顔に血色を足したり立体感を与えたりする「チーク」。カラーバリエーションが豊富にあり、あらゆるコスメブランドから発売されています。

今回は、特に人気の高いチークをピックアップしてご紹介。パウダー・クリーム・リキッドとタイプによって使用感や発色が異なるので、使いやすいチークを選んでメイクを楽しんでみてください。

チークの選び方

種類で選ぶ

パウダータイプ

By: amazon.co.jp

色がついた粉末をプレスして固めたタイプがパウダーチークです。粉末が皮脂を吸着し、テカリを抑えたマットな仕上がりが叶います。パウダーチークはチークのなかでも主流なので、カラーバリエーションが豊富なのも魅力。ふんわりとやわらかな印象を与えられるため、初心者の方にも使いやすいタイプです。

その反面、ブラシにとるチークの量を調節しないと厚塗りに見えやすいのがデメリット。ブラシにチークをとった後、一度手の甲になじませてから頬にのせるのがおすすめです。

また、皮脂には強い一方で、汗や水に濡れると崩れやすいという特徴もあります。プールや海などにいくときにチークを使ったメイクをする場合は、パウダータイプは避けましょう。

クリームタイプ

By: rakuten.co.jp

ツヤ感があり、肌に溶け込むようになじむクリームタイプ。肌にぴったりと密着し、持ちがよいのが魅力です。クリームタイプは油分を多く含む、しっとりとなめらかなテクスチャー。肌が乾燥しやすい方におすすめです。

クリームチークは指を使ってつけるため、つけたい量を調節しやすいのもポイント。ブラシを使わないので、肌への刺激が気になる方にも適しています。コンパクトで携帯性も良好。チークとしてだけでなく、クリームアイシャドウやリップとして使えるタイプもラインナップされています。

ただし、クリームタイプは皮脂と混ざるとヨレやすいので、オイリー肌タイプの方は注意が必要。上から軽くパウダーをはたくなどして、ヨレや崩れを防ぎましょう。

リキッドタイプ

By: narscosmetics.jp

クリームタイプよりもサラッとした使い心地のリキッドタイプ。みずみずしく、自然な血色感を頬に与えます。発色がよいものが多いため、一度に使う量が少量で済み、コスパにすぐれているのもポイントです。

メリットが多い一方で、リキッドタイプは慣れるまでうまく仕上げるのにコツがいります。塗りムラになりやすいため、均一に伸ばすように心がけましょう。肌にぴったりと密着しながらサラリとした使用感なので、崩れにくいチークを探している方におすすめです。

カラーで選ぶ

By: amazon.co.jp

ブランドによっては豊富なカラーバリエーションが揃えられているチーク。色によって印象が異なるので、演出したい雰囲気に合わせて選んでみてください。

ピンク系はかわいらしいイメージに、レッド系は色っぽい雰囲気を演出します。また、オレンジ系はヘルシーでカジュアルな印象に、透明感ある肌に見せたいときはパープル系を使うと、理想の仕上がりに近づきやすくなります。

肌の色に合ったカラーを選びたい方は、パーソナルカラーを基準にするのもおすすめです。イエローベース肌の方は、あたたかさを感じるオレンジ系や黄みがかったカラーのチークがぴったり。ブルーベース肌の方は、青みがかったピンク系やローズ系のチークを選ぶと、より肌になじみます。

さらに、目元のメイクやリップとチークのカラーを合わせることで、統一感のあるメイクが完成。好みのチークを見つけたら、いくつかを揃えておくと、メイクの幅が広がります。

使いやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

どんなにテクスチャーやカラーが好みでも、使いにくいとストレスを感じてしまいます。指でつけるのに抵抗があり、パウダータイプを使いたい場合は、ブラシの形状や素材をチェック。ブラシが苦手でクリームタイプやリキッドタイプを使おうと考えている方は、プッシュのしやすさやケースの開閉のしやすさなどを確認してみてください。

また、メイク直しをしたい方は、持ち運びしやすいスリムでコンパクトなものが便利です。ポーチに入るサイズかどうか、かさばりにくいかどうかもチェックしておきましょう。

初心者の方は塗りムラになりにくいパウダータイプを選ぶと失敗しにくく、クリームタイプやリキッドタイプは粉飛びが気になる方におすすめ。さまざまなポイントから、自分にとって使いやすいチークを探してみてください。

チークのおすすめブランド

セザンヌ化粧品(CEZANNE)

