もあり、単体で購入しなくても手軽に普段のメイクに取り入れられるのが魅力。これからノーズシャドウに挑戦したい方も気軽にはじめられます。

ノーズシャドウの選び方

タイプで選ぶ

パウダータイプ

By: amazon.co.jp

粉で色味をのせていくパウダータイプは、ふんわりとした仕上がりになるのが特徴。発色が比較的穏やかで色味をのせすぎてしまってもぼかしやすいため、失敗が少なく初心者の方にも扱いやすいのが魅力です。

また、パウダータイプはカラーのブレンドがしやすく好みの色味に調節できるのもメリット。なりたい仕上がりに合わせて、発色や色味にこだわりたい方におすすめです。

クリームタイプ

By: amazon.co.jp

クリームタイプはしっとりと仕上がるのが特徴。仕上がりがパサつきにくいうえに、色持ちがよいのも魅力です。また、アプリケーターを使わなくても、指でさっと塗ってぼかせるので、外出中のメイク直しにも重宝します。

さらに、クリームタイプは発色のよいアイテムが多いのもポイント。ひと塗りでしっかりと発色するので、立体感を際立たせたメリハリのあるメイクが好みの方におすすめです。

スティックタイプ

By: amazon.co.jp

細かい部分から広範囲まで幅広く使えるスティックタイプは、ノーズシャドウだけではなくフェイスラインや額の生え際など、ひとつで顔全体のシェーディングに使える便利なアイテム。直接肌に塗って指でぼかすだけなので、手軽に使いやすいのが魅力です。

また、スティックタイプはしっとりとしたテクスチャーのものが一般的。肌にしっかりと密着するため、比較的色持ちのキープ力に優れています。しっかりとした立体感を作りたい方におすすめです。

ペンシルタイプ

By: amazon.co.jp

ペンシルタイプの最大のメリットは、細かい部分のシェーディングがピンポイントで描きやすいこと。数mmほどの細い芯が採用されており、目元などに繊細な陰影をつけたいときに適しています。

ペンシルタイプはスリムな形状でポーチに入れやすいため、持ち歩きコスメとしてもおすすめ。サッと取り出せて手軽にメイクができます。

イエベ・ブルべなど肌に合ったカラーを選ぶ

By: lunasol-official.com

ノーズシャドウはアイテム数が多くカラーバリエーションも豊富なので、イエベ・ブルベなどのパーソナルカラーを参考にするとより選びやすくなります。パーソナルカラーに合わせた色味を選択することで、色浮きなどの失敗が少なくなり自然な陰影が作れるためおすすめです。

イエベの方はライトブラウンなどの黄みがかったブラウンカラー、ブルベの方はアッシュ系などの青みがかったブラウンカラーを選んでみてください。

複数カラー入ったものがあると調節しやすい

By: amazon.co.jp

パレットタイプなど複数のカラーがひとつになっているアイテムは、色味の調節をしやすいのが魅力。ヘアカラーを変えたときや、日焼けなどで肌のトーンが変わっても自分の肌に合った色味にブレンドしやすいため、新しいアイテムを買い足さなくても対応可能です。

また、複数のカラーがセットになっているアイテムのなかにはハイライトカラーも一緒にセットされているものがあります。ひとつのアイテムでシェーディングとハイライトの両方が叶うので、メイクに時間をかけられないときにもおすすめです。

ノーズシャドウのおすすめ|プチプラ

カネボウ(KANEBO) ケイト デザイニングアイブロウ3D

パレットに3色のカラーが並んだパウダータイプのアイテムです。濃淡が異なる3種類のカラーを、メイクする部分に合わせて使い分けられるのが魅力。ノーズシャドウには一番薄い色がおすすめです。

肌になじみやすい、ふんわりしたパウダーがしっかりフィット。化粧のりが気になる方にもぴったりです。付属の太さが違うWブラシも使い勝手がよく、ノーズシャドウは太いほうのブラシを使ってパウダーを乗せると自然な陰影を作れます。

井田ラボラトリーズ(IDA Laboratories) キャンメイク ミックスアイブロウ

3色のグラデーションを好みで混ぜ合わせて使う、パウダータイプのアイテム。1つでアイブロウからノーズシャドウまで使える使い勝手のよさが魅力です。

しっとりした質感のパウダーは飛び散りにくく肌にぴったりフィットします。ノーズシャドウにも使いやすいブラシがついているのもうれしいポイントです。

カラーはブラウン系を豊富に展開。スタンダードなブラウンをはじめ、イエベ・ブルベに合わせて選びやすいカラーなど、さまざまな色が揃っています。

トゥークールフォースクール(too cool for school) アートクラス バイロダンシェーディング

人気韓国コスメブランド「too cool for school」のシェーディングパウダー。パレットには濃淡が異なるカラーがセットされています。ブラシで色をブレンドして使うので、自分で好みの色合いに調節できるのが特徴です。

