頬に血色感を与え、メイクを華やかに仕上げるチーク。パウダータイプやクリームタイプ、リキッドタイプなどさまざまな種類があり、使うアイテムによって仕上がり方が違います。

そこで今回は、人気デパコスブランドのおすすめチークをパウダー・クリーム・リキッドのタイプ別にランキング形式でご紹介。デパコスチークの選び方についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

デパコスチークの選び方

タイプで選ぶ

マットな仕上がりには「パウダーチーク」

By: lauramercierjapan.com

パウダーチークは、クリームタイプやリキッドタイプに比べ、マットに発色するのが特徴。質感がサラッとしており、ふんわりとした印象の頬に仕上がります。仕上がりがベタつきにくいので、脂性肌の方にもおすすめです。

また、パウダーチークは粉の性質上、発色の調節がしやすいのも特徴のひとつ。色味が濃くつきすぎてもぼかしやすいため、失敗が少なく初心者の方にも扱いやすいのがポイントです。

ツヤ感を出したいなら「クリームチーク」

By: bobbibrown.jp

クリームチークは、油分を含んだしっとりしたテクスチャーが特徴。頬の内側からにじみ出たような血色感とツヤ感が表現できます。パウダータイプやリキッドタイプに比べ粘度が高く、肌にフィットしやすいため、時間が経っても落ちにくいのが魅力です。

また、クリームチークは、発色がよいのも特徴のひとつ。一度にたくさん塗ると濃くなりすぎてしまうので、初心者の方は難しく感じることもありますが、少量ずつ重ねることを意識すればムラなく自然な仕上がりになります。

形状はパクトタイプやスティックタイプが主流。どちらもブラシやスポンジなどのツールを使わなくても指先だけで仕上げられるので、手軽にメイクを楽しみたい方にもおすすめです。

ナチュラルメイクには「リキッドチーク」

By: addiction-beauty.com

ナチュラルな仕上がりを求める方は、自然に色づくリキッドチークがおすすめ。みずみずしいテクスチャーで、肌にスーッとなじみながら透明感のある発色と自然なツヤ感を叶えます。

また、リキッドチークにはマニキュアのようなブラシが付属しているものもあれば、ブラシや手に出して肌にのせるタイプもあるのでチェックしておきましょう。

自分の肌色に合うカラーで選ぶ

イエベにはあたたかみのあるカラー

By: lauramercierjapan.com

イエベの方は、黄みがかったように見えるあたたかみを感じる肌が特徴です。イエベのなかでも「イエベ春」と「イエベ秋」に分かれますが、どちらもオレンジ系やベージュ系などのカラーが得意。具体的にコーラルピンクやサーモンピンク、テラコッタなどの、頬が紅潮したように仕上がるはっきりとした色味がおすすめです。

キュートなメイクが好みの方はコーラルピンクやサーモンピンク、ヘルシーなメイクが好みの方はテラコッタやオレンジなど、なりたい雰囲気でカラーをチョイスしてみるのもひとつの手です。

ブルベにはニュアンスカラー

By: lauramercierjapan.com

ブルベの方は、青みがかったように見えるクールな印象の肌が特徴。ブルベのなかでも「ブルベ夏」と「ブルベ冬」に分かれますが、どちらも青みが入った寒色系のニュアンスカラーが得意です。具体的には、少しくすみのあるラベンダーや青みピンク、マゼンダなどの色味が映える傾向があります。

ブルベの方は、シックで深みのあるカラーよりも華やかでやわらかいカラーを選ぶと肌なじみがよく、浮きにくいのでおすすめです。

汗などの水分で落ちにくいものを選ぶ

By: addiction-beauty.com

色持ちのよさもアイテムを選ぶうえで大切なポイント。汗などの水分に強いアイテムを選ぶと、汗をかきやすい時期のメイクやマスクメイクでも色落ちの心配を減らせ、美しい発色が長時間持続しやすくなります。

