カバー力が高く、ファンデーションでは隠しきれない肌悩みをピンポイントでカバーできる「スティックコンシーラー」は、1本持っておくととても便利なアイテム。しかし種類が豊富にあるため、どれを選んでよいのか迷う方も多いと思います。

そこで今回は、プチプラ・デパコスそれぞれのおすすめスティックコンシーラーをご紹介。選び方のポイントも解説するので、スティックコンシーラー選びの参考にしてみてください。

スティックコンシーラーとは?

By: amazon.co.jp

スティックコンシーラーはカバー力が高く、シミやそばかす、ニキビなどをピンポイントでカバーしたいときに活躍するアイテム。リキッドタイプやクリームタイプに比べ質感が硬めのものが多く、肌への密着度が高いのが特徴です。

また、コンパクトサイズで持ち運びがしやすいものが多いのも、スティックコンシーラーの魅力。気になったときにサッと取り出して手軽にメイク直しができるので、1本持っておくとあらゆるシーンで重宝します。

スティックコンシーラーの選び方

使用する目的で選ぶ

クマをカバーしたい方はオレンジなどの明るい色を選ぶ

By: canmake.com

クマをカバーしたいときに自分の肌色に合ったスティックコンシーラーを選ぶと、かえって肌の色が沈みクマが目立ってしまいます。クマの種類に合わせてオレンジ系やイエロー系、明るめのベージュなど色味やトーンの違うアイテムを選びましょう。

血行不良で現れる青クマには血色感を与えるオレンジ系、色素沈着で現れる茶グマには茶ぐすみを打ち消すイエロー系、たるみで現れる黒クマには光で飛ばして目立たなくする明るめのベージュ系を選ぶときれいにクマをカバーできます。

シミやそばかすには肌よりワントーン暗い色がおすすめ

自分の肌トーンよりも明るい色のスティックコンシーラーでシミやそばかすをカバーすると、塗った場所が白浮きしてしまい不自然な仕上がりになる恐れがあります。シミやそばかすをカバーするときは自分の肌色より暗めの色を選ぶと、ナチュラルな仕上がりになるのでおすすめです。

選ぶときは普段使っているファンデーションを基準にすると、カラー選びに失敗しにくくベースメイクの仕上がりも自然になります。

ニキビにはベージュやグリーン系がおすすめ

By: .amazon.co.jp

ニキビ跡や赤みがそこまで強くないニキビには、ベージュ系のスティックコンシーラーを使うときれいにカバーできます。また、赤みが強いニキビにはグリーン系のスティックコンシーラーを選ぶと、強い赤みを打ち消して目立たなくするのでおすすめです。

グリーンのコンシーラーを使用する場合は、グリーンのスティックコンシーラーでニキビの赤みを消してから肌に合ったカラーのコンシーラーを重ねるのがきれいにメイクアップする秘訣。赤みをカバーしながら自然に仕上げられます。

保湿成分や美容成分もチェック

By: threecosmetics.com

スティックコンシーラーはファンデーションと合わせて使うことが多く、そのぶん塗った部分が厚塗りになるので、肌への負担や乾燥が心配になることも。しかし、最近は保湿成分や美容成分が配合している製品も数多く販売されています。

とくにスティックコンシラーはシミやニキビなどの肌悩みにピンポイントで使うアイテムなので、カバーしながら保湿などもできる美容成分配合のアイテムを選ぶのがおすすめです。

また、目元や口元など皮膚が薄く乾燥しやすいパーツに使う場合は、保湿成分を配合しているアイテムを選ぶと乾燥対策も同時にできます。スティックコンシーラーを選ぶ際は、保湿成分や美容成分が配合しているかどうかも購入前にチェックしておきましょう。

お手軽に購入できる価格帯から選ぶ

By: rakuten.co.jp

スティックコンシーラーを選ぶ際は価格も考慮すべきポイントのひとつ。とくにこれからスティックコンシーラーに挑戦したい方は、プチプラのアイテムから試してみるのがおすすめです。最近はプチプラ価格でも使いやすいアイテムがたくさん販売されています。

まずはお手軽に試せるプチプラアイテムで自分に合う色味やテクスチャーなどの傾向を知ってから価格帯が高いデパコスアイテムに幅を広げて挑戦すると、無理なく自分に合ったスティックコンシーラーを選べるのでおすすめです。

