さらさら肌をキープするフェイスパウダーは、きれいなメイクを維持するために欠かせないアイテム。さまざまなメーカーから販売されており、どのフェイスパウダーを購入するか迷ってしまいがちです。

そこで今回は、おすすめのフェイスパウダーをプチプラ・デパコスに分けてランキング形式でご紹介します。フェイスパウダーの選び方や使い方も解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

フェイスパウダーとは?ファンデーションとの違いは?

By: shiseido.co.jp

フェイスパウダーとは、皮脂崩れやベタつきを防いで、さらさらの美しい状態をキープするためのパウダーのこと。基本的には、ベースメイクの最後に使うアイテムです。

一方、ファンデーションとは、肌悩みをカバーして肌をきれいに見せるためのアイテムのこと。パウダータイプ以外にも、リキッドタイプ・クリームタイプ・クッションタイプとさまざまな形状のものがあります。

フェイスパウダーの選び方

パウダーの種類で選ぶ

持ち運びやすく初心者でも使いやすい「プレスト」タイプ

By: florasis.com

プレストパウダーとは、名前の通りパウダーをプレスして作られたアイテムのことです。粉が散らばりにくく、サイズがコンパクトなものが多いため、持ち歩きに便利。使用する量の調節も簡単なので、初心者にもおすすめです。

プレストタイプのアイテムは、肌にピタッと密着しやすく、カバー力に優れている傾向にあります。そのため、カバー力を重視する方にもぴったりです。

微細な粉でナチュラルに仕上げられる「ルース」タイプ

By: amazon.co.jp

ルースタイプのフェイスパウダーは、粉状のさらさらとしたアイテム。粉が散らばりやすく、ケースが大きい傾向にあるため、持ち歩き用よりも自宅で使うのに向いています。

ルースタイプは、ふんわりとしたナチュラルな仕上がりになるのが魅力。ブラシを使ったり、パフに揉み込んで使ったりすればムラになりにくく、均一になじみます。使い方さえ知っておけば、簡単にきれいに仕上げられるのが魅力です。

仕上がりの質感で選ぶ

さらさらなのにうるおった肌に見せる「ツヤタイプ」

By: shiseido.co.jp

ツヤタイプは、さらさらの仕上がりながらもツヤ感を残し、うるおい感のある肌に見せられるのが特徴。ツヤ肌が好きな方や、ファンデーションのツヤ感を消したくない方におすすめです。

ツヤの効果で若々しい印象に見せられるのもポイント。また、立体感を演出できるので、垢抜けた印象になります。マットタイプに比べると素肌感があるので、ナチュラルメイクが好きな方にもぴったりです。

なめらかな陶器肌に仕上げる「マットタイプ」

By: kose.co.jp

ふんわりとなめらかな陶器肌に見せるのがマットタイプ。カバー力が高いアイテムが多く、毛穴や色ムラなど気になる肌悩みをカバーできます。きちんと感を演出できるので、使用シーンを選びません。

マットタイプはツヤタイプよりもサラッとした仕上がりになる傾向にあるので、皮脂によるテカリやベタつきが気になる方にもおすすめです。

華やかな印象に仕上げる「ラメ入り・パール入りタイプ」

By: rakuten.co.jp

ラメやパールが含まれているフェイスパウダーは、華やかな印象に仕上げられます。ツヤタイプよりもさらに艶やかで、ほんのりキラキラとした肌に仕上げられるので、プライベートのお出かけやパーティシーンにおすすめです。

また、ラメ・パールによるメイクアップ効果で、くすみや毛穴を飛ばして、なめらかな明るい肌に見せることもできます。

カラーで選ぶ

メイクの仕上げ用にはクリア・透明タイプがおすすめ

By: narscosmetics.jp

メイクの仕上げ用として使いやすい、クリア・透明タイプ。色がついていないため、ナチュラルに仕上がります。ファンデーションの色味をそのまま残しやすいため、ファンデーションを活かしたベースメイクをしたい方におすすめです。

なかには、夜のスキンケア後に使えるものもあります。無色タイプのフェイスパウダーは、枕に色がつくこともないので安心です。

ベージュやピンクなどの色つきは肌色補正やファンデ代わりにも

By: decorte.com

色つきのフェイスパウダーは、肌色補正やファンデ代わりにも使えるのが魅力。ベージュ系は、ベースメイクのカバー力をアップしたり、ファンデ代わりに使ったりできます。パープル系は透明感をアップしたいときにおすすめです。

