身だしなみやおしゃれのためにつけることが多い香水。爽やかなシトラス系やセクシーなオリエンタル系など、さまざまな香りが展開されており、シーンに合わせて選べるのが魅力です。上品な大人っぽさを演出するためにも、香水を上手く使ってさりげなく香らせたいところ。

そこで今回は、メンズ香水のおすすめ銘柄をランキング形式でご紹介します。香水の選び方も解説するので、ぜひチェックしてみてください。

メンズ香水の選び方

香水の種類で選ぶ

パルファム(P)

香水は、香料の濃度と持続時間によって「パルファム」「オードパルファム」「オードトワレ」「オーデコロン」の4種類に大きく分けられます。

「パルファム」は香料の濃度が約15~30%と高いため、少しの量で香りをつけられるのが特徴。持続時間も約5〜12時間と長いので、朝から夕方まで香りをキープしたい方におすすめです。

オードパルファム(EDP)

持続時間は約4~6時間で、濃度が約10〜15%と若干低い「オードパルファム」。パルファムほどの濃さはないですが、しっかりと香りがつけられるうえに価格も安くなるため、使いやすいのが特徴です。

ただし、パルファムよりも濃度が低いとはいえ、「オードトワレ」や「オーデコロン」よりは香りが強いのでつけすぎには注意しましょう。

オードトワレ(EDT)

「オードトワレ」は持続時間が約2〜5時間と短めで気軽に使えるタイプの香水。濃度も約5〜10%と控えめなのでさりげなく香らせることができ、普段使い用の香水を探している方に適しています。日本で販売されている香水はオードトワレが多く、豊富なバリエーションのなかから選べるのが魅力です。

オーデコロン(EDC)

濃度が約1〜5%でほのかな香りを楽しめる「オーデコロン」。オードパルファムやオードトワレと比べて香りが弱いため、初めて香水をつける方でも挑戦しやすいのが魅力です。

持続時間が約1〜2時間と短いのも特徴で、シャワーを浴びた後など香りでリフレッシュしたいときにも使えます。香水初心者の方は、ぜひチェックしてみてください。

シーンに合わせて香りで選ぶ

ビジネスシーンなら「シトラス系」「シプレ系」

ひと口に香水といってもさまざまな種類があるため、シーンに合わせて選ぶのが大切。ビジネスシーンでつける香水を探している場合は「シトラス系」や「シプレ系」の香りがおすすめです。

シトラス系の香水は柑橘系の爽やかな香りで、フレッシュな印象を与えられます。シプレ系の香水は、柑橘系と樹木系を組み合わせた香りが特徴。爽やかさと上品さを兼ね備えているのが魅力です。

デートシーンなら「フゼア系」

デートシーンには「フゼア系」の香水がおすすめ。クマリンなどを基調とする桜餅のような香りが印象的で、爽やかなシトラス系やシプレ系と比べて落ち着いた印象を与えられます。

フゼア系のなかでもハーブの香りが強いモノから、華やかな香りが強いモノまで種類が豊富に揃っているので、好みに合わせて選びましょう。

パーティーシーンなら「オリエンタル系」

パーティーなどの華やかなシーンで使える香水を探している方は「オリエンタル系」がおすすめ。スパイシーな香りのなかに甘さも感じられ、セクシーな男を演出できるのが特徴です。爽やかさよりも大人っぽさを重視したい方は、ぜひチェックしてみてください。

メンズ香水の形状をチェック

オーソドックスな香水が欲しい方におすすめの「スプレータイプ」

By: amazon.co.jp

香水のなかで最も一般的なのが「スプレータイプ」。ノズルをプッシュするだけで手軽につけられます。プッシュするときの距離や回数によって香りの強さを調節しやすいのもポイントです。

バリエーションが豊富に展開されているオーソドックスな形状なので、香水を初めて購入する方はスプレータイプのなかから選んでみてください。

手軽に持ち歩きたい方におすすめの「ロールオンタイプ」

By: amazon.co.jp

「ロールオンタイプ」はボール部分で肌に直接塗る香水。スプレータイプよりもコンパクトなので、カバンやジャケットなどのポケットに入れて持ち歩きやすいのが特徴です。少しずつ塗れるため、香りのつけすぎも防げます。

