身だしなみやおしゃれのためにつけることの多い香水。爽やかな「シトラス系」やセクシーな「オリエンタル系」などさまざまな香りの銘柄が展開されており、シーンに合わせて選べるのが魅力です。

上品な大人っぽさを演出するためにも、香水を上手く使ってさりげなく香らせたいところ。そこで今回は、メンズ香水のおすすめ銘柄をご紹介します。

メンズ香水の選び方

香水の種類で選ぶ

パルファム(P)

香水は、香料の濃度と持続時間によって「パルファム」「オードパルファム」「オードトワレ」「オーデコロン」の4種類に大きく分けられます。

「パルファム」は香料の濃度が約13〜15%と高いため、少しの量で香りをつけられるのが特徴。持続時間も約5〜12時間と長いので「朝つけて夕方まで香りを持たせたい」という方におすすめです。

オードパルファム(EDP)

持続時間がパルファムと同じ約5〜12時間でありながら、濃度は約10〜15%と若干低い「オードパルファム」。パルファムほどの濃さはないですが、しっかりと香りがつけられるうえに価格も安くなるため、使いやすいのが特徴です。

ただし、パルファムよりも濃度が低いとはいえ、「オードトワレ」や「オーデコロン」よりは高いのでつけすぎに注意しましょう。

オードトワレ(EDT)

「オードトワレ」は持続時間が約2〜5時間と短めで気軽に使えるタイプの香水。濃度も約5〜10%と控えめなのでさりげなく香らせることができ、普段使い用の香水を探している方に適しています。日本で販売されている香水はこのオードトワレが多く、豊富なバリエーションのなかから選べるのが魅力です。

オーデコロン(EDC)

濃度が約1〜5%でほのかな香りを楽しめる「オーデコロン」。オードパルファムやオードトワレと比べて香りが弱いため、初めて香水をつける方でも挑戦しやすいのが魅力です。

持続時間が約1〜2時間と短いのも特徴で、シャワーを浴びた後など香りでリフレッシュしたいときにも使えます。香水初心者の方はぜひチェックしてみてください。

シーンに合わせて香りで選ぶ

ビジネスシーンなら「シトラス系」「シプレ系」

ひとくちに香水といってもさまざまな種類の香りがあるため、シーンに合わせて選ぶのが大切。ビジネスシーンでつける香水を探している場合は「シトラス系」や「シプレ系」の銘柄がおすすめです。

シトラス系の香水は柑橘系の爽やかな香りで、フレッシュな印象を与えられます。シプレ系の香水は柑橘系と樹木系を組み合わせた香りが特徴で、爽やかさと上品さを兼ね備えているのが魅力です。

デートシーンなら「フゼア系」

デートシーンには「フゼア系」の香水がおすすめ。“クマリン”などを基調とする桜餅のような香りが印象的で、爽やかなシトラス系やシプレ系と比べて落ち着いた印象を与えられるため、男らしさをアピールできます。

フゼア系のなかでもハーブの香りが強い銘柄から、華やかな香りが強い銘柄まで種類が豊富に揃っているので好みに合わせて選びましょう。

パーティーシーンなら「オリエンタル系」

パーティーなどの華やかなシーンで使える香水を探している方は「オリエンタル系」がおすすめ。スパイシーな香りのなかに甘さも感じられ、セクシーな男を演出できるのが特徴です。爽やかさよりも大人っぽさを重視したい方はぜひチェックしてみてください。

メンズ香水の形状をチェック

オーソドックスな香水が欲しい方におすすめの「スプレータイプ」

By: amazon.co.jp

香水のなかで最も一般的なのが「スプレータイプ」。ノズルをプッシュするだけで手軽につけられます。プッシュするときの距離や回数によって香りの強さを調節しやすいのもポイントです。

バリエーションが豊富に展開されているオーソドックスな形状なので、香水を初めて購入する方はスプレータイプのなかから選んでみてください。

手軽に持ち歩きたい方におすすめの「ロールオンタイプ」

By: amazon.co.jp

「ロールオンタイプ」はボール部分で肌に直接塗る香水。スプレータイプよりもコンパクトなので、カバンやジャケットなどのポケットに入れて持ち歩きやすいのが特徴です。少しずつ塗れるため、香りのつけすぎも防げます。

