コンシーラーは肌の気になる部分をカバーできるアイテム。なかでも、なめらかな質感でしっとりお肌に馴染む「クリームコンシーラー」は、ぴたっとお肌にフィットして崩れにくいのが魅力です。

今回はおすすめのクリームコンシーラーをランキング形式でご紹介。選び方のポイントも解説するので、クリームコンシーラー選びの参考にしてみてください。

クリームコンシーラーとは?

By: amazon.co.jp

クリームコンシーラーとは、なめらかなクリーム状のコンシーラーのことです。しっとりお肌に馴染み、乾燥しにくいところが魅力。リキッドコンシーラーやスティックコンシーラーに比べて、やわらかい質感も特徴です。

また、クリームコンシーラーにはパレットタイプやジャータイプ、チューブタイプなどさまざまな形状があります。使いやすい形状のものを選びましょう。

クリームコンシーラーの選び方

カバー力で選ぶ

クリームコンシーラーには、ハイカバータイプで気になる部分をしっかり隠せるタイプもあれば、ナチュラルにカバーするタイプもあります。どちらのタイプを選ぶのかは、メイクのテイストや仕上がりの好みに合わせましょう。

また、カバー力が高いタイプのクリームコンシーラーでも、厚塗りになりにくいタイプを選ぶのがおすすめです。肌馴染みがよくて密着感が高いものだと、厚ぼったい感じになりにくく、きれいに仕上がります。

求める仕上がりで選ぶ

By: amazon.co.jp

「クマを自然にカバーしたい」や「シミをしっかり隠したい」など、求める仕上がりに合ったタイプのクリームコンシーラーを選びましょう。

クマをカバーするのであれば、オレンジやイエロー、明るめのベージュなどのクリームコンシーラーがおすすめです。明るい色のアイテムはクマだけでなく、目元や口元などのくすみを隠したいときにも向いています。ぱっと明るい印象にメイクアップすることが可能です。

色の濃いシミをカバーする場合には、お肌よりワントーン暗いカラーのクリームコンシーラーを選びましょう。白浮きしにくくなり、自然に馴染みます。

お手頃な価格帯のものから選ぶ

クリームコンシーラーを選ぶ際には、価格もしっかりチェックしておきましょう。クリームコンシーラーの価格は幅広く、数百円で買えるものから数千円するものまであります。

これからクリームコンシーラーにチャレンジする方は、まずお手頃な価格帯のアイテムから試してみましょう。また、ブランドにこだわるタイプの方やクリームコンシーラーを使い慣れている方であれば、デパコスのクリームコンシーラーを選ぶのもおすすめです。

クリームコンシーラーのおすすめランキング

第1位 常盤薬品工業 エクセル サイレントカバー コンシーラー

ぴたっとお肌に密着して長時間ヨレにくいとされるプチプラアイテム。ブラウンベージュ・オレンジベージュ・ライトベージュの3色入りのパレットタイプです。3色を混ぜ合わせて、自分のお肌に合うカラーに調節できます。

「オリーブ果実油」「ホホバ種子油」「マカデミア種子油」といった保湿成分が配合されており、パサパサしにくいのも魅力です。また、大小2種類のブラシがついたアプリケーターが付属しており、細かい部分もきれいに仕上げられます。

第2位 資生堂 スポッツカバー ファウンデイション(ベースカラー)

シミやあざなどもしっかり隠せるクリームコンシーラー。塗る部位に合わせて全体用と部分用が展開されています。カバー力が高く、少量ですむため、コストパフォーマンスにも優れているのが特徴です。

やや硬めのしっかりしたテクスチャでお肌にぴたっと密着し、崩れにくいところも魅力。オフする際にはクレンジング力が高いタイプのメイク落としを使用しましょう。

第3位 コーセー(KOSE) コスメデコルテ AQ クリームコンシーラー

保湿成分の「加水分解コラーゲン」や「スクワラン」が配合された、しっとり馴染むクリームコンシーラーです。シミやくすみなどをカバーしながらも、乾燥しにくいのが特徴。汗や皮脂などにも強いため崩れにくく、長時間きれいな状態をキープできます。

カバー力があるのに厚塗り感が出にくいところもポイント。ナチュラルメイクでも違和感なく馴染みます。また、SPF25・PA+++と、紫外線対策できるところもおすすめです。

第4位 井田ラボラトリーズ(IDA Laboratories) キャンメイク カラーミキシングコンシーラー

ライトカラー・ナチュラルカラー・ダークカラーの3色がセットになっているタイプの製品です。パレットタイプなので、それぞれのカラーを単色使いするのはもちろん、3色をミックスしても使えます。色を混ぜるための「MIXスペース」がケース内に配置されており便利です。