スティックコンシーラーのおすすめランキング|プチプラ

第1位 カネボウ(KANEBO) ケイト スティックコンシーラーA

なめらかな質感で肌なじみのよいスティックコンシーラー。カバーしたい部分にピタッと密着し、仕上がりがベタつきにくいのが特徴です。スリムな形状なので気になる部分にピンポイントで塗りやすく、メイクポーチに入れても邪魔にならないので外出先のメイク直しにも便利に使えます。

カバーしたい場所にポンポンと直接塗り、仕上げに指で肌との境目をぼかすようになじませると自然な仕上がりになるのでおすすめです。色の濃いシミなど一度塗りでは隠しきれない部分も少量ずつ肌に重ね、指でトントンとなじませれば、きれいにカバーできるうえ厚塗りに見えにくくナチュラルな仕上がりに。

カラーはナチュラルベージュとライトベージュの2色展開で、スキントーンに合わせて選べます。試しやすい価格帯なので、これからスティックコンシーラーに挑戦したい方におすすめのアイテムです。

第2位 井田ラボラトリーズ(IDA Laboratories) セザンヌ化粧品 コンシーラークレヨンUV

濃いシミやほくろ、ニキビ跡をしっかりカバーするスティックコンシーラー。クレヨン型になっているため、隠したい部分をピンポイントでカバーできます。

ウォータープルーフタイプで、汗や皮脂、水で崩れにくいのもうれしいポイント。さらに「ヒアルロン酸Na」「スクワラン」「マカデミア種子油」「カミツレ花エキス」の4種の保湿成分が配合されており、肌悩みをカバーしながら乾燥から守ります。

カラー展開が3種類あるため、スキントーンに合ったアイテムが見つけやすいのも魅力です。手軽に挑戦できる価格帯なので、何色か揃えてカバーしたいパーツに合わせて使いわけると、よりきれいな仕上がりになります。

第3位 資生堂(SHISEIDO) マキアージュ コンシーラースティックEX

シミやそばかす、肌の色ムラをカバーするスティックコンシーラー。塗り心地がなめらかでぴったりと密着し、肌と一体化するようになじんで自然に仕上がります。

また、UVカット効果がSPF25/PA++あり、ちょっとした外出時の紫外線対策も可能。コンパクトなので持ち運びやすく、外出先のメイク直しにも便利なアイテムです。テクニックいらずで自然に肌悩みをカバーするため、スティックコンシーラー初心者の方でも簡単に使えます。

第4位 オルビス(ORBIS) スティックコンシーラー

シミ、そばかすをしっかりカバーしながら透明感のある肌に仕上げるスティックコンシーラー。透明感を高める「リフレクトパウダー」がくすみを飛ばし、厚塗り感のない自然な肌に導きます。伸びのよいテクスチャーが溶け込むようになじみながら肌にピッタリ密着するので、つけ心地がよいのが魅力です。

なめらかな仕上がりで、次に重ねるメイクの邪魔をしないのもポイント。素早く気になる肌悩みをきれいにカバーし、忙しくてメイクに時間をかけられないときにも大活躍します。

第5位 井田ラボラトリーズ(IDA Laboratories) キャンメイク カラースティックコンシーラー

高いカバー力でヨレにくいのが特徴のスティックコンシーラー。カラーがナチュラルベージュ、ベージュオークル、アプリコットと3色あり、肌悩みに合わせて選べます。ナチュラルベージュはニキビ跡やシミ、ベージュオークルは濃いシミ、アプリコットは青クマのカバーにおすすめです。

保湿成分配合なので乾燥しやすい目元や口元にも使いやすく、時間がたってもシワに溜まりにくいのが魅力。また、コンシーラーの先が斜めにカットされているため、小さいシミなどの細かい部分にも塗りやすい設計を採用しています。

使い勝手がよく、手に取りやすい価格なので、スティックコンシーラー初心者の方にもピッタリなアイテムです。

第6位 日本ロレアル メイベリン ニューヨーク マスターカモフラージュデュオ

1本で2色のカラーを備えている2in1のスティックコンシーラー。1本で肌悩みの色補正とカバーの両方が叶う優れものです。

カラーがオレンジ・ベージュ、グリーン・ベージュの組み合わせで、オレンジはクマ、グリーンは肌の赤みやニキビ跡におすすめ。ベージュカラーはライトベージュとミディアムベージュの2色から選べるので、自分の肌の明るさに合った1本が選べます。

