洗練された香りの組み合わせで人気を集める「ジョーマローン」の香水。珍しい香料を用いた香水も豊富に揃っており、オリジナリティを重視したい方へ特におすすめです。品のあるパッケージも魅力で、ギフトとしても人気があります。

今回は、ジョーマローンのおすすめ香水をピックアップ。香りの変化の仕方や香水の特徴についても詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

ジョーマローンとは?

By: rakuten.co.jp

「ジョーマローン」は、1994年に創業したイギリスのラグジュアリーブランド。香水をはじめ、シャンプーやソープなどのバス用品やルームフレグランスなど、香りにまつわるさまざまなアイテムを展開しています。

また、異なる香りを有するアイテムを組み合わせ、自分だけの特別な香りを創り出せるのがジョーマローンならではの魅力です。香りのバリエーションも豊富なので、人とかぶりにくいオリジナルの香りが簡単に楽しめます。

ジョーマローンの香水の特徴

By: rakuten.co.jp

ジョーマローンの香水は、とにかく種類が豊富。王道のフルーティーフローラル系の香水から、あまり見かけることのない珍しい香料を採用した個性的な香水まで、幅広く揃っています。

男性・女性のどちらが付けても違和感のない香りが多いのも特徴。数種類の香水を揃えて、パートナー同士で兼用するという楽しみ方もできます。シンプルかつ洗練された香水のボトルデザインも魅力で、部屋に飾っておくだけでもおしゃれです。

また、香りの主張が強くないのも嬉しいポイント。いかにも香水を付けているという濃い香りではなく、ほのかに漂う優しい香りを楽しめます。香水にありがちなキツい香りが苦手な方もトライしやすいので、ぜひチェックしてみてください。

ジョーマローンの香水の選び方

香りの系統で選ぶ

シトラス

ジョーマローンの香水といえばフルーティーフローラル系の甘いものが王道ですが、爽やかな香りが好みの方は、シトラス系のアイテムを選ぶのがおすすめ。柑橘系のフレッシュな香りでクセがないため、プライベートからビジネスまでシーンを問わずに付けられるのが魅力です。

通年使える香りですが、甘い香水と比べて軽やかな印象を与えられるので、特に春夏用の香水を探している方に適しています。

フルーティー

フルーティー系の香水は、みずみずしい香りを楽しめるのが特徴。爽やかさと甘さのバランスが取れているものが多いので、クセの少ない香水を探している方におすすめです。

ひとくちにフルーティー系といっても、リンゴの香りがしたりモモの香りがしたりと、種類によってさまざまな印象を与えられます。好みに合うアイテムを選んでみてください。

フローラル

フローラル系の香水は、エレガントで女性らしい香りを身に纏えるのが特徴。花の種類によって雰囲気が変わるので、TPOや気分に合わせて香りを選べるのも魅力です。デイリー使いはもちろん、パーティーなど華やかな場でも重宝します。

ローズの香りは、ゴージャスで華やかな印象を与えたい方にぴったり。ピオニーやホワイトリリーは、ピュアで若々しい香りがします。また上品な香りに身を包みたい方には、ミモザやブルーベルの香りがおすすめです。

フローラル系の香水は、種類が豊富。使用シーンに合わせて選ぶのもひとつの手ですが、迷ったら季節の花や花言葉で香水を選んでみてください。ワンランク上のおしゃれを演出できます。

スパイシー

スパイシー系の香水は、クールな印象を与えられるのが特徴。シトラス系やフローラル系と比べて個性がある香りなので、ほかの人と差を付けたいときにおすすめです。どちらかというと重めの香りで、秋冬など寒い季節用の香水を探している方に適しています。

ウッディ

名前の通り、木のような香りを楽しめるのがウッディ系の銘柄です。あたたかみのある落ち着いた雰囲気を演出できるため、大人っぽさをアピールしたいシーンにぴったり。また、木の香りと一緒に、爽やかさや力強さも感じられます。

