メイクアップの必需品である「メイクブラシ」。ムラなく均一に塗れる上に、手が汚れないので便利です。製品によって、セット売りのモノもあれば、ポイントメイク用に1本ずつ買えるモノまで種類はさまざま。今回はメイクブラシの選び方とおすすめのアイテムをご紹介します。

メイクブラシの種類

メイクブラシの種類は主に、ファンデーションブラシ・アイブロウブラシ・アイシャドウブラシ・チークブラシ・リップブラシなど。ベースメイクからポイントメイクまで、部位ごとにブラシが分かれています。

アイシャドウやリップなど何色かを組み合わせて塗る場合は、サイズ違いで同じ部位用のブラシが何本かあると便利です。

メイクブラシの選び方

毛質で選ぶ

メイクブラシの毛質は天然毛と合成毛の2種類があります。天然毛はリス・ヤギ・イタチ・馬などの動物の毛を用いており、チクチクしない肌触りのよさが特徴です。

一方、合成毛には主にナイロンが使われています。最近では「タクロン」と呼ばれる高級ナイロンも販売されており、チクチクせず、動物毛のような質感が楽しめます。

リキッドタイプのメイクの場合は化粧品を吸いにくい合成毛がおすすめ。パウダーの場合は付き具合の調整がよりしやすい動物毛が便利です。

お手入れ方法をチェック

特にリキッドタイプのコスメをブラシで塗る場合、こまめな手入れが必要です。化粧品が筆に付いたまま乾燥すると、メイクの付きが悪くなるだけでなく、繊維をまとめている口金部分も汚れて筆自体が傷みやすくなってしまいます。

ブラシは直接肌に触れるものなので、洗わずに使い続けるのは不衛生。肌荒れや湿疹などの原因にならないよう、市販のブラシクリーナーやベビーシャンプーなどを使ってこまめに洗うのがおすすめです。

メイクブラシのおすすめブランド

資生堂(SHISEIDO)

By: amazon.co.jp

1872年、東京・銀座で洋風調剤薬局として創業した日本を代表する化粧品メーカーです。花椿のロゴでケア・メイク・フレグランス製品など、美容に関わる製品を幅広くラインナップ。高機能・高品質な化粧品・美容法は世界中で愛されており、グローバルに製品展開を行っています。

M・A・C

By: amazon.co.jp

1984年、カナダのトロントで創業したコスメブランド。年齢・性別・人種などを問わず使える幅広いカラー展開が魅力です。現在世界105ヶ国以上で発売され、さまざまなバックグラウンドを持つユーザーから愛されています。M・A・C製品は見た目のスタイリッシュさや実用性も注目のポイントです。

RMK

By: rakuten.co.jp

1997年に誕生した日本のコスメブランド。日本であまり使われていなかったリキッドタイプのファンデーションを提案し、新しいベースメイクの方法を広めてきました。カラーマスカラやつけまつげなどもRMKが先駆けて展開。肌への優しさを重視し、本来の美しさを引き立てたい方におすすめです。

メイクブラシのおすすめアイテム|ベース・ポイントメイク用

資生堂 ファンデーション ブラシ 131

毛が斜めにカットされたファンデーション用メイクブラシ。パウダー・リキッドタイプ・クリーム・固型乳化タイプのファンデーションなどマルチに使えます。ソフトな毛が短めに切り揃えられており、小鼻や口元など細かいところもムラなく仕上げることが可能です。

長さは11.8cmほどとコンパクトなので、持ち運び用にもおすすめ。専用ケースが付属しており、化粧ポーチのなかが汚れにくいこともポイントです。

つむぎ リキッドファンデーション用ブラシ

ソフトながら程よいコシのある馬の胴毛のみを使用したリキッドファンデーション用メイクブラシ。毛をカットして整えるのではなく、職人が毛を1本ずつ揃えて毛先を形成していく「揉み出し」という方法で作られているので、肌馴染みがよくチクチクしづらいことが魅力です。

使用後にブラシの筋が肌に薄く残る場合があるので、仕上げにスポンジや手でならすと自然に仕上がります。全長10.8cmとコンパクトで小回りのきくファンデーションブラシを探している方におすすめの製品です。

アディクション(ADDICTION) アイブロウブラシ 242126

さまざまな表情が出しやすい平型のアイブロウ用メイクブラシ。コシのあるバジャー毛を使用しており、先端を使って細い線を描いたり、広い面を使ってぼかしたりするメイクに適しています。

