ツヤ感のあるメイクに欠かせないハイライト。透明感や立体感のある仕上がりになるのが魅力です。デパコスブランドだけでなく、プチプラブランドからも、使いやすさや仕上がりの美しさに定評のあるアイテムが数多く展開されています。

そこで今回は、プチプラハイライトの選び方や、おすすめアイテムをご紹介します。パウダーやクリームなど、種類の違いについても解説しているので、参考にしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

プチプラハイライトの選び方

種類で選ぶ

色展開も豊富で選びやすいパウダータイプ

By: amazon.co.jp

パウダータイプのハイライトは、ふわりとした軽い仕上がりになるのが魅力です。さらっとした使い心地で、おでこ・鼻・あごなど、皮脂が多めのパーツに使ってもベタつきにくいのがポイント。専用のブラシがついていることが多いため、手を汚さずにつけられます。

カラーバリエーションが豊富なのも特徴のひとつ。1つのパレットに複数のカラーがセットになっているアイテムもあるので、さまざまなカラーのハイライトを楽しみたい方にもおすすめです。

密着感が強く乾燥肌でも使いやすいクリームタイプ

By: amazon.co.jp

乾燥肌で、パウダータイプのハイライトが使いにくいと感じる方は、クリーム状のテクスチャーを採用したタイプを選んでみましょう。クリームタイプのハイライトの魅力は、自然なツヤ感が出ることです。

乾燥肌の方でも、しっとり濡れたような質感に仕上がります。肌への密着感も高いため、キレイに発色するのもポイント。つけすぎるとヨレやすくなってしまうので、少しずつ指でたたき込むようにしながら使うのがおすすめです。

みずみずしい水光肌に仕上げるリキッドタイプ

By: rakuten.co.jp

リキッドタイプは、みずみずしいテクスチャーで、いわゆる「水光肌」に仕上がるのが魅力です。液状なので肌になじみやすく、ぼかしやすいのもポイント。自然なツヤ感も演出できます。

美容液のように保湿成分が配合されているアイテムもあり、メイク中の乾燥を防ぎたい方にもおすすめです。メイク下地やリキッドファンデーションに混ぜて使うと、顔全体が明るい印象に仕上がります。

メイク直しにも便利なスティックタイプ

By: amazon.co.jp

スティックタイプのハイライトは、パウダータイプのサラッとした使い心地とクリームタイプの密着力の高さを併せ持っているのが特徴です。

クリームタイプよりヨレにくく、ファンデーションの上からサッと塗れるのもポイント。スティックから繰り出して直接頬などに塗れるほか、指やブラシなどを使うと、自然なツヤ感を演出できます。

ポーチに入れても邪魔にならないコンパクトなタイプが多く、外出先でのメイク直しにも便利です。

肌のトーンやなりたい印象にあわせてカラーを選ぶ

イエベの方にはゴールド・ベージュ系がおすすめ

By: maison.kose.co.jp

イエベの方は、ベージュ系やブラウン系のカラーと相性がよいのが特徴です。ハイライトの色は、黄みがかった色味を選ぶと失敗が少なくすみます。

例えば、ホワイト系の色なら真っ白よりアイボリーを、ピンク系ならピーチやコーラルピンクなどを選ぶのがおすすめです。華やかな印象が得意なイエベ春の方は、ゴールド系もよく合います。

落ち着いた印象が得意なイエベ秋の方は、ラメやパールが目立ちすぎないタイプを選んでみましょう。

ブルベの方にはホワイト・ピンクベージュ系がおすすめ

By: amazon.co.jp

寒色系が似合うブルベの方は、ホワイトとの相性も良好。ハイライトは、ホワイトのパールやシルバーのラメが入っているものを選ぶのがおすすめです。

青みがかった色と相性がよいので、ラベンダーやライトブルーなどもぴったり。ベージュ系を使いたいときは、なじみやすいピンクベージュを選んでみてください。なお、ゴールド系のハイライトを使うと、肌がくすんで見えてしまう場合がある点には留意しておきましょう。