「フレグランス コンバイニング」で自分好みの香りにアレンジ

By: rakuten.co.jp

ジョーマローンの香水は、自分好みの香りを作れる「フレグランス コンバイニング」が特徴。2種類の香りを組み合わせることによって、自分らしい香りを身に纏えたり、オリジナリティのある香水を作れたりします。

例えば、オリス&サンダルウッドにブラックベリー&ベイを組み合わせると、甘さと爽やかさがバランスよく調合したウッディフローラルの香りに変化。クリーミーなサンダルウッドが余韻を残します。

初めて香水を組み合わせる方には、フローラル系の香りとフルーティー系の香りを組み合わせるのがおすすめ。失敗が少なく済むといわれています。組み合わせに正解はないので、気分や使用シーンに合わせて独創的な香りを作ってみてください。

「コロン インテンス」シリーズもチェック

By: jomalone.jp

「コロン インテンス」は、貴重な香料を使ったリッチな香りが魅力のシリーズ。「リチュアル(儀式)」にインスパイアされて誕生したシリーズで、重厚感のあるブラックボトルと官能的な香りが特徴です。なかでも人気の香りは、ダークアンバー&ジンジャーリリーと、チューベローズ アンジェリカ。

ダークアンバー&ジンジャーリリーは、ウォーターリリーの香りを基調とし、ジンジャーのスパイシーな香りがアクセントになったリラックス感のあるおだやかな香り。ラストノートでは、ブラックアンバーなどの程よい甘さが広がります。

チューベローズ アンジェリカは、チューベローズを主役に、程よくエッジの効いたアンジェリカがマッチするエレガントな香りです。

香水の種類をチェック

By: rakuten.ne.jp

香水は「パルファム」や「オードトワレ」など、濃度や持続時間によって呼び方が異なります。なかでもジョーマローンは、「コロン」と呼ばれる種類の香水を多く展開しているのが特徴です。

コロンはほかのタイプと比べて濃度が薄いため、キツい香りが苦手な方でも使いやすいのが魅力。ただし、持続時間が短いので、長く香らせたい場合はアトマイザーを併用してみてください。

香水の付け方をチェック

By: jomalone.jp

香水には、温度が高いほど強く香る性質があります。一般的に、耳の後ろや手首に付けることが多いのは、体温が高く香りが広がりやすいためです。付ける場所によって雰囲気や印象が異なるので、使用シーンによって調節するのがおすすめ。

また、香水は体臭と混ざり合って香りを放つため、使用前に身体を清潔な状態にしておくことが必須です。基本的な付け方はシュッとひと吹きすればOK。手でこすり合わせると香りが飛んでしまうので、注意しましょう。

ジョーマローンの香水は主にオーデコロンのため、香りの持続時間は約1〜2時間。ふわっと優しく香るのが魅力ですが、やや強めに香らせたいなら、3〜4プッシュを目安に付けるのがおすすめです。

ジョーマローンの香水おすすめ|シトラス

ジョーマローン ロンドン(JO MALONE LONDON) アールグレー&キューカンバー コロン

上品なアールグレーティーの香りと、キューカンバーの爽やかなアクセント

上品な紅茶の香りが漂う、おすすめの香水です。トップノートには、アールグレーの香り付けに用いられるベルガモットを採用。柑橘系の香りのなかに、ほのかな甘さも感じられます。

ハートノートのキューカンバーが爽やかなアクセントに。時間が経つにつれてビーズワックス(ミツロウ)・バニラ・ムスクが顔を出し、甘い余韻が残ります。

英国のティータイムを思わせる優雅な香水は、普段使いにもリラックスタイムにもマッチ。レモンやローズなど、紅茶と好相性な香りと組み合わせて楽しむのもおすすめです。

ジョーマローン ロンドン(JO MALONE LONDON) バジル&ネロリ コロン

ネロリが主役のフレッシュで爽やかな香り

ロンドンの街並みからインスパイアされた香水。ネロリを主役に、フレッシュな香りが漂います。程よい甘さもあり、さりげなく女性らしさを演出。甘さと爽やかさのバランスがよい香水です。