By: amazon.co.jp

セザンヌ化粧品は、プチプラながら高品質なアイテムを豊富に取り揃えているコスメブランド。シーズンごとに新製品や新色が発売されるなど、新たなトレンドを発信し続けています。

同ブランドから発売されているチークは、パウダータイプとクリームチークをスティック状に固めたチークスティックタイプをラインナップ。特にパウダーチークは色の種類もさまざまあり、好みや肌の色に合わせて選べます。

キャンメイク(CANMAKE)

By: amazon.co.jp

「かわいく、たのしく、輝きたい!」というコンセプトのもと、さまざまなアイテムを発売しているプチプラブランドのキャンメイク。ガーリーでポップなパッケージも魅力です。

同ブランドのチークは、パウダータイプとクリームタイプがラインナップ。カラーバリエーションが豊富で、ベーシックなカラーはもちろん、トレンドカラーも揃っています。

ローラメルシエ(laura mercier)

By: amazon.co.jp

ローラメルシエは、1996年にアメリカで生まれたコスメブランド。メイクアップアイテムから、スキンケアやボディケアアイテムまで幅広く取り揃えています。

同ブランドから発売されているチークのなかでは、特に「ブラッシュ カラー インフュージョン」が人気。シアーでスタイリッシュな雰囲気を演出するチークを探している方におすすめです。

クリニーク(CLINIQUE)

By: amazon.co.jp

1968年にニューヨークで誕生したクリニーク。皮膚科学に基づいて開発されたアイテムは、年齢を問わず肌をすこやかに保ちたい方々から支持されています。

「チークポップ」シリーズは、同ブランドのチークのなかでも特に愛されているアイテム。キュートなカラーからピュアな印象のカラーまで10数種類に及ぶバリエーションが揃っています。

シャネル(CHANEL)

By: rakuten.co.jp

100年以上の歴史を持つハイブランドのシャネル。コスメからウェア、ジュエリー、バッグ、香水など幅広く展開しています。

パウダーチークの「ジュ コントゥラスト」のほか、ジェル・クリームチークの「ボーム エサンシエル」も人気。シャネルのロゴが映えるブラックカラーのパッケージも魅力です。

チークのおすすめアイテム|パウダータイプ

セザンヌ化粧品(CEZANNE) ナチュラルチークN

ワンコインで手に入るプチプラながら、高発色なパウダーチークです。ピンク・オレンジ・レッド系とベーシックなカラーを、バリエーション豊かに揃えています。

また、パールタイプとマットタイプから選べるのも魅力。ツヤ感をだしたい方はパールタイプ、スタイリッシュな印象に見せたい方はマットタイプを選んでみてください。

セザンヌ化粧品(CEZANNE) ミックスカラーチーク

4色を混ぜても単色でも使えるパウダーチーク。ピンク・コーラル・オレンジ・ローズ・レッド系と取り揃えられているため、ぴったりな色を見つけやすいのが魅力です。シェーディングやハイライトとして使えるパレットもラインナップされています。

カラーとパールのWグラデーション効果によって、肌へのなじみも良好。ツヤを感じる明るい肌に仕上がります。付属しているブラシは天然毛で、大きめにつくられているため、広範囲にふわっとのせやすいタイプです。

キャンメイク(CANMAKE) グロウフルールチークス

5色がひとつのパレットに入ったパウダーチーク。粉っぽくなりにくく、素肌に密着するため、パウダーチークの粉飛び感が気になる方におすすめです。

毛量たっぷりのブラシはふわふわとした肌触り。パレットのうえで円をえがくように2~3回混ぜて使うだけで、ツヤ感があるいきいきとした印象に仕上がります。

ローラメルシエ(luara mercier) ブラッシュ カラー インフュージョン

ジュワッと内から滲むような血色感を演出するパウダーチークです。ベーシックなカラーが揃っているほか、くすみカラーやエキゾチックな雰囲気を醸しだすカラーまでバリエーションが豊富なのも魅力です。

