顔に血色感と立体感を与える「パウダーチーク」は、濃淡の調節がしやすくムラになりにくいため、メイク初心者にも扱いやすいコスメアイテム。多くのコスメブランドから販売されており、製品によってカラーや仕上がり方はさまざまです。

そこで今回は、自分に合ったパウダーチークの選び方やおすすめアイテムをご紹介します。プチプラやデパコス、韓国コスメなど幅広くご紹介するので、気になった方はぜひ参考にしてみてください。

パウダーチークの選び方

自分の肌色に合うチークを選ぼう

By: amazon.co.jp

パウダーチークはカラーバリエーションが豊富なため、選択肢がたくさんあり、迷いやすいアイテム。スキントーンに合っていないと、顔全体で見たときにチークだけが浮いて見えてしまいます。違和感のあるメイクに仕上がってしまうので、マッチするカラーをセレクトしてみてください。

小麦肌タイプの方は、肌にのせると発色が控えめになるため、鮮やかなカラーのパウダーチークを選ぶとちょうどよい発色になります。また、ナチュラルに仕上げたいときは、ベージュ系やブラウン系のカラーを選ぶと肌なじみがよいのでおすすめです。

色白の方は、発色が強すぎるアイテムを選ぶと、チークだけが浮いてしまうため要注意。肌にのせたときにやわらかく発色するものを選びましょう。パステルカラーのような淡いカラーだと自然に顔が明るくなるので、色白の方におすすめです。

パーソナルカラーやイメージに合わせた色を選ぶ

By: amazon.co.jp

肌トーンのほかに、パーソナルカラーを参考にしてカラーをセレクトすると、自分に合ったアイテムが選びやすくなります。イエローベースの方は、コーラルピンクやオレンジなどの少し黄みを感じるカラー、ブルーベースの方は、ローズピンクやパープルなどの青みを感じるカラーがおすすめです。

また、チークはカラーによって仕上がりの印象が変わります。ピンク系はかわいらしい雰囲気、オレンジ系はヘルシーな雰囲気、ブラウン系は大人っぽく落ち着いた雰囲気など、シーンやなりたいイメージに合うカラーをセレクトするのもおすすめです。

汗に強く落ちにくいものを選ぶ

By: lauramercierjapan.com

シーンを選ばず使えるよう、汗やマスクの擦れなどで落ちにくいアイテムを選ぶことも重要です。パウダーチークはリキッドタイプやクリームタイプに比べ、汗や摩擦に弱い傾向があります。汗や摩擦によるヨレ・崩れを防ぎたい方は、粉質がしっとりとして肌にしっかり密着するものを選んでみてください。

パウダーチークのおすすめプチプラブランド

キャンメイク(CANMAKE)

By: amazon.co.jp

キャンメイクは世代を問わず、高い人気を集めるコスメブランド。プチプラで手に取りやすく、メイク初心者からメイク上級者まで幅広く愛用されています。

パウダーチークも人気アイテムのひとつ。カラーバリエーションが豊富で、自分に合ったアイテムが見つけやすいのが特徴です。定番カラーに加えトレンドを意識したカラーもあるので、旬顔メイクを手軽に楽しめます。

キス(kiss)

By: amazon.co.jp

キスは「可愛いより、キレイがほしい」というブランドコンセプトのもと、メイクアップアイテムを豊富に取り揃えているコスメブランド。どのアイテムもパッケージデザインがおしゃれで、持っているだけで気分が上がります。

価格帯もリーズナブルで、メイク初心者にも手軽に挑戦しやすい点も同ブランドの魅力のひとつです。

ちふれ(CHIFURE)

By: amazon.co.jp

ちふれは、スキンケアアイテムからメイクアップアイテムまでラインナップが豊富に揃っているコスメブランドです。パウダーチークを含め、どのアイテムもお手頃な価格なのが魅力。ベーシックで使いやすいカラーが揃っているため、メイク初心者にも挑戦しやすいのが特徴です。