しっとりとしたテクスチャーのアイテムを選ぶと肌への密着力が高まり、色落ちしにくいのでおすすめです。一般的にクリームチークやリキッドチークなどは、油分や水分が多く仕上がりがしっとりとしているため、色持ちがよいといわれています。パウダーチークでも、粉質がしっとりとした、肌への密着力が高いものを選びましょう。

持ち歩きのしやすさで選ぶ

By: armanibeauty.jp

外出先のメイク直しなどには、持ち歩きがしやすいコンパクトな形状のものを選びましょう。スティックタイプやチップタイプなどは、スリムな形状のものが多くポーチに入れやすいため便利です。

また、クリームタイプやリキッドタイプは、ツールを使わなくても指先だけで仕上がるアイテムが多いため、外出先のメイクにも重宝します。パウダータイプもブラシとセットになっているアイテムを選ぶと、別途ブラシを持ち歩かなくてもよいのでおすすめです。

使いやすさで選ぶ

By: dior.com

自分に似合うカラーや色持ちがよいチークを見つけても使い心地が悪ければ、使い続けるのが難しくなります。仕上がりがベタつかないか、または乾燥しないか、発色が濃すぎないか、または薄すぎないかなどはチェックしておきたいポイント。

また、カラーや色持ちに合わせて仕上がりの質感や発色の仕方、形状の使いやすさなども確認しておくのがおすすめです。

チークのおすすめデパコスブランド

ディオール(Dior)

By: dior.com

ディオールは、人気のデパコスブランド。スキンケア製品からカラーコスメまで、さまざまなアイテムが揃っています。なかでもパウダーチークは、ピンク系やブラウン系など、肌色に合わせて選びやすい色展開が特徴です。

パウダーでふわっとした血色感を与えるので、顔の印象を明るく演出。さらに、色だけではなく質感も種類豊富です。マット・サテン・シマーなど、メイクの好みに合わせて使い分けやすいアイテムが揃っています。その日の気分に合わせて、チークの色や質感を使い分けたい方にぴったりのブランドです。

マック(M・A・C)

By: maccosmetics.jp

マックは、特にカラー製品に定評があるデパコスブランド。プロフェッショナル仕様の製品が豊富に揃っているので、多くのメイクアップアーティストにも愛用されています。

本ブランドのチークは、パウダータイプ・クリームタイプと、好みに合わせて使い分けやすい形状が魅力。素肌に溶け込むような自然なカラーから、高発色の製品まで展開しています。さまざまなテイストのメイクや、トレンドメイクを楽しみたい方におすすめのブランドです。

シャネル(CHANEL)

By: chanel.com

シャネルは、多種多様なチークが揃う高級デパコスブランド。色展開も豊富で、さまざまなメイクにマッチします。華やかなカラーから、コントラストが出しやすい立体感のあるカラーまで、目的に合わせて使い分けやすいのが魅力です。

なかでも、ウォーターベースのリキッドチークは、自然な発色とツヤ感が特徴。ナチュラルな血色感を出したい方に向いています。パッケージに、大きくブランドロゴが刻印されているクリームチークも話題。チーク・リップの両方に使用できる多機能アイテムです。好みや肌質に合わせてアイテムを選びたい方は、チェックしてみてください。

デパコスチークのおすすめランキング|パウダー

第1位 マック(M・A・C) ミネラライズ ブラッシュ

軽いつけ心地ながら高発色のパウダーチークです。じっくりと窯で焼かれているパウダーは、シアーな質感。重ねづけしても重くならないのがポイントです。

華やかさが演出できるパールや、頬を際立たせるシマーな質感など、メイクに合わせて使い分けやすいのも特徴。カラーメイクを楽しみたい方におすすめの「バブルズ, プリーズ」は、鮮やかなブライトピンクです。顔色をパッと明るく見せます。

自然な印象に仕上げたい方には、「ユーモア ミー」がぴったり。肌になじみやすいベージュヌードなので、自然な立体感が出ます。華やかなメイクに適している「ラブ ジョイ」は、ゴールドパールが映えるブラウン系。好みに合わせて選びやすい豊富な色展開が魅力のパウダーチークです。

