ムダ毛のお手入れが手軽にできる「毛抜き」。プチプラのアイテムから、多機能な電動式のアイテムまで、種類が豊富です。どの製品を購入するべきか、悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの毛抜き製品をご紹介します。毛抜きを使うメリット・デメリットや選び方なども解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

毛抜きとピンセットの違い

By: kai-group.com

毛抜きとピンセットは、それぞれ使用目的が異なります。そのため、使うシーンに適した形状でできているのがポイント。先端部分の細さや形が違います。

毛抜きは、顔や体のムダ毛のお手入れをするためのアイテム。肌を傷付けにくいデザインをしているのが特徴です。接触面が平らだったり、丸い形をしていたりと、毛を挟むときの使い心地を考慮して作られています。

一方で、ピンセットは、手や指では難しい細かい物を挟むために作られている作業用のアイテムです。医療現場で使われる場合もあり、より繊細で鋭いデザインをしています。

毛抜きを使うメリット・デメリット

毛抜きを使うメリット

By: greenbell.net

毛抜きは、細かい毛のお手入れをしやすいのがメリットです。狙った毛を自分で挟んで抜くため、1度でケアしやすいのがポイント。毛を切るのではなく根本から抜くので、すべすべの肌をキープしやすいのが魅力です。

さらに、シェーバーなどでは剃り残しが出やすい産毛にも対応できます。特に、デリケートな目周りや、抜きにくい毛のお手入れにおすすめです。

また、シェーバーなどと比較すると、大きさがコンパクトなのも魅力のひとつ。ポーチなどに入れて持ち運べます。場所を選ばずにお手入れしやすいアイテムです。

毛抜きを使うデメリット

By: greenbell.net

毛抜きは、ケアをするときに痛みを感じやすいというデメリットがあります。1本ずつお手入れをするので、カミソリやシェーバーと比較してお手入れ時間がかかるのも特徴。スピーディにお手入れを完了させたい方は、電動タイプの毛抜きやシェーバーなどを使ってケアするのがおすすめです。

また、毛抜きでの処理は、皮膚の中に毛が埋もれてしまう埋没毛になる可能性があるため、注意が必要。肌を傷付けにくいアイテムを見つけて、お手入れをするようにしてみてください。

毛抜きの選び方

面で挟む毛抜きがおすすめ

By: greenbell.net

毛抜きを初めて使用する方には、面で挟むタイプの毛抜きがおすすめです。面で挟むタイプは、挟んだ毛が途中で切れにくいのがメリット。根本から抜きやすいので、お手入れ後のきれいな状態をキープしやすいのがポイントです。

また、毛を挟むときに安定感が出やすいのも魅力。お手入れが苦手な方や、ムダ毛のお手入れが初めての方におすすめのタイプです。

先端部分の噛み合わせのよいものを選ぼう

By: amazon.co.jp

毛抜きは、先端部分の噛み合わせがよいものを選ぶようにしましょう。刃先の噛み合わせが悪い毛抜きは、お手入れをするときに肌を傷付ける可能性があります。肌に負担をかけずにお手入れをするために、先端部分の噛み合わせはしっかりと確認をしておくのがおすすめです。

なかには、職人がひとつひとつ手作業で作っているアイテムも販売されています。職人によって作られている製品は、先端の合わせが調節されているアイテムが豊富。細部にまでこだわっている毛抜きは欲しい方にぴったりです。

先端の形状で選ぶ

挟む面積が広く使いやすい先平タイプ

By: rubis-japan.com

先平タイプの毛抜きは、ムダ毛のお手入れが初めての方におすすめのアイテムです。安定感があり、毛を挟みやすい形状をしています。また、挟む面積が広いのもメリット。しっかりと生えている毛やくせ毛もキャッチしやすいタイプです。

先端部分は、水平に肌にあたります。根本からムダ毛をしっかりと掴みやすいのが魅力。特に、太めの毛を抜くときや、根本から毛をケアしたいときにおすすめです。

手元が見やすく毛を1本1本挟みやすい先斜タイプ

By: amazon.co.jp

細かい毛を抜きたいときには、先斜タイプがおすすめです。先端が斜めでコンパクトのため、肌に当たっている部分がはっきり見えるのがメリット。1本1本の毛を確認しながら使えます。

また、肌に垂直に当てないので、先端の尖った部分が皮膚にあたりにくいのがポイント。デリケートな顔の毛のお手入れにもおすすめです。眉の形を整えたり、微調整をしたりしたいときに適しています。細い毛でも、スムーズに抜きやすいタイプの毛抜きです。

