チークの仕上がりをよりナチュラルに美しくしてくれる「チークブラシ」。肌を明るく健康的に見せたり、フェイスラインをシャープに見せられたりと、選び方次第でさまざまな雰囲気を演出できます。

そこで今回は、おすすめのチークブラシをご紹介。選び方のポイントについても解説していくので、ぜひチェックしてみてください。

チークブラシの選び方

筆の形で選ぶ

丸平型

By: hakuho-do.co.jp

チークブラシは毛先の形状にいくつか種類があり、特徴を知っておくとメイクがきれいに仕上がります。最もスタンダードなのは丸平型と呼ばれるタイプ。筆の根元部分が平たくなっており、毛先は丸くカットされています。

ブラシ側面の広い面を使って広い範囲にチークをふんわりとのせたり、毛先だけを使ってシャープなフェイスラインを演出したりすることも可能。イメージに合わせていろいろな使い方ができるので、仕事の日と休日でメイクの雰囲気を変えたい方にもおすすめです。

丸型

By: hakuho-do.co.jp

筆の部分がこんもりと丸いフォルムになっている丸型チークブラシ。頬の上でくるくると回転させればチークがふんわりと広がり、自然な発色のメイクが簡単に完成します。

大きめでやわらかい毛質のブラシなら、毛先がたっぷりと空気を含んでいるので肌触りも抜群。控えめな色のチークとは特に相性がよいので、ナチュラルでかわいらしい雰囲気に仕上げたい方は、1本持っておくと重宝します。

斜め型

By: hakuho-do.co.jp

毛先を斜めにカットしてあるチークブラシはブラシをこめかみから頬骨にそって斜めにすべらせることで立体感が生まれるので、引き締まった印象のメイクが完成します。シャープなフェイスラインをつくりたい方におすすめ。

ただしチークを広い範囲にふんわりとのせる場合には不向きなので、使いたい部位やイメージに合わせて丸平型や丸型のブラシと使い分けるのがおすすめです。

毛質で選ぶ

天然毛

By: amazon.co.jp

山羊・灰リス・馬などの天然毛を使ったチークブラシは、やわらかい肌触りと粉ふくみのよさが特徴。特に灰リスを使った高級チークブラシはうっとりするような肌触りで、幅広い年代の女性から人気を集めています。

天然毛はチークをふんわりと肌にのせられるので、顔色を明るく見せたい方におすすめ。ただし慣れてない方はチークが濃くなりすぎることがあるので、うまく調整できない場合はブラシ表面のチークをティッシュで軽く落としてから使いましょう。

合成毛

By: chantilly.co.jp

ポリエステル・ナイロンなどの合成繊維を使ったチークブラシは、水に強く丈夫で、プチプラなアイテムが豊富。また、動物アレルギーの方でも安心して使えるのが嬉しいポイントです。

合成毛のチークブラシはブランドやアイテムによって使い勝手や質感に差があるので、購入時によくチェックしておくのがおすすめです。

お手入れ方法をチェック

直接肌に触れるチークブラシは、しっかりお手入れしないと粉ふくみが悪くなったり、肌荒れの原因になったりすることもあります。使ったあとはティッシュペーパーなどを使って毛先についたチークや汚れをふき取りましょう。

特に、水に弱い天然毛のチークブラシは、毎日のお手入れが大事。普段からこまめに汚れを拭き取ってクリーンな状態をキープしましょう。

一方、水に強い合成毛のチークブラシは月に1・2回程度のペースで水洗いするのがおすすめ。ブラシクリーナーや中性洗剤をふくませて、根元から毛先に向かってやさしく洗い流してください。

また、水洗いしたあとは風通しがよく直射日光が当たらない場所でしっかり自然乾燥させることが大事。生乾きの状態で使うと雑菌が繁殖してしまうこともあるので、水気が残らないように注意しましょう。

チークブラシのおすすめブランド

RMK

By: rmkrmk.com

「RMK」は1997年に誕生した日本のコスメブランド。「なりたい私に、輝く私に、もうひとつのクローゼットの提案」をコンセプトとして、質の高いコスメグッズやスキンケア用品を豊富に取り扱っています。

RMKのチークブラシは、上質な灰リス毛や山羊毛を使った肌触りのよさが魅力。また、シンプルでスタイリッシュなデザインが幅広い世代の女性から支持されています。

エトヴォス(ETVOS)

By: etvos.com

「エトヴォス」はスキンケア・メイクアップ・ヘアケア製品などを取り扱う日本のトータルビューティーブランド。女性の肌の美しさを引き出すことを第一に考え、肌を傷めずに使い続けられる「ミネラルメイク」づくりに取り組んでいます。