ピンク系は、血色感をアップしてフェミニンな印象に見せたいときにぴったり。目指したい仕上がりに合わせてカラーを選んでみてください。

機能性をチェック

乾燥が気になる方は保湿成分配合タイプをチェック

By: muji.com

フェイスパウダーを使うと乾燥が気になる方は、保湿成分が含まれている製品を選ぶのがおすすめ。ヒアルロン酸・グリセリン・植物オイルなどの保湿成分が含まれている製品が、多数展開されています。

また、保湿力の高いフェイスパウダーは、粉感が残りにくい傾向にあります。フェイスパウダーの粉っぽさが苦手な方は、しっとりとしたタイプのアイテムを選んでみてください。

外出時にはUVカットタイプがおすすめ

By: rakuten.co.jp

フェイスパウダーのなかには、UVカット効果があるものもラインナップされています。日焼け止めやファンデーションとあわせて使うことで、高い紫外線カット効果が期待できます。

また、UVカット効果のあるフェイスパウダーは、日焼け止めの塗り直し用としてもおすすめ。メイクの上から日焼け止めを塗り直すのが難しいときなどは、UVカット効果つきのフェイスパウダーを活用するのもひとつの方法です。

敏感肌や負担を抑えたい方は肌に優しい低刺激処方のものがおすすめ

By: vtcosmetics.jp

敏感肌の方や、肌への負担を抑えたい方には、低刺激処方のフェイスパウダーがおすすめ。ミネラルフェイスパウダーは、特に優しい使用感を得られます。オフの負担を軽減できる、石けん落ちタイプもあります。

また、人によっては刺激を感じることのある、パラベン・シリコーン・界面活性剤・合成香料・鉱物油などが含まれていないフェイスパウダーもラインナップ。ぜひ成分もチェックしてみてください。

ケースやパフなど使いやすさをチェック

By: threecosmetics.com

フェイスパウダーは毎日のベースメイクに使うものなので、使いやすさも大切。用途に合わせたサイズ感のものを選んでみてください。自宅で使う場合は、大きめサイズでも不便さは感じにくいもの。一方、持ち歩き用には容器が薄く小さいサイズのフェイスパウダーを選ぶのがおすすめです。

また、付属のパフも重要なポイント。粉含みがよく持ちやすいパフは使いやすいので、チェックしてみてください。

フェイスパウダーのおすすめランキング|プチプラ

第1位 コーセー(KOSE) メイク キープ パウダー

コーセー(KOSE) メイク キープ パウダー

しっかりと化粧崩れを防ぐ人気フェイスパウダー。新しく開発された「皮脂テカリ・くずれ防止パウダー」が皮脂によるテカリや崩れを防ぎます。さらさらな質感を長時間キープできるのが魅力です。

高温多湿な環境でも崩れにくいのがポイント。タッチプルーフ成分が配合されており、マスク移りも防ぎます。セミマット仕上がりながら、乾燥しにくいのもメリット。鉱物油や合成界面活性剤は配合されていません。

第2位 イニスフリー(innisfree) ノーセバム ミネラルパウダー N

イニスフリー(innisfree) ノーセバム ミネラルパウダー N

韓国コスメブランド、イニスフリーのフェイスパウダー。皮脂吸着パウダーとミネラル皮脂コントロールパウダーが配合されており、余分な皮脂を吸着します。マイルドな使用感もポイントです。

ルースタイプながらコンパクトなサイズ感なので、ポーチにもすっぽり入り、持ち運びに便利。スタイリッシュなデザインのため、メンズにもおすすめです。

第3位 キャンメイク(CANMAKE) マシュマロフィニッシュパウダー

キャンメイク(CANMAKE) マシュマロフィニッシュパウダー

ふんわりとしたマシュマロ肌に仕上げるフェイスパウダーです。毛穴や色ムラをカバーしながら、厚塗り感がでにくいアイテム。美容液成分が配合されているので、優しい使用感です。

色はノーファンデメイクにも使いやすい、ベージュカラー。複数のカラー展開があるので、肌の色に合わせて選んでみてください。また、石けんでオフできるため、気軽に使えます。

第4位 資生堂薬品 IHADA イハダ 薬用フェイスプロテクトパウダー【医薬部外品】

資生堂薬品 IHADA イハダ 薬用フェイスプロテクトパウダー医薬部外品

肌荒れの原因物質から肌を守るフェイスパウダー。紫外線・ブルーライト・花粉・ほこり・PM2.5などから肌を守ります。肌うるおいバリア保護成分として高精製ワセリンが配合されているので、乾燥肌の方にもおすすめです。

