ベースメイクの仕上げに使用することでメイク崩れを防ぐ「ルースパウダー」。テカリやべたつき感を防いで、肌をなめらかにみせる効果も期待できるアイテムです。

今回は、おすすめのルースパウダーをご紹介します。さまざまなカラーや質感のタイプがあるので、肌色や肌質、好みにあわせて選びましょう。あわせて、選び方のポイントもご紹介します。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

ルースパウダーとは?プレストパウダーとの違いは?

By: amazon.co.jp

ルースパウダーはサラサラの粉状で、ふんわりとした透明感のある肌に仕上がるのが特徴。軽い付け心地を得られます。なかには、持ち運びに向かないアイテムもあるので、自宅でメイクの仕上げに使用するのがおすすめです。

一方、プレストパウダーはパウダーを固めたもので、ルースパウダーと比べてカバー力が高いアイテムが多い傾向に。コンパクトなケースの製品が豊富なので、お直し用としての持ち運びにも適しています。

ルースパウダーの選び方

色で選ぶ

By: amazon.co.jp

ナチュラルに仕上げたい方は、肌色を問わずに使用できるクリアカラーや、肌なじみのよいベージュ系のカラーがおすすめです。重ねづけした際に白浮きしにくく、自然に仕上がります。

顔色の悪さが気になるは、ピンク系のカラーを選んでみてください。自然な血色感をプラスして、健康的な印象を与えます。また、ラベンダー系のカラーは、くすみをカバーして肌色を明るくみせたい方におすすめです。

ツヤ・マットなど仕上がりの質感で選ぶ

By: orbis.co.jp

華やかなメイクに仕上げたい方や立体感をプラスしたい方は、ツヤタイプのルースパウダーを選んでみてください。パール入りのものは光を反射し、透明感のあるツヤ肌を演出するのに適しています。また、パールの粒子が細かいものを選ぶと、華やかになりすぎずナチュラルに仕上がるのでおすすめです。

毛穴やテカリが気になる方は、マットな質感のルースパウダーがピッタリです。さらに、サラサラの肌を長時間キープしたい方は、皮脂を吸着するパウダーを含んでいるものがおすすめ。余分な皮脂によるメイク崩れを防いで、陶器のようなマット肌を演出します。

配合成分をチェック

乾燥肌や混合肌は保湿成分配合タイプがおすすめ

By: ipsa.co.jp

乾燥肌や混合肌の方は、保湿成分を配合したタイプがおすすめです。ヒアルロン酸やオイルなど、保湿成分の配合有無をチェックしてみてください。

また、皮脂を吸着するパウダーを含んでいるタイプは、乾燥肌の方にとってはカサつきの原因になることもあるので、選ぶときは注意が必要です。さらに、パウダーをつけすぎると乾燥してみえてしまうので、適量をつけるようにしてみてください。

脂性肌はテカリや皮脂崩れを防げるものを選ぼう

By: amazon.co.jp

脂性肌の方は、テカリや皮脂崩れを防げるものを選んでみてください。余分な皮脂を吸着するパウダーを含んでいるタイプがおすすめです。

また、全体的にサラサラになるまでパウダーをつけることも、テカリにくい肌をキープするポイント。さらに、Tゾーンなどの皮脂が出やすい部分は、パウダーを重ねづけすることで長時間皮脂崩れを防ぐ効果が期待できます。

付属しているブラシやパフをチェック

By: amazon.co.jp

しっかりとルースパウダーをつけたいときや、テカリやべたつきが気になる方は、パフを使用するのがおすすめ。パフにパウダーをのせてから揉み込むことで、ムラなくルースパウダーをつけられます。また、目や口周りなどのヨレやすい部分は、パフを軽く折りたたむようにして密着させるとメイク崩れを防ぐ効果が期待できておすすめです。

自然なツヤ感を活かした仕上がりにしたい方は、ブラシが適しています。付けすぎを防ぐため、ブラシになじませた後に手の甲やティッシュで余分なパウダーを落とすのがポイント。クルクルと肌をなぞるようになじませることで、透明感のある肌にみせられます。

