メイクの仕上げとして活躍する「フェイスパウダー」。メイクのもちをよくするだけでなく、メイクアップ効果により、肌をトーンアップしたり、気になる箇所をカバーしたりできるアイテムです。

フェイスパウダーは多くのブランドから販売されているため、どれを選べばよいか迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。そこで、今回はおすすめのフェイスパウダーをご紹介。購入を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

フェイスパウダーとは?パウダーファンデーションとの違いは?

By: threecosmetics.com

フェイスパウダーとは、主にベースメイクの最後に使うパウダーのこと。余分な皮脂を吸着し、ベタつきやテカりを防ぐのが特徴です。ファンデーションやコンシーラーなどの油分を含むアイテムを使った後でも、フェイスパウダーで仕上げることでポイントメイクがしやすくなります。

また、メイクアップ効果により、肌表面をなめらかに見せられるのもメリット。メイク直しにも使えるので、1つ持っておくとさまざまなシーンで活用可能です。

一般的にファンデーションは、フェイスパウダーよりも油分が多く含まれており、カバー力が高いものを指します。ファンデーションを先につけて、仕上げにフェイスパウダーを乗せるのが基本的な使い方です。

フェイスパウダーの選び方

仕上がりの肌質感で選ぶ

自然でみずみずしい肌に仕上げる「ツヤタイプ」

By: chanel.com

ツヤタイプは、ツヤッとしたみずみずしい印象に仕上げるフェイスパウダー。化粧崩れなどを防ぎながら、ナチュラルなツヤっぽさを演出できます。ヘルシーな雰囲気のメイクに仕上げたい方におすすめです。

ツヤタイプは、ルースタイプのフェイスパウダーに多い傾向があります。ツヤっぽさをしっかりと残したい箇所にはブラシでさっと乗せるなど、つけ方によってツヤ感を調節できます。

テカリにくい陶器肌に仕上げる「マットタイプ」

By: amazon.co.jp

マットタイプは、テカりを抑えた陶器のような肌を演出するフェイスパウダー。大人っぽく、落ち着きのある印象の肌に仕上がるので、さまざまなシーンで活躍します。

基本的にパウダーをしっかり乗せるので、崩れにくいメイクに仕上げやすいのもメリット。上品な雰囲気が好みの方におすすめのタイプです。

華やかかつ明るい印象に仕上げる「ラメ入り・パール入りタイプ」

By: noevirgroup.jp

ラメ入りやパール入りタイプは、華やかな印象に仕上がるフェイスパウダー。光の効果により、ツヤっぽく見せやすいのもポイントです。また、部分的に使用することで、顔の立体感を強調できます。

ただし粒子が大きなラメは、肌から浮いて見えてしまうことも。日常使いするのであれば、粒子が細かいものを選んでみてください。

カラーで選ぶ

仕上げ用にはクリア・透明タイプがおすすめ

By: amazon.co.jp

ファンデーションやコンシーラーでしっかりと肌をカバーする場合は、クリア・透明タイプのフェイスパウダーを使うとナチュラルに仕上げられます。ふんわりとした印象に導き、厚塗り感がでにくいのも魅力です。

ファンデーションのカラーに関係なく使えるのもメリット。色選びをする手間が省けるので、お気に入りのファンデーションがある方にもおすすめです。

肌色補正やノーファンデ派には色つきがおすすめ

By: dior.com

色つきタイプはほどよくカバー力があるのが特徴。メイクアップ効果で肌色を補正したい方や、ノーファンデ派で軽くカバーをしたい方におすすめです。

カラーはさまざまあるので、用途に合わせて選んでみてください。ファンデーション代わりに使いたい方はベージュ、肌のくすみをカバーしたい場合はピンク、肌に透明感を演出したい方はパープルがおすすめです。

「ルースパウダー」と「プレストパウダー」の違い

ふわっと仕上げられるルースパウダータイプ

By: decorte.com

ルースパウダーは、さらさらとした粉状のフェイスパウダーです。軽くふんわりとした仕上がりになるのが魅力。ナチュラルなメイクが好きな方におすすめです。

一般的に、パッケージに厚みがあるので、自宅での使用に適しています。分厚いパフが付属していることが多いのもポイントです。パウダーがこぼれやすいので、服や床を汚さないように注意して使ってみてください。

