身だしなみやおしゃれのためにつけることの多い香水。爽やかな「シトラス系」やセクシーな「オリエンタル系」などさまざまな香りの銘柄が展開されており、シーンに合わせて選べるのが魅力です。上品な大人っぽさを演出するためにも、香水を上手く使ってさりげなく香らせたいところ。

そこで今回は、メンズ香水のおすすめ銘柄をランキング形式でご紹介します。香水の選び方も解説するので、ぜひチェックしてみてください。

メンズ香水の選び方

香水の種類で選ぶ

パルファム(P)

香水は、香料の濃度と持続時間によって「パルファム」「オードパルファム」「オードトワレ」「オーデコロン」の4種類に大きく分けられます。

「パルファム」は香料の濃度が約13〜15%と高いため、少しの量で香りをつけられるのが特徴。持続時間も約5〜12時間と長いので、朝つけて夕方まで香りを持たせたい方におすすめです。

オードパルファム(EDP)

持続時間がパルファムと同じ約5〜12時間でありながら、濃度は約10〜15%と若干低い「オードパルファム」。パルファムほどの濃さはないですが、しっかりと香りがつけられるうえに価格も安くなるため、使いやすいのが特徴です。

ただし、パルファムよりも濃度が低いとはいえ、「オードトワレ」や「オーデコロン」よりは香りが強いのでつけすぎに注意しましょう。

オードトワレ(EDT)

「オードトワレ」は持続時間が約2〜5時間と短めで気軽に使えるタイプの香水。濃度も約5〜10%と控えめなのでさりげなく香らせることができ、普段使い用の香水を探している方に適しています。日本で販売されている香水はオードトワレが多く、豊富なバリエーションのなかから選べるのが魅力です。

オーデコロン(EDC)

濃度が約1〜5%でほのかな香りを楽しめる「オーデコロン」。オードパルファムやオードトワレと比べて香りが弱いため、初めて香水をつける方でも挑戦しやすいのが魅力です。

持続時間が約1〜2時間と短いのも特徴で、シャワーを浴びた後など香りでリフレッシュしたいときにも使えます。香水初心者の方はぜひチェックしてみてください。

シーンに合わせて香りで選ぶ

ビジネスシーンなら「シトラス系」「シプレ系」

ひと口に香水といってもさまざまな種類の香りがあるため、シーンに合わせて選ぶのが大切。ビジネスシーンでつける香水を探している場合は「シトラス系」や「シプレ系」の銘柄がおすすめです。

シトラス系の香水は柑橘系の爽やかな香りで、フレッシュな印象を与えられます。シプレ系の香水は柑橘系と樹木系を組み合わせた香りが特徴で、爽やかさと上品さを兼ね備えているのが魅力です。

デートシーンなら「フゼア系」

デートシーンには「フゼア系」の香水がおすすめ。クマリンなどを基調とする桜餅のような香りが印象的で、爽やかなシトラス系やシプレ系と比べて落ち着いた印象を与えられるため、男らしさをアピールできます。

フゼア系のなかでもハーブの香りが強い銘柄から、華やかな香りが強い銘柄まで種類が豊富に揃っているので好みに合わせて選びましょう。

パーティーシーンなら「オリエンタル系」

パーティーなどの華やかなシーンで使える香水を探している方は「オリエンタル系」がおすすめ。スパイシーな香りのなかに甘さも感じられ、セクシーな男を演出できるのが特徴です。爽やかさよりも大人っぽさを重視したい方はぜひチェックしてみてください。

メンズ香水の形状をチェック

オーソドックスな香水が欲しい方におすすめの「スプレータイプ」

By: amazon.co.jp

香水のなかで最も一般的なのが「スプレータイプ」。ノズルをプッシュするだけで手軽につけられます。プッシュするときの距離や回数によって香りの強さを調節しやすいのもポイントです。

