クマや赤みなどをカバーする「コンシーラー」。部分的な肌悩みをしっかりと隠して、色ムラが目立たない肌に仕上げるためのアイテムです。コンシーラーは、形状や色など種類も豊富。どれを使ったらよいのか、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのコンシーラーをランキング形式でご紹介します。コンシーラーの選び方も解説するので、自分の肌に合う製品を見つけてみてください。

コンシーラーとは?

By: amazon.co.jp

コンシーラーは、ファンデーションだけではカバーしきれない肌悩みを隠すためのアイテム。目の下のクマやニキビ跡、シミやそばかすなどの色ムラがある部分に使用します。顔全体に使用するファンデーションとは違い、気になる部分へ集中的に使用しやすいのが特徴。部分的に重ねるので、顔全体が厚塗りになりにくい仕様です。

コンシーラーのなかには、カラーコントロールの効果やハイライト効果がある製品も存在します。カラーの効果で悩み部分の色を補正したり、肌にツヤ感をプラスして明るさを出したりと、使用する製品によって仕上がりが変わるのが特徴です。コンシーラーを使うと、肌トラブルが目立ちにくくなり、きれいなベースメイクに仕上がります。

コンシーラーの選び方

タイプで選ぶ

スティックタイプ

By: lauramercierjapan.com

コンシーラーのなかでもカバー力が高いとされているのが、スティックタイプです。硬めのテクスチャーで、悩み部分にしっかりとフィット。重ねるほどにカバー力を出せるのが特徴です。シミやニキビ跡などのポイント使いや、頬の赤みなどの広範囲にも使用可能。集中的に重ねて使用したり、指で伸ばして使用したりと、自由自在に使えるのが魅力です。

繰り出し式のスティック形状で、持ち運び用のコンシーラーとしてもおすすめ。外出先で使うメイクアイテムとしても活躍します。スティックコンシーラーは、1本持っているとさまざまな肌悩みに対応しやすいタイプのコンシーラーです。

リキッドタイプ

By: narscosmetics.jp

リキッドタイプのコンシーラーは、肌なじみがよく自然にカバーしやすいのが特徴です。液状なので、乾燥しやすい目元や口元への使用におすすめ。保湿成分が配合されている製品も多く存在します。

リキッドタイプのコンシーラーは、一般的にスティックタイプやクリームタイプほどのカバー力はないものの、伸びがよいのでひと塗りで広範囲に使えるのが魅力。頬の赤みなど、広い範囲に使用したいときにもぴったりです。

また、リキッドタイプには主に、先端にアプリケーターがついているチップタイプと、筆タイプの2種類があります。チップタイプは量を調節しやすいのがメリット。しっかりとカバーしたいときにはたっぷりの量をとって、指で伸ばせます。筆タイプのコンシーラーは、繰り出し式のものが主流。少量ずつ使えるので、つけすぎを防げます。

クリームタイプ

By: decorte.com

クリームタイプのコンシーラーは、やわらかな質感が特徴。スティックコンシーラーよりも軽いつけ心地で、リキッドコンシーラーよりもカバー力が高いといわれています。保湿成分が配合されている製品が多く、乾燥しにくいのもポイント。乾燥しやすい目周りや、口周りに使うのに適しています。

クリームタイプのコンシーラーは、チューブタイプやアプリケーターがついているチップタイプ、パレットタイプなど形状も豊富です。自分好みの製品が選びやすいのがメリット。一般的には、チューブタイプの方がカバー力は軽いとされています。パレットタイプは重ね付けがしやすいので、カバー力を調節可能です。

さらに、パレットタイプには、数種類の異なる色がセットされているものが多く存在します。色を自分好みに混ぜて使えるのが魅力です。

パウダータイプ

By: onlyminerals.jp

パウダータイプのコンシーラーは、ナチュラルな仕上がり感で、厚塗りになりにくいのが特徴。素肌のように自然に仕上げたいときに適しています。また、質感が軽くてキメが細かいのが魅力。隠れにくい悩み部分も、ふわっとカバーできます。

