最近は男性のメイクも注目されており、さまざまなメンズメイク用のコスメが販売されています。そのため、メンズメイクを始める際に、どのアイテムをそろえればよいか迷いがちです。

そこで今回は、おすすめのメンズメイクをご紹介。メンズメイク用コスメの解説や、メンズメイクの方法なども詳しくまとめています。ぜひ参考にしてみてください。
※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

メンズメイクが人気の理由

最近はメイクに関心を持つ男性が増えてきました。エチケットとして身だしなみを整えたい、自分に自信を持ちたいなど、さまざまな理由から自分の容姿を磨きたい男性が増えています。

雑誌やSNSなどでもメンズメイクが取り上げられる機会が増え、メンズメイクの方法も簡単に知ることができる現代。ダイソーなどの100円ショップでも、コスメアイテムが多数展開されています。初心者でも手に入れやすいコスメが多いので、気軽にメンズメイクにチャレンジしてみてください。

メンズメイクの選び方

ベースメイクをチェック

簡単にベースメイクを完了できる初心者向けの「BBクリーム」

By: shiseido.co.jp

BBクリームはスピーディにベースメイクを済ませられる便利なアイテム。日焼け止め・化粧下地・ファンデーションなどの機能を持っており、BBクリームひとつでベースメイクが完了します。

ベースメイクとしては薄付きなモノが多いので、素肌感のあるベースメイクをしたい方におすすめ。肌をきれいに見せつつも、化粧をしているように見せたくないシーンで活躍します。

部分的な肌トラブルを隠す「コンシーラー」

By: orbis.co.jp

コンシーラーは、部分的な肌悩みをカバーするアイテム。シミ・ニキビ跡・クマ・くすみなどをスポットで隠したいときに便利です。

肌悩みはファンデーションやBBクリームのみでカバーしようとすると、厚塗り感がでてしまいます。ファンデーションやBBクリームで薄く肌を整えたあとに、隠しきれなかった肌悩みをコンシーラーでカバーすると、きれいに仕上がるので挑戦してみてください。

肌の色味や質感の違いをカバーする「ファンデーション」

By: maybelline.co.jp

ファンデーションは肌色を美しく整えるためのアイテムです。BBクリームとは異なり、基本的には下地を使用したあとに塗ります。しっかりと肌をカバーしたい場合は、BBクリームではなくファンデーションを使ってみてください。

ファンデーションには豊富なカラーバリエーションがあるので、色選びが重要。色が合わないファンデーションを使うと、顔が浮いて見えてしまいます。顔と首の境目のフェイスラインに塗ってみて、色がなじむカラーを選ぶのがおすすめです。

仕上がりの質をあげたい方は「下地」や「パウダー」もチェック

By: maccosmetics.jp

化粧下地は、ファンデーションの前に塗ることで、ファンデーションのもちや仕上がりをアップできるアイテム。色ムラ・シミ・凹凸などをカバーするので、ファンデーションのノリがよくなります。

製品によっては皮脂崩れを予防したり、毛穴を目立たなくしたりする効果があるので、肌悩みに合わせて選ぶことが大切です。

パウダーは、ベースメイクの仕上げに使うアイテムのこと。皮脂やテカリなどを抑えて、化粧崩れを防ぐ効果があります。

アイメイクをチェック

目元の印象を強調する「アイシャドウ」

By: amazon.co.jp

目元の印象を変えるアイシャドウ。アイシャドウは目元を華やかに彩るイメージがありますが、立体感を演出するのにも役立ちます。アイシャドウで立体感のある目元にすることで、より印象的な目元に仕上げられるので試してみてください。

デイリーなメンズメイクをしたい場合は、ラメの入っていないマットタイプのアイシャドウを使うのがおすすめ。彫りを深く見せて、存在感のある目元に仕上げられます。

目を大きく見せたり、切れ長に見せたりできる「アイライン」

By: cosme.com

目の輪郭に合わせて引くアイラインは、アイライナーで描くのが一般的。アイライナーを使うことで、目の存在感がアップします。目の印象が弱いと感じている方や、目元の魅力を引き上げたいと思っている方は、アイライナーを使ってみてください。