また、保湿成分配合で時間が経っても肌が乾燥しにくいのも魅力。なめらかな塗り心地で厚塗り感が少なく、肌に自然にフィットします。クマや肌の赤みに悩んでいる方は、1本で色補正とカバーが同時にできるのでぜひ試してみてください。

第7位 ザセム(the saem) カバーパーフェクションアイディールコンシーラーデュオ

スティックコンシーラーとチップコンシーラーが1つになったアイテム。スティック部分はシミやそばかす、ホクロなど局所の肌悩みのカバーに、チップ部分は目元のクマやたるみなど広範囲の肌悩みのカバーにおすすめです。

また、UVカット機能もあるので、散歩や近所のお買い物などちょっとした外出時の紫外線対策も可能。3色のカラータイプで自分に合ったスキントーンが選べるため、カバーした部分が色浮きせずにきれいに仕上がります。

さまざまな肌悩みにマルチに対応し、テクニックを使わず簡単にきれいな肌が作れるのが魅力。スティックコンシーラー初心者の方にも挑戦しやすいアイテムです。

第8位 無印良品 コンシーラー スティックタイプ

植物性のうるおい成分がたっぷり配合されたスティックコンシーラー。「カミツレ花エキス」「ホホバ種子油」「シア脂」「アンズ核油」の植物性のうるおい成分に加え、保湿成分の「ヒアルロン酸Na」も配合されており、しっとりとしたなめらかな使い心地です。

また、「パラベン」「アルコール」「紫外線吸収剤」「香料」「鉱物油」の5つの成分が無添加で、肌へのやさしさも考えられています。カラーがナチュラルとオークルの2色で肌になじみやすいカラー展開なのも魅力。色浮きせず仕上がりが自然なので、ナチュラルメイクの方にもおすすめです。

第9位 24hコスメ(24h cosme) 24ミネラルスティックファンデ

スティックコンシーラーとファンデーションが一体になったアイテム。カバー力が高いので、ファンデーションとしてはもちろんコンシーラーとして使え、重ね塗りをすると濃いシミやそばかすもきれいにカバーできます。

天然ミネラル成分に天然保湿成分をプラスしているため、つけ心地が軽く肌の負担を減らせるのも魅力。さらに肌へのやさしさだけではなく、UVカット機能がSPF50+/PA++++と高く、紫外線対策ができるのもうれしいポイントです。

石鹸だけで簡単にオフできるため、メイク落としの時短やオフ時の摩擦による肌負担の軽減もできます。肌へのやさしさを考えて作られている製品なので、肌が刺激に弱い方や成分にこだわる方におすすめの1本です。

第10位 エチュード(ETUDE) ビッグカバースティックコンシーラー

シミやそばかす、目の下のクマまでしっかりカバーするスティックコンシーラー。肌にのせると体温でやわらかく溶け、クリーミーなテクスチャーに変化しながら、なめらかに肌悩みをカバーします。

「皮脂吸着パウダー」を配合しており、時間がたってもヨレにくく美しい肌の状態をキープ。スリムな形状で持ち運びやすく細かい部分も塗りやすいので、ファンデーションでは塗りにくいピンポイントのメイク直しにも活躍します。

ベージュとサンドの2色展開で、目元は明るめのベージュ、濃いシミは暗めのサンドと、肌悩みでカラーを使いわけるのもおすすめ。細かい部分から広い部分まできれいにカバーできるため、スティックコンシーラーを使い慣れていない方でも扱いやすいアイテムです。

第11位 カネボウ(KANEBO) コフレドール アイゾーンコンシーラー

アイゾーンの肌悩みをカバーしたい方におすすめのスティックコンシーラー。ダークオレンジのカラーが、クマやくすみの色味を飛ばしながらきれいにカバーします。

保湿成分の「水溶性コラーゲン」が配合されているので、軽やかになじみながら目元にフィット。しっとりとしたテクスチャーが自然なツヤのある肌に仕上げます。

また、SPF19/PA++++のUVカット効果を有しており、日常的な紫外線対策もできるアイテムを探している方にピッタリ。コンパクトサイズで持ち運びやすいので、気になったときにサッと取り出してメイク直しがしやすいのもうれしいポイントです。