さりげなく香らせたい方におすすめの「練りタイプ」

By: amazon.co.jp

ハンドクリームのように塗って香りをつけられるのが「練りタイプ」です。香りが優しく広がるため、主張しすぎない香水を探している方に適しています。ビジネスシーンなど、強い香りをつけたくない場面におすすめです。

メンズ香水のおすすめブランド

ブルガリ(BVLGARI)

By: amazon.co.jp

ブルガリは1884年にローマで創業されたラグジュアリーブランド。腕時計やネックレスをはじめとする小物やアクセサリーで有名ですが、香水も高い人気があります。「プールオム」や「ブラック」などの定番銘柄を揃えており、どれもスパイシーな香りを楽しめるのが魅力です。

サムライ(SAMOURAI)

By: amazon.co.jp

メンズ香水ブランドとして人気のサムライ。クセのない爽やかな香りが特徴で、香水初心者の方でも気軽に使えます。直線と曲線を織り交ぜた香水瓶デザインは武士の裃(かみしも)をイメージしており、部屋に置けばインテリアとしても活躍するのが魅力。香りも見た目もおしゃれなおすすめのブランドです。

カルバンクライン(Calvin Klein)

By: amazon.co.jp

カルバンクラインは世界的に有名なアメリカのファッションブランド。爽やかな香りからフルーティーな香りまでさまざまな香水が展開されており、幅広い年代に親しまれています。どの銘柄も香りのなかに大人っぽさを感じられるため、落ち着きのある香りが好みの方は、ぜひチェックしてみてください。

メンズ香水のおすすめランキング|第1位〜第10位

第1位 カルバンクライン(Calvin Klein) CK-one オードトワレ

1994年に発売され、現在でもブランドを代表する香水として人気を集める「CK-one」。男女問わず使えるユニセックスの香水で、シトラスをメインにしたフレッシュな香りを身にまとえます。ほのかな甘さと爽やかさのバランスがよく、万人受けしやすい香水です。

ベルガモット・カルダモン・パパイヤのフルーティーなトップのあとに花々が香り立つミドルへ。ラストノートにはムスクとアンバーが採用されています。

ピュアでフレッシュな香調は若々しい印象で、20代の男性にぴったり。身だしなみの一環として香水を取り入れてみたい方や、香水初心者の方でも使いやすいおすすめの香水です。

第2位 ブルガリ(BVLGARI) ブループールオム オードトワレ

知的でクールな雰囲気を演出できるおすすめの香水。クリーンな香りをベースに構成されていますが、ほのかに感じられる渋さが大人っぽい印象を与えます。

香りの変化はカルダモンとサンダルウッドのスパイシーなトップノートからスタート。香水のテーマともいえるミドルノートでは、ガランガルとジンジャーのスパイシーな香りに、ジュニパーベリーが香り立ち、徐々にグレーチーク・タバコフラワー・イチョウがおりなすラストノートに包まれます。

爽やかさだけでなく、複雑な香りの変化を感じられるスパイシーウッディの香調は大人の男性にこそおすすめ。プライベートはもちろん、スーツスタイルでビシッとキメたいビジネスシーンにもぴったりのメンズ香水です。

第3位 カルバンクライン(Calvin Klein) エタニティフォーメン オードトワレ

女性用香水「エタニティ」のメンズ版として発売された人気香水。「永遠」というネーミングがロマンチックで、パートナーとペアで楽しむのもおすすめです。

マンダリンとラベンダー、そしてグリーン系の香りで構成されたキリッとしたトップノートから、優しい花の香りにハーブをプラスした印象的なミドルノートへ。最後は包容力を感じさせるようなあたたかみのあるウッディ系の香りへと変化します。