持ち運びにも便利なプレストパウダータイプ

By: amazon.co.jp

プレストパウダータイプは、パウダーを圧縮してつくられているフェイスパウダー。カバー力が高く、マットに仕上がりやすい傾向があります。

固形なので粉飛びしにくく、持ち運びにも便利。こまめに化粧直しをしたい方におすすめです。衝撃を与えると割れてしまうことがあるため、持ち運びの際には丁寧に扱いましょう。

フェイスパウダーのおすすめ|プチプラ

イニスフリー(innisfree) ノーセバム ミネラルパウダー N

1980年代から2000年代生まれの20代・30代・40代に人気のある、イニスフリーのフェイスパウダー。テカリが気になる方におすすめのアイテムです。皮脂吸着パウダーとミネラル皮脂コントロールパウダーが皮脂を吸着し、さらさらとした印象の肌に仕上げます。超微粒子のパウダーで、軽いつけ心地です。

スタイリッシュなパッケージで、持ち運びしやすいのも魅力。中身が見える半透明タイプの容器を採用しており、買い替えのタイミングが分かりやすいのもメリットです。

井田ラボラトリーズ(IDA Laboratories) セザンヌ化粧品 うるふわ仕上げパウダー

プチプラのフェイスパウダーを探している方におすすめのアイテム。ルースタイプのフェイスパウダーで、厚塗り感を抑え、ナチュラルに仕上げます。毛穴ぼかしパウダーのソフトフォーカス効果により透明感を演出しつつ、毛穴の凹凸をカバーできるのが魅力です。

うるおい成分として、ローズマリー葉エキス・カミツレ花エキス・ラベンダー花エキス・ヒアルロン酸Na・スクワランを配合しているのもポイント。紫外線吸収剤は入っていません。また、洗顔料でオフできるので、気軽に使えます。

皮脂吸着パウダーが含まれており、ファンデーションのヨレや崩れを防げるのも特徴。クリアタイプとベージュカラーがあるので、用途に合わせて選びやすいのもメリットです。

井田ラボラトリーズ(IDA Laboratories) キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー~Abloom~

マシュマロのようなふんわり肌に見せる、プレストタイプのフェイスパウダー。汗や皮脂に強く、メイク崩れを防止できます。5色のカラーパウダーにより、顔色を補正できるのが特徴です。

洗顔料のみでオフできるのもポイント。カラーバリエーションは、メイクアップ効果によりくすみを補正できる「ディアレストブーケ」と、血色感がアップしたように見せる「サクラチュール」がラインナップされています。

BCL クリアラスト フェイスパウダー ハイカバー N マットオークル

ノーファンデ派の方におすすめの、カバー力が高いフェイスパウダー。メイクアップ効果により毛穴・色ムラ・赤みをカバーしたり、肌のテカリやメイク崩れを防いだりします。SPF40・PA+++とUVカット効果があるので、日常使いにもぴったりです。

保湿成分としてリピジュア・ヒアルロン酸Na・スクワランなどを配合しており、しっとり感が続くのも魅力。また、鉱物油・パラベン・アルコール・合成色素は含んでいません。

鏡つきのコンパクトなので、外出先での化粧直しにも役立ちます。厚みのあるふわふわなパフが付属しているのもポイント。色味は、やや赤みのあるマットオークルです。そのほか、本シリーズにはラメ入りのアイテムも展開しているので、チェックしてみてください。

レブロン(REVLON) カラーステイ プレスト パウダー N

つけたての仕上がりが長時間持続するフェイスパウダー。テカりにくく、崩れにくいのが魅力です。本製品はオイルフリータイプ。ウルトラファイン技術によるなめらかなテクスチャーもポイントです。

付属のパフを使って滑らせるようにつければマットな仕上がりに、ブラシを使ったりパフでポンポンつけたりすれば、セミマットな仕上がりになります。好みやシーンに合わせて仕上がりを変えられるので、便利なアイテムです。ミラーがついているため、外出先での化粧直しにも使えます。

ヤーマン(YA-MAN) オンリーミネラル マーブルフェイスパウダー シマー ウォーム

ミネラルと天然由来成分で作られた、プレストタイプのフェイスパウダー。石けんで落とせるので、肌への負担に配慮したい方にもおすすめです。保湿成分のローズヒップオイルとローマカミツレオイルが入っており、メイクしながら肌のケアもできます。