スティックコンシーラーのおすすめランキング|デパコス

第1位 資生堂(SHISEIDO) クレ・ド・ポー ボーテ コレクチュールヴィサージュ

コスメランキングでも人気が高いスティックコンシーラー。肌に溶け込むような質感で自然な肌に仕上がります。独自のフォーミュラが肌に薄い膜を貼るように均一に伸び、シミやそばかすなどの肌悩みにピッタリフィット。時間がたっても色ムラの少ない美しい肌が持続します。

また、保湿成分として「Sヒアルロン酸」「グリセリン」「イザヨイバラ果実エキス」を配合。乾燥しやすい目の周りもしっとりとうるおいを与え、乾燥による小ジワが目立たない肌に導きます。さらに、UVカット効果がSPF25/PA+++あるため、日常の紫外線対策にちょうどよく、普段使いにもピッタリです。

カラー展開が5種類と豊富なので、自分の肌に合ったカラーが選びやすいのも魅力。カラーを使い分けてハイライトやシェーディングとして使うのもおすすめです。

第2位 エトヴォス(ETVOS) ミネラルコンシーラー

天然ミネラルと植物由来オイルでできたスティックコンシーラー。肌にやさしいコスメが好きな方に人気が高いアイテムです。「持続性ビタミンC誘導体」や「ビタミンK含有成分」、「グリチルレチン酸ステアリル」などの整肌成分と保湿成分の「ヒアルロン酸Na」が、肌悩みをカバーしながら肌ケアも同時におこないます。

また、肌の負担となりやすい「界面活性剤」「鉱物油」「シリコン」などの7つの成分が無添加。ミネラル成分や植物由来成分が主に使われているので、石鹸だけでオフでき、刺激に弱い方でも負担が少なく落とせるのも魅力です。

第3位 資生堂(SHISEIDO) ローラ メルシエ シークレット カモフラージュ ブライト アンド コレクト デュオ

カバーとトーンアップが叶う人気のデパコススティックコンシーラー。クマやシミなどさまざまな肌悩みを隠し、もとから素肌が美しい人のように自然できれいな仕上がりを実現しています。

2つの異なるフォーミュラのうち「ブライト」部分で目元を明るくしてクマやくすみを飛ばし、「コレクト」部分でシミやニキビ跡をカバー。あらゆる肌悩みが1本でカバーできて便利です。

また、塗った場所がマットになりすぎず、素肌のツヤ感を活かしたような仕上がりになるので、厚塗り感がないのもポイント。上級者テクニックとしてブライト部分を下まぶたに塗れば、パッと目元が明るくなり、さり気なく涙袋が強調できるのでおすすめです。

第4位 アクロ(ACRO) THREE ラディアント ワンド インヴィジブル

天然由来成分を81%も配合しているスティックコンシーラーです。「ウミクロウメモドキ油」「ティーシードオイル」など6種の植物オイルや油脂、保湿力のある「ラディアントオイル」を配合。なめらかな質感を保ちながら乾燥から肌を守るため、冬場の乾燥しやすいシーズンでも使いやすいアイテムです。

また、機能性の高さだけではなく、見た目もシンプルでスタイリッシュ。自分用としてはもちろん、プレゼントにもおすすめのアイテムです。

第5位 シャネル(CHANEL) ル ブラン スティック コンシーラー

しっとりとした質感が心地よいスティックコンシーラー。肌悩みをカバーしながら肌色補正もおこない、もとからきれいな肌のように仕上がるのが特徴です。また、UVカット機能がSPF40/PA++++あり、紫外線から肌を守りながら乾燥に負けない肌へと導きます。

気になる部分に直接塗って軽く指でなじませれば、簡単になめらかな肌に仕上がるので、スティックコンシーラー初心者の方でも扱いやすいアイテム。カラーは「ベージュ クレール」と「ベージュ イヴォワール」の2色が展開されています。

第6位 カバーマーク(COVERMARK) ブライトアップ ファンデーション

カバーしていることを気づかせないほど自然に仕上がると人気の高いスティックコンシーラー。色展開が4種類あり、ブルーベースとイエローベースの肌タイプに合わせて選ぶアイテムです。配合されている特殊パウダーのソフトフォーカス効果で肌のキメを細かく見せ、小ジワが目立たないツヤのあるなめらかな肌に導きます。

