毛の処理を手軽に行える「毛抜き」。ベーシックなタイプのアイテムもあれば、電動毛抜きなどもあります。また、プチプラから高級品までそろっており価格帯の幅が広いのがポイントです。

今回は豊富にある毛抜きのなかから、特におすすめのアイテムをご紹介。使い勝手がよい毛抜きを探している方は参考にしてみてください。

毛抜きとピンセットの違い

By: amazon.co.jp

毛抜きとピンセットは見た目が似ており混同しやすいアイテムです。毛抜きは眉毛などの毛を抜くための道具。先端の部分が幅広く接触面が平らになっている形状のアイテムが主流で、毛を挟んで抜くことに特化しています。

一方、ピンセットは小さなものをつまむための道具です。先端部分は細かいものや薄いものをスムーズにつまめるように細い形状をしています。

毛抜きを使うメリット・デメリット

毛抜きを使うメリット

By: kai-group.com

毛抜きを使ってムダ毛を処理するメリットは細かい部分を処理しやすいことや、伸びてきた毛がチクチクしにくいことなどです。カミソリやシェーバーでは処理しにくい指毛や眉毛など細かいパーツも、毛抜きなら比較的楽にケアできます。

また、カミソリやシェーバーで剃ると毛が伸びてきたときにチクチクしたりざらざらしたりしますが、毛抜きの場合は毛根から抜くためチクチクしにくいのも特徴です。

毛抜きを使うデメリット

毛抜きを使うデメリットは処理に時間がかかることや埋没毛になる可能性があること、処理をするときに痛みがあることなどです。毛抜きでムダ毛を処理する場合には1本1本毛を抜くことになるので、カミソリやシェーバーでケアするよりも時間がかかってしまいます。

また、毛抜きでの処理は埋没毛が発生しやすいというデメリットも。埋没毛とは皮膚の中に埋もれてしまった毛のことで、見た目が悪くなってしまいます。さらに、毛抜きでの処理は多少なりとも痛みを伴うので、極端に痛みに弱い方には向かない方法です。

毛抜きの選び方

面で挟む毛抜きがおすすめ

By: amazon.co.jp

毛抜きには、毛を面で挟むタイプと、先端で挟むタイプがあります。おすすめは毛を面で挟むタイプの毛抜き。毛をしっかりと挟めるので安定感があり、抜きやすいというメリットがあります。

一方、先端で挟むタイプの毛抜きは、毛を挟んでいる面積が狭いため、毛がすり抜けやすいというデメリットがあります。先端で挟むタイプの毛抜きは「抜く」より「つまむ」用途で使うのがおすすめです。

先端の形状で選ぶ

先平タイプ

By: kai-group.com

先平タイプの毛抜きは、先端が水平で直角。毛抜きとして定番の形状で、種類が豊富です。毛をしっかりつかみやすいというメリットがあります。特に太めの毛を抜くのに適している形状です。

ただし、先平タイプの毛抜きは角があるので、毛抜きの角の部分で肌を傷付けてしまわないように気を付けましょう。

先斜タイプ

先斜タイプの毛抜きは、先端が斜めにカットされているのが特徴です。肌に垂直に当てなくてよいので抜こうとしている毛が見えやすく、手元が狂いにくいというメリットがあります。

また、肌に沿わせやすいのもポイントで、特に眉毛など顔の毛の処理に使いやすいタイプです。ただし、先端がとがった形状なので、肌を傷付けてしまわないように注意しましょう。

先丸タイプ

By: kai-group.com

先丸タイプの毛抜きは、先端が丸みを帯びているのが特徴。角がないので肌を傷付けにくいというメリットがあります。毛抜きの扱いにあまり慣れていない方や、見えにくい箇所のお手入れに使いたい方に向いているタイプです。

先丸タイプの毛抜きは角が丸くなっているぶん、毛を挟める面がほかのタイプに比べて小さくなりがちなので、細かい毛を抜くときに重宝します。

「バネ」や「かえし」の強さもチェック

By: amazon.co.jp

毛抜きを選ぶときには、バネやかえしの強さもチェックしておきましょう。バネやかえしが強いタイプだと毛抜きを閉じたあとにすぐ開けるので、連続で毛を抜きたいときにスムーズに使えます。

一気にたくさん毛を抜きたい場合や、使い勝手を重視する場合には、バネやかえしが強いタイプの毛抜きを選ぶのがおすすめです。

効率よく使える「電動毛抜き」も人気

By: amazon.co.jp

電動毛抜きは、たくさんの毛を効率的に抜きたい場合に重宝するアイテムです。電動毛抜きは先端の形状によって「幅広タイプ」と「先細タイプ」の2種類に分けられます。

「幅広タイプ」は脚や腕など広い部分の毛を抜く用途に向いており、「先細タイプ」は指や脇、ヒゲなど細かい部分の毛の処理に向いているのが特徴。なかには複数のアタッチメントが付属している電動毛抜きもあります。