ルースパウダーのおすすめ|プチプラ

コーセー(KOSE) メイク キープ パウダー

コーセー(KOSE) メイク キープ パウダー

べたつきを抑えてサラサラの肌をキープするフェイスパウダー。ウォータープルーフかつ皮脂プルーフ処方のため、汗や皮脂によるメイク崩れを防げます。軽い付け心地で、白浮きしにくいのも特徴です。

また、すべての方に刺激が起こらないわけではありませんが、肌荒れの原因になりにくい処方のため、肌の調子が気になる方にもおすすめ。さらに、無香料・鉱物油フリー・合成界面活性剤フリーで、敏感肌の方にも適しています。

イニスフリー(innisfree) ノーセバム ミネラルパウダー N

イニスフリー(innisfree) ノーセバム ミネラルパウダー N

皮脂を吸着して、キメの整った肌に仕上げるルースパウダー。皮脂吸着パウダーが過剰な皮脂を吸着し、サラサラな肌をキープします。超微粒子のパウダーによって、粉っぽさを感じにくい仕上がりになるのも魅力です。

動物性原料や鉱物性油、パラベンなどを使用していないシンプルな処方もポイント。また、コンパクトかつスタイリッシュなパッケージなので、持ち運びにもピッタリです。

キャンメイク(CANMAKE) シルキールースモイストパウダー

キャンメイク(CANMAKE) シルキールースモイストパウダー

まるでシルクのような、なめらかな肌を演出するルースパウダー。セラミドNPやヒアルロン酸Naなどの保湿成分配合で、乾燥によるメイク崩れを防げるのが特徴です。また、SPF23・PA++のUVカット処方で、日中の紫外線から肌を守る効果が期待できます。さらに、石けんで落とせるため、簡単にメイクオフしたい方にもおすすめです。

カラーは、肌なじみのよい「シルキーベージュ」、肌色を明るくみせる「シアーラベンダー」、血色とツヤ感をプラスする「ラスターピンク」の全3色がラインナップされています。

ちふれ(CHIFURE) ルース パウダー

ちふれ(CHIFURE) ルース パウダー

透明感のある肌へ導くルースパウダー。スムースフィットパウダーが毛穴や小じわを自然にカバーし、ブライトニングクリアパウダーが上品なツヤ肌を演出します。さらに、油性エモリエント成分のホホバ種子油配合で、乾燥肌の方や乾燥が気になる季節にもおすすめです。

カラーは、ふんわりとした仕上がりの「ルーセント」と、繊細なパールがきらめく「パーリー ルーセント」の全2色がラインナップされています。

チャコットコスメティクス(Chacott COSMETICS) フィニッシングパウダー モイスト

チャコットコスメティクス(Chacott COSMETICS) フィニッシングパウダー モイスト

保湿力の高さと、透明感のある仕上がりが魅力のルースパウダー。メイクの最後に重ねることで、乾燥によるメイク崩れを防げると謳われています。さらに、24時間使用できるため、スキンケア後のべたつき感が気になるときにもおすすめです。また、石けんでオフできるので、敏感肌の方にも適しています。

カラーは、ナチュラル・クリア・ライトオークルの全3色がラインナップ。本アイテムはモイストタイプですが、過剰な皮脂を吸着するマットタイプと、華やかなツヤ肌に導くグロータイプも展開されています。

無印良品 ルースパウダー 大・ナチュラル

無印良品 ルースパウダー 大・ナチュラル

キメ細かいパウダーが肌に密着し、ヴェールをまとったような明るい肌へ導くルースパウダーです。保湿成分としてホホバ種子油やシア脂などを配合しており、しっとりした質感が特徴。また、無香料・無鉱物油・パラベンフリー・アルコールフリー・紫外線吸収剤フリー・パール剤無配合で、肌に優しい処方です。