バリエーションが豊富に展開されているオーソドックスな形状なので、香水を初めて購入する方はスプレータイプのなかから選んでみてください。

手軽に持ち歩きたい方におすすめの「ロールオンタイプ」

By: amazon.co.jp

「ロールオンタイプ」はボール部分で肌に直接塗る香水。スプレータイプよりもコンパクトなので、カバンやジャケットなどのポケットに入れて持ち歩きやすいのが特徴です。少しずつ塗れるため、香りのつけすぎも防げます。

さりげなく香らせたい方におすすめの「練りタイプ」

By: amazon.co.jp

ハンドクリームのように塗って香りをつけられるのが「練りタイプ」です。香りが優しく広がるため、主張しすぎない香水を探している方に適しています。ビジネスシーンなど、強い香りをつけたくない場面におすすめです。

メンズ香水のおすすめブランド

ブルガリ(BVLGARI)

By: amazon.co.jp

ブルガリは1884年にローマで創業されたラグジュアリーブランド。腕時計やネックレスをはじめとする小物・アクセサリー類が有名ですが、香水も高い人気があります。「プールオム」や「ブラック」などの定番銘柄を揃えており、どれも男らしいスパイシーな香りを楽しめるのが魅力です。

サムライ(SAMOURAI)

By: amazon.co.jp

メンズ香水ブランドとして人気が高いサムライ。クセのない爽やかな香りが特徴で、香水初心者の方でも気軽に使えます。直線と曲線を織り交ぜた香水瓶デザインは武士の裃(かみしも)をイメージしており、部屋に置けばインテリアとしても活躍するのが魅力。香りも見た目もおしゃれなおすすめブランドです。

カルバンクライン(Calvin Klein)

By: amazon.co.jp

カルバンクラインは世界的に有名なアメリカのファッションブランド。爽やかな銘柄からフルーティーな銘柄までさまざまな香りの香水が展開されており、幅広い年代に親しまれています。どの銘柄も香りのなかに大人っぽさを感じられるため、落ち着きのある香りが好みの方はぜひチェックしてみてください。

メンズ香水のおすすめランキング|第1位〜第10位

第1位 ブルガリ(BVLGARI) ブループールオム オードトワレ

ブルガリ(BVLGARI) ブループールオム オードトワレ

ギリシャ神話の英雄・オデュッセウスをイメージして作られた香水。知的で冷静な雰囲気のなかに熱い情熱を秘めた、大人の男性におすすめの香りです。

ジンジャーやカルダモンの爽やかなスパイスに、タバコフラワーやイチョウの深い甘さをブレンドした構成。トップはクールで、ラストは甘く官能的な印象に移り変わります。全体的にはとしてはすっきりとした清潔感溢れる香りです。

第2位 カルバンクライン(Calvin Klein) CK エタニティフォーメン オードトワレ

カルバンクライン(Calvin Klein) CK エタニティフォーメン オードトワレ

カルバンクラインで長年愛され続ける、爽快感のある香りです。ラベンダーやジャスミン、ゼラニウムなどのみずみずしいハーバルな香りが、やがて甘酸っぱいフルーツを思わせる爽やかな香りへ。ラストはサンダルウッドやヴェルティヴェールの濃厚でウッディな香りへと移り変わります。

ユニセックスでもつけられる香水で、男女ともに人気。エタニティは「永遠」という意味であることから、大切なパートナーとシェアするのもおすすめです。

第3位 アランドロン サムライ オードトワレ

アランドロン サムライ オードトワレ

ジャスミンやローズ、バニラ、ムスクなどをブレンドしたオリエンタルな香りが特徴。落ち着きのあるなかにもセクシーさを感じさせます。日本でも高い人気を誇るサムライは、フランスを代表する俳優であるアラン・ドロンが開発した香水。映画で侍を演じることの多かった名優・三船敏郎をイメージして作られました。

美しいボトルのデザインは、武士が身に着ける裃(かみしも)を表現したモノ。直線と曲線で構成されたダイナミックな造形は、侍の躍動感を表しています。男性だけでなく女性にも人気の高い香水です。