男らしく、ほどよく個性も感じられる香水なので無難な印象を与えたくない方におすすめ。甘さ控えめのシャープな香りがスマートな印象を与えます。

第4位 サムライ(SAMOURAI) サムライ オードトワレ

クリアボトルからのぞくブルーの香水とシルバーキャップがクールな雰囲気の「サムライ」。清潔感があり、かつ東洋のテイストも感じられるフレッシュアクアティックの香りは、若い世代を中心に愛され続けています。

香水をつけて最初に顔を出すのは、ジャスミンとローズ。ミドルノートでは、落ち着きのあるシダーの香りにレッドペッパーがスパイシーさを添えます。ラストノートはサンダルウッド・バニラ・ムスクが混ざり合うオリエンタルでほんのりセクシーな香りです。

第5位 ジョルジオアルマーニ(GIORGIO ARMANI) アクア ディ ジオ プール オム オードトワレ

イタリア最南端に位置するパンテレリア島の自然から着想を得て作られた爽やかな香水です。シトラスとマリンが混ざり合うシトラスアクアティックの香調はシーンを問わず使えて、幅広い年代の方におすすめ。特に夏にぴったりの香水です。

トップノートでは、マンダリン・ビターオレンジ・ベルガモットのシトラス系の香りが弾けます。時間が経つにつれて、落ち着いたウッディ系の香りに変化。全体的に爽やかなテイストですが、大人っぽさや男らしさも感じられるおすすめの香水です。

第6位 グッチ(GUCCI) ギルティ ブラック プールオム オードトワレ

2013年に女性用香水「ギルティ ブラック」とペアの香水として発売された人気アイテムです。“罪深き喜びと楽しみの世界へ”というコンセプトで作られた香水で、男性の色気をグッと引き出してくれるのが魅力。爽やかさと甘さのバランスがよく、ビジネスシーンにも馴染みます。

グリーンコリアンダーとラベンダーのトップノートは、若々しく爽やかな印象。ミドルノートではオレンジフラワーとネロリの甘くほろ苦い香りがふんわりと広がり、パチュリとシダーウッドのセクシーなラストノートへと向かいます。

第7位 ジョーマローンロンドン(JO MALONE LONDON) ブラックベリー&ベイ コロン

男女問わず人気を集めるロンドン発のフレグランスブランド「ジョーマローンロンドン」のおすすめ香水。ブランドのなかでも特に人気の高い香水で、フルーツとグリーンが織りなす爽やかな香りが魅力です。

主役はみずみずしいブラックベリー。甘酸っぱい香りにフレッシュなベイリーフと穏やかなシダーウッドをプラスし、爽やかさのなかにほんのり渋さも感じられる香調に仕上がっています。

デートなど、好印象を狙いたいシーンに特にぴったり。ユニセックスな香りなので、パートナーとシェアして使うのもおすすめです。

第8位 プラウドメン(PROUDMEN) グルーミングバーム グルーミング・シトラスの香り

香りをまといたいときに気軽に使える練りタイプの香水。爽やかなシトラス系の香りで、プライベート、ビジネスシーン問わず使えます。香りが強すぎないので人と会う前にサッと塗る使い方もおすすめです。

香水をつけた瞬間から、スッキリとした地中海シトラスの香りが広がります。少し時間が経つと、柔らかな印象のマリンフローラルの香りに。ラストノートは奥深いウッディムスクの香りです。

量の調節がしやすいので、香水をつけ慣れていない方にもおすすめ。容器は手のひらにすっぽりと収まるサイズで、持ち運びやすいのも嬉しいポイントです。

第9位 ブルガリ(BVLGARI) プールオム オードトワレ

1995年の発売以来、根強い人気を誇るブルガリの定番メンズ香水です。香調はウッディフローラルムスク。シャープな香りが特徴で甘ったるさがなく、30代以上の大人の男性にマッチします。

トップノートに採用されている香りは、ダージリンティーとスイレン。エレガントで透明感のある香りが広がります。

続いて、センシュアルなガイヤックウッドとスパイシーなブラックペッパーが織りなす印象的なミドルへ。最後はムスクをメインとしたラストノートに包まれます。

第10位 ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA) ライトブルー オードトワレ

ユニセックスで使えるおすすめの香水です。フレッシュかつライトなフルーティーフローラルの香調が特徴。真夏の太陽が降り注ぐ昼から情緒あふれる夕暮れへと移り変わる様を香りの変化で表現しています。