赤ちゃんやデリケートな部位への使用に適した先丸タイプ

By: kai-group.com

肌へのあたりがやさしい先丸タイプは、赤ちゃんやデリケートな部位への使用におすすめのアイテムです。先端がまるいデザインにカットされているのが特徴。まるみがあるため、さまざまな角度から毛を挟みやすいのがメリットです。

特に、短い毛や肌に埋まった毛を抜くときに適しています。先端を肌に押しあてても、傷付けにくい形状。先が尖っていないので、鼻や耳などの見えにくい部分のお手入れにもおすすめです。

「かえし」の強さをチェック

By: greenbell.net

毛抜きは「かえし」の強さをチェックしてみてください。本体の厚みやバネ感の強弱によって、挟むときの強度が変わります。適度に弾力があるアイテムは、細かい毛もスムーズに抜きやすいのがメリットです。

初心者の方には、自分の手にフィットしやすく、適度なかえしがあるアイテムがおすすめ。力を入れずに簡単にお手入れをしやすいのが魅力です。

持ち運ぶ場合はキャップ付きを選ぼう

By: kai-group.com

毛抜きを持ち運びたい方は、キャップ付きのアイテムがおすすめです。毛抜きは、先端が鋭いアイテム。そのままポーチに入れていると、指や先端部分を傷付けてしまう可能性があります。

キャップや専用のケースが付属しているアイテムは、先端部分を保護できます。持ち運べるので、外出先でも使いやすいのが魅力です。キャップで先端部分を保護すると、毛抜きが傷まずに済むのがポイント。製品を長く愛用できます。

効率よく使える「電動毛抜き」も人気

By: amazon.co.jp

素早くお手入れをしたい方は、効率よく使いやすい「電動毛抜き」がおすすめです。電動タイプは、一度に多くの毛をケアしやすいのがメリット。時間をかけずに処理したい方にぴったりです。

電動タイプには、複数のアタッチメントが付属しているアイテムが存在します。幅広タイプは、脚や腕など広い部分の毛を抜くときに向いています。小さめのヘッドは、顔や指、ヒゲなどの細かい部分のお手入れにおすすめです。

なかには、毛抜き以外の機能が搭載されているアイテムも存在します。1台持っていると、スキンケアまで対応可能です。

毛抜きのおすすめランキング

第1位 小林製作所 HUNTER 毛抜き

町工場で丁寧に研磨して製造されている日本製の毛抜きです。本製品は、先端部分が斜めの形状。細かい毛でもしっかりとキャッチできます。細い毛も切れずに抜きやすいのが魅力です。

また、使用されている材質も特徴のひとつ。耐食性や強度を考慮した「SUS304ステンレス」を採用しています。錆びにくい素材のため、長期間愛用しやすいのが魅力です。二枚のステンレス板を張り合わせて加工しているため、握った感覚が柔らかいのがポイント。軽い力で抜きやすいアイテムです。

特に、細い毛や使いにくい箇所の毛のお手入れにおすすめ。持ち運び時にも刃先を守りやすい、専用のキャップ付きです。

第2位 ルビス(Rubis) ツイーザー・ユニバーサル 1K302

By: rubis-japan.com

毛抜きの専業メーカー「ルビス」から発売されているアイテムです。ステンレス鋼でできている、スタンダードな形の毛抜き。使いやすいので、毛のお手入れに慣れていない方にもおすすめです。

本製品は、毛を面で挟むのが特徴。毛をしっかりとキャッチしやすいため、抜くときに安定感があるのもメリットです。先端がフラットのデザインなので、狙った毛を逃さずにしっかりとお手入れできます。

第3位 資生堂(SHISEIDO) アイブローニッパーズ 211

資生堂から発売されている毛抜きです。本製品は、眉毛専用のアイテムと謳われているのが特徴。眉の形を整えるときや、眉まわりのムダ毛をお手入れするときに適しています。細かい産毛まで対応しやすいのが魅力です。

適度な弾力があるので、お手入れしたい部分の毛がスムーズに抜けます。持ち手の中央部分は刻み加工がされているため、握ったときに滑りにくいのが魅力。手にフィットしやすいので、お手入れに慣れていない方にもおすすめです。