エトヴォスのチークブラシは肌に負担をかけない素材・やわらかさを追い求めたクオリティの高さが魅力。肌に優しいアイテムを探している方におすすめです。

白鳳堂

By: hakuho-do.co.jp

江戸時代から筆づくりが盛んな広島県熊野町で誕生した白鳳堂。全て国内工場で熟練の職人によるハンドメイドで作られており、そのクオリティの高さから世界中の化粧品会社から注目を集めています。

白鳳堂のチークブラシは、約200年の伝統技術を受け継ぎながらも現代女性のライフスタイルにしっかり対応。携帯に便利なショートサイズや使い勝手のよいロングサイズなど、実用的なアイテムが豊富に揃っています。

キャンメイク(CANMAKE)

By: amazon.co.jp

「キャンメイク」は若い世代を中心に人気を集めている日本のコスメブランド。「かわいく、たのしく、輝きたい!」をコンセプトに、プチプラコスメグッズを多数取り扱っています。

キャンメイクのチークブラシはリーズナブルな価格でありながらも、ソフトな肌触りが魅力。初めてチークブラシを使う方におすすめのブランドです。

資生堂(SHISEIDO)

By: amazon.co.jp

「資生堂」は1872年に日本初の洋風調剤薬局としてスタートした化粧品メーカー。化粧品をはじめとする高品質のアイテムを販売し続けており、現在では日本を代表するメーカーへと成長しました。

資生堂のチークブラシは実用性とデザイン性をバランスよく兼ね備えていることが魅力です。

ハウスオブローゼ(HOUSE OF ROSE)

By: hor.jp

「ハウスオブローゼ」は1978年に東京・青山で誕生した化粧品ブランド。天然由来成分にこだわった化粧品や、女性専用フィットネスサロン「カーブス」の運営など女性の美に関する事業を幅広く行っています。

ハウスオブローゼのチークブラシは、馬毛を使ったやわらかい肌触りが魅力。価格も比較的リーズナブルなのでぜひチェックしてみてください。

チークブラシのおすすめアイテム

RMK チークブラシ

RMK チークブラシ

シンプルで使いやすい丸平型のチークブラシ。筆の素材には2種類の灰リスの毛を採用。うっとりするようなやわらかい肌触りと適度なコシを併せ持つのが魅力です。

粉ふくみがよく、チークの量を調整しやすいので広い範囲にふんわりのせたり、フェイスラインをシャープに見せたりといろいろな使い方が可能。幅広いメイクに対応できるチークブラシを探している方におすすめです。

RMK フェイスカラーブラシ

RMK フェイスカラーブラシ

By: rmkrmk.com

毛先が斜めにカットされたフェイスカラー・チークブラシです。素材には適度なやわらかさを持つ山羊毛を採用。ブラシを頬の最も高い位置からこめかみに向かって斜めに滑らせれば、シャープで引き締まった印象を演出できます。

フェイスラインを引き締めたい丸顔の方や、ビジネスシーンなどできちんと感を演出したい方におすすめです。

白鳳堂 チーク・ハイライトブラシ 尖り B103

白鳳堂 チーク・ハイライトブラシ 尖り B103

By: hakuho-do.co.jp

毛先がろうそくの炎のように尖った形をしているチークブラシです。素材は山羊毛と合成毛を採用。側面を使って頬の広い範囲にナチュラルなグラデーションを加えたり、毛先を使ってシャープなフェイスラインを演出したりと幅広い使い方ができます。

また、柄の長さをショート・ミディアム・ロングの3種類から選べるのも嬉しいポイント。化粧ポーチに入れて携帯したい方にはショート、家でじっくりメイクしたい方にはミディアムやロングのチークブラシがおすすめです。

キャンメイク(CANMAKE) ソフトチークブラシ01

キャンメイク(CANMAKE) ソフトチークブラシ01

プチプラコスメグッズとして人気のチークブラシ。素材は丈夫なナイロン繊維を採用しており、合成毛ながらソフトな肌触りが特徴です。

手軽に水洗いできるので、お手入れが楽なのも嬉しいポイント。ただし粉ふくみは控えめなので、チークをうっすらのせてナチュラルに仕上げたい方におすすめです。

キャンメイク(CANMAKE) ハイライトブラシ01

毛先が斜めにカットされたハイライト・チークブラシです。頬のカーブに毛先がしっかりフィットするのが特徴。毛先でハイライトやシェーディングを整えるだけでなく、側面を使ってチークをふんわり広げられるので1本持っておくと重宝します。

使い勝手がよく、プチプラなチークブラシを求めている方におすすめです。

資生堂(SHISEIDO) シュエトゥールズ フェースカラーブラシ

資生堂(SHISEIDO) シュエトゥールズ フェースカラーブラシ

スタイリッシュなデザインが人気のチークブラシです。筆は幅広い使い方ができる丸平型。合成毛ながらもソフトな肌触りなので、顔の凹凸にもフィットしやすく、使い勝手のよさが魅力です。