第2位 ディオール(Dior) ディオールスキン ルージュ ブラッシュ

マット・サテン・シマーの3種類の質感が用意されているパウダーチークです。質感だけではなく、発色の調節がしやすいのが特徴。ふんわりとつけてソフトな印象に仕上げたり、鮮やかな発色で大胆に仕上げたりと、好みの濃淡を楽しめます。

また、濃密なカラーも特徴。頬に血色感を与えるので、メイクに華やかさが出ます。「047 ミス」は、エレガントなピンク系。やわらかな印象のメイクにしたいときにぴったりです。「365 ニューワールド」は、ホログラフィックなコーラルピンク系。華やかな輝きもプラスできるのが魅力です。

そのほか、重ねづけしてもなじみやすいテクスチャーなので、きれいな仕上がりが1日キープできると謳われています。

第3位 シャネル(CHANEL) ジュ コントゥラスト

シャネルのアイコニックな製品として知られている、パウダーチーク。やわらかく、まるでシルクのような質感が特徴です。コンパクトには、付属のブラシがセット。ミラーもついているので、持ち運び用のチークとしても適しています。

豊富なカラーバリエーションも魅力。華やかなメイクにぴったりのピンク系から、自然になじむピンクベージュ系までが揃っています。「99 ローズペタル」は、自然な印象に仕上げたい方におすすめ。ナチュラルな血色感が出ます。「250 クレジェンド」は、顔色を明るく見せるピンク系。キュートな印象のメイクに合わせやすいカラーです。

カラーだけではなく自然な輝きをプラスできるので、顔全体が明るく見えやすいのがポイント。健康的なツヤを与えたり、立体感ある顔に見せたりできるパウダーチークです。

第4位 資生堂(SHISEIDO) ナーズ ブラッシュ

多彩なカラーバリエーションが魅力の、パウダーチークです。シアーからポップなカラーまで、好みに合わせて使い分け可能。肌なじみのよい超微粒子のパウダーなので、ソフトな使い心地です。重ねるごとに発色が高まるため、好みに合わせて濃淡の調節が可能。肌に輝きと血色感を与えます。

質感は、色ごとに異なるマット・サテン・シマーの3種類。「4013N」は、ピーチーピンクのチークにゴールデンシマーがミックスされているカラーです。血色感を与えながらも、大人っぽい印象に仕上げます。「4068」は、シマーな質感のピンク系。自然にツヤを出したい方にぴったりのカラーです。

第5位 ポール&ジョー(PAUL & JOE) プレスト ブラッシュ

By: amazon.co.jp

2色の異なる色がセットされている、パウダーチークです。表面をなめらかに見せるパウダーが、肌にしっかりと密着。ヨレを防いできれいな仕上がりをキープします。豊富なカラーバリエーションも魅力。メイクや好みに合わせて、使い分けやすい色展開が揃っています。

「03 プリンセスのベッド」は、かわいらしい印象に仕上がるピンク系。ローズピンクとフェミニンピンクの2色セットです。ホワイトやレッドのパールが配合されているので、光の効果で肌に透明感を演出できます。

「05 オルゴール」は、大人っぽい印象に仕上げたい方におすすめ。イエローパールが配合されているベージュピンクと、カッパーレッドの組み合わせです。頬に血色感を与えたいときに適しています。なお、本製品はレフィル仕様。別売りで、花柄デザインの専用ケースが販売されています。

第6位 コーセー(KOSE) アディクション ザ ブラッシュ

豊富な色展開が特徴のパウダーチークです。肌を自然に輝かせる、上品なパールタイプ。クリアな発色で、肌に透明感を与えます。粉をオイルでコーティングしている処方のため、肌にぴったりと密着してなじむのがポイントです。

エモリエント成分として、ローズヒップオイルを配合。粉感が少ない質感なので、カサつきやすい肌質の方におすすめです。また、本製品は動物由来原料が不使用。ヴィーガンフレンドリーと謳われているのも特徴です。