血色感をプラスしたいときはピンク、透明感アップならパープル・ブルーを

By: amazon.co.jp

ハイライトを使うと、顔に立体感を演出したり明るい印象に見せたりできますが、色味によっては、ほかにもさまざまなメイクアップ効果を得られます。

ナチュラルな血色感をプラスしたいときは、ピンク系のハイライトがおすすめです。ブルベの方は青みがかったピンク、イエベの方はコーラル系のピンクを選んでみましょう。

また、くすみやクマなどをカバーしやすいパープルやブルー系のハイライトを使うと、透明感のある明るい印象の肌を演出できます。

濡れツヤやラメなしなど好みにあわせて質感を選ぶ

By: cezanne.co.jp

仕上がりの質感は、好みにあわせて選びましょう。同じ色のハイライトでも、質感の違いで見た目の印象は大きく変わります。

濡れたようなツヤを出したいときは、光沢感を出すパールがたくさん入っているものや、粒子の大きなラメが配合されているものがおすすめです。

上品で自然なツヤのある肌に仕上げたいときは、光沢が少なめのパールや、粒子の細かいラメが配合されているものを選びましょう。

また、毛穴やシミをカバーしたいときや、ナチュラルメイクにしたいときは、ラメなしやセミマットなタイプを選んでみてください。

プチプラハイライトのおすすめ

セザンヌ化粧品(CEZANNE) パールグロウハイライト

セザンヌ化粧品(CEZANNE) パールグロウハイライト

配合されているパールの量が多く、ツヤ感を出しやすいプチプラハイライトです。輝度の高いパールを使用しているため、光を反射してくすみやクマなどを目立たなくする効果が期待できます。

ベージュ系や血色感のあるピンクなど、肌なじみのよいカラーがそろっているのもポイント。浮いた印象になりにくく、自然なツヤ肌を演出できます。

保湿成分としてヒアルロン酸Na・ラベンダー花エキス・カミツレ花エキス・ローズマリー葉エキスを配合しており、肌の乾燥が気になる方にもおすすめです。

キャンメイク(CANMAKE) ハイライター

キャンメイク(CANMAKE) ハイライター

プチプラコスメのブランドのなかでも人気があるキャンメイクのハイライト。プチプラながら、ツヤ感の高い発光タイプと、肌になじみやすいナチュラルタイプの2種類の質感がそろっているのが魅力です。

どちらのタイプも、しっとりした使い心地で、肌にしっかり密着するのがポイント。色味はどちらもベージュ系なので、イエベの方にもおすすめです。

普段のメイクにはナチュラルタイプ、オフの日の外出には発光タイプなど、その日のメイクのイメージに合わせて選んでみましょう。

無印良品 ハイライトカラー・ラベンダー

無印良品 ハイライトカラー・ラベンダー

濃淡の異なる2色のパープルとホワイトの、3色がセットになったプチプラハイライト。パープル系の色味が肌のくすみをカバーし、メイクアップ効果によって明るく透明感のある印象に仕上がります。

立体感を出したいときは、メイクの最後にTゾーンや頬の高い部分などに使うのがおすすめ。自然なツヤ感を出せるのも魅力です。

カミツレ花エキス・ホホバ種子油・シア脂・アンズ核油などの植物性うるおい成分や、保湿成分のヒアルロン酸Naも配合しています。

ちふれ(CHIFURE) ハイライト パウダー

ちふれ(CHIFURE) ハイライト パウダー

微細なパールの配合により、肌自体がうるおっているような自然なツヤ感を演出できる、プチプラ価格のハイライトです。

ホワイト系のカラーですが、赤パールを配合しているため、ほんのりしたピンクに見えるのも特徴。ブルベの方にもなじみやすく、白浮きしにくいのが魅力です。

肌への密着性も良好で、仕上がりの美しさが長持ちします。付属のブラシは先端が斜めにカットされているので、凹凸のある顔の表面にもフィットしやすく、涙袋などの細かい部分のメイクにも便利です。

常盤薬品工業 エクセル ドレープド シマーグロウ

常盤薬品工業 エクセル ドレープド シマーグロウ

さまざまな色や輝きのパール配合したハイライト。光の反射の違いによってニュアンスのある立体感を作れるのが魅力です。

肌が明るく見えるので、メイクアップ効果によって透明感を出したい方にもおすすめ。ギラギラしすぎないため、落ち着いたメイクをしたい40代や50代の方にも使いやすいアイテムです。

