顔に自然な立体感を与える「シェーディング」。陰影をつけてメリハリを出したり、小顔に見せたりするためのアイテムです。シェーディングは種類が豊富で、どのアイテムを選べばよいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、シェーディングのおすすめアイテムをご紹介。種類やパーソナルカラーごとに選び方も解説するので、自分に合う製品を見つけてみてください。

シェーディングとは?

By: narscosmetics.jp

シェーディングは、メイクで影を作るためのコスメアイテムです。肌よりも暗いカラーを使うため、陰影が出て顔が立体的に見えるのが特徴。鼻筋やおでこ、フェイスラインなどに影をつけて使用する方法が一般的です。

シェーディングは、顔のコンプレックスをカバーできるのもメリット。顔まわりにシェーディングを入れると、引き締まった印象に仕上がるのが魅力です。顔の印象をクッキリと見せたり、小顔に見せたりします。影で立体感が強調されるので、外国人のような彫りの深いメイクに仕上げたい方におすすめです。

シェーディングは、パウダータイプやスティックタイプなど種類が豊富。自分のなりたい印象や、肌質を考慮して選んでみてください。

シェーディングの選び方

タイプで選ぶ

パウダータイプ

By: amazon.co.jp

パウダータイプのシェーディングは、メイク初心者に適しています。簡単にぼかせたり、色の調節がしやすかったりと、失敗しにくいのが特徴です。ブラシで使用するため、量の調節をしながら使えるのがポイント。カラーが濃く付きすぎず、ふんわりとナチュラルな印象に仕上がるアイテムです。

粉状でベタつきにくい製品が多いので、サラッとした質感を好む方に向いています。また、パウダータイプは、マット・パール・ラメなど、異なる質感が揃っているのもメリット。カラーの種類も豊富で、好みやメイクに合わせて選びやすいのが魅力です。

スティックタイプ

By: amazon.co.jp

スティックタイプは、繰り出し式で使いやすいのが特徴です。保湿成分が配合されている製品も多く、ツヤを出したい方や乾燥肌の方に適しています。スティックは主に硬いクリーム状なので、ピンポイントに使いやすいのが特徴。フェイスラインや頬骨の下など、部分的に使いたいときにぴったりです。

また、スティックタイプのなかには、ペンのようにスリムな形状のものも存在します。線を描くように使用できるため、鼻筋などの細かい部分に使いやすいのがメリットです。スティックタイプはブラシが不要な製品が多く、指で簡単にぼかせるのも魅力。コンパクトなので、持ち運びにも適しています。

パーソナルカラーに合わせた色味を選ぼう

イエベ

By: amazon.co.jp

一般的に、イエベタイプの方には、ゴールド系やブラウン系などのあたたかみのあるシェーディングカラーが似合うとされています。暖色系のカラーは肌になじみやすく、自然に立体感が出せるのがメリット。イエベタイプの肌や瞳、唇に調和しやすい色合いです。

より華やかさを出したいときは、ゴールドのパールやラメが入っているアイテムがぴったり。肌に自然な輝きをプラスでき、垢抜けた印象を与えます。

ブルベ

By: amazon.co.jp

ブルベタイプの方には、黄みを抑えた涼しげなブラウン系のシェーディングがおすすめです。青みを感じさせるブラウンやベージュ、グレージュなどがよく似合うといわれています。ブルべタイプの肌になじみやすく、自然に立体感が出せるのが魅力です。

ツヤ感のある仕上がりにしたいときは、シルバー系のラメやパール入りのアイテムがぴったり。肌になじみやすく、涼しげな印象に仕上がります。

パール入りかマットかで選ぶ

By: amazon.co.jp

シェーディングには、パール入りやマットタイプなど、質感の異なるものが存在します。ナチュラルな印象に仕上げたい方や、発色をしっかりと出したい方にはマットタイプがおすすめ。影が強調され、メリハリのあるメイクに仕上がります。マットな質感のため、テカリやすいおでこや鼻筋への使用に適しているタイプです。