シチリアンシトロンとブルーベルが香り立つみずみずしいトップから、ジャスミン・バンブー・ホワイトローズが織りなす華やかなミドルへ。ラストノートでは、シダーウッドの穏やかな香りとアンバー、ムスクのほんのりとした甘さが混じり合います。

やや甘めの香りなのでプライベートでの使用がおすすめ。大学生や20代など、若い世代にマッチする香水です。

メンズ香水のおすすめランキング|第11位〜第20位

第11位 カルバンクライン(Calvin Klein) CK-be オードトワレ

ホワイトムスクの優しい甘さをベースに構成されたおすすめのメンズ香水です。甘すぎず香りが控えめなのでプライベートとビジネスの両方で活躍。ほんのりセクシーな雰囲気を演出できるのでデートシーンにもおすすめです。

ベルガモットにジュニパーベリーとミントを加えたフレッシュなトップから、マグノリアとピーチが香り立つミドルへ。ラストノートではオポポナックスやトンカビーンの甘い香りのほか、ウッディ系の香りも漂います。

第12位 ブルガリ(BVLGARI) ブルガリ マン ウッド エッセンス オードパルファム

3つのウッディノートを組み合わせ、木々の生命力を表現したメンズ香水。アロマティックネオウッディの香調は、まるで森のなかにいるような清々しさがあり、かつ落ち着いた大人っぽさも感じられます。

香水をつけて最初に感じられるのは、イタリア産シトラスにコリアンダーのアクセントを効かせた印象的な香り。時間が経過するにつれてウッディ系の香りが強くなり、男らしさを感じさせるスモーキーな香りも加わります。

第13位 シャネル(CHANEL) エゴイスト プラチナム オードトワレ

性格の異なる香りが複雑に絡み合うフゼアグリーンノートを詰め込んだシャネルの人気香水。積極性や社交性を感じさせるいきいきとした香りに仕上がっています。ほどよく個性があり、爽やかなだけの香水では物足りない大人の男性におすすめです。

香水をつけるとラベンダーとローズマリーが溶け合うエレガントな香りが漂い、次第に独特な香りを持つクラリセージとゼラニウムで構成されたハーバルノートへ。最後はあたたかみのあるウッディ系の香りが全体を包み込みます。

第14位 プラウドメン(PROUDMEN) オードトワレ グルーミング・シトラス

クセのない爽やかな香りが特徴のメンズ香水です。万人受けしやすく、控えめに香るので香水初心者の方にぴったり。同じ香りの練りタイプの香水も人気ですが、より長く香らせたいときには本アイテムの方がおすすめです。

メインはフレッシュなシトラス系の香り。香りの変化の終盤に近づくと、ムスクの香りが漂います。シーンを選ばず使えるオールマイティな香水なので、プレゼントにもおすすめです。

第15位 シャネル(CHANEL) ブルー ドゥ シャネル オードトワレ

既成概念にとらわれることなく、自由に生きる男性をイメージして作られたシャネルの注目香水です。シトラス・スパイシー・ウッディ系の香りがバランスよくミックスされているのが特徴。高級感があり置いておくだけでおしゃれなダークネイビーの香水ボトルも目を引きます。

香水のトップを飾るのは、シトラス系の果実とピンクペッパー、ミントのスパイス。ミドルではエレガントなジャスミンの香りが感じられ、次第にシダーウッドやサンダルウッドが混ざり合うウッディ系の香調へと変化していきます。

第16位 トムフォード(TOM FORD) ノワール・デ・ノワール オードパルファム

個性のあるオリエンタル系の香りを詰め込んだユニセックス香水。エレガントなフローラル系の香りをベースにしつつ、ブラックトリュフ、パチュリ、ウードウッドなど「土」を感じる香りがブレンドされているのが特徴です。