さりげなく香らせたい方におすすめの「練りタイプ」

By: amazon.co.jp

ハンドクリームのように塗って香りをつけられるのが「練りタイプ」です。香りが優しく広がるため、主張しすぎない香水を探している方に適しています。ビジネスシーンなど、強い香りをつけたくない場面におすすめです。

メンズ香水のおすすめブランド

ブルガリ(BVLGARI)

By: amazon.co.jp

ブルガリは1884年にローマで創業されたラグジュアリーブランド。腕時計やネックレスをはじめとする小物・アクセサリー類が有名ですが、香水も高い人気があります。「プールオム」や「ブラック」などの定番銘柄を揃えており、どれも男らしいスパイシーな香りを楽しめるのが魅力です。

サムライ(SAMOURAI)

By: amazon.co.jp

メンズ香水ブランドとして人気が高いサムライ。クセのない爽やかな香りが特徴で、香水初心者の方でも気軽に使えます。直線と曲線を織り交ぜた香水瓶デザインは武士の”かみしも”をイメージしており、部屋に置けばインテリアとしても活躍するのが魅力。香りも見た目もおしゃれなおすすめブランドです。

カルバンクライン(Calvin Klein)

By: amazon.co.jp

カルバンクラインは世界的に有名なアメリカのファッションブランド。爽やかな銘柄からフルーティーな銘柄までさまざまな香りの香水が展開されており、幅広い年代に親しまれています。どの銘柄も香りのなかに大人っぽさを感じられるため、落ち着きのある香りが好みの方はぜひチェックしてみてください。

メンズ香水のおすすめランキング|第1位〜第10位

第1位 ブルガリ(BVLGARI) プールオム EDT

ブルガリのプールオムはメンズ香水の定番といえる人気銘柄。爽やかでありながら落ち着いた印象も与えられるダージリンティーのような香りが特徴で、さまざまな年代の方に親しまれています。

また、清潔感があるシトラス系の香りも感じられるため、いやらしくなりすぎないのが魅力。最後はムスクのセクシーな香りに変化するので、大人っぽい雰囲気を演出したい方にもおすすめです。

第2位 サムライ(SAMOURAI) オードトワレ

爽やか系香水の代表格であるサムライのオードトワレ。ジャスミンやローズのみずみずしい香りが楽しめます。1年を通して使える銘柄ですが、爽やかなので特に夏用の香水として使うのがおすすめです。

ほんのりとバニラの香りが残るため、甘くて優しい雰囲気も同時に演出できます。香水瓶のデザインがおしゃれなので、部屋に置いておけばインテリアとしても活躍するのも魅力。香りはもちろん、見た目も楽しみたいという方はぜひチェックしてみてください。

第3位 カルバンクライン(Calvin Klein) シーケーワン EDT

クセのないすっきりとした香りが好みの方は、カルバンクラインのシーケーワンがおすすめ。グリーンティーやムスクなどのベースの上にフルーティーさを乗せており、万人受けするシンプルな香水に仕上がっています。

時間が経つと甘い香りに変化するのも特徴。また、香りが強すぎないので、香水初心者の方でも使いやすいのが魅力です。

第4位 ブルガリ(BVLGARI) ブラック EDT

ブルガリブラックはスパイシーな香りが楽しめる香水。ブラックティーとローズウッド、そしてベルガモットから始まり、最後はブルガリらしいセクシーなムスクに落ち着くのが特徴です。バニラの甘い香りもほのかに漂います。

「無」をテーマにしている洗練された香水瓶も魅力。ブルガリのこだわりがさまざまなところに感じられるおすすめの銘柄です。

第5位 サムライ(SAMOURAI) ライト EDT

レモンやグリーンアップルなどを感じられる、果実系のみずみずしい香りが好みの方におすすめの香水。爽やかなので、シーンを問わずに使えるのが魅力です。サムライのオリジナルバージョンと比べて香りがライトなため、初心者の方でも気軽に使えます。優しく香る香水を探している方はぜひチェックしてみてください。

