気になる肌トラブルをカバーするのに役立つリキッドコンシーラー。隠したい悩みに合わせて選ぶことが重要です。しかし、さまざまな色やテクスチャーの製品があるので、どの製品を選べばよいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はおすすめのリキッドコンシーラーをご紹介。リキッドコンシーラーの選び方やきれいな塗り方も解説します。リキッドコンシーラー選びに迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

リキッドコンシーラーの選び方

悩みに合わせて色味を選ぶ

青クマや青ヒゲカバーにはオレンジ系カラーがおすすめ

By: amazon.co.jp

青クマや青ヒゲには、青の補正色であるオレンジ系のリキッドコンシーラーがおすすめ。青クマや青ヒゲにベージュ系のコンシーラーを重ねると、グレーににごって血色が悪く見えてしまう場合があります。

また、クマには大きく分けて3種類あります。色素沈着や紫外線が原因の茶クマや、たるみが原因の黒クマの場合は、オレンジ系のコンシーラーよりもベージュ系のコンシーラーがおすすめ。クマの種類を見極めることも大切です。

シミ隠しには肌色よりちょっと暗めのベージュ系を

By: zozo.jp

シミを隠すには、肌色よりも少しだけ暗めのベージュ系のリキッドコンシーラーがおすすめ。ただし、あまりにも肌色とカラーが違うと浮いて見えてしまうので、色選びは慎重におこないましょう。

リキッドコンシーラーで合うカラーが見つからないときは、多色パレットコンシーラーを使うのもひとつの方法。多色パレットコンシーラーは色をブレンドして使えるため、肌にぴったり合うカラーを作れます。

ニキビ跡や赤みのカバーにはグリーン系・イエロー系がぴったり

By: amazon.co.jp

ニキビ跡や赤みをカバーするときには、グリーン系かイエロー系のリキッドコンシーラーがおすすめ。グリーン系が浮いてしまうようであれば、イエロー系のものを選んでみてください。マットなテクスチャーのものはテカりにくいので、凹凸も目立ちにくくなります。

コンシーラーの上からルースパウダーを重ねると、崩れにくくなり、さらにきれいにカバーできるため試してみてください。

使用部位に適したテクスチャーかどうかをチェック

目元や口元などの動きのある部位には柔らかいテクスチャーのものを

By: zozo.jp

目元や口元は顔のなかでもよく動くパーツ。そのため、硬いテクスチャーのコンシーラーを使うとヨレてしまいます。目元や口元には、表情の動きがあってもヨレにくい、柔らかいテクスチャーのリキッドコンシーラーがおすすめです。

ただし、柔らかいテクスチャーのコンシーラーであっても、厚塗りしすぎるとヨレの原因になります。とくに、ヨレやすいキワの部分には薄く塗るか、極力塗らないようにするのがおすすめです。

小鼻周りや頬のシミには硬めのテクスチャーがおすすめ

By: amazon.co.jp

カバー力の高い、しっかりしたテクスチャのリキッドコンシーラーは、小鼻周りや頬のシミなどにぴったり。ただし、肌色と合わない色を選ぶと浮いて見えてしまうので、色選びにしっかりこだわることが重要です。

リキッドコンシーラーではカバーしきれない場合は、クリームコンシーラーや固形コンシーラーを使ってみてください。肌悩みに合わせたアイテムを選ぶことで、上手にカバーできます。

リキッドコンシーラーのおすすめ|プチプラ

井田ラボラトリーズ(IDA Laboratories) セザンヌ化粧品 ストレッチカバーコンシーラー


肌にピタッと密着するリキッドコンシーラー。目元や口元などの動く部位に塗ってもヨレにくいストレッチ処方です。目の周りやほうれい線などをカバーしたい方にもおすすめ。毛穴やクマなどの広範囲のカバーにも向いています。

保湿成分としてスクワランやヒアルロン酸Naなどを配合しているので、肌が乾燥しやすい方にもぴったり。水・汗・皮脂に強く、崩れにくいのもポイントです。ソフトフォーカス効果パウダーが配合されており、厚塗り感なしでしっかりカバーします。

カラーは、黄み系の明るめベージュと、ピンク系の標準的なベージュを展開。柔らかいチップが付属しており、塗りやすいリキッドコンシーラーです。

カネボウ(KANEBO) ケイト フェイスリメイクコンシーラー


平筆タイプのリキッドコンシーラー。微粒子パールが配合されており、ハイライトとして使って小顔印象を作り出せるアイテムです。フェイスラインに塗れば、影が強調されて小顔効果を生み出せます。

