肌の内側からにじみ出たような血色感を作り出せる「リキッドチーク」。発色のよいものが多いので、頬に軽く乗せるだけでみずみずしい理想のメイクに仕上げられます。

しかし、リキッドチークといっても、色味や仕上がりはさまざま。どれを選べばいいのか迷ってしまうこともあるでしょう。そこで今回は、選び方からおすすめの製品までご紹介。プチプラとデパコスそれぞれピックアップしているので、ぜひ参考にしてみてください。

リキッドチークとは?

By: threecosmetics.com

リキッドチークとは、液体状になっているチークのことです。多くの製品はマニキュアのようなボトルに入っていますが、なかにはパフにリキッドチークが染みこんだタイプのものもあります。

液体状になっているため、肌馴染みがよく自然な仕上がりになることが特徴です。パウダータイプのチークと同じようにラメやパールが入っているものもあるので、ツヤ感を出したいときのメイクでも活躍します。

リキッドチークのメリット

By: narscosmetics.jp

液体状になっていることにより、肌馴染みがよく肌そのものが発色しているような自然な仕上がりになることがリキッドチークの大きなメリット。

パウダーチークだと仕上がりが粉っぽくなってしまったり、いかにも塗っている感が出たりしてうまく使いこなせなかった方におすすめです。

また発色のよさや密着度の高さもリキッドチークならではのメリット。見たままに発色する製品が多いため「思っていた色味と違った」という事態を避けられます。密着度が高いことから、時間がたってもチークの色が落ちにくくきれいな状態をキープしやすいのも魅力です。

リキッドタイプ以外のチークについて知りたい方はこちら

リキッドチークの選び方

発色が自分に合ったものを選ぶ

By: threecosmetics.com

リキッドチークは発色のよいものが多く展開されていますが、なかには薄付きなタイプのものもあります。少量で手早くメイクを完成させたい方は高発色のものを、少しずつ重ね塗りをして色味を調節しながらメイクをしたい方は薄付きのものを選んでみてください。

初めてリキッドチークを使う場合は、発色具合を調節しやすい薄付きのものが使いやすいのでおすすめです。また、リキッドチークをパウダーチークの下地として使う場合も、薄付きのもののほうが自然に仕上がります。

リキッドチークの扱いに慣れている方や発色重視の方は、高発色のものも選択肢に入れてみてください。少量でスピーディにメイクが完了するため時短メイクとしても活躍します。

ありたいイメージに合わせて色を選ぶ

By: rakuten.co.jp

チークの色を変えるだけで、ほかのメイクを変えなくても顔の印象は大きく変わります。色っぽくセクシーな印象にしたいのか、かわいらしい印象にしたいのかなど、自分がなりたいイメージに合わせて色を選んでみてください。

色っぽさやセクシーさ、大人っぽさを出したい方はレッド系の色がおすすめ。とくに深みのあるレッド系は、大人っぽさがより増します。

かわいらしくガーリーな雰囲気になりたい方は、ピンク系の色味がぴったりです。イエローベースの方はオレンジもほんのり混ざったコーラルピンク、ブルーベースの方は青みがかったピンクがよく馴染みます。

はつらつとした元気なイメージを作りたい方はオレンジ系がおすすめ。少し日に焼けたようなヘルシーなお肌に仕上げられます。

汗や擦れに強く崩れにくいモノを選ぼう

By: armanibeauty.jp

せっかくきれいに仕上げたチーク。できることならメイク仕立ての仕上がりを長時間キープしたいものです。リキッドチークは持ちがよいものが多いのですが、とくに崩れにくさを重視したい方はお肌への密着度が高いものを選んでみてください。

製品によって汗をかいたりこすったりしたときの落ちやすさが異なります。密着度の高いリキッドチークは、時間がたっても落ちにくいのでおすすめです。

汗や擦れに強いリキッドチークは、マスクをしているときのメイクとしても活躍します。こすれて落ちたりマスクに色移りしたりしにくいため、気軽にチークを楽しめることがポイントです。

初心者はサラっとしたテクスチャがおすすめ

By: shiseido.co.jp

リキッドチークは製品によって、テクスチャがサラサラのものからとろみのあるものまでさまざまです。メイク初心者の方やリキッドチークを初めて使う方は、サラッとしたテクスチャのものがおすすめ。