第4位 トム フォード(TOM FORD) ネロリポルトフィーノ オードパルファム

トム フォード(TOM FORD) ネロリポルトフィーノ オードパルファム

トム フォードは、ハリウッドスターをはじめ世界中のセレブに大人気のブランド。2011年に発売された本製品は、イタリアの避暑地ポルトフィーノに吹き渡る風・海・木々などをイメージさせる香りで、上質な素材をふんだんに用いて作られています。ラグジュアリーな大人のバカンスにぴったりの香水です。

ベースは、アロマティック・シトラス・フローラルの香り。トップではベルガモットやマンダリン・オレンジ、ラベンダー、レモンなどの香りがみずみずしく弾けます。ミドルはジャスミンやネロリ、アフリカン・オレンジ・ブロッサムなどでほのかに甘さをプラス。ラストはアンバー、アンジェリカ・ルート、アンブレット・シードなどが静かに香ります。

第5位 プラウドメン(PROUDMEN) グルーミングバーム

プラウドメン(PROUDMEN) グルーミングバーム

首筋やワキなどニオイが気になる箇所に塗るだけで、ほのかな香りをまとえるバーム状のフレグランス。きつすぎない香りを長時間キープできるので、ビジネスシーンでも邪魔にならず、洗練された印象を与えられます。

香りのもとは、6種類のエッセンシャルオイル。透明感のある地中海シトラスの香りが、柔らかいマリン・フローラルに変わり、ラストノートでは深みのあるウッディ・ムスクを楽しめます。

第6位 ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE & GABBANA) ライトブルー オードトワレ

ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE & GABBANA) ライトブルー オードトワレ

地中海の大自然をイメージして作られた香水です。つけた瞬間は、清潔感のあるフローラルフルーティーの香り。時間が経つと、シチリア島のシトオンやグラニースアップルの爽やかな香りへと移り変わり、ラストには白い花やバンブーの青々しい雰囲気が残ります。

ライトながらも深みのある香りなので、オールシーズン使用できるのも嬉しいポイント。爽やかでピュアな印象を与えたいときにおすすめです。

第7位 ブルガリ(BVLGARI) プールオム エクストリーム オードトワレ

ブルガリ(BVLGARI) プールオム エクストリーム オードトワレ

ブルガリで人気の高いメンズ香水「プールオム」の上品な爽やかさに、柑橘類の刺激的な香りを加えた、深みを感じる印象的な香りです。グレープフルーツとネロリ、ダージリンティーの鮮烈な香りがトップを飾ります。カルダモンやローズウッドの漂うミドルを経て、ムスクが強めに香るラストノートへとたどり着きます。

ブルガリの「プールオム」が好きな方や、より個性的な香りを探している方におすすめ。香りの持続性が高いので、長く楽しめるのも魅力です。

第8位 シャネル(CHANEL) エゴイスト プラチナム オードトワレ

シャネル(CHANEL) エゴイスト プラチナム オードトワレ

社交的で爽やかな男性をイメージさせる、フゼア・グリーンノートの香り。トップを彩るフレッシュなラベンダーやローズマリーなどのアロマティックな香りが、クラリセージやゼラニウムの男性らしい香りに変わります。最後には、エキゾティックであたたかさのあるウッディな印象に。

シャネルが誇る天才調香師ジャック・ボルジュが、「思わず女性が振り向いてしまう香り」をイメージして作り出した香水です。

第9位 プラダ(PRADA) プラダ マン オードトワレ

プラダ(PRADA)  プラダ マン オードトワレ

スタイリッシュなファッションの仕上げにおすすめなのが、プラダのオードトワレ。ナチュラル感とセクシーさを絶妙なバランスで表現し、男性の魅力を引き立てる香りです。

石鹸を思わせるアンバーの香りと、フレッシュなフゼアの香りを長く楽しめるのが特徴。清潔感があるので、プライベートはもちろんビジネスシーンでもつけやすく、女性からも好印象を得られます。

第10位 ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)アクア ディ ジオ プールオム オードトワレ

ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)アクア ディ ジオ プールオム オードトワレ

ジャスミンやスパイスをきかせた、ジョルジオ アルマーニのメンズ香水。イタリア・パンテレリア島の自然にインスプレーションを得て作られた香りで、爽やかな印象を与えます。