本アイテムよりサイズが小さい「ルースパウダー 小・ナチュラル」もラインナップされているので、お試しで使用したい方や、持ち運びしたい方はチェックしてみてください。

セザンヌ化粧品(CEZANNE) うるふわ仕上げパウダー

セザンヌ化粧品(CEZANNE) うるふわ仕上げパウダー

自然に毛穴をカバーして、なめらかな肌に仕上げるルースパウダー。ソフトフォーカス効果のある毛穴ぼかしパウダーが、毛穴レスな肌へ導きます。さらに、皮脂吸着パウダーが過剰な皮脂を抑えることで、崩れにくい肌を長時間キープするのもポイントです。

ローズマリー葉エキスやカミツレ花エキスなど、5種類のうるおい成分を配合しており、しっとりした質感も魅力。また、ノンケミカル処方で、肌に優しいつくりです。さらに、洗顔料で落とせるので、簡単にメイクオフしたい方にも適しています。カラーは、セミマット肌仕上げの「ルーセントベージュ」と、ツヤ肌仕上げの「ルーセントクリア」がラインナップされています。

ケイト(KATE) フェイスパウダーZ オイルブロック

ケイト(KATE) フェイスパウダーZ オイルブロック

テカリやべたつき感が気になる方におすすめのルースパウダー。高吸油パウダーが余分な皮脂を吸着し、長時間サラサラの肌をキープすると謳われています。また、自然に毛穴をカバーして、なめらかな肌に仕上がるのも魅力です。さらに、ノンコメドジェニックテスト済(※)で、肌荒れが気になる方にも適しています。

白浮きを防ぐクリアカラーなので、肌色を問わずに使用できるのもポイントです。

※すべての方にニギビのもとができないわけではありません。

フーミ―(WHOMEE) ルースパウダー

フーミ―(WHOMEE) ルースパウダー

ふんわりとやわらかい質感で、自然に毛穴をカバーするルースパウダーです。スクワランやホホバ種子油などの保湿成分を配合しているため、乾燥が気になる方におすすめ。また、紫外線吸収剤不使用で肌に優しくつくられています。さらに、クレンジングを使わず簡単にメイクオフできるのもポイントです。

カラーは、ナチュラルな仕上がりの「ルーセント」と、血色感のある肌を演出する「ピンク」の全2色がラインナップされています。

常盤薬品工業 エクセル クリア ルーセントパウダー NB

常盤薬品工業 エクセル クリア ルーセントパウダー NB

ヴェールをまとったような、透明感のある肌へ導くルースパウダーです。肌荒れや乾燥から肌を守るセラミド内包パウダーと、光を乱反射して毛穴やくすみの目立ちにくい肌に仕上げる多面体パウダーを採用。さらに、保湿成分のリピジュア配合で、長時間乾燥しにくいのも特徴です。

カラーは、ふんわりしたマット肌に仕上がる「ナチュラル」と、なめらかなツヤ肌に仕上がる微粒子パール配合の「シアーベージュ」の全2色がラインナップされています。

オルビス(ORBIS) ルースパウダー

オルビス(ORBIS) ルースパウダー

素肌のような軽い仕上がりで、サラツヤ肌に導くルースパウダー。光をまとったグロウニュアンスパウダーが、ファンデーションのツヤ感を活かして自然なツヤ感をかなえます。

また、無香料・紫外線吸収剤不使用で、肌への優しさにこだわっているのもポイント。さらに、保湿成分の浸透型ヒアルロン酸エキス配合で、乾燥が気になる方にもおすすめです。

・レフィル

・ケース

資生堂(SHISEIDO) マキアージュ ドラマティックエッセンスヴェール ルースパウダー

資生堂(SHISEIDO) マキアージュ ドラマティックエッセンスヴェール ルースパウダー

透明感のあるツヤ肌に仕上がるルースパウダーです。肌に密着する「肌どけパールパウダー」が毛穴をカバーし、なめらかな肌を演出。さらに、テカリと乾燥をダブルで対策できるため、メイク崩れを防げます。

また、グリシルグリシンやグリセリンなどの保湿成分でコーティングされたパウダーが、肌にしっとりと密着するのも特徴です。カラーは、肌なじみのよい「クリア」と、肌をワントーン明るくみせる微細パールを含んだ「シアーラベンダー」の全2色がラインナップされています。