ミネラル成分が余分な皮脂を吸収し、テカりを防げるアイテム。また、ダイヤモンドパウダーが配合されており、肌にナチュラルなツヤ感を演出します。SPF50+・PA++++と高いUVカット効果があるのも魅力です。

4色のマーブルカラーになっており、乾燥による肌のくすみをカバーできるのもポイント。カラーバリエーションは「ウォーム」に加え、「クリーン」「シマー」も展開されています。

ナリス化粧品 アクメディカ 薬用フェイスパウダー クリア N【医薬部外品】

ドラッグストアでも購入できる、ニキビ・肌あれを防ぐ医薬部外品のフェイスパウダー。殺菌有効成分のサリチル酸や、抗炎症有効成分のグリチルレチン酸ステアリルなどが配合されているのが特徴です。

うるおい成分のハトムギ発酵液なども入っているので、肌の乾燥が気になる方にもおすすめ。また、皮脂吸収パウダーによりテカりを防止し、さらさらの素肌を保ちます。マスクによるこすれも軽減できるので、マスクを常につけている方にもぴったりです。

ナイトパウダーとしても使えるアイテムなので、スキンケア後のベタつきが気になるときにも便利。ベースメイクにも合わせやすい、色がつかないクリアタイプです。

カネボウ(KANEBO) コフレドール ルーセントフィニッシュパウダー

肌へ溶け込むようにナチュラルに仕上がるフェイスパウダー。粉っぽさや白浮き感がでにくく、自然なベースメイクがしたい方におすすめです。肌にヴェールをかけたように、ツヤと明るさを演出します。

余分な皮脂を吸着するので、メイクのテカリやヨレを防げるのもポイント。保湿成分として水溶性コラーゲンを配合しており、肌が乾燥しがちな方にもぴったりなフェイスパウダーです。

厚みのあるパフが付属しているのも魅力。レフィルが別売りされており、長く経済的に使える製品です。

アピュー(A’pieu) ジューシーパン ジェリーパウダー

高密着ジェリーがパウダーに変わるフェイスパウダー。ジェリーの密着力とパウダーのサラサラ感を両立した使い心地です。汗や皮脂を吸着したり、化粧の崩れやヨレを防止したりします。仕上がりはハーフマットです。

保湿成分のツボクサエキス・ドキダミエキス・ナイアシンアミドなどを配合しており、メイクをしながらスキンケアできるのも魅力。ピンク色のかわいらしいパッケージもポイントです。

江原道(Koh Gen Do) プレストパウダー

輝きを演出するフェイスパウダー。光の効果で肌に輝きを与え、毛穴などをカモフラージュするのがポイント。立体感のあるメイクにも役立ちます。また、香料・合成色素・石油系鉱物油・パラベンは配合していません。

本アイテムはベビーピンクと、ハイライト効果が期待できるホワイトがセットされています。保湿成分のホホバ種子油・スクワラン・シア脂・セラミド3・加水分解酵母エキスを配合しており、乾燥が気になる方にもおすすめです。

常盤薬品工業 エクセル クリア ルーセントパウダー NB

スフレのような質感が特徴のロングセラーフェイスパウダー。肌を乾燥から守る「セラミド内包パウダー」と、光の効果で毛穴や小ジワなどを目立たなくする「肌色補正パウダー」を配合しているので、ヴェールをまとったような肌に仕上げます。

保湿成分として、リピジュア・パパイヤ果実エキス・スターフルーツエキスなどが配合されており、パサつきにくいアイテム。また、粉含みのよいこだわりのオリジナルパフが付属しているのも魅力です。

カラーバリエーションは、ふんわりマット肌に仕上がる「ナチュラル」と、微粒子パールによりツヤっぽく仕上がる「シアーベージュ」が展開されています。

花王(Kao) キュレル ベースメイク 透明感パウダー

乾燥性敏感肌を考えてつくられたフェイスパウダー。全ての方に皮膚刺激起きたり、コメドができたりしないわけではないものの、乾燥性敏感肌の方によるパッチテスト済み・ノンコメドジェニック済みなのがポイントです。紫外線吸収剤・香料・アルコールは使用していません。

ふんわりと軽く、テカりやベタつきを抑えられるのも魅力。「肌色補整パール」が配合されており、くすみや色ムラをナチュラルにカバーします。また、肌への摩擦感や負担感の少ないパフが付属しているのもメリットです。

