人工的に二重をつくって目を大きく見せる「アイプチ」。一般的なリキッドタイプのほかに、ファイバータイプやテープタイプなど、さまざまな種類が発売されています。

そこで今回は、おすすめのアイプチをピックアップしてご紹介。選ぶときにチェックすべきポイントも合わせてお伝えするので、ぜひ参考にしてみてください。

アイプチとは?

By: koji-honpo.co.jp

アイプチとは、まぶたに使用して二重をつくるためのアイテム。一重の方が使うのはもちろんのこと、奥二重の方がさらに幅の広い二重をつくったり、左右の二重幅の差を解消するために使われたりもします。

リキッド状の接着タイプが主流ですが、ほかにもテープタイプやファイバータイプ、折り込みタイプ、夜用タイプと数多くラインナップ。種類によって使い方が異なるので、自分にとって使いやすいものを選ぶのが失敗しない二重まぶたをつくる秘訣です。

アイプチの選び方

種類で選ぶ

リキッドタイプ

By: amazon.co.jp

リキッド状の接着のりを使って二重をつくるタイプ。二重のラインをつくりたいところに塗って接着させることで二重まぶたに整えます。初めてアイプチを使う方や、まぶたが重めの方におすすめです。

毎日使い続けると二重のラインがまぶたに付くこともありますが、まぶたの皮膚が引き伸ばされてたるんでしまいやすくなるため、注意しましょう。保湿成分や整肌成分などが配合されているものを選べば、まぶたをいたわりながら使用可能です。

テープタイプ

By: koji-honpo.co.jp

まぶたのカーブをかたどったテープタイプのアイプチ。「アイテープ」とも呼ばれています。両面タイプと片面タイプがあり、皮膚が厚めの方は両面タイプ、皮膚が薄めの方は片面タイプを使うのがおすすめです。

リキッドタイプのアイプチに比べ、液体を乾かす時間がかからず、テープを貼るだけなので簡単に二重をつくれるのが魅力。まぶたの形や大きさ、目幅は人それぞれなので、テープを切るなどして調節すると、より自然に仕上がりやすくなります。

ファイバータイプ

By: artsbrains.co.jp

極細繊維をまぶたに食い込ませて使うアイプチです。両端を持って左右に伸ばすとファイバーが露出。露出したファイバーを二重のラインに当てて使うので、もともと二重のラインが薄く付いている方や、二重のラインが付きやすい方に適しています。繊維が細いうえに食い込ませて使うので、バレにくいのが魅力です。

ただし、両端の部分は最後にハサミでカットするため、小回りの利く先端の丸いミニハサミを用意しておきましょう。長時間きれいな二重まぶたをキープしやすいタイプですが、慣れるにはコツがいるため中~上級者向けのアイテムといえます。

折り込みタイプ

By: d-up.co.jp

リキッドタイプと同様に液体をまぶたに塗るタイプのアイプチ。まぶたを接着して二重をつくるリキッドタイプと異なり、塗った部分に膜をつくって使うタイプです。

理想の二重のラインを決め、目の際からそのラインまで液体を塗って乾かすと、目を開けたときにまぶたが折り込まれ二重になるという仕組みです。

まぶたを接着せずに二重をつくるため、目立ちにくくまぶたの突っ張りも感じにくいのが魅力。ただし、まぶたが重い方は折り込みにくい場合もあるので、もともと奥二重の方やまぶたが薄い方におすすめです。

夜用タイプ

夜、寝ている間に二重のクセ付けをできるのが夜用タイプのアイプチ。リキッドタイプのアイプチと同じ手順で二重をつくりますが、日中使うタイプよりも粘着力が強いのがポイントです。

継続して使っていくと二重のクセが付きやすいので、日中のアイプチが成功しやすくなることもあります。理想の二重に近づけるために、寝ている間の時間も使ってクセを付けたい方におすすめです。

使いやすさもチェック

プッシャー・ハケ付き

By: amazon.co.jp

リキッドタイプや折り込みタイプのアイテムは、ハケを使ってまぶたに塗るので、ハケの使いやすさもチェックしておきましょう。二重のライン上をなぞって接着させるリキッドタイプは、二重のラインが描きやすい細筆タイプがおすすめ。折り込みタイプは、塗る範囲が広いためハケが太めのものを選ぶと便利です。