バニラの甘さも感じられる濃厚な香りは、秋冬にぴったり。既にメインで使用する香水を持っている方の2本目としてもおすすめです。

第17位 サムライ(SAMOURAI) サムライ ライト オードトワレ

どんなシーンでも気兼ねなく使えるライトで爽やかなおすすめ香水です。控えめに香るので、香水をつけることで強く香らせすぎてしまうことを心配している方にも最適。香りを長時間持続させたい場合は、アトマイザーに入れて持ち歩くのがおすすめです。

香調はフレッシュアクアティックノート。レモン・ライチ・グリーンアップルのフルーティーなトップのあとにフローラルとグリーンが混じり合うミドルが続き、全体を包み込むような優しいラストノートへと変化します。

第18位 ジバンシィ(GIVENCHY) ウルトラマリン オードトワレ

ブルーの香水を詰め込んだ、見た目も涼やかなメンズフレグランスです。香りの変化はベルガモットやウォーターフルーツなどで構成された生命力あふれるトップノートからスタート。ミント・カルダモン・グローブの力強いミドルが続き、最後はウッディ系の香りに落ち着きます。

外観のイメージ通りのライトな香りは春夏にぴったり。レジャーを楽しむ休日など、アクティブなシーンを盛り上げてくれるおすすめの香水です。

第19位 エルメス(HERMES) ナイルの庭 オードトワレ

名香が揃うエルメスの「庭園のフレグランスシリーズ」のなかでも特に人気の高いおすすめ香水。ナイル川流域の風景が思い浮かぶような、自然の豊かさが詰まったフルーティーグリーンウッディの香調が広がります。

キーとなる香りは、グリーンマンゴー・ロータス・シカモアウッド。フレッシュな印象のトップから、あたたかみのあるラストへ向かう洗練された香りの変化を楽しめます。

第20位 ダビドフ(DAVIDOFF) クールウォーター オードトワレ

葉巻ブランドである「ダビドフ」のファーストフレグランスで、世界的なヒットを記録した人気香水。海を思わせるような爽快さと、スパイスの力強さの両方を兼ね備えたダイナミックな香調が特徴です。

ラベンダー・ローズマリー・ミント・コリアンダー・オレンジが複雑に絡み合うトップノートから、ジャスミンやゼラニウムなどが咲き誇るミドルへ。ラストノートではアンバーグリスやムスクの甘さとサンダルウッド、モスの穏やかな香りが混じり合います。

メンズ香水のおすすめランキング|第21位〜第30位

第21位 ペンハリガン(PENHALIGON’S) ブレナム ブーケ オードトワレ

英国の伝統を受け継ぐフレグランスブランド「ペンハリガン」のロングセラー香水です。シトラスを主役にした王道の香調で幅広いシーンにマッチ。上品で紳士的な雰囲気を演出したいときには特にぴったりの香水です。

シトラスとラベンダーのトップノートは清涼感にあふれ、若々しい印象。そして、次第に森林浴をしているかのような針葉樹の香りが広がり、優しいムスクと溶け合います。

第22位 ジョーマローンロンドン(JO MALONE LONDON) ライム バジル&マンダリン コロン

同ブランドを代表する人気フレグランス。トップノートではカリブ海の風を思わせるようなライムの香りがはじけ、徐々にバジルやホワイトタイムのハーバルノートが加わります。

シトラスとハーブが織りなす爽やかで刺激的な香りは、デイリーはもちろん、気分転換をしたいときにも最適。女性にも愛用者が多い香水なので、デートのときにつけるのもおすすめです。

第23位 ジバンシィ(GIVENCHY) ジェントルマンオンリー オードトワレ

ハッとするようなスパイシーさと穏やかなウッディ系の香り、そしてほのかな甘さが絶妙に絡み合うメンズ香水。ネーミングの通り、紳士的でスマートな男性を感じさせる香りに仕上げられています。

トップノートはグリーンマンダリンにピンクペッパー・ナツメグ・バーチリーフをブレンドした大胆な香り。徐々に男性らしさが感じられるウッディ系の香りが顔を出し、センシュアルなラストノートへと変化します。