華やかな印象のメイクに仕上げたい方や、ツヤ感を出したい方には、パール入りのアイテムがぴったり。パールが光に反射して、自然なツヤが残ります。明るく華やかな印象に仕上がるのもメリットです。

シェーディングのおすすめ|プチプラブランド

トゥークールフォースクール(too cool for school) バイロダンシェーディング

3色のレイヤーに分かれたデザインが特徴のシェーディングパウダー。単色で使用したり混ぜて使用したりと、便利に活用できます。肌色や、目的に合わせて使い分けしやすいアイテム。3色構成なので、のせるときに自然なグラデーションが作りやすいのもメリットです。

フェイスラインのほかに、ノーズシャドウや眉周りにも使用ができると謳われています。カラーは2種類を展開。ウォームブラウンの「クラシック」と、ニュートラルグレーの「モダン」はがラインナップされています。どちらも自然になじみやすく、顔に立体感を与えるのが魅力です。

エチュード(ETUDE) フェイスカラーシェーディング

キメの細かいパウダーが特徴のシェーディングです。粒子の細かいパウダーなので、簡単にぼかしやすいのがポイント。ふんわりとした発色のため、失敗しにくいのも魅力です。メイク初心者の方や、シェーディングが初めての方に向いています。肌になじみやすく、自然な陰影が作れるのがポイントです。

特に、小鼻やフェイスラインへの使用にぴったり。顔が引き締まって見えるため、メリハリのあるメイクに仕上がります。本製品は、メイクや好みに合わせて選びやすい3色展開。明るめのブラウンからダークなブラウンまで、使い分けしやすい色が揃っています。

井田ラボラトリーズ(IDA Laboratories) キャンメイク シェーディングパウダー

コンパクトなサイズ感で持ち運びに適している、シェーディングパウダーです。本製品には、やわらかなナイロンブラシが付属。ひとはけでしっかりとシェーディングがのる、毛量の多さが魅力のブラシです。

マットな質感のシェーディングパウダーなので、ナチュラルな陰影をつけたいときにぴったり。フェイスラインに使うと、自然に立体感が出せます。

肌色に合わせて選びやすい、豊富なカラー展開もポイント。「04 アイスグレーブラウン」は、ブルべタイプの色調になじみやすいカラーです。「01 デニッシュブラウン」は、明るい肌色向き。黄味よりのブラウンが、自然に陰影をつくります。

コージー本舗 Ririmew シアーマットシェーディング

3つの異なるカラーがセットされているシェーディングパウダーです。単色で使用したり、混ぜて使用したりと、好みに合わせて使いやすいアイテム。保湿成分として、セラミド・ヒアルロン酸・モモ葉エキスが配合されているのが魅力です。ヨレにくく密着しやすいパウダーなので、肌に溶け込むような自然な仕上がりが叶います。

肌色に合わせて使い分けしやすい、カラー展開も特徴です。「01 グレージュトーン」は、黄ぐすみしにくいと謳われているニュートラルブラウン。「02 べージュトーン」は、あたたかみのあるブラウンです。

井田ラボラトリーズ(IDA Laboratories) セザンヌ化粧品 シェーディングスティック

繰り出し式で使いやすい、スティックタイプのシェーディング。肌にフィットしてなじみやすいのが魅力です。密着感を高めるオイルが配合されていながら、つけた後はサラサラとした質感に変化。ロングキープ処方なので、ヨレにくいと謳われているアイテムです。

使いたい部分にスムーズに塗れる、適度な太さのスティックも特徴。輪郭などの広いパーツにも塗りやすいのがポイントです。小顔に見せたい方や、フェイスラインの影を強調したい方におすすめ。赤みのあるブラウンと、黄みのあるブラウンの2色が揃っています。

井田ラボラトリーズ(IDA Laboratories) セザンヌ化粧品 ナチュラルマットシェーディング

専用のブラシがセットされている、シェーディングパウダーです。大きさの異なる2種類のブラシが揃っています。使うパーツや好みの色に合わせて、調節しやすいのが特徴。コンパクトなサイズなので、持ち運び用としてもぴったりです。