また、電動毛抜きは防水機能が付いているかどうかも重要。水洗いができて衛生的なうえに、お風呂でムダ毛のケアもできます。

毛抜きのおすすめランキング

第1位 貝印 がっちりキャッチ毛抜き

狙った毛をしっかりつかむのが特徴の毛抜きです。本体内側の凸構造により過度に力がかかるのを防げるので、先端ががっちり閉まってスムーズに毛抜き作業ができます。先端は斜めの形状のため、抜きたい毛を1本1本キャッチしやすいのが魅力です。

毛抜きのサイドにはくぼみが設計されており、指がフィットしやすいのも特徴。独自構造で指の力が先端に伝わりやすく、短い毛やトゲを抜くなどの細かい作業にも適しています。

また、先端を保護するキャップが付属しているので、使わないときにはキャップをして先端を守りながら保管可能です。ポーチに入れて外出先に持ち運ぶときにもおすすめ。ステンレススチールを採用したスタイリッシュなデザインもポイントです。

第2位 グリーンベル(Green Bell) 匠の技 ステンレス製 高級毛抜き

熟練の職人によって、ひとつずつ丁寧に作り上げられた毛抜きです。厳選したステンレスを用いて精密に成型されています。軽く握るだけで毛を抜きやすいのがうれしいポイントです。

また、先端が斜めになっているため、抜きたい毛が見やすく手元が狂いにくいのも特徴。眉毛やムダ毛などを処理するのに適しています。ステンレスを用いたシンプルなデザインなので、飽きにくく長く使い続けられる毛抜きです。

第3位 貝印 先が丸い毛抜き

先が丸く、さまざまな角度から毛をキャッチできる毛抜き。角がないため肌を傷付けにくく、やさしく使えるのも魅力です。短い毛や埋まった毛を抜くときに押し当てても、肌を傷めにくいと謳われています。鼻や耳など、直に確認できない部分のお手入れにもぴったりです。

また、ポーチに入れても先端が刺さらないので、持ち運び用にもおすすめ。ハンドルは握りやすいように工夫して作られています。

第4位 ルビス(Rubis) ツイーザー・ユニバーサル

耐酸性サージカルステンレスを使用した毛抜きです。人間工学に基づいた形に設計されているのがポイント。長さ・安定性・弾力性にもこだわっています。眉毛やムダ毛だけでなく、細かい産毛もつかんで抜きやすいのが魅力です。

スタンダードな形状で扱いやすいのもメリット。こだわりの毛抜きを使いたい方や、少し高級なアイテムを探している方にもおすすめです。

第5位 コモライフ(Comolife) ツイザー

職人によって丁寧に作られた毛抜きです。先端の面が広く、ぴったりと閉じるので、細かい産毛でもしっかりキャッチします。軽い力でつかむだけで、スムーズに毛を処理することが可能です。

また、先端が斜めになっているため、抜きたいムダ毛をしっかり見ながらお手入れできるのも魅力。デリケートな目元のお手入れなど、細かい作業をするときにもおすすめです。カラーバリエーションが豊富なので、好みのカラーをチェックしてみてください。

第6位 貝印 KOBAKO ツィザー

1本1本をキャッチできるように作られた毛抜きです。隙間なくぴったりとかみ合うように、手作業で刃先を調節しているのがポイント。先端は斜めにカットされているので、抜きたい毛を見やすく逃しにくいのも特徴です。

弾力性のあるステンレスを採用しており、適度なバネがあるため、ほどよい力でお手入れできます。刃先を保護するキャップが付属しているのでポーチに入れて保管しやすく、外出先や旅行先への携帯にも便利です。

第7位 グリーンベル(Green Bell) 驚きの毛抜き先丸タイプ

肌を傷付けにくい先丸タイプの毛抜き。先端が丸いため、毛抜きを肌に押し当てなければ抜きにくい短い毛を処理するときに便利です。

先端はぴったりと重なるように作られており、毛をしっかりつかんで逃しにくい設計。さらに、柔らかいバネによる軽い使用感も特徴的で、楽にムダ毛を処理できます。扱いやすさや肌へのやさしさを重視する方におすすめの毛抜きです。

第8位 貝印 関孫六 毛抜き

眉毛などの細かい毛を処理できるよう、扱いやすさにこだわって作られた毛抜きです。先端がしっかり合うので、ムダ毛を1本1本逃さずにつかみやすいのが特徴。先端は斜めに成形されており、抜きたい毛を見やすくスムーズに作業できます。