主にファンデーションの上から使用するため、使うファンデーションのタイプを選ばないのもポイント。パウダーならではのサラッとした質感に仕上がり、ベタつきにくい仕様です。厚ぼったくなりにくいコンシーラーを求めている方に適しています。

カラー選びのポイント

By: orbis.co.jp

コンシーラーは、使う部分に合わせて色を選ぶのがおすすめ。コンシーラーには、ベージュなどの肌色に近いカラーのほかに、カラーコントロール効果があるピンク系やグリーン系などのカラーが存在します。悩み部分の色が濃い場合は、カラーコントロール効果が期待できるコンシーラーを使用してみてください。

目元のクマには、ピンク系やイエロー系、オレンジ系のコンシーラーが適しています。青グマにはオレンジ系、茶グマにはイエロー系、黒クマやくすみにはピンク系のコンシーラーがおすすめ。クマの色味がやわらかくなり、カバー力が高まります。

また、顔の赤みを隠したいときには、グリーン系のコンシーラーがぴったり。グリーンは赤みを補色する効果があるため、色ムラが整い均一な肌に仕上がります。

コンシーラーのおすすめ|プチプラブランド

第1位 資生堂(SHISEIDO) マキアージュ コンシーラースティック EX

肌の色ムラをしっかりとカバーする、スティックタイプのコンシーラーです。特に、シミやそばかすのカバー用として使うのがおすすめ。重ねてつけるほどにカバー力が高まるので、濃いシミなどを隠したいときにぴったりです。

肌に厚みがでにくく、自然に仕上がるのが特徴。コンシーラーが肌と一体化するように、自然なベースメイクが完成します。SPF25・PA++で、紫外線対策に役立つのも魅力です。

カラー展開は、肌になじみやすいベージュ系。明るい肌色におすすめの「1 ライト」から、健康的な肌色に合わせやすい「3 ダーク」まで揃っています。

第2位 エトヴォス(ETVOS) ミネラルコンシーラーパレット SPF36・PA+++

3色のコンシーラーがパレットにセットされている、クリームタイプのアイテム。パレットには、専用のブラシが付属されています。手を汚さずに使える手軽さが特徴です。

パレット内のコンシーラーは、単色で使用したりブレンドして使用したりと、自分好みの色を作れるのが魅力。ピンポイントでカバーしやすいオークルベージュ、クマやくすみなどの青みを補正しやすいオレンジベージュ、肌に溶け込むナチュラルベージュと、使いやすい3色が入っています。3つの色を組み合わせると、さまざまな肌悩みを自然にカバー。コンシーラーを数カ所に使いたい方におすすめです。

SPF36・PA+++で、紫外線対策にも役立ちます。そのほか、石けんで落とせるのもポイント。肌が敏感な方でも使いやすい、低刺激処方と謳われています。

第3位 資生堂(SHISEIDO) インテグレート スポッツコンシーラー

薄づきで自然なカバー力が魅力の、リキッドタイプのコンシーラーです。本製品は、アプリケーターがついたチップ形状。リキッドが伸び広がるので、色ムラや毛穴の悩みなど、広範囲に使用したいときにおすすめです。肌なじみがよいので、失敗しにくいのもポイント。コンシーラー初心者の方に適しています。

微細な多偏光パールが配合されており、肌に明るさが出るのが特徴。多偏光パールの光カバー効果で、肌の凹凸や影を明るくぼかせると謳われています。

第4位 ザセム(the SAEM) カバーパーフェクション チップ コンシーラー

人気韓国コスメブランドのリキッドコンシーラー。濃厚なテクスチャーが特徴です。ひと塗りでも気になる部分がカバーしやすく、肌の色ムラを整えます。しっかりとしたカバー力ながら、厚塗りに仕上がりにくいのもポイント。軽いつけ心地も魅力です。

時間が経ってもヨレにくいと謳われているので、目元などよく動くパーツへ使用するのがおすすめ。高い密着力を備えています。保湿成分として、アロエベラ葉エキスを配合。気になる部分をカバーしながら、肌のケアもできるコンシーラーです。

第5位 常盤薬品工業 エクセル サイレントカバーコンシーラー

高密着なつけ心地に定評がある、クリームタイプのコンシーラーです。パレットタイプで、2種類のブラシが付属しています。ブラシは、細かい小鼻の周りや頬の小さなシミなど、ピンポイントに使いやすい形状です。

