立体感のある眉を演出する「眉コンシーラー」。顔の印象を左右する眉を手軽に整えられ、理想の形を表現できます。マスクを着用する機会がふえたことにより注目され、人気を集めているアイテムです。

そこで今回は、おすすめの眉コンシーラーをご紹介。眉コンシーラーとして使える製品もあわせてピックアップしました。使用するメリットや選び方も解説するので、どれを使えばいいか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

眉コンシーラーを使うメリットとは

眉コンシーラーは、眉に洗練された印象を与えるアイテム。眉の輪郭を縁取りして際立たせたり、ぽつぽつとした剃り跡をカバーしたりでき、理想の形に整えられるのが魅力です。

また、眉メイク前にガイドとして使えるのもポイント。眉を縁取るように伸ばしておくことで、輪郭補正の役割を果たします。左右対称の眉を描きやすくなるので、眉メイクが苦手な方にもおすすめです。

眉メイク後の補正や仕上げに使えるのもメリット。アイブロウのうえから眉の縁に沿ってなじませることで、眉周りが明るく見え、立体感のある仕上がりを叶えます。

眉コンシーラーの選び方

コンシーラーの種類から選ぶ

スティックタイプやクリームタイプはしっかりとカバーしたい場合におすすめ

By: amazon.co.jp

スティックタイプやクリームタイプは、密着力が高く、カバー力にすぐれているのが特徴。重ねづけで厚みを出しやすいので、剃り跡をカバーしたい方や眉の一部を隠したい方におすすめです。

眉の色味を調節したい場合にも向いています。テクスチャーが硬くてムラができる場合は、指でなじませて調節してみてください。

また、眉に限定せず、さまざまな箇所に使いやすいのもポイント。マルチに使えるアイテムを探している方にもぴったりです。

ペンシルタイプは眉尻などの微調整にぴったり

By: amazon.co.jp

小回りが効くペンシルタイプは、細かな調節に適しています。芯が細めのアイテムが多いので、眉尻や眉の際などを微調整しやすいのが魅力。細かい部分にピンポイントで描きやすく、涙袋メイクにも重宝します。仕上がりにこだわりたい方におすすめです。

ペンシルタイプは、繰り出し式と削り式の2種類が販売されています。繰り出し式は、芯を削る必要がなくささっと使えるため、外出先でのお直し用としてもぴったりです。

リキッドタイプは伸びがよく眉周り全体の補正にもおすすめ

By: yslb.jp

リキッドタイプは、伸びがよくムラになりにくいのがポイント。みずみずしいテクスチャーで肌なじみがよいので、眉の縁取りにも適しています。

先端が筆やチップの形状のアイテムが多く、初心者に扱いやすいのも魅力。描きやすく失敗しにくいため、眉メイクが苦手な方にもおすすめです。先端が細いタイプは、細かい部分の微調整にも向いています。

カバーしたい悩みに応じてカラーを選ぶ

By: amazon.co.jp

眉コンシーラーは、使う箇所や悩みに応じてカラーを選ぶと、よりきれいに仕上がります。眉を縁取りして際立たせたい場合は、肌の色より少し明るめのカラーがおすすめ。ハイライト効果が期待でき、メリハリのある印象が叶います。ただし、極端に明るい色を選ぶと不自然な印象に見えるので注意が必要です。

青っぽく見える剃り跡が気になる箇所には、オレンジ系のカラーがぴったり。青の補色となるオレンジを用いることで自然にカバーできるため、目立ちにくく仕上げられます。

また、伸びかけの黒い毛をカバーしたい場合は、肌の色に近いカラーを選んでみてください。自然な印象を好む方にも、ナチュラルカラーの眉コンシーラーがおすすめです。

肌への密着力・崩れにくさをチェック

眉コンシーラー選びでは、崩れにくさも重視したいポイントです。肌になじませたときの密着感をチェックしてみてください。

肌にピタッと密着して崩れにくいのはクリームタイプ。また、リキッドタイプは、スルスルとしたテクスチャーで肌になじみやすいのがポイントです。肌質や肌の状態にあわせて、使いやすいアイテムを見つけてみてください。

パレットタイプのコンシーラーは色味を調節しやすい

By: etvos.com

複数色が入ったパレットタイプの眉コンシーラーは、色を混ぜて使えるのが魅力です。自分の肌になじみやすいカラーやほかのアイテムの色味にあわせて自在に調節できます。

また、悩みにあわせて色を使いわけられるのもポイント。複数の悩みをカバーしやすく、さまざまな表現ができるので、より洗練された仕上がりを求める方におすすめです。

眉コンシーラーのおすすめ

コーセー(KOSE) ヴィセ アイブロウエンハンサー

コーセー(KOSE) ヴィセ アイブロウエンハンサー

メイクアップ効果により、眉を美しい印象に仕上げる眉コンシーラーです。自分の眉を生かすことに着目して開発されており、最小限の眉メイクできちんと感のある眉を演出します。