アイライナーには筆ペンのような使用感の「リキッドアイライナー」や、ナチュラルに仕上がる「ペンシルアイライナー」など、いくつかの種類があります。自分にとって使いやすいアイテムを選んでみてください。

眉毛の形を整える「アイブロウ」

By: amazon.co.jp

眉毛の形を整えるために使用するのがアイブロウ。眉毛を整えるだけでも顔の印象がガラッと変わるので、メンズメイクに初めて挑戦する方は、アイブロウから取り入れてみるのもおすすめです。

アイブロウには、ペンシルタイプやパウダータイプなどいくつかのタイプがあります。繊細に眉毛の形を描くならペンシルタイプ、ふわっと自然に仕上げたいならパウダータイプなど、理想の仕上がりに合わせて選んでみてください。

眉メイクにこだわるなら「眉用キット」もチェック

もともとの眉毛の形を変えたい場合は、眉用キットがおすすめです。眉用キットには、ハサミや毛抜きなど、眉毛の形を整えるためのアイテムが一式備わっています。眉用キットを使うと、より洗練された眉毛メイクを完成させることが可能です。

眉用キットは、さまざまなメーカーから販売されています。ハサミやブラシ、毛抜きなど、製品によって入っているアイテムが異なるため、必要なアイテムが入っているものを購入してみてください。

その他のメイクアップアイテムをチェック

顔の印象を明るくする「リップ」

By: amazon.co.jp

リップは、リップカラーやリップスティックなどと呼ばれるアイテム。唇の色や質感を整えて、顔全体の印象を明るく見せます。唇を保湿するだけでも清潔感がアップするので、ぜひリップも取り入れてみてください。

口紅に抵抗がある場合は、男性向けとして販売されているリップがおすすめ。自然な仕上がりながら、唇にナチュラルな血色感を与えられます。

シャープで立体的な小顔に見せる「シェーディング」「ハイライト」

By: amazon.co.jp

シェーディングとは、顔に影をプラスできるアイテムのこと。目元や鼻に塗って彫りを深くしたり、エラや額に塗って骨格をシャープに見せたりできます。ハイライトとは、肌に光をプラスできるアイテムのこと。塗った箇所を高く見せることができます。

シェーディングとハイライトを合わせて使うことで、顔の立体感をアップできるのが魅力。メリハリのある顔に見せたい方は、ぜひ使ってみてください。

メンズメイクのおすすめブランド

バルクオム(BULK HOMME)

By: bulk.co.jp

バルクオムは人気のメンズスキンケアブランドです。スキンケアアイテムがメインですが、メイクアップアイテムも展開しています。

バルクオムでは、リップクリーム・コンシーラー・アイブロウなどのメイクアップアイテムをラインナップ。メンズブランドらしいシンプルなデザインのアイテムがそろっているので、メンズメイクに慣れていない方でも購入しやすくおすすめです。

SHISEIDO MEN

By: cosme.com

日本でも有名な化粧品ブランド、資生堂のメンズラインです。男性皮膚生理に特化した皮膚科学研究から生まれたブランドで、男性の肌にぴったり合いやすい製品がそろっています。

スキンケアアイテムとメイクアップアイテムがあるので、両方そろえるのもおすすめ。メイクアップアイテムは、BBクリームやコンシーラーなどのベースメイクアイテムを中心にラインナップしています。

ウーノ(uno)

By: amazon.co.jp

ウーノは「大人の男を楽しもう」をコンセプトとしたメンズ向けブランド。ヘアケアアイテム・スキンケアアイテム・メイクアップアイテムなど、さまざまなメンズ向け製品を展開しています。

BBクリーム・アイブロウ・リップクリームなど、メンズメイクに欠かせないアイテムを中心に多数ラインナップ。BBクリームは隠したい肌悩みに合わせてラインナップされているので、自分に合ったベースメイクを探している方にもおすすめのブランドです。