VTコスメティクス(VT Cosmetics) VT CICA ノーセバム マイルドパウダー

体のさまざまな箇所に使えるパウダー。顔だけでなく、前髪や手のひら、太ももなどにも使えます。皮脂吸着力が高く、さらさらとした印象の肌に仕上げたい方におすすめです。

整肌成分のツボクサエキスとトウキンセンカ花エキス、皮膚保護成分のカラミンを配合しており、肌にやさしいつくり。保湿成分のヒアルロン酸Naとプロポリスエキスも入っています。極細マイクロ素材のパフが付属しているのもポイントです。

エトヴォス(ETVOS) ミネラルUVパウダー

さまざまなミネラルをブレンドして配合したフェイスパウダー。メイクアップ効果により肌を血色よく見せる「赤色光透過ミネラル」や、光散乱により毛穴やシミをカバーする「ソフトフォーカスミネラル」などを含んでいます。

紫外線吸収剤不使用ながら、SPF50・PA++++と高いUVカット効果があるのも魅力。整肌成分のハマナ葉エキス・マタタビ果実エキスを配合しており、肌のケアもできるフェイスパウダーです。

カラーは、ピンクベージュとペールラベンダーがラインナップ。また、詰め替え用パウダーと替えのパフが別売されており、長く使える環境に配慮した製品です。

資生堂(SHISEIDO) マキアージュ ドラマティックフェイスパウダー

軽やかな透明感を演出するフェイスパウダー。美容液水とパウダーをムースのようにする「エアリームース製法」を採用しています。カバー力があり、毛穴やニキビ跡をカバーできるのもポイントです。

SPF18・PA++とUVカット効果があるので、日常使いにもぴったりなアイテム。また、化粧持ちに優れており、皮脂崩れなどが気になる方におすすめです。

コンパクトケースが薄く、持ち運びにも便利。起毛パフ面とスポンジ面の両面タイプのスポンジが付属しています。ベージュ系カラーが複数展開されているので、自分に合った色を選んでみてください。

・レフィル

・ケース

フェイスパウダーのおすすめ|デパコス

アクロ(ACRO) THREE アドバンスドエシリアルスムースオペレーター ルースパウダー

すべすべの肌を演出するフェイスパウダー。粉っぽさを残さずに、しっとりと仕上げられるのが魅力です。弾力のある「バウンシングパウダー」が肌にフィットして、明るい雰囲気に見せます。

重ねてつけても、重さが出たりヨレたりしにくいのがポイントです。テクニックがいらないので、ベースメイクが苦手な方にもおすすめ。また、パラベン・合成香料・鉱物油・有機色素を配合していません。パウダーを肌にまんべんなく馴染ませられる、ドーム型のパフが付属しているのも特徴です。

コーセー(KOSE) コスメデコルテ フェイスパウダー

デパコスフェイスパウダーのなかでも人気の高いアイテム。オーガニック認証を受けたシルクからできたパウダーを配合しており、なめらかな肌触りを実現しています。ソフトフォーカス効果により、ふんわりとした毛穴レス肌に見せられるのが魅力です。

カラーバリエーションが豊富にあるのもポイント。無色の「00」や、パール入りで血色感も演出する「80」などがあります。カラーによって質感やパールの有無などが異なるので、好みに合うものをチェックしてみてください。

資生堂(SHISEIDO) ナーズ ライトリフレクティングセッティングパウダー プレスト N

光沢感のある肌に見せたい方におすすめのフェイスパウダー。光を拡散させる「フォトクロミックテクノロジー」を採用しており、さまざまな光のもとで美しく輝く肌を演出します。光の効果で毛穴や小ジワを目立たなくするのも魅力です。無色のパウダーなので、どんなメイクにも合わせやすいアイテムです。

保湿成分のグリセリン・ポリネシアミネラル海水、なめらか成分の海藻エキスを配合しているのもポイント。また、オイル・パラベン・合成香料を使用していません。つけ心地にもこだわってつくられています。

エレガンス(Elegance) ラ プードル オートニュアンス

人気を集めているデパコスのフェイスパウダー。5色のパウダーが1つになったアイテムで、クリアな印象に仕上げます。

カラーバリエーションが豊富にあり、カラーによって質感が異なります。明るくセミマットな印象に仕上がる「I」や、軽やかでツヤっぽく見せる「IV」などを展開。高級感のあるケースなので、ラグジュアリーなアイテムが好みの方にもおすすめです。