ブラウンベージュ・オレンジベージュ・ライトベージュと、3つの色がセットされているので、単色でも混ぜても使用可能。自分好みのカラーを作りやすいのが魅力です。

狙ったところにフィットする、硬めのテクスチャーも特徴。高密着処方なので、目元や口元などのよく動くパーツもヨレにくく、きれいな仕上がりが続きます。保湿成分として植物由来オイルが配合されており、カバーをしながら肌もケア。メイクアップ製品ながら美肌に導く、スキンケアコンシーラーです。

第6位 井田ラボラトリーズ(IDA Laboratories) セザンヌ化粧品 ストレッチコンシーラー

人気プチプラブランドのセザンヌから展開されている、リキッドコンシーラー。やわらかな素材を採用したチップが付属しています。シワになりにくいストレッチ処方なので、皮膚の動きに合わせてしっかりと密着。水や汗、皮脂に強いウォータープルーフタイプで、ヨレにくいアイテムです。

カラーはオレンジ系。血色感をプラスしやすいので、頑固なクマのカバーにおすすめです。SPF50・PA++++と、高いUVカット効果が期待できるのもポイント。保湿成分も配合されているので、乾燥しがちな目元用のコンシーラーにぴったりです。

第7位 ナチュラグラッセ(naturaglace) コレクティング スティック

悩みに合わせて使い分けやすいカラー展開が魅力の、スティックコンシーラーです。部分用に使いやすい「03 ライトカラー」「04 ヘルシーカラー」は、クマやシミのカバーだけではなく、肌の色ムラや明るさの補正に適しています。

「01 ハイライト」には、パールが配合されているのがポイントです。ハイライトとして使用したり、気になる部分を明るくぼかしたりできます。溶け込むようなやわらかいテクスチャーが、肌に密着。自然に仕上がります。また、SPF50+・PA++++と、高い紫外線カット効果が期待できるのも特徴です。

第8位 井田ラボラトリーズ(IDA Laboratories) キャンメイク カバー&ストレッチコンシーラー UV

機能性に優れたリキッドタイプのコンシーラー。コンシーラーながらSPF25・PA++で、UVカット効果に期待できるのが魅力です。

また、ポイント使いしやすいチップが付属。コンシーラーがピンポイントに密着して、気になる色ムラや毛穴をカバーします。さらに、本製品は水や汗に強いウォータープルーフ処方。肌のベタつきやテカリを抑えて、きれいな仕上がりが長時間続きます。

「01 ライトベージュ」は、濃いシミや色素沈着したニキビ跡などのカバーにぴったり。気になる色ムラ部分をしっかりと補正します。「02 ナチュラルベージュ」は、茶色いシミやそばかす、ニキビ跡におすすめ。そのほか、赤みを隠すのに適した「C01 ライトグリーン」もラインナップされています。

第9位 オルビス(ORBIS) カバーリキッドクリエイター

筆タイプで、簡単に使えるのが魅力のリキッドコンシーラーです。筆ペンはノックボタン式。出す量を自分好みに調節しやすいので、コンシーラーのつけすぎを防げます。やわらかなテクスチャーのため、肌の凹凸や色ムラの出やすい頬にもピタッと密着。なめらかに伸び広がります。

本製品には、黄ぐすみをカバーしやすい赤色の粉体が配合されているのがポイント。光を拡散して、気になる部分を自然にカバーします。ナチュラルな仕上がりで、顔全体の印象がトーンアップ。クマや乾燥によるくすみなど、幅広い悩みをカバーするコンシーラーです。

第10位 ちふれ(CHIFURE) コンシーラー

パール入りのリキッドコンシーラー。肌悩みを明るくカバーする、チップタイプのアイテムです。SPF18・PA++と、紫外線対策も可能。また、ウォータープルーフ処方なので汗や皮脂に強いのも魅力です。

なめらかに伸びるつけ心地のよさと、ほどよい密着感がポイント。保湿成分が配合されているので、しっとりとした肌感が維持できます。携帯に便利なサイズのため、お直し用として持ち運びたいときにおすすめです。