また、抱水性に優れた保湿成分が肌にうるおいを与え、みずみずしい肌が長時間持続するのもポイントです。目元や口元などのカサつきやすい部分もしっとりとうるおい、乾燥から肌を保護。さらに「ライトフィットオイル」配合でまばたきや表情によるヨレを防ぎ、メイクしたてのようなきれいな肌の状態をキープします。

シミやくすみ、肌の赤みまでもきれいにカバーできるので、カバー力重視で選びたい方におすすめのスティックコンシーラーです。

第7位 コーセー(KOSE) コスメデコルテ ホワイトニングコンシーラー【医薬部外品】

肌悩みのカバーだけではなく、メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミやそばかすもケアできる薬用美白スティックコンシーラーです。カバー力が高く、すでにできてしまっているシミやそばかすをきれいに隠してメイクアップ。有効成分として配合されている「ビタミンC誘導体」が、メラニンの生成を抑えながら日焼けが原因でこれからできてしまうシミやそばかすにもアプローチします。

また、UVカット機能もSPF35/PA++備わっているので、日常的な生活紫外線をシャットアウトし、紫外線でシミやそばかすが濃くなるのを防ぎます。グリーンフローラルの爽やかな香りで、つけているだけで気分がリフレッシュできるのも魅力的なポイントです。

肌悩みをカバーしながらケアも同時に叶うので、普段から紫外線対策や美白ケアを心がけている方はぜひ試してみてください。

※本記事における「美白」とは、メラニンの生成を抑えるなどして、シミ・そばかすを防ぐことを指します。

第8位 資生堂(SHISEIDO) SHISEIDO シンクロスキン コレクティング ジェルスティックコンシーラー

みずみずしい使用感でなめらかに肌にフィットするスティックコンシーラー。テクスチャーがクリーミーなので、デリケートな目元のカバーに適しています。うるおいのある仕上がりで、乾燥しやすい目周りの小ジワも目立ちにくくすることが可能です。

カラー展開が6色もあり、自分に合ったスキントーンのアイテムを見つけやすいのも魅力のひとつ。直接手でも塗れますが、別売りのコンシーラーブラシを使えばよりきれいに仕上げられるためおすすめです。

これからスティックコンシーラーに挑戦したいと思っている方にも使いやすいアイテムなので、ぜひチェックしてみてください。

第9位 ナチュラグラッセ(naturaglace) コレクティング スティック

カラーによって使う目的が異なるスティックコンシーラー。ベージュ系2種、ピンクパール系、クリア系の4色があり、目的に合わせて使いわけできます。

ベージュ系カラーはシミやクマのカバー、ピンクパール系はハイライト、クリア系はマット肌にし毛穴を目立ちにくくするなど、なりたい肌に合わせて組み合わせて使うのもおすすめです。

どのアイテムも「石油系界面活性剤」や「鉱物油」などといった、肌の負担となりやすい7つの成分が不使用。また、ブルーライトもカットすると謳われているので、パソコンやスマートフォンをよく使う方にもピッタリの製品です。さらに、SPF50/PA++++と高いUVカット効果を有しているため、強い紫外線から肌を守ります。

いつものベースメイクにプラスするとワンランク上の仕上がりになるスティックコンシーラーです。

番外編:スティックコンシーラーの使い方

By: amazon.co.jp

スティックコンシーラーはシミやクマなどの肌悩みをカバーするだけではなく、1本であらゆる使い方ができる便利アイテムのひとつ。例えば、自分に合った肌トーンよりも明るいカラーを使ってハイライト効果を出したり、暗いカラーを使ってシェーディング効果を出したり、顔のメリハリをつけたいときに活躍します。

また、眉毛を書いたあと、アンダーラインを整えるのにコンシーラーを使うときれいな眉毛に仕上がるので便利です。さらに、リップカラーを塗る前にコンシーラーを使ってリップラインを整えたり、唇の赤みを抑えて次に塗るリップの発色をよくしたりとさまざまな使い方ができます。

肌悩みのカバー以外にも幅広い用途で使えるスティックコンシーラーを1本持っておくと便利です。