「01P Nudist Beach (P) ヌーディスト ビーチ」は、なじみやすいペールオレンジ。パールが配合されているので、ナチュラルでツヤやかな印象に仕上がります。「005M Nude Romance (M) ヌード ロマンス」は使いやすいマット系。上品なピーチベージュで、幅広いメイクに合わせやすいカラーです。

第7位 クリニーク(CLINIQUE) チーク ポップ

ガーベラのデザインが型押しされている、かわいらしいパウダーチークです。本製品のポイントは、独自製法のテクスチャー。しっとりとした質感で、肌に溶け込むようになじみます。

また、使い分けやすい豊富な色展開も魅力。頬をカラフルに彩るような、明るいカラーが揃っています。「05 ヌード ポップ」は、肌なじみのよいベージュ系。肌に立体感を与えたいときにおすすめのカラーです。「18 ピンク ハニー ポップ」は、淡いピンク系。やわらかい印象のメイクに適しています。

第8位 エキップ(e`quipe) SUQQU メルティング パウダー ブラッシュ

落ち着いた色合いが揃っている、パウダーチークです。パウダーながら、肌に自然になじむ質感が魅力。洗練された印象に仕上がります。

「04 澄色 SUMIIRO」は、メイクやファッションを選ばずに使いやすいピンクベージュ系。失敗しにくく、初心者におすすめです。「06 夕映 YUUBAE」は、エネルギッシュなオレンジ系。落ち着いたトーンで、子供っぽくなりにくいのがポイントです。

本製品はパレット形状。コンパクトには、専用のブラシが付属しています。携帯用のコスメとしても使いやすいアイテムです。

第9位 資生堂(SHISEIDO) ローラ メルシエ ブラッシュ カラー インフュージョン

マット・シマーの2種類が用意されている、パウダーチークです。ナチュラルなカラーから鮮やかでポップなカラーまで揃う、豊富なカラーバリエーションが魅力。好みやシーンに合わせて、使い分けやすいのがポイントです。

マットな質感の「01 ストロベリー」や「02 ローズ」は、重ねるごとに高まる発色が特徴。エレガントな大人の印象に仕上がる、落ち着いたピンク系です。「06 チャイ」は、マットなブラウン系のカラー。顔に自然な立体感を与えます。

シマーな質感のコーラル系「09 ピーチ」は、フレッシュな印象に仕上げたいときにぴったり。じんわりとした血色感を与える、かわいらしいカラーです。

第10位 コーセー(KOSE) コスメデコルテ AQ ブラッシュ

透き通るようなツヤ感が特徴の、パウダーチークです。上品な発色と質感で、自然な血色感を演出できます。チークながら、保湿成分として植物性スクワランが配合されているのもポイント。肌にしっとりとなじんで、つけたてのきれいな仕上がりが続きます。

「03 Elegant Pink」は、青みのあるピンク系。上品なゴールドパールが配合されている、エレガントなカラーです。「04 Noble Pink」も使いやすいおすすめカラー。淡いローズのようなピンクは、大人っぽい印象のメイクに適しています。

しっかりと血色感を出したい方には、「05 Classical Red」がぴったり。あたたかみのあるクラシカルレッドに、ゴールドパールが配合されています。

第11位 エキップ(e`quipe) RMK インジーニアス パウダーチークス N

人気のデパコスブランド、RMKのパウダーチークです。かわいらしい印象に仕上がる、華やかなカラーが揃っているのが特徴。ピュアな発色で、フレッシュな雰囲気を演出できます。単色使いだけではなく、多色を組み合わせても使用可能。カラーやツヤ感を自分好みに調節できるのが魅力です。

鮮やかな色味が特徴の「01 ブライトピンク」は、パール入りの華やかなブライトピンク。カラーメイクを楽しみたい方や、かわいらしい印象に仕上げたい方にぴったりです。「08 フレッシュコーラル」は、元気な印象に仕上がるカラー。なじみやすいフレッシュなコーラル系で、頬に血色感を与えます。

