コンシーラーは肌の気になる部分をカバーできるアイテム。なかでも、なめらかな質感でしっとり肌に馴染むクリームコンシーラーは、ぴたっと肌にフィットして崩れにくいのが魅力です。

今回はおすすめのクリームコンシーラーをランキング形式でご紹介。選び方のポイントも解説するので、クリームコンシーラー選びの参考にしてみてください。

クリームコンシーラーとは?

By: clinique.jp

クリームコンシーラーとは、なめらかなクリーム状のコンシーラーのことです。しっとり肌に馴染み、油分の配合量が多く、肌に密着しやすい質感も特徴。リキッドコンシーラーに比べて、乾燥しにくいところが魅力です。

また、クリームコンシーラーにはパレットタイプやジャータイプ、チューブタイプなどさまざまな形状があります。使いやすい形状のものを選びましょう。

・コンシーラーについて詳しく知りたい方はこちら

クリームコンシーラーの選び方

カバー力で選ぶ

クリームコンシーラーには、ハイカバータイプで気になる部分をしっかり隠せるタイプもあれば、ナチュラルにカバーするタイプもあります。どちらのタイプを選ぶかは、メイクのテイストや仕上がりの好みに合わせましょう。

また、カバー力が高いタイプのクリームコンシーラーでも、厚塗りになりにくいタイプを選ぶのがおすすめです。肌馴染みがよくて密着感が高いものだと、厚ぼったい感じになりにくく、きれいに仕上がります。

求める仕上がりで選ぶ

By: amazon.co.jp

「クマを自然にカバーしたい」や「シミをしっかり隠したい」など、求める仕上がりに合ったタイプのクリームコンシーラーを選びましょう。

クマをカバーするのであれば、オレンジやイエロー、明るめのベージュなどのクリームコンシーラーがおすすめ。明るい色のアイテムはクマだけでなく、目元や口元などのくすみを隠したいときにもぴったりです。ぱっと明るい印象にメイクアップできます。

色の濃いシミをカバーする場合には、肌よりワントーン暗いカラーのクリームコンシーラーを選びましょう。白浮きしにくくなり、自然に馴染みます。

お手頃な価格帯のものから選ぶ

クリームコンシーラーを選ぶ際には、価格もしっかりチェックしておきましょう。クリームコンシーラーの価格は幅広く、数百円で買えるものから数千円するものまであります。

これからクリームコンシーラーにチャレンジする方は、まずお手頃な価格帯のアイテムから試してみましょう。また、ブランドにこだわりたい方やクリームコンシーラーを使い慣れている方であれば、デパコスのクリームコンシーラーを選ぶのもおすすめです。

クリームコンシーラーのおすすめランキング

第1位 エキップ(e`quipe) SUQQU ラディアント クリーム コンシーラー

ダイヤル式で使いやすい、ペン型タイプのクリームコンシーラーです。特に、メイクにうるおい感を足したいときにおすすめのアイテム。気になる部分をカバーするだけでなく、ツヤ感をプラスしやすいのがメリットです。

ダイヤル式で、使用量の微調整がしやすいのもポイント。使うときに、手の甲などで液の量を確認しながら使います。そのため、コンシーラーをつけすぎてしまう方でも、失敗しにくいクリームコンシーラーです。

第2位 コーセー(KOSE) コスメデコルテ AQ クリームコンシーラー

SPF25・PA+++と、UVカット効果が備わっているクリームコンシーラーです。そのため、外出するときや、紫外線が気になる季節にぴったり。日焼けによるシミやソバカスを防ぎます。

汗や皮脂で崩れにくいと謳われているのもメリット。気になるところには重ねづけが可能で、しっかりカバーできます。また、天然香料の香りがするのもポイント。メイクアップをしながら香りを楽しめます。

第3位 井田ラボラトリーズ(IDA Laboratories) キャンメイク カラーミキシングコンシーラー

3色の異なるカラーがセットされている、パレットタイプのクリームコンシーラー。ひとつ持っていると、自分好みの色が作りやすいアイテムです。

特に、コンシーラーの色を微調整したい方や、使う場所に合わせて色味を変えたい方におすすめ。パレットには、ライトカラー・ナチュラルカラー・ダークカラーの3色がセットされています。

小鼻の赤みや口角には、ナチュラルカラーがぴったり。ニキビ跡や小さなシミのカバーには、ダークカラーが適しています。ライトカラーはパール入りで、ハイライトとして使用しやすいカラーです。

プチプラながら、ミラー・チップ・ブラシがついているのもポイント。UVカット効果も期待できるので、紫外線が気になる季節にもおすすめのクリームコンシーラーです。

第4位 ディオール(Dior) ディオールスキン フォーエヴァー スキン コレクト コンシーラー

人気のデパコスブランド、ディオールから販売されているアイテムです。保湿成分として、パンジーエキスやノイバラ果実エキスを配合しています。

本製品は、軽やかな仕上がりが魅力。ひと塗りで、目の下のクマや肌の赤みを滑らかにカバーできます。重ねることでカバー力をプラスしやすいのもメリット。つける場所に合わせて使い方を変えられる、おすすめのクリームコンシーラーです。