毛先は斜めにカットしてあるので、使う部位によって描けるラインはさまざま。眉頭から眉尻までマルチに使えるアイテムを探している方におすすめです。

amoore デュアル アイブロウブラシ&スクリューブラシ

安価ながら高級繊維タクロンを使用したアイブロウ用メイクブラシ。本体の両端にアイブロウブラシとスクリューブラシがついており、1本でアイブロウメイクを仕上げられることが特徴です。

毛足の短いブラシはアイブロウパウダー用で眉尻を細く描きたいときに便利。スクリューブラシはアイブロウペンシルの細い線をぼかす場合などにおすすめです。

シュウウエムラ(shu uemura) ブラシ 10

センセティックファイバーと呼ばれる合成毛を使用したアイシャドウ用メイクブラシ。小ぶりな毛先はさまざまなアイカラーと相性がよく、強弱やグラデーションがつくりやすいことが魅力です。

合成毛なので、天然毛と比較するとお手入れも簡単。目の周りのデリケートな部位に使う製品なので、汚れが気になってきたらこまめに洗えることもおすすめのポイントです

ロージーローザ 熊野筆アイシャドウ用S

柔らかく肌触りのよい天然馬毛を使用したアイシャドウブラシ。21cmと長めで握りやすく使いやすいことが魅力です。きれいに使い続けるため、使用後はティッシュで軽く汚れを拭き取っておきましょう。

汚れが気になってきたら中性洗剤を薄めたぬるま湯で洗い、水気を取って陰干ししてお手入れ完了。天然毛ながら安価で買える製品を探している方におすすめです。

M・A・C アイライナーブラシ 209

極細の毛先が特徴のアイライナー用メイクブラシ。コシのある合成毛を使用しており、くっきりとしたアイラインを描きたいときに便利なアイテムです。リキッドやクリームタイプのアイライナーを塗るときに適しています。

長さが約15.2cmあるので、持ちやすいこともポイント。毛先が潰れてしまわないよう、収納するときはフタのあるケースに入れておくのがおすすめです。

RMK ファンデーションブラシ N


軸が太くて持ちやすいファンデーション用メイクブラシです。リキッド・クリーム・ジェルクリーミータイプのファンデーションに使用可能。肌あたりはソフトながら、適度な弾力があり、細かい部位にも塗りやすいことが魅力です。

ファンデーションの乗り具合をコントロールしやすいので、カバーしたいところには厚めに、ナチュラル感を残したい場合は薄めに塗れます。さまざまなタイプのファンデーションに使えるブラシを探している方におすすめです。

ルナソル(LUNASOL) チークブラシ S 化粧小物

持ち運びに便利なキャップ付きのチーク用メイクブラシ。山羊と灰リスの毛を混合した天然毛を使用しており、程よいコシがあります。本体をねじるとブラシ部分を収納可能。また、化粧ポーチに入れたときも、内側が汚れにくいことも魅力です。

大きさは10cmほどと小さく、旅行や外出時もコンパクトに持ち運べます。ロゴが施されたおしゃれなデザインもポイント。外出先のメイク直しでもチークをきれいにのせられるアイテムを探している方におすすめです。

エトヴォス(ETVOS) フェイスカブキブラシ

チークをはじめマルチに使えるメイクブラシです。高級ナイロン「タクロン」を使用している上に、毛先が丸くカットされているのでチクチクせず、肌当たりがよいことが特徴。ブラシ部分が短めで適度なコシがあるため、チークの乗り具合を調整しやすいことも魅力です。

長さは14.4cmほどとペンのように持ちやすく、動かしやすいこともポイント。毎日のメイクで使うチークやパウダーなどに多用途で使えるおすすめの製品です。

キャンメイク(CANMAKE) ハイライトブラシ01


メイクの仕上げにおすすめのハイライト用メイクブラシ。長さは14.5cmと握りやすさが魅力です。太さは2.5cmほどと小さく、鼻筋や頬骨の上などにハイライトをのせるときに小回りがききます。

ブラシの穂先は斜めにカットされており、塗る範囲に合わせて使う位置を調整して使用可能。本体はツヤ仕上げになっており、かわいらしいデザインも魅力です。

竹宝堂 リップブラシ K-6

軸部分にブラシが収納できるリップ用メイクブラシ。メイクの含みのよさとコシが特徴のコリンスキー毛を使用しています。ブラシを収納すると長さ10cmほどになるので、化粧ポーチにコンパクトに収納することが可能です。