また、モダンに仕上がるマットフィニッシュタイプと、さりげないツヤをだすシアーフィニッシュタイプをラインナップ。理想の仕上がりに合わせて選べます。

クリニーク(CLINIQUE) チークポップ

ガーベラのモチーフが型押しされており、見た目もかわいいパウダーチーク。独自の製法によって、しっとりと頬に溶け込むようなつけ心地を実現しています。

ピュアな印象のピンクからスタイリッシュに仕上がるブラウンまで、幅広くカラーが揃っているのもポイント。クリアケースにチークのカラーが映えるパッケージも魅力的です。

シャネル(CHANEL) ジュ コントゥラスト

肌の美しさを引き立てるパウダーチーク。彩りと同時に輝きを与え、顔全体を明るく立体的に仕上げます。ピンク系やオレンジ系を中心に、10種類以上のカラーバリエーションがあるので、好みの1色を見つけやすいのも魅力です。

パウダーの質はやわらかく、シルキーなテクスチャー。専用のブラシが付属しているため、持ち運んでメイク直しをしたい場合にも便利です。

マック(M・A・C) ミネラライズ ブラッシュ

シアーで軽いつけ心地のパウダーチークを探している方におすすめのアイテム。窯でじっくりと焼いたパウダーが使われています。重ねづけしてもナチュラルに仕上がるのが魅力です。

ベーシックなピンク・オレンジ・レッド系のほか、トレンドのベージュ系やブラウン系もラインナップ。好みや肌の色に合わせてさまざまな種類のカラーから選べます。

ナーズ(NARS) ブラッシュ

同ブランドのなかでも特に人気のパウダーチーク。30種類以上のカラーバリエーションが揃っており、さまざまなスキントーンの方にもしっくりなじむカラーを見つけやすいのが魅力です。

超微粒子パウダータイプなので、シルキーなつけ心地。サッと肌にのせるだけで、内側から滲むような血色感に仕上げられます。重ねづけしても重くなりすぎないため、好みに合わせてつける量を調節可能です。

レ・メルヴェイユーズ ラデュレ(Les Merveilleuses LADUREE) プレスト チークカラー N

アンティーク調のパッケージで、ドレッサーに置いておくだけでもサマになるパウダーチーク。色鮮やかなドレスや小物を収納しているクローゼットをイメージしてつくられています。

カラーバリエーションは全20色。レッド・ピンク・オレンジ・パープル系のほか、トレンドのブラウン系やイエローチークも揃っています。ムラなく自然に発色し、簡単にぼかせるのも魅力です。

ルナソル(LUNASOL) シックコンシャスブレンダー

顔立ちをより引き立たせて見せるパウダータイプのチーク&フェイスカラー。専用のブラシつきで、ひとはけで仕上がるためメイク初心者でも使いやすいのが特徴です。ハイライト効果のあるカラーとシェーディング効果のあるカラーを含む5色がセットになっています。

肌なじみがよく、ナチュラルに溶け込むつけ心地が魅力。自然な陰影が生まれ、血色感まで与えます。

エクセル(EXCEL) オーラティック ブラッシュ

グラデーションが美しいパレットが魅力的なパウダーチーク。上部はツヤを与えるハイライトカラー、中盤から下部にかけては濃淡の異なる2色のカラーで構成されています。

発色がよく、ぴったりと密着するつけ心地なので、塗りたてのカラーをキープ。付属しているオリジナルブラシは、肌当たりがなめらかで、幅広形状につくられています。ひと塗りで仕上がり、失敗が少ないのでチークを初めて使う方にもおすすめです。

スック(SUQQU) ピュアカラーブラッシュ

鮮やかなグラデーションが映えるパウダーチークです。付属のブラシを左右に動かして使用するタイプ。左側がチークカラー、右側がハイライトカラーになっており、2色を混ぜても単色でも使えます。サッと頬にのせるだけで立体感ある仕上がりを実現しているのも魅力です。

カラーネームが和風でモダンなのも特徴的。プレゼントとしても喜ばれます。

コフレドール(COFFRET D’OR) スマイルアップチークス N

オイルをまとったパウダーで、生っぽいツヤ感を演出できるチーク。中央の花柄には2色のチークカラー、外側には2色のフェイスカラーが配置されています。

チークカラーは肌なじみよく、フェイスカラーは透明感を引きだす質感。ジュワッと滲むような発色が魅力で、ふんわりとした印象に仕上がります。

アンプリチュード(Amplitude) コンスピキュアス チークス

血色感をもたらすチークカラーと、ハイライトとして使えるカラーの2色セットのチーク。骨格を引き立たせるような光を表現しながら、肌に溶け込むようになじむチークカラーが魅力です。

パウダータイプですがクリーミーな密着感があるのもポイント。粉飛びが気になりにくいつけ心地です。カラーバリエーションも豊富なので、好みや肌の色に合わせて選んでみてください。