第5位 資生堂(SHISEIDO) イプサ クリエイティブコンシーラーe

パレットタイプのクリームコンシーラー。ブラウン・ピンクオレンジ・ベージュと、3種類のカラーがセットされています。異なるカラーをブレンドできるため、使う目的に合わせて微調整をしやすいのがメリットです。

赤みがプラスされており、肌の色に馴染みやすいのも特徴。薄づきで自然に仕上がります。また、肌にしなやかに密着する質感も特徴。塗った後も、ナチュラルさをキープしやすいアイテムです。

第6位 資生堂(SHISEIDO) ナーズ ソフトマットコンプリートコンシーラー

フルカバレッジタイプのクリームコンシーラーです。高いカバー力が特徴で、ソフトフォーカス効果により、隠したい部分をぼかして目立たなく見せます。

重ねづけしても重さが出にくい、軽い使用感もメリット。独自構造のパウダーを使用しており、ヨレにくいのも魅力です。さらに、うるおいを与える成分としてヒアルロン酸を配合。なめらかでナチュラルな見た目に仕上げます。

第7位 資生堂(SHISEIDO) マキアージュ ドラマティックコンシーラー

チューブタイプのクリームコンシーラーです。本製品は、ヨレにくい質感がポイント。密着ハイカバー処方のため、肌にしっかり馴染み、気になる部分をカバーします。

SPF30・PA+++と、UVカット効果を備えているアイテム。季節を問わず使えます。また、すべての方にアレルギーが起きないわけではないものの、アレルギーテスト済みと謳われているのもポイントです。

第8位 エキップ(e`quipe) RMK フローレスカバーコンシーラー (レフィル)

By: rmkrmk.com

人気のデパコスブランド、RMKから販売されているクリームコンシーラーです。カラーは5種類あり、目的に合わせて選びやすいのがメリット。主にハイライトカラーと、補正カラーが用意されています。

SPF26・PA++と、UVカット効果が備わっているのもポイント。紫外線が気になる季節でも使いやすいのが魅力です。本製品は、ケースを繰り返し使えるレフィルタイプ。ケースは別途用意する必要があります。

第9位 ザセム(The saem) カバーパーフェクション チップコンシーラー

豊富なカラーを展開しているコンシーラーです。濃厚な質感で、気になる部分をしっかりとカバーします。グリーンベージュやピーチベージュなどの補正カラーもラインナップされているのがポイントです。

薄づきでも気になる部分を隠しやすく、軽い仕上がりが魅力。時間が経ってもヨレにくいと謳われています。保湿成分として、アロエベラ葉エキスを配合しているのも特徴です。

第10位 クリニーク(CLINIQUE) イーブン ベター オール オーバー コンシーラー

人気のスキンケアブランド、クリニークから販売されているコンシーラー。シミやくすみなどの色ムラをカバーすると謳われています。保湿成分として、ヒアルロン酸Naを配合しているのもポイントです。

また、機能的なアプリケーターが付属しており、指を使わずに塗れるため、手が汚れるのを防げます。数種類のカラーを展開しているので、自分の肌の色などに合わせやすいのも魅力です。

第11位 アンドビー(&be) ファンシーラー

クリームファンデーションの伸びのよさと、コンシーラーのカバー力の高さを兼ね備えたアイテムです。ベージュ系とオレンジの2色入りで、ベージュは肌の色ムラなどをカバーする際に、オレンジはクマをカバーする際に便利。2色を使い分けることにより、立体感のある肌に見せられます。

また、クレンジングはいらず、お湯と洗顔料だけで簡単にオフできるところもポイント。ナチュラルメイクの日に使うのもおすすめです。

第12位 ボビイ ブラウン(BOBBI BROWN) コレクター

クリーミーなテクスチャーが魅力のアイテムです。コントロールカラーにより、目周りのクマやシミをカバーします。

また、肌に密着しやすい質感もポイント。デリケートな目周りでも、快適なつけ心地と謳われています。本製品は、汗や湿気にも強いウォータープルーフタイプ。きれいな仕上がりが長時間キープできます。

第13位 カバーマーク(COVERMARK) ブライトアップ ファンデーション

本製品は、部分用のスティックファンデーション。ファンデーションながらコンパクトなサイズ感で、気になる部分のカバーに適しています。特に、シミ・クマ・ニキビ跡などに対応しやすいアイテムです。

保湿成分として、ラスティングデュウを配合。カバーをしながら、肌にツヤやうるおいを与えます。時間がたってもカサつきにくいのがメリットです。また、密着性が高いのもポイント。崩れにくいアイテムを探している方はチェックしてみてください。

番外編|クリームコンシーラーの使い方

By: covermark.co.jp

ジャータイプやチューブタイプのクリームコンシーラーを使うときには、まず手の甲に出して量を調節します。指にクリームコンシーラーを少量取ったら、カバーしたい部分にオン。こすってしまうと上手くカバーできないので、ポンポンとのせるのがポイントです。

最後に、指かメイクスポンジを使って、コンシーラーを塗った部分と塗っていない部分の境目をぼかすように馴染ませたら完成です。

また、チップにとって使うパレットタイプや、ダイヤルでクリームを繰り出して使うタイプのクリームコンシーラーは、カバーしたい部分に直接乗せていきましょう。チップでそのまま伸ばしたり、スポンジや指で叩き込むようになじませていくと綺麗になじみます。