顔に立体感を出したり肌のトーンを整えたりできる「ブロンザー」。ブロンザーはさまざまなメーカーから販売されているので、どの製品を選べばよいか迷う方もいるのではないでしょうか。

そこで、今回はおすすめのブロンザーをご紹介。プチプラからデパコスまで、アイテムを幅広くまとめました。ブロンザーの選び方や使い方のコツも解説するので、ブロンザーを探している方は、ぜひ参考にしてみてください。

ブロンザーとは?

By: clinique.jp

ブロンザーは、肌を自然な小麦色にメイクアップできるアイテム。日本ではあまり馴染みがありませんが、海外では人気のアイテムです。小麦肌にしたいものの日焼けはしたくないときや、日焼けした箇所と日焼けしていない箇所の色差が気になるときなどに重宝します。

色味によっては、シェーディングやチークとして使うのもおすすめです。さまざまな使い方ができるので、ひとつ持っておくとメイクの幅が広がります。

ブロンザーの選び方

テクスチャーから選ぶ

初心者でも使いやすい「パウダータイプ」

By: the-body-shop.co.jp

粉状のパウダータイプは、ブロンザー初心者の方におすすめです。ほんのりと色を乗せられるため、ブロンザーを使うのが初めてでも簡単に扱えます。濃淡の調節もしやすく、失敗しにくいのが魅力です。ブラシを使って少しずつ乗せると、きれいに付けられます。

また、製品数も豊富なので、自分に合ったものを見つけやすいのもポイント。さらっとした仕上がりになるため、皮脂が出やすくベタつく部分が多い混合肌や脂性肌の方に特におすすめです。

しっとりした使用感の「クリームタイプ」

By: fentybeauty.com

クリームタイプは、密着感があるのが魅力。パウダータイプに比べて崩れにくいため、化粧持ちのよさを重視する方にぴったりです。また、みずみずしい仕上がりになり、ツヤ肌を作れます。

指でも塗れるので、ツールを準備する手間がいらず便利なのもクリームタイプの魅力。ただし、濃淡を付けるのにコツがいるため、ブロンザーに慣れてきた方におすすめです。

メイク上級者には「リキッドタイプ」もおすすめ

By: rakuten.co.jp

油分が少なめでサラサラとしているのが、リキッドタイプです。密着力が高いため、崩れが気になりにくいのがポイント。ツヤッとした仕上がりで自然な小麦肌を作れるので、肌全体に馴染ませたいときにも使いやすいアイテムです。

なお、リキッドタイプは量の調節に慣れが必要なため、メイク上級者におすすめ。ファンデーションとブレンドすれば、ファンデーションの色味調節もできます。

パールやラメの有無で選ぶ

By: zozo.jp

ブロンザーは、製品によってパールやラメの有無が異なります。求めている仕上がりに合わせて選びましょう。ツヤ肌を作りたい方はパールやラメが入っているものがおすすめ。マットな仕上がりにしたい方は、ラメ・パール不使用のものを選んでみてください。

また、シェーディングとして使う場合は、マットタイプがおすすめ。ツヤタイプよりもナチュラルに仕上がります。対して、頬や額など部分的に塗って肌を立体的に見せたい場合は、パールやラメが入っているものがぴったりです。

ブロンザーのおすすめ|プチプラブランド

ニックスプロフェッショナルメイクアップ(NYX Professional Makeup) マットブロンザー

ロサンゼルス発のコスメブランド、ニックスから販売されているブロンザー。5色展開なので、自分の肌の色に合わせたカラーを見つけてみてください。

本製品は、マットなパウダータイプで、シェーディングとしても使いやすい製品です。ヴィーガンコスメなのもポイント。プチプラなため、初めてブロンザーを使う方にもおすすめです。

ザボディショップ(THE BODY SHOP) ココナッツブロンズ グリスニンググロウパウダー

イギリス生まれの自然派コスメブランド、ザボディショップのブロンザー。ハイライトとブロンザーの2色がセットになっており、ひとつでさまざまな使い方ができる便利な製品です。