パウダーチークのおすすめデパコスブランド

アールエムケー(RMK)

By: amazon.co.jp

アールエムケーは日本で生まれたコスメブランド。ベストセラーを誇っているリキッドファンデーションをはじめ、アイシャドウやリップスティックなど、数多くの人気アイテムが揃っています。

数多くの人気アイテムのなかでパウダーチークも愛用者が多いアイテムのひとつ。豊富なカラーバリエーションで、お気に入りの1色を見つけやすいのが魅力です。

マック(M・A・C)

By: maccosmetics.jp

マックはもともと、メイクアップアーティストなどプロフェッショナルのニーズに応える製品の開発を行なっていたブランド。メイク初心者の方はもちろん、プロの方まで満足感を与えるアイテムが揃っています。

マックでは、ひとつのメイクアップアイテムにさまざまなタイプのシリーズが展開されており、パウダーチークにも質感が違うものやパッケージデザインが違うものなど、多くのシリーズがあります。また、シリーズひとつひとつのカラーバリエーションも豊富なので、自分に合うパウダーチークが選びやすいのも魅力です。

ディオール(Dior)

By: rakuten.co.jp

ディオールは数あるデパコスブランドのなかでも、発売当初から長年人気を集めている定番アイテムをたくさん有しているブランド。アイテムひとつひとつが洗練されており、どれも高級感が漂うものばかりです。

パウダーチークも上品な発色が特徴。肌なじみのよいカラーばかりで、年代やメイクのタイプを問わず使いやすいのが魅力です。

パウダーチークのおすすめ

井田ラボラトリーズ(IDA Laboratories) キャンメイク グロウ フルールチークス

まるでクリームのような質感で肌に透明感とツヤを与えるパウダーチーク。しっとりとしたパウダーが肌にピタッと密着し、汗や摩擦に比較的強いのが特徴です。

パッケージに入っている5色のカラーをブラシでブレンドしてつけると、きれいなグラデーションが簡単につくれ、立体感のある華やかな印象に仕上がります。また、カラーをブレンドできることから色味や発色が調節しやすいのも魅力。メイクやシーンに合わせて自分好みの発色が楽しめます。

カラーラインナップが豊富で、肌タイプを選ばず使いやすいのもうれしいポイント。値段がリーズナブルで手に取りやすいので、初めてパウダーチークに挑戦する方にもおすすめです。

伊勢半 キス パウダーチークス

ふんわりとやわらかく発色するパウダーチーク。発色が穏やかなので濃くなりにくく、簡単に内側からにじみ出るような血色感が自然に表現できます。また、粉質がとてもしっとりしているのが特徴。肌にのせた瞬間スーッと溶け込むようになじみ、仕上がりを長時間キープします。

カラーは6種類をラインナップ。大人っぽい雰囲気からかわいらしい雰囲気までなりたいイメージに合わせて選べます。値段もリーズナブルで試しやすいので、何色かゲットしてメイクやファッションに合わせて使いわけるのもおすすめです。

ちふれ(CHIFURE) パウダーチーク

透明感のあるあざやかなカラーが、頬に自然な血色感を与えるパウダーチーク。パウダーの質感がやわらかく、ふんわり肌になじみながらフィットします。密着力に優れているので、美しい状態を長時間キープしやすいのが特徴です。

カラーは5色展開で、好みのイメージや肌タイプに合わせてセレクトしやすいのもうれしいポイント。肌なじみがよく、自然に頬を明るい印象に見せるのでナチュラルメイクにもなじみます。コンパクトサイズで持ち運びやすく、外出時のメイク直しにも便利です。

常盤薬品工業 エクセル スキニーリッチチーク

クリームのように密着するパウダーチーク。パウダーの扱いやすさとクリームのキープ力を両方叶えたアイテムです。植物由来の保湿成分を含んだしっとりとしたパウダーが頬になじみ、血色感を与えながら肌を乾燥から守ります。