密着力の高さと、さらさらとした仕上がりを両方叶えるのも魅力。絶妙なバランスで調節されたカバー粉体と植物由来オイルが配合されているので、肌に伸ばしやすく、薄づきで自然な印象に仕上げられます。微細な偏光パールが含まれており、陰影感を演出できるのもポイントです。

また、保湿成分としてコラーゲン・スクワラン・ヒアルロン酸が配合されています。乾燥が気になる方にも使いやすいアイテムです。

本製品は先端が斜めにカットされたスティックタイプ。肌にフィットしやすく、角度によって自在に線の太さを調節できるため、眉メイクが苦手な方にもおすすめです。

フジコ(Fujiko) 美眉アレンジャー

フジコ(Fujiko) 美眉アレンジャー

ユニークなコンパス構造が特徴の眉コンシーラーです。アイブロウとのWエンドタイプで、自在に角度の調節が可能。遊び心が満載の、フジコらしいアイテムです。

眉コンシーラー側は、直径2mmの極細ペンシルタイプ。眉の輪郭をなぞってぼかすことで、立体感のあるナチュラルな眉が叶います。また、汗・水・皮脂に強いウォータープルーフと謳われており、長時間美しい状態が続くのも魅力です。

アイブロウのカラーは3色展開。コンシーラーは、全カラー共通のナチュラルベージュです。

ビリオンダラーブロウズ(Billion Dollar Brows) ブロウ デュオ ペンシル

ビリオンダラーブロウズ(Billion Dollar Brows) ブロウ デュオ ペンシル

ロサンゼルス発のアイブロウアイテム専門ブランド「ビリオンダラーブロウズ」のアイテムです。本製品は、ペンシルタイプの眉コンシーラー。反対側には、眉用のハイライトがついており、1本で陰影をつけられるのが魅力です。立体的な眉に仕上げられるため、より印象的な顔立ちを演出できます。

また、本製品は削り式なので、削り方次第で太さをアレンジできるのもポイント。鉛筆のように握りやすいため、眉メイク初心者も挑戦しやすいアイテムです。

青和通商 キレイファクトリー アイブロウハイライター

青和通商 キレイファクトリー アイブロウハイライター

肌につけるとパウダー状に変化する、スティックタイプの眉用ハイライトです。コンシーラーとしても使えるので、気になる箇所のカバーにもおすすめ。眉周りにもなじませやすい形状です。

マットな質感でヨレにくいのもポイント。なめらかなテクスチャーで肌に密着するため、仕上がりを長持ちさせたい方にも向いているアイテムです。眉周りをワントーン明るく見せることで、ムダ毛や短い毛を目立ちにくくさせると謳われています。

プチプラで手に取りやすい価格も魅力。眉コンシーラーをはじめて使う方にもぴったりのアイテムです。

ザセム(the SAEM) カバーパーフェクション アイディアル コンシーラー デュオ

ザセム(the SAEM) カバーパーフェクション アイディアル コンシーラー デュオ

大手韓国化粧品メーカーのノウハウを活かして誕生したブランド「ザセム」のコンシーラーです。チップタイプとスティックタイプが1つになった2 in 1タイプで、さまざまな悩みをカバーできるのが特徴。眉コンシーラーとしても使いやすいアイテムです。

チップ側は、広範囲をカバーするのにぴったり。スティック側は気になる部分に伸ばすことで、肌のトーンを均一に整えます。

マルチに使えるうえ、コンパクトなサイズ感なので持ち運びにもおすすめ。クリアベージュ・ナチュラルベージュ・リッチベージュの3色が展開されており、自分にあったカラーを見つけやすいのも魅力です。

井田ラボラトリーズ(IDA Laboratories) キャンメイク カバー&ストレッチコンシーラー UV

井田ラボラトリーズ(IDA Laboratories) キャンメイク カバー&ストレッチコンシーラー UV

細かい部分にも塗りやすい、チップタイプのリキッドコンシーラー。肌をワントーン明るく見せて立体感を演出する「ライトベージュ」と、悩みを自然にカバーする「ナチュラルベージュ」の2色が展開されており、眉コンシーラーとしてもぴったりのアイテムです。