第24位 ロクシタン(L’OCCITANE) ヴァーベナ オードトワレ ロールタッチ

同ブランドで最も人気があるヴァーベナの香りを詰め込んだロールオンタイプのおすすめ香水です。ヴァーベナはレモンのようなフレッシュな香りが特徴のハーブ。シトラス系の果実がはじけるトップに続いて主役のヴァーベナが顔を出し、ローズが香る優しいラストへ変化します。

スリムなスティックタイプなので持ち運びしやすいのも魅力。人と会う前などにサッと塗れば清涼感のある香りが漂います。汗のニオイが気になる夏の身だしなみアイテムとしてもおすすめの香水です。

第25位 クリーン(CLEAN) クラシック ウォームコットン オードパルファム

地球環境や人に優しい原材料を使ったヴィーガンフレグランスを扱う北米ブランド「クリーン」の香水。シンプルデザインの香水ボトルには、洗いたてのタオルに包まれたような石鹸の香りが詰め込まれています。

優しく柔らかな香りながら、濃度の高いオードパルファムなので長時間香りが持続。清潔感たっぷりで万人受けしやすく、好印象を狙いたいシーンにおすすめの香水です。

第26位 イソップ(Aesop) タシット オードパルファム

こだわり抜かれた素材から作られるスキンケアアイテムやフレグランスで人気のオーストラリアブランド「イソップ」のおすすめ香水。ナチュラルな香りで嫌味がなく、毎日身につける香水にぴったりです。

香水をつけて最初に感じられるのは日本人に馴染み深い柚子をイメージした香り。バジルの清々しいアクセントを加えることで、モダンなテイストの香水に仕上がっています。

第27位 メゾン・マルジェラ(Maison Margiela) レプリカ ジャズクラブ オードトワレ

フランスの人気ファッションブランド「メゾンマルジェラ」が展開するメンズ香水。「レプリカ」シリーズの香水は特定の場所やシーンが思い浮かぶような香りを表現しているのが特徴で、本アイテムはゆったりと時間が流れるジャズクラブをイメージしています。

ラムやタバコリーフ、ピンクペッパーなど個性ある香りを絶妙なバランスでブレンド。ウッディな香りのなかに甘さも感じられる大人っぽい香調で、自分らしい香りを楽しみたいプライベートシーンにおすすめです。

第28位 ジャンヌ・アルテス(JEANNE ARTHES) セクシーボーイ オードトワレ

香水のメッカとして知られるフランスのグラース地方で生まれたブランド「ジャンヌ・アルテス」の注目香水。メンズ香水としては珍しくパウダリーな甘さが感じられるのが特徴で、優しく柔らかな雰囲気を演出したい方におすすめです。

清涼感のあるミントが香るトップから始まり、次第にラベンダーの優しいフローラルノートに包まれます。そして、最後はバニラの甘さが漂うラストノートへ。リーズナブルな価格でトライしやすいのも嬉しいポイントです。

第29位 レイヤードフレグランス(LAYERED FRAGRANCE) クレムドゥコロン ホワイトムスク

日本製の高品質なフレグランスを展開する「レイヤードフレグランス」の練り香水。チューブタイプで携帯しやすく、ハンドクリームのような感覚でつけられるので、より気軽に香水を楽しみたい方におすすめです。

ホワイトムスクやバニラをブレンドした優しい甘さが感じられる香調で、時間が経つとラベンダーの香りも顔を出します。量の調節がしやすく、あまり強く香らせたくないときにもサッと使えるおすすめの香水です。

第30位 ライジングウェーブ(RISINGWAVE) フリー ライトブルー オードトワレ

日本人男性に似合う香り作りにこだわるフレグランスブランド「ライジングウェーブ」の人気香水。メンズ向け香水のなかではやや甘めの香調で、花々の香りをメインに構成したロイヤルフローラルノートがふんわりとライトに香ります。

キーとなる香りはフレンチローズ。フルーティーさも強く感じられるため若々しい印象で、大学生や20代の方におすすめです。