香調は、大人の男性にぴったりのウッディでスパイシーな香り。トップはマンダリンやベルガモット、ミドルはクローブやリリー、そしてラストはパチュリやサンダルウッドが彩ります。

メンズ香水のおすすめランキング|第11位〜第20位

第11位 ラルフローレン(RALPH LAUREN)ポロスポーツ オードトワレ

ラルフローレン(RALPH LAUREN)ポロスポーツ オードトワレ

爽やかなメンズ香水を探している方におすすめなのが、ラルフローレンのオードトワレ。本製品は、ジムに通って汗を流すニューヨーカーたちのライフスタイルから生まれたフレグランスです。

清涼感のあるミントや海藻エキスの香りが長く続くマリンシトラスノートは、シャワーの後にぴったり。トップノートは爽やかなレモンやタンジェリン、ベルガモットが印象的です。その後、ジンジャーやミドルローズウッドが香るミドルを経て、ラストはムスクやオークモスで渋みも表現。ラルフローレンのロングセラー香水です。

第12位 サルヴァトーレ フェラガモ(Salvatore Ferragamo)アクアエッセンツィアーレ ブルー オードトワレ

サルヴァトーレ フェラガモ(Salvatore Ferragamo)アクアエッセンツィアーレ ブルー オードトワレ

サルヴァトーレ フェラガモが大切にしている哲学を象徴する香り。現代を生き抜くエネルギーと自信に満ちあふれた魅惑的な男性をイメージしています。

トップノートはグリーンカルダモンのスパイシーさと、グレープフルーツやベルガモットのフレッシュさが重なる印象的な香り。ミドルノートはカスカローネの香りがシダーウッドやラベンダーと合わさって、独創的な香りを演出します。ラストは、ベンゾインとアンブロクスの官能的な香りがやさしく漂います。都会的ながらも、内に秘めた純粋さと情熱を感じさせる香りです。

第13位 ブルガリ(BVLGARI) プールオム オードトワレ

ブルガリ(BVLGARI) プールオム オードトワレ

ブルガリのなかでも特に人気の高いフレグランスです。フルーティーなダージリンティーの香りに、グリーンティー・シトラスの爽やかさをプラスした、清潔感と気品を感じる香りです。

全体的に落ち着きのある雰囲気ですが、スパイシーなブラックペッパーをきかせ、ムスク系の香りをラストに残すことで、個性的な大人の印象を与えます。30代以上の男性におすすめの香りです。

第14位 バーバリー(BURBERRY)ウィークエンド フォーメン オードトワレ

バーバリー(BURBERRY)ウィークエンド フォーメン オードトワレ

「ウィークエンド」という名の通り、週末のリラックスタイムにおすすめのフレグランスです。トップノートのレモンやベルガモット、タンジェリンの柑橘系の爽やかな香りから、アイビーリーフのみずみずしいナチュラルな香り、ビャクダンやアンバーのやさしくあたたかみのある香りへと変化します。

爽やかな香りなので、ジムやスポーツで運動した後にも最適。つけすぎなければ、ビジネスシーンでも使えます。

第15位 LEOMEN フレグランスバーム

LEOMEN フレグランスバーム

ナチュラルな香りをさりげなく身にまといたい方におすすめなのが、練り香水。香り成分を練り込んだバームを首・手首・ワキなどに塗るだけで、ほのかな香りを楽しめます。香りの量をコントロールしやすいので、強い香りが苦手な方にもおすすめです。

シトラスとムスクを組み合わせた香りは、すっきりとした爽やかさが魅力。柑橘系からやさしい香りへと変化するのも特徴です。ウォータープルーフタイプなので、汗を気にせず使えます。