抗肌あれ有効成分のグリチルレチン酸ステリアルと、美白有効成分のm-トラネキサム酸が配合されているのも特徴。肌あれやニキビを防ぎながら、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぎます。

紫外線吸収剤不使用ながら、SPF40・PA++++の紫外線カット効果があるのもポイント。さらに、ベタつき・テカリを防ぎ、さらさらの透明感あふれる肌に仕上げられるフェイスパウダーです。

第5位 チャコット・コスメティクス(Chacott COSMETICS) フィニッシングパウダー マット

チャコット・コスメティクス(Chacott COSMETICS) フィニッシングパウダー マット

汗に強いフェイスパウダー。ステージ用コスメブランドであるチャコットが培った、高い撥水性技術を採用しています。肌にしっかり密着して崩れにくいので、メイク直しをする時間がない方にもおすすめです。

カバー力があり毛穴の目立たない肌に仕上げながら、透明感を損ないません。香料と鉱物油を配合しておらず、ストレスフリーな使用感。クリア・ライトオークル・オークル・ブロンズのカラーを展開しています。

第6位 プリマヴィスタ(Primavista) プリマヴィスタ EXマットパウダー 超オイリー肌用

プリマヴィスタ(Primavista) プリマヴィスタ EXマットパウダー 超オイリー肌用

別名「あぶりとりパウダー」の、超オイリー肌向けフェイスパウダー。多量な皮脂もしっかりと固めて、ベタつきを防ぎます。密着力があるので、マットな質感をキープできるのが魅力です。

皮脂と混ざってもきれいな仕上がりを維持できるパウダーを採用しており、くすみにくいのもポイント。朝の仕上がりを長時間保てるので、化粧直しをする時間がとれない方にもおすすめです。

第7位 セザンヌ化粧品(CEZANNE) 毛穴レスパウダー

セザンヌ化粧品(CEZANNE) 毛穴レスパウダー

ドラッグストアでも気軽に購入できるフェイスパウダー。微細パールが含まれており、ほんのりツヤ肌に仕上がります。テカリ・べたつきを抑える効果もあるので、メイク崩れを防ぎたいときにも便利です。

クリアタイプなので、ナチュラルメイクが好きな方にもおすすめ。メイクの仕上げだけでなく、夜のスキンケアのあとにも使えます。香料・鉱物油・アルコール・界面活性剤は配合していません。石けん・洗顔料で落とせるのもポイントです。

第8位 資生堂(SHISEIDO) マキアージュ ドラマティックエッセンスヴェール ルースパウダー

資生堂(SHISEIDO) マキアージュ ドラマティックエッセンスヴェール ルースパウダー

真珠のようなツヤ肌に仕上げるフェイスパウダー。「肌どけパールパウダー」が配合されており、肌にとろけるようになじんでツヤ感を演出します。テカリ・かさつきの両方を防げるので、肌がゆらぎがちな30代の方にもおすすめです。

保湿成分のグリシルグリシンのほか、とろつやヒアルロン酸エッセンス、ウォータリーキープエッセンスα、グリセリンをパウダー1粒1粒にまるごと包んだ独自処方。使うたびにきれいな素肌に導きます。

第9位 エトヴォス(ETVOS) ミネラルUVパウダー

エトヴォス(ETVOS) ミネラルUVパウダー

紫外線カット効果のあるフェイスパウダーです。ノンケミカル処方ながら、SPF50・PA++++なのが特徴。紫外線・近赤外線・ブルーライト・ロングUVAの4つの光ダメージをカットできるのが魅力です。

整肌成分としてハマナ葉エキスやマタタビ果実エキスなどを配合しており、肌のケアもできるのがポイント。また、「赤色光透過ミネラル」と「ソフトフォーカスミネラル」の効果で、肌の凹凸や影を目立たなくします。

カラーは、ピンクベージュとペールラベンダーを展開。石油系界面活性剤・鉱物油・シリコン・タール系色素・香料・パラベン・アルコールは配合していません。肌に優しいフェイスパウダーを探している方にもおすすめです。

第10位 VT COSMETICS CICA ノーセバム マイルドパウダー

VT COSMETICS CICA ノーセバム マイルドパウダー

さらさら肌が続くテカリ防止フェイスパウダー。顔・ボディ・髪の毛・リップなどさまざまな箇所に使える便利なアイテムです。毛穴をカバーして、凹凸のないなめらかな肌に仕上げます。

また、整肌成分のツボクサエキス・センテラ4Xコンプレックス、保湿成分のヒアルロン酸・プロポリスエキスを配合しており、マイルドな使用感。敏感な肌にも使いやすいフェイスパウダーです。