また、二重のラインをつくるときに必要なプッシャーもチェックすべきポイント。リキッド・折り込み・夜用タイプのアイプチには基本プッシャーが付いていますが、製品によってプッシャーの形状や素材が異なります。角度調節しやすいタイプや、Y字とI字のプッシャーが両端に付いている2WAYタイプなどがあるので、購入前に確認してみてください。

ウォータープルーフタイプ

汗をかきやすく湿気の多い夏場に使う場合や、海やプールなどといったレジャーシーンでアイプチを使う場合は、ウォータープルーフタイプがおすすめです。

リキッドタイプや折り込みタイプは、のりでできているため水に弱いのが難点。水に強いウォータープルーフタイプを選べば、汗や水に濡れても二重の状態をキープしやすくなります。

メイクのしやすさ・オフのしやすさをチェック

By: d-up.co.jp

アイプチは、アイテムによって二重をつくったあとのメイクのしやすさが異なります。アイシャドウやアイライナーをきれいにのせるには、塗ったあとのベタつきやテカリが出にくいタイプを選びましょう。また、速乾タイプやテープタイプを選べば、アイプチを乾かす時間を短縮できて便利です。

メイクのしやすさだけでなく、オフするときの簡単さもチェックしておくべきポイント。まぶたは顔の皮膚のなかでも最も薄い部位といわれているため、落とすときの負担がかかりにくいものを選んでみてください。

ウォータープルーフタイプは水が付いても落ちにくいのが魅力ですが、オフはしにくいので留意しておきましょう。やさしくこするだけでオフできるタイプや、クレンジングと同時に落とせるタイプは、メイクオフに時間がかかりにくくおすすめです。

配合成分をチェック

皮膚が薄くデリケートなまぶたに使うアイプチは、配合成分もチェックしておきましょう。保湿成分や整肌成分が配合されているタイプなら、肌をいたわりながら二重まぶたをキープします。また、低刺激処方を謳っているアイテムを選ぶのもおすすめです。

アイプチを使用して肌にかゆみやヒリつきが出てきてしまった場合は、すぐに使用を中止しましょう。肌にかぶれなどが出やすい方は、事前にほかの部位に使ってみて異常が出ないか確認してから使うのがおすすめです。

アイプチのおすすめ|リキッドタイプ

コージー本舗 アイトーク スーパーウォータープルーフ

ウォータープルーフで汗や水、涙、皮脂などに強いアイプチ。ラテックス不使用のリキッドタイプです。接着性にすぐれているため、まぶたを閉じてもきれいな自然な二重をつくれます。

プッシャーが付属しており、本体容器に引っ掛けておけるので、失くしにくく便利。両端がY字とI字になっているため、使いやすいほうを選べます。

コージー本舗 アイトーク クリアジェル

一般的なアイプチは白い液体ですが、本製品は液体がクリアなタイプ。メイクが崩れたときに、アイプチを使った箇所が白くなってしまう悩みを解決します。角質層まで浸透する浸透型ヒアルロン酸やユズ果実エキスといった保湿成分が配合されているのもポイントです。

プッシャーは2WAYタイプなので、使い勝手のよいほうを選んで使えて便利。水を含ませたコットンやティッシュで撫でるだけで簡単にオフできるため、落とすときの摩擦による負担がかかりにくいのも魅力です。

コージー本舗 アイトーク エクセレント

接着力が高いハードタイプのアイプチです。ハードタイプですが、ヒアルロン酸やカミツレ花エキスなどの保湿成分を配合しているため、肌をすこやかに保ちます。

プッシャーはY字とI字の2WAYタイプで、使い勝手も良好。アイプチ独特のニオイを軽減するグレープの香りが付いています。同メーカーのアイトークシリーズのなかでも色とデザインがシンプルなタイプ。スクエアボトルなので、ポーチに入れてもかさばりにくいのもポイントです。

シャンティ アストレア ヴィルゴ アイビューティー フィクサーWP

汗や水に強いウォータープルーフタイプのアイプチです。水に濡れても白くなりにくく、つくった二重まぶたを長時間持続します。アイプチ特有の刺激臭も少ないため、ニオイが気になる方にもおすすめです。

また、保湿成分のローズマリー葉エキスや、カミツレ花エキスを配合しているのもポイント。落とすときは、クレンジングと泡洗顔のダブル洗顔を行うことが推奨されているほどなので、海やプールでのレジャー時にも適しています。