第12位 コーセー(KOSE) ジルスチュアート ブルーム ミックスブラッシュ コンパクト

クリスタルフローラルブーケの香りがほんのりと漂う、香りつきのパウダーチークです。5色の異なるチークカラーがセットされているので、自分好みに血色感や立体感を出せるのが魅力。しっかりと発色するブライトカラー・なじみのよいニュアンスカラー・ハイライトカラーがセットされています。

本製品は、ハイライトカラーを重ねて明るさを出したり、ブライトカラーを重ねて血色感を出したりと、気分によって使い分けやすいアイテムです。「01 blooming tulip」は、コーラルやピンクの華やかな色がセットされている人気色。かわいらしい印象のメイクをしたい時にぴったりです。

「05 spicy dahlia」は、大人っぽい印象のメイクに適したカラー。ヌーディーなベージュやブラウンの組み合わせです。

デパコスチークのおすすめランキング|クリーム

第1位 シャネル(CHANEL) レ ベージュ スティック ベル ミン

ヘルシーな血色感とツヤを与えるクリームチークです。ムラなく自然に仕上がりやすいので、チークメイクが苦手な方におすすめ。携帯用としても便利な、スティックタイプです。

しっとりとする質感でなじみやすい、クリーミーなテクスチャーが魅力。内側からにじみ出ているような、自然な血色感を演出できます。「N°21」は、エレガントな印象のメイクにぴったりのカラー。肌なじみのよいピンク系です。

「BLUSH N°25」は、血色感をしっかり出したい方に適しています。頬にほんのりあたたみが出せる、人気のコーラル系です。

第2位 マック(M・A・C) グロー プレイ ブラッシュ

肌に程よいツヤ感が出る、クリームチークです。クッションのようなユニークなテクスチャーが特徴。シアーからミディアムまで、好みの発色にコントロールしやすいアイテムです。肌に溶け込むような質感なので、ハイライトやシェーディングと併用したいときにおすすめ。色の境目が出にくく、きれいになじみます。

軽いつけ心地ながら、ロングウェアリングな処方が魅力。メイクをした後のような、きれいな発色を長時間キープします。また、本製品は豊富なカラーバリエーションもポイントです。

「ザッツ ピーチィ」は、やわらかなピーチ系カラー。自然に血色感を出したいときに活躍します。個性的な色を求める方には「ロージー ダズ イット」がぴったり。鮮やかなパープル系で、おしゃれな印象に仕上がります。

第3位 エキップ(e`quipe) RMK カラースティック

チーク・ハイライター・アイシャドウと、マルチに使いやすい多機能アイテム。自分好みに使い分けができるカラースティックです。肌になじみやすい質感と、ぼかしやすい処方がポイント。つけた後は、サラサラとしたテクスチャーになります。

絶妙な透け感がある、クリアな発色も魅力。気分やスタイルに合わせて使いやすいカラーが揃っています。「01 フロスティーローズ」は、ピンクの偏光パールでツヤを与えるカラー。おしゃれなローズ系なので、大人っぽい印象のメイクにぴったりです。

「02 ローズフィーバー」は、フレッシュな表情に仕上がるローズピンク。パール感がないマットな質感のため、ナチュラルな血色感が演出できます。

第4位 ボビイ ブラウン(BOBBI BROWN) ポットルージュ

人気のメイクアップブランド、ボビイブラウンのクリームチークです。本製品の特徴は、リップ・チークどちらにも使いやすい多機能な処方。チークとリップの両方に使用すると、メイクのカラーバランスを取りやすいのが魅力です。

肌なじみがよく、自然なツヤ感が残る仕上がり。ミラーつきコンパクトなので、外出先でのお直しアイテムとしてもおすすめです。「06 パウダーピンク」は、なじみやすいライトピンク。幅広いメイクに対応できるカラーです。「11 ペールピンク」は、鮮やかなパステルピンク。顔色を明るく見せたいときに適しています。