第16位 GIVENCHY(ジバンシィ) ジバンシィ ウルトラマリン オードトワレ

GIVENCHY(ジバンシィ) ジバンシィ ウルトラマリン オードトワレ

本製品は、日本で最も売れた香水といわれています。自然と自由を謳歌する男性をイメージして作られた、クールで爽やかな印象を与える香りです。

つけたての香りは、ウォーターフルーツの透明感あふれるフレッシュさが魅力。時間の経過とともに、ウッディなラストノートへと変わります。ウルトラマリンの香りは女性からも好印象なので、デートで使うのもおすすめです。

第17位 アラミス(ARAMIS)ハバナ

アラミス(ARAMIS)ハバナ

アラミスは、化粧品メーカーであるエスティ ローダーが立ち上げたメンズ向けのブランド。アラミスのフレグランスは、大人の男性にふさわしい気品と落ち着き、深みのある香りが魅力です。

キューバ産の葉巻をイメージして作られたスパイシーな香りが特徴。シトラスやハーブ類が香る爽やかなトップノートから、シダーやジャスミンがスパイシーなミドル、タバコやサンダルウッドがほんのり香るラストまで、個性的な香りを楽しめます。

第18位 カルバンクライン(Calvin Klein) CK-one オードトワレ

カルバンクライン(Calvin Klein) CK-one オードトワレ

本製品は、男女で共用できるフレグランスとして発売された人気フレグランスです。グリーンティーとフレッシュ・シトラスを組み合わせた、シャープでナチュラルな香りは、オンオフを問わず使いやすいのが魅力。メンズ香水ほどくどくなく、レディース香水のような甘ったるさもないので、世代を超えて愛され続けています。

第19位 CHANEL(シャネル) シャネル アリュール オム スポーツ

CHANEL(シャネル) シャネル アリュール オム スポーツ

ジムやスポーツで身体を動かした後の清々しさをイメージさせる香り。生き生きと行動する男性の魅力を引き出します。

高級ブランドならではのエレガントなニュアンスに、マンダリンの弾けるようなみずみずしさとセダーの力強さ、トンカノートのセンシュアルな香りをプラスしています。爽やかなのにほのかな甘さも感じられるので、女性からも高評価。運動習慣のある方や、汗っかきの方にもおすすめです。

第20位 サルヴァトーレ フェラガモ(SALVATORE FERRAGAMO) ウォモ シグネチャー

サルヴァトーレ フェラガモ(SALVATORE FERRAGAMO) ウォモ シグネチャー

大胆で野心的な男性が新しい自分を発見するストーリーをイメージした香り。イタリア・フィレンツェの伝統品でもあるレザーの香りと、コーヒー、トンカビーンを組み合わせたセクシーなフレグランスです。

トップノートは、爽やかなイタリアンシトラスやグレープフルーツ。マンダリンエッセンスの香りが、スパイシーなピンクペッパーへと移り変わります。その後、あたたかみのあるサイプレスやカルダモン、シナモンが重なり合うウッディなミドルに。最後はトンカビーンやレザー、コーヒーが心地よい苦みのある香りを漂わせます。イタリアンエッセンスたっぷりの香水は、おしゃれな大人の男性にぴったりです。

メンズ香水のおすすめランキング|第21位〜第30位

第21位 ラルフローレン(RALPH LAUREN) サファリ フォーメン オードトワレ

ラルフローレン(RALPH LAUREN) サファリ フォーメン オードトワレ

男の冒険とロマン、雄大な大自然の香りが詰め込まれた、ラルフローレンのフレグランスです。リッチなスパイスとあたたかみのある植物のブレンドに、爽やかなシトラスを加えた香り。野性味あふれる男性の魅力を最大限まで引き出します。

1992年の発売翌年には、FIFI賞における全米メンズ・フレグランス部門を制覇。以降、世界中の紳士たちの間では定番の香りです。都会のなかでもサファリにいるかのような深い香りを楽しめます。

第22位 ペンハリガン(PENHALIGON`S) エンディミオン コロン

ペンハリガン(PENHALIGON`S) エンディミオン コロン

ペンハリガンは、英国王室御用達の認証を保有する格調高いブランドです。本製品は、ギリシャ神話に登場する美青年・エンディミオンの物語にインスパイアされた、魅惑的なフレグランス。ラベンダーやセージのナチュラルでやさしい香りに、コーヒーアブソリュートの甘みが加わり、最後は多彩なスパイスやレザー、インセンスが絡み合う官能的な香りへと変化します。