第6位 ブルガリ ブループールオム EDT

ブルガリらしいスパイシーな香りのなかに爽やかさも感じられる香水。始めのうちは清涼感が漂いますが、最後は甘く変わります。「ブルガリ プールオム」や「ブルガリブラック」よりもすっきりとしているため、初めてブルガリの香水を使う方にもおすすめです。鮮やかなブルーのスクエア型ボトルを採用しており、見た目も楽しめます。

第7位 カルバンクライン(Calvin Klein) エタニティ フォーメン EDT

カルバンクラインのエタニティは柑橘系のみずみずしい香りが特徴的な銘柄。クセのない爽やかな香水なので、カジュアルシーンはもちろんビジネスシーンでも自然に使えます。時間が経つと濃厚な香りに落ち着いていくため、変化を楽しみたい方におすすめです。

ハーブ系の香りを感じられるのも魅力のひとつ。リラックスできる心地よい香水を探している方はぜひ選んでみてください。

第8位 ジバンシィ(GIVENCHY) ウルトラマリン EDT

海や空を感じさせてくれる爽やかな印象の香水。透明感のあるクリアな香りが楽しめるため、暑い季節と相性がよく、夏用の香水におすすめです。ただ爽やかなだけではなく、ウッディ系の力強さも感じられるので、大人っぽい雰囲気を演出できます。

第9位 プラウドメン(PROUDMEN) グルーミングバーム グルーミング・シトラスの香り

さりげなく香る練りタイプの香水。スプレータイプと比べてつき方が控えめなので、ビジネスシーンでもいやらしくならないのが魅力です。使用する量を調節しやすいのもポイントで、自然に香らせることができます。

爽やかな「グリーミング・シトラス」と心地よい香りの「グリーンウッド」、石鹸を感じさせる「シトラスムスク」の3種類が用意されているので、好みのモノをチョイスしてみてください。

第10位 シャネル(CHANEL) エゴイスト プラチナム EDT

爽やかな香りでありながらスパイシーさも兼ね備えており、大人っぽい雰囲気を演出できるシャネルのエゴイストプラチナム。ほんのりと木の香りを感じる心地よい香水に仕上がっています。セクシーな印象が強い銘柄なので、デートシーンやパーティーシーンなどで使うのがおすすめです。

メンズ香水のおすすめランキング|第11位〜第20位

第11位 ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA) ライトブルー

ドルチェ&ガッバーナのライトブルーは、地中海をイメージしている香水です。清潔感がある柑橘系の香りから始まり、ムスクやアンバーの落ち着いた香りに変わっていきます。

クセが少ない香水のため、カジュアルシーンはもちろんビジネスシーンでも使えるのが魅力。爽やかで使いやすいアイテムを探している方は要チェックです。

第12位 シャネル(CHANEL) ブルー ドゥ シャネル EDT

大人っぽいセクシーな香水を探している方におすすめの銘柄。アロマを感じるフレッシュな香りと、ジンジャーやベチバーを感じるスパイシーな香りが楽しめます。上品な印象を与えられるので、デートシーンはもちろんパーティーシーンでも使えるのが魅力です。

オードトワレですが香りが長持ちするため、朝から夜までしっかり香らせたいという方もぜひチェックしてみてください。

第13位 ジバンシィ(GIVENCHY) ジェントルマン EDT

ジバンシィの香水といえば爽やかな香りのウルトラマリンが有名ですが、ジェントルマンはセクシーな香りを感じられるのが特徴で、その名前の通り紳士的な雰囲気を演出できます。

ジャスミンやシダーなどウッディ系の心地よい香りがメインですが、つけ始めはレモンやローズのフレッシュさを楽しめるのがポイントです。

第14位 エルメス(HERMES) ナイルの庭

フランスを代表するブランド「エルメス」の香水。グリーンマンゴーのみずみずしい香りで、清潔感があるクリアな印象を与えられます。

全体的に爽やかな香りですが、エルメスらしい上品な雰囲気も感じられるのが特徴。クセが少ない男女兼用タイプの香水なので、大切な人と一緒に使える銘柄を探している方におすすめです。