第5位 シャネル(CHANEL) リップ&チーク ボーム Nº1 ドゥ シャネル

チーク・リップとしても使用できるクリームチークです。エモリエント成分として、ツバキ種子油を配合。なめらかに伸びるジェルオイルの質感なので、カサつきが気になる方におすすめです。また、持ち運びしやすいコンパクトなサイズ感もポイント。お直し用のチークとしても使いやすいアイテムです。

「2 ヘルシーピンク」は、使いやすいナチュラルピンク。幅広いメイクに合わせやすいカラーです。「4 ウェイクアップピンク」は、顔の印象を明るくしたいときにぴったり。頬に血色感を与えて、ヘルシーな印象に仕上がります。

第6位 アクロ(ACRO) THREE ブロウンアウェイ ブラッシュデュオ

クリームとパウダーの異なるチークがセットされている、ユニークなアイテム。クリームとパウダーを重ねて使用すると、立体的な印象に仕上がります。

「01 TAKE ME THERE」は、鮮やかなピンクのクリームチークと、ピンクベージュのパウダーの組み合わせ。その日の気分で発色を調節できるのが魅力です。「02 SUNSHINE DANCER」は、コーラル系のクリームチークと、ベージュピンクのパウダーがセット。顔に自然なあたたかみをプラスできます。

第7位 コーセー(KOSE) コスメデコルテ クリーム ブラッシュ

するすると軽く伸び広がるテクスチャーが魅力の、クリームチークです。肌にしっとりとなじむ、エアリーな質感。粉体と油剤がバランスよく配合されているため、クリアで透明感のある発色です。汗や皮脂に強く、きれいな仕上がりがキープできます。

上品で落ち着いた色が揃っている、カラーバリエーションも特徴。「PK850」は、肌色を選ばずに使いやすい人気色です。落ち着いたカラーなので、きちんとした印象のメイクに仕上げたいときに適しています。明るい印象に仕上げたいときは「PK851」がおすすめ。上品なピンクが、頬に血色感を与えます。

また、鮮やかなカラーを楽しみたい方には「PK853」がぴったり。ハッキリとした発色が特徴です。

第8位 エレガンス(Elegance) スリーク フェイス N

透明感のある、やわらかな色づきが魅力のクリームチークです。本製品は、クリームチークが初めての方におすすめ。穏やかに色づくので、失敗しにくいアイテムです。みずみずしさが際立つような、透け感のある発色が特徴。仕上がりは、頬に自然なツヤ感が残ります。

カラーは4色展開。ピュアなイメージに仕上がる「PK101」は、自然に色づくピンク系です。顔色が冴えない日に使いやすい「PK106」は、血色感を与える鮮やかなピンク。健康感を出せるカラーです。

クリームチークに慣れている方には、鮮やかに仕上がる「RD301」がおすすめ。高揚感を演出するような、クリアなレッドです。重ねるごとに発色するので、自分好みのカラーメイクが楽しめます。

第9位 日本ロレアル イヴ・サンローラン ラディアント タッチ シマー スティック

チーク・ハイライト・ボディにも使用できるカラースティック。発色が控えめなので、ツヤを楽しみたい方におすすめのアイテムです。

ポイントは、高濃度で配合されたシマーパール。ツヤが残るため、光の効果で顔に立体感が出ます。クリームタイプながら、パウダー状に変化するフォーミュラが特徴。揮発性オイルが配合されているので、サラサラとした軽やかなつけ心地です。

肌にしっかりと密着して、きれいな仕上がりが長時間持続します。ナチュラルチークとして使いやすい「02ライトローズ」は、ほんのり血色感が出せるカラーです。「03 ローズゴールド」は、上品なピンクベージュ。ツヤ感と立体感を出したいときにぴったりです。