伸びがよく簡単に伸ばせるので、色が濃くなりすぎたりムラになったりするのを防げます。また、ぼかしやすく自然な発色に仕上げられるのも特徴です。

なかにはクリームに近いテクスチャでも伸ばしやすいアイテムもあるので、使いやすいものを選んでみてください。

使いやすい形状のモノを選ぶ

By: lancome.jp

リキッドチークは使いやすさもチェックしておくことが大切です。ハケやチップでリキッドチークを取って使うものは、量の調節がしやすくイメージ通りの仕上がりにしやすい点が特徴。初心者の方でも使いやすい形状です。ただしハケやチップに指やお肌が直接触れるので、衛生面が気になりやすいのがデメリット。

ポンプ式のリキッドチークは、容器内に入っているリキッドチークを常に清潔に保てます。ハケやブラシタイプのものと比べると量の調節がしにくいので、プッシュする量に注意が必要です。

パフにリキッドチークが染みこんだタイプのものは、手を汚さずにメイクできることが一番のメリット。メイク後、手についたチークを落とす手間を省けます。それぞれメリットとデメリットがあるので、使いやすい形状のものを選んでみてください。

リキッドチークのおすすめブランド

アディクション(ADDICTION)

By: rakuten.co.jp

アディクションはニューヨークを拠点としてさまざまなメイクアイテムを生み出しているブランドです。「依存」や「熱中」などの意味をもつアディクションの名前のとおり、その使い心地に魅了されている方が少なくありません。

アディクションから販売されているリキッドチークは、液の伸びがよく密着度が高いことが特徴です。比較的サラッとしたテクスチャなので、重ね付けしやすくぼかすのも簡単。色味が強く出過ぎてしまうことがなく、ほどよい血色感を作れます。

ラメやパールは入っていないので、ナチュラルな仕上がりを重視したい方におすすめです。汗や擦れに強く、時間がたってもきれいな状態を保ちやすいことでも人気を集めています。

マジョリカマジョルカ(MAJOLICA MAJORCA)

By: shiseido.co.jp

プチプラブランドとして人気のマジョリカマジョルカは、中高生から大人までを魅了する独特の雰囲気が特徴。かわいらしいパッケージはもちろん、機能性の高い製品を多くラインナップしています。

マジョリカマジョルカのリキッドチークの特徴は、発色のよさ。少量でしっかりと発色するので、ポンポンと軽く馴染ませるだけでメイクが完了します。プチプラとは思えない使い心地のよさが魅力です。

チークが頬に溶け込んだような血色感とツヤ感を作れることもポイント。プチプラで使い勝手のよいリキッドチークを探している方におすすめのブランドです。

3CE

By: stylenanda.com

3CEは日本にも店舗を構えるほどの人気を集める、韓国コスメのブランドです。3CEのリキッドチークは、どのような肌色の方でも合う落ち着いた色味が特徴。ふんわりとした発色で頬を自然に彩ります。チークを塗るとどうしても濃くなりすぎてしまうといった悩みをお持ちの方でも使いやすいアイテムです。

メイク初心者の方にはもちろん、リキッドチークを初めて使う方にもおすすめのブランドです。

リキッドチークのおすすめ|プチプラ

資生堂(SHISEIDO) マジョリカマジョルカ クリーム・デ・チーク

お肌にカラーが溶け込んだような発色が特徴のリキッドチーク。ひと塗りするだけでぷるんとツヤのあるお肌を作れます。「クリーム」という名前ですが、テクスチャは水に近いサラサラ系。付属のハケで少量を取って伸ばせば、簡単にジューシーなお肌に仕上がります。発色がよいので使う量はほんの少量だけで済みます。

比較的、乾くのが早いのでお肌に乗せたら素早く伸ばすのが上手にメイクするコツ。速乾性がある分、汗やこすれに強いことが特徴です。カラーはピンク系から肌色に近いベージュ系の色まで4色展開されています。

ほんのりとお肌に血色感をプラスできる「カスタードクリーム」は、自然にヘルシーなお肌に導けるアイテム。チークを塗っている感が苦手な方でも使いやすい色が展開されているので、リキッドチークが気になる方はチェックしてみてください。

3CE ベルベット リキッド ブラッシャー

3CEのリキッドチークは、ふんわりと柔らかい頬を作りたい方におすすめのアイテムです。しっとりとしたテクスチャのチークを伸ばすと、お肌に馴染みます。

カラーは落ち着きのある色が展開されており、どれを選んでもきつい印象を与えにくいことが魅力。ぽっと上気したような素肌感が漂うナチュラルな仕上がりになります。

見たままの発色が特徴ではありますが、薄付きなのでうっかり塗りすぎてしまいにくいのがポイント。自然でありつつも、血色のよいお肌を作りたい方におすすめのリキッドチークです。