第4位 ルビス(Rubis) ツイーザー・クラシック

ムダ毛を根本からケアしたい方におすすめの毛抜き。本メーカーの毛抜きは、すべて職人のハンドメイド。素材にはステンレス鋼を採用しています。

丁寧に研磨して製造された先端部分は、細かい毛までしっかりとキャッチしやすいのが魅力です。顔や目周りの細い毛までも対応できます。

本製品は、面で挟むので、お手入れ中も毛が切れにくいのがメリットです。細い毛から太い毛まで、根本からきれいに抜きやすい製品です。

第5位 貝印 関孫六 毛抜き 先斜

収納ケース付きの毛抜きです。コンパクトなケースに入っているのが特徴のアイテム。使用していないときは、鋭い先端部分を守りやすいのがメリットです。長く愛用したい方におすすめ。持ち運び用のアイテムとしても適しています。ケースごとしまえるので、収納場所に困りにくいのもメリットです。

本製品は、先端の合わせを精密に調節されているのが魅力。細かい毛にも対応しやすいのがポイントです。眉部分の細かい毛や、産毛を抜きたいときに適しています。

第6位 貝印 先が丸い毛抜き

ニッケルメッキ仕上げでできている毛抜きです。本製品は、先が丸い形状の先丸タイプ。肌へのあたりがやさしいのが特徴です。先丸タイプは、毛を挟む面が広いのがポイント。さまざまな角度から、毛をキャッチしやすいと謳われています。

特に、短い毛や肌に埋まっている毛を抜くときに使いやすいアイテム。先端が丸いため、押しあてて使用しても肌を傷めにくいのがメリットです。

また、鼻や耳などのお手入れにもおすすめ。直接見えにくい場所でも、使用しやすいのが魅力です。先端部分が尖っていないので、お手入れが初めての方や、毛抜きが苦手な方に適しています。

第7位 グリーンベル(Green Bell) 匠の技 ステンレス製高級毛抜き 先斜め

先斜めタイプの毛抜きです。本製品は、先端が斜めにカットされているのがポイント。お手入れ中も、狙った毛を確認しやすいのがメリットです。細かい部分の毛をしっかりとお手入れしたい方におすすめのアイテム。

また、絶妙な厚みがある本体も特徴です。バネは、しなやかさと強度を生み出す鍛造製法でできています余計な力を使わなくても、使用しやすいのが魅力。軽く握るだけで、お手入れができます。

第8位 グリーンベル(Green Bell) 驚きの毛抜き 先丸タイプ GT-223

先丸タイプの毛抜きです。本製品の先合わせ部分は、密着しやすい構造でできています。短い毛や細い毛、太い毛のお手入れにも対応しやすいのが魅力。さまざまな部分のムダ毛や産毛のお手入れをしたい方におすすめです。

本製品は、面で挟むタイプ。毛を挟んでも、毛が途中で切れにくいのがメリットです。先丸型なので、肌に埋まった毛などにも使いやすいアイテム。肌へのあたりがやさしく、スムーズにお手入れできます。

第9位 ファンケル(FANCL) エクセレント ツィザー 毛抜き

By: fancl.co.jp

人気のコスメブランド「ファンケル」から発売されている毛抜き。本製品は、ユニークなデザインをした形が特徴です。握ったときにフィットしやすい、丸みのある形が魅力。毛を掴みやすい流線型をしているため、弱い力でも使いやすいのがメリットです。

力が入ってしまっても、先端の噛み合わせが悪くなりにくいと謳われています。また、刃の合わせ部分が長いのもポイントです。

先端は、刃先の角は丸く研磨されています。肌に負担がかかりにくいので、デリケートな部分のお手入れをしたい方におすすめです。

第10位 アイエスエル株式会社 レジンヴィーナスツィーザー

スイスの精密機器メーカーで作られている毛抜きです。先端は、隙間が少ない平面カット。力を入れなくても、面がぴったりと合いやすいのが魅力です。不要に力を入れなくても抜きやすいと謳われています。

細い毛や産毛、太めの毛のお手入れにも使いやすいアイテムです。男性の強い毛にも対応しやすいのがポイント。眉周りやヒゲ、脇などのお手入れにもおすすめです。長期の使用でも刃がブレにくいため、よい製品を長く愛用したい方に適しています。

第11位 貝印 がっちりキャッチ毛抜き

プチプラの毛抜きを求めている方におすすめのアイテム。低価格ながら、さまざまなムダ毛のお手入れに対応しやすいのが魅力です。また、先端が保護しやすい専用のキャップが付いているのもポイント。持ち運びにも便利な毛抜きです。