第10位 カネボウ(KANEBO) ルナソル グロウブラッシュ

パレットタイプのクリームチーク。2色の異なるカラーがセットされているのが特徴です。しっとりとしたオイルベースのテクスチャーなので、血色感とツヤ感が出るのがポイント。保湿成分として、オリーブオイルやスクワランが配合されています。

また、大人の魅力を引き立てるような、上品なカラーバリエーションも魅力です。「EX01 Rose & Taupe」は、ピンクとゴールドのパールが配合されているローズ系と、大人っぽい雰囲気が出るトープ系の組み合わせ。オフィス用のメイクなどに使いやすいカラーです。

「EX03 Russet Terra」は、自然な血色感を与えるブラウン系のセット。顔の立体感を強調したいときに適しています。

デパコスチークのおすすめランキング|リキッド

第1位 シャネル(CHANEL) レ ベージュ オー ドゥ ブラッシュ

ウォーターベースのリキッドチークです。スポイト式で、使いやすい形状がポイント。ミストのようなエアリーなテクスチャーが特徴のアイテムです。

特に、ナチュラルな血色感を出したいときにおすすめ。内側からにじみ出るような、自然な発色が魅力です。肌になじみやすい「ライトピーチ」から、ほんのり日焼けしたような肌に仕上がる「インテンスコーラル」まで、選びやすいカラーが豊富。メイクの好みに合わせて使い分けやすいアイテムです。

第2位 コーセー(KOSE) アディクション チークポリッシュ

マニキュアのような見た目の、リキッドチークです。肌に伸び広がるテクスチャーながら、つけた後はベタつきにくい処方。サラッとした質感なので、きれいな仕上がりがキープできます。

コシのある、使いやすいブラシが付属しているので、自分好みの量で使えるのもポイント。重ねて発色を楽しんだり、少量を伸ばして自然な印象にしたりと、幅広いメイクに対応できます。エモリエント成分として、ローズヒップオイルやラベンダーオイルが配合されているのも特徴です。

本製品は、カラーバリエーションも豊富。「12 Emotional エモーショナル」は、ゴールドパールが配合されているコーラルオレンジです。元気な印象に仕上げたいときに適しています。「14 Winter Blush ウィンター ブラッシュ」は、ノンパール処方。大人っぽい雰囲気のメイクにおすすめのアンティークローズです。

第3位 資生堂(SHISEIDO) ナーズ リキッドブラッシュ

シルキーで軽いつけ心地が特徴の、リキッドチークです。単色で使ったり、多色を混ぜて重ねたりと、使い方は自由自在。自分好みのチークカラーに仕上げやすいアイテムです。保湿成分として、モノイオイルとタマヌオイルを配合。重ねづけやブレンドが簡単にできるので、リキッドチークが初めての方におすすめです。

「0115」は、使いやすいソフトピーチ。穏やかな発色なので、頬に自然な血色感を与えます。「5158」は、大人っぽい印象のメイクに適しているカラー。マットなダスティローズで、上品なイメージに仕上がります。

第4位 日本ロレアル ランコム クッションブラッシュ スプティル

By: amazon.co.jp

クッションタイプで、使いやすい形状のリキッドチークです。ファンデーションのような見た目の、クッションコンパクトを採用しているのが特徴。クッションの中には、みずみずしいリキッド状のチークがセットされています。自然なツヤ感が残るので、日中も肌のツヤ感をキープしたい方におすすめです。

落ち着きのある上品な色展開も魅力。派手になりにくく、顔に華やかさをプラスしやすいカラーが揃っています。「021 ソルベローズ」は、血色感溢れるカラー。顔色が冴えないときや、元気な印象に見せたいときにぴったりです。「032 スプラッシュ コライユ」は上品さが演出できるピンク系。エレガントな雰囲気のメイクをしたいときに適しています。

第5位 エキップ(e`quipe) SUQQU シマー リクイド ブラッシュ

うるおいのある印象に仕上がる、リキッドチークです。内側からにじみ出るような、リキッドならではの発色が魅力。少しずつ指でぼかせるので、色の濃さも調節可能です。頬をなめらかに染めて、ツヤ肌に仕上げます。