・レフィル

・ケース

・パフ

ルースパウダーのおすすめ|デパコス

スック(SUQQU) ザ ルース パウダー

スック(SUQQU) ザ ルース パウダー

しっとり感と軽やかな付け心地を兼ね備えたルースパウダーです。ファンデーションのツヤ感を活かす、透明度の高いパウダーが特徴。さらに、毛穴や小じわをメイクアップ効果により目立ちにくくするので、40代~50代以上の方にもおすすめです。

また、ミスティピンクカラーで、自然に肌色をワントーン明るくみせられるのも魅力。透明感のある肌を演出したい方にも適しています。

ナーズ(NARS) ライトリフレクティングセッティングパウダー ルース N

ナーズ(NARS) ライトリフレクティングセッティングパウダー ルース N

光を反射して、光沢感のある肌に仕上げるルースパウダーです。独自の「ライト・リフレクティング・コンプレックス」を採用したパウダーが、メイクアップ効果により気になる毛穴や小じわを目立ちにくくし、なめらかな肌を演出。また、ポリネシアミネラル海水やグリセリンなどの保湿成分配合で、うるおいのある肌をキープします。

カラーは、肌色を問わずに使用できるクリアな発色が特徴。さらに、太陽光やカメラのフラッシュで起こりがちな白浮きを防ぎ、健康的な肌色にみせられるのもポイントです。

クリニーク(CLINIQUE) イーブン ベター ブライトニング ルース パウダー C

クリニーク(CLINIQUE) イーブン ベター ブライトニング ルース パウダー C

輝くような明るい印象に導くルースパウダー。メイクアップ効果により肌をなめらかに整えて、小じわを目立ちにくく仕上げます。ひんやりしたクールな使用感で、べたつき感が気になる方や暑い時期にもおすすめです。

カラーは半透明で、ワントーン明るい肌色を演出します。小ぶりサイズの専用のブラシが付属しているのも魅力です。

イプサ(IPSA) ルースパウダー 1

イプサ(IPSA) ルースパウダー 1

素肌のようにナチュラルなツヤ感を演出するルースパウダーです。皮脂に近いといわれている保湿成分のホホバオイルでコーティングしたパウダーが特徴。肌に溶け込むようになじみ、素肌のような質感を引き出します。また、余分な皮脂を吸着し、メイクアップ効果により毛穴の目立ちにくい肌を長時間キープすると謳われているのも魅力です。

本アイテムは、べたつきやテカリが気になる方に適していますが、皮脂が少なく乾燥しやすい方は「ルースパウダー 2」がおすすめです。

ディオール(Dior) ディオールスキン フォーエヴァー クッション パウダー

ディオール(Dior) ディオールスキン フォーエヴァー クッション パウダー

シルクのようなキメ細かいパウダーが特徴のルースパウダー。肌にフィットする軽い付け心地が特徴で、サラサラの肌を長時間キープします。また、厚塗り感や粉っぽさを感じにくい、なめらかな仕上がりも魅力です。

カラーは、肌色や好みにあわせて全5色が展開されています。光を多方向に反射するパウダーの効果で、色ムラや毛穴を自然にカバーし、透明感のある肌を演出するカラーラインナップが特徴です。

スリー(THREE) アルティメイトダイアフェネス ルースパウダー

スリー(THREE) アルティメイトダイアフェネス ルースパウダー

素肌のようなフレッシュなツヤ感を演出するルースパウダーです。エモリエント成分として8種の植物油・油脂を配合しており、高い保湿効果を期待できるのが特徴。また、微細な粒子で、肌の一部のようになじむフィット感も魅力です。

さらに、パラベンフリー・合成香料不使用・鉱物油不使用で、肌に優しくつくられています。カラーは、明るい肌色にピッタリの「グロー 01」と、標準的な肌色におすすめの「グロー 02」の全2色がラインナップされています。