第11位 ヤーマン(YA-MAN) オンリーミネラル 薬用コンシーラー アクネプロテクター【医薬部外品】

肌にやさしい使い心地の、パウダータイプのアイテム。ニキビがケアできる薬用コンシーラーです。薬用有効成分として酸化亜鉛とイオウが配合されているので、ニキビをカバーしながら予防ができると謳われています。

カラーは、毛穴やニキビなどの赤みをカバーしやすい黄みよりのベージュ。自然に肌の色ムラを整えます。パウダータイプなので、さまざまなファンデーションと相性がよいのもポイント。仕上がりはサラッとし、ベタつきが残りにくい仕様です。SPF20・PA++で、紫外線対策も可能。クレンジングは不要で、石けんで落とせます。

コンシーラーのおすすめ|デパコスブランド

第1位 ディオール(Dior) ディオールスキン フォーエヴァー スキン コレクト コンシーラー

人気のデパコスブランド、ディオールから展開されているリキッドタイプのコンシーラーです。高いカバー力を備えた、クリーミーなテクスチャーが特徴。目の下のクマや部分的な赤み、肌の色ムラをしっかりとカバーします。

部分的に使用してライトな質感で仕上げたり、重ねづけしてフルカバーしたりと、使い方も自由自在。重ねるたびにカバー力が高まります。

幅広い肌色に使いやすい、豊富な色展開も魅力。非常に明るい肌色の「0N ニュートラル」や、黄みよりのやや明るい肌色の「2W ウォーム」など、選びやすいカラーバリエーションが揃っています。悩みをカバーするだけではなく、明るさを足したり顔に立体感を与えたりと、普段のベースメイクにプラスしやすいコンシーラーです。

第2位 コーセー(KOSE) コスメデコルテ トーンパーフェクティング パレット

クリームタイプのコンシーラー。パレットに4つの異なる色がセットされているアイテムです。自然な明るさが出せるベージュ系から、コントロールカラーとしても使いやすい色までが備わっています。

パレットには、大・小のブラシとチップ、3種類の専用ツールが付属。パーツに合わせて、使い分けられるのが魅力です。肌と一体化するようになじむテクスチャーも特徴。肌の色ムラを均一に整えて、シミやクマ、ニキビ跡などをしっかりカバーできます。

第3位 日本ロレアル イヴ・サンローラン ラディアントタッチ

筆タイプのリキッドコンシーラー。発売から25年以上愛され続けている、イヴ・サンローランのロングセラーアイテムです。筆タイプなので、簡単にタッチアップしやすい手軽さがメリット。ノックボタン式で、自分好みに量の調節が可能です。

特に、目の下やほうれい線部分など、くすみが気になる箇所に使用するのがおすすめ。メイクアップ効果で肌のくすみを抑え、カラーメイクの発色を引き立てます。ひと筆で、明るさや自然なツヤを演出しやすいコンシーラーです。

第4位 資生堂(SHISEIDO) ナーズ ラディアントクリーミーコンシーラー

マルチに活躍するリキッドタイプのコンシーラー。ハイライトとして使用したり、肌の色ムラをカバーしたりと、さまざまなシーンで使用できます。また、肌色や使う目的に合わせて選びやすい、豊富なカラーバリエーションが魅力。肌よりも暗めのトーンを選べば、コントゥアリングメイクにも使用可能です。

クリーミーで肌なじみがよいテクスチャーもポイント。光拡散テクノロジーが採用されており、光沢のある仕上がりです。気になる部分をカバーしながら、小ジワが目立ちにくいソフトな質感に。なめらかに伸びて肌に密着するので、つけたてのきれいな仕上がりをキープできます。

第5位 エキップ(e`quipe) RMK ルミナス ペンブラッシュコンシーラー

薄膜のテクスチャーが特徴のリキッドコンシーラーです。ダイヤルを回して使用する筆タイプ。使用するパーツに合わせて量の調節をしやすいのが魅力です。持ち運びに適しているペンシル形状なので、お直し用のコンシーラーとしても活躍します。