オートマティックビューティー(AB) ダブルアイリキッド

ハケが塗りやすい細筆タイプなので、初心者でも使いやすいアイプチです。すぐにリキッドが乾いて透明になり、忙しい朝の時間でもサッと二重をつくれます。

I字のプッシャーが付属しており、アイプチを塗る前に二重の仮ラインをつくるときにも重宝。つけまのりとしても使えるため、1つあると2役こなす便利なアイテムです。

アイプチのおすすめ|テープタイプ

ディー・アップ(D-UP) ワンダーアイリッドテープ エクストラ

二重幅を広げるのにも、頑固な一重に悩む方にもおすすめのアイテープ。粘着力が強いため、1日中くっきりとした二重をキープできます。

汗や水に強いタイプなので、レジャーシーンでも活躍。まぶたの押し込みやテープを貼る際に使いやすい、V字のスティックが付属しています。極薄の両面テープタイプのアイプチを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ディー・アップ(D-UP) ワンダーアイリッドテープ マイルド

医療用としても使われる接着剤を使用した、テープタイプのアイプチです。同シリーズのほか製品よりもやわらかい素材を採用しているため、付け心地がマイルド。両面タイプなので、まぶたの奥でしっかりと固定されます。

水や汗に強く、二重まぶたを1日キープできるのも魅力。二重まぶたをつくるだけでなく、肌への負担も考慮したい方におすすめのタイプです。

ディー・アップ(D-UP) ワンダーアイリッドテープ ポイント

二重のクセが付きやすい方や、もともと薄く二重が付いていて、より安定させたい方におすすめのアイテム。全長が12mmとテープ面が小さいので、部分的に補強ができます。

カットせずに使えるため、朝の忙しい時間でもサッと二重にできるのもポイント。両面タイプで接着力も強力です。水や皮脂に強いので、スポーツをするときやレジャーシーンでも使いやすいテープ状のアイプチです。

オートマティックビューティー(AB) ダブルアイテープ

テープに触れずにフィルムをはがせるワンタッチ構造を採用しているテープタイプのアイプチ。両面タイプなのでまぶたをしっかりと固定し、くっきりとした二重をつくれるのが魅力です。

テープを貼ったあとに付属のスティックでなじませれば、より自然な二重まぶたに整えられます。だれでも簡単に使いやすいので、テープタイプのアイプチを初めて使う方にもおすすめです。

オートマティックビューティー(AB) シングルアイテープ

片面のみ接着できる片面テープタイプのアイプチ。失敗しても貼り直しができるので、アイプチ初心者や二重のラインづくりにこだわりがある方におすすめです。

付属のスティックでテープを台紙から外せるため、接着面に指紋や手の皮脂が付きにくく失敗が少ないのもポイント。肌になじみやすい半透明カラーを採用しており、テープを貼っていることがバレにくいのも魅力です。

アイプチのおすすめ|ファイバータイプ

アーツブレインズ(artsbrains) メザイク ストリングファイバー

医療用に開発された素材を使用しているファイバータイプのアイプチ。しなやかな透明ファイバーによって、理想の二重のラインをつくれます。

汗や皮脂に強いウォータープルーフタイプなので、スポーツをするときや海やプールでのレジャーシーンにもぴったり。目を伏せてもひきつりにくいため、バレにくいものを探している方はチェックしてみてください。

オートマティックビューティー(AB) メジカルファイバー2

切れにくい透明ファイバーを採用しているファイバータイプのアイプチです。台紙からはがしやすいので、アイプチ初心者にもおすすめ。自然でつっぱったような感じのない二重をつくります。

ファイバーを食い込ませたあとは、付属のスティックでなじませればさらにナチュラルに仕上げ可能。頑固な一重まぶたにも、二重幅を左右均等にしたい方にもぴったりです。

アイプチのおすすめ|折り込みタイプ

ディー・アップ(D-UP) オリシキ アイリッドスキンフィルム

約30秒間乾かすだけで簡単に人工皮膜を形成して二重をつくれる折り込みタイプのアイプチです。二重のラインに合わせて塗りやすいサイズの筆を採用。不器用な方でも使いやすいアイテムです。

テカリを軽減した仕様で、ラメのアイシャドウを塗ったうえで使うとアイプチをしていることがバレにくいのもうれしいポイント。人工皮膜の強度が高いため、くっきりとした二重を長時間キープしたい方にもおすすめです。

アチーブ(ACHIVE) ルドゥーブル

リキッドを塗った部分に皮膜が形成されて折り込まれ、きれいな二重がつくれるアイプチです。自然な二重まぶたが1日中続きます。ウォータープルーフタイプで、水や汗に強いのも魅力。透明なので自然に仕上がります。