平らで幅のある毛先は、口角部分や唇の際などの細かい部位を塗るときから、手早く全体に色をのせるときまで広く使いやすいことが魅力。持ち運びに便利な使いやすい製品を探している方におすすめです。

資生堂(SHISEIDO) リップブラシ N 407

持ち運びに便利なキャップ付きのリップ用メイクブラシ。柔らかい毛質とコシのある毛質がブレンドされており、へたりにくく色をのせやすいことが魅力です。

丸い形のブラシになっており、リップカラーをよく含むので、オーバーリップメイクにもおすすめ。鮮やかなレッドの本体はよく目立ち、化粧ポーチのなかから探し出しやすいこともポイントです。

メイクブラシのおすすめアイテム|セットタイプ

匠の化粧筆コスメ堂 メイクブラシ トゥルーセレクション RB-S801

スクリューブラシ以外の全てに天然毛が使用されたメイクブラシ8本セット。フェイスブラシをはじめ、チーク・アイシャドウ・リップ用のメイクブラシなども付属しており、このセットひとつで顔全体のメイクができます。

毛先をカットしていない熊野筆ならではの製法により、肌あたりがチクチクしづらいことも魅力。三つ折りにして紐で結べるケースも付いているので、旅行用としてもおすすめです。

SIXPLUS メイクブラシ11本セット 101921

ベースメイク用・ポイントメイク用ブラシが11本セットになったアイテム。毛には高級繊維を使用し、柔らかい肌あたりが特徴です。軸は木製なので、肌になじみやすく持ちやすいこともポイント。毛先が白くなっているので、メイクのカラーが見えやすく、付けすぎを防げます。

ハイライト用やコンシーラー用のブラシも付属しており、この1セットで仕上げメイクまで使用可能。リップブラシは付いていないので、別途購入が必要。高級感のあるレザー風のケースも付いており、持ち歩きにも便利なおすすめアイテムです。

MSQ アイシャドウブラシ

アイメイク用メイクブラシの12本セット。ソフトな高級ナイロン「タクロン」を使用しており、チクチクせずに滑らかにブラシを動かすことが可能です。さまざまな太さのアイシャドウ用ブラシに加え、眉用のモノも付属しています。

ライナー用のブラシはブラシをまとめる口金部分に角度がついており、塗りやすくつくられています。ナチュラルメイクからパーティーメイクまでさまざまな雰囲気を楽しみたい方におすすめです。

DUcare 高級天然毛メイクブラシセット

1セットでフルメイクができるメイクブラシセット。セットのなかでもパウダーブラシ・チーク/シェーディングブラシ・アイシャドウブラシ・ブレンディングブラシには天然毛を使用しています。

ブラシの軸部分はパール入りの塗装がされており、指紋がつきにくい上に、高級感があることが魅力。付属のレザー風のポーチに入れておけばホコリが付いたりすることなく収納しておけます。高品質ながら安価で購入できる製品を探している方におすすめです。

SIXPLUS メイクブラシ

高級繊維と天然毛、2種類のブラシが15本セットになったアイテム。ベースメイクからポイントメイクまで対応でき、ナチュラルメイクからパーティーメイクまでさまざまな雰囲気のメイクを楽しめます。

ブラシの軸やケースはコーヒー色で統一されており、ドレッサーやテーブルに置いておくだけでおしゃれ。ケースは上下のボックスがマグネットでつくので便利な上に、セットのモノ以外にも多くのブラシを収納できます。デザイン性にもこだわった製品を探している方におすすめです。

BESTOPE メイクブラシ BP02003

ベースメイクからポイントメイクまで対応できる10本のメイクブラシセットです。高級繊維「タクロン」のソフトな肌触りが特徴。ふんわりとボリュームが出るように作られており、さまざまなタイプのコスメの含みがよいことが魅力です。

ピンク色のカラーリングがかわいらしいデザインもポイント。リボンのデコレーションがついた専用ケースも付いているので、使わない時もコンパクトに収納できます。デザインにもこだわってメイクブラシを選びたい方にもおすすめです。

SIXPLUS エレガンスシリーズ メイクブラシ

5本のフェイスブラシと6本のアイメイク用メイクブラシがセットになった製品。素材には高級ナイロンを使用しており、チクチクしづらく肌あたりがソフトなことが魅力です。

軸のホワイトと口金の色が相性よくマッチし、エレガントな印象のデザインもポイント。また、ブラシの1本1本に名称が書かれており、迷うことなくスムーズに使えます。付属のポーチも付属しているので、持ち運びにも便利。ベースメイクとアイメイクにこだわりたい方におすすめのアイテムです。