プレストパウダータイプで、パフが付属しているのもうれしいポイント。保湿成分としてマルーラナッツオイルとココナッツオイルを配合しています。ツヤ感のある仕上がりのブロンザーを探している方におすすめです。

フィジシャンズフォーミュラ(PHYSICIANS FORMULA) MMバターブロンザー

高い保湿力を持つムルムルバターが配合されているブロンザー。パウダータイプながら肌になじみやすく、しっとりとした質感の製品です。

パラベンフリー・グルテンフリー・ノンコメド処方でつくられているのもポイント。便利なスポンジスパチュラが付いており、自然できれいな仕上がりを演出します。楽しい気分になれるような、華やかなパッケージも特徴です。

フィジシャンズフォーミュラ(PHYSICIANS FORMULA) ブロンズブースター ハイライト&コンツアーパレット SHIMMER

ホワイト・ゴールドブラウン・レッドブラウンの3色がセットになったブロンザー。ひとつでハイライト・シェーディング・アイシャドウ・チークとして使える便利なアイテムです。ほどよくパールが入っており、華やかに仕上がります。

パラベン・グルテン・オイルが入っていないのも特徴。香料も入っていないので、香り付きのアイテムが苦手な方にもおすすめです。

フィジシャンズフォーミュラ(PHYSICIANS FORMULA) ナリッシングアルガンオイル ブロンザー

低アレルギー性・パラベンフリー・ノンコメド処方でつくられているブロンザー。うるおい成分として北アフリカモロッコ原産のアルガンオイルを贅沢に配合しており、保湿力があります。シェーディングとしても使えるので、持っておくと便利なアイテムです。

色味は、ゴールドをミックスしたブラウンカラーで、艶やかな印象に仕上がります。高級感のあるパッケージも魅力です。

セルフビューティー(SELF BEAUTY) マット ブロンザー パウダー

韓国のコスメブランド、セルフビューティーのブロンザー。赤みのあるブラウンカラーのマットなブロンザーで、シェーディングやアイメイク、ボディへのメイクにも使えます。

一度塗りでナチュラルに、重ね塗りで濃さを調節できるので、初心者の方でも使いやすいのもポイントです。また、粒子が細かく、粉飛びが少ないため、肌に密着しやすいタイプ。持つ人を選びにくいシンプルなパッケージも魅力です。

ボヌール(Bbonneil) ブロンザー

プチプラアイテムをそろえているコスメブランド、ボヌールのブロンザー。3色セットになったパウダータイプの製品で、ブロンザーとしてだけでなく、ハイライト・シェーディング・チークとしても使えるすぐれものです。

シンプルかつコンパクトなパッケージで、持ち運びにも便利。お手頃価格で購入できるので、初めてのブロンザーとしてもおすすめです。

ブロンザーのおすすめ|デパコスブランド

マック(M・A・C) ブロンジング パウダー

デリケートな肌のことを考えて作られている、パウダータイプのブロンザー。カラーバリエーションは、ゴールデンとリファインドゴールデンの2色展開です。光を跳ね返す「ブロンジングピグメント」が含まれており、自然なツヤ感のある肌にメイクアップします。

敏感な目元付近にも使いやすいのが特徴のアイテム。肌の色を整えたり、ハイライターとして日焼け肌のアクセントにしたりと、さまざまな使い方ができます。なめらかな使い心地で、長時間落ちにくいのも魅力です。

ボビイ ブラウン(BOBBI BROWN) ブロンジング パウダー

ボビイ ブラウンから販売されている、パウダータイプのブロンザーです。赤みのあるブラウンカラーで、自然であたたかみのある日焼け肌に仕上がります。カラー展開は、ゴールデンライトとミディアムの2色です。