ドド・ジャパン ドド リキッドチーク

カラーを楽しむブランドとして知られるドドのリキッドチーク。オレンジ系・ピンク系・レッド系のカラーが展開されているので、自分のなりたい印象に合わせて色味を選べます。使い心地はサラッとしていて、伸びのよさが特徴です。

そのまま頬にのせると付けすぎになってしまう場合があるので、ブラシで一度手の甲に出してから指で少量を取って馴染ませるのがおすすめ。するすると液が伸びるので、ムラになりにくく程よい透明感のお肌に仕上げられます。

また、ドドのリキッドチークは汗で落ちにくいことも魅力。水分にも強くこすっても落ちにくいため、汗をかきやすい夏場やマスクをするときのメイクとしても活躍します。

スキンフード フレッシュフルーツジュース エクストラクション ブラッシュ

まるでフルーツのような、フレッシュなうるおいが特徴のリキッドチーク。いちごやベリーなどを連想させるカラーバリエーションです。ピンク系からオレンジ系、レッド系まで揃っているので、自分好みの色を探してみてください。

かわいらしい見た目だけでなく、しっかりと鮮やかに発色するのも魅力。テクスチャはやわらかめのクリームのようになっているので、うるおいをキープしやすいのも特徴です。お肌に鮮やかな血色感をプラスして、みずみずしく仕上げたい方に向いています。

ティーガーデン(T-Garden) CandyDoll カラーリキッド

ムラになりにくいよう工夫して作られた、初心者の方でも使いやすいリキッドチーク。お肌へ伸ばしやすいように原料の配合バランスが計算されているため、サラサラすぎずベタつきすぎず程よい質感のテクスチャです。

塗った後はしっかりとお肌に密着します。そのため、よれたりこすれたりして色落ちしにくいのも魅力です。カラーバリエーションは「ピンク」「ベリー」「モカ」の3色が展開されています。

どのカラーにも少しだけブルーがプラスされており、さりげなく透明感を出せるよう工夫されているのも嬉しいポイントです。お肌をワントーン明るく見せたい方、透明感を出したい方に適しています。

ベキュア ハニー ピーチーズチーク

手軽に今時メイクをしたい方におすすめのリキッドチークです。ふんわりとした自然な色味を頬にプラスできます。

ファンデーションの上からでも伸ばしやすいように工夫されたテクスチャになっているので、塗るときにファンデーションがよれたりしにくいことも特徴です。やわらかい発色のため、少量ずつ伸ばしてお好みの色に調節して使ってみてください。

色の調節がしやすいことから、初めてリキッドチークを使う方にもおすすめ。カラーバリエーションはオレンジ系の「フレッシュ」、レッド系の「フルーティー」、ピンク系の「ナチュラル」の3色展開です。

アミューズ(AMUSE) ソフト クリーム チーク ヌーディッシュ コレクション

話題の韓国コスメとして注目されている、鮮やかで豊富なカラーバリエーションが魅力のリキッドチークです。しっとりとしたクリームに近いテクスチャが特徴で、お肌のうるおいを保ちながら頬を彩ります。

上品なツヤを持つ真珠パウダーのメイクアップ効果により、頬に自然な立体感と透明感を与えるのもポイント。チップが星形になっているのも韓国コスメならではのこだわりです。

カラーはピンク系からレッド系はもちろん、オレンジ系からベージュ系など全部で16色展開。イエベの方にもブルベの方にも使える色が豊富に揃っているので、誰でもなりたい印象を作れます。

リキッドチークのおすすめ|デパコス

アディクション(ADDICTION) チークポリッシュ

みずみずしく軽いタッチが特徴のリキッドチーク。サラッとしたテクスチャでするする伸びるので、初めてリキッドチークを使う方でも思い通りの色味を簡単に作れます。お肌の内側からにじみ出るような発色が特徴です。

パールやラメは配合されていませんが、自然なツヤ感が出るためお肌を明るく健康的に見せられます。色持ちがよく、時間がたってもメイク仕立てのような仕上がりが続くのもポイント。