ディオール(Dior) ディオール スキン ルージュ ブラッシュ

好みに合わせてチークカラーの濃度を簡単に調節できるパウダーチーク。ふんわりとしたソフトでピュアな印象にも、大胆で華やかな印象にも寄せられるので、ひとつあればさまざま雰囲気のメイクを楽しめます。

エフェクトはマット・サテン・シマーの3種類。全15色のラインナップがあるため、肌の色に合ったカラーを見つけられます。ツヤと発色が長時間続くので、メイク直しする時間がない忙しい日にもおすすめです。

イプサ(IPSA) デザイニング フェイスカラーパレット

肌の透明感と立体感を引き出す4色を備えたチークカラーです。チークカラー・ハイライトカラー・シェーディングカラー・パーフェクティングカラーを順に使っていくだけで、いきいきとした印象に仕上げます。

全15種類から肌の色に合ったものを選べるのもポイント。色をのせて陰影をつくるだけでなく、肌のキメを補正して美しく見せる効果が期待できるのも魅力です。

ジルスチュアート(JILL STUART) ブルーム ミックス ブラッシュコンパクト

5色の花びらからできた花をモチーフにしているマルチなパウダーチーク。フラッフィースフレパウダーを採用しており、肌に溶け込むようになじむ使い心地です。

5色をすべて使うのはもちろん、ニュアンスカラーとハイライトカラーのみでトレンドを意識したメイクアップも可能。ひとつあればメイクアップに幅が生まれるチークです。

チークのおすすめアイテム|クリームタイプ

キャンメイク(CANMAKE) クリームチーク

うるおいのあるクリームタイプながら、塗った瞬間にサラサラの質感に変わるチーク。肌に溶け込みやすいテクスチャーで、内側からじんわりと滲むような血色感が手に入ります。

パールやラメを配合しているタイプからクリアタイプまで、カラーも幅広くラインナップ。プチプラで長時間持続するチークを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

シャネル(CHANEL) レ ベージュ スティック ベル ミン

スティックタイプのクリームチークです。指先やスポンジにとり、肌に置くようになじませて使います。

ほんのりとした発色で、頬にヘルシーな血色感をプラス。肌にしっとりとなじみ、ツヤを与えるテクスチャーが魅力です。肌への密着感の高い、やわらかな発色のクリームチークを探している方におすすめです。

ヴィセ(Visse) リシェ リップ&チーククリーム

チークとしてはもちろん、リップカラーとしても使えるクリームチークです。ラスティングキープ成分を配合しているため、フィット感の高さが魅力。自然なツヤを感じる仕上がりが長続きします。

指先にとるとなめらかにとろけるようなテクスチャーで、色の濃淡の調節も簡単。リップに使うとハーフマットな仕上がりになり、また違った質感を楽しめます。

セルヴォーク(Celvoke) カムフィー クリームブラッシュ

するすると伸びるテクスチャーが魅力のクリームチーク。滲みでるような血色感とツヤがでるタイプです。

カラーラインナップは全5色。抜け感のある印象に仕上げるニュアンスピンク・ニュアンスローズ・ニュアンスブラウンのほか、おしゃれ顔に見せるマゼンタローズと透明感を引きだすオーキッドパープルカラーまで揃っています。

コスメデコルテ(COSME DECORTE) クリームブラッシュ

しっとりとした感触が魅力のクリームチーク。同ブランドの人気アイテム「アイグロウ ジェム」の質感を応用しており、伸びのよさと溶け込みやすさを実現しています。

オイルのようなツヤをアクセントにしており、立体感のある輝きを肌にプラス。汗や皮脂に強く、つけたてのような仕上がりをキープするソフトラスティング成分を配合しているのもポイントです。

ポール&ジョー ボーテ(PAUL&JOE) ジェル ブラッシュ

クリアな発色でみずみずしさを感じるジェルタイプのクリームチーク。透明感とツヤが魅力で、ジューシーな仕上がりが魅力です。

ひんやりとしたつけ心地で、肌にサラリと溶け込んで血色感を演出。濃淡の調節も簡単にできます。また、化粧膜によって肌表面の凹凸を均一に整えるため、毛穴落ちを防げるのもうれしいポイントです。