第11位 花西子 玉養桃花 プレストパウダー

花西子 玉養桃花 プレストパウダー

つけていることすらも忘れてしまうような、軽い使用感のフェイスパウダー。キメ細やかな粉を使用しており、肌に心地よくなじみます。すべての方にニキビができないわけではありませんが、ニキビになりにくい処方です。

しっとりとした使用感で、肌を乾燥や荒れから守ります。高級感のあるベルベット生地を使用したパフつき。コンパクトなサイズ感なので、メイク直し用にもおすすめです。

第12位 ズーシー(ZEESEA) ゼロ 粉感皮脂コントロールルースパウダー

ズーシー(ZEESEA) ゼロ 粉感皮脂コントロールルースパウダー

粉感「ゼロ」と謳われているフェイスパウダー。超微粒子の粉を使用しており、軽い使用感を実現しています。厚塗り感のない、さらさら肌を長時間キープできるのが魅力。マスクにもつきにくく、雨に濡れても崩れにくいのもポイントです。

うるおい感があり、つっぱり感がありません。ふかふかのパフが付属しています。カラーは、「抜け感ベージュ」「血色感ピンク」「素肌感水パウダー」「素肌感オイルコントロールパウダー」のラインナップです。

第13位 無印良品 ルースパウダープレストタイプ

無印良品 ルースパウダープレストタイプ

華やかな透明感を演出するフェイスパウダー。色とりどりのカラーのパールが含まれており、ツヤ感のある肌に仕上げます。

うるおい成分としてカミツレ花エキス・ホホバ種子油・シア脂・アンズ核油、保湿成分としてヒアルロン酸Naを配合しているのもポイントです。香料・鉱物油・パラベン・アルコール・紫外線吸収剤は配合していません。

フェイスパウダーのおすすめランキング|デパコス

第1位 ナーズ(NARS) ライトリフレクティングセッティングパウダー プレスト N

ナーズ(NARS) ライトリフレクティングセッティングパウダー プレスト N

光沢感のある仕上がりが特徴のフェイスパウダー。ナチュラルなツヤ感があるので、ファンデーションのツヤを残したベースメイクをしたい方におすすめです。

小ジワや毛穴を目立たなくできるのもポイント。なめらか成分として、海藻エキスを配合しています。テカリを抑えてファンデーションを整える効果もあるので、化粧直し用としてもぴったり。薄型で持ち運びにも便利です。

第2位 コスメデコルテ(DECORTE) フェイスパウダー

コスメデコルテ(DECORTE) フェイスパウダー

極上シルクのような、なめらかタッチのフェイスパウダー。しっとり感のあるフェイスパウダーなので、肌の乾燥が気になる40代の方にもおすすめです。毛穴をソフトフォーカスする効果があり、素肌を美しく見せます。

カラーバリエーションが豊富にあり、それぞれ仕上がりが異なります。ツヤ肌に仕上げるカラー、ふんわりとしたフォギー肌に仕上げるカラー、ラメ入りで華やかに仕上げるカラーがあるので、好みに合わせて選んでみてください。

第3位 ジバンシィ(GIVENCHY) プリズム・リーブル

ジバンシィ(GIVENCHY) プリズム・リーブル

人気のデパコスブランド、ジバンシィのベストセラーアイテム。「人の肌色は単色では表現できない」というブランド創立者の考えから生まれたフェイスパウダーで、4色のパウダーが1つになっています。

キメ細やかなテクスチャーで、崩れにくいのもポイント。毛穴やキメ、くすみなどをナチュラルにぼかします。複数の色が展開されているので、肌悩みに合わせて選んでみてください。

第4位 エレガンス(Elegance) ラ プードル オートニュアンス

エレガンス(Elegance) ラ プードル オートニュアンス

ロングセラーのフェイスパウダー。5色のペールカラーが1つになったフェイスパウダーで、明るく澄み渡る肌を演出します。高いカバー力があり、キメや毛穴を目立たなくできるのが魅力です。

耐水性・耐油性に優れており、高いラスティング力を発揮します。皮脂や汗による化粧崩れやくすみを防ぎ、美しい仕上がりを長時間キープ。上質なシルクのような仕上がりが続きます。

第5位 マック(M・A・C) ミネラライズ スキンフィニッシュ

マック(M・A・C) ミネラライズ スキンフィニッシュ

濡れたような輝きをプラスするフェイスパウダー。カラーによってはハイライト・シェーディング・チークとしても使えます。粉っぽさがなく、うるおい感のある仕上がりが特徴。デリケートな肌のことも考えて作られています。