パウダータイプながら、粉飛びしにくいのもポイント。肌にしっかり密着して、メイクしたての輝きが長続きします。保湿成分として、スクワラン・シアバター・ホホバ種子油を配合。メイク中の肌のうるおいを守ります。

LB マーブルハイライター

LB マーブルハイライター

4色のカラーをマーブル状にミックスした、プチプラのハイライト。イエベ・ブルベそれぞれの肌タイプになじみやすいカラーバリエーションがそろっています。

4色のカラーが混じり合うことで、立体感や明るさを演出。パールの配合によって自然なツヤも与えます。

高温で粉を焼き、水分を蒸発させる「ベイクド製法」で作られているのも特徴のひとつ。軽い使い心地で肌にムラなく密着し、ツヤのある仕上がりを長時間キープします。ミラーとブラシがついているので、メイク直しにも便利です。

レブロン(REVLON) スキンライト プリズマティック ハイライター

レブロン(REVLON) スキンライト プリズマティック ハイライター

クリアに発色するパウダーを配合したプチプラハイライト。パウダーがプリズムのように光を反射し、上品なツヤを出せるのが魅力です。

パールの輝きによって、明るく透明感のある肌を演出できるのもポイント。メイクの仕上げに使うことで、立体感や華やかさをプラスできます。

肌への密着度が高いなめらかなパウダーなので、ひと塗りするだけでムラなく伸びるのもメリット。浮いた感じにならず、肌にしっかりなじみます。

クリオ(CLIO) プリズム エアー ハイライター

クリオ(CLIO) プリズム エアー ハイライター

人気韓国コスメブランドの、クリオのハイライト。なめらかで軽い使い心地が特徴です。重ねづけしても厚塗り感が出ず、クリアな仕上がりになるのが魅力。微細なパールを配合しており、輝くような光沢感を演出できます。

しっとりしたテクスチャーで肌へのフィット感が高いので、粉飛びしたりメイクがヨレたりする心配もありません。目元や鼻筋などに塗って立体感を出すほか、デコルテをきれいに見せたいときにもおすすめです。

ケイト(KATE) 3Dクリエイトニュアンスパウダー

ケイト(KATE) 3Dクリエイトニュアンスパウダー

自然な陰影を作れるシェードとセットになったハイライト。シェードとハイライトの2つの効果が、プチプラ価格で叶うのが魅力です。

シェードの色には、彩度を抑えた肌になじみやすい色味を使っているので、陰影をつけても不自然になりません。

ハイライトは、パウダータイプながら粉っぽさがなく、しっとりした質感が特徴。繊細なパールが配合されており、明るい印象のツヤ肌に仕上がります。くすみが気になりだした30代にもおすすめのプチプラハイライトです。

コーセー(KOSE) ヴィセ グロウ トリック

コーセー(KOSE) ヴィセ グロウ トリック

クリームタイプとパウダータイプのメリットを持ち併せたハイライト。柔らかいクリームタイプのテクスチャーが、肌になじませるとパウダリーに変化します。

クリームタイプならではのツヤ感がありつつ、ベタつかずに使えるのが魅力。「グロウトリックパウダー」配合により、光をきれいに反射して、ナチュラルなツヤと立体感のある仕上がりになります。

化粧持ちをよくするラスティング成分のほか、保湿効果のあるヒアルロン酸やスクワランも配合。メイクのヨレや肌の乾燥を防ぎます。

リンメル(RIMMEL) イルミナイザー

リンメル(RIMMEL) イルミナイザー

しっとりした質感の、クリームタイプのプチプラハイライト。「生ツヤパール」が配合されており、濡れツヤ肌を演出できるのが魅力です。板状の粉体を配合しているため、光の反射によってシミやくすみなどもカバーします。

クリームタイプながら、配合されているオイルの量や球状粉体の量のバランスがよく、ベタつかずに使えるのもポイント。肌にしっかり密着するのでヨレにくく、仕上がりの美しさが長時間続きます。