アールエムエスビューティー(rms beauty) リップチーク

ココナッツオイルやホホバオイルなどの保湿成分を豊富に配合しているクリームチーク。頬にも唇にも使えるタイプで、ひとつあれば便利に使えます。

ほどよくツヤがでる上品さが魅力。ナチュラルな仕上がりが好みの方におすすめです。カラーバリエーションも豊富で、ほかにないユニークなカラーが取り揃えられています。

アンプリチュード(Amplitude) コンスピキュアス クリームチークス

骨格を美しく見せるクリームチーク。肌にのせた瞬間にパウダー状に変化するため、ふんわりと塗り広げられます。

血色感のなかにほんのりと滲む光沢感が特徴。透き通るように色づくので、肌から浮かずになじみます。洗練された印象に仕上がるクリームチークを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

アクア・アクア(AQUA AQUA) オーガニッククリームチーク

密着力がありながら石けんでもオフでき、クレンジングによる肌への負担を抑えられるクリームチーク。マカダミアナッツオイルなどのうるおい成分が配合されているため、頬のうるおいをキープします。

ヘルシーアプリコット・ミルキーフィグ・キュートストロベリーの3色ともに、肌なじみがよいナチュラルカラー。初めてクリームチークを使う方にもおすすめです。

オンリーミネラル(ONLY MINERALS) N by ONLY MINERALS ミネラルソリッドチーク コンプリート

ミネラルと天然由来成分でつくられたクリームチーク。少量でもしっかりと発色し、肌に密着するので、ヨレや崩れが気になりにくいのが特徴です。

スクワランやホホバ種子油などを配合しているため、肌にうるおいを与えながらメイクアップできるのも魅力。コンパクトにはミラーもついているので、外出先でのメイク直しの際にも便利に使えます。

アウェイク(Awake) チアミーアップ グロウイング ブラッシュ&リップ

とろけるようなテクスチャーが魅力のクリームチーク。ボタニカルオイルを配合しており、なめらかなつけ心地を実現しています。

チークとリップの2役をこなすのがポイント。チークではツヤを感じる仕上がり、リップではハーフマットな仕上がりが叶います。カラーは、透明感を与えるブラムローズ、ナチュラルなシナモンベージュ、あたたかみのあるアンバーオレンジの3色です。

マック(M・A・C) グロープレイブラッシュ

弾力あるテクスチャーがユニークなクリームチークです。指先でなじませるだけでなく、同ブランドのチークブラシを使ってふんわりとぼかして使うこともできます。

軽いつけ心地も魅力で、美しい仕上がりが長く持続するロングウェアリングタイプであることも魅力。カラーバリエーションが豊富で、落ち着いた色味から鮮やかな色味まで揃っています。

チークのおすすめアイテム|リキッドタイプ

アディクション(ADDICTION) チークポリッシュ

ぼかしやすいテクスチャーで、色の濃淡を自在にコントロールできるリキッドチーク。同ブランドのチークのなかでも特に人気の高いアイテムです。コシのあるブラシにチークを含ませ、頬に直接塗布した後に指でたたくようになじませます。

時間がたっても変わらないサラリとしたつけ心地で、発色も良好。つけたての美しい色が変わらず持続します。肌に溶け込むような血色感を演出したい方におすすめです。

ナーズ(NARS) リキッドブラッシュ

ワンプッシュで上気したような頬に仕上がるリキッドチークです。なめらかに伸び、サラリとしたツヤ感を与えます。

軽いつけ心地でカラーの発色が自然なため、重ねづけやほかの色とブレンドして好みに合わせて仕上がりを調節できるのもポイント。保湿成分のモノイオイルとタマヌオイルを配合しており、肌のうるおい感を残してメイクアップできます。

スック(SUQQU) シマーリクイドブラッシュ

頬をなめらかに染めあげ、うるおいを感じるツヤを生みだすリキッドチーク。指でぼかしてなじませるだけで、テクニックいらずで自然に仕上がります。

カラーはピンク・レッド・オレンジ系の3種類。肌の色や好みに合わせて選べます。同ブランド特有の和を感じるカラーネームがつけられたユニークなアイテムです。

スリー(THREE) エピック ミニダッシュ

ナチュラルになじんで、つけたての発色が持続するティントタイプのチークです。ホイップしたようなやわらかいつけ心地が魅力。ジェルオイルタイプなので、みずみずしさを残して仕上げられます。

テクスチャーにはパールが含まれているため、ほどよい光沢と透明感を演出。リップカラーとしても使えます。