はじめに顔を出すのは、バジルグランヴェールのみずみずしい香り。ハートノートのネロリと相性よくマッチし、エレガントな香りに包み込まれます。

ベースノートはホワイトムスクとサンダルウッドが余韻を残す、ユニセックスに使える香りです。爽やかな香りなので、夏場にも重宝します。パートナー同士で同じ香りを楽しむのもおすすめです。

ジョーマローン ロンドン(JO MALONE LONDON) ライムバジル&マンダリン コロン

みずみずしく爽やかで清潔感のある香り

ジョーマローンの香水のなかでも、特に人気の高い1本。全体的にみずみずしく爽やかなので、清潔感のある香りが好きな方におすすめです。

トップノートはジューシーなマンダリンの香り。続くハートノートはバジルが程よいスパイスになり、エレガントで上品な印象を与えます。

ベースノートのアンバーウッドが香りに深みを与える、モダンクラシックな香りが魅力。シャンプーやボディソープのように日常生活に馴染む香りのため、ライトな香りを楽しみたい方にもマッチします。

ジョーマローン ロンドン(JO MALONE LONDON) グレープフルーツ コロン

スペインの沿岸で育ったグレープフルーツの、ジューシーで豊かな香りが広がる香水。シトラス系の香りが好きな方はもちろん、フルーティーな香りが好きな方にもマッチします。

付けた瞬間に香るのは、グレープフルーツの爽やかな香り。次第にローズマリーが顔を出し、バーベナのシトラスと調和しながらフェミニンな香りへと変化します。

ベースノートのモス・ヘリオトロープ(香水草)・パチョリが全体をまとめる、洗練された香りも魅力です。さまざまな香りと相性よくマッチするため、フレグランス コンバイニングでニュアンスチェンジも楽しめます。

ジョーマローン ロンドン(JO MALONE LONDON) オレンジブロッサム コロン

オレンジの花を主役にオリスウッドであたたかみをプラスした、クラシカルな香りが特徴のコロン。シーズンを問わず使え、透明感のある優しい香りを身に纏えます。

付けた瞬間に香るのは、クレメンタインフラワーの華やかな香り。ミドルノートではホワイトライラックへと変化し、洗練されたフェミニンな香りへと変化します。

ラストノートはオリスウッドで香りを引き締めた、デイリー使いしやすいフレグランスです。

ジョーマローン ロンドン(JO MALONE LONDON) べチバー&ゴールデンバニラ インテンス コロン

マダガスカル島に生育する、ベチバーとバニラの希少な原料を贅沢に使った香水。うっとりするほど魅惑的な香りが漂い、ミステリアスな色っぽさを演出します。全体的には爽やかながら、奥深い香りを楽しめる1本です。

トップノートはカルダモンと、グレープフルーツの爽やかな香り。続くミドルノートのベチバーに変化すると、芳醇で深みのある香りが漂います。

ラストノートはバニラブルボンで、全体をあたたかく包み込みながら程よい甘さをプラス。ユニセックスで使用できるので、パートナーとシェアするのもおすすめです。

ジョーマローンの香水おすすめ|フルーティー

ジョーマローン ロンドン(JO MALONE LONDON) イングリッシュペアー&フリージア コロン

ブランドの代名詞ともいえる人気の香水です。香水を付けた瞬間に香り立つのは、みずみずしいペアー(梨)の香り。フレッシュなトップノートの後には、優しいフリージアの香りが広がります。

時間の経過とともに、アンバー・パチョリ・ウッドを組み合わせたベースノートへと変化。果実と花々の香りを優しく包み込みます。

ほんのりと漂う爽やかな香りは万人受けしやすく、幅広いシーンで使用できるのが嬉しいポイント。男性が付けても違和感の少ない香水なので、パートナーとお揃いにするのもおすすめです。ほかの香水との重ね付けもしやすいため、ぜひチェックしてみてください。