日本ロレアル シュウ ウエムラ ステージ パフォーマー インビジブル パウダー

軽いつけ心地のフェイスパウダー。球状パウダーが光を乱反射することにより、毛穴・シワ・シミなどを目立ちにくくします。40代、50代の方にもおすすめ。サイズや特徴が異なるさまざまなパウダーを組み合わせており、クリアな印象と持続性を両立させているのがポイントです。

メイクのフィット感を向上させるので、メイク崩れが気になる方におすすめ。パウダーは無色で、メイクやファンデーションを選ばずに使えるのも魅力です。

・レフィル

・ケース

ジバンシィ(GIVENCHY) プリズム・リーブル

4色のパウダーがセットされたフェイスパウダー。4色は、まるで自然界にあるプリズムを再現するように計算されています。ジバンシィの「アトマイズ・テクノロジー」による、高い密着力と繊細な質感もポイントです。

メイクもちがよいのも魅力。カラーバリエーションはさまざまあり、「アシッド・シフォン」「ローズ・ヴェイル」などが展開されています。ジバンシィのアイコンのロゴが特徴的な、スクエア型のパッケージも特徴です。

ディオール(Dior) ディオールスキン フォーエヴァー クッション パウダー

ディオールのなかでも人気のあるフェイスパウダー。水系成分と、整肌成分のパンジーエキスを配合しており、肌を保湿します。

粉っぽさや厚塗り感が出にくく、メイクアップ効果によってナチュラルに肌を明るく見せられるのが魅力。シルクのような質感でさらっと仕上がるので、ベタつきが気になる方にもおすすめです。

カラーバリエーションが複数あり、フェアーやラベンダーなどがラインナップ。キルティングのカナージュ模様がかわいい、デザインにこだわったパッケージも特徴です。

資生堂(SHISEIDO) イプサ ルースパウダー

さらっと肌に溶け込むようになじむ、オイル仕立てのフェイスパウダー。エモリエント成分のホホバオイルでパウダーをコーティングしており、サラサラながらしっとりとした使用感を実現。ナチュラルなツヤ感を演出します。

肌質に合わせた2つのタイプを展開しているのも特徴。皮脂分泌量が多く、ベタつきやテカリが気になっている方は「1」を、皮脂分泌量が少なく乾燥が気になる方は「2」を選ぶと、仕上がりを長く保ちやすくなります。

シャネル(CHANEL) プードゥル ユニヴェルセル リーブル N

リキッドファンデーションやクリームファンデーションのもちをよくしたい方におすすめのフェイスパウダー。薄いヴェールをまとったような仕上がりで、粉感が出にくくツヤっぽい肌を演出します。

やわらかなパウダーで、なじみやすいのが魅力。複数のカラーバリエーションがあるので、用途にあわせて選んでみてください。ほどよく厚みのあるパフが付属しているのもポイントです。

エキップ(e`quipe) RMK エアリータッチ フィニッシングパウダー

エアリーな使い心地のフェイスパウダーです。テカりやベタつきを軽減し、さらっと仕上げることが可能。フィット力は高く、ナチュラルなツヤ感を演出できます。重ねても粉っぽくなりにくいのが魅力です。

カラーバリエーションは、パールが配合された華やかな「P01」、ナチュラルに仕上がる透明タイプ「01」、ツヤっぽく仕上がるホワイト「02」が展開されています。

マック(M・A・C) プレップ プライム トランスペアレント フィニッシング パウダー

シルキーに仕上がるフェイスパウダーです。光沢を抑えて、ナチュラルマットな質感に仕上げるので、使用シーンを選ばないのが魅力。透明タイプなので、メイクのカラーを邪魔しないのもポイントです。

オールスキンタイプと謳われており、敏感肌の方も使いやすいフェイスパウダー。無香料なので、香料特有の匂いが苦手な方にもおすすめです。

資生堂(SHISEIDO) ローラ メルシエ ルースセッティングパウダー トランスルーセント

ナチュラルな仕上がりが好きな方におすすめのフェイスパウダー。軽いつけ心地で、厚塗り感が出にくいのが魅力です。ソフトフォーカス効果により、毛穴を目立ちにくくします。

コンシーラーやファンデーションの崩れを防ぐので、メイクの美しさを長時間キープすることが可能。メイク直しをする時間がなかなか取れない方は、チェックしてみてください。

フェイスパウダーの売れ筋ランキングをチェック

フェイスパウダーのランキングをチェックしたい方はこちら。