通常のコンシーラーのように、肌トラブルのカバーにも使えて便利。黒・青み系の肌トラブルをカバーするピンクベージュと、赤・茶色系の肌トラブルをカバーするイエローベージュが展開されています。

ヒンス(hince) セカンドスキンカバー コンシーラー


「セカンドスキン」のように薄く軽い仕上がりのリキッドコンシーラー。少量でも肌トラブルをきれいにカバーするので、厚塗り感が少なく仕上がります。重ねても肌にピタッと密着して、厚みを感じさせないのが魅力です。

マスクプルーフタイプのため、マスクをつけていて崩れが気になる方にもおすすめ。「クロスポリマーパウダー」を配合しており、テカりにくいのもポイントです。カラー展開が多いので、自分の肌に合ったカラーを見つけてみてください。

ザ セム(the SEAM) カバーパーフェクション チップコンシーラー

韓国コスメのリキッドコンシーラーとして長く親しまれているアイテム。重ね塗り不要な濃厚テクスチャーで、気になる肌トラブルをしっかりカバーします。

保湿成分のアロエベラ葉エキスや保護成分のカラミンなどを配合しており、肌のケアをしながらメイクできるのもポイントです。

カラーバリエーションが豊富にあるのも魅力。ベージュ系だけでも複数のトーンがあり、さらにグリーンやピンクもあります。ハイライト用の「ブライトナー」、シェーディング用の「コントゥアベージュ」もあるので、用途に合わせて使い分けてみてください。

井田ラボラトリーズ(IDA Laboratories) キャンメイク カバー&ストレッチコンシーラー UV


プチプラブランドとして人気のキャンメイクから販売されているリキッドコンシーラー。ストレッチ効果があり、ヨレやシワっぽさを感じさせないのが魅力です。SPF25・PA++のUVカット効果もあります。

本製品は水や汗に強いウォータープルーフタイプ。ベタつき・テカり・色ぐすみしにくく、きれいな仕上がりが長持ちします。クマ・くすみ・赤みにはライトベージュが、シミ・ソバカス・ニキビ跡にはナチュラルベージュがおすすめです。

23years old ダーマシンコンシーラー


ニキビの上からも使いやすいと謳われているリキッドコンシーラー。薄いつけ心地で、やさしく肌トラブルをカバーします。

しっとりとした使用感ながら、マットな仕上がりなのも特徴。28°の角度がついたチップを採用しているので、コンシーラーに不慣れな方でも使いやすい製品です。

人気カラーは赤みカバーに優れた「グローベージュ」。そのほか、ハイライトとして使える「ピンクベージュ」、黄みのカバーにぴったりの「ヌードベージュ」、男性でも使いやすくクマやくすみのカバーにおすすめの「ナチュラルベージュ」が展開されています。

ティルティル(TIRTIR) MASK FIT ALL-COVER DUAL CONCEALER


リキッドコンシーラーとスティックコンシーラーが一体になったアイテム。気になる部位をスポットでカバーするときにはリキッドコンシーラー、広い範囲をカバーしたりコントゥアリングをしたりするときにはスティックコンシーラーを使います。

ナチュラルな仕上がりながらハイカバーなのが魅力。素肌のようにピタッと密着して、ヨレにくいコンシーラーです。マスクにつきにくいのもメリット。SPF30・PA++とUVカット効果があるのもポイントです。

オルビス(ORBIS) カバーリキッドクリエイター


光の効果でカバーした部分を目立たなくする、平筆タイプのリキッドコンシーラー。光コントロールパウダーが配合されており、光を拡散して気になる肌トラブルをカバーします。クマ・ほうれい線・小ジワなど幅広い肌悩みに対応するリキッドコンシーラーです。

保湿成分のヒメフウロエキスやムラサキシキブ果実エキスが配合されており、肌のうるおいをキープ。簡単に使えて厚塗り感が出ないので、コンシーラー初心者の方にもおすすめです。

リキッドコンシーラーのおすすめ|デパコス

ディオール(Dior) フォーエヴァー スキン コレクト コンシーラー


スキンケア効果とカバー力を両立したリキッドコンシーラー。スポットにも広範囲にも使えるリキッドコンシーラーで、気になる悩みをしっかりカバーします。肌のシワに入り込んだりヨレたりしにくく、長時間きれいな仕上がりが続くリキッドコンシーラーです。

保湿成分のパンジーエキスとローズフルーツエキスを配合しており、肌をしっとりと整えられるのも特徴。同ブランドのファンデーション「ディオールスキン フォーエヴァー フルイド」と同じ色展開なので、あわせて使うと自然になじみます。