軽い使用感のテクスチャーが、本アイテムの魅力。チークとあわせて使えば、より顔の立体感が増します。シンプルなパッケージもポイントです。

クリニーク(CLINIQUE) パウダー ポップ フラワー ブロンザー

人気デパコスブランドのクリニークから販売されているブロンザー。光沢のある仕上がりで、肌にナチュラルな血色感と立体感を与えます。パウダータイプながらしっとりとした質感で、肌になじみやすいのが特徴です。

顔全体に使ったり部分的に使ったりできるマルチなタイプなので、部位を選ばず便利に使えます。クリニークらしいガーベラ柄のデザインも魅力的です。

資生堂(SHISEIDO) ナーズ ブロンズパウダー

重ね塗りしても軽い仕上がりになるため、初心者の方でも使いやすいブロンザー。ブロンザーとしてはもちろん、シェーディングとしても使えます。微細パウダーのメイクアップ効果により、シワや毛穴を目立ちにくくするので、ベースメイクの仕上げにもおすすめです。

カラーは、ブラウン&ゴールデンシマーとディープブラウン&ゴールデンシマーの2色を展開。ツヤ感とあたたかみのある仕上がりで、顔に立体感をプラスします。

資生堂(SHISEIDO) ナーズ マットブロンズパウダー

シルクのようになめらかな質感が魅力の、マットタイプのブロンザー。メイクアップ効果により、肌の気になる箇所をぼかす効果もあります。ブロンザーとして使ってもシェーディングとして使ってもナチュラルな仕上がりなので、初心者の方にもおすすめです。

肌を保護し、やわらげる成分として「ボタニカルオイル」を配合。乾燥を防ぎながらメイクアップができます。カラーは、マットライトタンとマットウォームタンの2色展開です。

ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA) ソーラーグロウ ユニバーサル ブロンジングドロップス

スキンケアとメイクアップの両方の役割を持ち、肌を整えながら使えるリキッドタイプのブロンザー。ムラになりにくいテクスチャーで、塗った箇所をあたたかみのあるスキントーンに仕上げます。

また、肌を保湿し、なめらかに整える成分「メディテラネアン グロウコンプレックス」を配合。塗りたての状態が8時間持続すると謳われているアイテムです。

ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA) ソーラーグロウ ウルトラライト ブロンジングパウダー N

カラー展開が全7色と、自分の肌に合ったカラーを見つけやすいパウダータイプのブロンザー。ムラになりにくいので、ブロンザーを使うのが初めての方にもおすすめです。

保湿成分として天然のケアバターが配合されており、肌にうるおいを与えます。さらに、地中海を思わせるような香りがついているのも特徴。華やかなデザインのパッケージも魅力です。

トゥーフェイスド(Too Faced) ダイヤモンドファイア ブロンザー

カリフォルニア生まれのメイクアップブランド、トゥーフェイスドのブロンザーです。「ダイヤモンドパウダー」と「偏光パール」が配合されており、輝きあふれる仕上がりを演出。肌の色に関係なく使えるカラーなので、ブロンザー初心者の方にもおすすめです。

顔・目元・身体とマルチに使えるため、ひとつ持っていると便利なアイテム。宝石のようなデザインのパッケージも魅力です。

トゥーフェイスド(Too Faced) パイナップル パラダイス ブロンザー&ハイライティング デュオ

トゥーフェイスドから販売されている、ブロンザーとハイライトの2種が楽しめるパレット。ベルベットのような質感のブロンザーと、キラキラとしたハイライトがセットになった製品です。

それぞれのカラーを単体で使っても、混ぜて使っても、きれいに仕上がります。パッケージの柄も本体の香りもパイナップルなので、持っているだけでハッピーな気分になれるようなアイテムです。