男性が持つやさしさと力強さを感じさせ、センシュアルな気分を高める不思議な魅力を持った香水です。

第23位 ブルガリ (BVLGARI) ブルガリ アクア プールオム オードトワレ

ブルガリ (BVLGARI) ブルガリ アクア プールオム オードトワレ

神秘的な深海をイメージさせる、フレッシュな香りのオードトワレです。マンダリンやプチグレインなどの快活な香りのなかに、ミネラルアンバーが持つ官能的な印象を秘めています。清々しいアクアティックノートは、オフィスでの使用にもおすすめ。仕事ができる男を演出できます。

第24位 ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE & GABBANA) ザ ワン フォーメン オードトワレ

ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE & GABBANA) ザ ワン フォーメン オードトワレ

本製品は、華やかなパーティーや夜の集まりなどで存在感を発揮したいときにおすすめの香水。「私の存在には誰も目が離せない」をコンセプトに作られた香りです。

スパイシーウッディをベースとしたスパイシーかつオリエンタルな香りは、大人数のパーティーでも強く印象に残ります。個性や魅力を引き出せるので、女性との出会いの場にもおすすめです。

第25位 クリスチャン ディオール(Christian Dior) ソバージュ オードトワレ

クリスチャン ディオール(Christian Dior) ソバージュ オードトワレ

フランス語で野生を表す「ソバージュ」を名前に冠した香水は、広大な大自然のイメージと、洗練された都会的な印象が合わさったフレグランス。最高級の香料を使用した、アロマティック・フゼアです。

つけた瞬間、カラブリアンベルガモットのみずみずしいフレッシュさが弾けます。その後、ゼラニウムやラベンダー、パチョリなどが奏でるエレガントなミドルが広がり、ラストはアンブロクサンやシダーウッドのウッディ・スウィートな香りへ。野性の厳しい環境でもたくましく生き抜くパワフルさと懐の深さをアピールします。

第26位 グッチ(GUCCI) ギルティ プールオム オードトワレ

グッチ(GUCCI) ギルティ プールオム オードトワレ

個性的な香りで自由な精神と大胆不敵さを表現する、アロマティック・フゼア系の香水。爽やかなイタリアンレモンとスパイシーなピンクペッパーをブレンドした香りで始まり、ネロリとフレンチラベンダーを合わせた甘さを引き出します。

さらに、セクシーでミステリアスなパチュリの香りを基調としながら、最後はマニッシュなシダーウッドでドライダウンへ。女性とのデートや集まりでセクシーな印象を残したいときにおすすめです。

第27位 バレード(Byredo) ジプシーウォーター オードパルファム

バレード(Byredo) ジプシーウォーター オードパルファム

バレードはスウェーデン生まれのフレグランスブランド。本製品は、ロマ(ジプシー)の自由かつ神秘的なライフスタイルを香りで表現したアイテムです。

自然とともに力強く生きる人々のスピリットを感じさせる香りは個性的で、印象深く心に刻まれます。男性はもちろん、女性も使えるユニセックスな香りです。

第28位 ラルフローレン(RALPH LAUREN) ポロ オードトワレ

ラルフローレン(RALPH LAUREN) ポロ オードトワレ

伝統的なポロスタイルを楽しむ男性のために開発された、ラルフローレンのフレグランス。爽やかさとスパイシーさを感じられるハーバルシプレノートです。トップはカモミールやバジル、コリアンダー、クローブなどのフレッシュなハーブ系の香り。パチュリやオークモス、レザーのような濃厚なスパイシー系へと変化します。しっかりと香るので、つけすぎに気をつけましょう。