第15位 アクアシャボン(AQUA SAVON) ウォータリーシャンプーの香り EDT

「アクアシャボン」のウォータリーシャンプーは、清潔感あふれる泡の香りが楽しめるのが魅力の香水。柑橘系のフレッシュな香りの後、フローラルの爽やかな香りに変わります。持続時間も3〜4時間ほどなので、キツい香水は避けたいという方におすすめです。

瓶がスリムなので、置き場所を取らないのも魅力。気軽に使える香水を探している方はぜひチェックしてみてください。

第16位 クリスチャン・ディオール(Christian Dior) ソヴァージュ EDT

爽やかなベルガモットが特徴的な香水です。徐々にウッディ系の力強い香りが現れるため、男らしい印象を与えられる銘柄を探している方に最適。最後はアンバーの落ち着いた香りになり、大人の雰囲気を演出できます。少量だけつけてさりげなく香らせるのがおすすめです。

第17位 イッセイミヤケ(ISSEY MIYAKE) ロードイッセイオム EDT

柚子のみずみずしい香りが感じられる香水。最初から最後まであまり変化しないため、つけ始めのフレッシュさを長く楽しめます。ほのかに漂うスイレンやサフランの香りも魅力です。

いやらしさやキツさがないので、自然に使えるのが特徴。男性はもちろん、女性でも違和感なくつけられる香りなので、ペアで使える香水を探している方は要チェックです。

第18位 バーバリー(BURBERRY) ブリット フォーメン EDT

バーバリーの代名詞ともいえるチェック柄デザインが特徴の香水。イギリスの男性をモチーフにしており、セクシーかつ上品な香りに仕上がっているのがポイントです。

全体的にクールな印象の銘柄ですが、最後は桜餅を思わせる甘いトンカビーンの香りが現れるため、朝つければ夜に向かって変化を楽しめます。

第19位 ディプティック(Diptyque) ロールオン フレグランスオイル ロンブル ダン ロー

コンパクトなフォルムでラクに持ち運べるロールオンタイプの香水。フローラル系とグリーン系の心地よい香りで、清潔感のある印象を与えられます。メタルボールを採用しているため、塗ったときに爽快感があるのも特徴。アルコールフリーなので肌が敏感な方でも安心して使用可能です。

第20位 グッチ(GUCCI) ギルティ ブラック プールオム EDT

罪深い黒という意味がある「ギルティ ブラック」の名前が付けられた香水。甘くてセクシーなフゼアの香りが特徴で、アダルティな雰囲気を演出できます。それでいてオレンジやブロッサムなどのフレッシュな香りも感じられるのがポイントです。プライベートで使える大人っぽい香水を探している方はチェックしてみてください。

メンズ香水のおすすめランキング|第21位〜第30位

第21位 サムライ(SAMOURAI) アクアマリン

サムライ(SAMOURAI) アクアマリン

マンダリンやライチフラワーの爽快でフレッシュな香りが楽しめる香水。その後、海を思わせるみずみずしい香りに変わり、最後は甘くて上品なフレーバーに落ち着きます。爽やかな印象を与えられるため、夏用の1本を探している方におすすめです。

サムライが展開しているほかの銘柄と比べて香りが強めなので、しっかりと香らせたいときにも適しています。

第22位 シャネル(CHANEL) アリュールオムスポーツ

シャネル(CHANEL) アリュールオムスポーツ

爽やかさと上品さを兼ね備えているシャネルのアリュールオムスポーツ。付けた後しばらくするとホワイトムスクの深い香りに変化するため、大人の雰囲気を演出したいときにおすすめです。