カラー展開は3種類です。「01 淡桃包 USUMOMOKURUMI」は、使いやすいピンク系。かわいらしい印象に仕上げたいときにおすすめのカラーです。血色感を出したいときには、ラズベリーレッドの「02 椿桃 TSUBAIMOMO」がぴったり。ほんのりと赤みをプラスして、健康的な雰囲気に仕上がります。

第6位 ジョルジオアルマーニ(GIORGIO ARMANI) ビューティ ネオヌード ブラッシュ

使いやすいチップ式のリキッドチーク。頬に直接使える、塗りやすさが魅力です。コンパクトなサイズ感なので、携帯用のチークとしてもぴったり。肌になめらかに溶け込むような、やわらかな質感が魅力です。自然な血色感がプラスできるため、健康的な印象に仕上がります。

「31 コーラル」は、元気な印象のメイクに合わせやすいオレンジカラー。健康的なカラーメイクを楽しみたい方におすすめです。「52 ローズ」は、エレガントさが引き立つピンク系。メイクやファッションに合わせて使い分けやすいカラー展開です。

第7位 ボビイ ブラウン(BOBBI BROWN) クラッシュド クリーミー カラー フォー チークス&リップス

チーク・リップの両方に使いやすい多機能アイテム。軽くてクリーミーなテクスチャーと、ふんわりとした仕上がりが特徴です。重ねるごとに発色が高まるのも魅力。重ねづけしやすいので、色づきを自由に調節できます。コンパクトなチューブタイプのデザインもポイント。ミニバックにも入りやすい大きさなので、外出先でも活躍します。

「08 ピンクパンチ」は、かわいらしい印象に仕上がるピンク系。リップとしても使いやすいので、その日の気分に合わせて使い分けられます。「10 ラテ」は、落ち着きのあるブラウン系。立体感を出したい方や、日焼けした肌に使いたい方に適しています。

第8位 コーセー(KOSE) アディクション チーク ティント

つけたての血色感が長時間キープできる、リキッドチークです。肌に定着しやすい成分で、マスクをしても崩れにくいと謳われています。本製品は、べたつきにくく自然になじむ質感が特徴。ヘルシーな印象に仕上げたい方にぴったりです。

透明感のあるクリアな発色なので、内側からにじみ出ているようなフレッシュなカラーを楽しめます。保湿成分として、バラ花エキスやローズ水が配合されているのも魅力。肌の乾燥を防ぎます。

ナチュラルに色づく処方ながら、重ねるほどに発色が高まるのもポイント。自分好みの濃度に調節できます。自然に血色感を与えたい方には、「003 Inside of Me インサイド オブ ミー」がおすすめ。レッド系のカラーで、健康的な血色感を与えます。

第9位 シロ(SHIRO) カレンデュラチークリキッド

自然な血色感に仕上がる、リキッドチーク。上品な印象のメイクに合わせやすいカラー展開です。やわらかなブラウン系から、深みのある赤みオレンジ系まで揃っています。メイクやファッションによって使い分けやすいのが魅力です。

「0C08 フォギーピンク」には、ブルーの繊細なラメが配合されています。自然な輝きが残る、使いやすいピンクベージュです。ヘルシーな血色感を演出したい方には、「0C09 コーラル」がぴったり。かわいらしいオレンジ系ピンクです。

第10位 アナ スイ(ANNA SUI) スポンジ チークカラー

使いやすい形状のリキッドチークです。スティックタイプの先端には、スポンジが付属。先端からリキッドが出てくる設計です。ぽんぽんと肌にのせるだけで、自然な血色感が出せます。

スポンジでつけるため、ぼかしたり重ねたりと、色の濃淡が自由自在に調節できます。自分好みのチークに仕上がりやすいアイテムです。「301」は、かわいい印象に仕上がるピンク系。フレッシュさを演出できるカラーです。「400」は、血色感が出せるブラッディレッド。健康的なイメージに仕上げたい方にぴったりです。