第29位 シャネル(CHANEL) ブルー ドゥ シャネル オードトワレ

シャネル(CHANEL) ブルー ドゥ シャネル オードトワレ

世界的に大ヒットした、シャネルのオードトワレ。知的な大人にマッチする、アロマティック・ウッディをベースにしたフレグランスです。

トップノートでは、レモンやグレープフルーツ、ピンクペッパーなど、刺激的で精悍なシトラス・スパイシーが香り立ちます。続いて、ジャスミンやナツメグ、ジンジャーなどが際立つスパイシー・アロマなミドルへ。ラストノートは、サンダルウッドやパチョリが中心の濃厚なウッディー・スウィートで、すべての香りをゆっくりとドライダウンさせます。時代に左右されないエレガントさを感じさせる香水です。

第30位 ゲラン(GUERLAIN) ロム イデアル スポーツ オードトワレ

ゲラン(GUERLAIN) ロム イデアル スポーツ オードトワレ

フットワークの軽いアクティブな男性をイメージした、エネルギッシュな香りが特徴。力強いアーモンドの香りをベースに、フレッシュなスパイスやレモンとジンジャーを重ねることで、スポーツ後のような爽快な気分に導きます。

また、主役の香りであるベルガモットが生き生きとした印象をプラス。仕事・勉強・トレーニングなど日々の挑戦に立ち向かうパワフルな男性におすすめです。オフタイムはもちろん、オフィスで使用するのにも向いています。

メンズ香水のおすすめランキング|第31位〜第34位

第31位 CLEAN(クリーン) クリーン クラシック ウォームコットン オードパルファム

CLEAN(クリーン) クリーン クラシック ウォームコットン オードパルファム

洗いたてのタオルを思わせる、爽やかな石鹸の香りが魅力的なオードパルファムです。トップノートはシトラスとバーベナの香り。すっきりとしたフローラルノートとマリーンエッセンスが立ちのぼり、最後はセンシティブでセクシャルなアンバーとムスクの香りが漂います。

清潔感のある香りなので、男性だけでなく女性にもおすすめ。朝つけると、1日中柔らかな香りに包まれます。

第32位 &GINO プレミアムパヒューム ジーノストーリア

 &GINO プレミアムパヒューム ジーノストーリア

「女性に好まれる香り」をコンセプトに掲げて開発されたメンズ香水です。女性モニターへの調査結果から導き出した、女性が好む「爽やかな香り」と「男の色気を感じる香り」を実現しています。

つけた瞬間は、すがすがしい柑橘系とグリーンの香り。その後、やさしい印象のフローラルから、センシュアルで深みのあるウッディ、アンバー、ムスクの香りへと移り変わります。自分にぴったりの香水がわからない方や、周りを不快にしない香りを探している方におすすめの香水です。

第33位 ニコス(NIKOS) スカルプチャーオム オードトワレ

ニコス(NIKOS) スカルプチャーオム オードトワレ

人気俳優が愛用していることで人気に火が点いた、ニコスのオードトワレ。クールでセクシーな印象を与える、オリエンタル系のフレグランスです。ベルガモットやコリアンダーのすっきりとしたトップノートが、まろやかな甘さのシダーの香りへ移り変わります。ラストノートでは、トンカビーンズやバニラ、アンブレット・シード。ミステリアスなセクシーさが引き立ちます。

本製品は、1995年に発売されて以降、根強い人気を誇るアイテム。ライトなつけ心地なので、シーンを問わず使いやすい点も魅力です。

第34位 レールデュサボン(L’air De SAVON) センシュアルタッチ オードトワレ

レールデュサボン(L'air De SAVON) センシュアルタッチ オードトワレ

上質で心地よい石鹸の香りです。洗いたてのタオルのような清潔感があるので、幅広い世代におすすめ。TPOを選ばず使えるのが魅力です。

香りのキーとなる上質なフレンチミュゲにマリンをプラスすることで、深みのあるみずみずしさを実現。また、爽やかで伸びのある合成ムスクが、ミュゲのふんわりとした香りを引き立てます。さらに、濃厚なローズを加えてエレガントなソープの香りに。オードトワレに香りカプセルを配合したことで、2倍の香り立ちを実現しています。