メンズメイクのおすすめ|ベースメイク

SHISEIDO MEN ヴァイブラント BBモイスチャライザー

SHISEIDO MEN ヴァイブラント BBモイスチャライザー

肌悩みをムラなくカバーするBBクリーム。クマ・シミ・毛穴・赤み・ニキビ跡・青ひげなどをきれいにカバーします。ナチュラルに仕上がるメンズメイク向けファンデーションを探している方にもおすすめです。

サラサラ仕上がりながら保湿力が高いため、肌の乾燥が気になっている方にもぴったり。SPF30・PA+++の紫外線カット効果があるのもポイントです。

ウーノ(uno) フェイスカラー クリエイター

ウーノ(uno) フェイスカラー クリエイター

男性の肌悩みをきれいにカバーするメンズメイクにおすすめのBBクリーム。クマ・ニキビ跡・ひげの青み・黒い毛穴・赤みなどをカバーして、清潔感のある肌印象に整えます。みずみずしい使用感で、肌にすっとなじむのが魅力です。

うるおい成分としてヒアルロン酸Naとアセチルヒアルロン酸Naを配合しているので、乾燥肌の方にもおすすめ。ノンオイリータイプでべたつきません。すべての方にニキビができないわけではありませんが、ノンコメドジェニックテスト済みです。また、洗顔料で簡単に落とせます。

リップスボーイ(LIPPS BOY) フェイスジェル

リップスボーイ(LIPPS BOY) フェイスジェル

肌を自然にトーンアップできるメンズメイクにおすすめのフェイスジェル。ジェルタイプでのびがよいため、ファンデーションを使い慣れていない方でもきれいに塗れます。テカらず崩れにくいため、プライベートでもビジネスシーンでも使いやすいアイテムです。

SPF26・PA++で、紫外線から肌を守れるのも魅力。薄塗りなのでメイクしていることをバレにくいのもポイントです。

メイベリン ニューヨーク(MAYBELLINE NEW YORK) SPステイ ルミマット リキッド ファンデーション

メイベリン ニューヨーク(MAYBELLINE NEW YORK) SPステイ ルミマット リキッド ファンデーション

世界的に人気の男性K-POPアイドルが、アンバサダーを務めるファンデーション。薄膜で肌への負担が少なく、つけ心地が軽いのがポイントです。重ね塗りすれば、気になる部位をしっかりカバーできるので、クマや赤みが気になりやすい男性の肌にもおすすめです。

また、汗や水などの水分に強いため、崩れにくいのも魅力。梅雨の湿度が高い季節や、汗をかきやすい日のメンズメイクにぴったりです。色味は、日本人を含むアジア人の肌の色に合うようつくられた、6色を展開。クールトーンからウォームトーン、明るめから暗めまでそろっています。

マック(M・A・C) スタジオ フィックス マッティファイン シャイン コントロール プライマー

マック(M・A・C) スタジオ フィックス マッティファイン シャイン コントロール プライマー

ふっくらとした肌印象に導く化粧下地。ファンデーション前に仕込むことで、毛穴の凹凸の目立たない滑らかな肌に仕上がります。余分な皮脂を吸着してテカリを防ぐ効果もあるので、皮脂によるテカリが気になっている方にもおすすめです。

ソフトマット仕上がりなので、ナチュラルに見せられます。ジェルテクスチャーで、軽い使用感も魅力。肌にのせるとパウダーのようにサラサラになるので、べたつきが気になりません。

オルビス(ORBIS) オルビスミスター スポットシュート コンシーラー

オルビス(ORBIS) オルビスミスター スポットシュート コンシーラー

メンズメイクに特化したシリーズから展開されている、ピンポイントに使えるコンシーラー。6mmの細いコンシーラーなので、ニキビ・シミ・クマなどの悩みをカバーできます。肌トラブルをナチュラルに隠せるので、塗っている感が苦手な方にもおすすめです。