また、プチプラながら、ヒアルロン酸Na・ラベンダー花エキス・カミツレ花エキス・ローズマリー葉エキスなどの保湿成分が配合されています。

そのほか、パーソナルカラーに合わせて選びやすい、2色を展開しているのも魅力です。グレーが混ざったモーヴブラウン「02 クールトーン」や、あたたかみのある「01 ウォームトーン」など、使いやすいカラーが揃っています。

フーミー(WHOMEE) ちっちゃ顔シャドウ

サラサラと仕上がるテクスチャーが特徴のシェーディングパウダーです。本製品は、メイクアップアーティストのイガリシノブさんがプロデュースしているブランドのアイテム。顔の余白が気になる部分に使用すると、引き締まったような印象に仕上がると謳われています。

影を作りたい箇所やさまざまなパーツに使いやすいのもメリット。スクワラン・ホホバ油・ヒアルロン酸Naなどの保湿成分が配合されているのも魅力です。

エチュード(ETUDE) プレイ101スティックデュオ

人気の韓国コスメブランド、エチュードから販売されているスティックタイプのシェーディングです。ハイライト・シェーディングの2色がセットされている、ペン形状のデザインがポイント。2色を塗り分けてなじませると、メリハリ感があるコントゥアーメイクに仕上がります。

スティックの先端は、24度の斜めカット。顔の曲面にもフィットしやすく、すき間なく使えます。「#02」は、シマートーンハイライトとディープカカオブラウンシェーディングの組み合わせ。コントゥアリング効果が高まる、メリハリある色の組み合わせが特徴です。

はっきりとした顔立ちを目指したい方や、発色のよいシェーディングを探している方に向いています。

ディーエイチシー(DHC) シェーディングカラー

フェイスラインや頬、鼻すじなどに使いやすいシェーディングパウダー。本製品は、持ち運びやすいブラシ付きのパレットタイプです。濃淡の異なる2色がセットされているので、好みの色合いに調節しやすいアイテム。単色で使ったりブレンドして使ったりと、自由自在に使いやすいのが魅力です。

キメが細かいパウダーのため、ムラになりにくく、ナチュラルな印象に仕上がります。プチプラアイテムながら、保湿・保護成分としてスクワランが配合されているのもポイント。つけたてのなめらかさが続くと謳われています。

アンドビー(&be) コントゥアペン

クレヨンタイプで使いやすいシェーディングアイテムです。本製品は、スリムなペンタイプ。なめらかな描き心地で、しっとりと肌になじむ質感が特徴です。整肌成分として、グリチルレチン酸ステアリルとアラントインを配合。さらに、セラミドNPなどの保湿成分が配合されています。メイクをしながら、肌をケアできるのが魅力です。

ノンシリコンタイプで毛穴をふさぎにくいのもポイント。フェイスラインなどへの使用にもぴったりです。フェイスラインに影を入れて、理想の顔型を演出しやすいアイテムです。

フジコ(Fujiko) デコ シャドウ

小顔に見せたい方や、面長をカバーしたい方にぴったりのシェーディングです。おでこの隙間や生え際に使いやすい形状が特徴。ドライパウダー採用のため、肌にピタっとフィットします。メイクが崩れやすい、おでこ周りにも使いやすいアイテム。水を一切使っていない処方なので、汗・皮脂でも落ちにくいと謳われています。

蓋部分には、専用のパフが付属。気になる生え際や分け目にも使いやすいため、若々しい印象に仕上がりやすいアイテムです。

ちふれ(CHIFURE) シェーディング パウダー

ノーズシャドウとしても使いやすいシェーディングです。プチプラながら密着性が高く、きれいな仕上がりが続くのがポイント。専用のブラシが付属しています。ブラシ全体を使ってシャープなフェイスラインを作ったり、ブラシの先端を使用して鼻筋を強調させたりと、自由自在に使用可能です。

程よい発色も魅力。自然な陰影を作りたい方にぴったりのアイテムです。本製品は、肌色に合わせやすい2種類のカラー展開。ヘルシーであたたかみのある「ウォームブラウン」と、クールで凛とした「グレイッシュブラウン」が用意されています。