カラーは、イエベ肌に合わせやすいクラシックとブルベ肌に合わせやすいモダンの2色を展開。ナチュラルな立体感のあるメイクに仕上げたい方は、チェックしてみてください。

井田ラボラトリーズ(IDA Laboratories) セザンヌ化粧品 ノーズ&アイブロウパウダー

ノーズシャドウに使えるカラーが入った、おすすめの眉パウダー。皮脂吸着パウダーによりパウダーが落ちにくく、仕上がりが長続きしやすいのが特徴です。製品にはノーズシャドウ用とアイブロウ用に分かれたダブルエンドブラシが付属しています。

カラーはブラウン系を中心に展開。オリーブやモーヴブラウンなど、ニュアンスカラーが揃っているのも魅力です。プチプラ価格なので、気になる色味を数種類試してみたい方にも向いています。

資生堂(SHISEIDO) インテグレート ビューティートリックアイブロー

アイブロウ・ノーズシャドウ・ハイライトカラーがパレットに入った、パウダータイプのアイテム。ノーズシャドウとハイライトカラーの陰影効果により、立体感のある目鼻立ちに見せます。また、ロングラスティング処方により、メイクが長時間続きやすいのも特徴です。

カラーは、色合いの濃さが異なる2種類のブラウン系を展開しています。さまざまな肌色に対応しやすいベーシックな色合いです。購入しやすい価格なので、初めてノーズシャドウを使う方はチェックしてみてください。

井田ラボラトリーズ(IDA Laboratories) セザンヌ化粧品 ノーズシャドウ ハイライト

ノーズシャドウとハイライトがセットになったパウダータイプのアイテム。ハイライトとシェーディングのメイクアップ効果で、メリハリのある顔に仕上げられるのが特徴です。

ノーズシャドウを鼻筋などの影をつけたい部分に、Tゾーンなどに明るくしたい部分にハイライトを乗せていけば、簡単に立体メイクが完成します。ハイライトはパール入りなのもポイントです。

コーセー(KOSE) ヴィセ リシェ アイブロウパウダー

濃淡の異なる3色を自由に混ぜ合わせて使うアイブロウパウダー。アイブロウ・ノーズシャドウ・ハイライトとして使えるのが特徴です。ノーズシャドウは中間色と明るい色を混ぜて使うのがおすすめ。パウダーながらしっとりとしたタッチで、ムラが少なく自然に仕上がるところも魅力です。

美容液成分を配合しているのもポイント。カラーバリエーションはブラウン系をメインに展開しています。

常盤薬品工業 エクセル スタイリング パウダーアイブロウ

パレットに4色のパウダーが入ったアイブロウパレット。濃いカラーと薄いカラー、2色のニュアンスカラーで構成されています。単色のほか、ブレンドしてオリジナルの色味を作って使えるのも魅力です。

ノーズシャドウには淡い色を使うのがおすすめ。カラーラインナップはベーシックなナチュラルブラウンとライトブラウンに加えて、赤みがかったピンクブラウンなども展開しています。

カネボウ(KANEBO) ケイト マルチコントゥアペンシル

ピンポイントで陰影を強調するペンシルタイプ。ペン先は細く、細部までこだわって描きやすいのが特徴です。「02 自然な影カラー」は、こめかみや鼻筋、あご上などのシェーディングに使えます。

持ち歩きやすいペンシルタイプなので、ポーチに入れておけば外出時の化粧直しにも活用可能。より立体感のあるメイクに仕上げたい方は、「01 明るいツヤカラー」もあわせて使ってみてください。

エチュード(ETUDE) プレイ101スティックデュオ

ハイライトとシェーディングがセットになった、スティックタイプのアイテム。24°斜めにカットされたスティックは、顔にフィットさせやすいのが魅力です。2色のカラーを塗り分けることで、メリハリのある仕上がりを目指せます。

カラーによって、ハイライトのパールの有無などが異なるため、どの程度立体感を出したいかでタイプを選んでみてください。

井田ラボラトリーズ(IDA Laboratories) セザンヌ化粧品 シェーディングスティック

必要な量を繰り出して使うスティックタイプのシェーディングです。高密着オイル配合で肌にぴったりフィット。肌にのせると、さらっとした質感に変化します。ロングキープ処方で落ちにくいところも魅力です。鼻筋になじませるとノーズシャドウとして使えます。

カラーはマットブラウンとベージュブラウンの2種類。肌の色味や仕上がりの好みに合わせて、カラーをチェックしてみてください。

ノーズシャドウのおすすめ|デパコス

カネボウ(KANEBO) ルナソル スタイリングアイゾーンコンパクト

目もとの立体感を追求して作られたアイブロウパウダーです。パレットにはベージュからブラウンまで、濃淡の異なる5色がセットされています。単色で使うだけでなく、好きな色を自由にブレンドできるので、1つ持っておくと重宝するアイテムです。