ジョーマローン ロンドン(JO MALONE LONDON) ネクタリン ブロッサム&ハニー コロン

フルーツの甘い香りをギュッと詰め込んだ贅沢な香水。くどさのない爽やかな甘さが魅力で、香りに癒されたいときにぴったりです。

香りの主役はネクタリン。モモの仲間の果物で、みずみずしく甘い香りが特徴です。香りが変化するなかで、カシスやピーチなどのフルーツも顔を出します。

ハートノートには、アカシアハニーを採用。フルーツとハニーの甘さが溶け合い、魅力的な香水に仕上がっています。

ジョーマローン ロンドン(JO MALONE LONDON) ブラックベリー&ベイ コロン

ブラックベリーの弾けるような甘酸っぱい香りと、ベイリーフの青々とした爽やかな香りがマッチしたコロン。フルーティーな香りのなかに、どこか懐かしさを感じるスパイシーな香りの深みを感じます。甘さの少ない、フルーティーな香りを好む方にぴったりです。

トップノートは、ブラックベリーとグレープフルーツのさっぱりした香り。グレープフルーツの香りはすぐに落ち着き、ブラックベリーの香りが主張します。

続くミドルノートのベイリーフと相性よくマッチし、ピリッとした辛さと清涼感のある香りへ変化。ラストノートでは、シダーウッドのドライな甘さが香りを締めくくります。シーズンを問わず使用できますが、特に春夏に適した香りです。

ジョーマローンの香水おすすめ|フローラル

ジョーマローン ロンドン(JO MALONE LONDON) レッド ローズ コロン

フェミニンな雰囲気を纏いたいシーンで活躍する香水です。香水のボディともいえるハートノートは、スカーレットベルベットローズの香り。7種類のバラを贅沢にブレンドした、華やかな香りが広がります。

トップノートにはフレッシュなレモンを取り入れて、軽やかな印象に。優雅にローズが香った後には、ハニカムの甘い余韻が残ります。フェミニンな香りの香水を、ぜひチェックしてみてください。

ジョーマローン ロンドン(JO MALONE LONDON) ピオニー&ブラッシュ スエード コロン

女性らしさを引き立てる、上品な香りが魅力の香水。フルーツの甘酸っぱさと花々の優しい香りが絶妙なバランスでミックスされています。

香水を付けて最初に顔を出すのは、みずみずしい赤リンゴの香り。続いて、ピオニーをメインにジャスミン・ローズ・撫子を組み合わせたハートノートへと変化します。

ベースノートに採用されているのは特徴的なスエードの香り。甘いフルーティーフローラルの香りをグッと引き締めています。

ジョーマローン ロンドン(JO MALONE LONDON) ポピー&バーリー コロン

イギリスの小麦畑を思わせる、ユニークでおだやかな香調のフレグランスです。香りの中心であるポピーはイギリスの象徴的な花で、日本ではケシの花と呼ばれています。

ポピーのフレッシュな香りを支えるのは、ローズとバイオレット。フローラルの香りに、トップノートのブラックカラントがフルーティーなアクセントを添えています。

ベースノートに採用されているのは大麦。穀物のやわらかな香りが全体を包み込みます。珍しい香りの組み合わせを楽しめる、おすすめの香水です。

ジョーマローン ロンドン(JO MALONE LONDON) ハニーサックル&ダバナ コロン

花々と大地の香りをミックスした、ナチュラルな香調が魅力の香水です。メインに採用されているのは、可憐な花を咲かせるハニーサックル。クセのないほのかな甘さを漂わせます。

また、トップノートに採用されているダバナは、青々しい見た目とは裏腹にフルーティーな香りのある植物。ウッディなモスが加わることで、あたたかみのある香りに仕上がっています。

自然で優しい甘さは、リラックスタイムにもぴったり。主張が強すぎず、ほかの香水と組み合わせやすいのも魅力です。

ジョーマローン ロンドン(JO MALONE LONDON) ミモザ&カルダモン コロン

さまざまな香りの要素が複雑に絡み合った、大人向けの香水。甘さのなかにグリーン系・スパイシー系の香りも感じられる、個性的な香調が魅力です。トップノートの主役はカルダモン。料理に使われることも多いスパイスで、爽やかな柑橘系の香りを有しているのが特徴です。