こすったりマスクを着けたりしても落ちにくいため、メイク直しの時間を取りにくい方におすすめです。

また、皮膚をなめらかに保つエモリエント成分としてローズヒップオイルとラベンダーオイルを配合。肌が乾燥しやすい方でも使いやすいアイテムです。

ジョルジオアルマーニ(GIORGIO ARMANI) ビューティ ネオヌード ブラッシュ

By: armanibeauty.jp

「ネオヌード」という名前のとおり、人工的ではなく素肌がぽっと色づいたように仕上がるリキッドチークです。指で頬に馴染ませると、お肌に溶け込むように馴染みます。

水のようなサラサラとしたテクスチャになっているので、一部分だけに色を乗せすぎたりムラになったりしにくいのも特徴。密着度も高く、乾いた後はこすってもよれたり落ちたりもしにくくなっているのも嬉しいポイントです。

カラーはピンク系やオレンジ系、ベージュ系などを含めた6色展開で、イエベ肌からブルベ肌の方まで使いやすい色味が揃っています。

スリー(THREE) エピック ミニ ダッシュ

とろりとしたホイップクリームのようなテクスチャが特徴のリキッドチークです。頬に乗せて伸ばすと、クリームが溶け込むようにお肌に馴染みます。地肌との境目がわからないほど自然に馴染むため、ナチュラルに健康的なお肌を作り上げられることが魅力です。

さまざまな角度から光を反射する微細なラメが配合されており、自然と顔色を明るく見せる効果もあります。ツヤ肌メイクをしたい方におすすめです。また、リキッドチークとしてだけでなく、リップカラーとして使えることも特徴。

もちろん、唇に乗せてもしっかりと発色するので、リップカラーをメインとしても使えます。保湿成分としてアルガンオイル・ホホバ油・シアバターなどが配合されているので、お肌が乾燥しやすい方でも使いやすいアイテムです。

イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent) ベビードール キッス&ブラッシュ

愛らしい印象を作れるイヴ・サンローランのリキッドチーク。うるおいのある肌が色づいたような、なめらかで自然な頬に仕上げます。テクスチャはややとろみのあるクリーム状ですが、伸びがよいのでぼかしたり色を重ねたりするのも簡単です。

ムラになりにくいので濃さを思い通りに調節できます。またティントタイプのリップカラーとして使えるのも魅力。仕上がりがマットなので、リップカラーのベースとしても使えます。

ピンク系から深みのあるレッド系まで揃っているので、ガーリーメイクから大人っぽいメイクまで活用できるアイテムです。1つで2役使えることから、ポーチの軽量化にも役立ちます。

ナーズ(NARS) リキッドブラッシュ

ハケやチップで取るタイプのリキッドチークが多いなか、プッシュタイプになっている珍しいアイテム。薄付きに仕上げたい方は半プッシュ、しっかりと発色させたい方はワンプッシュ使うとちょうどよく仕上がります。

薄いシルクをまとったような軽い仕上がりが特徴で、光を反射する効果があるのでツヤ肌に見せる効果も期待できます。お肌に乗せるとするするとなめらかに伸びていき、適度な輝きをまとった頬を簡単に作れるところが魅力。

保湿成分としてモノイオイルとタマヌオイルが配合されているので、パウダーチークだとお肌が粉を吹いたようになりやすい方でも使いやすいアイテムです。カラーは誰でも使いやすいよう、肌馴染みのよい落ち着いた色が揃っています。

スック(SUQQU) シマー リクイド ブラッシュ

うるおいに満ちたツヤ感のある仕上がりを重視したい方におすすめなのが、SUQQUのリキッドチーク。

ツヤ感のある仕上がりにはなるものの、乾いた後はサラサラになるのでお肌のベタつきが気になる方でも使いやすいアイテムです。薄付きなので、少量ずつ出してお好みの発色になるように調節しながら使ってみてください。

お肌に馴染んだ後はこすったりマスクを着けたりしても落ちにくい仕様になっています。

ランコム(LANCOME) クッションブラッシュ スプティル

ランコムのリキッドチークは、ボトルタイプではなくクッションタイプになっていることが大きな特徴。クッションにたっぷりと染みこんだリキッドチークを付属のパフで頬に乗せれば、簡単に華やかな雰囲気を放つツヤ肌を作れます。

パフがついているので、メイク後に指の汚れが気になりにくいアイテムです。色味はモダンなオーラをかもしだす「ソルベローズ」と「スプラッシュ コライユ」の2色展開。落ち着いた大人っぽい雰囲気を作りたい方にぴったりの色です。

頬に乗せるとまるで水のようにすーっと馴染みます。しっかりと密着して時間がたっても落ちにくいリキッドチークです。