かさばる化粧品をしっかりまとめて整理できる「メイクボックス」。それぞれの化粧品の収納場所を決めておけばどこに置いたかわからなくなることもなく、効率的にメイクができておすすめです。

メイクボックスは種類や形状によって使い勝手が大きく変わるもの。そこで、今回はメイクボックスの選び方とおすすめのアイテムをご紹介します。

メイクボックスの選び方

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

メイクボックスを選ぶ際に最も大切なポイントは、自分の持っている化粧品の量や大きさとメイクボックスのサイズが合っているかどうかです。

理想的なメイクボックスの大きさは、自分が持っている化粧品の量よりも少しゆとりがあるサイズ。すべての化粧品がぴったり入るサイズだと、化粧品が取り出しにくかったり、どこに何があるのか見にくくなったりします。

しかし、大きすぎてもデッドスペースが増え、立てて保管したい化粧品がメイクボックスの中で倒れてこぼれるなどのトラブルにつながります。メイクボックスの幅や奥行き、高さをしっかりと確認して、自分に合ったサイズのものを選びましょう。

使用シーンに合わせて選ぶ

By: amazon.co.jp

メイクボックスの使用シーンによっても、どのような形の製品を選ぶべきかが変わってきます。

「メイクボックスを家でしか使わない」「家での化粧品の整理に使いたい」という方は、置いたときに安定感があるボックスタイプや、どこに何があるのかが一目でわかるスタンドタイプのメイクボックスがおすすめです。

「旅行や出張など、外出の際に使いたい」という方は、軽くて持ち歩きしやすいポーチタイプやバニティーケースなどの、取っ手が付いたタイプのメイクボックスを選ぶようにしましょう。

収納力をチェック

By: amazon.co.jp

持っている化粧品の量や種類が多い方は、メイクボックスの収納力もしっかりとチェックしましょう。

メイクボックスによっては、メイクブラシホルダーやボトル収納、パフやコットンなどの細かいものをしまっておける小物入れなどが付属しているアイテムもあります。

また、化粧品の種類ごとに分けられる仕切りや引き出しなどがついているメイクボックスもあるので、使いたい化粧品がどこにあるかわからなくなりがちな方は、整理整頓がしやすいアイテムを選ぶようにしましょう。

素材をチェック

By: amazon.co.jp

メイクボックスにはナイロンなどの布でできたソフトタイプと、木やセラミックでできたハードタイプの製品があります。

ソフトタイプは軽くて持ち運びに便利なのが特徴です。耐久性はハードタイプにおよびませんが、ビニール加工など、水や汚れに強い素材で作られていることが多く、手入れがしやすいというメリットがあります。

ハードタイプは重さがあるため持ち運びには不便ですが、使っているときにメイクボックスが倒れて化粧品が散らばることもなく、使いやすいのが魅力です。丈夫なので壁にぶつけてしまっても化粧品への影響が少なく、壊れにくいため、長く使うのに適しています。

その他機能をチェック

By: amazon.co.jp

快適にメイクをするためには、収納力や素材以外の機能面もチェックしておくことが大切です。

メイクボックスを持ち歩きたい方は、取っ手付きの製品を選ぶと持ち運びが簡単になります。反対に、メイクボックスは固定して置いておきたいという方は、取っ手部分のスペースを省略できるフラットタイプの製品がおすすめです。

また、鏡のない場所でメイクをする可能性がある方は、鏡付きのメイクボックスを選ぶと便利です。鏡付きなら「そのメイクボックスさえあればメイクができる」という環境を作れます。普段家族と共用の鏡でメイクをしているため、急いでメイクをしているという方にもおすすめです。

メイクボックスのおすすめアイテム

萩原 コスメボックス

萩原 コスメボックス

クリスタル調の取っ手がかわいいハードタイプのメイクボックス。フタの裏には三面鏡がついており、ミニドレッサーとしても使えます。

W19.5×D8.5×H12.5cmの収納スペース、W22×D7.5×H21cmの深型収納スペース、W20×D8×H3cmの引き出しスペースを備え、細かいものからボトル型の化粧品まで収納できる大容量が魅力。