クリニーク(CLINIQUE) イーブン ベター オールオーバー コンシーラー


スキンケア発想のリキッドコンシーラー。保湿成分のヒアルロン酸Naを配合したクリーミーなテクスチャーのコンシーラーで、肌にうるおいを与えます。シミ・くすみなどの色ムラをきれいにカバーできるリキッドコンシーラーです。

本製品には、指を使わなくてもきれいに仕上げられるアプリケーターがついています。カラーバリエーションが複数あるので、自分の肌色に合ったカラーを見つけやすい製品です。

アクロ(ACRO) アンプリチュード リキッドコンシーラー


塗りたい部分にピンポイントで塗れる平筆タイプのリキッドコンシーラー。高粘度ながらなめらかなテクスチャーで、肌にピタッと密着します。メイクアップ効果により「透き通る感」のある肌を演出可能。肌トラブルをカバーしながら自然に仕上げたい方におすすめです。

カラー展開が複数あるため、用途に合わせて選んでみてください。細身のペン型なのでポーチに入れてもかさばらず、持ち歩きにも便利です。

日本ロレアル イヴ・サンローラン ラディアント タッチ


光の輝きで肌トラブルを目立たなくする、筆ペンタイプのコンシーラー。25年以上愛され続けているベストセラーアイテムです。気になるところをカバーして、肌の印象を明るくします。

カラーによってはハイライトとしても使用可能です。ペン先が細い筆ペンタイプなので、涙袋メイクにもおすすめ。コンシーラーとしてもハイライトとしても使えるマルチアイテムで、1本持っておくと便利です。

コーセー(KOSE) アディクション スキンリフレクト フィックス コンシーラー


しっとりとした使い心地のリキッドコンシーラー。保湿成分のオリーブ果実油やホホバ種子油などを配合しており、時間が経ってもフィットし続けます。粉感がなく、ナチュラルに仕上がるのが魅力です。薄膜で狙ったところをピンポイントにカバーします。

また、鉱物油・パラベン・グルテンフリーは配合していません。カラーバリエーションが多いので、肌トーンや肌悩みに合わせて選んでみてください。

資生堂(SHISEIDO) ナーズ ラディアントクリーミーコンシーラー


リッチなテクスチャーが魅力のリキッドコンシーラー。肌をうるおしながらカバーできるので、肌が乾燥しがちな方にもおすすめです。

「ミネラルトーンバランスパウダー」により、光学的に肌トラブルを目立たなくします。ツヤのあるナチュラルな肌に仕上がるリキッドコンシーラーです。カラーバリエーションが多く、カラーによってはハイライトやコントゥアリングにも使えます。

エキップ(e`quipe) RMK ルミナス ペンブラッシュコンシーラー


使いやすい平筆タイプのリキッドコンシーラー。薄膜テクスチャーで、ライトが当たっているような立体的な肌に仕上げます。カラーによってはハイライトやアイシャドウベースとしても使えるアイテムです。

肌色に合わせて選びやすい01・02・03、クマを隠すのに便利な04、茶くすみを目立たなくする05など、カラーバリエーションが豊富なのも魅力。また、SPF15・PA++のUVカット効果があります。

リキッドコンシーラーの売れ筋ランキングをチェック

リキッドコンシーラーのランキングをチェックしたい方はこちら。

リキッドコンシーラーの使い方

リキッドコンシーラーを使う順番は?

By: zozo.jp

メイクをする際は、基本的にリキッド状のものを先に使い、パウダー状のものは後から使います。使用するベースメイクアイテムによってコンシーラーを使う順番が変わるので、手持ちのベースメイクアイテムに合わせて使ってみてください。

たとえば、リキッドファンデーションやBBクリームを使っている場合は、下地・ファンデーション・リキッドコンシーラー・フェイスパウダーの順番で使います。パウダーファンデーションを使っている場合は、下地・コンシーラー・ファンデーションの順番で使いましょう。

肌から浮かない塗り方のコツ

By: yslb.jp

肌から浮かないようにリキッドコンシーラーを使うには、ブラシを使って適量塗るのがおすすめ。赤みを隠すときには、コンシーラーを乗せた後にブラシを小刻みに動かすようにしてまわりの肌となじませてみてください。

ニキビを隠すときには、凹凸の段差も目立たなくしたいところ。ニキビの側面にもコンシーラーをつけて、その後ブラシでなじませていきます。なるべく肌に刺激を与えないよう、やさしくブラシを動かしましょう。