また、発色をコントロールしやすく、失敗が少ないのも魅力のポイント。ぼかすなどの調節がしやすいうえに、肌への密着力も高いため、きれいな発色が持続します。価格帯も手頃なので、初めてパウダーチークを使う方はチェックしてみてください。

コーセー(KOSE) ヴィセ フォギーオン チークス N

ふんわりとした発色で、クリアな血色感を出すパウダーチーク。発色が穏やかなので濃淡がつけやすく、好みの発色が楽しめるのが特徴です。また、しっとりとしたパウダーには、エモリエント効果のある美容液成分「アーモンドオイル」が配合されています。

全6色のカラーバリエーションでかわいらしい雰囲気から大人っぽい雰囲気まで、なりたいイメージに合わせてカラーを選択可能。コンパクトでブラシもついているので、出かけた先でも簡単にお直しできます。メイク初心者はもちろん、メイク上級者の方にもおすすめのパウダーチークです。

井田ラボラトリーズ(IDA Laboratories) セザンヌ化粧品ナチュラルチークN

ナチュラルな発色が魅力のパウダーチーク。発売当初から人気の高いロングセラーアイテムです。13種類の豊富なカラー展開でイエローベース、ブルーベースそれぞれの肌タイプに合った色味が揃っています。

また、ミネラル成分を90%配合しているのも魅力のポイント。肌の刺激になりやすいとされる香料や鉱物油も無添加なので、成分にこだわりたい方にもおすすめです。試しやすい価格帯なのでメイク初心者や、初めてパウダーチークに挑戦する方は、ぜひチェックしてみてください。

エキップ(e`quipe) RMK インジーニアス パウダーチークスN

ピュアな発色で頬に自然な明るさを与えるパウダーチーク。肌なじみがよく、特別なテクニックを使わなくても上品な印象に仕上がります。

細かくなめらかなパウダーがふんわり肌にフィットするのが魅力です。パールが頬にツヤ感と立体感をプラスし、肌本来の美しさを引き出します。発色がやわらかく、濃くつきにくいので、初心者にも扱いやすいパウダーチークです。

カラーは15種類と豊富。単品使いはもちろん、一緒に展開しているハイライトカラーと組み合わせて使用して、ワンランク上のメイクに仕上げるのもおすすめです。

マック(M・A・C) ミネラライズブラッシュ

ツヤ感の美しさが特徴のパウダーチークです。細かいパールが繊細に輝き、どの角度から見ても美しい上品な頬に仕上げます。軽やかなつけ心地で重ね塗りをしても濃くなりすぎず、チークだけ浮いた印象になりにくいのが魅力です。

また、肌のタイプや年齢を問わず使いやすい絶妙な色味を16種類展開。カジュアルからラグジュアリーな雰囲気までどんなメイクにもマッチするので、デイリー使いはもちろん、パーティーメイクのときにも重宝します。

ディオール(Dior) ディオール スキンルージュ ブラッシュ

かわいらしい雰囲気も大人っぽい雰囲気も叶うパウダーチーク。濃淡をつけやすいパウダーなので、好みに合わせて発色の調節をしやすいのが特徴です。重ねづけしてもチークだけ浮きにくく、肌になじみながら自然な血色感を与えます。

また、絶妙なカラーラインナップも人気を集めている理由のひとつ。15種類あるカラーはすべて、ディオールの看板アイテムであるリップスティック「ルージュ ディオール」からインスパイアされた色味です。リップとの相性がよく、組み合わせて使うと統一感のあるメイクが楽しめます。

仕上がりタイプが「マット」「サテン」「シマー」の3種類あり、自分好みに合わせて選べるのもうれしいポイント。カジュアルからラグジュアリーまでさまざまなメイクに対応できるパウダーチークです。