ノーズシャドウとして使用するときは、明るい色から3つ程度を混ぜて使います。アイブロウやアイシャドウなど、さまざまな用途に使えるので、外出時の化粧直し用としてもおすすめです。

コーセー(KOSE) コスメデコルテ コントゥアリング パウダーアイブロウ

ノーズシャドウとアイブロウパウダーがセットになったアイテム。パレットには濃淡が異なる4色がセットされています。くっきりとした発色により、顔立ちを引き立てるのが魅力です。

大きさや毛先の形が異なるブラシが3本付属しており、部位によって使い分けができるのもポイント。別途ノーズシャドウ用のブラシを購入する必要がないため、メイク道具を多く持っていない初心者の方にもおすすめです。カラーはブラウン系のパレットを2種類展開しています。

コーセー(KOSE) ジルスチュアート ニュアンスブロウパレット

パレットに明るさの異なる3色が入ったアイブロウパウダーです。パレットの色を混ぜ合わせて、好みのニュアンスの色味を出せるのが特徴。鼻筋にはライトカラーを入れるのがおすすめです。

パウダーには付着性のよいオイルが配合されており、ムラを抑えてカラーを乗せられます。汗や皮脂にも強く、メイク後の発色を長時間キープ可能です。

カラーはベーシックなモカブラウンに加え、ローズピンク・オレンジ・パープルとブラウンベースにニュアンスを加えたバリエーションも展開。いつもと違ったメイクにしたいときなどにも活躍するアイテムです。

資生堂(SHISEIDO) イプサ アイブロウ クリエイティブパレット

なりたいイメージや髪色に合わせて、色を調節できるパウダーアイブロウ。パウダーをオイルでコーティングしており、崩れにくいのが魅力です。ブラシのヘッドは4種類あり、部位に合わせて使い分けられます。

パレットには、眉頭から目のくぼみへ陰影をつけるのにも使いやすいベージュに加えて、ブラウン系や、オレンジとレッドのニュアンスカラーをセット。その日の気分や髪色などに合わせて、色味を工夫できます。

エレガンス(Elegance) コントゥアリング フェイス

ハイライトとシェーディングがセットになったフェイスカラー。メイクアップ効果によって光と影を作り、自然な立体感のある顔立ちに仕上げます。

付属ブラシは毛先の長さや形状が異なり、ハイライトとシェーディングで使い分けやすいように工夫されているのがポイント。毛先が短いブラシはハイライト用、長いブラシはシェーディング用として使うのがおすすめです。

コーセー(KOSE) アディクション ブラッシュ トリニティ

3色のグラデーションが美しいパウダータイプのチーク。化粧持ちアップ成分としてアミノ酸を配合しています。無香料タイプなので、香料独特の香りが苦手な方におすすめです。

「001 ジェットセッター」は、ハイライトにもシェーディングにも使えるカラー。外出先でのお直し用など、多用途で使用できるアイテムを探している方はチェックしてみてください。

マック(M・A・C) ミネラライズ スキンフィニッシュ ナチュラル

ファンデーションとしても、シェーディングとしても使えるフェイスパウダー。マットで自然な肌にメイクできます。さまざまなカラーが展開されているのもポイント。ベーシックなベージュ系のほか、ブロンズ系の色合いも充実しています。

パッケージは手になじみやすい丸い形状。ミラーつきなので、外出用のポーチに入れて化粧直しに使うのもおすすめです。

カネボウ(KANEBO) ルナソル コントゥアリングスティック

シアーな発色で自然な陰影を作るスティックタイプのシェードカラー。ファンデーションを濃くしたような色合いのため、肌の色に溶け込むようになじむのが特徴です。保湿成分としてオリーブオイルやアーモンドオイルなどを配合しています。

影をつけたい箇所に直接のせて指でぼかすだけと、初心者の方でも簡単に使えるのもポイント。スティックは手のひらサイズなので持ち運びにも便利です。

クリニーク(CLINIQUE) チャビー スティック スカルプティング コントゥール

リップのように繰り出して使用する、シャドウ用のスティック。顔の輪郭など、影を入れたい部分に使えます。メイクアップ効果によって、メリハリのある小顔に見せたい方におすすめです。

スティックタイプなので、持ち運びやすいのもメリット。化粧ポーチをなるべくコンパクトにしたい方はチェックしてみてください。

番外編|失敗しにくいノーズシャドウの入れ方

ノーズシャドウは、一般的に目のくぼみからシェーディングを加えていきます。指やブラシにシャドウをとり、眉メイクの延長で眉頭から鼻筋に向かうイメージでのばしていきましょう。

鼻筋にシャドウを入れると、わざとらしさが出てしまう場合もあるので注意が必要。ナチュラルに仕上げたいときは、鼻筋にはあまりシャドウを入れないようにするのがおすすめです。

また、左右の小鼻のくぼみにシャドウを入れると、小鼻が引き締まったように見せられます。広範囲にべったりとつけると不自然な印象になるので、必要な部分のみに絞って入れましょう。