サイドのミニテーブルとフラップ扉はどちらも簡易の化粧台として使用できます。メイク中に小物を置いたり、ネイルケア中にマニキュアを置いたりと使い道はさまざま。収納部分と作業部分が揃った、使い勝手のよいメイクボックスです。

55 化粧収納ボックス

55 化粧収納ボックス

収納スタンドと引き出しという2種類の収納パーツからなるメイクボックス。クリアタイプなので、何がどこにしまってあるか一目でわかる点が魅力です。

マニキュアやリップ、メイクブラシ、マスカラなど立てておきたいアイテムは収納スタンドに、コンパクトやアイシャドウなどの寝かせておきたいアイテムは引き出しに、というように使い分けが可能。

収納スタンドはそれぞれサイズの異なる仕切りが設けられているため、収納したいアイテムのサイズごとに収納場所が選べて混ざりにくく、整頓に便利な設計です。

アルティザン&アーティスト スロープシェイプ・ポーチ

アルティザン&アーティスト 大きめサイズのスロープシェイプ・ポーチ A Night before the Party

持ち歩きが可能なポーチタイプのメイクボックスです。フロントファスナーを開けるとサイズ違いのブラシホルダーを3つと、スティックホルダーを2つ備えているのがポイント。ブラシホルダーとスティックホルダーは互い違いになっていて、かさばらない工夫がされています。

メインファスナー側にはリップホルダーが3つ、ファンデーションポケットが1つの構造。底マチが広く、大きめのアイテムもスムーズに出し入れできます。バックコンパートメントには密着性の高い全面サイズのビニールポケットがついており、綿棒やコットンなど、清潔さを保ちたいアイテムの収納に便利です。

アラベスク(ARABESQUE) カスタマイズできるとっておきのメイクボックス

アラベスク(ARABESQUE) カスタマイズできるとっておきのメイクボックス

上品なカラーと丸みのあるデザインがおしゃれなハードタイプのメイクボックス。角度調節が可能な三面鏡や、小分け収納が可能な3種類のコンテナが付属していて、機能性も抜群です。

ボックス内から取り出し可能な3種類のコンテナは、ブラシなどを立てて置けるスティックホルダーが2つ、細かいアイテムの分別に便利なスクエアホルダーが2つ、マニキュアなどの整理に便利なスクエアボックスが1つずつ付属。

メインの収納部分は18cmの高さがあり、ボトルタイプの化粧品も収納が可能です。フロントにはフラップ扉がついていて、開けばメイクボックスの中身が見やすく、メイク中に軽くものを置いておくミニテーブルとしても使えます。

アフタヌーンティー(Afternoon Tea) ストライプ&フラワー柄バニティーケースM

アフタヌーンティー(Afternoon Tea) ストライプ&フラワー柄バニティーケースM

水彩タッチの花柄がかわいいバニティポーチ型のメイクボックス。さわやかなカラーにゴールドのロゴプレートが映えるおしゃれなデザインが特徴です。

メイクボックスの内側にはギャザーポケットが6つとスラッシュポケットがついており、こまごまとした小物類もコンパクトに収納できます。細かい仕切りがないので、横幅のあるクリームなどもしっかり収まるサイズ感が魅力です。

蓋の裏側には取り外し可能なミラーも付属。メイクボックスの本体と蓋との間に固定すれば、ドレッサーとしても使えます。

ジェリーボックス(Jerrybox) メイクボックス

ジェリーボックス(Jerrybox) メイクボックス

360°回転する、スタンドタイプのメイクボックスです。トッププレートには細かい仕切りが設けられていて、メイクブラシや口紅などの収納に便利です。

下の段には高さの調節ができるトレイが付属。自分の持っているアイテムの大きさに合わせて収納できます。トレイには落下防止のセーフティータブが備わっており、メイクボックスを回転させてもアイテムが落ちにくい設計になっています。