資生堂(SHISEIDO) ローラ メルシエ ブラッシュカラー インフュージョン

つけ方次第でいろいろな印象を表現できるパウダーチーク。発色の調節をしやすいのが特徴で、ふんわり薄くつければ透明感のあるピュアな印象に、大胆に重ねれば大人っぽい印象に、気分に合わせて雰囲気を自在に操れます。

パウダーが粉っぽくなくしっとりとしているので、肌にしっかりとフィット。また、汗や摩擦に強く、長時間美しい発色がキープします。カラーは14種類とバリエーション豊富で、どれも洗練された絶妙な色味。つけるだけで垢抜けた印象にメイクアップできるおすすめのアイテムです。

資生堂(SHISEIDO) ナーズ ブラッシュ

多彩なカラー展開で、さまざまな肌タイプの方に使いやすいパウダーチーク。透明感のある色味からあざやかな色味まで、幅広くバリエーションが揃っています。

微細なパウダーがソフトに肌を包むような心地よい使用感も魅力。シアーな質感なので重ねづけしても濃くなりにくく、好みのイメージに合わせて発色の調節がしやすいのもポイントです。

セレクトするカラーや、使い方次第でさまざまなメイクが楽しめるため、デイリー使いはもちろん、特別な日にも活躍します。

エキップ(e`quipe) SUQQU ピュアカラーブラッシュ

落ち着いた色味が魅力のパウダーチーク。グラデーションカラーが、肌のうえで絶妙に混ざり合いながら透明感と立体感を与えます。どのカラーも繊細に発色するので濃淡の調節がしやすく、メイク初心者にも扱いやすいアイテムです。

パウダーがしっとりしているため、乾燥しにくく心地よく使えます。難しいテクニックを使わなくてもサッとつけるだけできれいに仕上がるので、メイク初心者におすすめのパウダチークです。

ヒンス(hince) トゥルーディメンショングローチーク

ツヤと透明感のある発色が特徴のパウダーチーク。パウダーに含まれる繊細なパールが動くたびに上品に輝き、ツヤやかな肌がつくれます。また、しっとりとした軽やかなパウダーがシアーに発色し、内側からにじみでるような血色感が表現できるのも魅力です。

パウダーには保湿成分が配合されているので、メイクをしながら肌を乾燥から守り、しっとりとした肌に導きます。どれも見た目はかわいらしい色味ですが、濡れたような上品なツヤが大人っぽさを引き出すアイテムです。

シャネル(CHANEL) ジュ コントゥラスト

上品な発色で頬を美しく彩るパウダーチーク。自然な血色感を与え、健康的な明るい印象に仕上げます。パウダーの質感がとてもやわらかく、つけ心地が軽やかなのが特徴。穏やかな発色で重ねづけしても濃くなりすぎないので、メイク初心者の方にも扱いやすいアイテムです。

また、カラー展開は14種類と豊富。使い方次第で、カジュアルな雰囲気もラグジュアリーな雰囲気も叶います。パッケージもおしゃれで持っているだけで気分が上がるので、自分へのご褒美やプレゼントとしてもおすすめのアイテムです。

エトヴォス(ETVOS) ミネラルマルチパウダー

1つでチーク、アイカラー、アイブロウ、リップまでマルチに使えるアイテム。手軽に統一感のある垢抜けたおしゃれなメイクに仕上がります。

カラーはピンク系、オレンジ系、ベージュ系を含む全5種類。どのカラーも少しくすんだトレンド感のある色味なので、ファッションに合わせておしゃれなメイクが楽しめます。

成分にもこだわっており、保湿成分として配合された植物由来のオイルがたっぷりと入っているのも魅力。メイクをしながら保湿ケアが叶います。また、クレンジングを使わなくても石鹸だけでオフができるので、肌への負担が気になる方にもおすすめのアイテムです。