サラサラとした使い心地なのもポイント。「(00)明るめの肌色」と「(02)健康的な肌色」はハイライト・シェーディングとしても使えます。

MNKB 薬用 コンシーラー【医薬部外品】

MNKB 薬用 コンシーラー 医薬部外品

肌荒れを防ぎながらカバーできるコンシーラー。肌荒れ原因にアプローチする有効成分イソプロピルメチルフェノールと、炎症を抑え肌荒れを防ぐ有効成分グリチルリチン酸ステアリルを配合しています。

カラーはナチュラルとライトの2種類をラインナップ。ナチュラルは、青ひげ・クマ・濃いシミのカバーとして、ライトはシミ・そばかす・赤みのカバーとしておすすめのカラーです。

また、合成香料・パラベン・サルフェート・合成着色料・紫外線吸収剤・石油系界面活性剤・鉱物油・アルコール・合成ポリマー・シリコンは配合していません。

アンドビー(&be) ファンシーラー

アンドビー(&be) ファンシーラー

ファンデーションとしてもコンシーラーとしても使える便利なコスメ。クリームファンデーションのように伸びがよく、肌にしっとりとフィットします。クマやひげのカバーに使いやすいオレンジと、肌になじむスキンカラーの2色セットなので、メンズメイクにもおすすめです。

すべての方にニキビのもとができないわけではありませんが、ノンコメドジェニックテスト済みです。また、シリコーン・鉱物油・界面活性剤・紫外線吸収剤・合成着色料・香料・合成酸化防止剤を配合していません。クレンジングなしで、洗顔料とお湯だけで落とせます。

イニスフリー(innisfree) ノーセバムミネラルパウダーN

イニスフリー(innisfree) ノーセバムミネラルパウダーN

すべすべ肌を実現するフェイスパウダー。皮脂を吸着して、サラサラな肌状態を保つため、テカリやベタつきが出やすい男性にもおすすめです。肌のくすみのもとになる余分な皮脂を抑えられるので、メイクアップ効果により肌を明るく補正。シンプルな処方で、肌にマイルドな使い心地です。

男性でも持ち歩きしやすい、スタイリッシュなデザインのパッケージも魅力。ポーチに収まりやすいコンパクトサイズなのもポイントです。

リップスボーイ(LIPPS BOY) フェイスパウダー

リップスボーイ(LIPPS BOY) フェイスパウダー

テカリや毛穴が気になる方のメンズメイクにぴったりなフェイスパウダー。皮脂を吸着するミリスチン酸を配合しており、メイクアップ効果により、テカリ・毛穴・化粧崩れを目立ちにくくします。

また、クマや赤みなどはしっかりカバーできる、ファンデーション効果があるのも特徴。キメ細やかで、清潔感のある肌に整えたい方におすすめです。ササっと塗るだけで、簡単に肌の色を補正できます。

パッケージデザインはシンプルで縦長。持ち歩きにも便利です。メイクに抵抗のある男性に寄り添い、パフのカラーはグレーを採用しています。

メンズメイクのおすすめ|アイメイク

バルクオム(BULK HOMME) アイブロウブラッシュ

バルクオム(BULK HOMME) アイブロウブラッシュ

メンズメイクに適した、ナチュラルな眉に仕上げられるリキッドアイブロウ。薄墨なので、重ね塗りをすることで濃淡を調節できます。メイク初心者の男性でもきれいに描けるように作られているのもポイント。描きやすさを重視したウレタン素材の筆先を採用しています。

耐摩擦性とクレンジング性のバランスがよい、汗・皮脂に強いタイプなのもメリット。クレンジングを使わずオフできるのも魅力です。

ケイト(KATE) デザイニングアイブロウ3D

ケイト(KATE) デザイニングアイブロウ3D

立体的なグラデーション眉を描けるアイブロウパウダー。色ごとの仕切りがないため、色を混ぜて調節できます。きめ細かく肌にフィットする、エアリーなマット質感のパウダー。ノーズシャドウとしても使うことができます。