特に人気のカラーは、ハイライトカラーとしても使いやすい「ライトスカペード」。ほかにも、さまざまなカラーがラインナップされているので、好みに合わせてチェックしてみてください。

第6位 クレ・ド・ポー ボーテ(cle de peau Beaute) プードルトランスパラントn

クレ・ド・ポー ボーテ(cle de peau Beaute) プードルトランスパラントn

肌の内側から輝くようなツヤ肌に仕上げるフェイスパウダー。ファンデーションの美しさを際立たせながら、化粧崩れを防ぎます。毛穴・小ジワ・くすみなどをカバーして、艶やかな肌に導くフェイスパウダーです。

保湿成分のヒアルロン酸が配合されており、日中の乾燥から肌を守ります。肌荒れ防止成分として、ライトエンパワリングトリートメントパウダーを配合。空気のようなふんわりとしたテクスチャーで、溶けこむように肌になじみます。

第7位 スリー(THREE) アドバンスドエシリアルスムースオペレーター ルースパウダー

スリー(THREE) アドバンスドエシリアルスムースオペレーター ルースパウダー

ポアレス肌に仕上げるフェイスパウダー。パウダリーさを残さずに、しっとりとした肌に導きます。弾力のあるパウダーが肌にフィットして、明るい肌を長時間キープできるのが魅力です。

ふんわりとソフトフォーカスをかけたような肌に仕上げる「01 スムースマット」と、エレガントな輝きを放つ肌に仕上げる「02 グローマット」を展開。また、パラベン・合成香料・鉱物油・有機色素は配合していません。

第8位 イプサ(IPSA) スキンケアパウダー【医薬部外品】

イプサ(IPSA) スキンケアパウダー 医薬部外品

肌を休ませたいときにおすすめのフェイスパウダー。肌荒れ防止有効成分の酢酸DL-α-トコフェロールや、メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ美白有効成分の4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)が配合されています。

さらさらの仕上がりながら、しっとりとした使用感で、肌にうるおいを閉じ込めるフェイスパウダー。毛穴やキメの目立たない肌に整えます。夜のスキンケアのあとにも使えるのが魅力です。

第9位 ディオール(Dior) ディオールスキン フォーエヴァー クッション パウダー

ディオール(Dior) ディオールスキン フォーエヴァー クッション パウダー

シルクのような使用感のルースタイプのフェイスパウダー。メイクアップをしっかりとフィックスします。粉っぽさや厚塗り感がないので、ナチュラルなベースメイクをしたい方におすすめです。

整肌成分としてパンジーエキスを配合しており、メイクしながらスキンケアができます。キルティング模様のコンパクトを採用しており、デザイン性に優れているのもポイントです。

第10位 スノービューティー ブライトニング スキンケアパウダーA

スノービューティー ブライトニング スキンケアパウダーA

美しいデザインのコンパクトが特徴的なフェイスパウダー。毎年新しいデザインが発表されており、2023年は「10th Anniversary限定デザイン」の大人っぽさとかわいらしさが詰まったデザインです。

メイクの仕上げにも、夜のスキンケアの最後にも使えるのが便利なポイント。毛穴をふんわりぼかしながら、7種のパールの効果でナチュラルにトーンアップします。保湿成分のシアバターが配合されており、しっとりとした使用感です。

フェイスパウダーの売れ筋ランキングをチェック

フェイスパウダーのランキングをチェックしたい方はこちら。

フェイスパウダーの塗り方・使い方

フェイスパウダーを使う順番

By: rakuten.co.jp

フェイスパウダーは、基本的にはベースメイクの最後に使用します。化粧下地・ファンデーション(コンシーラー)・フェイスパウダーの順番で使ってみてください。

それぞれの行程の間に、スポンジでフィックスさせる行程を挟むとより密着力が上がります。さらに崩れにくくしたいときには、フェイスパウダーのあとにフィックスミストを使うのもおすすめです。

粉浮きやヨレを防ぐ崩れにくい塗り方

パフを使うときには、まずフェイスパウダーとパフをなじませてから使います。肌にフェイスパウダーを塗る際には、パフを肌へ軽く押しつけるように塗ってみてください。下から上に押し上げるように塗ると、さらに密着力が高まります。

ブラシを使うときには、まずブラシをくるくると動かしてフェイスパウダーとなじませます。プレストパウダーなら肌をサッとなでるように、ルースパウダーならくるくると円を描くように塗ってみてください。