クリニーク(CLINIQUE) チークポップ

ガーベラの型押しがキュートで、持っているだけで気分が上がるパウダーチーク。独自製法のしっとりとしたパウダーが頬にのせるとふんわり発色し、自然な血色を演出します。

また、カラー展開が11種類と豊富なので、なりたい雰囲気やスキントーンに合わせてカラーチョイスがしやすいのも魅力的。カラーによってキュートな雰囲気からマニッシュな雰囲気まで幅広く楽しめます。持ち運びやすいコンパクトなサイズ感で、外出先のメイク直しとしても便利に使えるアイテムです。

クリオ(CLIO) プリズムエアブラッシャー

とにかくツヤ感がほしい方におすすめのパウダーチーク。たっぷりと配合されている微細なパールが、きらめくような美しい肌に仕上げます。きれいなツヤ感が出せるので、パーティーメイクにもおすすめです。

また、パウダーとは思えないほどしっとりとした質感も特徴。独自の「プリズムエア工法」によりパウダーなのに、クリームのようになめらかなテクスチャーを実現しています。薄づきで塗り重ねても濃くなりにくいので、自分の好みに合わせて発色を調節しやすいのも魅力です。

テクニックいらずで簡単にきれいな血色感とツヤ肌が手に入るため、パウダーチークに挑戦したい方はぜひ試してみてください。

カネボウ(KANEBO) コフレドール スマイルアップチークスS

チークとハイライトがセットになったパウダーチークです。肌なじみのよいグラデーションカラーが顔を明るい印象に仕上げ、繊細に輝くハイライトで上品なツヤをプラスします。

カラーは「透明感カラー」「血色感カラー」「小顔立体カラー」の3つのバリエーションで展開されており、なりたい仕上がりによってアイテム選びが可能です。主張しすぎない発色でナチュラルに頬を彩るので、どんなメイクにも合わせやすいのがポイント。コンパクト形状でブラシもセットになっているため、外出先のメイク直しにも使いやすいパウダーチークです。

セルヴォーク(Celvoke) カムフィーブラッシュ

肌なじみのよいカラーで、さまざまな肌トーンに合わせやすいパウダーチーク。トレンドをおさえた絶妙な色味でおしゃれなメイクが完成します。パッケージにはカラーが2種類入っており、ブレンドするとより立体感のあるツヤ肌を作れるのが特徴です。

ふんわりとやさしい発色で塗り重ねても濃くなりすぎないのが魅力。パウダーには保湿成分のスクワランやアルガンオイルが配合されており、頬を美しく見せながらうるおいケアも同時にできます。パウダーチークを使った際の乾燥が心配な方は、ぜひチェックしてみてください。

カネボウ(KANEBO) ルナソル カラーリングシアーチークス(グロウ)

上品な色味が大人っぽい印象に仕上げるパウダーチーク。カラー展開はピンク系・オレンジ系・ベージュ系の3種類でどれも肌なじみがよく、自然な血色感を与えます。

ほんのり色づくような発色なので、プライベートはもちろん、オフィスメイクにもピッタリです。また、質感がサラッとしており、つけ心地が軽いのも特徴。ふんわりと頬を包むようにパウダーがのるため、軽やかにフィットします。

比較的手に取りやすい値段なので、デパコスデビューする方にもおすすめのパウダーチークです。

資生堂(SHISEIDO) イプサ デザイニング フェイスカラーパレット

ひとつのパレットに、チーク・ハイライト・シェーディング・フェイスパウダーがセットになっているアイテム。パレットひとつで自然な立体感と血色感のある肌に仕上げられるのが特徴です。

カラー展開も豊富で、15種類のラインナップから自分に合ったものをチョイスできます。ピンク系だけでもローズピンクやコーラルピンクなど、さまざまな色味の展開があるため、パーソナルカラーに合わせたセレクトも可能です。

薄型形状のデュアルタイプブラシがセットになっているので、外出先のメイク直しにも便利。時短メイクにおすすめのアイテムです。