スパイシーな香りに続き、優しい甘さとグリーン系の香りを備えたミモザが登場。エンドノートにはキャラメルのような香りを放つトンカビーンを採用し、甘い余韻が残る香水に仕上げられています。

さらに、優美なダマスクローズとヘリオトロープや、あたたかみのあるサンダルウッドもプラスし、深みのある香りに。大人の甘さを纏える魅惑的な香水を、ぜひチェックしてみてください。

ジョーマローン ロンドン(JO MALONE LONDON) ワイルド ブルーベル コロン

主張しすぎない、繊細な花々の香りが楽しめる香水です。トップノートに採用されているのは、ブルーベルの香り。サファイア色をした美しい花で、グリーン系の香りとほのかな甘さを有しているのが特徴です。スズランやローズも顔を出し、花々の香りがふんわりと広がります。

また、次第にパーシモン(柿)のハートノートへと変化。最後は、みずみずしいフルーティーフローラルの香りをホワイトムスクのベースノートが優しく包み込みます。フローラル系の香水のなかでは甘さが控えめで、ビジネスシーンでも付けやすいのが嬉しいポイントです。

ジョーマローン ロンドン(JO MALONE LONDON) サクラ チェリー ブロッサム コロン

春らしい桜の香りが広がるフレグランス。日本限定で発売されており、シュッとひと吹きするだけで明るい気持ちになります。ベルガモットやマンダリンのフレッシュな香りがアクセントになり、甘さと爽やかさのバランスがよい1本です。

トップノートは、ベルガモットやマンダリンのみずみずしい香りからスタート。ミドルノートではチェリーブロッサムを主役に、ミモザの香りがレイヤードすることで、透明感のあるピュアな香りが広がります。

ラストノートはローズウッドで香りに深みを加えた、春の訪れを感じられる香調です。

ジョーマローン ロンドン(JO MALONE LONDON) アンバー&ラベンダー コロン

ラベンダーの華やかな香りと、アンバーのあたたかみのある香りが絶妙にマッチした香水。ラベンダーの香りが好きな方はもちろん、都会的でエッジの効いた香りが好きな方にもおすすめです。

トップノートはプチグレンの可憐な香りからスタート。徐々にラベンダーを主役に、干草やはちみつがアクセントになったハートノートのアロマティックな香りが鼻をくすぐります。

ベースノートはアンバーで程よい甘さをプラスした、上品な香り。シーズンを問わず、デイリー使いしやすい香水を探している方にぴったりです。

ジョーマローン ロンドン(JO MALONE LONDON) イングリッシュ オーク&ヘーゼルナッツ コロン

個性的な香りや甘い香りが苦手な方におすすめの、イングリッシュオーク&ヘーゼルナッツコロン。シダーウッドの芳醇な香りを主役に、キリッとしたスパイシーな香りが広がります。

付けた瞬間香るのは、グリーンヘーゼルナッツのオリエンタルな香り。ハートノートのシダーウッドと相性よくマッチし、リラックスできる落ち着いた香りへと変化します。

ベースノートはローステッドオークで香りに深みを与えた、一度嗅ぐとクセになる香水です。人とかぶりにくいものが欲しい方にも適しています。

ジョーマローンの香水おすすめ|ウッディ

ジョーマローン ロンドン(JO MALONE LONDON) ポメグラネート ノアール コロン

By: jomalone.jp

赤いシルクのイブニングドレスをイメージして作られた、エレガントな香水。男性が付けても違和感のないユニセックスな香りで、女性用香水の香りが甘すぎると感じる方にもおすすめです。

甘酸っぱいザクロのトップノートに、スパイシーなピンクペッパーでアクセントをプラス。次第に、優雅で華やかな香りのあるカサブランカを採用したハートノートへと変化します。

最後は、ガイアックウッドとパチョリのスモーキーなベースノートへ。奥深く、あたたかみのある香りが大人っぽさを演出します。

ジョーマローン ロンドン(JO MALONE LONDON) ブラック シダーウッド&ジュニパー コロン

都会的なロンドンの街に降る、真夜中の雨からインスパイアされた香水。スパイシーなクミンとアロマティックなジュニパーに、あたたかみのあるブラックシダーウッドが織り成す、幻想的な香りを楽しめます。