それでいてマンダリンのフレッシュな香りも楽しめるので、セクシーだけどいやらしくない1本を探している方はぜひチェックしてみてください。

第23位 ブルガリ(BVLGARI) アクアプールオム

ブルガリ(BVLGARI) アクアプールオム

ブルガリの香水といえば、プールオムやブラックなどスパイシーな香りの銘柄がよく知られていますが、このアクアプールオムは爽やかさを楽しめるのが特徴。ただ爽やかなだけではなく、ブルガリらしい上品さも感じられます。

地中海からインスピレーションを受けて作られているのがポイントで、深みのある香りが好みの方にもおすすめです。どの季節でも使えますが、特に夏用の香水として活躍します。

第24位 ジャンヌ・アルテス(JEANNE ARTHES) セクシーボーイ

ジャンヌ・アルテス(JEANNE ARTHES) セクシーボーイ

セクシー系の香水を探している方におすすめの銘柄です。初めはミントの爽やかさが漂いますが、ラベンダーの深い香りに変化。最後は甘いバニラのフレーバーになります。

柔らかくて優しい印象も与えられるのが魅力。価格が比較的リーズナブルなので、気軽に使える大人っぽい香水を探している方は要チェックです。

第25位 ライオンハート(LionHeart) オードトワレ

ライオンハート(LionHeart) オードトワレ

ハートの形が特徴的なライオンハートのオードトワレ。マリンの爽やかな香りとアプリコットの甘い香りで、セクシーな印象を与えられます。時間が経つと、アンバーやムスクの上品な香りに変わるのが魅力。付け始めから余韻までしっかりと楽しませてくれる1本です。

第26位 ヴェルサーチ(VERSACE) ブルージーンズ

ヴェルサーチ(VERSACE) ブルージーンズ

爽やかなシトラスウッディの香りが楽しめる香水。そこにローズやジャスミンなどのフレーバーが加わり、上品さも感じられるのが特徴です。最後は暖かみのあるバニラやムスクの香りに変化。爽やかさ・上品さ・暖かさを備えた個性的なフレーバーに仕上がっています。

爽やかな香水が好きだけれど、大人っぽい印象も与えたい方におすすめです。

第27位 バーバリー(BURBERRY) ウィークエンド フォーメン

バーバリー(BURBERRY) ウィークエンド フォーメン

レモンやグレープフルーツを感じる柑橘系の香りが特徴的な香水。付け始めはフレッシュですが、アイビーリーフやビャクダンのウッディな香りに落ち着いていくため、控えめで大人っぽい銘柄を探している方におすすめです。

「ウィークエンド」という名前ではありますが、休日はもちろんビジネスシーンでも違和感なく付けられます。オンオフ問わずに使える香水を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第28位 フェラーリ(Ferrari) ライトエッセンス

フェラーリ(Ferrari) ライトエッセンス

ライトエッセンスは、そんなフェラーリが展開している爽やか系の銘柄です。フェラーリといえば高級スポーツカーのメーカーとして有名ですが、香水も取り扱っています。

カリフォルニアレモンやグリーンアップルなどのさっぱりとした香りが特徴。優しくて爽やかなライチのフレーバーも加わっており、気品のある落ち着いた雰囲気を感じられます。

第29位 トムフォード(TOM FORD) ネロリ ポルトフィーノ

トムフォード(TOM FORD) ネロリ ポルトフィーノ

イタリアの避暑地であるポルトフィーノをイメージして作られた香水。アロマとシトラス、そしてフローラルをベースにしており、爽やかながら奥深い甘さも感じられる上品な香りに仕上がっています。いやみのないフレーバーなので、シーンを問わずに付けやすい香水を探している方は要チェックです。

第30位 トミーヒルフィガー(TOMMY HILFIGER) トミー

トミーヒルフィガー(TOMMY HILFIGER) トミー

アメリカの果実や植物が成分として含まれている香水。グレープフルーツやクランベリーのフレッシュな香りから始まり、最後はレッドメープルウッドやコットンウッドなどの落ち着いた香りに変化していきます。

途中でイエローローズやパイナップルなど甘酸っぱいフレーバーも感じられるので、柑橘系の香水が好みの方におすすめ。爽やかさと甘さを兼ね備えたオーソドックスで使いやすい1本です。