分解・組み立てが簡単で、化粧品がこぼれて汚してしまってもすぐに取り外して洗うことが可能。メイクボックスを清潔に使いたい方におすすめです。

コフレ(COFFRET) メイクボックス

コフレ(COFFRET) メイクボックス

タテ型のボトル収納スペースに、取り外し可能な小箱、深さのある引き出しなど、さまざまなアイテムの収納に便利なメイクボックス。メイクボックス内に仕切りがたくさんあるので、化粧品を細かく分けて収納できます。

引き出しの深さは綿棒のボトルがそのまま入る9cm。フェイスクリームなどのスキンケア用品の収納にも便利です。メイクボックス前面のフラップ部分は倒すとちょっとした作業スペースに使えます。

取り外し可能なミラーは立てかけたり手に持ったりと、使い方は自由自在。メイク時の強い味方になります。

マリークヮント(MARY QUANT) シンプルエンボスデイジーバニティ

マリークヮント(MARY QUANT) シンプルエンボスデイジーバニティ

シンプルなデザインで持ち歩きに便利なバニティポーチ型のメイクボックスです。W16.5×D7×H10cmとコンパクトなサイズ感でありながら、収納機能に優れています。

ファスナーを開けると、内側をぐるりと囲むように5つのギャザーポケットと大きめなポケットがついており、口紅などの小物類をすっきりと収納できます。持ち手の裏側には3本分のブラシ収納がついていて、メイクブラシの持ち運びも可能。メイク直し用の化粧品を持ち歩くのにも適しています。

イモタニ(IMOTANI) 収納上手なコスメボックスDX

イモタニ(IMOTANI) 収納上手なコスメボックスDX

製品名で“収納上手”と謳っている通り、収納力の高いハードタイプのメイクボックスです。フタの裏側には16×12cmのワイドな鏡が取り付けられていて、ドレッサー代わりに使うことができます。

取り外し可能な小物トレイや、アイライナーなどを立てて置ける小物立て、コンパクト類の収納ができるワイドな引き出しなど、収納スペースが盛りだくさん。高さ18cmまでのボトルも入る深型収納スペースも魅力です。

コジット(COGIT) キルトコスメボックス

コジット(COGIT) キルトコスメボックス

ブラックとレッドの組み合わせがクールなコスメボックス。取り外し可能なスタンドミラーが付属しており、メイク時の細かいチェックに便利です。

高さ20cmまでのアイテムが収納できるロングメッシュポケットが1つと、小物の仕分け収納が可能なメッシュポケットが2つ付属。中身が見やすいメッシュ生地なので、メイクの際にはボックスから3つのポケットを取り出して、簡単に必要なアイテムを選んで使えます。

取り外せるブラシポーチは持ち歩きのポーチとしても活躍。必要なアイテムを移し替えておけばメイク直し用に持ち歩けるため、このメイクボックスひとつで自宅への据え置きも化粧品の持ち運びもできます。

茶谷産業 メイクボックス 木製化粧箱

茶谷産業 メイクボックス 木製化粧箱

日本の職人がひとつひとつ丁寧に作っている木製のメイクボックスです。シンプルな木目調の落ち着いたデザインが特徴的。

内部の構造もシンプルで、深さ約17.6cmと10.6cmの収納スペース、アイライナーなどを寝かせておける取り外し可能な小物スペース、コンパクト類を入れておける引き出しの4部分でできています。

角度調節が可能なタテ長のミラーがフタの裏側についているため、ドレッサー代わりにしてのメイクが可能。職人さんのこだわりが感じられるおすすめのメイクボックスです。

朗顔(Rownyeon) プロ用メイクボックス

朗顔(Rownyeon) プロ用メイクボックス

持ち歩きが可能なW26×D23×H9cmの軽量メイクボックス。防水設計で通気性がよく、速乾性もあるため、雨季でも細菌の繁殖を防げる点が魅力です。

両開きのファスナーを開けると、片面がフラップ付きのブラシホルダー、片面が化粧品の収納スペースという構造になっています。

ブラシホルダーの端にもファスナーポケットがついており、コットンや綿棒、パフなどの小物収納に便利。収納スペースは仕切り板の調整ができるため、化粧品のサイズに合わせてメイクボックス内を整理できます。