リキッドながら、しっかりとフィット。クマやくすみなど、気になる色ムラ部分を均一に整えます。立体的でツヤやかな肌に仕上がるのが特徴です。

肌色に合わせて使いやすい、豊富なカラーバリエーションもポイント。やわらかなニュアンスピンクの「01」は、肌が明るめの方におすすめ。ベージュの「02」は、ベーシックな肌色の方が使いやすい色です。

第6位 ボビイ ブラウン(BOBBI BROWN) インテンシブ セラム コンシーラー

人気のメイクアップブランド、ボビイブラウンから展開されているリキッドコンシーラー。アプリケーターが付属するチップタイプです。

保湿成分が目元にうるおいを与えて、乾燥しがちな目元をケアします。密着性が高い質感もポイント。粉っぽさを感じにくいテクスチャーで、肌にぴったりとフィットします。きれいな仕上がりを長時間キープする、ロングウェアフォーミュラ仕様なのも特徴です。

豊富なカラーバリエーションも魅力。絶妙に異なるベージュ系の色が揃っています。

第7位 資生堂(SHISEIDO) ローラ メルシエ シークレット カモフラージュ ブライト アンド コレクト デュオ

2つの異なるカラーがセットされている、スティックタイプのコンシーラーです。カバーとトーンアップに対応できる、2色を搭載。シミやクマなど、気になるパーツを簡単にカバーします。

軽い質感で肌に密着する処方もポイント。肌本来のツヤ感が引き立ちます。さらに、豊富なカラーバリエーションも魅力。ピンクオークル・オークル・ベージュオークルなど、肌色に合わせて使いやすい種類が揃っています。

第8位 クリニーク(CLINIQUE) イーブン ベター オール オーバー コンシーラー

人気のスキンケアブランド、クリニークから展開されているリキッドタイプのコンシーラーです。本製品は、スキンケア発想から生まれた機能性コンシーラー。保湿成分が配合されており、肌にうるおいを与えます。

クリーミーなテクスチャーも特徴。シミやくすみなどを、なめらかにカバーします。付属のアプリケーターは、肌になじませやすい形状。肌色に合わせて選びやすい、ベージュ系のカラーが揃っています。

第9位 資生堂(SHISEIDO) ベアミネラル コンシーラー M

パウダータイプのコンシーラー。しっかりとカバーしながらも、肌になじみやすいのが特徴です。シミやそばかす、毛穴などの色ムラを自然にカバー。軽い仕上がりでヨレにくいのが魅力です。

SPF20・PA++のUVカット効果が備わっているのもポイント。さらに、コンシーラーとしてだけではなく、アイシャドウベースとしても使用可能です。アイシャドウの発色がよくなり、きれいな仕上がりを長時間キープすると謳われています。

おすすめのカラーは「サマービスク」。日本人の肌になじみやすいオークルベージュです。「ウェルレスティッド」は、さまざまな肌色に対応するクリームベージュ系。肌の色を選ばずに使いやすいカラーです。

第10位 資生堂(SHISEIDO) クレ・ド・ポー ボーテ コレクチュールヴィサージュ n

美しい仕上がりが長時間続くと人気のスティックコンシーラー。テカリやヨレを防ぐと謳われている「ラスティングコントロール機能」を採用しています。カバーした部分が薄くなりにくく、つけたての仕上がりをキープしやすいのが魅力です。

高いカバー力を備えながら、肌なじみがよいのもポイント。顔の凹凸にもフィットして、色ムラを整えます。SPF25・PA+++で、紫外線対策に役立つのもポイントです。

コンシーラーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

コンシーラーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

コンシーラーの使い方・使う順番は?

By: decorte.com

コンシーラーは、使用するコンシーラーのタイプや合わせるファンデーションによって、使う順番が異なります。コンシーラーは、ファンデーションでカバーしきれない部分に使用するため、ファンデーションの後に使うのが一般的です。

ただし、パウダータイプのファンデーションと合わせる場合は、ファンデーションよりも先にコンシーラーを使用するのがおすすめ。悩み部分をカバーしてからファンデーションを使うと、パウダーのつけすぎを防ぎます。後からファンデーションを使用するときは、軽いタッチで触るようにするのがポイントです。