トップノートは、エキゾチックなクミンの香りからスタート。続くハートノートでは、レーズンに似たジュニパーを主役に据えた、ユニークな香りが漂います。

ベースノートは、ブラックシダーウッドで全体をまとめあげた魅力的な香りです。ライムバジル&マンダリンをコンバイニングすると、ウッディの香りがより強くなり、重厚感が増します。

ジョーマローン ロンドン(JO MALONE LONDON) ウッド セージ&シーソルト コロン

まるで海岸を歩いているような優しいソルトの香りと、大地を思わせるセージの香りが漂う香水。全体的に爽やかで、少しクセのある香りが広がります。甘い香りが苦手な方におすすめです。

トップノートはハイビスカス科のアンブレッテシードが香る、モダンな香り。続くハートノートのシーソルトが相性よくマッチし、センシュアルな香りが漂います。

ベースノートにはセージを据えた、ウッディ調の香りを存分に楽しめるフレグランスです。ネクタリンブロッサム&ハニーなどフルーティー系の香りとコンバイニングすると、程よい甘さが加わります。

ジョーマローンの香水おすすめ|コロン インテンス

ジョーマローン ロンドン(JO MALONE LONDON) オリス&サンダルウッド コロン インテンス

貴重な香料を厳選して作られたリッチな香りが楽しめる、コロン インテンスシリーズ。オリス&サンダルウッドは、ミステリアスでパウダリーな香りを楽しめるフレグランスです。

トップノートはバイオレットの芳醇な香りからスタート。続くミドルノートのオリスと相性よくマッチし、洗練された優美な香りが広がります。ラストノートはサンダルウッドで、香りに深みをプラス。

フローラルながら、ディープな香りも楽しめる香調も魅力です。ダークアンバー&ジンジャーリリーとコンバイニングすると、より香りに深みがでます。

ジョーマローン ロンドン(JO MALONE LONDON) チューベローズ アンジェリカ コロン インテンス

希少な香料を贅沢に使った、おすすめの香水です。香りの中心となるハートノートに採用されているのは、「夜の女王」とも呼ばれるチューベローズの花。甘く魅惑的な香りが、大人の色気を際立たせます。

チューベローズの甘さをキリリと引き締めるのは、トップノートのアンジェリカ。「天使のハーブ」と呼ばれる植物で、スパイシーな香りが特徴です。最後には、あたたかみのあるアンバーウッドの香りがまとめ役として全体を包み込みます。

ジョーマローン ロンドン(JO MALONE LONDON) ジャスミン サンバック&マリーゴールド コロン インテンス

エキゾチックな香りがクセになる、おすすめの香水です。主役は、インドで「ジャスミンの女王」として愛されているジャスミンサンバック。透明感のあるピュアな香りが特徴です。また、ジャスミンサンバックを引き立てるのは、マリーゴールド。みずみずしい香りがトップノートではじけます。

しばらく時間が経つと、バニラのような甘さのあるベンゾインが登場。ジャスミンサンバックと溶け合い、濃厚な香りを漂わせます。うっとりとするような香調で、ナイトシーンにぴったりです。

ジョーマローン ロンドン(JO MALONE LONDON) ミルラ&トンカ コロン インテンス

魅惑的な甘い香りを漂わせる、オリエンタル系のおすすめ香水。フローラル系のライトで爽やかな甘さとは違う、奥深い大人の香りが楽しめます。

まずはフレンチラベンダーがふわっと香り立ち、続けて甘くセクシーな香りを有するミルラのハートノートへ。さらに、アーモンド・バニラ・トンカビーンを組み合わせた香ばしく甘い香りへと変化します。

重厚感のある香水なので、春夏よりも秋冬に付けるのがおすすめ。甘い香りは好きだけれど、子供っぽくなりそうで不安な方にもぴったりです。