また、やや大きめのサイズ感で握りやすいのも魅力。専用ケースが付属しているので、旅行先・出張先・外出先などにも持ち運びやすく、気になったときにすぐ身だしなみを整えられます。

第9位 リヨンプランニング 関の刃物 毛抜き先細曲

手元が見えやすく、ムダ毛処理がしやすい毛抜き。ヘの字型に設計されているので、抜きたい毛をしっかり見ながら処理できるのが特徴です。

職人によって作られており、先がしっかり合いやすいのも魅力。先細タイプなので細かい作業がしやすく、細い毛もしっかりキャッチします。ムダ毛をスムーズに処理したい方におすすめの毛抜きです。

第10位 アイエスエル レジンヴィーナスツィーザー

軽い力でムダ毛を処理できる毛抜きです。刃先がぴったりと合いやすく、余計な力をかけることなく毛をつかめます。職人がやすりがけを施して付けた細かい凹凸により、毛がすり抜けにくいのも魅力。スムーズに毛抜きを行いたい方におすすめです。

カラーバリエーションは、ピンク・ブラック・グリーンなどを展開。おしゃれなデザインの毛抜きを探している方はチェックしてみてください。

電動毛抜きのおすすめランキング

第1位 パナソニック(Panasonic) 脱毛器 ソイエ ES-EL8A

ヘッドが広く、広範囲を効率的にお手入れできる電動毛抜きです。2つのディスクで抜け残りを軽減するダブルディスクを採用。スイングヘッドによりダブルディスクが肌にしっかり密着するので、手が届きにくいところのムダ毛も処理できます。

ソフト・ノーマル・スピーディーの3モードを備えており、スピードを切り替えられるのが特徴。部位などに合わせて使い分けられます。さらに、ボディソープを使った処理にも対応。お風呂場で毛抜きを行いたい方におすすめです。

第2位 ブラウン(Braun) シルク・エピル9 SES9970-V

押し付け防止センサーが付いている電動毛抜き。強く押し当てるとランプが赤く点灯するので、やさしくムダ毛をお手入れできるのが特徴です。ヘッドの幅は広いため、肌の広い面に当てて多くのムダ毛を効率的に抜くことが可能。ヘッドは首振りに対応しており、身体のラインに沿って動くので、快適に毛抜きを進められます。

40枚の毛抜きを搭載しており、0.5mmの毛も抜けると謳われているのがポイント。スマートライトが付いており、見逃しやすい細かいムダ毛もしっかりチェックできるのもメリットです。抜き残しを予防できます。

充電式で防水設計が施されているため、お風呂場などでも使いやすいアイテム。複数のブラシアタッチメントが付属しており、多用途で使えるのも魅力です。

第3位 ブラウン(Braun) シルク・エピル3 SE3410

20枚の毛抜きが付いており、細かいムダ毛も逃さず抜きやすい電動毛抜きです。肌を照らせるライトが付属しているので、極細毛も見逃しにくくしっかり抜けます。「ソフトリフト・チップス」により、寝た毛を起こして処理できるのも特徴です。

また、ビキニラインなどデリケートな部分専用のシェーバーやコームが付いており、さまざまな用途に使えます。電源はコード式で、バッテリー切れの心配がないのがメリット。丁寧にムダ毛処理をしたい方におすすめです。

第4位 ブラウン(Braun) フェイススパ SE912

顔など細かい部分のムダ毛処理に適した電動毛抜きです。太さ0.02mm、長さ0.5mmの産毛までキャッチすると謳われています。さらに、1秒間に200回動くとされており、効率的に毛抜き作業をしたい方におすすめ。防水設計のためお風呂場でも使用できます。

マイクロタッピングヘッドや、顔用洗顔ブラシなどのアタッチメントも付属。さまざまな用途で活躍します。また、ポーチも付いているので、保管時に汚れやほこりが付きにくいのが魅力。付属の掃除用ブラシを使用すれば、本体をより清潔に保てます。

第5位 ヤーマン(YA-MAN) Emjoi エピパワー e24

短くて処理しにくいムダ毛も抜きやすい電動毛抜きです。24個のディスクにより、スピーディーに毛抜き作業を進められるのが魅力。顔やVラインなどの細かい部位から、身体の広い部位まで使用できます。

コンパクトかつ軽量なので取り回しやすいのがポイント。単3形乾電池2本で動くため、充電する手間がかからないのもメリットです。また、お掃除ブラシが付属しており、本体を楽にお手入れできます。

毛抜きのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

毛抜きのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。