Dior(ディオール) バックステージ フェイス グロウ パレット

ブロンザーのほか、ハイライトカラーやチークカラーも備えており、マルチな使い方ができる多機能パウダー。ひとつ持っているとメイクの幅が広がる便利なアイテムです。

パールが含まれている微細なパウダーは、肌にのせる量を調節することで、自然なツヤから印象的なキラメキまでさまざまな表現が可能。単色で使ってもブレンドして使ってもきれいに仕上がります。

ブロンザーのおすすめ|その他ブランド

フェンティビューティ(FENTY BEAUTY) チークアウトフリースタイルクリームブロンザー

フェンティビューティから販売されているヴィーガンタイプのブロンザーです。クリームタイプながらも軽くべたつかないテクスチャーが特徴で、肌にナチュラルになじみます。汗や水に強く、きれいな仕上がりが長持ちするのも強みです。

ブロンザーとしてもシェーディングとしても使えるのが便利なポイント。カラーバリエーションは7色あるので、好みのカラーを見つけてみてください。

リリーロロ(Lily lolo) ミネラルブロンザー

ミネラルコスメブランド「リリーロロ」から販売されている、オイルフリー・ヴィーガンフレンドリータイプのブロンザー。ルースパウダータイプで、柔らかいテクスチャーが特徴です。肌タイプに関係なく使えると謳われています。

本アイテムは、ボディーローションと混ぜて使えるのもポイント。顔だけでなく、身体にも使えます。ナチュラルでシンプルな雰囲気のパッケージも魅力です。

ケヴィンオークイン(Kevyn Aucoin) ザ ネオ ブロンザー

世界的なメイクアップアーティストが手掛けたコスメブランド、ケヴィンオークインのブロンザー。美しいグラデーション仕上げのパレットが魅力。ハイライト・チーク・ブロンザーがひとつで楽しめる、スリーインワンタイプです。

光沢のある質感のパウダーなので、肌の自然な立体感を引き出します。カラー展開は3色あり、部位ごとに使い分けるのもおすすめです。

ミネラルフュージョン(MINERAL FUSION) ブロンザー

自然派コスメブランド、ミネラルフュージョンのブロンザーです。パラベン・タルク・合成香料・合成着色料などが配合されていないのもポイント。成分が気になる方にぴったりです。

本製品は、ハイライトカラーとマットなブロンザーがセットになっているアイテム。ひとつでしっかりと立体感を演出できます。肌を保護する成分の「ザクロ」「紅茶」「ホワイトティー」が配合されているのもポイントです。

ベネフィット(Benefit) フーラ マット ブロンザー

サンフランシスコ発祥のコスメブランド、ベネフィットのブロンザーです。マットな質感なので、自然に仕上がります。

カラーバリエーションは、フーラライト・フーラ・フーラキャラメル・フーラトーストの3色。お菓子のようなかわいらしいデザインのパッケージも魅力です。容器カバーには鏡もついているため、化粧直しの際も便利に使えます。

アナスタシアビバリーヒルズ(Anastasia Beverly Hills) クリームブロンザー

海外セレブ御用達といわれているコスメブランド、アナスタシアビバリーヒルズから販売されているブロンザー。クリームタイプのブロンザーで、色持ちがよいのが魅力。塗ったときに筋や色ムラができにくく、なめらかに仕上がります。

カラーバリエーションは7色あり、発色がよいのがポイント。また、パラベンフリー・ミネラルオイルフリー・オイルフリー・無香料でつくられています。成分にこだわっている製品を探している方にもおすすめです。

ブロンザーの使い方とポイント

By: amazon.co.jp

ブロンザーで肌にあたたかみをプラスしたい場合は、こめかみ・頬・あごになじませてみてください。さらに、首元からデコルテにつければ、境目がぼやけてよりナチュラルな仕上がりに。最後に円を描くようにブレンディングしていくと、自然に肌のトーンを変えられます。

日焼けをぼかすために使うときには、自然に仕上がるパールやラメが入っていないタイプを使うのがおすすめです。日焼けした箇所としていない箇所の境目をぼかすようにいれましょう。