ダブルブラシが付属しているので、ラインを描いたり色をぼかしたり自由自在に使えるのもポイント。カラーバリエーションが豊富にあるのも魅力です。

セザンヌ化粧品(CEZANNE) ノーズ&アイブロウパウダー

セザンヌ化粧品(CEZANNE) ノーズ&アイブロウパウダー

美眉に仕上げられるアイブロウパウダー。皮脂吸着パウダーが配合されているため、ふんわりとした仕上がりが長時間続きます。ノーズシャドウとしても使えるカラーが入っており、彫りの深い目元に見せられるのが魅力です。

洗顔料で簡単にオフできるのも特徴。ダブルエンドブラシが付属しているので出先でも便利に使えます。カラーバリエーションを豊富に展開しているため、好みに合わせて使えるのもポイントです。

アニヴェン(uneven) EYEBROW MASCARA bm-01 clear

自眉を活かし、毛流れを整えて凛々しい印象のメンズメイクをしたい男性におすすめのアイブロウです。本アイテムは、クリアマスカラタイプ。毛の流れに沿って撫でるだけで、ボサボサの眉を綺麗に整えます。ブラシが小さいので、細眉の方や眉尻・眉頭をすっきりと整えたい場合にもおすすめです。

皮脂・汗・水に強い、パワープルーフベースを採用しているのも特徴。キープ力はありながら、固めすぎずほどよくツヤ感のあるナチュラルな眉に仕上げます。

フジコ(Fujiko) 足しパレ 01 彫り深ウォーム

フジコ(Fujiko) 足しパレ 01 彫り深ウォーム

男性でも使いやすい、マットでシアーな色味が4色セットされたアイシャドウパレット。単色でも重ね塗りでも活躍するのが特徴です。目元に繊細な陰影を足し、印象的なアイメイクを簡単に仕上げられます。

マットタイプながら色味に透明感があるので、アイシャドウを使ったメンズメイクを初めてする方におすすめ。01の彫り深ウォームは、あたたかみのある色をベースとしています。ナチュラルに目元を引き締めるカラーがそろっているので、ぜひチェックしてみてください。

ケイト(KATE) ダブルラインエキスパート

ケイト(KATE) ダブルラインエキスパート

肌なじみのよい極薄のブラウンを採用している、メンズメイクにおすすめのアイライナー。リキッドタイプで、ペン先は描きやすい極細筆が搭載されています。

自然に目元を強調する色味なので、涙袋や二重のラインを描くのにもおすすめ。目元をナチュラルに大きく見せるような仕上がりが叶います。ライトブラウンなので、肌の色が明るめな男性のアイメイクにぴったりです。

Rozally 眉毛セット

Rozally 眉毛セット

眉毛ハサミ・クシつきブラシ・クシつきハサミ・カミソリ・毛抜きが専用ケースに入っている眉毛セット。眉毛の手入れに必要なものをすべてそろえられます。

説明書が付属しているため、眉毛の手入れが初めての方にもおすすめ。比較的手頃な価格で購入できるのもポイントです。黒を基調としたカラーで使いやすいのも魅力です。

メンズメイクのおすすめ|その他のメイクアップアイテム

ウーノ(uno) オールインワンリップクリエイター f

ウーノ(uno) オールインワンリップクリエイター f

男性の唇の悩みをカバーするリップ。塗るとグレーから色が変化して、血色感のある唇に見せられます。うるおいトリートメント成分が配合されているため、唇のカサつきが気になっている方にもおすすめです。

縦ジワ補正ベースにより、縦ジワを目立たなくする効果もあります。みずみずしさがありながらも、べたつきのないテクスチャーなのもポイント。無香料・ノンメントールで使いやすいのもポイントです。

リップスボーイ(LIPPS BOY) リップバーム 001 ナチュラルピンク

リップスボーイ(LIPPS BOY) リップバーム 001 ナチュラルピンク

ナチュラルに発色するリップバーム。ヒマワリ種子油・ホホバ種子油などの保湿成分が配合されており、唇を乾燥から守ります。唇に塗ると自然と発色して、顔全体を明るい印象に見せられるのも魅力です。