うるおい成分としてコラーゲンが配合されているため、デリケートな目元をいたわりながら使えるのもポイント。メイクの上から付けられるので、アイメイクを楽しみたい方にもぴったりです。

コージー本舗 アイトーク ハイブリッドフィルム

極薄のフィルムをまぶたのうえに形成して、自然な二重をつくるアイプチです。まばたきをしてもつっぱり感がなく、本物のような二重に仕上げます。

アイシャドウなどのメイクのうえからも使えるので、アイメイクにこだわりたい方におすすめ。2WAYプッシャーも付属しており便利です。

ローヤル化研 ローヤルプチアイムSプラス スーパーハード

独自の「ストレッチエッセンス」を採用している折り込みタイプのアイプチ。速乾性が高く、皮膚の引き締め力が強いため、腫れぼったい一重まぶたの方や、二重のラインが付きにくい方にもおすすめです。

保湿成分のアロエベラエキスとユズセラミドを配合しているのもポイント。デリケートなまぶたをいたわりつつ、くっきりとした二重を長時間キープできます。

キコラボ(KICOlab) うるプチふたえ

約25秒で二重まぶたが完成すると謳われている、ゴムラテックスフリーのアイプチです。アクリル系樹脂でできたのりが、まるでアイテープのような皮膜を形成。まぶたを折り込んで二重をつくります。

保湿成分を10種配合しているのもポイント。二重まぶたをつくりながら、デリケートな目元のうるおいをキープします。

クオレ(CUORE) K-パレット リアルダブルアイリッド

製薬会社が考案した折り込みタイプのアイプチです。マットパウダーを配合しているため、テカりにくいのが特徴。目を閉じてもバレにくい自然な仕上りを叶えます。

強力ポリマーの配合により、長時間二重をキープできるのもポイント。リアルスキン処方のため、下を向いたときにも不自然に見えにくく、ナチュラルに仕上がります。くっきりとした二重をつくりたい方におすすめです。

エリザベス ラクオリ リキッドフィルム

腫れぼったく頑固な一重まぶたでもくっきりとした二重をつくれると人気のアイプチ。テカリが出にくいタイプで、アイメイクをすればより自然に仕上がります。

オリジナルのY字スティックが付属しているのもポイント。二重のラインを探したり、二重のラインを食い込ませたりするときに便利です。まぶたの皮膚に厚みがある方は、二度塗りをすると皮膜が強化され、さらにしっかりと折り込めます。

アイプチのおすすめ|夜用タイプ

クオレ(CUORE) K-パレット フタエラボ ナイトアイリッドグルー

就寝中に二重のラインを接着して固定する、夜用のアイプチ。まぶたが動かない寝ている時間を利用して、効率的に二重まぶたのクセを付けられます。

配合成分のアクリレーツコポリマーアンモニウムが、皮膜を形成。接着と同時に肌を引き締めます。朝起きたときに二重のラインが残りやすいので、朝のアイメイクをより楽に行いたい方は、ぜひチェックしてみてください。

ストリートレンド(StreeTrend) ナイトアイボーテ

接着力が高く、寝ている間の二重のクセ付けが強力にできる夜用のアイプチです。独自の研究によって、刺激を抑えつつ接着力もキープします。

また、保湿作用や肌を引き締める作用があるボタンエキス、整肌作用や収れん作用を持つフユボダイジュ花エキスなどを配合しているのもポイント。目元をいたわりながら使えます。毎朝のメイクを楽にしたい方におすすめのアイテムです。

シェモア(chez moi) メジカライナー ナイト&ハード

1ステップで二重のクセ付けができる夜用のアイプチ。まぶたを閉じた状態でも、二重のクセをしっかりとキープできるほどの粘着力を有しています。

本製品はハケで液を塗るタイプではなく、小さな穴が先端に開いたスパチュラ容器を採用。適度に弾力があるため、まぶたに負担をかけにくく、ラインをそのままなぞるだけで二重をつくれます。また、44種類の植物エキスを配合しているのもポイントです。

コジット(COGIT) ふたえ用アイテープ 夜用

幅2mmの極細テープで、寝ている間に二重のクセ付けが期待できるアイプチです。和紙をテープの中芯に使用しているため線が付きやすく、初心者でも簡単に使えます。

医療用の粘着剤を使用しており、肌にやわらかくフィット。プッシャーの先端はシボ加工が施されているので、テープをまぶたにのせやすいのもポイントです。