本製品は、内側が凸構造でできています。過度な力を防ぎやすいので、先端の開きを防止できるのが特徴です。先端部分がしっかりと閉じるため、挟んだ毛を抜きやすいのが魅力。一般的なデザインなので、お手入れが初めての方におすすめです。

第12位 倉田製作所 毛抜き 瓢箪 2mm厚

金槌で叩いて作られている毛抜きです。ひとつひとつ手で叩いているため、金属の強度を増しやすいのが魅力。ほどよくバネ感がある毛抜きに仕上がっています。

本製品は、珍しいひょうたん型のデザインが特徴。握ったときに手にフィットしやすいのがメリットです。余分な力を必要としないので、簡単に毛を抜きやすいと謳われています。手元のフィット感でアイテムを選びたい方におすすめです。

第13位 アイエスエル株式会社 レジンクラウンツィザー

ヨーロッパで人気の毛抜き。本製品は、2枚のスチール板を使用しているため、狙った毛を掴みやすいのが魅力。先端は、斜めにカットされているデザインです。

毛が見えやすく、掴みやすいのもポイント。特に、眉毛やヒゲなど、顔の毛の処理に使いやすく、男性にもおすすめです。斜めカットの面が、肌にフィットします。また、3種類のカラーを展開しているのもポイントです。

電動毛抜きのおすすめランキング

第1位 パナソニック(Panasonic) ソイエ ES-WS33

人気の電化製品メーカー「パナソニック」の電動毛抜きです。本製品は、さまざまな部分のお手入れに対応しやすいのが魅力。ワキ・Vライン用の脱毛ヘッドと、アシ・ウデ用の脱毛ヘッドの2種類が付属しています。全身のムダ毛のお手入れにおすすめです。

やわ肌ガード設計なので、肌にやさしい使い心地もポイント。滑らかな使用感で、ムダ毛をケアします。

また、電動式の毛抜きながら、コンパクトで持ち運びしやすいデザインも魅力のひとつ。海外でも使いやすい、自動電圧切替が搭載されているのもメリットです。出張や旅行中にお手入れをしたい方に適しています。

第2位 パナソニック(Panasonic) ソイエ ES-EL8B

多岐にわたって使いやすい毛抜きです。本製品は、5種類のアタッチメントが付属しているのが魅力。足や腕用の脱毛ヘッド・脇やビキニライン用の脱毛ヘッド・シェーバー・コーム・角質クリアヘッドがセットされています。

本体には、手元を見やすいLEDライトが搭載されているのが特徴。暗い場所でも、ヘッド部分を確認しながらお手入れできます。

さらに、毛を抜くための回転部も魅力。回転部は2つあるため、毛の抜け残りが起きにくい設計になっています。素早くムダ毛のお手入れをしたい方におすすめです。

第3位 ブラウン(Braun) シルク・エピル9 SES9970-V

お風呂場で使用しやすい、電動毛抜きです。本製品は、完全防水設計タイプ。お風呂やシャワーの最中にお手入れしたい方におすすめです。使用後は、流水で簡単に洗浄できるので清潔に使えます。

本体には、首振りヘッドを搭載。ボディラインやフェイスラインに沿って、なめらかにフィットします。ムダ毛のお手入れが快適にしやすいアイテムです。

第4位 ブラウン(Braun) フェイススパ SE910

顔の脱毛と洗顔の2つの機能が1つになっているアイテム。フェイス専用の脱毛器なので、顔のムダ毛をケアしたい方におすすめです。

本体は、1秒間に200回も動くと謳われているのがポイント。気になるムダ毛を素早く処理しやすいのがメリットです。特に、あご・上唇・おでこ・眉周りのケアに適しています。

また、洗顔ブラシが付属。洗顔中に振動するので、メイクや汚れをしっかりと落とせます。さらに、完全防水設計のため、浴槽でも使用可能。お風呂やシャワーなどの合間に、簡単にお手入れできます。

第5位 ヤーマン(YA-MAN) Emjoi エピパワー e24

持ち運びしやすいサイズ感の電動毛抜きです。場所を選ばずにムダ毛のお手入れがしたい方におすすめのアイテム。コンパクト設計なので、持ち運びがしやすいデザインです。

小さいサイズ感ながら、1台で全身のお手入れをしやすいのが魅力。24個の脱毛ディスクを搭載しているため、短いムダ毛も短時間でケアできます。さまざまなムダ毛に対応しやすいのがメリットです。清潔に使いやすい、掃除用のブラシが付属しています。

毛抜きの売れ筋ランキングをチェック

毛抜きのランキングをチェックしたい方はこちら。