コスメデコルテ(DECORTE) フェイスパウダー

コスメデコルテ(DECORTE) フェイスパウダー

しっとりと肌に溶け込み、キメ細かな肌に仕上げるルースパウダー。シルクのような質感で、メイクアップ効果によりなめらかで毛穴の目立ちにくい肌を演出します。また、しっとりとした使用感で、乾燥が気になる季節や乾燥肌の方にもピッタリです。

カラーは、肌色やシーンにあうものがみつかりやすい全6色がラインナップ。ツヤ肌が好みの方は、パール入りのカラーや無色タイプがおすすめ。洗練された陶器肌に仕上げたい方は、マットなカラーが適しています。

シャネル(CHANEL) プードゥル ユニヴェルセル リーブル N

シャネル(CHANEL) プードゥル ユニヴェルセル リーブル N

肌を薄いヴェールで包み込み、メイクのもちをよくするルースパウダー。粉っぽさを感じにくい仕様で、ファンデーションの質感を活かす自然なツヤ感のある仕上がりが特徴です。

洗練された上品な肌を演出するので、30代以上の方におすすめ。カラーは、肌色や好みにあうものがみつかりやすい全4色がラインナップされています。

クレ・ド・ポー ボーテ(cle de peau Beaute) プードルトランスパラントn

クレ・ド・ポー ボーテ(cle de peau Beaute) プードルトランスパラントn

ダイヤモンドの輝きに着目して開発されたルースパウダーです。メイクアップとスキンケアが融合した独自技術を採用しており、内側から輝くようなツヤ肌を演出。さらに、ヒアルロン酸などの保湿成分配合で、日中の乾燥から肌を守れます。

キメの細かいパウダーが肌にフィットし、皮脂によるテカリを防ぐのもポイント。また、メイクを長時間キープするラスティングコントロール機能を取り入れているため、毛穴落ちやヨレなどのメイク崩れが気になる方にもおすすめです。カラーは、ピンクトーンの「ライト」と、肌なじみのよい「ライトミディアム」の全2色がラインナップされています。

ローラ メルシエ(LAURA MERCIER) ルースセッティングパウダー トランスルーセント

ローラ メルシエ(LAURA MERCIER) ルースセッティングパウダー トランスルーセント

透明感のある自然な仕上がりと、軽やかな付け心地が魅力のルースパウダー。メイクアップ効果により、毛穴の目立ちにくいなめらかな肌に仕上げられます。また、余分な皮脂をコントロールし、メイク崩れを防いで美しい仕上がりをキープするのも特徴です。

カラーは、肌色を問わずに使いやすいカラーレスな発色が特徴。重ねづけした際に白浮きしにくく、厚塗り感の少ない仕上がりがポイントです。

アディクション(ADDICTION) インビジブル エッセンス ルースパウダー トランスルーセント

アディクション(ADDICTION) インビジブル エッセンス ルースパウダー トランスルーセント

しっとりした質感で、キメの整った印象へ導くルースパウダー。エモリエント成分として4種のオーガニック植物由来成分を配合しているため、しっとり感が長時間持続します。さらに、香料・アルコール・鉱物油・パラベン・グルテンは不使用のこだわりも魅力です。

カラーは、肌色を問わずに使用できるトランスルーセントタイプ。透明度の高いパウダーを使用しており、透け感のあるナチュラルな仕上がりが特徴です。また、光を反射して、メイクアップ効果により毛穴の目立ちにくい肌を演出します。

ルースパウダーのおすすめ|その他の人気ブランド

オンリーミネラル(ONLY MINERALS) ミネラルフェイスカラー デュオ

オンリーミネラル(ONLY MINERALS) ミネラルフェイスカラー デュオ

ケース内に2色のパウダーが入ったルースパウダー。機能の異なる2色のパウダーを混ぜて使用することで、肌トーンを均一に整えられます。また、厳選したミネラルと、整肌成分のグリチルリチン酸2Kのみを配合したナチュラルな処方もポイント。乾燥が気になる肌にも、なめらかにフィットするのが特徴です。石けんでオフできるので、肌に優しいものを求める方にも適しています。