フィジシャンズフォーミュラ(PHYSICIANS FORMULA) MMバターブロンザー

肌のカサつきが気になる方におすすめの、ブロンザー兼シェーディングパウダーです。保湿成分として、ムルムルバターを配合。パウダーながら、クリーミーで密着感が高い質感が魅力です。ナチュラルな色合いなので、顔に自然な立体感を与えます。

また、コンパクトには専用のスポンジスパチュラが付属。モチモチとした肌ざわりのスポンジで、シェーディングカラーをやさしく伸ばします。パラベンフリー・グルテンフリー・低刺激性の処方もポイント。乾燥肌や、敏感肌の方でも使いやすいと謳われています。

シェーディングのおすすめ|デパコスブランド

カネボウ(KANEBO) ルナソル コントゥアリングスティック

シアーな発色が特徴の、スティックタイプのシェーディングです。本製品は、ツヤ肌に仕上げたいときにぴったり。水のようなツヤが肌に溶け込み、ナチュラルな陰影を作ります。

保湿成分として、オリーブオイル・アーモンドオイル・ホホバオイル・ローズヒップオイル(カニナバラ果実油)などを配合しているのがポイントです。指でぼかせる滑らかな質感なので、お直し用コスメとしても適しています。

マッシュビューティーラボ(MASH Beauty Lab) セルヴォーク カムフィースティックブラッシュ

頬に溶けこみやすいスティックタイプのシェーディングです。本製品は、マルチに使いやすいカラースティック。使うカラーによって、チーク・ハイライト・シェーディングと使い分けられるアイテムです。シェーディングとして使用するときは、「03 ブラウン」がぴったり。肌に立体感とあたたかみを与えます。

クリームのようでもあり、パウダーのようでもあると謳われている、滑らかな質感も特徴。スルスルと伸びる使い心地ながら、つけたあとはベタつかない仕上がりです。スティックタイプなので、使いたい部分にピンポイントで使用可能。伸びのよい質感で、色の濃さも使う範囲も自在にコントロールできます。

アクロ(ACRO) THREE シャドウプレイコントゥアリングパレット

シェーディング・ハイライトとして使いやすい、パレットタイプのアイテムです。エモリエント成分としてティーシードオイルやアルガンオイル、ホホバ油などが配合されています。

本パレットには、ライトベージュ・ライトブラウン・ダークブラウンの3色をセット。単色でつけたり混ぜてつけたりと、好みに合わせて使い分けしやすいのが魅力です。落ち着いたトーンの色合いで、肌に自然になじむのが特徴。ハイライトやシェーディングの境界線が見えにくいほど、自然なグラデーションが作れます。

特に、立体的でエレガントな印象に仕上げたい方におすすめのシェーディングパウダーです。

ポーラ(POLA) B.A カラーズ コントラスト イルミネーター

ハイライトとシェーディングがセットされているカラーパレットです。パレットには、専用のブラシが付属。朝のメイクだけではなく、日中の外出先でも使いやすいアイテムです。

立体感を追求して作られている、色の組み合わせも特徴。シェーディングは、絶妙なグラデーションが演出しやすい、やわらかな発色です。ハイライトは、シャンパン・イエロー・ホワイトの3色のカラーパールが配合されています。肌が美しく見えるような、光と影を再現できると謳われているアイテムです。

コーセー(KOSE) アディクション ブラッシュ トリニティ

3色のカラーパウダーがセットされているアイテム。選ぶ色によって、さまざまなシーンで使い分けができるのが魅力です。チークとして使ったりシェーディングとして使ったりと、マルチに使えます。シェーディングとして使いやすいカラーは「001 ジェットセッター」。ハイライトとシェーディングとして使いやすい色の組み合わせです。

また、保湿成分として、ヒアルロン酸・スクワランを配合。化粧持ちをアップさせる成分として、アミノ酸も配合されています。きれいな仕上がりが続くシェーディングパウダーです。