また、紫外線吸収剤・マイクロビーズ・エタノール・合成香料・合成着色料・石油系界面活性剤・シリコン・鉱物油・動物由来成分・サルフェート・防腐剤・保存料が配合されていません。シンプルで持ち歩きやすいデザインを採用しているのもポイントです。

ラカ(Laka) ボンディンググロウリップスティック

ラカ(Laka) ボンディンググロウリップスティック

韓国のジェンダーレスコスメブランド、ラカの口紅。するすると伸びのよいテクスチャーなので、使いやすいのが魅力です。また、ツヤ感のある仕上がりながらもべたつきません。ナチュラルなカラーなので、口紅を初めて使う方にもおすすめです。

ヌードカラーから濃密カラーまで、豊富なカラーバリエーションがあるのが魅力。おすすめカラーは、落ち着いたトーンで使いやすい「202 BOY」などです。

エトヴォス(ETVOS) ミネラルラディアントスキンバーム

エトヴォス(ETVOS) ミネラルラディアントスキンバーム

ナチュラルな光とツヤ感をプラスできるハイライトバーム。頬・鼻・涙袋などに塗るとふっくらとした印象に見せられます。保湿成分を配合しているのも魅力です。

3色の繊細なパールが配合されており、上品なツヤ感があります。ギラギラとしすぎないため、ハイライトを初めて使う方にもおすすめ。石けんでオフできるのもポイントです。

コーセー(KOSE) ヴィセ ヴィセ シェード トリック

コーセー(KOSE) ヴィセ ヴィセ シェード トリック

自然な陰影を演出するシェーディングパウダー。3色がひとつになったアイテムで、混ぜて使うことでナチュラルな影を描けます。透け感のある発色なので、くすみ感や塗りすぎ感がない仕上がりです。

保湿成分としてヒアルロン酸とスクワランが配合されているのもポイント。ラスティング成分が含まれているので、きれいな仕上がりが続きます。テクニックいらずでプロフェッショナル仕上がりを叶える、骨格フィットブラシが付属しているのも特徴です。

メンズメイクの売れ筋ランキングをチェック

メンズメイクのランキングをチェックしたい方はこちら。

初心者にもおすすめのメンズメイクの順番・やり方

メイクアップの前にスキンケアをおこなう

まずは、メンズメイクをする前に、スキンケアをしっかりとおこなうことが大切。スキンケアをすることで、肌の水分バランスが整い、ベースメイクのノリがよくなります。

スキンケアアイテムは、自分の肌質に合わせて選ぶのがポイント。乾燥が気になる方は、高保湿な化粧水や乳液などを使ってみてください。複数のスキンケアアイテムを使うのが面倒な方は、オールインワン化粧品を使うのもおすすめです。

ベースメイクをする

ベースメイクは基本的に、液状のアイテムを先に塗り、最後に粉体のアイテムで仕上げます。ファンデーションを使用する場合は、下地・ファンデーション・フェイスパウダーの順番に塗るのが一般的。BBクリームを使用する場合は、BBクリームを先に塗り、フェイスパウダーで仕上げます。

ベースメイクは、アイテムを使用する量が多すぎると厚塗りに見えてしまうため、少しずつ分量を調節しながら塗ってみてください。

また、ベースメイクは指だけで仕上げることもできますが、よりきれいに仕上げたい場合は、ファンデーション用のスポンジやブラシを使うのがおすすめです。

アイメイクをする

By: bulk.co.jp

アイメイクをするときには、まず眉毛メイクから始めるのがおすすめです。眉毛から仕上げることで、全体のバランスをとりやすくなります。余分な眉毛はカットし、眉毛が足りない部分を少しずつアイブロウで描き足しましょう。

目元のメイクは、アイシャドウとアイライナーで仕上げます。ナチュラルメイクにするならアイライナー・アイシャドウの順に使用し、しっかりメイクにするなら、アイラインが際立つようにアイシャドウ・アイライナーの順に使用してみてください。

アイシャドウ・アイライナーはブラウン系のモノを選ぶと肌に馴染みやすく、自然に仕上がりやすいのでおすすめです。