丈夫で洗いやすいので、パウダー・リキッド・クリームのどのタイプのチークとも相性が抜群。初めて使う方にもおすすめのチークブラシです。

竹宝堂 熊野筆 パウダー/チークブラシ RR-C2

竹宝堂 熊野筆 パウダー/チークブラシ RR-C2

肌あたりがやさしい灰リスの毛を使ったチークブラシです。形はチークをふんわりと広げられる丸型。頬全体にチークをふんわりと乗せていくことでエアリーな仕上がりになるため、やさしい印象のメイクをしたい方におすすめです。

粉ふくみがよいので、パウダー派のベースメイクブラシとしても活躍。1本持っておくとメイクの幅が広がります。

竹宝堂 熊野筆 K-2 チークブラシ

竹宝堂 熊野筆 K-2 チークブラシ

持ち運びしやすさを考えて作られたチークブラシです。使わないときには長さ72mmの口紅サイズまで縮められるのが特徴。また、携帯時に荷物を汚さないためのキャップがついているので、専用ケースを用意しなくても安心して持ち歩けます。

素材には山羊の胸元に生えている、特に上質でふんわりとした肌触りの「粗光峰」を採用。また、筆の形は丸型なので、ふんわりとしたかわいい系のメイクに仕上げたい方におすすめです。

竹宝堂 熊野筆 MK-12 チークブラシ 蒔絵シリーズ

竹宝堂 熊野筆 MK-12 チークブラシ 蒔絵シリーズ

柄の部分に伝統工芸の山中塗風の蒔絵をあしらったチークブラシです。素材には繊細でやわらかい灰リスと、適度なコシのある馬毛を採用。筆先はチークをふんわりと広げられる丸型で、ナチュラルでやさしい雰囲気のメイクに仕上がります。

使わないときにはコンパクトにできるので、外出先でのお化粧直し用ブラシとしても活躍。また、高級感のあるデザインなので、大切な方へのプレゼントとしてもおすすめです。

晃祐堂コレクション(KOYUDO collection) 熊野筆 ハートのチークブラシ

晃祐堂コレクション(KOYUDO collection) 熊野筆 ハートのチークブラシ

ハートをモチーフにしたかわいいデザインが魅力のチークブラシです。素材は山羊毛とポリエステルの混合タイプ。水洗いしても傷みにくいので、手軽にお手入れできるのがポイントです。

ハートのくぼみを目尻にあてて使えば、目尻メイク用ブラシとしても活躍。デザイン性と使い勝手を兼ね備えたチークブラシを探している方におすすめです。

ハウスオブローゼ(HOUSE OF ROSE) チークブラシ

ハウスオブローゼ(HOUSE OF ROSE) チークブラシ

適度なコシとやわらかい肌あたりのポニーの毛を使ったチークブラシです。筆の形状は幅広いメイクに対応できる丸平型。たっぷりの毛量が頬にやさしくフィットするので、くるくると肌を撫でるだけでチークをナチュラルに仕上げられます。

リーズナブルな価格なので、手軽に試せるのも嬉しいポイント。コスパのよいチークブラシを求めている方は、ぜひチェックしてみてください。

コージー本舗 メイクアップブラシ スライド フェイス&チークブラシ

コージー本舗 メイクアップブラシ スライド フェイス&チークブラシ

安心して持ち運びできるケース付きのチークブラシです。素材は手軽にお手入れできるナイロンを採用。ティッシュペーパーの上でらせんを描くようになぞるだけで簡単に汚れを落とせるので、1本で手軽にメイク直しができます。

シルクのようなしなやかな肌触りも魅力。コンパクトな携帯用チークブラシを求めている方におすすめです。

エトヴォス(ETVOS) パウダーブラシ

エトヴォス(ETVOS) パウダーブラシ

豊かなボリュームと斜めにカットされた毛先が特徴のチークブラシです。長さは約12cmと使い勝手のよいサイズ。素材には天然毛のようなやわらかさを持つ合成毛「高級タクロン」を採用しています。

チークだけでなく、ハイライトやシェーディング用ブラシとしても活躍。やわらかながらコシのある筆先が肌にぴったりとフィットして、自然な質感を演出できます。

ロージーローザ(ROSY ROSA) エンジェリッチブラシ スライドチーク

ロージーローザ(ROSY ROSA) エンジェリッチブラシ スライドチーク

ピンクゴールドの柄がかわいいチークブラシです。素材にはふんわりやわらかい超極細ファイバーと、適度なコシのある合成毛をバランスよくブレンドしています。

長さは約8cmと携帯に便利なコンパクトサイズ。使わないときには筆先をケースに収納できるので、衛生的に持ち運べます。使い勝手のよいプチプラなチークブラシを探している方におすすめです。