スリーシーイー(3CE) ウォッシュバッグ

スリーシーイー(3CE) ウォッシュバッグ

旅行時に化粧品を持ち運ぶために便利なバッグ型のメイクボックス。化粧品の種類ごとに分けて収納できる多様なポケットが魅力です。

散らばりがちなスティック型の化粧品を収納できるタテ長のポケットと、高さ6cmのメインメッシュポケットを備えています。どちらもメッシュ素材でできているため中身が見やすく、使いたい化粧品を取り出しやすいのが特徴です。

コットンや綿棒をしまっておくための専用ポケットも付属。隣には粉飛び防止のブラシカバーがついた5種類のブラシホルダーがあるため、メイクブラシを一緒に持ち運びたい方にもおすすめです。

Amasava メイクボックス

Amasava メイクボックス

アタッシュケースのようなクールなデザインが特徴的なメイクボックス。鍵付きタイプなので、小さいお子さんがいる家庭でもメイクボックスへのいたずらを防げる点が魅力です。

深さ8cmのメインボックスのほかに、深さ2.5cmのトレイが2段付属しています。トレイの最上部にはミラーがついているため、メイクボックスを広げればそのままメイクができて便利です。

トレイの内部に透明なプラスチックが張られているのもポイント。汚れてしまっても簡単に清掃できるので、清潔に使えます。

SOEVAKIA 化粧品収納ボックス

SOEVAKIA 化粧品収納ボックス

ボックスの右側は細かい仕切りが付いた小物収納、左側は上皿をフタとした深型収納、という2種類のパーツでできたメイクボックスです。細かい仕切りはサイズが異なり、化粧品ごとの分別が可能です。

メイクブラシや口紅、化粧水など、立てて収納するのに適した化粧品は右側の収納部分に置くのがおすすめ。左側部分はクリームのように高さのある化粧品を下段に、アイシャドウなどの厚みがなく使用頻度の高い化粧品は上皿に置く、というように自分好みの使い方ができる点が魅力です。

三面鏡付き カラフル木製メイクボックス

三面鏡付き カラフル木製メイクボックス

化粧品収納に悩む女性スタッフの意見をもとに考案されたメイクボックス。ミニテーブルになるフラップ扉や角度調節ができる三面鏡など、メイクをする際に嬉しい機能がたくさんついています。

メインの収納部は、21cmまで入る深型収納エリア、立てておきたいアイテムを置けるエリア、頻繁に使うアイテムの収納に便利なエリア、小物収納に便利なスライドトレイという4部分で構成されています。下段にはアイラインやブラシをしまえる長めの引き出しと、口紅やマニキュアがぴったり収まる短めの引き出しがついており、高い収納力が魅力です。

ポールアンドジョー(PAUL&JOE) コスメティック ポーチ II

By: paul-joe-beaute.com

W20×D8×H11cmというコンパクトサイズが持ち運びに便利な、バニティポーチタイプのメイクボックス。ポップなイエローとかわいい猫が覗いているおしゃれなデザインが魅力です。

フタを開けると、メイクブラシやアイライナーなどのスティック類を収納する仕切りがあり、細長いアイテムの収納に困りません。ブラシ収納部分にはカバーがついているため、ブラシからの粉飛びも予防できます。

メイン部分のサイドにはいくつかのポケットがついていて、細かい小物もしっかり収納。かわいいデザインだけではなく機能性も高い、おすすめのメイクボックスです。

アナスイ(ANNA SUI) ビューティボックスA

アナスイ(ANNA SUI) ビューティボックスA

華奢な猫足とグラマラスなボディラインが魅力の、アンティーク調の小さなメイクボックスです。フタの裏側に植物のモチーフで飾られた鏡がついていて、ドレッサーとしての使用も可能。

ボックスの内部に特別な仕切りはなく、広々と自由に化粧品が置けます。W20×D14×H12.5cmとコンパクトなので、使用頻度の高い化粧品を入れておくのにおすすめ。

ファンデーションやアイブロウ、アイラインなどの基本的なメイクは本製品で済ませ、そのほかは気分に合わせてクリアタイプのメイクボックスを選ぶなど、メイクボックスを併用するのも便利です。