また、肌への負担を考えて、香料やアルコールなどは配合されていません。

オルビス(ORBIS) グロウスキンコンパクト

オルビス(ORBIS) グロウスキンコンパクト

プチプラ価格で血色感と立体感が叶う、チークベース&ハイライト。それぞれのカラーに色味の異なるパールが配合されているのがポイントです。

チークベースにはレッドパールが配合されており、血色感を演出。ハイライトにはグリーンパールを配合しており、本来の骨格に合った立体感を際立たせます。

ベースとなるファンデーションのタイプを選ばないのもメリット。パウダーやリキッドなど、どんなファンデーションにもなじみやすく、ヨレのないキレイな仕上がりになります。

資生堂(SHISEIDO) マキアージュ ドラマティックハイライター

資生堂(SHISEIDO) マキアージュ ドラマティックハイライター

保湿された肌のような濡れツヤ感を演出できる、クリームタイプのハイライト。「密着オイル」の配合により、なめらかで伸びのよい使い心地です。

「濡れつやパール」が肌にしっかり密着し、光沢感のある仕上がりになるのも魅力。スーパーヒアルロン酸や水溶性コラーゲンなどを配合した「ウォータリーキープエッセンス」が肌にうるおいを与えるため、みずみずしい仕上がりが長続きします。

SPF30・PA+++のUVカット機能が備わっているので、紫外線が気になる方にもおすすめです。

キャンディ ドール(Candy Doll) グロッシーリキッド

キャンディ ドール(Candy Doll) グロッシーリキッド

ツヤ感を出しやすい、リキッドタイプのハイライト。微細なパール配合による光沢感と、リキッドの質感を生かした濡れツヤの2つのツヤ感が叶います。

パールが光を拡散することによって、毛穴などの肌悩みをカバーできるのもメリット。肌なじみのよいテクスチャーなのでヨレにくく、どんなベースメイクにも使いやすいのもポイントです。

パールの細かさにもこだわっているため、白浮きせずにツヤ肌を演出できます。

コーセー(KOSE) エスプリーク リキッド ハイライト ムーン エモーション

コーセー(KOSE) エスプリーク リキッド ハイライト ムーン エモーション

みずみずしいテクスチャーで、うるおった肌のようなツヤ感を演出できるリキッドタイプのハイライト。繊細なパールを配合しているため、ギラギラしない上品な仕上がりになるのが魅力です。

普段のメイクにはもちろん、華やかさを出したい特別な日のメイクアップにもおすすめ。ベビーモイスト成分を保湿成分として配合しているので、メイクしながら肌の乾燥を防げるのもポイントです。

重ねづけすることで、ツヤ感や輝きを強調できます。

フーミー(WHOMEE) マルチグロウスティック

フーミー(WHOMEE) マルチグロウスティック

目元・頬・リップなど、マルチに使えるスティックタイプのプチプラハイライト。額や鼻筋などに使えば、立体感のあるメイクが叶います。

明るさや血色感を出したい部分にひと塗りするだけで、イメージ通りの仕上がりになるのが魅力。落ちにくいので、メイク直しをする時間のない忙しい日にもおすすめです。

コンパクトなサイズで、ポーチなどに入れて持ち運びやすいのもポイントです。スティックから直接出して塗れるため、外出先でも手軽にメイク直しできます。

セザンヌ化粧品(CEZANNE) ハイライトスティック

セザンヌ化粧品(CEZANNE) ハイライトスティック

スティックタイプで、思った場所にサッと塗れるプチプラハイライト。微細なパールが配合されているため、肌本来のうるおいのような、自然なツヤ感を演出できます。

ラメなしなので、ギラギラしすぎず、ふんわりした仕上がりになるのもポイント。ソフトフォーカス効果によって、毛穴をカバーして目立たなくします。

密着性も高く、メイクの仕上がりを長時間キープ。肌に塗るとサラッとした質感に変わるため、ファンデーションがヨレにくいのも魅力です。

エチュード(ETUDE) プレイ101スティックデュオ

エチュード(ETUDE) プレイ101スティックデュオ

ペンシルのように使える、スティックタイプのプチプラハイライト。スティックの両端にセットされている2色のカラーを使い分けることで、プロが仕上げたようなメリハリのあるメイクが完成します。

ハイライトカラーは、肌なじみのよいアイボリーやベージュ系なので、自然な立体感を出せるのが魅力。スティックの先端が斜めにカットされており、顔のカーブに合わせて塗りやすいのもポイントです。