さらっとした質感で、仕上がりがべたべたしないところもポイント。ライトな使用感のコスメが好きな方におすすめです。

第5位 &be(アンドビー) ファンシーラー

クリームファンデーションの伸びのよさと、コンシーラーのカバー力の高さを兼ね備えたアイテムです。ベージュ系とオレンジの2色入りで、ベージュはお肌の色ムラなどをカバーする際に、オレンジはクマをカバーする際に便利。2色を使い分けることにより、立体感のあるお肌に見せられます。

また、クレンジング不要でお湯と洗顔料だけで簡単にオフできるところもポイント。ナチュラルメイクの日に使うのもおすすめです。

第6位 コーセー(KOSE) アディクション パーフェクト カバリング コンシーラー

少量でしっかりと気になるところを隠せるハイカバータイプのクリームコンシーラー。カバー力が高いのに、厚塗り感が出にくいところもポイントです。

保湿成分の「センチフォリアバラ花エキス」「ローズヒップオイル」「オリーブ果実オイル」を配合。乾燥が気になる方にも適しています。

カラーは6色展開で、単体で使用するのはもちろん、複数のカラーをミックスしてお肌に合う色に調節して使えます。

第7位 アールエムエス ビューティー(rms beauty) アンカバーアップ

軽いつけ心地が特徴のクリームタイプのコンシーラーです。なめらかでしっとりした質感で、肌馴染みがよいところが特徴。気になる箇所をカバーするのに加え、お肌に自然なツヤがプラスされ、若々しい印象に見せられます。

「ミツロウ」「カカオ脂」「ホホバ種子油」などの保湿成分が配合されているところもポイント。乾燥しにくく、長時間きれいな状態が持続します。

なお、ファンデーションとして顔全体にも使用可能。サイズもコンパクトなので、化粧ポーチにひとつ入れておくと便利です。

第8位 カネボウ(KANEBO) media コンシーラーS

コンパクトなサイズのクリームタイプのコンシーラー。ポーチの中でかさばりにくく、持ち運び用に向いています。なめらかな質感でフィット感が高く、きれいな状態が長時間持続するところもポイントです。

シミやそばかす、くすみなど、さまざまな部分のカバーに使えます。カラーは明るい印象のライトベージュと自然に馴染むナチュラルベージュの2色展開。また、SPF21・PA+++で紫外線対策に役立つのもおすすめのポイントです。

第9位 伊勢半 キスミー フェルム ハイカバーコンシーラー

一塗りでしっかり気になる部分をカバーできるハイカバータイプのプチプラクリームコンシーラーです。ストレッチ処方を採用しており、均一に広がって肌に密着しやすいのが特徴。また、皮脂吸収パウダー配合しているため、よれにくく長時間きれいな状態が持続します。

保湿成分の「オウゴンエキス」や「カミツレエキス」などが配合されているところもポイント。安価なので、クリームコンシーラーをはじめて使う方にもおすすめです。

第10位 資生堂(SHISEIDO) ナーズ ソフトマットコンプリートコンシーラー

軽くてなめらかな質感のデパコスアイテムです。「ソフトフォーカス効果」で、お肌の気になる部分をふわっとぼかすようにナチュラルにカバーします。カバー力が高めながら、厚塗り感が出にくいのが特徴です。

保湿成分の「ヒアルロン酸」が配合されていて、しっとりお肌に馴染むところもポイント。パサパサしにくいので、乾燥が気になる方にもおすすめです。

第11位 OSAJI(オサジ) ニュアンス スキンエフェクター

ファンデーションとしても使えるクリームコンシーラーです。お肌の色ムラやくすみなど気になる部分をカバーしながら、自然なツヤをプラス。つるんとした質感のお肌に仕上がります。

保湿成分が配合されており、しっとり馴染むところも特徴です。カラーは素肌っぽく仕上がる01番と、カバー力が高い02番の2色が展開されています。

番外編|クリームコンシーラーの使い方

By: rmsbeauty.jp

クリームコンシーラーを使うときには、まず手の甲に出して量を調節します。指にクリームコンシーラーを少量取ったら、カバーしたい部分にオン。こすってしまうと上手くカバーできないので、ポンポンとのせるのがポイントです。

最後に、指かメイクスポンジでコンシーラーを塗った部分と塗っていない部分の境目をぼかすように馴染ませたら完成です。