伸縮性ストレッチパウダーや光拡散効果パウダーが配合されているのもポイント。ヨレにくい処方で透明感のある肌を演出します。皮脂吸着パウダーや肌を引き締める成分も配合されているので、テカりが気になる方にもおすすめです。

本製品は、無香料・紫外線吸収剤フリー・タール系色素フリー・アルコールフリー。肌へのやさしさに配慮してつくられている製品です。

カネボウ(KANEBO) ケイト ピンポイントカラースナイパー

カネボウ(KANEBO) ケイト ピンポイントカラースナイパー

補色効果に着目してつくられた、スティックタイプのコンシーラー。「オレンジ」と「グリーン」の2色が展開されており、それぞれ用途が異なるのが特徴です。

とくに、「オレンジ」はクマや青ヒゲのカバーにおすすめ。青みをカバーするのに向いているので、眉コンシーラーとして使用することで、剃り跡を隠す効果が期待できます。悩みをカバーし、メイクアップ効果により顔全体を均一に仕上げるため、明るい印象が叶うのもポイントです。

肌にピタッと密着し、カバー力が高いのも魅力。動きの多い目元でも崩れにくい処方なので、メイク直しに時間をかけられない方にぴったりです。

日本ロレアル イヴ・サンローラン ラディアント タッチ

日本ロレアル イヴ・サンローラン ラディアント タッチ

「YSLを代表する魔法の筆ペン」と謳われている、リキッドタイプのコンシーラーです。発売から25年以上愛され続けるロングセラー製品で、使いやすく美しい仕上がりが魅力。気になる箇所にマルチに使え、眉コンシーラーとしても重宝するアイテムです。

メイクアップ効果により、ひと筆で自然なツヤや透明感を演出できるのがポイント。肌のくすみが気になる箇所や眉の周りなどに入れると、肌を明るく見せられます。

カラーラインナップは7種類。ハイライト向きの色味から眉コンシーラー向きの色味までそろっているので、自分の肌や悩みにあわせて選びやすいのも特徴です。

資生堂(SHISEIDO) SHISEIDO スポッツカバー ファウンデイション ベースカラー 部分用

資生堂(SHISEIDO) SHISEIDO スポッツカバー ファウンデイション ベースカラー 部分用

カバー力の高さが人気の資生堂のロングセラー製品です。あざやシミなど、お肌のさまざまな悩みを隠すのに役立ち、肌の状態にあわせて幅広く使えるのが特徴。眉用コンシーラーとしても活躍するアイテムです。

クリーム状でカバー力にすぐれているので、伸びかけの眉を部分的に隠したい方や、剃り跡をカバーしたい方におすすめ。眉毛の色味をおさえたい場合にもぴったりです。

また、崩れにくく、落ちにくいのが特徴。カバー力が高い分、メイクオフする際は洗浄力の高いクレンジングを使うように推奨されています。

ケサランパサラン アンダーアイブライトナー

ケサランパサラン アンダーアイブライトナー

メイクアップ化粧品の販売のほか、まつエクや眉デザインの施術を提供するブランド「ケサランパサラン」のコンシーラーです。血色カラーのオレンジとスキンカラーのイエローの2色がセットになっており、健康的な肌を演出できます。

また、厚塗り感がなく、気になる部分を自然にカバーできるので、ナチュラルな印象を好む方にぴったり。青の補色であるオレンジが入っており、剃り跡の青みを隠したい方にもおすすめです。

保湿成分として、ローズマリー・ユウガオ果実・トウニンでつくられた複合成分やアロエエキスが配合されています。密着力と保湿力にすぐれており、ヨレにくいのも特徴です。

エトヴォス(ETVOS) ミネラルコンシーラーパレット

エトヴォス(ETVOS) ミネラルコンシーラーパレット

3つのカラーが入っているパレットタイプのコンシーラー。3色を組みあわせて、自分の肌に合うカラーを調節しやすいのが魅力です。

カラーラインナップは、「ピンクベージュ」と「ベージュ」の2種類。両方のカラーに、青みを補正する「オレンジベージュ」が共通して入っているのが特徴です。剃り跡をカバーする眉コンシーラーとしても重宝します。

また、筆とスポンジの2wayブラシが付属しているのもポイント。ブラシは広範囲に、スポンジはポイント部分に適しています。使い分けることでより洗練された印象が叶うので、仕上がり重視の方におすすめです。

本製品は、界面活性剤・鉱物油・シリコン・タール系色素・アルコール・香料・防腐剤・紫外線吸収剤を使用しない敏感肌フレンドリー処方。天然由来のミネラルと植物由来オイルでつくられており、お湯と石けんでオフできると謳われています。