カラーは、くすみや赤みが気になる方におすすめの「ブライトシフォン」と、毛穴やシミが気になる方向けの「ロージーコットン」の全2色がラインナップされています。

エトヴォス(ETVOS) ミネラルリフレクティングスキンパウダー ルーセントエクリュ

エトヴォス(ETVOS) ミネラルリフレクティングスキンパウダー ルーセントエクリュ

肌に溶け込むようにフィットして、肌を美しくみせるルースパウダー。オイルを含んだパウダーと軽い質感のパウダーをミックスすることで、粉っぽさを感じにくいなめらかな肌に整えます。

また、保湿成分のヒアルロン酸Naや、オリジナルブレンドの植物オイルを配合。さらに、整肌成分のビタミンC誘導体を配合で、日中の乾燥から肌を守ります。石けんで落とせるので、簡単にメイクオフしたい方にもおすすめです。

カラー展開は、微細なパールがきらめく「ルーセントエクリュ」のみ。乾燥によるくすみをぼかして明るい肌を演出します。

アンドビー(&be) UVスムースパウダー

アンドビー(&be) UVスムースパウダー

余分な皮脂や汗を吸収する、全身に使用できるルースパウダー。微細なミネラルパウダーにより、気になるべたつきを抑えてサラサラの肌をキープします。SPF20・PA++のUVカット効果で、日中の紫外線から肌を守れます。

また、シリコーンオイル・鉱物油・界面活性剤・紫外線吸収剤、合成着色料・香料・合成酸化防止剤・防腐剤不使用のフリー処方も魅力。さらに、石けんで簡単にオフできるのもポイントです。

油分や水分を吸収すると透明に変化するため、肌色を問わずに使用できるのも特徴。スポンジ一体型のパッケージなので、片手で簡単に使用できます。

富士フイルム(FUJIFILM) アスタリフト ルースパウダー

富士フイルム(FUJIFILM) アスタリフト ルースパウダー

ツヤ感のある明るい印象へ導くルースパウダー。キメ細かいパウダーが肌に密着しながらも、軽い付け心地が特徴です。

また、うるおい成分としてアスタキサンチンや水溶性コラーゲンを配合。日中の乾燥から肌を守り、しっとりした肌をキープします。さらに、SPF17・PA++のUVカット効果で、日中の紫外線が気になる方にもおすすめです。

肌なじみのよいナチュラルなカラーを展開。微量のパールを配合している効果で、ナチュラルなツヤ肌を演出します。

ナチュラグラッセ(naturaglace) ルースパウダー

ナチュラグラッセ(naturaglace) ルースパウダー

ふんわりとした質感で、なめらかな肌に整えるルースパウダーです。保湿成分として、コメヌカエキスやアロエベラ葉エキスを配合。肌の水分と油分のバランスを保つことにより、メイク崩れを防げます。また、SPF40・PA+++の高いUVカット効果を期待できるのも特徴です。

石油系界面活性剤・合成香料・紫外線吸収剤・鉱物油・パラベン・ナノ粒子・タール系色素・シリコン・アルコール不使用で、肌の心地よさを追求した処方もポイント。さらに、石けんで簡単にメイクオフできるのも魅力です。カラーは、「ルーセントベージュ」と「パールベージュ」の全2色がラインナップされています。

ルースパウダーの売れ筋ランキングをチェック

ルースパウダーのランキングをチェックしたい方はこちら。

ルースパウダーの使い方

By: shiseido.co.jp

パフを使用する場合は、ルースパウダーのケースやティッシュにパウダーを広げて、パウダーをしっかりとなじませましょう。パフを揉み込むようにすることで、均一になじみやすくなります。つけるときは、皮脂崩れやべたつきが気になる部分から、軽く抑えるようになじませるのがポイント。さらに、細かい部分は、パフを折りたたむようにして密着させると美しく仕上がります。

ブラシを使用する場合は、パフと同様にブラシにしっかりとパウダーをなじませた後、余分なパウダーを手の甲やティッシュで落としてからつけてみてください。クルクルと肌を磨くようにつけることで、素肌のような自然なツヤ肌に仕上がります。