トゥーフェイスド(Too Faced) ミルクチョコレート ソレイユ ロングウェア マット ブロンザー

チョコレートの香りつきの、ユニークなシェーディングパウダー。パレットを開いた瞬間から、本物のチョコレートのようないい香りがするのが魅力です。本製品は、立体感が引き立つマットタイプ。整肌成分として、カカオ果実が配合されています。

ブロンズカラーのパウダーが、肌の赤みをカバー。にごりのない印象の肌に仕上げます。華やかなコンパクトにセットされているので、持っているだけで気分も上がる人気のデパコスアイテムです。

カネボウ(KANEBO) ルナソル シークレットシェイプパレット

バームとパウダーの異なる質感がセットされている、パレットタイプのシェーディングです。パレットには、2種類のカラーパウダーと1種類のバームをセット。チーク・シェーディング・グロウカラーとしても使いやすい、マルチアイテムです。

バームは、濡れたようなツヤが残るグロウカラー。ツヤのあるナチュラルメイクを楽しみたい方にぴったりです。パウダーには、パールが配合されている肌なじみのよいコーラルベージュ系と、顔立ちを引き締めるシェードカラーをセット。肌に血色を与えたり、フェイスラインを引き締めたりと、メイクに合わせて使い分けができます。

異なる質感と色を組み合わせるため、自然な立体感を出せるのが魅力です。

マック(M・A・C) ミネラライズ スキンフィニッシュ

人気のデパコスブランド「マック」の、シェーディングとしても使えるフェイスパウダーです。本製品は、じっくりと窯で焼き上げたパウダータイプ。肌に自然な立体感を与えて、ナチュラルマットな質感に仕上げます。高発色で肌なじみがよいのも魅力です。

さまざまな肌の色にマッチしやすい、豊富なカラーバリエーションが揃っているのもポイント。淡めのゴールドベージュから、深みのあるキャラメル系のカラーまでラインナップされています。

ボビイ ブラウン(BOBBI BROWN) ブロンジングパウダー

ヘルシーな印象のメイクに仕上げたい方におすすめの、ブロンザー兼シェーディングパウダーです。赤みとブラウンの絶妙な色調バランスが特徴。肌に自然になじんで、立体感やあたたかみを与えます。重ねるごとに発色が高まるので、色の濃淡調節も自由自在。重ねても厚みが出にくいため、チークアイテムとの重ねづけも可能です。

カラー展開は、明るめのブラウン「01 ゴールデンライト」と、赤みが加わった「02 ミディアム」の2種類。健康的に日焼けをしたような肌色が演出できます。

資生堂(SHISEIDO) ナーズ ブロンズパウダー

ゴールドシマーが華やかな、シェーディングパウダーとしても使えるブロンザーです。キメの細かい粒⼦のパウダーが特徴。なめらかで均一な見た目に仕上がるのが魅力です。肌になじみやすいので、自然な輝きとあたたかみがプラスできます。

本製品は、シマー入りの2色展開です。明るめの肌には「5172 ブラウン&ゴールデンシマー」がおすすめ。顔に自然な立体感を与えます。「5173 ディープブラウン&ゴールデンシマー」は、健康的な肌色の方や、肌色のコントラストをしっかりと出したい方にぴったりです。

シェーディングの売れ筋ランキングをチェック

シェーディングのランキングをチェックしたい方はこちら。

シェーディングの入れ方やポイント

By: ririmew.com

シェーディングは、しっかりとぼかして仕上げるのがポイント。肌にのせた後に指やブラシでぼかすと、自然になじみます。

小顔に見せたいときは、シェーディングを顔の側面につける方法がおすすめ。おでこの生え際やこめかみ、フェイスラインにのせて、境目をしっかりぼかして仕上げます。顔のまわりに自然な影ができるため、引き締まった印象に仕上がるのがメリットです。

鼻筋を高く見せたいときは、少しずつ小鼻の横にシェーディングを入れてみてください。鼻筋を強調できるので、鼻が高く見えやすいメイクテクニックです。また、顔の縦のラインも引き立つため、大人っぽい印象に仕上がります。